庭に敷く芝を、人工芝にした場合に何かデメリットが無いか気になりますよね?

例えば「水がたまるとカビがはえる」など聞きますが本当なのでしょうか?

たしかに、人工芝にもデメリットがあります。

しかし、最近では高品質な人工芝も多く、デメリットの多くは対策することで、その欠点をカバーすることが可能です。

この記事では、人工芝のデメリットと対策をご紹介します。しっかり確認して下さい。

人工芝のデメリットと対策【 重要・1分まとめ 】

人工芝のデメリットについてのエッセンスを濃縮して1分でご紹介ココだけ読めば大丈夫です。

9のデメリットまとめ

人工芝には「施工の質が低い」と起こりうる3つのデメリットがある。

人工芝は、もし「施工の質が低い」場合に出てくる欠点があります。

人工芝を敷く前に、十分な下地作りが必要なのです。土地の平らに固め、砂利敷き、雨を流すパイプの設置、丈夫な防草シート敷きなどを必要に応じ行います。

土地の形状や土質にもよりますが、もしこのような下地作りが十分でないと、水はけが悪くなってしまうなどします。

その結果、カビ・虫、雑草、剥がれというデメリットが出てきてしまいます。

人工芝には「芝の質が低い」と起こりうる3つのデメリットがある。

人工芝には、もし「芝の質が低い」場合に出てくる欠点があります。

もし安い人工芝を選んでしまうと、質感も劣り、遮熱性・静電気抑制・耐火性などの機能性に欠けます。

その結果、見た目が人工的、夏に熱い、冬に静電気が起こる、火で溶けやすいなどのデメリットが出てきてしまいます。

人工芝には、「我慢しないといけない」3つデメリットがある。

人工芝では我慢・対応せざるを得ない欠点もあります。

まず、天然芝より初期の施工費用が高いです(1㎡あたり2万円前後が相場)。ただその分、天然芝と異なり、水やり・肥料・除草材などの維持費がかからず、トータルコストに優れます。

また、見た目が綺麗なため落ち葉などゴミが目立つのでホウキ掃きなどが定期的に必要です。

また、耐久性は高いのですが少しずつ経年劣化していくため、約10~20年ほどで張替えが必要です。

しかし、人工芝には、デメリット以上のメリットがあり、おすすめ。

このようにデメリットもあるものの、それ以上のメリット・魅力があるのが人工芝です。

最も嬉しいことが、天然芝に必要となる、草刈り・雑草とり・水やり・肥料やり・除草剤などといった、手間・メンテナンスが必要無いことです。

日陰げなど場所を問わずに施工でき、耐久性も高いために、1年中青々とした美しい姿をみせてくれます。

デメリットの対策とは

人工芝の施工は、腕のいい業者に依頼しよう。(整地や下地作りの作業が丁寧で、安心できる業者)

人工芝のデメリットを生じさせないためには、整地や下地作りを丁寧に行い、人工芝の商品種類に詳しい業者に依頼して下さい。

そのためにも、実際に施工場所を見てもらい、土地の状況や土質も踏まえ、水はけ対策も踏まえた施工をどのように行うべきかアドバイスやプランを求めると良いでしょう

また、あなたの予算感と希望に合う、人工芝の商品種類の提案をもらうようにしましょう

3社以上の見積もり比較が、外構工事を安くする方法・コツです。

人工芝の施工業者の比較は必須。でも、大変です。

人工芝の施工プランや費用を把握するためめにも、外構工事の見積もりをする必要があります。

しかし、業者比較は、普通に行おうとすると膨大な手間と時間が発生します。

【1】 業者候補探し 
【2】 安心な業者か評判口コミ調査
【3】 候補各社ごとに説明の繰り返し

人工芝の施工で地域の優良業者を30秒で簡単にチェックする方法

あなたがお住まいの地域で、人工芝の施工に適した業者の最有力候補群を(登録なしで)約30秒で簡単チェックする方法があります。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある住宅会社」のみ「約300社が厳選登録するタウンライフ外構を活用します。

どの業者も信用があり評判の良い会社で、工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます。

簡単30秒チェックの流れ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】外構プランの作成依頼スタート」を押す
【3】希望箇所「外構・エクステリア」を選択
【4】予算「~100万円」などを選択
【5】他の入力項目を飛ばし、画面の下の方まで行く

タウンライフ外構で1~5を行い表示されるのが、あなたが住まいの地域で人工芝の施工に適した業者の最有力候補群です。

各社の詳細情報もすぐ見れるためタウンライフ外構を、今すぐ、確認してしまうことをおすすめします。

 

 


質の高い人工芝を選ぼう。( 見た目がより自然で、耐熱・耐静電気など機能性も高い芝)

人工芝を選ぶ時は同じ予算内でも、なるべく良質な芝を選びましょう。

質がいい人工芝は、天然芝のような自然な見た目になるよう色合いや質感が工夫されています。

また、夏の熱さ、冬の静電気などを軽減し、より快適に使える人工芝となります。

地域の外構業者に、適切な商品プランを提案してもらい、比較・検討しましょう。

人工芝の施工が最大40%オフ

上でご紹介したタウンライフ外構では、「あなたの予算や希望に沿った人工芝の施工プランの作成」を完全無料で依頼できます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的な内訳を含め分かります。

①「商品・施工プラン
・・・土地・土壌などに合う具体的な商品・プランを知ることができます。各社の提案力を見比べることができ、自分の要望に応えてくれる施工会社が分かります

②「費用・お見積り
・・・複数社比較により、人工芝施工の実際の費用・基準を把握でき、工事価格を下げることに繋がります。

③「アイデア・アドバイス
・・・人工芝の施工であなたの希望へのアイデア悩みや疑問へのアドバイスなど、プロから的確な情報をもらえます。

タウンライフ外構は、人工芝の施工をまだ決めていなくてもまずは情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

 

 


人工芝の施工プラン無料作成は、利用実績が多くて安心

人工芝のプランや見積り、アイデア・アドバイスを一括比較を無料でできる「タウンライフ外構」はシリーズ累計112万人が利用しています。

「タウンライフ外構」のFAQ

Q:予算が少ない少額施工でも相談できますか?

A:はい、大丈夫です。

あなたが希望する地域・予算・内容で相談可能な業者のみに相談できるので大丈夫です。

Q:しつこい営業はありませんか?

A:ありません。

業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。
また、サービスのシステム上あらかじめ比較されることを施工会社側も分かっているので、より丁寧に的確に情報提供してもらえます。

Q:提案をもらっても断ってもいいんですよね?

A:はい、大丈夫です。

理想としている見積りやプランで無い場合は、遠慮なく断れます

地域の優良業者は人気のため、早めの依頼が必要です。

 

 


以上で「ここだけ読めば大丈夫!」1分まとめは終了しました。

もしこの記事を気に入っていただけたら、LINEで家族やお友達などにもご紹介下さいね。

(参考)タウンライフ外構の評判・口コミ

 

人工芝のデメリット「施工の質が悪い場合」

それでは、施工の質が悪い場合に起こりうるデメリットについて、より詳しくご紹介していきます。

カビ・虫がわく

【人工芝のデメリット】水はけが悪いとカビや虫がはえてしまう場合がある。

人工芝は水はけが悪いと、雨の後はタプタプとやわらかいく水が溜まった状態になってしまいます。

このように水の留まりや蒸れは、カビの原因になります。カビは湿気と空気があればどこでもはえ、特に、蒸れている場所を好むのです。

さらに、水・水たまりは、虫も好むものです。人工芝が虫が出てくる原因にもなりかねません。

例えば、ゴキブリは家の中でも水まわりで見かける事が多いのは水を好むためです。また、夏の雨の翌日は蚊やボウフラが多いですよね。

人工芝の水はけの悪さは、施工時の整地工事・下地作りを丁寧にしないことが原因。

人工芝で水はけが悪くなってしまう原因は、その施工にあります。

通常、土地の平らに固める整地を行います。さらに、土壌の状況に合わせて、必要に応じて砂利を敷いたり、雨を流すパイプの設置を行う場合もあります。

防草シートを適切に敷き、人工芝を敷く前に、このように十分な下地作りをすることが正しいのです。

本来、人工芝はしっかり施工すれば、逆にメリットとして、水はけがよくなり、虫が少なくなるものなのです。

 

雑草が生えてくる

【人工芝のデメリット】中から、雑草が生えてきてしまうことがある。

人工芝でも、下や隙間から雑草が生えてきてしまうことがあります。

人工芝は光を遮断しないために、種子の発芽に必要な日光を通すのです。

⇒ 雑草が生えてくるのも、下地作りが不十分だったり、防草シートの質が悪いことが原因。

人工芝で雑草が生えてくる原因も、カビ・虫と同様に、その施工にあります。

除草剤をまき、防草シートを敷いてから、人工芝を敷くことが望ましいのです。

ただし、材質・耐久性ともに弱い市販の安い防草シートを使うと力が強い雑草だと突き抜けてしまう場合もあります。

防草シートは頑丈な製品を選び、隙間が無いように敷くことが大切です。

本来、人工芝はしっかり施工すれば、逆にメリットとして、雑草が無くなるものなのです。

 

強風で剥がれる

【人工芝のデメリット】強風時に、一部剥がれてしまう場合もある。

天然芝であれば、地面に根付くので剥がれることはありません。しかし、人工芝の場合、台風などの強風でめくれ上がることがあります。

人工芝が剥がれるのは、固定が弱いことが原因。

人工芝が剥がれてしまう原因も、その施工にあります。

十分に地面に固定せずに隙間ができてしまっている場合に、風が吹き込んで剥がれめくり上がってしまう場合があるのです。

固定するピン数を多くしたり、長く丈夫なものにしたり、粘着テープを使うなど、十分な固定が必要です。

 


人工芝は、整地や下地作りの作業が丁寧で、安心できる業者に依頼をしよう。

人工芝は、整地や下地作りを丁寧に行う業者に依頼して下さい。

そのためにも、実際に施工場所を見てもらい、土地の状況や土質も踏まえ、水はけ対策も踏まえた施工をどのように行うべきかアドバイスやプランを求めると良いでしょう

人工芝の施工を安心依頼できる、信頼できる業者なら「タウンライフ外構」

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある住宅業者」のみ「約300社が厳選登録するのがタウンライフ外構です。

地域の優良業者にあなたの予算や希望に沿った人工芝の施工プランの作成」を完全無料で依頼できます。

土地・土壌などに合う具体的な商品・プランを知り、各社の提案力を見比べることで、自分の要望に応えてくれる施工会社が分かります

 

人工芝のデメリット「芝の質が低い場合」

続いて、人工芝の商品の質が悪い場合に起こりうるデメリットについて、詳しくご紹介していきます。

一言に「人工芝」といっても、その商品はピンキリで、商品の質には大きな差があるのです。

見た目が人工的

【人工芝のデメリット】見た目が作り物のような人工的な商品もある。

人工芝の中でも、ひと昔前の商品や安価な商品の場合、見た目がいかにも「作り物」という感じがするものもあります。

触ると少し固かったり、色が単色だったりして、人工的な印象となってしまうのです。

⇒ 人工芝は、色合い・質感・肌ざわりなど、リアルな商品を選ぼう。

人工芝は、ぜひ高品質な商品を選んで下さい。

例えば色なら、緑色の中でも枯れた部分もあらわすような濃淡があり見た目がとてもナチュラルです。

また、肌ざわりも天然芝により近づきます。自然な風合いの芝を楽しむことができるのです。

 

夏に熱気・冬に静電気

【人工芝のデメリット】夏は意外に熱くなる。冬は静電気がおきやすくなる。

プラスチック系の素材でできている人工芝は、夏、日光を吸収し熱くなります。

火傷をするほどではないものの、小さいお子様がプール遊びで裸足で歩く場合などもある事でしょう。お子様のいるご家庭の場合は対策をしたいものです。

また冬になると、人工芝には静電気がおこります。冬でもお子さんが遊んだり、飼い犬が走ることがある場合、問題です。

⇒ 人工芝は、高品質で、遮熱効果や、静電を抑制する効果効果のある商品を選ぼう。

熱・静電気の対策のためにも、人工芝は高品質な商品を選んで下さい。

人工芝の中には、10度ほどの遮熱効果があるもの、静電気を抑制する加工がされたものなどがあります。

具体例としては、充填材にゴムチップや目砂を用いている人工芝では静電気は発生しません。

地域の優良外構業者に、仕入れ可能で、高品質な人工芝をお訪ね下さい。

 

BBQや花火の火に注意

【人工芝のデメリット】火で溶けてしまう。BBQや花火を控えた方が良い。

樹脂系の素材でできている人工芝は、熱で溶けてしまう性質を持ちます。

「火事になり火が燃え広がる」ということは通常ありませんが、一部溶けて穴があいたり、焦げ目がついてしまうなどします。

そのため、人工芝を長く使い続けるためには、バーベキューや花火は控えた方が良いことになります。

⇒ 人工芝は、高品質で、耐火性のある商品を選ぼう。

人工芝の熱による影響を最小限に防ぐために、BBQなどを検討されている方の場合は、防炎機能がある高品質な商品を選ぶと良いでしょう。

かつ、より安全な事は、BBQを行える広さ分、庭にコンクリートタイルデッキを施工することです。

 

コンクリートの単価なら1㎡約1万円、タイルデッキの費用は1㎡約1.5万円〜と、人工芝よりやや安い位の単価で施工することができます。

 

 

人工芝のデメリットで、我慢が必要な内容

最後に、人工芝のデメリットとして、何か対策があるわけではなく受け入れる必要があることをご紹介します。

天然芝よりも高額

【人工芝のデメリット】天然芝より高額になる。1㎡あたり2万円前後が相場で、高いと5万円。

人工芝のデメリットとして、天然芝より初期費用が高くなることが挙げられます。

まず、商品価格だけでみると、天然芝の場合は1㎡あたり約1,000円前後ですが、人工芝の場合は約1,000~6,000円ほどとなります。

さらに人工芝では、防草シート代や施工費も含めた合計額が1㎡あたり約2万円前後が相場にもなります。

さらに、土壌の状況次第で水はけ対策として整地や砂利敷きなどの手間が増えるなどした時に、高いと約5万円ほどにもなります。

(参考記事)人工芝・リアル人工芝の施工

⇒ 逆に天然芝なら、水道代・除草剤・肥料などのメンテナンスコストがかかる。

ここで、施工後の維持費も考えた時、天然芝には様々な費用がかかるのに対し、人工芝には基本的に費用がかかりません

天然芝の場合は、水やりの水道代、雑草が生えないように除草剤、また、肥料代などがかかってきます。

さらに、天然芝の場合は費用だけでなく、手間暇もかかります。芝刈り、草むしりなど苦労が絶えないものです。

このように、維持も考え、人工芝を賢く選ぶ方が多いのです。

⇒ 人工芝の施工初期費用は、複数業者の見積もり比較で、費用を抑えよう。

人工芝は、それなりに価格がしたとしても、高品質な物を選ぶ方が良いでしょう。

ここで、同じ高品質な商品の場合でも、業者によって仕入れ値や施工費は変わってきます。

複数の外構業者で、プランと見積もり比較を行い、価格が割高にならないようにすることも大切です。

 

落ち葉など掃除が必要

【人工芝のデメリット】綺麗で落ち葉・ゴミが目立つため、定期的な掃除が必要。

人工芝は天然芝と比較しても、ゴミや汚れが少なく綺麗です。なぜなら、枯れ葉ゴミが出ることが無いからです。

しかし逆に、人工芝が綺麗すぎることで、少しゴミがあるだけでも目立ってしまいます。

特に、秋から冬にかけて落ち葉の季節に、青々とした人工芝に枯れ葉が多くあると違和感を覚えるものです。

⇒ 人工芝でゴミをみつけたら、ホウキでササっと掃こう。

人工芝に落ち葉やゴミがあった時には、ホウキなどで掃除しましょう。

一定の経年劣化がある

【人工芝のデメリット】色あせ、抜けなどの経年劣化がある。

多くの人工芝は、丈夫に耐久性高く作られています。

そうとはいえ、人工物であり、何年もすると徐々に色あせたり、抜け落ちたり、芝が横になってきてしまいます。

このように人工芝は経年劣化していくこともデメリットです

⇒ 一般的に、10〜20年で寿命・交換が望ましいとされています。

人工芝は一般的な商品で約10年前後、耐久性がより高い商品の場合で約20年前後で交換した方が良いものと覚えておきましょう。

なるべく交換頻度が少ない方が楽でトータル費用が安くなるため、初期費用が少し高くなっても、耐久性の高い人工芝を選ぶと良いでしょう。

 

人工芝にはデメリット以上に、メリットがある

ここまでご紹介してきた通り、たしかに人工芝には複数のデメリットがあることも事実です。

しかし、デメリット以上の価値あるメリットがあるのが人工芝です。

日陰げ等どこでも敷ける

人工芝なら、日かげやベランダなど、どこでも好きなところに敷ける。

もし天然芝の場合、陽当たりの悪い場所に植えると、育ちが悪くなります。

しかし、人工芝の場合は陽当たりを問わず、家の南側も北側もベランダも変わらず同じように施工できます。

ウッドデッキなどと合わせて施工しても素敵でしょう。

天然芝より耐久性が高い

人工芝は、耐久性が高い素材で作られてる。屋外でも綺麗さを維持。

人工芝はウレタンなどの耐久性が高い素材で作られています。

人工物でありながら、風雨にさらされる屋外に敷いていても約10年前後ももちます。高品質でより耐久性が高い商品の場合、約20年使えるものもあります。

メンテナンスが少ない

人工芝なら、芝刈り・水やり・草とりなどの手間がかからない。

人工芝で特に大きなメリットとなることが、手間がかからないことです。

天然芝を綺麗に維持することは、とても大変なものです。費用も時間もかかります。

天然芝は、草刈り、水やり、草取り、肥料やりなどがあり、もし植物を育てることが大好きな方だとしても気苦労するものです。

その点、人工芝であれば、ゴミが気になった時に掃除をする程度で済み、誰でも簡単に維持することができます。

一年中芝生が色あせない

人工芝なら、1年中美しい青々とした色を見せてくれる。

芝生は、庭に砂利真砂土などと異なり、美しい緑の姿を楽しませてくれます。

ただし、天然芝の場合は、冬には枯れたように、色が黄色っぽくなってしまいます。

しかし、人工芝は1年中青々としています。冬でも緑の庭景色を楽しめ、寒々しく陰鬱とした冬の気分を飛ばしてくれます。

庭作りする上で役立つアイテムとなります。

人工芝のデメリット(おわりに)

人工芝のデメリットを生じさせないためには、整地や下地作りを丁寧に行い、人工芝の商品種類に詳しい業者に依頼して下さい。

そのためにも、実際に施工場所を見てもらい、土地の状況や土質も踏まえ、水はけ対策も踏まえた施工をどのように行うべきかアドバイスやプランを求めると良いでしょう

また、あなたの予算感と希望に合う、人工芝の商品種類の提案をもらうようにしましょう

人工芝の施工が最大40%オフ

タウンライフ外構では、「あなたの予算や希望に沿った人工芝の施工プランの作成」を完全無料で依頼できます。

人工芝の施工をまだ決めていなくてもまずは情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

人工芝のデメリット以外の記事も、合わせて読んでみよう!

● 外構工事について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

新築の外構作りが不安な方は、新築・外構で失敗・後悔しない

 

● 庭作りなどについて知ろう!

庭に芝生

人工芝・リアル人工芝

人工芝のデメリット

真砂土の価格

固まる土

庭作り

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!