外構工事の費用は、一体いくらかかるのでしょうか?

特に新築時は、家にお金がかかって、残り予算も限られてくるものです。

外構工事の費用は、家の建物価格の1割をかけるとバランスがいいと言われています。

ただし、外構費用は、地域や業者によっても変わってくるために、注意も必要です。

この記事では、外構工事の費用・相場についてご紹介します。ぜひじっくりご確認下さい。

外構工事の費用・相場【重要点・1分まとめ】

1分間で【この記事のまとめ】として次の2つを紹介します。

・外構工事の費用目安について

・外構工事の見積もり比較について

この記事を読めば、外構工事の費用・相場について分かります!

外構工事の費用目安

外構工事の費用「リフォーム」と「新築」それぞれの費用とは。

『新築』で外構工事を行う場合は「建物費用の1割」の費用を使うとバランスが良いとされています。

例えば、建築費2,500万円の建物ならば、250万円の外構費用が目安ということです。

『 リフォーム 』で外構工事を行う場合、30万円未満の部分的な工事や、60万円前後での2~3箇所程度の工事・補修が多いです。

庭全体の工事の場合はリフォームでも100万円以上予算をみる必要があります。

外構工事の費用「最低限かけるべき予算」目安

まず日常生活をする上で最低限行っておくと良い外構工事内容6つです。

門柱 15~30万円
玄関アプローチ 10~20万円
コンクリート 15~30万円
砂利+防草シート 10~20万円
一部、芝や植栽 10~20万円
物置 10~20万円

合計目安で、約70~140万円です

※ただし工事内容によって価格は上下します。

もし新築の場合は体裁を整えるためにも、どんなに「最低でも合計100万円以上」はかけて下さい。

外構工事の費用+αで加えていきたい項目目安

画像提供:YKKAP

また、希望に合わせて追加検討したい主な外構工事内容6つです。

フェンス・塀 20~100万円
カーポート 20~50万円
植樹 5~15万円
ウッドデッキ 20~30万円
サンルーム 20~50万円
テラス関連 15~30万円

追加内容に合わせて、基本費用にプラスされます。

いずれも広さや大きさ、材質や商品グレード、地域などで費用は大きく変わります。

新築の場合は、総合計「200万円」をかけると外構が充実してきて、「300万円」をかけるとかなりこだわりを出せます。

外構工事は業者比較を

外構工事は、外構専門業者に依頼すると約2割安くなる。

外構工事は、ハウスメーカーに頼むよりも、外構専門業者に頼む方が約2-3割費用が安くなります。

ハウスメーカーは、工事を下請けに外注するために、管理費などのマージン分高くなってしまうのです。

新築の方も、ハウスメーカーと外構業者と両方の外構プランを比較してみるべきなのです。

外構工事は、業者によって、得意な分野やデザインが異なってくる。

なお、外構工事は、業者によっても得意とするデザインや工事内容が異なってきます。

例えば「自然を多く取り入れたナチュラルな庭作りが得意」や「コンクリートを多用したスタイリッシュな作りが得意」などです。

そのため2-3社はプランを比較し、希望や好みに合う外構業者を見つけることが大切です。

外構工事の見積もりは「初夏」の今が年に1度の大チャンス!!

外構工事で、初夏(5-6月頃)は「見積もりが安くなりやすい、工事プラン検討のチャンス時期」です。

理由は、3月までの決算期が一段落して外構・リフォーム会社は受注が減り、価格面の相談・交渉が行いやすくなるためです。

また、4月新年度の各メーカーカタログ更新旧モデルの在庫処分・値引きもあり、新年度で補助金も利用しやすくなります。

もし希望の工事をまだ迷っていてもまず見積もりだけ、今すぐとっておくと得」ですよ!

外構工事を、費用が安くて腕がいい業者に依頼するには

外構工事を依頼する場合は、外構工事の見積もりをする必要があります。

しかし、1社しか見積もりを取らないと困る場合があります。

1社しか見積もりを取らないと困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には、高額請求する悪徳業者も・・)
● 外構工事のアイデアやプランが十分に膨らまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

外構業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしない設置をしたいですよね。3社以上の見積もり比較は、外構工事を安くする方法・コツでもあります。

外構工事の費用相見積り業者探しも大変

でも、相見積りにも、意外に大変な面もあります。

複数社に相見積りを取る時に大変な面
● 相見積もりを取る外構業者を自分で何社も探すのは大変・・・
● 複数の会社に対して、何度も同じ説明を行うことが大変・・・
● 断る時に、少し気持ち的に断りづらい・・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変ですよね。

でも、大丈夫!

外構工事で地域の優良業者を30秒で簡単にチェックする方法

ここで、あなたがお住まいの地域で、外構工事に適した業者の最有力候補を(登録なしで)約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。

『タウンライフ』という冠に輝く住宅サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある住宅会社」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

(そのため、腕が悪い業者や、悪徳業者などにひっかかる心配もありません

『タウンライフ』では、どの業者も工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単30秒チェックの流れ
【0】『タウンライフ外構』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】外構プランの作成」を押す
【3】希望箇所外構」を選択
【4】予算を選択
【5】(重要)他の入力項目を飛ばし画面の下の方まで行く

~5を順に行い表示されるのが、あなたが住まいの地域の外構工事に適した業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフ外構を、今、約30秒ほどでご確認下さい。

\簡単30秒!優良施工業者を確認/

 

 


外構工事の費用が安い!最大40%オフ

『タウンライフ外構』では、気になる全ての優良会社に、「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルのベランダ施工プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的な内訳を含め分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずは自宅の状況・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフ外構では複数社のプランを一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて後々とても楽です。

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

 


外構工事の無料プラン作成 FAQ

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフ外構は、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じで外構工事を検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!安心度1位/

 


以上で【重要点のまとめは終わり】です

以下は補足・詳細です。ここまでの内容と一部重複し、全体の読了目安は約10分間です。

外構工事の費用は、建物価格の1割が目安【以下、補足】

外構工事の費用は、家の本体価格の1割だとバランスがいいと言われています。

新築の外構工事では、建物本体価格の約1割の予算をかけるべき、と言われています。

(例)2000万円の家⇒ 外構工事に200万円

(例)3000万円の家⇒ 外構工事に300万円

その住宅のグレードや風格に見合うエクステリアになりやすいのです。

外構工事は、新築時に資金計画に入れるためにも、家と同時にプランニングしよう。

画像提供:YKKAP

新築時に外構の検討は後回しになりがちですが、本来、家と同時にプランニングすることが望ましいです。

同時に検討することで、家のデザインやトーンの統一感を作りやすくなります。また、トータルでの資金計画を立てやすくなります。

もし住宅ローンに費用を組込む場合、ローン審査の後で予算が追加される事は好ましくありません。

外構工事の費用は、ハウスメーカーの「少ない予算配分」に注意しよう。

新築時にハウスメーカーや工務店は、外構工事の予算を当初少なめに想定している場合があるため注意が必要です。

総費用を少なく見せて受注角度を高めるためや、建物本体の受注額を高めようとの狙いから、外構の予算取りを少なくしている場合があるのです。

外構予算が50〜100万円程度しかとられていない場合は注意して下さい。絶対にそれ以上かかります。

外構工事で、最低限行った方が良い内容とは。

外構工事では、最低限次のような内容を行っておくと、生活する上で役立ちます。

門柱(ポスト・インターホン)、玄関アプローチ、駐車場コンクリート、砂利&防草シート(家の外周)、一部植栽、物置。

これらだけでも最低限100万円前後はかかってきます。

外構工事は、まず希望を盛り込み、削っていこう。

ただし、外構工事をプランニングする上で「必要最低限」だけ考えると「ものたりない外構」にもなりかねません。

まず「希望を全て盛り込んだプラン」も一度作ってもらい、その中から優先順位の低いものを削っていく検討方法がおすすめです。

外構工事は一度に全て行う必要はありません。最終的な完成イメージを自由に考えてみましょう。

\無料!簡単3分!/

 

土地の状況で費用は変わる

外構工事の費用は、その土地の状況次第でも大きくかわることにも注意が必要です。

土地の高低差、広さ、形などです。

外構工事の費用は「土地の高低差」で変わってくるために注意!

外構工事の費用は、特に土地に高低差がある場合に費用が高くなります。

擁壁工事や、階段やスロープの工事などが必要になってくるためです。

土の流れを防ぐ擁壁は「高さが1m増えるごとに200万円増える」という目安報告もあり、500万円前後かかる場合などもあります。

外構工事の費用は「残土」の量によっても変わってくる。

外構工事の費用は「残土」の処分量によっても変わってきます。

残土の量も「土地の高低差」に大きく左右されます。残土処分は1㎥あたり約1万円前後かかり、総額で30万円以上かかることなどもあります。

また、処分場までの距離、トラックでの往復回数などにもよるため、早目の確認が必要です。

外構工事の費用は「土地の広さ」によっても変わってくるために注意!

外構工事の費用は、土地が「広いほど高くなる」点も注意しましょう。

コンクリート打ち、玄関アプローチ、人工芝などなど、何でも施行範囲が広い方が工事価格は高くなります。

たしかに、広い方が1㎡あたりの工事費は割安になりますが、総額が高くなることは避けられません。

外構工事の費用は「角地」など土地の形でも変わってくる。

外構工事の費用は、土地の「形」でも変わってきます。

例えば「角地」の場合、道路に接する面が多く人の目につきやすいため、目隠しのフェンスや塀の必要度が高まったり、工事内容へのこだわりが強くなるなどします。

通常より予算を多めにみて、早めに見積もりをとっておくと良いでしょう。

\無料!簡単3分!/

 

外構工事の費用は業者比較が大切

外構工事の費用は、ハウスメーカーに依頼すると、約2割高くなってしまう(!)

同じ外構工事でも、業者によって費用が大きく変わるために、見積り比較は必須です。

特に、新築時ハウスメーカー(以下HM)は下請け業者に外注するために、費用は約2-3割高くなってしまいます。

HMの方が進行管理が楽、業者探しが面倒など色々理由があっても、2-3社のプランを比較してみるべきなのです。

外構工事の費用は、外構専門業者も含めて、見積り比較をしよう。

外構工事を見積もり比較する時は「外構専門業者」を含めましょう。

自社で工事を行う業者の方が費用が約2-3割安くなりますし、細かな希望を伝え聞いてもらいやすいメリットがあります。

外構工事の費用は「安かろう悪かろう」にならないように注意しよう。

ただし、外構工事は「ただ安ければいい」というものでもありません。

例えば、コンクリート打設やブロック塀など、耐久性や安全性が必要な工事もあります。もし費用が極端に安すぎる場合も注意が必要です。

外構業者探し・外構プラン無料作成は、利用実績も多くて安心

外構工事のプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

専門家に、まずプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していくのがタウンライフです。

 

タウンライフはサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「外構工事に少しでも興味がある方」なら、今すぐ利用しないと損なサービスです。

詳細はこちら>>>

 

 

業者の得意分野を知ろう

外構業者によって、得意な分野やデザインが異なってくる。希望に合う業者を見つけよう。

外構業者にも、それぞれ得意な領域・デザインがあります。

例えば「自然を活かすナチュラルな庭作り」や「コンクリートを活用したシャープな外構」「モダン和風の庭園」などです。

あなたが希望する工事内容やイメージを伝えた上で、その内容でどのようなプランニング提案がされるか比べてみましょう。

\無料!簡単3分!/

 

外構工事の費用・相場〔部位別・基本〕

門や玄関アプローチ

外構工事「門まわり」の費用相場・単価

画像提供:YKK

門まわりの費用相場は約15~30万円程度です。

敷地入口の顔にもなるのが「門柱・機能門柱」で、費用は約5〜20万円が中心です。

表札や郵便ポスト、インターホンなどの機能が備わり、木調・レンガ調・タイルなどのデザイン種類も多様なため、家の外観などと雰囲気を合わせましょう。

 

門まわりとしては他に「門扉」があり、費用は約10~20万円が中心です。自動ロックや電磁錠を付けられるタイプもあります。

外構工事「玄関アプローチ」の費用相場・単価

画像提供:三協アルミ

玄関アプローチの費用相場は約10~20万円程度です。

玄関アプローチは他に、砂利やタイル、レンガを敷き詰めたりする方法があります。素材や広さにより様々で1㎡あたり約2~5万円です。

 

他に例えば「土間コンクリートの単価」は、1㎡あたり約1万円です。施工しやすく耐久性があり、足元も汚れません。

 

コンクリート平板を利用すれば、土間コンより安い価格で済みます。

 

予算に合わせた材質を選択するとともに、歩きやすさや安全面、将来的な利便性などまで想定して施工すると良いでしょう。

駐車場コンクリート等

外構工事「駐車場用コンクリート等」の費用相場・単価

画像提供:リクシル

外構で駐車場コンクリートにする費用目安は、車1台分(約15㎡)あたり約15万円〜です。2台分なら約30万円〜です。

 

費用を抑える場合、庭に砂利敷きの価格は車1台分あたり約10万円〜です。

 

また、アスファルト舗装の単価・費用は車1台分あたり約7-8万円〜です

 

後々の利用しやすさや耐久性を考えると、駐車場ではコンクリート打設をおすすめします。

芝生や植栽

外構工事「芝生・樹木の費用相場

の芝生張りは、天然芝を敷く費用は1㎡あたり約1万円です。

 

庭の人工芝張りは1㎡あたり約2万円が相場です。

手入れは楽になるのが人工芝ですが、人工芝のデメリットに、価格の高さが挙げられます。

 

また、固まる土真砂土の施工は1㎡あたり1万円前後が目安です

 

樹木は一式5~10万円程度が目安です。

樹木があると四季を感じさせてくれ、シンボルツリーなどは人気です。また、好みに合わせ、花壇や家庭菜園などがあっても素敵な庭につながります。

庭作り」は、家の外観や街並みなどと調和を合わせながら行いましょう。

物置や照明など

外構工事「物置・照明」の費用相場

画像提供:YKK AP

物置の費用は幅2m程度で10~20万円が相場です。

バイクが入るような大型タイプは50万円以上かかるものもあります。

照明・ライトの費用も約10〜20万円が相場です。

夜の防犯性が高まる他、雰囲気作りにもなります。門柱に照明がついた門柱灯などもあります。

\無料!簡単3分!/

 

外構工事の費用・相場〔部位別・+α〕

カーポート屋根

外構工事「カーポート」の費用相場

画像提供:四国化成

カーポートの費用目安は約20~50万円です。

カーポートおすすめ2台用3台用」で紹介していますが、2台用で約20万円〜、3台用で約40万円〜です。

デザイン的にも機能的にも優れたものが様々あるので、お気に入りのカーポートを見つけて下さい。

 

なお、耐雪タイプや耐風タイプなどもあるので、地域特性に合わせた強度選びには注意するようにしましょう。

カーポートは台風の被害を受けやすいために注意が必要です。

 

なお、カーポートの上をバルコニーとして利用できる「カーポートバルコニー」と呼ばれるタイプもあります。

1台用で約120万円〜、2台用で約200万円〜と高価格ですが、憧れて施工する方も多いです。

 

特にウッド調で作られている場合は「カーポートデッキ」と呼ばれて、デザイン的にもより優れてきます。

 

太陽光パネルがついた、ソーラーカーポートは1台用で約150万円〜です。

 

また、家の1階部などを利用するビルトインガレージの費用は、約200万円~です。

 

また、電動シャッターの価格は約10万円〜です。

フェンスや塀囲い

外構工事「フェンス」の費用相場

画像提供:リクシル

家のまわりを囲むフェンスは費用目安は約20~60万円です。

フェンスや塀があると、目隠し効果や、侵入しずらい防犯効果があり、また、敷地の境界を明確にしてくれます。

中でもメッシュフェンスは安価ながら耐久性があり、地面上からの設置費用の場合は1mあたり約1万円~です。

 

フェンス他にも、木材やアルミ製など多様な選択肢があります。家の外観の雰囲気や目的に合わせて選びましょう。

外構工事「塀・生垣・竹垣」の費用相場

目隠しを重視する場合は塀を作ります。

塀は作り方と距離にもよりますが、フェンスよりも予算高めで総額80~100万円程度の予算をみておくと良いでしょう。

ブロック積みの単価は、普通ブロックであれば安く1mあたり約1万円、化粧ブロックであれば1mあたり約2万円です。

 

また、生垣や竹垣を選ぶとやさしいさえぎりの目隠しとなります。

生垣も1mあたり約1万円ですが、緑化推進の観点で、地域行政で補助金が出る場合もあるので確認してみましょう。

また、もし擁壁工事が必要な場合、数百万円かかり、土地状況によるので業者見積が必要です。

ウッドデッキ等テラス

外構工事「テラス」の費用相場

画像提供:リクシル

テラスとは、家から庭に張り出した台のような場所を指します。

ウッドデッキのリフォーム見積もり費用」は約20-30万円が中心価格です。

木のぬくもりがある天然木と、耐久性のある人工木の選択肢があります。

 

また、タイルでできたデッキの「タイルデッキの費用」は10㎡で約20-30万円です。

見た目に高級感が出る上に、コンクリートと同様に雑草にも悩ませられません。

 

庭をコンクリートにする費用は1㎡あたり約1万円前後が一目安です。

サンルームやバルコニー

外構工事「サンルーム・ガーデンルーム」の費用相場

画像提供:三協アルミ

庭への「サンルームの後付け費用は約20万円台~で、50万円前後が相場です。

リビングと庭の行き来を行いやすいガーデンルーム呼ばれるタイプが増えています。

 

外構工事「ベランダ・バルコニー」の費用相場

画像提供:リクシル

ベランダを増築する費用は約15万円〜です。

 

また、ベランダ屋根の費用は約6〜20万円、です。

ベランダは2階だけでなく庭にも設置でき、洗濯物干しなどが便利になります。特に洗濯機が1階にある場合などは家事導線が便利でしょう。

 

なお、ベランダ・ウッドデッキなどが南向きで陽当たりがいい場合、アウターシェードスタイルシェードを設置すると、日よけになりつつ見た目的にもはえます。

外構工事「小屋」の費用相場

趣味や書斎スペースとしても使える、コンテナハウスの価格は約200万円〜です。

 

小屋のようなタイニーハウスは約100万円〜です。

 

\無料!簡単3分!/

 

外構工事の費用・相場〔スタイル別〕

外構工事の費用も左右する、外構のスタイルは大きく3つに分けられるので、参考把握して損はありません。

オープン外構

塀やフェンス、門を設置しない外構スタイルです。通気性・採光性がよくなりますが、防犯性は下がります。構造物が減る分、費用が安くなる傾向にあります。

クローズ外構

塀やフェンスなどの目かくしを設置する外構スタイルです。プライバシーが保たれ敷地内でくつろぎやすくなりますが、構造物が増える分、費用は高くなる傾向にあります。

セミオオープン外構・セミクローズ外構

オープン外構とクローズ外構の中間くらい、部分的に開放と閉鎖を取り入れたスタイルです。費用的に中間にあたります。

なお、外構工事にあたりもし測量が必要な場合、測量の費用は、現況測量で約10~20万円が目安です。

外構工事で「タウンライフ」が選ばれる理由

外構工事の検討開始でタウンライフ外構特集が選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の施工会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切な外構工事プランが届きやすいです!

③ リフォームが前進する
希望の外構プランや費用を簡単に集められることで検討の良いスタートがきれます

\完全無料!安心度1位/

 

 

外構工事の費用を抑えるためには

外構工事の費用を抑えるために、工夫できることは色々ある。

外構工事は、外構専門会社に任せることで、ハウスメーカー依頼より約2割安くなります。

また、工事費が高いコンクリート工事を減らしたり、開放的なオープン外構にすることで安くできます。

資材は安いものを選び、花壇など簡単な内容はDIYなども行うようにしましょう。

詳しくは次の記事で紹介しています。

(参考記事)外構工事を安くする方法・コツ5選

住宅ローンは使える?

外構工事で、住宅ローンは使えるのでしょうか?

外構工事の費用は、新築時にハウスメーカーに依頼すれば「住宅ローン」が使えることもある。

外構工事の費用は、住宅ローンに組込める場合もあります。

外構工事をハウスメーカーに依頼した場合で、そのハウスメーカーや利用ローン次第です。そのため確認が必要になります。

住宅ローンに組込めば、手元に資金を残せますし、住宅ローン控除の面で得する場合もありますね。

ただし、外構工事の費用が割高になり、また、ローン入金前に一部支払いが必要な場合もあるため注意。

ただし、一般的には、ハウスメーカーに外構工事を依頼すると約2-3割割高になることに注意が必要です。

200万円で済む工事が、250万円かかるなどします。支払い総額を減らしたい方は、外構専門業者に依頼した方が良いでしょう。

また、住宅ローンに組込む場合でも、ローン額が入金される前に支払いが必要になる場合もあるため確認が必要です。

外構工事のプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた施工会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフ外構特集を利用して良かったと感じております。

\無料!簡単3分/

 

外構工事費用の内訳例

外構工事で、200万円・300万円といった費用をかけた場合、どんな工事ができる?という一例をご紹介します。

200万円前後

外構工事の費用「200万円前後」で、より便利な庭・外構に。

外構工事で「200万円」をかけると、基本となる工事を一通り行った上で、より利便性を高める工事も行えます。

(内訳一例・単位:万円)

門柱 20
玄関アプローチ 20
駐車場コンクリート 30
カーポート 30
芝・植栽 20
目隠しフェンス 20
砂利・防草シート 25
物置 15
小計 180
税込合計 198

利便性を高めるカーポート屋根や、プライバシーを守るフェンスなど、より快適な庭作りにつながります。

300万円前後

外構工事の費用「300万円前後」で、より楽しめる庭・外構に。

出典:三協アルミ

300万円の予算がある場合、一つ一つの工事こだわりを加えるこたり、+αの工事も行いやすくなります。

(+100万円の工事例、単位:万円)

ガーデンルーム 60
タイルデッキ 30
小計 90
税込合計 99

実用性だけではない、楽しむ憩い場としての庭作りも行いやすくなります。

外構工事は、一度に全て行う必要が無い。段階的な工事も検討してみよう。

外構工事は、家作りと異なり、少しづつ取組んでいくことができます。

たしかにお金をかけるほど満足度が高い工事ができますが、予算が限られることも多いでしょう。そんな時は、必要な工事から取り組みましょう。

最初に全体像をイメージし下地作りをしておけば、後々追加工事も行いやすくなります。

外構工事のプラン相談・成約でプレゼントがもらえます。

タウンライフで、外構工事の「無料相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

また、タウンライフを介して外構工事が成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

\無料!簡単3分/

 

 

外構工事とは(補足)

最後に、外構工事とは何かについて補足します。

外構工事とは、家のまわりの工事全般のこと。

外構工事とは、家の外まわり全般の工事のことです。

家の外の日々の使い勝手を高めるほか、家の建物外観と合わせたデザイン性を高めるような役割もあります。

工事内容には、玄関アプローチや駐車場、塀・フェンス、テラスなどなどがあります。

外構工事で、駐車場や玄関アプローチなどがあることで、生活の実用例が上がる。

まずは実用性としては、(コンクリートなどの)駐車場があることで車を停めやすかったり、玄関アプローチがあることで、歩きやすくなったりします。

土壌の埋没を避けたり、土や泥、雨水を避けたりすることができるのです。

外構工事を行うことで、目隠しのプライバシー対策や、バリアフリー対策にもなる。

外構工事は他にも、塀やフェンスの工事を行うことで周囲からのプライバシー対策にもなります。

また、スロープなどを設置することで、高齢者の方がいるご家庭ではバリアフリー対策などにもなります。

外構工事の費用・相場(おわりに)

『新築』で外構工事を行う場合は「建物費用の1割」の費用を使うとバランスが良いとされています。

例えば、建築費2,500万円の建物ならば、250万円の外構費用が目安ということです。

『 リフォーム 』で外構工事を行う場合、30万円未満の部分的な工事や、60万円前後での2~3箇所程度の工事・補修が多いです。

外構工事は、ハウスメーカーに頼むよりも、外構専門業者に頼む方が約2-3割費用が安くなります。

なお、外構工事は、業者によっても得意とするデザインや工事内容が異なってきます。

外構工事では、2-3社はプランを比較し、希望や好みに合う外構業者を見つけることが大切です。

外構工事の見積もり比較は、専門サイトで!

外構工事では、プランも費用も十分比較を行うことで、高い満足につながります。

外構工事の見積もり比較にに便利なのが「タウンライフ」です。

完全無料で、あなたオリジナルの外構プランと見積もりを作成を作ってもらうことができるため、今すぐ利用する価値があります。

\無料!簡単3分/

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

外構工事について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

新築の外構作りが不安な方は、新築・外構で失敗・後悔しない

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!