汲み取り式トイレのリフォームに興味はありますか?

「古いトイレをずっと使い続けないといけない・・」なんて思わないで下さい。

トイレの水洗化・簡易水洗トイレ・簡易洋式トイレなど方法が複数ありますが、どれもトイレ利用が便利になります。

ただし、それぞれ費用や特徴が異なります。あらかじめ十分把握する必要があります。

トイレリフォームが格安激安の専門業者に、匿名での無料見積もりや相談するのも一つの手です

 

この記事では、汲み取り式トイレのリフォームについてご紹介します。ぜひ、じっくり読んでみて下さい。

汲み取りトイレ構造とリフォーム4つの方法と費用【重要・1分まとめ】

汲み取り式トイレをリフォームしたり、和式トイレから洋式トイレに変えて使う方法と費用は次の通りです。

水洗化する場合
浄化槽を利用した水洗化約90万円〜
② 公共下水に繋ぎ込み水洗化約50万円〜

汲み取り式のままで便利に
③ 簡易水洗トイレへのリフォーム約15万円〜
④ 簡易洋式トイレの設置約3,000円~

汲み取りトイレのリフォーム「水洗化する場合」

① 浄化槽を利用した水洗化

汲み取り式トイレを水洗化したいものの、下水道が家の近くまで来ていない場合は、浄化槽を設置することで水洗トイレにリフォームできます。

リフォーム費用の目安は約120~250万円です。ただし、浄化槽の設置に自治体から約30~60万円の補助が出ます。そのため、実質負担額は約90万円〜です。

(参考)トイレ水洗化の費用・浄化槽利用

② 公共下水に繋ぎ込み水洗化

汲み取り式トイレを水洗化しようとし、住まいの地域の下水道が整備されている場合は、下水管に直接汚水を流す工事をします。

リフォーム費用の目安は約50万円~(100万円)です。繋ぎ込み工事が約20~30万円、トイレリフォームが約30~70万円です。

汲み取りトイレのリフォーム「汲み取りのままで便利に」

③ 簡易水洗トイレへのリフォーム

ジャニス工業 トイレ 便器+タンク+温水洗浄便座セット BM BMC8020SGA BW1 排水芯:床排水200 色:ホワイト 

トイレの構造としては汲み取り式のままながらも、見た目や機能的には水洗トイレと同じなのが、簡易水洗トイレです。

リフォーム費用の目安は約15万円〜(60万円)。中心価格帯は30・40万円台です。

(参考)簡易水洗トイレにする費用

④  簡易洋式トイレの設置

簡易洋式トイレ 両用型

和式トイレに、置いたりかぶせるだけで洋式トイレとして使えるのが、簡易洋式トイレです。

安いものは約3,000円~購入でき、1万円未満の商品が大半です。

(参考)和式に洋式をかぶせるだけ!簡易洋式トイレ

汲み取り式トイレのリフォーム費用と方法4タイプまとめ

形式 費用
浄化槽 水洗 90万〜
②下水接続 水洗 50万〜
簡易水洗 汲取 15万〜
簡易洋式 汲取 〜1万

4つどの方法も、和式から洋式にして、座って用を足せるようになります。

①か②で水洗化した方がトイレの臭い抑えられるものの、③の簡易水洗でも汲み取り式と比べると軽減します。

それぞれの方法について、後ほどまた詳しくご紹介します。

汲み取りトイレのリフォーム費用を安くする3つのポイント

いつか汲み取り式トイレをリフォームすることが必要になるならば、費用を抑えて1日でも早く便利なトイレにした方が得です。

トイレのリフォーム費用を安くする数々の方法の中から、必ず抑えたい重要度が高い3つの方法をご紹介します。

【第3位】トイレ便座の価格を抑える

トイレの商品は、ウォシュレットの有無など機能に応じて約5~20万円と費用に幅があります。

リフォーム業者から商品提案を受けた後に、必要以上に機能がある高い商品ではないかしっかり確認しましょう。

(参考)タンクレストイレのメリット・デメリット費用

【第2位】汲み取りトイレのリフォーム工事・内装など「必要な範囲」のリフォームにする。

できる限り理想のトイレ環境を目指しながらも、予算に見合った落としどころを見つけていく必要があります。

トイレのオプション機能や備品、内装など必要な範囲や内容は何かをしっかりと考えていきましょう。

(参考)トイレの壁紙・クロス張替えトイレ床

第1位】汲み取りトイレリフォーム費用見積りとプランの「複数業者比較」は最重要

トイレリフォーム激安・格安を目指して価格を下げるには、トイレ施工業者の比較は一番重要、かつ基本となる大前提です。

業者により、提案される材料のグレード仕入れ値などが異なり、同じ工事でも費用に差がでます。

業者には、まず始めは次の2つを伝えて一度検討を任せれば大丈夫です。

① 汲み取り式トイレをリフォームしたいこと

② あなたの予算目安

いろいろなプランを集めることで、よい検討材料になり見る目も養われます。

汲み取りトイレのリフォーム見積もりは「初夏」の今が年に1度の大チャンス!!

トイレ工事で、初夏(5-6月頃)は「見積もりが安くなりやすい、工事プラン検討のチャンス時期」です。

理由は、3月までの決算期が一段落してリフォーム会社は受注が減り、価格面の相談・交渉が行いやすくなるためです。

また、4月新年度の各メーカーカタログ更新旧モデルの在庫処分・値引きもあり、新年度で補助金も利用しやすくなります。

もし希望の工事をまだ迷っていてもまず見積もりだけ、今すぐとっておくと得」ですよ!

汲み取り式トイレリフォーム業者の比較は必須。でも、大変です。

トイレの施工業者比較は、普通に行おうとすると膨大な手間が発生します。

【1】 業者候補リストアップ
【2】 安心な業者か評判口コミ調査
【3】 トイレ工事を行っているか候補各社への電話確認 などです。

汲み取り式トイレのリフォーム費用「一括比較」なら手間がかからない。

組み取り式トイレリフォームで優良なリフォーム会社を探すには「一括比較」が時間もかからず確実な方法です。

一括比較では、厳正な審査を通過したリフォーム業者のみ登録が認められていて、紳士的に対応してくれます。

【完全無料】最大60%オフの一括比較「リノコ」

トイレリフォームは、一括見積の利用で価格を抑えることにつながります

特に「最大60%オフ」にもなるのが、リノコです。

洋式化や水洗化したトイレは毎日のトイレ利用が快適になるので、安く抑えて早くかえないと、もったいないです。

\簡単10秒!最大5社比較/

 


リフォームサイト5部門でNo1

リノコは、5部門で「リフォームサイトNo1」に輝く見積りサービスです。

5部門の中には、「価格の安心感」「価格のわかりやすさ」が含まれ、特に価格を重視される方は、今すぐ利用する価値があります。

\簡単10秒!最大5社比較/

 

汲み取りトイレ構造のまま使いやすくする2方法と費用

トイレの形式としては汲み取り式のまま、便利に使いやすくする方法が「簡易水洗トイレ(約15万円~」と、「簡易洋式トイレ(3,000円~」です。

簡易水洗トイレ設置

汲み取りトイレリフォーム「簡易水洗トイレ」とは

簡易水洗トイレ(簡易水洗式便所)とは、トイレの「仕組み」的には汲み取り式トイレと同じながら、トイレの「機能や見た目」的には水洗トイレと同じトイレのことです。

水洗トイレとの違い

簡易水洗トイレは、ぼっとん便所と同様に定期的な汲み取りが必要ですが、水洗トイレよりも、水道代/下水道代が安く、設置も費用が安いトイレです。

汲取り式 簡易水洗 水洗
汲取り 必要 必要 なし
下水代 なし なし 必要
水道代 安い 安い 高い
設置費 ーー 安い 高い

汲み取りトイレのリフォーム「簡易水洗トイレ」には、汲み取りの手間を上回るいろいろなメリットがあります。

・汲み取り式より衛生的
・汲み取り式より臭いも少ない
・見た目が水洗の洋式トイレと同じ
・ウォシュレットや自動開閉など高機能タイプもある
・洋式にすれば用を足す時にしゃがまなくてい
・膝や足腰への負担が減る

たしかに、浄化槽を利用や、下水道接続で、「水洗トイレ」にもできます。
しかし、浄化槽設置は費用が高く、家や土地の構造で設置できないこともあるのです。

その点、簡易水洗トイレならば・・
・浄化槽を利用した水洗トイレより安い
・浄化槽を利用した水洗トイレと違い工事できない場合が少ない

という良さもあり、メリットは多岐に渡ります。

汲み取りトイレのリフォーム費用「簡易水洗トイレ」の場合

汲み取り式トイレ(ぼっとん便所)を、「簡易水洗トイレ」にリフォームする費用は約15~60万円」です。

汲み取り式トイレを「激安・定額・工事費込み」最安値は、もともと床が平らな場所に設置する場合で、こちらのセットは14万円です※ 2018/5/8 10:00現在

リフォーム(工事込み) | ASAHI EITO トイレ | ニューレット 汲取り式(平床)からのリフォーム | 普通便座 DNB001 | リフォーム本舗

段差の解消工事も含む場合でも、最安値は20万円です。

汲み取り式トイレ(ぼっとん便所)を、「簡易水洗トイレ」にリフォームする中心価格帯は30~40万円台」です。

トイレの商品代、床の段差の有無内装へのこだわりなどで、リフォーム費用がかわってきます。

高い場合で、~60万円程度です。

汲み取りトイレのリフォーム「簡易水洗トイレ」化工事

簡易水洗トイレの設置を業者に頼まずに自分でDIYで行なう人もいますが、とても難しいです。

便器撤去、床解体、配管設置、便器設置と進みます。

素人が自分自身で設置することは時間もかかり、とても難しいもの

失敗リスクもあるので、プロのリフォーム業者に依頼しましょう。

汲み取りトイレのリフォーム工事を、信頼ある業者に依頼

トイレへのリフォームは、信頼できる業者に依頼したいですよね。

トイレの費用一括比較ができるリノコでは、全国約万の施工店の中から、厳しい加盟審査に通過した厳選800社から紹介されるので、効率的で安心です。

衛生的で使い勝手がいい簡易水洗トイレにできる優良業者は人気のため早めの依頼が必要です。

\簡単10秒!最大5社比較/

 


汲み取りトイレのリフォーム「簡易水洗トイレ」化について、もっと詳しく

簡易水洗トイレについて、こちらの記事でより詳しく紹介しています。

 

簡易洋式トイレ設置

汲み取りトイレのリフォーム「簡易洋式トイレ」とは

簡易洋式トイレは、和式トイレにポンとかぶせるだけで洋式トイレに早変わりする商品です。

和式トイレを洋式に 【リホームトイレ】段差のある和式トイレ用 両用式

簡易水洗便座や、リホームトイレとよぶこともあります。

工事が必要ありませんし、費用も安いので、気軽に利用することができます。

汲み取りトイレのリフォーム費用「簡易洋式トイレ」

簡易洋式トイレは、3,000円台くらいから商品があり、1万円未満の商品が大半です。

暖房温座の場合で、15,000円~20,000円くらいのものもあります。

汲み取りトイレのリフォーム「簡易洋式トイレ」取り付け

簡易洋式トイレは工事が必要なく、購入して置くだけのタイプが多いですが、「高さや位置」「体重制限」などは注意してください。

高さや位置:置いた時に、トイレのドアの位置がぶつかるであったり、大きすぎるなどの問題が無いかサイズをあらかじめ想定しましょう。

体重に注意:プラスチック製品など、商品によって重要制限もあります。体重が重い方などは、購入時に確認をして下さい。

簡易洋式トイレの人気商品例
トンボ 洋式便座 両用型

トンボ 洋式便座 両用型

トンボ洋式便座は、簡易洋式トイレの中でも、最も価格が安い商品の一つです。

山崎産業「リホームトイレ」

トンボ 洋式便座 据置型

簡易洋式トイレの人気シリーズ「リホームトイレ」の、段差なし版です。

汲み取りトイレのリフォーム「簡易洋式トイレ」についてもっと詳しく

簡易洋式トイレについて、詳しくはこちらの記事でご紹介しています。

汲み取りトイレのリフォーム「リフォーム安心保証制度」があります。

リノコを介しての工事は、すべての工事に1年間の保証制度が適用されます。

さらに、機器は最長10年までの長期延長保証を選ぶことができ、工事への不無く安心してリフォームに臨むことができます

\簡単10秒!最大5社比較/

 

汲み取りトイレを水洗化リフォーム2方法と費用

トイレの形式を汲み取り式から、水洗トイレにリフォームするには、「浄化槽を利用した水洗化(約90万円~)」と、「公共下水に繋ぎ水洗化(約50万円~)」があります。

浄化槽を利用した水洗化

汲み取りトイレのリフォーム「浄化槽を利用した水洗化」とは

もし下水道が整備されていなくても、浄化槽を利用すれば、汲み取り式トイレを水洗トイレにすることができます。

簡易水洗と異なり、浄化槽を利用しての水洗化は「完全な水洗化」などと言われたりもします。

浄化槽を利用した水洗トイレの構造

「浄化槽」という「生活の中で発生した汚れた水を、キレイにして川に流すための装置」であるタンクのようなものを地下に埋めます。

そこにトイレ排水を流し込んで、さらに下水に流します。

大工の梁大工の梁

浄化槽の中には微生物が入っているため、汚水はある程度きれいになって、固形物は微生物が分解して泥になって浄化槽の底に沈みます。

上澄みが下水道に流れ、汚水処理場できれいに処理されて川に流されます。

なお、浄化槽の設置については浄化槽法(昭和58年第43号)で定められていて、関係書類の届出や保守点検、清掃などに細かい決まりがあります。リフォーム業者にも相談の上で、住まいの自治体に確認しましょう。

(参考)浄化槽とは。その費用・価格

汲み取りトイレのリフォーム費用「浄化槽を利用した水洗化」

汲み取り式トイレを浄化槽を利用した「水洗トイレ」にリフォームする費用の一目安は約90万円~(250万円程度)です。

トイレの商品代、床の段差の有無内装へのこだわりなどで、リフォーム費用がかわってきます。

最低額の目安内訳

浄化槽(90万円~) ー 補助金(30万円)+トイレ費用30万円~ ≒ 90万円~

浄化槽を利用した水洗化の補助金

汲み取り式トイレから水洗トイレにする時、浄化槽設置に費用補助がある自治体が多いです。

特に水洗化が進んでいない自治体はおおよそ補助金制度があります。

生活用水と合わせて処理する「合併処理浄化槽」を利用し設置申請した場合が対象です。

大きさなどに合わせて約30~60万円程度の補助金が支給されます。

依頼先のリフォーム業者にあらかじめ相談を行い、工事前に申請をする必要があります。

汲み取りトイレのリフォーム「浄化槽を利用した水洗化」の工事期間

約1週間程度です。

ただし、3~4日程度の場合もあれば、2週間かかることもあります。

手続きなども含めると全体では約2カ月間程度かかります。

水洗トイレ化へのリフォーム工事は、日数もかかるので、早めに業者に相談を始めましょう。

汲み取りトイレのリフォーム工事の費用比較をコンシェルジュに無料サポートしてもらえます。

コンシェルジュに電話で要望を伝えると、トイレリフォームに最適な業者探しなどサポートしてもらえるのがリノコです。

約30秒で登録することができます。

夜の場合は電話は翌日以降です。まず先に登録だけ済ませましょう。

まず見積りを集めることは、トイレを安く設置するためには必須です。

\簡単10秒!最大5社比較/

 


汲み取りトイレのリフォーム「浄化槽を利用した水洗化」についてもっと詳しく

浄化槽を利用したトイレ水洗化については、こちらの記事でより詳しく紹介しています。

 

公共下水に繋ぎ水洗化

汲み取りトイレの水洗化「公共下水に繋ぎ水洗化」とは

汲み取り式トイレを水洗化しようとし、住まいの地域の下水道が整備されている場合は、下水管に直接汚水を流す工事をします。

住んでいる地域の下水道の状況と、自宅までの下水道管までの距離を確認する必要があります。

もし、自宅の前まで水道管が来ていれば、下水道へのつなぎ込みは行いやすいでしょう。

汲み取りトイレの水洗化費用「公共下水に繋ぎ水洗化」

リフォーム費用の目安は約50万円~(100万円)です。

繋ぎ込み工事が約20~30万円、トイレリフォームが約30~70万円です。

下水道までの距離が遠かったり、障害物があったりすると、それだけ、つなぎ込みの工事費用が上がります。

公共下水に繋ぎ水洗化の工事

公共下水に繋ぎ込む際は、自治体に申請が必要です。トイレのリフォーム業者に手続きの相談・依頼を行うようにしましょう。

汲み取りトイレのリフォーム費用を安く!

トイレのリフォームを安く行うならば、トイレリフォーム費用を一括比較できるリノコです。

専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので、安心してリフォーム検討できます。

\簡単10秒!最大5社比較/

 

汲み取りトイレのリフォームの目的とメリット

汲み取りトイレの課題

汲み取りトイレは悩みが多い

汲み取りトイレとは

汲み取り式トイレは、用をたした時に便槽に落下するタイプのトイレのことです。

汲み取り式トイレは、下水につながっていないために、「し尿」を定期的に便槽から汲み出す必要があります。ボットン便所などとよばれています

平成29年3月現在、日本の下水道普及率は78.3%です(出典:日本下水道協会

まだ下水道が十分に整備されていない、山間地域や市街化調整区域、過疎地域などを中心に、古い家やアパートでは、トイレが汲み取り式であることが今でも多くあります。

汲み取り式トイレ・ボットン便所には「衛生面や臭いの問題」といった課題があります。

汲み取りトイレの課題「衛生面や臭いの問題」

嫌な臭い

汲み取り式トイレは、ハエやウジの繁殖場所になってしまったり、菌の繁殖や臭いなど、水洗トイレと比べると衛生面も問題があります。

汲み取り式トイレの課題2「汲み取りが必要」

汲み取り式は定期的な汲み取りが必要で、1回あたり、便槽の大きさにもあわせて、約2,000~4,000円程度の費用がかかってきてしまいます。

ボットン便所は「来客者や親戚にとっても嫌」

私は子供の頃、父の実家がボットン便所でとても嫌でした。

私の自宅は洋式トイレだったために、たまに父の実家でボットン便所を使うとそのたびにショックに近い衝撃を受け、帰省時に用を足すのは嫌なものでした。

恐かったのでなるべく利用を避けていました

祖父母は好きでしたが、ボットン便所が嫌で泊まりたくはありませんでした。

 


40代以降は、膝(ひざ)に注意!

ひざが痛む「変形性ひざ関節症」は40代から増え始め、日本には潜在患者が約3,000万人いるそうです。(出典:毎日新聞

和式トイレでひざに負担をかけ続けて悪化すると、歩行困難・寝たきりになることも介護者の負担も増えます

25歳からももの筋肉は衰えます。

トイレでしゃがむ時に使うももの筋肉(大腿四頭筋)は、身体の中で最も衰えの早い筋肉です。(出典:日経Goody)

65歳で25歳の約60%まで落ちます。その後も筋肉は更に落ち続けます。ひざ痛の発症や悪化にもつながります。

ひざの痛みや負担が気になる場合は、早く和式トイレの対策として、トイレ水洗化などを検討しましょう。

 

一人で悩みを抱えず、早く誰かに相談する。

トイレ水洗化を検討している方には「悩みを一人で抱えこんでいる方」も多いです。

ご自身の足腰、臭いの我慢の苦労
高齢のご家族のご心配
小さなお子様の安全面の心配
・ 古くなってきた住まいへの心配
・ トイレ改修の費用の心配
・ (アパート大家の方)入居率の心配

あなたも悩みをかかえていませんか?

早くその不安を、周囲の人や専門家など相談できる相手と共有することで、悩みにあった適切な対策や、費用面の工夫が生まれます。

あなたの苦労や心配を取り除きましょう。

汲み取りトイレのリフォームなど、多くの人が利用するリフォーム見積もり

リフォーム一括見積りができるリノコは、2017年5月現在で、累計利用者数80万人突破とサイト上で公表されています。

多くの人が利用しているリフォーム一括見積で、トイレでの利用にも安心できます。

\簡単10秒!最大5社比較/

 

リフォームのメリット

汲み取りトイレをリフォームすると、見た目良く利用しやすい

汲み取り式トイレでボットン便所タイプの場合、昔からある古い感じであることが多いでしょう。しかしリフォームすることで新しいトイレに生まれ変わります。

親戚など来客が来た時にも気かねせず気軽に使ってもらえます。ウォシュレットや温かい便座をつけるなどトイレ商品の機能にもこだわれます

また、和式タイプから洋式タイプに変えることで、用をたす時の体勢の違いから、足腰などへの負担も減るでしょう。

汲み取りトイレをリフォームすると、衛生的で臭いも減る

水洗化リフォームすれば、汲み取りトイレのような便槽からの臭いが大幅に軽減されます。

例えば、浄化槽利用時は微生物が入っていて、ある程度汚水の汚れは浄化されます。固形ぶちは微生物が分割して泥になって浄化槽の底にしずみます。

また、簡易水洗トイレへのリフォームでも、臭いは軽減されます。

私の父の実家のボットン便所も、リフォームしました。

もう昔の話ですが、ボットン便所だった私の父の実家は、祖母が高齢になったために簡易水洗トイレにリフォームしました。

(費用面の都合で、水洗化は行わずに簡易水洗トイレにしました)

昔ながらの古いトイレで狭くはありましたが、キレイに見違えるように変身しました

それまで父の実家のトイレが嫌いだった私も、何も気にせずに普通に使えるようになりました。

そして今考えてみると、祖母は高齢になるまで毎日、膝や足に負担をかけながら和式トイレを利用していたわけです。

もっと早く洋式トイレにしていれば、どれだけ負担が減ったことだろうと思います。

農家で祖父母ともに体力があったとは言え、つらい思いをさせてしまっていたなと悔いもあります。

あなたと、あなたのご家族には大変な思いをして欲しくありません

 

汲み取りトイレ構造とリフォーム4方法と費用(おわりに)

汲み取り式トイレのリフォームには4つの方法があり、それぞれ費用も異なります。

水洗化する場合
浄化槽を利用した水洗化約90万円〜
② 公共下水に繋ぎ込み水洗化約50万円〜

汲み取り式のままで便利に
③ 簡易水洗トイレへのリフォーム約15万円〜
④ 簡易洋式トイレの設置約3,000円~

激安を目指して価格を下げるには、トイレ施工業者の比較は一番重要です。

業者により、提案される材料のグレード仕入れ値などが異なり、同じ工事でも費用に差がでます。

【完全無料】最大60%オフの一括比較「リノコ」

トイレリフォームは、一括見積の利用で価格を抑えることにつながります

特に「最大60%オフ」も打ち出しているのが、リノコです。

TOTOやLIXIL、Panasonicなど、トイレ各種メーカーを取り扱いしています。

\簡単10秒!最大5社比較/

 


合わせてよみたい

簡易水洗トイレへのリフォーム

 

簡易洋式トイレの設置

 

浄化槽を利用したトイレ水洗化

 

リフォームの費用・価格!値段料金・金額予算

 

リフォーム見積もり比較

 

大工の梁大工の梁

記事が気に入った時はぜひシェアして下さいね。LINEで家族に送るのも便利です。