リフォーム費用・価格って気になりますよね?

リフォームの機会は、めったに無いことなので、相場が分からなくて無理ありません。

場所や方法別のリフォーム費用・価格の相場を、徹底的にご紹介します。ぜひ、しっかり確認してみて下さい。

リフォーム相場費用『水まわり』

キッチンリフォーム

築10~20年程度が、キッチンリフォームを行うタイミングの目安です。

キッチンは、安全な上で、オール電化など機能的なものにリフォームすると便利です。また、利用導線の使いやすさも十分確認しましょう。

コンロの入れ替え相場費用約10万円〜 ダイニング床・壁リフォームは30万円前後

キッチンリフォームは、コンロの入れ替えが約10万円〜です。キッチン壁紙の張替えは約3~6万円です。

また、ダイニングの床フローリングや、壁のタイルなどのリフォームは約30万円です。

システムキッチンの交換相場費用や、オリジナルカウンターは各約50万円

システムキッチンに交換する費用は約50〜100万円です。費用の幅は大きく、サイズや位置を変える場合は内装変更もあり費用が上がります。

また、キッチンにオリジナルのカウンターを付ける工事は内装なども含めて約50万円前後です。

アイランド型キッチンへの変更相場費用や、オール電化は約100万円

システムキッチンには、I型、L型などいくつか形があります。

壁付けからアイランド型キッチンに替えるなど位置を変える場合は費用が約100~200万円程度かかります。アイランド型キッチンにするには、給排水や排気ダクトの工事も必要なため費用が増します。

費用を抑えたい場合は、もとのキッチンと同じ型や、型式を一つ古い物を選ぶなどすると良いです。

キッチンリフォーム費用を安く!リフォーム実例(写真・費用付き)を見て、見積り比較を。

リフォーム費用を安くするために最重要なことは、費用見積もり比較です。

最大50%オフのキッチンリフォーム専門ページ」では、「キッチンリフォームの実例(写真・費用付き)」を見ることができます。

 

浴室リフォーム

築10~15年程度が、浴室リフォームを行う目安です。お風呂は断熱仕様にするとガス代や電気代を節約できます。

浴室・給湯機の入れ替えの相場費用は、各約30~50万円

お風呂のリフォームは浴槽・給湯機の入れ替えは、約30~50万円ほどです。

ユニットバス工事の相場費用約50~80万円

もともとユニットバスのお風呂を別のユニットバスに変える工事は約50~80万円です。

在来工法からユニットバスへの工事の相場費用100万円前後

ひと昔前の主流だった在来工法からユニットバスに変える場合は、100万円前後程度の費用がかかります。配線や解体の費用もかかり費用があがります。

費用を抑えるには、一つ前の型式を選ぶと良いでしょう。

浴室リフォーム費用を安く!リフォーム実例(写真・費用付き)を見て、見積り比較を。

リフォーム費用を安くするために最重要なことは、費用見積もり比較です。

最大50%オフの浴室リフォーム専門ページ」では、「お風呂リフォームの実例(写真・費用付き)」を見ることができます。

 

トイレ・洗面リフォーム

ウォシュレットや暖房便座をつける費用は、約~10万円

トイレはウォシュレットや、暖房便座を付ける費用は約10万円未満が中心です。

洋式から洋式への便器交換の相場費用は、約〜50万円

もともと水洗・洋式のトイレを、新たな洋式トイレに変える費用は約~50万円です。タンクレストイレの場合は、プラス約10万円かかります。

和式トイレ洋式トイレにする相場費用は、約30~80万円

和式トイレを洋式トイレにする費用は、約30~80万円です。壁紙や床など内装や、機種で費用は変わります。

汲み取り式トイレを、浄化槽利用水洗化する相場費用は、約90万円〜

汲み取り式トイレをリフォームする方法はいくつかあります。浄化槽を利用して水洗化する費用は約90万円~です。

浄化槽の費用・価格自体が、かなりの割合を占めます。)

安い方法としては、簡易水洗トイレは約15~60万円、TOTOスワレットの費用は約4万円~です。

置くだけの簡易洋式トイレを利用する方法もあります。

トイレの壁紙・クロス張替え費用は約3~4万円です。トイレ床張替えは約2~6万円です。

トイレのリフォーム費用・価格・目安についてはこちらの記事でも詳しくご紹介しています。

トイレリフォーム費用を安く!リフォーム実例(写真・費用付き)を見て、見積り比較を。

トイレリフォームを格安・激安にする方法の中でも最重要なことは、費用見積もり比較です。

最大50%オフのトイレリフォーム専門ページ」では、「トイレリフォームの実例(写真・費用付き)」を見ることができます。

 

洗面所リフォーム相場費用は、シンプルに商品を選ぶと、約〜20万円 間口を変えると約25万円〜

洗面所は、鏡や蛇口、棚、洗面ボウルが一体になったユニット型が増えています。

洗面所は、シンプルな商品を選び、間口とよばれる横幅を変えなければ、20万円未満で交換できます。

システムタイプと呼ばれる自由にカスタマイズできる商品を選ぶ場合は40万円以上です。

費用を抑えるには、古い型式のものを選ぶようにしましょう。

洗面所リフォーム費用を安く!リフォーム実例(写真・費用付き)を見て、見積り比較を。

リフォーム費用を安くするために最重要なことは、費用見積もり比較です。

最大50%オフの洗面所リフォーム専門ページ」では、「洗面所リフォームの実例(写真・費用付き)」を見ることができます。

 

リフォーム相場費用『居室』

リビングリフォーム

天井・壁のクロス張り替えは、広さ次第。相場費用は10万円〜20万円など。

リビングリフォームは、天井や壁などの壁紙の張替えであれば、1平米あたり約1,000~3,000円程度

部屋の広さにもよりま、6畳で約10万円、12畳で約20万円程度が目安です。アクセントクロスも人気です。

⇒「壁紙・クロスリフォーム専門ページ」へ

 

フローリングの張り替え相場費用は、約~20万円床暖房は約40万円台~。

床フローリングの張り替えは、広さやグレードによりますが、約20万円未満が相場です。もし床暖房を入れる場合は、方式にもよりますが安い場合で約40万円~が目安です。

⇒「床リフォーム専門ページ」へ

 

洋室・和室リフォーム

子供部屋や寝室など、洋室・和室のリフォーム費用をご紹介します。

二重窓リフォーム相場費用は、6・7万円前後 天井・壁紙のクロス交換は約10万円前後

寝室や子供部屋では、二重窓のリフォームも多いですが、約6・7万円程度です。

寝室の壁紙など、壁紙のクロス張り替えは、約4万円~です。10万円前後が相場です。

⇒「壁紙・クロスリフォーム専門ページ」・「床リフォーム専門ページ

和室で畳の取り換え相場費用は約6~15万円程度

和室で畳を取り替える場合は、6畳で約6~15万円程度です。

⇒「畳の張り替え全国シェアNo1のサイトへ(1年無料保証付き)

和室で畳スペースこあがりの設置相場費用は約30・40万円

リビングに、最近人気の畳スペースや小上がりを作る費用は約30・40万円~がです。

和室を洋室にリフォームする費用は、約50万円

和室を洋室にする場合は壁・天井・収納など全体を変える必要があり約50万円以上の費用がかかります。

和室・洋室で希望のリフォームを実現!

和室を洋室にしたり、リビングでの畳スペース・小あがりの設置など、和室・洋室でスペースの変更や新規設置があるリフォームは「オリジナルリフォームプランの無料作成」を利用すると便利です。

 

玄関・廊下リフォーム

築20~30年が、玄関リフォームのタイミング目安です。

玄関ドアの取り換え相場費用は約20〜50万円 。 収納設置は約10~20万円

玄関リフォームでは、ドアの取り換え約20万円程度からです。今あるドアに金属製の素材をかぶせるカバー工法という方法だと費用が安くすみます。グレードが高い商品の場合は約50万円程度かかります。

また、玄関に収納を設置する費用は約10~20万円です。玄関の床・内装などもリフォームするとより費用が上がります。

費用は、各家の玄関によりますが、シューズクロークも人気です。

また、玄関網戸の取付け価格は約4万円〜です。(マンションへの玄関網戸取付けも同様)

廊下の手すり設置は1m毎に約1~3万円。クロス・床材の張り替えは約10万円

廊下のリフォームで多い手すりの設置は、1mあたり約1~3万円程度です。壁紙と床フローリングの張り替えは、それぞれ約10~20万円程度です。

玄関・廊下で希望のリフォームを実現!

玄関・廊下をバリアフリーにしたり、新たに機能的にするリフォームは、「オリジナルリフォームプランの無料作成」を利用すると便利です。

 

階段・収納リフォーム

階段の手すり設置の相場費用は約10万円前後板や壁紙を変える場合は約40万円前後

階段リフォームでは、手すりの設置費用は約10万円前後です。板や壁紙を変える場合は約40万円前後です。

階段に収納を増やしたい場合は、約5~30万円程度です。

階段を新たに作り替る場合は100万円なども

階段そのものを変えたい場合、段数を増やす場合約30~50万円、階段を新たに作り替える場合約60~100万円です。

作り替え時に、勾配を緩やかにする場合は100〜150万円かかります。階段の設置場所自体を変える場合約200~300万円かかります。

収納の相場費用は、約20~30万円

階段、玄関、廊下、居室などに収納を作る費用は約20~30万円です。ただし、ニッチ(壁の収納・飾り棚)の場合は、約5万円未満で作ることもできます。

階段・収納で希望のリフォームを実現!

より安全に便利に利用する階段・収納のリフォーム実現には、「オリジナルリフォームプランの無料作成」を利用すると便利です。

 

床・壁紙・窓リフォーム

フローリング張り替え相場費用は、1㎡あたり、約1.5~2万円。広さ次第で約15~40万円など。

フローリングの張り替え1㎡あたり約1.5~2万円程度です。

費用を安く仕上げるには、無垢フローリングではなく合板フローリングを選び、また、今の床の上に新しいフローリングを貼ると安く仕上げられます。

なお、フローリングに断熱材を入れる費用は約40万円〜です。

⇒「床リフォーム専門ページ」へ

 

壁紙の張り替え相場費用は約10万円未満が中心

画像提供:サンゲツ

壁紙・クロスは、汚れや剝がれが目立つようになってきたら、張り替えのタイミングです。

天井や壁などの壁紙の張替えであれば、1平米あたり約1,000~3,000円程度

部屋の広さにもよりま、6畳で約10万円、12畳で約20万円程度が目安です。壁よりも天井の方が費用が割高になります。

巾木の価格は、商品価格で約600~1000円/mです。

⇒「壁紙・クロスリフォーム専門ページ」へ

 

窓・サッシリフォームの相場は約10~20万円

画像出典:YKK AP

窓・サッシのリフォームには、断熱・防音・耐震などのリフォームがあります。

一般的な窓ガラスの場合は10万円前後です。遮熱用など機能が上がると10~20万円かかります。

例えば、ペアガラスの価格は約3万円/1㎡です。内窓・二重窓の価格は約4万円〜でサイズや種類によります。

最近では、滑り出し窓の利用も増えています。

サッシの取り換えや窓の大きさ変更があると約30~50万円かかります。窓の新設約10~30万円程度ですが、2階の場合は足場の設置で+10~20万円かかります。

夏の暑さ対策には、屋外にシェード設置する方法もあり、アウターシェードの価格や、スタイルシェードの価格は約2万円台〜です。

また、電動シャッターの価格は約10万円〜です。

窓で希望のリフォームを実現!

より快適に利用する窓リフォーム実現には、「オリジナルリフォームプランの無料作成」を利用すると便利です。

 

リフォーム相場費用『外まわり』

外壁・屋根リフォーム

屋根塗装は築10~20年、外壁塗装は築15~20年が目安です。同時に行うと足場設置代の節約につながります。

外壁塗装は足場代込みで100万円前後、外壁張り替えは約150万円以上

外壁塗装は、仕様する塗料のグレードで費用が変わります。1坪あたり12,000円~20,000円程度です。一般的な広さの住宅では、約50~150万円程度で、約100万円前後が中心価格帯です。

高額でも耐久性に優れた塗料を選ぶと、長期的にはメンテナンスのコスパが良い場合もあります。

もし、外壁を張り替える場合約150万円〜です。

なお、雨水防水のコーキング処理は1か所あたり約5万円、家全体を行う場合で約20万円程度です。

屋根塗装の相場費用は、足場代込みで約〜100万円

外壁塗装を行う時に足場代約20~30万円がかかるために、屋根リフォームも同時に行うことで、節約につながります

屋根塗装は、塗装だけなら30~60万円程度ですが、足場代や補修工事などもかかります。

遮熱や断熱効果に優れた塗料を選ぶと、塗料代はあがりますが、冷暖房費の節約にもつながります。

屋根葺き替えの相場費用は、約100万円〜200万円

屋根を取り換える葺き替えは約100万円以上かかります。撤去費用などもかかり、全体では200万円ほどかかることもあります。

屋根瓦の修理・補修1枚約1~3万円かかります。

屋根・外壁リフォームで最適なプランを!

屋根・外壁リフォーム費用を安くするために最重要なことは、費用見積もり比較です。

屋根・外壁リフォーム専門ページ」では、「屋根・外壁オリジナルリフォームプラン・見積りを無料作成依頼」することができます。

 

外構・庭リフォーム

外構工事の費用相場・単価」をご紹介します。

門扉の相場費用は約10~20万円、家のまわりのフェンス約50~60万円

画像提供:YKK AP

外構・庭のリフォームで多い門柱・機能門柱は約5〜20万円が中心です。

庭の芝生で、天然芝は1㎡約1万円前後。

手入れが楽になる庭に人工芝・リアル人工芝は1㎡約2万円前後です。人工芝はデメリットとして価格は高い点が挙げられます。

固まる土真砂土は1㎡約1万円前後が目安です。

家のまわりをグルっと囲むフェンス約50~60万円です。メッシュフェンスなどが安いです。ブロック積みの単価は1mあたり約1~2万円です。

また、外構工事にあたりもし測量が必要な場合、測量の費用は、現況測量で約10~20万円が目安です。擁壁工事の費用は数百万円かかります。

全体的な改装リフォームの相場費用は約100万円以上

家の門から玄関までのアプローチなども含めて、庭全体のエクステリアを改装・庭作りする場合は100万円以上かかります。

例えば、タイルデッキの費用10㎡で約20-30万円です。また、ウッドデッキリフォームの見積もり費用約20-30万円が中心価格です。

サンルーム(テラス囲い)の相場費用は、約20万円台

画像出典:三協アルミ

庭へのサンルーム・テラス囲い・ガーデンルームの設置も人気です。サンルームの後付け費用約20万円台~です。

独立したコンテナハウスの価格は約200万円~です。小屋のようなタイニーハウスは約100万円〜です。

外構・庭リフォームで最適なプランを!

外構・庭リフォーム費用を安くするために最重要なことは、費用見積もり比較です。

外構・庭リフォーム専門ページ」では、「外構・庭オリジナルリフォームプラン・見積りを無料作成依頼」することができます。

 

駐車場リフォーム

カーポート(駐車場の屋根)の相場費用は約10万円台

駐車場のカーポート屋根の設置費用は約10万円台〜です。

カーポート2台・3台は、それぞれ約20万円〜、40万円〜です。ソーラーカーポートは1台用で約150万円〜です。

駐車場用に庭をコンクリートにする相場費用は1台分約15万円

駐車場用など庭にコンクリートにする費用土間コンクリートの単価)1㎡あたり約1万円前後です。駐車場は1台約15㎡前後のため、1台分で約15万円〜、2台分で約30万円〜です。

アスファルト舗装の単価・価格は、コンクリートの約半額が一目安ですが、耐久性には欠けます。

庭に砂利敷きの場合、駐車場1台分で約10万円程度です。

カーポートバルコニー・デッキの相場費用は、1台分約120万円〜、2台分約200万円〜

画像提供:三協アルミ

駐車場の屋根上をバルコニーとして利用するカーポートバルコニーの費用約120万円〜です。2台分の広さだと約200万円〜です。

床材や壁材がウッドデッキのような木調になっているカーポートデッキの費用も同等です。

家の1階部などを利用するビルトインガレージの費用は約200万円~です。

⇒「外構・庭リフォーム専門ページ」で「車場リフォームプラン・見積りを無料作成依頼」へ

 

ベランダリフォーム

ベランダ増築・後付けの相場費用は約20万円台

ベランダを増築・後付けする費用約15万円〜です。屋根に置いたり、柱で建てたり様々な方法があります。

ベランダの屋根約6~20万円手すり約10万円

ベランダ屋根の費用約6〜20万円ベランダ手すり柵の費用約5万円〜ベランダ雨漏り防水工事・修理の費用約3万円〜です。

ベランダにサンルーム後付けの相場費用は約30万円台

人気のベランダにサンルーム約30万円台〜です。

⇒「外構・庭リフォーム専門ページ」で「ベランダリフォームプラン・見積りを無料作成依頼」へ

 

リフォーム相場費用『目的別』

建て替え

建て替えリフォーム相場費用は平均約2250万円

家を一度、解体・撤去して、新たに建築することを「建て替え」と言い、ゼロから自由に設計できる利点があります。

住宅の建て替え費用の全国平均は2250万円です。出典:平成23年 国交省 建築着工統計調査 これは、中古住宅購入の平均額と近い額です。

建て替えで最適なプランを!

建て替えリフォーム費用を安くするために最重要なことは、費用見積もり比較です。

建て替えプラン・見積りの無料作成」を、「増改築・リノベーション専門ページ」で行うことができます。

 

増改築・全面リフォーム

増改築リフォームの相場費用は、約700~1000万円が相場。1000万円以上も。

住宅の面積を増やすことを「増築」、広さそのままに一部を取壊し間取りなどを変えることを「改築」と言います。

住宅の増改築の費用は、部屋数が限られる場合は500万円未満ですが、部屋数がある場合に中心価格帯は約700~1000万円程度です。

全面リフォーム中心は1000万円強。2000万円以上のことも。

増改築を行う場合も、行わない無い場合も含めて、住宅の模様替えをすることを「リフォーム」と言います。

中でも、家全体をリフォームすることを「全面リフォーム」と言います。全面リフォームの中心価格帯は約1000万円強です。

増改築・全面リフォームで最適なプランを!

増改築・全面リフォーム費用を安くするために最重要なことは、費用見積もり比較です。

増改築・全面リフォームのプラン・見積り無料作成」を、「増改築・リノベーション専門ページ」で行うことができます。

 

中古住宅リノベーション

中古住宅を購入してのリフォーム相場費用は約500万円前後が中心価格帯

中古住宅を購入してのリフォーム費用は、500万円前後が中心価格帯です。間取りはあまり変えずに、水回りのキッチン・お風呂・トイレのリフォームを行うなどです。

製品にあまりこだわらない場合は約300~400万円、いずれか1か所部分的にリフォームするのであれば100万円以下などに抑えられるでしょう。

 

リノベーションの相場費用は約700〜1000万円が中心価格帯

中古住宅を購入して、根本から住まいのプランを刷新することをリノベーションとよぶ場合があり、特にマンションでデザインや性能を大きく向上させる時によく使われます。

リノベーションにかかる費用は1㎡あたり約10~15万円で、70㎡の住まいの場合700~1050万円が目安です。中心価格帯も同様になります。

中古住宅・リノベーションで最適なプランを!

中古住宅・リノベーション費用を安くするために最重要なことは、費用見積もり比較です。

中古住宅リフォーム・リノベーションのプラン・見積り無料作成」を、「増改築・リノベーション専門ページ」で行うことができます。

 

二世帯住宅リフォーム

二世帯住宅建築の相場費用は、約3000〜4000万円前後が相場

二世帯住宅を建築する費用は、玄関や水まわりなどの家の一部を共有するか完全に分けるかで費用目安が変わります。

完全に共有する場合は約1500~2500万円程度、部分的に共有する場合は約2500~3500万円程度、完全に分ける場合は約2500~4500万円程度などが一目安です。

二世帯住宅の建築専門ページへ

二世帯住宅リフォームの相場費用は、約1000万円前後が相場

二世帯住宅リフォームは、1000万円前後が費用相場です。

2階部分に新たに水回りを設けたり、居住スペースを増築するなどして費用がかかります。また、離れやガレージを有効活用するケースもあります。

二世帯住宅リフォームで最適なプランを!

二世帯住宅リフォーム費用を安くするために最重要なことは、費用見積もり比較です。

二世帯住宅リフォームのプラン・見積り無料作成」を、「増改築・リノベーション専門ページ」で行うことができます。

 

バリアフリーリフォーム

バリアフリーリフォーム費用は、各〜20万円でできるものも

バリアフリーリフォームでは、手すり設置約5万円前後、扉の引き戸への交換約15~20万円トイレの簡易なリフォーム約20万円などです。

約〜200万円が多く、約500万円未満が中心価格帯

バリアフリーリフォームをいくつかの場所で行う場合も、計~200万円未満で行う方が多く、中心価格帯でも500万円未満です。

浴室のバリアフリーユニットへの改装約50~100万円や、玄関スロープなどです。エレベーター工事約250万円以上します。

バリアフリーリフォームで最適なプランを!

バリアフリーリフォームの費用を安くするために最重要なことは、費用見積もり比較です。

バリアフリーリフォームのプラン・見積り無料作成」を、「増改築・リノベーション専門ページ」で行うことができます。

 

リフォーム「予算別」内容目安と、費用を安くする方法

予算別でできること

総予算別でどのようなリフォームができるかを知りましょう。

費用「〜10万円」は、クロス張り替えや、簡易な機器の入れ替えなど

予算が10万円未満のリフォームでは、特定の一箇所をきれいにしたり、少し便利にするリフォームができます。

例えば、壁紙・クロスの張り替えや、ニッチ収納の設置トイレへの手すり設置・簡易洋式トイレの設置キッチンでガスコンロだけを交換ベランダ屋根の設置などは、それぞれ10万円未満からリフォーム可能です。

費用「10~50万円」は、トイレや洗面台のリフォームなど

予算が10~50万円のリフォームでは、水まわりや、外まわりの特定スペースのリフォームができます。

水まわりでは、トイレを新しくしたり、洗面台の交換ができます。内装でも少し広い範囲で、壁紙やフローリングを貼り替えできます。

外まわりでは、ウッドデッキの設置サンルームの設置ベランダの増築、などもできます。

費用「50〜200万円」は、お風呂・キッチン・外壁塗装など主要な部分リフォームが可能に

予算が50~200万円のリフォームでは、お風呂やキッチンといった高額な商品を扱うリフォームもできるようになります。

外回りでは、外壁塗装や、屋根の葺き替え、太陽光発電システムカーポートバルコニーの設置なども可能です。

費用「500~800万円」で間取り変更も可能に

予算が500~800万円のリフォームでは、間取り変更の改築も可能になります。

マンションで広々としたLDKを作って人気のアイランドキッチンにしたり、使わなくなった2つの子ども部屋をまとめて広い洋室にしたりなどです。水回り全体のリフォームも可能です。

費用「1000万円〜」で、間取り変更やデザイン性の向上も

予算が1000万円以上の場合は、間取り変更の他に、デザイン性や機能性をより高めることができます。予算が増える分、材量や設備のグレードを上げることができます。

また、屋根・外壁など外回りまで総合リフォームができます。テラスやウッドデッキなども広く増設が可能でしょう。

リフォームで、あなたの予算にあった最適なプランを!

バリアフリーリフォームの費用を安くするために最重要なことは、費用見積もり比較です。

各予算別リフォームのプラン・見積り無料作成」を、「リフォーム専門ページ」で行うことができます。

 

費用を安くする方法

リフォーム費用を安く抑えるためには、いくつかポイントがあります。

2~3社以上の相見積もりを必ず取ることが最重要

リフォーム工事を安くする上で、「複数業者の見積比較」は最も大切な基本となることです。

まず、リフォーム工事は、同じ工事内容でも業者によりかかる費用が異なります

業者により、提案される材料のグレード仕入れ値工事人件費などが異なり、同じ工事でも費用に差がでます。

リフォームを安くする全ての方法は「複数業者の見積もり比較」に集約する。

リフォーム工事を安くする方法には、商品を安くしたり、内装工事を安くしたり、適切な業者を選びなど、これからご紹介する複数の観点があります。

それら、工事を安くする全ての方法が「複数業者の見積比較」に集約されます

費用を安くするということは「費用項目の一つ一つ確認し、値段確認・費用調整」の総合的な結果です。確認・調整のためにも「複数業者の見積比較」が基本であり大前提です。

逆を言えば、「複数業者の見積比較」さえしっかり十分行えば、リフォーム工事は安くなると言えます。

複数業者の見積もり比較」は、必須だが大変。

ただし、リフォーム施工業者比較は、普通に行おうとすると膨大な手間が発生します。

【1】 業者候補リストアップ
【2】 安心な業者か評判口コミ調査
【3】 希望の工事を行っているか候補各社への電話確認 などです。
「リフォーム一括見積り」を使うのが、確実な方法

リフォームで優良なリフォーム会社を探すには「一括比較」が時間もかからず確実な方法です。

一括比較では、厳正な審査を通過したリフォーム業者のみ登録が認められていて、紳士的に対応してくれます。

(関連記事)リフォーム費用見積もりサイト評判ランキング!無料比較おすすめは?

【完全無料】最大50%オフの一括比較「リショップナビ」

リフォーム一括比較で、特に「最大50%オフ」も打ち出しているのが、リショップナビです。

 

リフォーム希望箇所・内容を明確にして、優先順位を付ける

リフォームをする時は、どこをどのようにリフォームしたいのか、あらかじめ十分に検討しておきましょう。

例えば、修理・修繕など困っている箇所を重視するなど範囲や希望順位を明確にしておくことで、当初の予算内でリフォームが収めることにつながります。

よく考えていないと「あれも、これも」となり、費用がどんどん増えてしまいます

まとめてリフォームすると費用が安く済む場合もある

リフォームをまとめて行うことで費用が安くなることもあります。

たとえば、屋根と外壁は、どちらも工事に足場(約20-30万円)が必要になるので、まとめて工事してしまう方が得です。

また、水回りリフォームなどもまとめると得になることがあります。

材質や製品のグレード落とす。必要な範囲にする。

リフォーム内容によっては、工事費よりも製品代に金額差が出ることも多いものです。

例えばトイレ製品本体は、機能・オプションの差などにより、費用が約5~30万円程度と大きく変わります

オプションや機能にこだわるほど高額になっていくので、必ず必要な機能は何かしっかりと選びましょう

商品によっては施主支給で費用が安くなることも

リフォー業者が購入する場合は、商品にマージンが乗せられるので少し高くなります。購入や保管、搬送の手間を考えると業者側としては当然のことになります。

そのため、施主支給した方が安くなることがあります。施主支給とは、リフォームする本人が商品を購入して、リフォーム業者に渡すことです

ただし、リフォーム業者によっては、施主支給を受付けてもらえない場合や、施主支給の場合は工事費が割高になる場合があります。リフォーム業者にとっても、利益が減ることのためです。

そのため、施主支給が可能か、工事費が変わらないかをあらかじめ確認しましょう

費用見積りの不明点質問して把握する

見積りで分からないことは内容を質問して根拠も聞きましょう

丁寧な見積もりを作り、説明もしっかりした業者は、費用を下げる場合も、どこがどう下げるのか合理的に考えてくれるでしょう。

追加工事の可能性はあらかじめ把握する

リフォーム全般では「追加や変更」が発生すると通常よりも費用が高くついてしまう傾向があります。

工事内容に変更があると「使えない部材が出る」ことや「手配がやり直しになる」ことなど無駄が発生するためです。

まず「途中変更は高くなる」ことを念頭に入れると同時に、「追加工事の可能性」をあらかじめ聞いておきましょう

あらかじめ知らずに想像以上に高い金額が請求されると痛手なため、可能性を把握しておくだけで違います

信頼を築いて費用を相談無理な交渉はしない

「とにかく安く値切ぎろう」という意識は失敗の原因の一つです。

無理な値下げでは、業者側も安くするために取れる方法として、材量のグレードや、職人の質を下げることにつながりかねません

「とにかく安くする」のではなく、「何をどのように安くでき可能性があるか、相談し教えをこう」姿勢を持つようにしましょう。

リフォーム業者と良い信頼関係を構築することが、費用を下げる方法が見つかり、納得価格の工事につながります。

【完全無料】最大50%オフの一括比較「リショップナビ」

リフォーム一括比較で、特に「最大50%オフ」も打ち出しているのが、リショップナビです。

 

いい業者の選び方

見積りが細かい業者を選ぶ「一式〇〇万円」の見積もりには注意

リフォームでは、まず「項目が細かく詳しい見積り」を出してくる業者を選ぶことが費用を下げる近道です。

逆に、リフォームで「XX工事一式〇〇円」という見積りが出てきたら注意が必要です。

まずその見積りでは、リフォーム内容に何が含まれるのかが確認できません

そのため、工事作業内容の範囲の認識共有ができずに、後で追加料金を請求されてトラブルになることもありえます。

要望や質問的確に答えてくれる業者を選ぶ。

見積りで分からないことは内容を質問して根拠も聞きましょう

丁寧な見積もりを作り、説明もしっかりした業者は、費用を下げる場合も、どこがどう下げるのか合理的に考えてくれるでしょう。

要望や質問に的確に答えてくれない会社への依頼は、満足度の低下につながるので避けた方が無難です。

自社施工の業者や、希望工事の専門業者なら、費用が安くなる可能性も

リフォームでは、希望分野の工事が得意で経験が多い業者を見つけることも大切です。

得意で工事数をこなす分、機器や部品を大量ロットで仕入れていて、機器・部材代金が安く済むことにもつながります。

また、リフォーム工事を自社で行っている業者を選ぶことも費用を抑える上では重要です。

下請け業者を利用している場合は、やはりマージン分費用が高くなってきます。

打合せの時に自社施工かどうか質問したり、見積りでのトイレ工事での職人1人1日あたりの単価を比較してみて下さい。

リフォーム工事を、信頼ある業者に依頼

リフォームは、信頼できる業者に依頼したいですよね。

リフォーム費用一括比較ができるリショップナビでは、厳しい加盟審査に通過した会社のみが紹介されるので安心です。

腕のいいリフォームができる優良業者は人気のため早めの依頼が必要です。

 

リフォーム費用の項目や資金調達

費用・見積り項目の見方

リフォームで見積もりを取る時に、知らない・分かりづらい項目もあると思うので、こちらで紹介します。

基本項目は、「材料費・工事費(人件費)・諸経費」の3点

リフォーム費用の見積もりは、大きくは次の3点に分かれます。

① 材料費:工事をするための資材や、トイレ・キッチンなどの設備費です。

② 施工費(人件費):工事を行う職人さんの人件費です。

③ 諸経費:その他諸費用がかかるので、追ってご紹介します。

「工事費」における項目について

工事費の項目内で、あらかじめ把握しておきたい3項目をご紹介します。

設計費

小規模なリフォームではかかりませんが、間取り変更があるような大規模なリフォームでは設計費がかかる場合があります。

設計費が見積り項目に無い場合もありますが、その場合、諸費用としての管理費に含まれる場合もあります。

追加工事費

リフォームでは追加工事が発生する可能性もあるので、あらかじめリフォーム業者に質問して把握しておくようにしましょう。

廃棄物処理費

環境への配慮のために、リフォームで出た資材ゴミは細かく分別の上で廃棄する必要があります。ゴミ処理場での廃棄費用がかかります。

解体・撤去工事費

リフォーム工事は、施工前にもともとあるものを壊す必要が出てきます。その解体作業、及び資材の撤去にも意外に費用が発生するものなので把握しておきましょう。

駐車場代

リフォーム工事中に、職人さんが自動車をとめる場所が無い場合、近隣の駐車場を利用する費用がかかる場合があります。

「諸費用」における項目について

管理費・諸経費

リフォーム施工のスケジュール・進行管理として、工事費の約5〜15%が目安としてかかる場合が多いです。

印紙税・収入印紙代

取引で作成される文書にかかる税です。郵便局などで販売されている収入印紙を契約書に張り付けて、押印します。

⇒ 100万円以下:200円。200万円以下:400円。300万円以下:1,000円。500万円以下:2,000円。1,000万円以下:10,000円。1,000万円を超え5,000万円以下:20,000円。

抵当権の登録免許税・登録手数料

リフォームのローン借り入れが高額な場合に、リフォームする住宅を抵当に入れる必要があります。その借入額に応じて税金がかかります。

また、抵当権設定登記の事務手続きを、司法書士に代行してもらう手数料がかかります。

確認申請代

増改築をともなうリフォームで、建築確認申請が必要な場合に、その手続き代行費用がかかります。

ローン事務手数料・ローン保証料

リフォームローンを借りる時の手続きを金融機関に行ってもらう費用として事務手数料がかかります。

また、もしローンが払えなくなった場合に保証会社に支払いを行ってもらうための保証料が「ローン保証料」です。(ローン金利に含まれれる場合もあります)

保険料(団体信用生命保険料)

ローン契約者に万が一のことがあった場合に、保険会社に支払いを行ってもらうための保険料です。

仮住まい・引っ越し・運搬費

リフォーム工事に伴い自宅内が使えなくなる場合に、一時的に、ウィークリーマンションなどの仮住まいに住む必要がある場合があります。

また、トランクルームに荷物を預ける必要が出てくる場合もあり、預ける費用の他、運搬費もかかりえます。

資金の調達について

資金調達の選択肢支払うタイミングについて

リフォーム費用は、小規模リフォームの場合はリフォーム完了後にまとめて払う場合が大半です。

大規模リフォームの場合は、契約時・着工時・工事完了時の3回など、分けて支払う場合が多いです。

リフォーム費用を賄う方法の選択肢には、自己資金、住宅ローン、補助金があります。また、減税制度もあります。

自己資金の目安

ローンを活用してリフォームを行う場合、自己資金の目安は総費用の2割以上です。財形住宅融資の場合に融資限度額が総費用の80%までのためです。

なお、リフォームでは、手数料や税金などの諸費用や、追加工事費なども発生すうるために、自己資金に余裕を持っておく必要があります。

「住宅ローン」の利用を検討する

リフォームで利用できるローンには色々なものがあります。

民間リフォームローン

多くの銀行では、リフォームローンを取り扱っていて、固定or変動や、期間と金利に色々なタイプがあるので、希望に合う条件のリフォームローンを探してみましょう。

リフォーム融資

耐震リフォームや、バリアフリーリフォームの場合は、住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の「リフォーム融資」が受けられます。様々な条件があるので、公式HPで確認しましょう。

高齢者向け返済特例制度

60歳以上の方が、バリアフリーや耐震改修でリフォームを行う場合に申し込める、住宅金融支援機構の「高齢者向け返済特例制度」があります。

毎月の返済は利息のみで、元金の返済は申込人が死亡した時に、相続人が敷地の処分や借換融資、自己資金などで一括して返済します。

フラット35リフォーム一体型

中古住宅を購入してリフォームを行う場合には、「フラット35リフォーム一体型」を利用できます。工事内容や工事費に制限がないので、自由にリフォームできることが特徴です。

フラット35リノベ「性能向上リフォーム推進モデル事業」

中古住宅を購入してリフォームを行う場合で、省エネや耐震など住宅性能を基準を満たして向上させる場合に「性能向上リフォーム推進モデル事業」を利用できます。

様々な条件があるので、公式HPで確認をしましょう。

「補助金」の利用を検討する

「地方公共団体」が行う支援制度

住まいの市区町村で、年度ごとに予算事業化されてリフォーム補助金が出る場合があります。対象や条件は様々なため、調べてみましょう。

参考:地方公共団体の住宅リフォームに係る支援制度検索サイト

介護保険の住宅改修の補助

「要支援、もしくは要介護状態にある」と認定を受けている方について、20万円以内の介護リフォームについて、費用の9割介護保険からの補助金でまかなうことができます。

本人が住んでいる家が対象など条件があるので、まずはケアワーカーの方に相談しましょう。

「減税制度」の利用を検討する

リフォーム費用利用時には、減税制度もあるので、有効活用しましょう。

※以下に紹介するのは、2018年5月1日時点の情報です。

住宅ローン減税

10年間にわたって年末借入残高の1%、所得税が控除されます。

【2021年12月31日まで】参考:国土交通省 すまい給付金

「投資型減税」と「ローン型減税」

次から紹介する3つの減税には「投資型減税」と「ローン型減税」があります。

控除対象限度額を上限として工事費用の10%分が所得税が控除されるのが「投資型減税」です。

年末のローン残高を上限として5年間にわたり工事費の1%か2%が所得税控除されるるのが「ローン型減税」です。

耐震リフォーム減税

住まいの耐震リフォームを行った時に使える制度です。【2021年12月31日まで】参考:リフォネット

バリアフリーリフォーム減税

バリアフリーリフォームを行った時に使える制度です。【2021年12月31日まで】参考:リフォネット

同居対応リフォーム減税

同居対応リフォームを行った時に使える減税です。【2021年12月31日まで】参考:リフォネット

 

リフォーム費用・価格・値段の目安(おわりに)

リフォーム工事を安くする上で、「複数業者の見積比較」は最も大切な基本となることです。

まず、リフォーム工事は、同じ工事内容でも業者によりかかる費用が異なります

業者により、提案される材料のグレード仕入れ値工事人件費などが異なり、同じ工事でも費用に差がでます。

【完全無料】最大50%オフの一括比較「リショップナビ」

リフォーム一括比較で、特に「最大50%オフ」も打ち出しているのが、リショップナビです。