屋根瓦の修理をしたけけど、費用・値段や、よい業者などが良く分かりませんよね?

できることなら、費用は安く、腕は良く、安心できる業者に依頼したいものです。

屋根瓦の修理は、簡単なものなら安価に行えます。火災保険適用の場合もあります。

ただし、もし放置すると雨水が染み込み腐食などにもつながるため、早い修理・補修が必要です。

この記事では、【屋根瓦の 修理】についてご紹介します。ぜひじっくりご確認下さい。

屋根瓦修理の費用・値段相場【 重要点・1分まとめ 】

1分間で【この記事のまとめ】として次の3つをご紹介します

・修理は早い方がいいワケ

・費用・値段・相場

・安心できる業者探し

ここを読めば「瓦屋根の修理」について分かります!

屋根瓦の修理

屋根瓦の修理は早く行わないと腐食が進み、修理代の増加や最終的には崩落にもつながります。

【雨漏り放置の結果】出典:かわらぶき

瓦のヒビから雨水が染み込むと、屋根が腐食します。

もし、さらに家の躯体・柱まで腐食すると、家の構造全体の修理が必要になり、修理費が増えてしまいます。

さらに、長く放置し続けると、最悪、屋根の崩壊などにつながってしまう場合もあり、早い修理が必要です。

費用・値段・相場

屋根瓦の修理費用は、約1万円~。火災保険適用で0円も。

修理費用の相場は1〜5万円程度の安い工事も多く、火災保険適用で実質0円工事になる場合もあります。

例えば、瓦交換なら1枚約1~3万円、簡単な雨漏り補修なら約3~5万円、瓦ずれ補修なら約5万円、漆喰補修で10~30万円などです。

もし、家の瓦全体なら工事費も上がり、塗装で約40~80万円、葺き替えで約60~200万円などです。

ただし、瓦屋根修理の実際の費用を知るには「あなたの家の状況に合わせたプラン作り」が必須です。

どのような修理が必要かや、あなたのご自宅の地域や屋根の広さなどによって、価格は変わるためです。

質の低い工事を避けるため『安かろう悪かろう』も避けるべきです。「高くなるかもしれない」と思い見積りを取ると良いでしょう。

屋根瓦の工事で、見積もりはどう取るの?

屋根瓦工事の実際の金額を知るには、屋根業者に確認が必要です。

しかし「社しか見積もりを取らない」と困る場合があります。

1社のみの見積もりで困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には高額請求する業者も・・)
● 工事のプランが十分に膨らまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

できれば、3社以上のプラン比較を行いたいところです。

慎重に屋根業者を選んで、後悔や失敗をしない屋根工事をしたいですよね。

ただし、屋根瓦の工事業者探しも大変

相見積り・プラン比較にも、意外に色々と大変な面もあります・・

相見積りを取る時に大変な点
● 屋根業者を何社も探すのは大変・・
● 複数社に、何度も同じ説明を行うことが大変・・
● 断る時、気持ち的に断りづらい・・
屋根瓦の修理には、悪徳業者も存在するために、特に注意が必要。

リフォームの中でも、特に「屋根」は訪問販売などで悪徳業者も存在するため注意して下さい。

屋根は登らないと見えない場所であることを利用して、嘘の報告をすることで騙す業者も中にはいるのです。

それでは、一体どう修理業者を探せば良いのでしょうか?

安心できる瓦屋根の修理のプランを、簡単に一括比較できます!

瓦屋根の修理プランを気軽に無料で簡単に一括比較できるのが、リフォーム見積もり比較サイト「タウンライフ」です。

あなたの家の状況や、希望に合わせた、瓦屋根の修理、費用のプランを作ってもらうことができます。

瓦屋根の修理で失敗しない、アイデア・アドバイスが充実。

たしかに、リフォーム「費用見積り比較」サービスは他にもあります。

しかし、タウンライフなら具体的な修理プランまで作ってもらえ、また、アイデアやアドバイスが充実している点で違い、おすすめなのです。

私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりと資料や提案が届きました。

営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持って比較をすることができます。

(家に来てもらって、屋根を実際に確認してもらうことももちろん可能です)

瓦屋根の修理検討時の「 ’自分にあった’ 情報収集や比較検討の材料集め」に適しています。

3冠を獲得・112万人が利用。

タウンライフは、テレビCMを行っていないため広くは知られていません。

しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。

3冠の中には、「利用満足度」や「サイト利用者安心度」などがあり、安心できるサービスを利用したい方に向いています。

屋根瓦の修理プランを作ってくれるのは、厳選されたプロの専門家。

修理プラン検討は安心できる業者に任せたいもの。

タウンライフでは「厳格な国家基準をクリア」した信頼ある住宅会社のプロの専門家にプランを無料作成してもらえます。

全国約万の施工店の中から、リフォームは約300社が厳選登録しています。

たしかに、事前の登録に約3分が必要になってしまいます。

しかし、気軽に無料で利用でき、あなたの希望に合う瓦屋根の修理プランを作ってもらえるため、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


瓦屋根修理プラン作成のよくある質問

「Q. 利用したら契約しないといけないのでは?」
契約の義務は全くありません。タウンライフはあくまで「一括資料請求サイト」で、契約を斡旋されたり迫られることもありません。

「Q. 本当は何かお金がかかるのでは?」
完全無料で利用できるサービスです。住宅会社の広告宣伝費で運営がなりたっているため、無料サービスが実現しています。仲介手数料なども一切かかりません。

「Q. 申込み後の流れはどうなるの?」
はじめに、入力内容の確認連絡があります。その後、希望条件に合わせた資料が届きます。じっくり比較して下さい。

「Q. 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。」
一切ありません。希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載すれば、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。

「Q. 現場写真データの添付は必要ですか? 」
無くて大丈夫です。登録時に任意で画像データ添付欄がありますが、もし後により話が具体的になった時で大丈夫です。

タウンライフは私も利用しています。

他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているため、私も安心しておすすめできます。

詳細はこちら>>>

 

 

火災保険適用について

屋根瓦の「修理」費用は、火災保険が適用されて実質0円になる場合もあります。

 

修理時に、「火災保険」に加入している方の場合、修理が保険でカバーされて修理にかかる費用が実質0円になることもあります。

現在、火災保険への加入率は約8・9割程度と言われています。マイホームをお持ちの方の大半が火災保険に入っているため、あなたのご自宅も加入している可能性は高いです。

一見、被害が無いように見える家でも、築5年以上の一戸建ての約70%以上で、平均80万円の保険金が下りるそうです(出典:住まいの被害サポート窓口

まずは、修理プランを今すぐ相談して損はありません。

詳細はこちら>>>

 

 


以上で【重要点のまとめは終わり】です

以下は補足です。ここまでの内容と一部重複し、全体の読了目安は約10分間です。

屋根瓦 修理の方法と費用・値段【以下、補足】

「瓦屋根にはどんな修理がある?」

「修理費用はいくら?」

という点について、より詳しくご紹介していきます。

瓦ひび・瓦ずれの修理

・瓦の交換  1枚: 約10,000~30,000円

瓦のずれの補修: 約50,000円

下地に問題が無いようであれば、ズレがある時に、瓦を元の位置に戻すだけで済む場合もあります。

もし単なるヒビでも、雨水が入ると腐食につながるので、今すぐ修理した方がよいでしょう。

「瓦ひび・瓦ずれ」修理プラン作成こちら>>>

 

雨漏りの修理費用

 ・雨漏りの修理や補修 1か所: 約30,000~50,000円

・塗装のみのリフォーム: 約40~80万円 ※セメント瓦の場合に塗装も可能です。

・下階の雨染みを直す時 :+約5~20万円

躯体まで被害がある時: +腐食状況次第

雨漏りは、進行状況で修理費用が大きく変わってきます、今すぐ修理した方がよいでしょう。

「雨漏り」修理プラン作成こちら>>>

 

葺き直しの費用

屋根瓦を修理する業者の方法は大きく2つに分かれます。

葺き直し(ふきなおし):問題のある屋根瓦だけを、修繕・交換する工事です。

葺き替え(ふきかえ): 屋根瓦全体を変える工事です。

屋根瓦 修理(一部) 葺き直し

瓦屋根 修理 葺き直し
(画像出典:石井角弘商店

「葺き直し」とは、瓦や金属板など、既存の屋根材を再利用して、ズレや浮きがある部分をの屋根瓦を施工し直すことです。

また一般的には、葺き直し工事と同時に、雨漏りの補修や雨樋の補修・交換工事を行います。

・部分的な修理:約5~15万円

 ・ 瓦: 約8,000~12,000円 /㎡

 ・本瓦: 約50,000円~/㎡    ※寺や城などで使われる高級な瓦です。

瓦のズレから雨漏りなどにもつながりかねません。問題が悪化しないうち、今すぐ修理した方がよいでしょう。

「葺き直し」プラン作成こちら>>>

 

漆喰の塗り直し費用

屋根瓦 修理 漆喰 塗り直し
(画像出典:OKUTAインスペクション

また合わせて、瓦のつなぎめの役割を果たす漆喰の塗り直しを行うこともあります。近年では補修できる職人の数も減ってきています。

 ・漆喰の補修: 約10~30万円

谷樋の交換:約5,000円~ /㎡   ※屋根と屋根の谷部で雨漏りの原因になりやすい箇所です。

「漆喰塗り直し」プラン作成こちら>>>

 

葺き替えの費用

屋根瓦 修理(全体) 葺き替え

屋根瓦 修理 葺き替え
(画像出典:エイトリハウス

「葺き替え」とは、瓦や金属板など、既存のものを撤去して、新しい屋根材で葺き替えることです。築30年がたつころには「葺き替え」が必要となってくるでしょう。

こちらも同様に、同時に雨漏りの補修や雨樋の補修・交換工事を行います。

・葺き替え: 約60~200万円

材旅費、足場代、人件費、諸経費などがかかります。

「葺き替え」プラン作成こちら>>>

 

無料で、瓦屋根の修理プラン一括比較ができます。

タウンライフでは「あなたの家の屋根の状況に合わせた、オリジナルの瓦屋根修理プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなく簡単にプランを比較することができます。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずは自宅・自分の希望に合う具体的な修理プランを知ることが大事です。

タウンライフは、瓦屋根修理をまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして利用でき、無料のため今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


屋根瓦の修理が高くなる理由

屋根瓦の修理はそれなりの金額がかかりますが、それには理由があります。

屋根修理の職人は限られる

外構や内装、水周りのリフォームと異なり、屋根の上に登って作業できる職人には少ないです。そのため、特に腕のいい職人を中心に、人件費は高くなる傾向にあります。

屋根修理に足場が必要になる

屋根修理は、落下の危険防止のために、足場を組むことが多いです。足場を組める職人も限られ、また足場代自体も費用がかかるため、高くなります。

瓦屋根・修理プラン無料作成は、利用実績も多くて安心

瓦屋根修理のプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて屋根サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「屋根瓦修理に少しでも興味がある方」ならば、タウンライフ今すぐ利用しないと損なサービスです。

詳細はこちら>>>

 

 

屋根瓦 自己メンテナンス方法

「どうしても、今、早めに直したい!」

という場合の応急処置についてご紹介していきます。

屋根瓦の応急処置の注意事項【重要】

屋根にあがっての作業はとても危険です。

怪我をされてしまうこともあるため、基本的には必ず、プロの屋根修理業者に修理をお願いしてほしいです。

ただ一応、瓦屋根を応急処置的にご自身で修理する方法を簡単にご紹介します。業者に依頼する方は読み飛ばして下さい

基本注意点:屋根瓦は「谷」を踏む

屋根瓦 山と谷

瓦屋根の上を歩く時は、必ず谷の部分を縦に踏むようにして下さい

屋根瓦の山部分を踏んだリ、横に踏むと瓦が割れてしまうことがあります。

屋根瓦 修理①「防水テープ」

屋根瓦の一時的な修理方法には「防水テープ」があります。

屋根瓦 修理 防水テープ
(画像出典:まるかさ

割れた屋根瓦を一度取り除いて、その瓦を一度キレイに拭きます。割れている箇所に防水テープをはって、元通りに戻して完了です。

利用する防水テープはニトムズのものがおすすめです。

屋根瓦 修理②「取り換え」

また、もし同じ屋根瓦材がある場合、割れた瓦を新しい瓦に取り換える方法もあります。


上記の動画で、瓦の交換方法を見ることができます。

瓦は釘などで固定されているわけではないので、割れた瓦を外して、新しい瓦を元の位置に戻すだけです。

屋根瓦 修理③「パテで接着」

また、屋根瓦のヒビを「パテで接着」させる方法もあります。

屋根瓦修理 パテ 接着
(画像出典:Nudge hair work)

割れた屋根瓦をとり清掃し瓦パテを塗り込みます。また、瓦の下支えをガルバリウム鋼板で作成し、掃除した下地に先にのせてから、瓦を乗せて完了です。

瓦パテは、家庭化学工業のものがおすすめです。

バルバリウム鋼板もインターネットで簡単に購入することができます。

 


このように、ご自身でも応急処置的な修理はできます。

しかし、屋根の上は危険なために、プロの修理業者に依頼をしましょう。

屋根瓦の修理プラン作成はこちら>>>

 

屋根瓦の修理で「タウンライフ」が選ばれる理由

屋根瓦修理の検討開始には、タウンライフリフォームが選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の修理リフォーム会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切な屋根瓦修理プランが届きやすいです!

③ リフォームが前進する
希望の屋根瓦修理のプランや費用を簡単に集められることで、修理リフォームの良いスタートがきれます!

詳細はこちら>>>

 

 

屋根瓦 修理を怠る危険性

「そもそも、修理は必要なの?」

「どんな時に修理は必要?」

という点について、あらためてご紹介していきます。

瓦屋根のヒビなどは雨水が染み込んで屋根が腐食し、最悪、屋根が崩落することもあります。

屋根瓦 崩落
(画像出典:かわらぶき

こちらの画像は、地震被害などではありません。雨漏りを放置した結果、屋根が崩落した画像です。

雨の染み込みによるヒビやボロボロの腐食が「瓦 ⇒ 瓦の下地 ⇒ 屋根の骨組み」と徐々に進行し、屋根強度が低下

雨水や瓦の重みで大きな穴があいて、屋根が崩壊してしまうのです。

屋根瓦 修理補修のタイミング

屋根瓦の修理のタイミングには、屋根瓦に「ヒビ」や「欠け」、「漆喰のはがれ落ち」、「鬼瓦の傾き・隙間などを見つけた時などです。いずれも雨漏りにつながってしまいます。

屋根瓦 欠けヒビ
(各画像出典:西郷瓦商店小椋建築街の屋根やさん石川商店

瓦屋根のヒビや欠けは、雨水の染み込みにつながってしまいます。

また「漆喰」は屋根瓦の継ぎ目に使われているものです。漆喰の剥がれ落ち(例:画像左下)」も継ぎ目からの雨の侵入につながります。

鬼瓦の傾き・隙間」というのも漆喰の劣化サインの一つです。

「軒の曲がり」「屋根の波打ち」も修理サイン

屋根瓦 曲がり 波打ち
(画像出典:石川商店川畑瓦工業

なお、軒部分は特に風雨のあたりが強く、傷み・雨漏りの原因になりやすい場所です。地震などによる「軒の曲がり」は修理サインです。

また「屋根全体の波打ち」状態は、下地が腐ったり白アリがいる可能性があります。屋根裏や下地まで調べてもらいましょう。

屋根リフォームでは悪徳リフォームに注意。

詐欺師

世の中の、リフォーム業者の中には、悪質な営業や施工を行う業者もいて、特に屋根工事・修理を利用した悪徳な訪問販売には注意をする必要があるもの現状です。

屋根は登らないと見えないところであることを利用し、嘘の報告で、騙す悪徳業者がいるのです。

大工の梁大工の梁

国民生活センターによると、2012年~2016年の間、毎年6,000件を超える訪問販売によるリフォーム工事のトラブル相談が寄せられています。出典

騙されないように、信頼ある業者に依頼すること、また、複数業者を比較することが重要になってきます。

屋根瓦の修理プラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく工事ができました

修理を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいたリフォーム会社さんが希望通りのリフォーム提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフリフォームを利用して良かったと感じております。

タウンライフの詳細はこちら>>>

 

 


評判や使い方などが気になる方は、こちらの記事も合わせて参考ください。

 

屋根瓦  修理チェックの目安

屋根の構造材の腐敗といった手遅れが生じないように、本来、屋根瓦は築10年後・20年後・30年後と、定期的にチェック・メンテナンスを行うことが理想的です。

屋根瓦 腐敗進行のイメージ

・築10年頃: 漆喰が劣化して崩れ始めてくる頃です。

・築20年頃: 屋根瓦のヒビ・割れ・ズレなどが発生してくる頃です。雨漏りがおきる場合もあります。

・築30年頃: 屋根瓦の内部がスカスカになっている事も多く、屋根瓦を全て新しくする「葺き替え」が望ましい頃です。

屋根瓦の種類別の耐用年数

特に、陶器瓦ではなくセメント瓦の場合は耐用年数が短いです。セメント瓦はより早めにメンテナンスを心がけましょう。

・釉薬ありの陶器(日本)瓦:約60年

・釉薬なしの陶器(日本)瓦:約40年

・セメント瓦(無塗装の場合):約20年

屋根瓦 メンテナンス「雪国」の場合

特に雪が多く降る地域の場合「1年に1回」、屋根のチェック・メンテナンスを行うことが望ましいです。

定期的なメンテナンスやチェックを通じて、屋根瓦に「ヒビ」や「欠け」、「漆喰のはがれ落ち」、「鬼瓦の傾き・隙間」などを見つけた時は、修理の必要があります。

雨漏り調査について

屋根の雨漏りが考えられる時に、まず「雨漏り調査」を行う必要があることもあります。

雨漏り調査を行うことで、「原因が正確に分かる」「適切な対応をとることができる」という利点があります。

実際の対策を行う前に「ムダな工程や修理を省く」ことにもつながります。

雨漏り調査の方法

・雨漏りが疑われる場所に水をかける
・雨漏りが疑われる場所に特殊塗料をかける
・赤外線調査で雨漏り箇所を探す

雨漏り調査の料金

目安として、約10~20万円程度かかることもあります。

雨漏りの箇所が明らかに特定できている場合は必要ありませんが、場所が分からない場合に調査が必要になる場合もあります。

屋根瓦修理プランの作成はこちら>>>

 

 

屋根瓦修理の補足事項

外壁塗装で足場有効活用

さらに屋根瓦の修理をお得に活用する方法もあります。

足場を有効活用。外壁塗装も一緒に実施

屋根瓦 修理と外壁塗装 工事 イメージ
(画像出典:浜松で外壁塗装

屋根瓦の修理には、足場の設置として 約15~25万円かかることは先ほどご紹介した通りです。

 

ここで、そのせっかくの足場の設置を有効活用する方法として「外壁塗装」も合わせて行うことがあげられます。

外壁塗装」は、壁の塗料を塗り替えることで、美観を保つとともに、耐用年数も延ばし家の資産価値を高めることにつながります。

外壁塗装
(画像出典:ジャパンライフエイト

外壁塗装は一般的に「10年に1度」程度行うことが望ましいとされていて、外壁塗装にも足場が必要になるのです。

家の修理やメンテナンスの度に何回も足場を組むことは費用の損失

屋根瓦の修理を行う時に、一度、外壁塗装も一緒に検討することがおすすめです。

詳細はこちら>>>

 

屋根瓦修理の費用・値段相場(おわりに)

屋根瓦 修理
(画像出典:MiMA)

・あなたのご自宅の屋根瓦。そのヒビやズレ・割れなどは放置していると雨水が染み込み屋根が腐食することがあります。

 

・何もせず雨漏り屋根崩落などの被害を受けないためにも必要になるのが【 屋根瓦 修理 】です。

 

・【屋根瓦 修理】費用目安は状況に応じて様々ですが、火災保険が適用され0円になることも多々あります。

 

屋根にあがっての作業はとても危険です。怪我をされてしまうこともあるため、基本的には必ず、プロの屋根修理業者に修理をお願いしましょう。

! 簡単 !

 


(関連参考記事)

カーポート台風の対策と修理

 

リフォームの費用・価格!値段料金・金額予算

 

リフォーム見積もり比較

 

大工の梁大工の梁

記事が気に入った時はぜひシェアして下さいね。LINEで家族に送るのも便利です。