タイルデッキ(タイルテラス)は、費用・価格はいくらするのでしょうか?

庭の雑草や、庭をお洒落にするために検討したいタイルデッキですが、少し贅沢なイメージもあります。

でも、タイルデッキも、広さなど工夫次第では、意外に気楽に設置できます。

庭の中の憩いの場としても、魅力的なスペースになります。

この記事では、タイルデッキの価格や特徴についてご紹介します。ぜひ、じっくり読んでみて下さい。

タイルデッキの費用値段価格・タイルテラス庭外構施工【 重要点・1分まとめ 】

1分間で【 この記事のまとめ 】として次の3つをご紹介します

・タイルデッキの魅力

・施工時に注意したいこと

・費用・価格と選び方

ここを読めばタイルデッキについて分かります!

タイルデッキの魅力は?

タイルデッキで、庭が魅力的な空間に!まるで我が家が、高級リゾート!

(画像提供:LIXIL)

タイルデッキがあると、庭の魅力度が高まります!

タイルデッキがあるだけで、庭が、高級感やリゾート感のある雰囲気になってきます。

また、リビングなど室内空間から一体感のある空間を演出。「紅茶を飲みながら読書を」など楽しみが膨らみます。

タイルデッキなら、雑草対策が楽!耐久性よし。汚れずらい。掃除もしやすい!

(画像提供:LIXIL)

タイルデッキがあるスペースは、雑草対策に悩まされません!

タイルデッキの一番の特徴は「手入れの楽」さです。デッキ下が空洞ではないために雑草に悩まされなくなります

また、ウッドデッキのような腐食もなく長持ちしますタイルは汚れずらく、汚れた場合もデッキブラシで水で洗い流せると掃除も楽です。

タイルデッキ施行注意点

タイルデッキは「素材」をチェック!

(画像提供:LIXIL)

タイルデッキを選ぶ時は、使いやすい素材かを確認しましょう。

夏の高温を抑えるタイル素材、ザラザラして滑りづらいタイル素材などを選ぶことで、利用時の快適性があがります。

色味も、日差しの照返しを抑える落ち着いた色味だと、なお良いでしょう。

費用・価格・値段

タイルデッキの費用・価格・値段はいくら?

タイルデッキ費用価格は、土台からの作成時、1㎡あたりの施工で約1.5~5万円程度です。

タイルデッキの範囲が広いほど1㎡単価は割安になります。下記が一目安です。

広さ 費用一目安
1㎡ 約5万円
5㎡前後 約15~20万円
10㎡前後 約20~30万円
30㎡前後 約40~50万円

選ぶ商品にもよるため一概に比較できませんが、同じ広さでウッドデッキより10万円程度安くなることも多いです。

ただし、タイルデッキの実際の価格を知るには「あなたの希望や、家の土地に合わせたプラン作り」が必須です。

タイルデッキの施行費用は、選ぶタイル素材や、土台の高さ既存土台の有無施工業者地域などにより費用は異なるためです。

タイルデッキの見積もりは

タイルデッキ施工の実際の金額を知るには、外構工事の見積もりをする必要があります。

しかし「社しか見積もりを取らない」と困る場合があります。

1社のみの見積もりで困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には高額請求する業者も・・)
● タイルデッキ施工のアイデアやプランが十分に膨らまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

外構業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしない設置をしたいですよね。3社以上の見積もり比較は、外構工事を安くする方法・コツでもあります。

ただし、タイルデッキ相見積りの外構業者探しも大変

相見積り・プラン比較にも、意外に色々と大変な面もあります・・

相見積りを取る時に大変な点
● 外構業者を何社も探すのは大変・・
● 複数社に、何度も同じ説明を行うことが大変・・
● 断る時、気持ち的に断りづらい・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変・・

でも、大丈夫です!

タイルデッキ見積もり

タイルデッキの商品や費用のプランを、一括比較できて、安い!

タイルデッキの施行プランを気軽に無料で簡単に一括比較できるのが「タウンライフ」です。

あなたの家の状況や、希望に合わせた、タイルデッキの商品や施行、費用のプランを作ってもらうことができます。

タイルデッキ施工で失敗しない、アイデア・アドバイスが充実。

たしかに、リフォーム「費用見積り比較」サービスは他にもあります。

しかし、タウンライフなら具体的な商品・施工プランまで作ってもらえ、また、アイデアやアドバイスが充実している点が違います。

納得のいく、施工内容や価格につながりやすいのです。

私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりと資料や提案が届きました。

営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持って比較をすることができます。

タイルデッキ検討時の「 ’自分にあった’ 情報収集や比較検討の材料集め」に適しています。

3冠を獲得・112万人が利用。

タウンライフは、テレビCMを行っていないため広くは知られていません。

しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。

3冠の中には、「利用満足度」や「サイト利用者安心度」などがあり、安心できるサービスを利用したい方に向いています。

タイルデッキの施行プランを作ってくれるのは、厳選されたプロの専門家。

タイルデッキのプラン検討や、家づくりプラン検討は、安心できる業者に任せたいもの。

タウンライフでは「厳格な国家基準をクリア」した信頼ある住宅会社のプロの専門家にプランを無料作成してもらえます。

全国約万の施工店の中から、リフォームは約300社、注文住宅は約600社が厳選登録しています。

たしかに、事前の登録に約3分が必要になってしまいます。

しかし、気軽に無料で利用でき、あなたの希望に合うタイルデッキのプランを作ってもらえるため、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


タイルデッキ施工プラン作成よくある質問

「Q. 利用したら契約しないといけないのでは?」
契約の義務は全くありません。タウンライフはあくまで「一括資料請求サイト」で、契約を斡旋されたり迫られることもありません。

「Q. 本当は何かお金がかかるのでは?」
完全無料で利用できるサービスです。住宅会社の広告宣伝費で運営がなりたっているため、無料サービスが実現しています。仲介手数料なども一切かかりません。

「Q. 申込み後の流れはどうなるの?」
はじめに、入力内容の確認連絡があります。その後、希望条件に合わせた資料が届きます。じっくり比較して下さい。

「Q. 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。」
一切ありません。希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載すれば、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。

「Q. 現場写真データの添付は必要ですか? 」
無くて大丈夫です。登録時に任意で画像データ添付欄がありますが、もし後により話が具体的になった時で大丈夫です。

タウンライフは私も利用しています。

他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているため、私も安心しておすすめできます。

詳細はこちら>>>

 

 


以上で【重要点のまとめは終わり】です

以下は補足です。ここまでの内容と一部重複し、全体の読了目安は約10分間です。

もしこの記事を気に入っていただけたら、LINEで家族やお友達などにもご紹介下さいね。

大工の梁大工の梁

ぜひ、タイルデッキで素敵なお庭を実現して下さい!

タイルデッキ・タイルテラスの施工例・商品例

それでは、タイルデッキの施工例3つと商品例をご紹介します。

タイルデッキ施工例

引用:landscapinggallery

モダンな印象のタイルデッキです。

白い色のタイルを選ぶと洗練されたスマートな印象になりやすいです。また、ウッドデッキと組み合わせることで変化を感じさせます。

引用:schop.garden

庭の中心となるタイルデッキです。

タイルデッキを中心に、レンガ道や芝生を組み合わせることで、庭全体の調和が生まれています。

引用:ecoarbordesigns

色どり豊かにタイルにこだわったタイルデッキです。

なかなかここまでタイル素材にこだわることは難しいものですが、様々な粗材のバリエーションを組み合わせることで、個性的なタイルデッキにも仕上がります。

無料で、タイルデッキ施行のプラン一括比較ができます。

タウンライフでは「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルのタイルデッキ施工プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなく簡単にプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的な内訳を含め分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずは自宅・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフは、タイルデッキ施工をまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

詳細はこちら>>>

 

 

タイルデッキLIXIL

タイルデッキ商品にはどのようなものがあるでしょうか。

LIXIL製の、その名も『タイルデッキ』という商品をご紹介します。一般的なタイルデッキとはやや異なる優れものです。

2017年発売の新商品。基礎通気をふさがずに設置することができる!

(画像提供:LIXIL)

LIXIL『タイルデッキ』は2017年発売の、タイルデッキの中では新しい商品です。

『タイルデッキ』は、アルミ基礎に通気部があり、家の基礎を塞がないために、床下換気や換気口、高基礎の住宅にも取り付けられることが大きな特徴の一つです。

一般的なタイルデッキはコンクリート基礎で工事に約1週間かかりますが、LIIXL『タイルデッキ』はアルミ基礎で設置が1日で終わる商品です。

リビングなど窓高さギリギリの高さまでの調整ができる!

LIXIL『タイルデッキ』の場合は、窓の高さまでの調整がしやすいです。

もし、一般的なタイルデッキでは窓ギリギリの高さまでの工事が難しいのです。

LIXILタイルデッキの費用

商品価格:約18万円~、工事費込み価格:約21万円〜

プラン作成詳細はこちら>>>

 

 

タイルデッキのメリット。ウッドデッキと比較して

「タイルデッキのメリットって何?」

という点についてウッドデッキと比較してご紹介します。

(関連記事)ウッドデッキリフォーム見積もり

耐久性よくメンテが楽

タイルデッキは、腐食なく、雨や紫外線での劣化もない、管理が楽なのが何より一番。

(画像提供:LIXIL)

タイルデッキは、耐久性がよく長持ちすることが大きなメリットです。

ウッドデッキの場合は木材のために、雨風や紫外線によって劣化や腐食につながってしまい、5年、10年、20年と経つうちに、メンテナンスや取替えが必要になってしまいます。

しかし、タイルデッキは、タイルという素材の性質上、大きな腐食や劣化がなく、メンテナンス・管理も楽です。

(※ ただし、重い石が落ちるなどで、ひび割れすることもあるのでその時は、タイル交換などの必要もあります。)

汚れずらく掃除しやすい

タイルデッキは、ウッドデッキのように落ち葉やゴミがデッキ下に溜まることが無い。

(画像提供:LIXIL)

ウッドデッキの場合は、床の下が空洞になっています。しかし、タイルデッキは床下がありません。(基礎となる土台には砕石などがつめられ、コンクリートが流され、表面はタイルで覆われています。)

そのため、ウッドデッキのように、デッキ下に落ち葉や飛んできたゴミが溜まったり蜂の巣ができたりなどといった心配がありません。

タイルデッキなら、洗う時も簡単!水を撒いて、ブラシでさっと洗うだけ。

また、タイルデッキは洗う時も簡単です。

ウッドデッキの場合は、木材のためにササクレができるなどしゴワゴワとなり掃除しずらいものです。また、レンガの場合は泥汚れが染み込んだりします。

しかし、タイルデッキなら、汚れても水をまいてデッキブラシなどでゴシゴシ簡単に洗い流すことができます。もし、高圧洗浄機があるとより簡単に洗えるでしょう。

泥汚れも流しやすために、例えば、ガーデニングの鉢を置く場所などとしても適しています

高級感とバリエーション

タイルデッキなら、家の庭に高級感やリゾート感が出るのもうれしい。

(画像提供:LIXIL)

タイルデッキが庭にあることで、高級感や、リゾート感がでて、おしゃれな雰囲気作りを容易に行うことができます。

シンプルに、庭にコンクリート土間コンクリート)施工よりも、雰囲気がでます。

また、室内空間とのつながりを、色味や段差でスムーズに見せることで、室内外の一体感もうまれます。1階リビングからフラットに外に出て楽しむこともできます。

タイル次第で、和風、洋風、モダン風など様々な雰囲気に変化。

また、カラーやタイルのサイズも様々あるために、建物の外壁・屋根や室内空間の雰囲気に合わせ、また植物や砂利・レンガなどと組合せを工夫することで、和風・洋風・モダンなどいろいろな雰囲気がでます。

タイル自体も、色・サイズ・並べ方などを工夫することで、装飾されたユニークな仕上がりにすることも可能です。

また、ガーデンルーム(サンルーム)や、門柱・機能門柱と合わせても素敵でしょう。

タイルデッキのメリットまとめ

・耐久性がよくて、メンテナンスが楽

・汚れずらくて、掃除がしやすい

・庭に高級感が出て、バリエーションも豊富

このような魅力があることが分かりました。

タイルデッキプラン無料作成は、利用実績も多くて安心

タイルデッキのプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

専門家に、まずプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「タイルデッキに少しでも興味がある方」なら、今すぐ利用しないと損なサービスです。

詳細はこちら>>>

 

 

タイルデッキ・タイルテラスの使う上での利点

「タイルデッキを使う上での良さって何?」

という点について、もっと詳しくご紹介します。

庭の草の手入れが楽

タイルデッキなら、何より大変な庭は雑草の手入れの心配いらず。

(画像提供:LIXIL)

庭の手入れで一番大変なことと言えば雑草対策

庭の芝生は雑草に悩みます。庭の人工芝や、庭に砂利敷きでも、防草シートなど施工が不十分だと雑草が生えてきます。

しかし、タイルデッキにした部分は雑草の悩みがありません。

ウッドデッキはデッキ下に空洞がありますが、タイルデッキは空洞がなく雑草の心配がなく、雑草対策の手間が省けます

タイルデッキはデッキ部に砕石を入れコンクリートを流し、タイルを表面にほどこしています。

バーベキューも安心

タイルデッキなら、BBQの火にも安全で、炭汚れも流せる。

一軒家なら庭でバーベキューを楽しみたいという方も多いですよね。

ウッドデッキの場合は火が心配だったりもしますが、タイルデッキならタイルのため火の心配がありません。

(例えば、人工芝はデメリットとして火の粉で溶けてしまいます)

床面も平らで凹凸がないために、テーブルを設置しやすくもあります。地面に付いた炭汚れも水で洗い流すことができます

子供のプールにも良し

タイルデッキなら、ビニールプールに土砂の汚れがつくことも少ない

子どものプール遊びをする場としてもタイルデッキは最適です。もし、芝生の上の場合は土砂の汚れがつくこともありますが、タイルデッキの場合は、汚れずらく、遊びやすいです。

タイルデッキ施工で「タウンライフ」が選ばれる理由

タイルデッキの検討開始に、タウンライフが選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切なタイルデッキプランが届きやすいです!

③ 施工が前進する
希望のタイルデッキのプランや費用を簡単に集められることで、施工の良いスタートがきれます!

タイルデッキの検討は、思い立ったが吉日ですよ。

タイルデッキのプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフを利用して良かったと感じております。

タウンライフは、タイルデッキのアイデアが欲しい方にとって、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 

タイルデッキ施工時の注意点

「タイルデッキで気を付けることは?」

という点についてご紹介します。

日差しや高温の対策を

タイルデッキの、日差しのまぶしさ対策には「色が濃い」タイル選びを。

(画像提供:LIXIL)

よく晴れた日は、太陽の日差しがタイルを反射してまぶしく感じることもあります。

白いタイルほどよく反射するので、少し暗めのタイルを選ぶなど、タイルの色選びを注意しましょう。

タイルデッキの夏の高温対策には、暑くならない素材選びを。

タイルは焼き物のために、夏場の日中は熱があがりやすいです。はだしで歩かないように注意しましょう。

また、LIXIL『タイルデッキ』は熱くなりにくい素材で作られていたり、他のタイルでも遮熱塗料を使い対策などの方法もあります。

また、熱くなりにくくするために、オーニングなど屋根を設ける方法も一つの方法です。

滑りにくい素材を選ぶ

タイルは雨などで濡れると滑りやすそうな気もしますが、どうなのでしょうか。

タイルデッキも基本的には、濡れても滑りにくいザラザラとした素材が使われている。

(画像提供:LIXIL)

一般的には、タイルデッキのタイルは、滑りにくく安全な少しザラザラとした素材でできています。

それでも、冬場の凍結時や、大雨時に走ったりすると、転倒の原因になるために、気をつけて歩きましょう。

タイルデッキは、滑り止め素材のタイルをしっかりと選ぶ。

また、タイルを選ぶ時に、そのタイルが滑り止め素材のタイルかどうかを、しっかりと選ぶようにしましょう。

また、雨よけの観点からも、テラス屋根の設置検討は有効です。

雨水排水設備を検討する

(画像提供:LIXIL)

タイルデッキで合わせて検討したいのが「排水」計画です。

タイルデッキは、デッキ下がモルタル土台で表面にはタイルがあるので雨が地面に流れず、作りによっては雨水が居室空間に流れてきてしまう場合があります。

広さや、環境にもよりますが、グレーチングとよばれる排水設備・排水溝が有効です。

グレーチングをリビング窓とタイルデッキの間に取り付けることで、リビングと同じ高さのタイルデッキを設置できます。

タイルデッキのグレーチング費用

グレーチングの費用は約2mで約10万円です。

タイルデッキのプラン作成詳細はこちら>>>

 

タイルデッキ・タイルテラスの選び方や組合せ

続いて、タイルデッキの選び方を見ていきましょう。

模様・大きさ・高さ

イルデッキは、広さ・大きさ・高さをまず決める。

(画像提供:LIXIL)

タイルデッキは、広さ・大きさ・高さをまず決めます。広さはもちろんのこと、高さによっても施行費用が異なってきます。

デッキの基礎部分に入れる砕石の量などもかわってくるためです。予算との兼ね合いも合わせて広さを決めていきましょう。

タイルデッキでは、模様や砂利などとの組み合わせなどの工夫も。

また、タイル模様や、タイルデッキ周辺の、砂利・レンガ・芝生など庭作り全体と合わせて決めていきます。

外構業者さんに頼めば、サンプルタイルも見せてもらえるので、好みのタイルを見つけていきましょう。

屋根や日よけも検討

タイルデッキに屋根・日よけがあると高温対策にもいい

(画像提供:LIXIL)

また、タイルデッキに、オーニングやシェードなど屋根・日よけがあると、夏の日差しの高温対策や、雨天時の対策にもなります。

約5・6万円ほどで取り付けできます。遮熱や積雪対策の仕様ではオプション費用がかかります。

(参考記事)ベランダ・バルコニー屋根の費用

タイルデッキ周辺に目隠しがあると、一層くつろげる空間に

また、タイルデッキの周辺に目隠しとなる柵があると、家の外部からの視線を気にせずに、よりくつろぎやすくなります。

タイルデッキのプラン作成詳細はこちら>>>

 

タイルデッキのプラン相談・成約でプレゼントがもらえます。

タウンライフで「無料相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

また、タウンライフを介してサンルームのリフォーム成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

詳細はこちら>>>

 

タイルデッキ・タイルテラスの施工工事

タイルデッキ作りは、DIYでもできるのでしょうか。どのように進むのでしょうか。

施工は職人の力量が必要

タイルデッキ作りはDIYでもできますが、職人技が求められます。

タイルデッキに雨がたまらないように「水平」さが必要

まず一つは、雨水が特定箇所に溜まってしまわないような地面の「水平さ」が必要です。

タイルデッキはモルタルで土台を作り、その表面にタイルを並べます。広い土台を全て水平にする技術が必要です。

タイルが割れないように「隙間となる目地」をしっかり作る。

また、タイルは気温や経年変化で伸び縮みします。伸縮で割れないようにタイルとタイルの間に隙間を設けて、間に目地(メジ)を入れて、隙間を埋めます。

何十枚、何百枚もあるタイル全てで、上手に目地をしっかり作る技術が必要になります。

「水平さ」「目地」に気をつけるというのは、コンクリート施工とも似ています。

(参考)庭にコンクリート費用・価格と施工

タイルデッキ施工の流れ

① 土台作り

地ならしをして、コンクリートブロックで枠を作り、砕石やコンクリートを流し土台を作ります。

② タイル貼り付け

土台(タタキ)が乾いたら、タイルを貼ります。土台上とタイル裏にモルタルを伸ばして、土台上にタイルを乗せてハンマーで叩いて、水平になるように高さ調整します。

③ 目地入れ

タイルが並んだら、タイルの隙間に目地(メジ)をいれてタイル間の隙間を埋めます。

DIYは一定条件が必要

タイルデッキは、DIYすることはできないのでしょうか?DIYを行うにはいくつか条件があります。

タイルデッキでは、1・2トンなど大量の砕石を購入でき、トラック搬入する必要

DIYを行う場合は、まずタイルデッキの土台を埋める、大量の砕石を入手する必要があります。その量は広さに応じて1トンや2トンなどにもなります。

上手く入手先を見つけられた後は、搬入できるかも問題です。

タイルデッキ場所までトラックが入ってこれて流せれば問題ないですが、入れない場合は、バケツなどを使い手作業で何往復もして運ぶ必要があります。

タイルデッキ施工では、コンクリートを混ぜる専門機械もあった方がいい。

また、土台を埋めるコンクリートを作る混ぜる作業は大変なものです。手作業でも可能ですが、手間がかかるので機械がある必要があります。小型機械でも約3万円程度かかります。

(参考)素人主婦がタイルデッキDIYに挑戦 ※外部サイト

タイルデッキは、専門業者に任せた方が確実で安心です

タイルデッキのプラン作成詳細はこちら>>>

 

 

タイルデッキの費用値段価格・タイルテラス庭外構施工(おわりに)

タイルデッキとは、床やデッキにタイルをあしらった高級感あるデッキスペースです。

タイルデッキなら、庭の一番の悩みの雑草対策にもバッチリ!手入れが楽です。ウッドデッキより耐久性がよく、汚れずらく、掃除しやすいメリットがあります。

目かくしフェンスや、小道、日よけシェードなどと合わせて、庭を一層素敵に快適にしましょう。

タイルデッキの施工費用は、1㎡あたり、約1.5〜5万円。10㎡で約20~30万円が目安です。

タイルデッキ施行は、「平行さ・タイル隙間」など職人技が必要で、DIYはやや難しいです。

タイルデッキ施行は、専門業者に任せた方が確実で安心です

タイルデッキのプラン作成詳細はこちら>>>

 

タイルデッキ施工最大40%オフ

あなたの希望やこだわり、また予算に沿ったオリジナルのタイルデッキ置プランの作成」をプロに完全無料で依頼できます。

タイルデッキの見積もりだけでなく、プラン・アイデア・アドバイスまで手間をかけずに無料一括比較できるのが、ウンライフリフォームです。

タイルデッキ施工をまだ決めていなくても、まずは情報収集・比較検討の材料集め」として利用でき、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

タイルデッキ以外について知ろう!

● テラス作りについて知ろう

ウッドデッキのリフォーム見積もり

タイルデッキの費用・価格

ベランダなどサンルーム

 

● 外構工事について知ろう

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

新築の外構作りが不安な方は、新築・外構で失敗・後悔しない

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!