庭作りを通じて、素敵でお洒落で可愛い庭にしたいですよね?

庭作りは、初心者でもコツを抑えれば簡単に上手にできます。

建物や周囲の街並みと調和させ、日当たり・水はけなどを考慮し、手入れや管理のしやすさも考え、近隣からのプライバシーも保つことなどです。

庭作りは、始めから完成・完璧を目指す必要はありません。まずは小さい範囲から始めることが大切です

この記事では、庭作りについてご紹介します。ぜひ、じっくり読んでみて下さい。

庭作りで初心者向けの基本【重要・1分まとめ】

この記事でご紹介する庭作りの情報を、エッセンスを濃縮して1分でご紹介します。ここだけ読めば大丈夫です!

庭作りは、テーマを決め周囲と調和させ、建物とのつながりを持ち、プライバシーを保ち作る。

庭作りでは、まず近隣の街並みや建物との調和を図りましょう。和風・洋風などです。

さらに具体的に「イングリッシュガーデン風」「薔薇が素敵な庭」など、テーマ決めて具体的なイメージを持ちましょう。

日当たり・水はけなど敷地条件に合わせ植物を選び、また、生垣などで周囲の視線からプライバシーを保つと過ごしやすくなります。

庭作りは、雑草対策などその後の手入れをしやすいように快適・便利に使えるにようにしよう。

庭は「雑草対策」が大変なものです。防草シートや、タイルデッキなど手入れが楽になるようにあらかじめ対策をしておくと良いです。

また、庭・植物の手入れがしやすいように、蛇口や倉庫など管理設備も用意したいものです。

快適に庭を利用するという点では、虫がつきにくい植物選び、においの少ない肥料の利用なども心がけましょう。

庭作りは、花・植物・木などで四季を感じさせ、レンガ・タイルなどでよりお洒落に。

庭作りでは、花・植物を植えることで、四季の移り変わりを楽しみましょう

エリアでテーマを決め薔薇を植えるのも良いでしょう。庭にがあってもやわらかな夏など日差しなど、四季を感じられます。

レンガやタイルの利用は洋風住宅に合います。花壇の囲いや、玄関アプローチへの利用に合っています。不規則に並べたり、隙間に芝生や苔などを利用するとお洒落になります。

庭作りの費用は、理想は建築費の約1割だが、部分的にできることから始めていくのが良い。

庭作りの理想の費用は建築費の1割などとも言われ、業者に庭全体の工事を依頼する場合は100万円を越えてきます。

しかし、いきなり全てを完成させず、まずできる範囲から小さくスタートさせることが庭作りの基本です。

もし業者に依頼しても、例えば玄関アプローチだけなど、部分的なものなら数万円や十数万円〜可能です。DIYならより安くみます。

庭・エクステリアの工事は、「庭作りは見積もり比較を」の記事も参考になりますよ!

庭作り初心者の簡単進行

庭作りはテーマを決め、パース(完成予想図)を作り、あらかじめ具体的にイメージする。

出典:シンフォニックガーデン(広島)

庭作りは、あらかじめ理想像を具体的にしておくと良く、そこで役立つのがパース(完成予想図)です。

業者依頼する場合は事前のイメージ共有として必要なことはもちろん、DIYの場合でも、自分なりに簡単に手書きイラストで作っておくと出来栄えに差が出ます。

業者依頼かDIYか決めていない場合でも、まず専門業者にパース作成をしてもらえば庭のイメージは広がり、それ自体楽しくもあります。

パースと見積りを見て、部分的・段階的に業者依頼を判断しても良いでしょう。

庭作りを、プロの外構業者に施工依頼

庭作りの施工を業者に依頼する場合は、外構工事の見積もりをする必要があります。

しかし、1社しか見積もりを取らないと困る場合があります。

1社しか見積もりを取らないと困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には、高額請求する悪徳業者も・・)
● 庭作りのアイデアやプランが十分に膨らまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

外構業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしない設置をしたいですよね。3社以上の見積もり比較は、外構工事を安くする方法・コツでもあります。

庭作りの相見積り業者探しも大変

でも、相見積りにも、意外に大変な面もあります。

複数社に相見積りを取る時に大変な面
● 相見積もりを取る外構業者を自分で何社も探すのは大変・・・
● 複数の会社に対して、何度も同じ説明を行うことが大変・・・
● 断る時に、少し気持ち的に断りづらい・・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変ですよね。

でも、大丈夫!

庭作りで地域の優良業者を30秒で簡単にチェックする方法

ここで、あなたがお住まいの地域で、庭作りに適した業者の最有力候補を(登録なしで)約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。

『タウンライフ』という冠に輝く住宅サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある住宅会社」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

(そのため、腕が悪い業者や、悪徳業者などにひっかかる心配もありません

『タウンライフ』では、どの業者も工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単30秒チェックの流れ
【0】『タウンライフ外構』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】外構プランの作成」を押す
【3】希望箇所外構」を選択
【4】予算~100万円」など選択
【5】(重要)他の入力項目を飛ばし画面の下の方まで行く

~5を順に行い表示されるのが、あなたが住まいの地域の庭作りに適した業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフ外構を、今、約30秒ほどでご確認下さい。

\簡単30秒!優良施工業者を確認/

 


庭作り工事が最大40%オフ

『タウンライフ外構』では、気になる全ての優良会社に、「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルの庭作りプラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的な内訳を含め分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「庭工事・デザインプラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずは自宅の状況・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフ外構は、庭作りをまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

複数プランを一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて便利です。

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

 


庭作り無料プラン作成 FAQ

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフ外構は、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じで庭作りを検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!安心度1位/

 

 


庭作りプラン無料作成は、利用実績も多くて安心

庭作りのプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「庭作りに少しでも興味がある方」ならば、タウンライフ外構今すぐ利用しないと損なサービスです。

\満足度1位!100万人以上が利用/

 

 


以上で「ここだけ読めば大丈夫!」1分まとめは終了しました。

もしこの記事を気に入っていただけたら、LINEで家族やお友達などにもご紹介下さいね。

大工の梁大工の梁

ぜひ、素敵なお庭を実現して下さい!

庭作り方!初心者が成功させるには

それでは、あらためて、庭作りのコツをより詳しくご紹介していきます。

庭作り①:テーマ・コンセプトを決め理想像を具体的に持つ。

画像提供:三協アルミ

庭作りでは、実際に取り掛かる前に具体的なイメージを持ちましょう

特にまずは「テーマ決め」を行いましょう。和風・洋風などです。

例えば「可愛い洋風の庭」などとテーマを決めることで、似合う花や植物、選ぶ素材、置くインテリアが決まってきます

テーマ設定は、様々な角度からできます。

「薔薇を楽しめる庭」「和風・和モダン」「南国のような庭」「愛犬を一番に考えた庭」など色々なアイデアを出し、決めていきましょう。

また、テーマを決めは、近隣の街並みや、住宅のスタイルにも左右されます。

敷地・周辺環境との調和

画像提供:リクシル

庭作りでは、つながりや調和も重要な要素です。

庭作り②:周囲の街並みと調和させる(洋風・和風など)。

庭作りは、家がある通りや、両隣の家などの、周囲の街並みと調和させたいものです。

例えば、もし古い日本家屋が多い街であれば、やはり和風、あるは和モダンな庭にする方が似合ってきます。

また、その地域由来の、素材や植物を使うなども、地域性が出て良いものです。

庭作り③:家の建物とのつながりや、敷地条件(日当たり・水はけ等)も考慮する。

庭作りでは、建物とのつながりも必要です。イメージ・雰囲気を合わせたり、行き来のしやすさなどです。

例えば、ウッドデッキのリフォームもいいでしょう。また、庭にサンルームを後付けする場合、最近では庭とのつながりがあり・行き来をしやすく作られた「ガーデンルーム」と呼ぶタイプも増えています。

家の中と外とをひとつながりに利用できると、庭に出る機会も増え、日々のリフレッシュもしやすくなります。庭でBBQをする時に出し入れがしやすいなどもあるでしょう。

庭作り④:近隣に配慮するとともに、プライバシーも保つ

庭作りでは、日当たりや煙の流れなど、隣人への配慮を行いましょう。

例えば、駐車場の上をバルコニーとして利用するカーポートバルコニーカーポートデッキを作って、隣の家の日当たりが悪くなることが無いように。

また、例えば、バーベキュー炉を隣の家近くに作って、煙が流れやすくならないようになどです。

庭作りでは、プライバシーも保つことで、使いやすくなります。

生垣や竹垣、フェンスなどを用いて、家の周りからの視線が入りづらいと、よりリラックスして過ごしやすくなります。

家の室内への目隠しには、アウターシェードスタイルシェードなどは、デザイン性も高く役立ちます。

庭作り「プライバシー確保」と「防犯」の両立を。
画像提供:三協アルミ

一方で、外からの視線を完全に遮ると、防犯性が下がります

例えば、メッシュフェンスなどではなく、完全にブロック塀で家の外から敷地内が見えないと、泥棒が隠れるには格好の場となります。視認性を確保できる境界作りをしましょう。

門柱・機能門柱の利用も、防犯性を高める一手段となります。

同時に、1階の窓の周りには足音が出やすい砂利を利用したり、センサーライトを利用したり、防犯対策を強化すると、安心感が高まります。

庭作りのプラン無料作成依頼ができるタウンライフの口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構プランを考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフ外構特集を利用して良かったと感じております。

 

維持と管理・快適性

画像提供:三協アルミ

庭作りでは、素敵に作るだけでなく、維持・管理しやすいことも大切です。

庭作り⑤:雑草対策が一番大変。防草シートなどであらかじめ対策を。

雑草は、抜いても抜いてもしつこく生えてきます。

庭作りでは、あらかじめ雑草対策をしておきましょう。例えば雑草が生えにくくなる防草シートをあらかじめ埋めておくことは一つの方法です。あるいは、タイルデッキを敷く方法もあります。

駐車場の場所は庭をコンクリート土間コンクリート:単価 1㎡約1万円)しておくのも良いでしょう。

駐車場は、アスファルト舗装という手もありますが、耐久性を考慮するとコンクリートが良いです。

庭作り⑥:庭・植物の世話をしやすいような、蛇口や倉庫などの準備を。

画像提供:リクシル

また、庭作りやガーデニングのための蛇口や物置があると良いでしょう。タイニーハウスや、コンテナハウスなども使えます。

例えば、次のような物を入れる場所です。

ガーデニング用品(スコップ、土、肥料など)、芝刈り機、雪かきスコップ、アウトドア用品(BBQ用具、キャンプ道具、クーラーボックス)、子どものおもちゃ、車用品(洗車グッズ、タイヤ)、灯油タンク などなど

庭のすぐ横に倉庫があると、ガーデニングなどに便利です。また、家の屋内から外に出すことで、家の中の収納余力が高まります。

庭作り⑦:におい・虫・暑さなど不快への対策を行おう。

庭では、より快適に過ごせるようにしましょう。

「暑さ」対策としては、木があると夏に木陰ができ涼しさがうまれます。

「におい」の面では、犬や猫のペットの糞尿で臭くならないように躾をしっかりと行いましょう。またガーデニング肥料もにおいの少ないものを選ぶと良いでしょう。

「虫」も嫌なものです。植物は、虫に強い植物を選ぶようにしましょう。また植物に害の少ない殺虫剤なども利用しましょう。

 

将来像と余白空間

庭作りは、長い視点で考えながら、できることから始めていきましょう。

庭作り⑧:10年後、20年後の利用イメージや可能性を考えておく。

庭作りは、イメージを具体的に考える必要があり、そのイメージはこの先の利用イメージも考えておく必要があります。

例えば、今まだ子どもがいなくても、この先、子どもができ遊びやすいように考えておいた方がいいかもしれません。

また、今は使う自動車が1台だけでも、将来は、カーポートを2台・3台と増やしたいかもしれません。

また、高齢になってから、家の外に出入りしやすいようスロープが必要かもしれません。

何か新たに必要になった時に設置できるようにしたり、逆にいらなくなりそうな物を設置しないなど、よく考えましょう。

庭作りは、パース(完成予想図)で、あらかじめ十分に検討する。

庭作りは、具体イメージを、パース(完成予想図)で十分想定しておくと、より仕上がりがよくなります。

特に、夫婦でDIYを進める場合や、業者に施工依頼をしていくなど、複数名で進める場合は特にイメージの共有として必要です。

庭工事が終わった後に「イメージと違った」とならないようにしたいものです。

庭作り⑨:理想的な予算は建築費用の1割程度。ただ、今出せる予算の範囲だけ庭作りすればいい。

庭作りの理想的な予算は建築費用の1割程度ともいわれます。

新築住宅の建築費相場は3000万円前後のため、庭にかける費用が300万円ということになります。

実際に、エクステリア業者に庭全体の工事を依頼すると100万円を越えてきます。

例えば、ウッドデッキやサンルーム、カーポートなどの設備を増やしていくと、総合計費は200万円、300万円と増えていくでしょう。

実際にその予算の捻出はなかなか難しいもの。しかし、今できる範囲から庭作りは進めていけばいいのです。

庭作り⑩:一度に完成させない。空きスペースを残しておく。

庭作りは、一度に完成させなくていいものです。

それは、予算面だけではありません。少しづつ作ることで、イメージとすり合わせながら失敗せずに庭作りを進められます。

また、ライフスタイルは変わっていくもの。例えば、駐輪場・駐車場・倉庫など、その時々で必要なスぺースや機能も変わります。

その時々の希望の変化に対応できるように、余白を残しておくためにも、一度に完成させる必要はないのです。

庭作りのプラン無料作成は、利用実績が多くて安心

外構・庭作りのプランやアイデア・アドバイスを一括比較を無料でできる「タウンライフ外構特集」はシリーズ累計112万人が利用。安心して利用できます。

 

可愛いお庭作りの秘訣

庭作りでは、可愛い庭にしたいですよね。レンガ・タイル・薔薇のある庭などについてご紹介します。

庭作りでレンガ・タイル

庭作りでレンガ・タイルは、洋風の住宅にぴったり

ヨーロッパなどで、レンガは昔から建築に使われてきました。

レンガが使われている建築はその外観に存在感があり、高級感を感じさせてくれます。

いいレンガは耐久性が高く長持ちします、古くなりダメージがつくほど味が出て価値がある、建築材におけるジーンズのような存在です。

庭作りでレンガは、花壇・家庭菜園の囲いアプローチに向いている。

庭作りでレンガを活用できるところは色々あります。

車庫の色口や、玄関アプローチ、低いフェンス、花壇・家庭菜園の囲いなどです。インターネットやホームセンターで簡単に購入できるので、DIYでも気軽に始められます。

ただし、DIYする場合は、水平、隙間の適度さ、色や形の組み合わせなどで失敗しないように心がけましょう。

庭作りでレンガは、味のある経年劣化をするが、耐久性は商品によるので要確認。

レンガは年数を経るほど、味わいがでてきます。はじめからダメージ調のレンガも販売されているほどです。

レンガは耐久性が高いものですが、商品にもよるものなので、あらかじめしっかり確認しましょう。

また、レンガ以外に、タイルデッキや、石張りなどの選択肢もあります。

 

庭作り アプローチ

おしゃれな庭にするには、アプローチの工夫も効果的です。

庭作りでアプローチは、石畳・レンガ・枕木など様々な選択肢がある。

アプローチは、庭の砂利やコンクリートで作るだけでなく、レンガや石畳、枕木、真砂土など様々な選択肢があり、雰囲気が出ます。

特に家の玄関に入るまでが一工夫されていることで、家全体が素敵に思えるような印象を与えてくれます。

庭作りでアプローチは、不規則に並べたり隙間に芝生・苔利用などして、お洒落に。

アプローチにどの素材を使う場合も、あえて不規則に並べたり、形や色が違うものを並べると味わいのある印象になります。

枕木を利用する場合は、横に並べるだけでなく、縦に並べてもまた異なった印象になります。

レンガなどの隙間には、砂利や苔などを敷くことで、お洒落さが増していきます。

庭作りでアプローチは、雨の日でも滑らないなど安全性にも気をつけよう

アプローチを作る時は、まず安全性には気を付けましょう。雨の日に水で濡れても滑りにくい素材を選びましょう。

また、もし高さがバラバラだと歩きづらくなります。特にDIYする場合など水平を保つようにしましょう。

 

バラの庭作り

バラの庭作りにはいくつかポイントがあります。

バラの庭作りは様々な種類があるので、エリアによって色などテーマ分けをして植える。

バラは、種類も多いですが適当に植えてはいけません。

いい方法はエリアによってテーマを決める事です。例えば「赤い薔薇のエリア」「ピンクの薔薇のエリア」「つるバラのエリア」などです。

ディズニーランドもエリアが分かれていることでそれぞれの世界観が出ていますよね。

バラのお庭も、歩く流れでのストーリー作りをしてみましょう。

バラの庭作りは、背丈が低いものを前に、背丈が高いものを後ろにする。

また、基本的なこととして、高さによる設計も大切です。

背丈が低いバラは「手前」に、背丈が高いつるバラなどは「奥」にそれぞれ植えるとバランスがとれて見やすくなります。

バラの庭作りを行う時は、病気や虫に強い品種を選ぶ。

また、バラは病気に強い品種を選びましょう。

耐病性、強健性、耐害虫などのマーク入りの品種のことです。特にバラ初心者の方は、病気に強くたくさん咲くバラがおすすめです。

庭作りのプラン相談・成約でプレゼントがもらえます。

タウンライフ外構特集で「無料リフォーム相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

また、タウンライフ外構特集介して庭作りのリフォーム成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

 

庭作り方!初心者も簡単におしゃれに。

庭作りで、芝生やフェンスの使い方などをご紹介します。

庭作りで芝生・人工芝

庭作りで芝生は、青々として気分をリフレッシュさせてくれる。

庭一面を真っ青な芝生にすることって憧れますよね。

青々とした庭の芝生は、見ていてとても清々しい気分になり、庭に取り入れたいことの一つです。

芝生があれば小さい子供でも遊びやすいですし、ふさふさした上を裸足で歩くことも楽しいものです。

庭作りで芝生は、雑草が一番の問題。対策法もあるが、手間をかけないなら人工芝がいい

芝生では、庭全般同様に、雑草が問題となります。特に、春〜夏の時期にかけて、抜いても抜いても雑草は映えてきます

除草剤を使う方法もありますが、手間を省くならば「庭に人工芝・リアル人工芝を利用すると良いです。

人工芝は、見た目も本物の芝生に近いように作られていて、また、雑草が出てくることを防いでくれます。

ただし、人工芝のデメリットとして、天然芝より価格が高くなります。

庭作りで芝生は予算が厳しければ一部だけでも。レンガチップなどと合わせても、よく合う。

もし庭全面を芝生にする場合、費用も大きくかかるもの。

でも、芝生は庭の一部に使うだけでも良いアクセントとなります。芝生にしていない箇所をレンガチップにするなどしても良く似合います。

 

庭作りでフェンス・生垣

画像提供:三協アルミ

庭作りでフェンスがあると、境界がしっかりして、空間を分ける効果が出る。

庭にフェンスや塀があると、隣家との空間が隔てられ、プライバシーの確保になります。

また、空間に境ができることで、庭の独自色を出しやすくなります。

なお、擁壁工事が必要な場合、土地状況で費用が大きく異なるので専門業者に確認しましょう。

庭作りでフェンスの他、生垣・竹垣も、視線を優しくさえぎるのによい。

フェンスや塀のかわりに、生垣、また和風住宅の場合は竹垣を利用するのも良いでしょう。

自然の風合いでやさしいさえぎりとなり目隠しになりつつ、隙間もあるので防犯性もあります。また、強風の時に風を遮ってくれもします。

庭作りで生垣設置には、行政から補助金が出る場合がある。

生垣の設置の場合は「緑化推進」の観点で、地域行政で補助金が出る場合があります。

住宅街で自然の確保が難しいために、費用補助を行うことで、生垣などで緑を増やしていくのです。

例えば、地域によっては最大50万円など補助がある場合もあるので、確認してみましょう。

 

庭作りで和風・砂利・木

和風住宅には、和風の庭が合います。高級感や落ち着いた雰囲気が出るものです。

庭作りで和風は、砂利で小川・池などの自然をイメージさせ、また草木で四季を感じさせる

和風の庭は、大きな自然を小さく再現したり、季節の草木で四季を感じさせることが特徴です。

例えば、石や砂利を使うことで小川のイメージを作ったり、紅葉の木を植えることで秋の紅葉を楽しみます。

他に、竹垣を使ったり、灯篭を使ったり、また、飛び石を使ったりすると和風の庭のテイストとなります。

庭作りで和風は、小さいスペースに「ミニ和風庭園」でも、素敵になる。

庭の広さや、庭作りの予算が限られる場合は「小さいスペースでの和風庭園」もいいものです。

例えば、「玄関アプローチの横だけ」であったり、「中庭だけ」などです。

限られた場所でも、盆栽のように、その範囲内で和の世界を作ることは素敵なものです。

庭作りでがあると、夏は木陰ができ涼しく、紅葉など四季を感じさせてくれる

庭作りでは、和風・洋風を問わず「木」があると、家の快適さにつながります。

夏は暑い太陽の日差しをやわらげてくれる一方で、冬は葉を落とし光を届けてくれます。また、秋の紅葉は見ていて素敵なものです。

庭作りの開始に「タウンライフ」が選ばれる理由

外構・庭作り検討開始で、タウンライフ外構特集が選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の外構会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切な庭作りプランが届きやすいです!

③ 施工が前進する
希望の庭作りプランや費用を簡単に集められることで、外構リフォームの良いスタートがきれます!

 

庭作りの費用・業者はいくらかかる?

庭作りの費用は、新築の約1割が理想的な目安。

庭作りの費用は、理想は新築価格の1割と言われてます。

例えば約3000万円の住宅ならば、約300万円前後を、外構リフォームにかけるなどです。

庭作りの費用は、庭全体の工事なら100万円は超えてくるが、部分的なものなら数万円~

実際に、エクステリア業者に庭全体の工事を依頼すると100万円を越えてきます。

例えば、ウッドデッキやサンルーム、カーポートなどの設備を増やしていくと、総合計費は200万円、300万円と増えていくでしょう。

しかし、例えば「芝生を貼るだけ」や「花壇を作るだけ」など、数万円や、十数万円程度でできる内容も多いものです。

庭作りでは費用を一度にかけず、少しづつ作り上げていくのがいい。

庭作りで一度に数百万円の予算を捻出するのはなかなか難しいもの。

しかし、庭作りは今できる範囲から庭作りは進めていけばいいのです。

少しづつ作ることで、イメージとすり合わせながら失敗せずに庭作りを進められます。

その時々のライフスタイルや希望の変化に対応できるように、余白を残しておくためにも、一度に完成させる必要はないのです。

庭作りで、費用補助があるのが「雨水タンク」や「生垣」

また、庭作りでは、費用補助も上手に活用しましょう。

例えば「雨水タンク」です。雨水タンクは、その名の通り雨をためておくことができる容器です。

庭の花・植物への水やりにも使えますし、地震などで水道が止まってしまった場合への備えにもなります。

この雨水タンクは、「環境保全・エコロジー」の観点で、地域行政で費用補助が出るところも多いのです。

補助の有無や、ルールは行政により異なるので確認してみて下さい。サイズや設置費用などで金額が異なるなどします。

庭作りは、外構&お庭工事の専門サイトで

庭作りには、色々な方法があるので、あかかじめ十分にイメージして取り組みましょう。

外構・庭作りのプランに便利なのが「タウンライフリフォーム外構特集」です。

外構工事で、例えばこんなプランもできます。⇒ ベランダにサンルームベランダ増築ベランダ屋根後付け

完全無料で、あなたオリジナルのプランを作ってもらうことができるので、今すぐ利用して損はありません。

 

庭作り自分でDIYは大変?

庭作り自分でDIYは、まず小さいスペースで、とりあえずやってみる

庭作りでDIYを行う場合は、「まず小さいスペース」で、「とりあえず取り組んでみる」ことが大切です。

一度に、完全・完璧を求める必要は全くありません。むしろ、庭作りは少しづつ進めるものです。

庭作り自分でDIYできることには、レンガの花壇や、芝生植え玄関アプローチ作りなど。

庭作りのDIYでは、特に初心者の方は簡単なもの、小さいもの・場所で始めましょう。

例えば、花壇作り、芝生植え、砂利敷きなどです。

庭作りを進める上では、書籍も参考になりますが、よりリアリティーもあり楽しめるのが「ブログ」です。

庭作りのブログ一覧

庭作りブログは色々あり、具体的な方法やイメージの参考になる。

調べてみると、庭作りのブログとはたくさんあるものです。

一般の方で、しかしながら庭作りへの情熱の熱い方が、写真を多く利用しながら庭作りや、育てる植物の様子を日々報告しています。

書籍以上に、リアリティーがあり実際のイメージをつかみやすく、庭作りの参考になるものです。

庭作りブログで、真似したいスタイル参考にしたい人を決めて研究する。

庭作りのブログでは、書き手によって、庭作りのスタイルも異なります「ガーデニング重視」や、「薔薇の庭」などです。

「作っている庭のスタイル」や、あるいは、「気になる人」「説明が分かりやすい人」など、興味に合わせて、参考にしてみたい人を決めて、よくブログを読んで庭作りに活かしましょう

庭作りブログおすすめ例 一覧

庭作りブログ ナチュラルガーデンを目指して

座敷わらし犬とうさぎガーデン

庭にいます。

すぷーんガーデン そして介護を終える

ばぁばの薔薇の花園

なかよしの庭と猫と

柴犬まるとガーデニングダイアリー

旅するガーデナー

バラだけでいいです。

Garden Proud

庭作りブログは、ペットや生活の様子なども面白い

庭作りブログでは、庭の様子だけではなく、普段の生活も紹介されています。

例えば多いのは、愛犬・愛猫との暮らしの様子などです。それぞれ個性があり、読んでいて合わせて楽しめます。

庭作りで初心者向けの基本(おわりに)

庭作りは、テーマを決め、周囲と調和させ、建物とのつながりを持ち、プライバシーを保ち作りましょう。

庭作りは、雑草対策などその後の手入れをしやすいように、快適・便利に使えるにように、などの意識が大切です。

庭作りは、花・植物・木などで四季を感じさせ、レンガ・タイルなどでよりお洒落になります。

庭作りの費用は、理想は建築費の約1割だが、部分的にできることから始めていくのが良いです。

なお、昔からある土地などの理由で、外構工事にあたりもし新たに測量が必要な場合、測量の費用は現況測量で約10~20万円が一目安です。

庭作りに便利で人気!【タウンライフリフォーム】

完全無料オンライン一括見積依頼が可能。

厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社300以上が登録され、お住まいの地域・予算・ご希望のリフォーム内容にあった会社から見積・提案をもらえます。

しつこい営業は一切ありません。シリーズ累計112万人の利用実績。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

庭作り以外の記事も、合わせて読んでみよう!

● 外構工事について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

新築の外構作りが不安な方は、新築・外構で失敗・後悔しない

 

● 庭作りについて知ろう!

庭に芝生

人工芝・リアル人工芝

人工芝のデメリット

真砂土の価格

固まる土

庭作り

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!