外構工事の費用をできるだけ安く抑えたいですよね!

新築でも、リフォームでも、値引きされた安い金額で、質の高い工事を行いたいものです。

外構工事を安くする方法・コツを抑えないと、数十万円~100万円以上も価格が割高になってしまいます。

例え同じ工事でも、業者ややり方次第で職人費や、商品の仕入れ代、マージンなども大幅に異なります。

この記事では、外構工事を安くする方法・コツをご紹介します。じっくり読んでみて下さい。

外構を安くするコツ・方法【重要点1分まとめ】

この記事でご紹介する情報のエッセンスを濃縮して1分でご紹介します。このポイントだけは必ず抑えて下さい

一番重要な方法とは。

外構工事を安くするには「業者の比較」が最重要。

外構工事の費用を安くする上で、「複数業者の見積もり比較」は最も大切な大前提です。

外構工事は、同じ工事内容でも業者によりかかる費用が大きく異なってくるためです。

理由① 自社施工せず外注している業者では、マージンが約1020%くらい上乗せされる。

理由② 工事で利用する商品や資材の割引率が、業者間で約20%OFF〜約50%OFFと大きな差がある。

理由③ 業者によって、得意工事・不得意工事などの違いで価格が変わってくる。

上記3つの理由の組み合わせで、同じ工事でも、総費用が3〜5割程度費用が変わってくることが多々あるのです。

新築時を中心に、外注で工事をする業者には特に注意。

特に新築される方を中心に注意が必要です。

新築時は、ハウスメーカー(HM)に外構工事を一括依頼する方が多くいます。たしかに、やりとりなどはスムーズです。

しかし、下請け業者に外注されることで工事費が、数十万円〜100万円近く割高になる場合も多々あるのです。

わたしも新築時は、ハウスメーカーと外構業者を分けて、約70万円節約しました。

外構工事を安くするためには・・・

全体予算を決める早い段階で、家を建てるHM以外の業者に外構工事の相見積もりを取ることが大切です。

外構を安く仕上げる業者比較へ

外構工事で、費用比較の業者探しも大変

ただし、外構工事の見積りにも、意外に大変な面もあります。

 

複数社に相見積りを取る時に大変な面
● 相見積もりを取る外構業者を自分で何社も探すのは大変・・・
複数の会社に対して、何度も同じ説明を行うことが大変・・・
● 断る時に、少し気持ち的に断りづらい・・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変ですよね。

でも、大丈夫!

外構工事の業者比較

外構工事で地域の優良業者を30秒で簡単にチェックする方法

ここで、あなたがお住まいの地域で、外構工事に適した業者の最有力候補を(登録なしで)約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。

『タウンライフ外構』という冠に輝く住宅サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある会社」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

(そのため、腕が悪い業者や、悪徳業者などにひっかかる心配もありません

『タウンライフ外構』では、どの業者も工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単30秒チェックの流れ
【0】『タウンライフ外構』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】外構プランの作成」を押す
【3】希望箇所外構」を選択
【4】予算~100万円」など選択
【5】(重要)他の入力項目を飛ばし画面の下の方まで行く

~5を順に行い表示されるのが、あなたが住まいの地域の外構工事に適した業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフ外構を、今、約30秒ほどでご確認下さい。

\簡単30秒!優良施工業者を確認/

 

 


外構工事が安い!最大40%オフ

『タウンライフ外構』では、気になる全ての優良会社に、「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルの外構工事プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

あなたが希望する外構工事を安く抑える具体的なプランを作ってもらえます。

②「費用・お見積り」

外構を安く済ませる上で、工事内容の具体的な費用・単価が分かります。

③「アイデア・アドバイス」

より安くする方法や、商品など適したアドバイスがもらえます。

まずは自宅の状況・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフ外構は、外構工事をまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

複数プランを一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて便利です。

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

 


外構工事無料プラン作成 FAQ

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフ外構は、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じで外構工事を検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!安心度1位/

 

 


以上で「ここだけ読めば大丈夫!」1分まとめは終了しました。

もしこの記事を気に入っていただけたら、LINEで家族やお友達などにもご紹介下さいね。

大工の梁大工の梁

ぜひ、素敵なお庭を実現して下さい!

外構を安くするコツ・方法5選

外構工事を安くするために、最重要なことは「見積もり比較」です。

それに加えて、外構工事の費用を安くするために他にできる方法を5つご紹介します。

外構工事を安くする方法・コツ①「優先順位」をつける。

今回どこまで工事を行うのか、優先順位をあらかじめしっかりつけましょう。

まずは「今すぐ」の必要性が高い工事を洗いだして下さい。具体的には、駐車場や玄関まわりが中心となってくる場合が多いでしょう。

一方で、特に庭作りを中心に一度に完成させる必要がありません。例えば、芝生や植栽、カーポート屋根など今すぐなくても良いと思えるものもあるはずです。

外構や庭づくりは、何年もかけて少しづつ作り上げていくよう考えても良いものです。なるべく理想の外構・庭に近づようとしつつも、予算的な落としどころを意識して下さい。

外構工事を安くする方法・コツ②「素材・機能」にあまりこだわらない。

外構工事は、素材やグレードの差などにより、費用が数十万円程度と大きく費用が変わる場合も多いため、過剰なこだわりは捨てましょう。

仮に安いタイプを選んだとしても、見た目も基本機能も優れている場合も多いものです。

例えば、コンクリート土間にしなくても、砂利敷きで済む場所などあることでしょう。「安い素材だけど組合せで見た目を工夫する」などもできます。

また、門柱などは効果なものだと、照明・インターホン・電源など多機能ですが、必ずしも全ての機能が必要が無いかもしれません。

【注意】ただし、ブロック塀など安全面や耐久性にかかわる内容では「安かろう悪かろう」は避けて下さい。

外構工事を安くする方法・コツ③「DIY・手伝い」を取り入れる。

外構工事は、簡易な内容であれば自分で行うのも一つの方法です。

例えば、花壇や植栽などの他、ホームセンターで木材を購入してのウッドフェンスづくりなどです。

外構業者の作業を一部でも手伝うと、職人の人件費分や、仕入れの手数料分を一部でも減らすことにつながります。

もちろん内容によっては難しいものの、特にガーデニングまわりを中心に、大きい運搬物が少なくホームセンターで資材を揃えられる内容は行いやすいです。

外構工事を安くする方法・コツ④「施主支給」を検討する。

外構工事は、工事する本人が材量を購入して業者に渡す「施主支給」で安くなります。

昨今では、インターネットを使えば、各資材・部材の最安値を調べて自分で購入することが可能です。そうして買ったものを使ってもらうのです。

施工業者が購入する場合は、購入や保管、搬送の手間があるため、商品にマージンが乗せられるので少し高くなります。

ただし、業者次第のため要確認

ただし、業者によっては、施主支給を受付けてもらえない場合や、施主支給の場合は工事費が割高になる場合があります。

業者にとっても、利益が減ることのためです。そのため、施主支給が可能か、工事費が変わらないかをあらかじめ確認しましょう。

外構工事を安くする方法・コツ⑤「外構業者」に依頼する。

そして、外構工事を自社で行っている業者を選ぶことは、費用を抑える上で最重要です。

下請け業者を利用している場合はマージン分費用が高くなってきます。また、専門業者の方が、材量や部材を多くで仕入れていて、部材代金が安く済みます。

もしホームページでの判断などでは難しい場合、提案される見積りの違いや、現地調査・打合せでの話の内容から専門性を確認しましょう。

\完全無料!安心度1位/

 

外構工事が安い!無料見積もり比較は、利用実績も多くて安心

外構工事のプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「外構工事に少しでも興味がある方」ならば、タウンライフ外構今すぐ利用しないと損なサービスです。

\完全無料!安心度1位/

 

外構工事のプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ外構」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく工事ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた外構会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフ外構を利用して良かったと感じております。

\完全無料!安心度1位/

 

コツ【外構業者へ依頼】

安くするために最重要なのが業者選びです。

「外構工事で、ハウスメーカー依頼と、外構会社への依頼の違いは?」

という点をよりご紹介していきます。

新築など外構工事で、ハウスメーカーに依頼すると、約2-3割高くなる

再度の記載になりますが、外構工事の依頼先としてハウスメーカー(以下、HM)に依頼すると、マージン分で約2-3割高くなることを覚えておきましょう。

ほぼ100%HMは外構工事を下請けに外注します。HM分の管理費としての手数料と利益が乗るために、あきらかに割高になってしまうのです。

たしかに、新築時の外構をHMに依頼すれば、住宅ローンへの組み込みや一元での進行管理が楽になりますが、その分価格が大幅に高くなてしまうのです。

外構工事は、外構専門会社に依頼することで、約2-3割安くなる

外構工事は「外構専門会社」に直接依頼することで、約2-3割安くなります。

HMのマージンが乗らない分安く済むのです。例えば、もしHMに依頼すれば150万円の工事が、50万円引きで100万円になるなど数十万の違いはすぐに出てきます。

特に新築であれば、外構工事の総費用が大きくなるために、価格差が100万円以上になることも多々あります。

外構専門会社に依頼すれば価格が大幅に安くなる分、追加工事やオプション工事なども行いやすくなります。

外構専門会社なら、細かな要望も聞いてもらいやすい

また、実際に工事を行う「外構専門会社」と直接話せることで、細かい希望や要望も相談しやすくなります。

自社でプランから施行までおこなっているため、いろいろとスムーズに話を聞いてもらいやすいのです。

もしHMに依頼する場合、決まったパターンの提案が多いのに対して、外構専門会社に相談した方が、一邸一邸希望に合わせた細かなプランニングをしてもらいやすくなります。

ただし、外構専門会社の中から、自分に合う業者を探すのが大変。

ただし、外構専門会社にも、それぞれ得意なデザインや工事内容の違いがあります。

例えば「植栽あふれる庭づくりが得意」や、「和モダンな庭づくりが得意」「コンクリートを多様したシャープなデザインが得意」などです。

過去の施行実績を見せてもらったり、具体的な工事の相談をしながら、あなたがイメージする外構・庭作りに合う業者を探すことが大切です。

この、イメージに合う外構業者を上手く見つけられるかどうかで、満足度が大きく変わるため、妥協は避けたいところです。

外構業者探し・外構プラン無料作成は、利用実績も多くて安心

あなたが住まいの地域の優良な外構専門業者が分かるのが「タウンライフ外構」です。

しかも、それらの業者の専門家にあなたの希望に合わせた外構プランニングを気軽に無料で依頼することができます。

いわば、あなたのための外構プランコンペを無料発注できるシステムです。外構プラン検討のための情報やアイデアが一度に手に入ります。

「外構工事を考えている方」ならば、今すぐ利用しないと損なサービスです。

詳細はこちら>>>

 

コツ【駐車場は重要】

「外構工事で、特に費用を下げやすい工事は?」

という大切な点をご紹介していきます。

外構工事の中でも、費用が高くなりやすいのが「コンクリート工事」

画像提供:LIXIL

各種外構工事の中でも、特にお金がかかると言われているのが土間コンクリートです。

外構工事全体の約2〜3割がかかるとも言われて、費用に占めるウェイトが高くなります。

頑丈にするため高額な「鉄筋」を入れることで材料代が上がったり、作業の手間がかかることで人件費がかかるのです。

外構工事で、駐車場コンクリートは、1台あたり約15万円かかる。
画像提供:LIXIL

駐車場をコンクリートにする時ならば、1台あたり約15万円前後が一目安です。

2台分なら約30万円、例えば車3台分の駐車場なら約45万円前後の費用がかかってくるのです。

外構で駐車場コンクリートを安くするには、タイヤの場所だけにする。

出典

タイヤが乗る場所だけにコンクリート施行すれば約10万円程度で工事が済む場合もあります。

例えば、サブとなる2台面の駐車場だけ、コンクリート施行を簡易にするなど検討しても良いでしょう。

なお、駐車場コンクリートは強度が必要なために、㎡単価を下げる(≒質を下げる)という考え方はおすすめできません。

外構で駐車場を安くするには、他に、カーポートは後付けするなども。

また、駐車場の場合は、カーポートやカーゲートなどの費用もかかります。

まずはコンクリート工事だけを先に行い、他は追っての工事にすることを検討しても良いでしょう。

外構工事で、駐車場以外もコンクリートを使う場所はなるべく少なくする。

駐車場以外のコンクリートを使う場所を減らすことは、外構工事を安くすることに大きく貢献します。

例えば、庭には砂利を利用し、範囲を必要最小限に狭める、他の物で代替するなどです。

コンクリート平板やブロックを使うなど工夫を。

他にも例えば、玄関アプローチなどの人が歩く程度の負荷であれば、施行が簡易なコンクリート平板を利用することで、人件費削減につながります。

また、建物のまわりを囲う時、土圧がかかる場所では(コンクリート)擁壁が必要ですが、そうでなければ、ブロックを利用するなどです。

\無料!気軽!簡単3分/

 

コツ【部位別の工夫】

「外構工事を安くする上で、具体的にどんな方法がある?」

という点をご紹介していきます。

外構工事「フェンス・塀・門」を安くする方法・コツ

開放的な作りの「オープン外構」にすることで、外構工事は安くなる。

 

外構工事を安くするなら「オープン外構」と呼ばれる構造が向いています。

オープン外構とは、塀やフェンス・門などを無くしたり小さくした開放的な外構のことで、建材や工事が減る分、費用を数十万円単位で削減することにつながります。

(逆に、塀やフェンスで家の周囲を囲む外構を「クローズ外構」と言います)

オープン外構はクローズ外構と比較して、風や光が入りやすく、敷地が広々見えやすい・死角もできにくいというメリットもあります。

\無料!気軽!簡単3分/

 

外構工事「テラスや外灯」を安くする方法・コツ

画像提供:YKKAP
ウッドデッキや外灯などは、施主支給で安く抑えよう。

庭作りをオシャレに仕上げるためには、テラス部分(サンルームや、ウッドデッキタイルデッキ等)の工夫が必要です。

テラス工事の部材は、例えば砂利やコンクリートの材料などと違い、インターネット上での商品購入も行いやすくなっています。

そのため、あなたがネットで商品を購入し外構業者に施行してもらう「施主支給」を行うことで、商品代を安く済ませやすい箇所です。

また、例えば、ソーラー式外灯のように、小さなもので自分で購から設置まで簡単に行うことができるものもあるため工夫してみましょう。

\無料!気軽!簡単3分/

 

外構工事「庭・植栽」で安くする方法・コツ

外構で、花壇や植栽などはDIYをすることで安く抑えよう。

 

外構工事で、DIYを行いやすいのが、花壇や植樹などです。

小さめの植栽のガーデニングや、床のタイル・レンガなどをDIYすることで、費用を抑えることにつながります。

レンガ・ブロックなどの資材、土や費用、花・植物など、いずれもホームセンターで買い揃えることができます。

ただし、外構や住まいのアクセントとなるようなシンボルツリーなど大きな植栽は、外構業者や造園業者に依頼を行う方が楽で良いです。

\無料!気軽!簡単3分/

 

コツ【素材の選び方】

外構工事は「素材・資材の選び方」でも、価格を抑えることにつながります。

外構工事で「素材へのこだわり」を減らせば、費用は安くなる。

外構工事を安く抑えるためには、なるべく素材にこだわることは止めましょう。

例えば、土間コンクリートよりも、コンクリート平板や砂利の方が安くなります。また、天然石よりも市販のタイルの方が安くなるなどです。

安い素材でも、カラーの工夫・組合せの工夫などを通じて、おしゃれな庭作りは実現することができます。

服のファッションで、高級ブランドでなくとも、ユニクロなどでも組み合わせやセンス次第でオシャレにみせることができるのと同じです。

外構工事で「素材をつかいまわし」するば、費用は安くなり、統一感もでる。

外構工事を安く抑えるために「(安い)同じ素材を繰り返し使う」ことも工夫の一つです。

例えば、レンガやタイルなどは、大量購入し一度に施行することで、費用を割安に抑えることにつながります。

玄関アプローチとテラスなど複数個所で使うことで、庭に統一感がうまれる上に、コスト削減につながります。

同じ素材が使われていることで、逆に庭や外構全体の「トーン」や「雰囲気」に統一感が生まれ、上級者感の演出にもなるのです。

外構工事で「素材を施主支給」すれば、費用は安くなる。

外構工事では、あなたが商品・資材をネット購入する「施主支給」を行うことで、商品代が割安になる場合があります。

門柱や、カーポート、テラス囲いなど、ネットで商品購入できる外構商品は色々とあり、最安値で購入できるかもしれまん。

【注意】ただし、外構業者によっては「施主支給」を受け付けない場合や、工事費が割高になる場合もあるために、事前確認が必要です。

また、内容によっては、サイズを間違えたり、到着日が遅れるなどすると、逆に割高になってしまうこともあるために諷意をして下さい。

外構工事で「素材は二次製品」にすれば、費用は安くなる。

外構工事では、二次製品と呼ばれる「既製品」を使い、安くする方法もあります。

例えば、土間コンクリートの代わりに「コンクリート平板」を、コンクリート擁壁の代わりに「プレキャストコンクリート」を使うなどです。

工事期間が短くなることで人件費が削減でき安くなりますし、職人による技量差の影響も少ない、見た目にも美しいなど様々なメリットがあります。

外構工事で「タウンライフ」が選ばれる理由

外構工事の検討開始でタウンライフ外構特集が選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の施工会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切な外構工事プランが届きやすいです!

③ リフォームが前進する
希望の外構プランや費用を簡単に集められることで検討の良いスタートがきれます

\完全無料!安心度1位/

 

コツ【3社以上の比較】

「外構工事の見積もりはどんな風に行えばいい?」

という点をご紹介していきます。

外構工事を安くするには、2-3社の見積りプランを比較しよう。

外構工事の費用を安くする上で、特に「見積もり比較」は重要です。

同じような工事内容でも、業者によって工事価格は変わってきますし、得意な工事・デザインなどもかわってくるためです。

また、まず自分が希望する具体的な工事内容での費用相場を把握するためにも必ず必要になってくるものです。

外構工事の見積もり比較は、専門サイトで!

外構工事では、プランも費用も十分比較を行うことで、高い満足につながります。

外構工事の見積もり比較にに便利なのが「タウンライフ」です。

完全無料で、あなたオリジナルの外構プランと見積もりを作成を作ってもらうことができるため、今すぐ利用する価値があります。

\無料!簡単3分/

 

作ってもらった見積もりから、工事内容を相談していこう。

外構工事の「見積もり」が完成することで、「どこを安くできるか」を具体的に検討しやすくなります。

素材・資材を変更する、範囲を減らす、そもそも工事を辞めるなど、冷静に客観的に判断しやすくなるのです。

見積もりができた後からこそが、相談しやい親身なお付き合いができる外構業者なのかが分かってきます。

外構工事では、あらかじめ優先順位をつけておこう。

なお見積もりをもらう前に、外構工事の優先順位も付けておくようにしましょう。

まずは「必要性が高いか低いか」です。例えば駐車場なら、カーポート屋根よりもコンクリート打設の方が必要性が高い、などです。

優先順位を、1・2・3と決めておくことで、不要な工事を判断しやすくなり、予算内におさめることにつながります。

\無料!簡単3分/

 

外構で安くておしゃれな工事 5選

「安くてオシャレなおすすめの外構工事は?」

をご紹介していきます。

外構で安く‛インパクト’を出すなら「テラス屋根」

画像提供:YKKAP

外構で安く庭のインパクトを出すなら、テラス屋根です。

商品代と工事費で約10万円前後〜で、庭の中心・シンボルのような印象を作り出すことができます。

日差しよけや、雨よけとしての役割があり、屋根の下で「紅茶を飲みながら読書」なども良いかもしれません。

外構で安く’リゾート感’を出すなら「タイルデッキ」や「タイル」

画像提供 LIXIL

外構で安く高級感やリゾート感を出すなら、タイルデッキです。

1㎡あたりの施工費は約1.5万円〜で、ウッドデッキよりも安く済む事も多くあります。庭とリビングの一体感もうまれます。

雑草対策という実用性に加え、耐久性や掃除のしやすさにもすぐれます。より予算を抑える場合は「タイル」を利用したDIYです。ホームセンターなどで安く購入できます。

外構で安く’明るい雰囲気’にするなら、化粧砂利

出典 リゾートエクステリア

外構で安く、明るい雰囲気を出すなら、化粧砂利での砂利敷きです。

価格はワンポイントだけなら約1万円位です。特に、ピンク色の化粧砂利は、庭が優しく明るい印象になります。

白色系の化粧砂利も、和風・洋風を問わず馴染み、ライトアップなどにも映えます。また、植栽が多い洋風のお庭には、レンガチップを敷いても良い雰囲気になります。

外構で安く’アプローチを演出する’なら、フラットアーチ

出典:緑香庭

外構で安く、玄関アプローチを演出するなら、フラットアーチです。

工事費込みで約10万円台後半位〜の、ゆるやかに境界をつくりつつお客様を出迎えるゲートです。空間に奥行きが出たり、引き締まったりします。

オプションで、ダウンライトや門柱を取り付けることもでき、夜間の演出や実用性もうまれます。

外構で安くて’おしゃれなフェンス’なら木目調の樹脂フェンス

出典:外構舎

外構のフェンスを、安くオシャレにするなら木目調の樹脂フェンスです。

樹脂製のために腐らないうえに、商品によっては、アルミ製の一番安い商品と同じくらいの単価(約2.5万円〜/m)で済みます。

カラーバリエーションも豊富な「アーバンフェンス」という商品などが知られています。

外構で安くておしゃれなプランを無料提案してもらえる!

外構工事で、安くて、オシャレなプラン作成を、無料で複数社に同時依頼できるのが、タウンライフです。

あなたの予算や、希望のイメージをもとに、専門業者に無料プランニングをしてもらうことができます。

具体的な見積もりも合わせてもらえるために、地元で一番安い外構業者も分かります。

完全無料で、まずは気軽に情報収集として利用できるために、今すぐ利用しないと損です。

\無料!簡単3分/

 

外構の費用相場・目安(参考)

「そもそも外構工事の費用っていくらくらい?」

という点をご紹介していきます。

外構費用「総額」

外構工事の費用は、新築なら建物本体価格の約1割が目安。

『新築』で外構工事を行う場合は「建物費用の1割」の費用を使うとバランスが良いとされています。

(例)2000万円の家⇒ 外構工事に200万円

(例)3000万円の家⇒ 外構工事に300万円

その住宅のグレードや風格に見合うエクステリアになりやすいのです。

『 リフォーム 』で外構工事を行う場合、30万円未満の部分的な工事や、60万円前後での2~3箇所程度の工事・補修が多いです。

庭全体の工事の場合はリフォームでも100万円以上予算をみる必要があります。

外構工事の費用「最低限かけるべき予算」目安

画像提供:YKKAP

 

まず日常生活をする上で最低限行っておくと良い外構工事内容6つです。

門柱 15~30万円
玄関アプローチ 10~20万円
コンクリート 15~30万円
砂利+防草シート 10~20万円
一部、や植栽 10~20万円
物置 10~20万円

合計目安で、約70~140万円です

※ただし工事内容によって価格は上下します。

もし新築の場合は体裁を整えるためにも、どんなに「最低でも合計100万円以上」はかけて下さい。

外構工事は、まず希望を盛り込み、削っていこう。
もし外構工事をプランニングする上で「必要最低限」だけ考えると「ものたりない外構」にもなりかねません。

まず「希望を全て盛り込んだプラン」も一度作ってもらい、その中から優先順位の低いものを削っていく検討方法がおすすめです。

外構工事は一度に全て行う必要はありません。最終的な完成イメージを自由に考えてみましょう。

外構工事の費用+αで加えていきたい項目目安

また、希望に合わせて追加検討したい主な外構工事内容6つです。

フェンス・塀 20~100万円
カーポート 20~50万円
植樹 5~15万円
ウッドデッキ 20~30万円
サンルーム 20~50万円
テラス関連 15~30万円

追加内容に合わせて、基本費用にプラスされます。

いずれも広さや大きさ、材質や商品グレード、地域などで費用は大きく変わります。

新築の場合は、総合計「200万円」をかけると外構が充実してきて、「300万円」をかけるとかなりこだわりを出せます。

外構工事は、新築時に資金計画に入れるためにも、家と同時にプランニングしよう。

画像提供:YKKAP

新築時に外構の検討は後回しになりがちですが、本来、家と同時にプランニングすることが望ましいです。

同時に検討することで、家のデザインやトーンの統一感を作りやすくなります。また、トータルでの資金計画を立てやすくなります。

もし住宅ローンに費用を組込む場合、ローン審査の後で予算が追加される事は好ましくありません。

外構工事の費用は、ハウスメーカーの「少ない予算配分」に注意しよう。

新築時にハウスメーカーや工務店は、外構工事の予算を当初少なめに想定している場合があるため注意が必要です。

総費用を少なく見せて受注角度を高めるためや、建物本体の受注額を高めようとの狙いから、外構の予算取りを少なくしている場合があるのです。

外構予算が50〜100万円程度しかとられていない場合は注意して下さい。絶対にそれ以上かかります。

外構工事のプラン相談・成約でプレゼントがもらえます。

タウンライフで、外構工事の「無料相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

また、タウンライフを介して外構工事が成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

\無料!簡単3分/

 

外構費用「部位別」

外構工事「門まわり」の費用相場・単価

画像提供:YKK

門まわりの費用相場は約15~30万円程度です。

敷地入口の顔にもなるのが「門柱・機能門柱」で、費用は約5〜20万円が中心です。

表札や郵便ポスト、インターホンなどの機能が備わり、木調・レンガ調・タイルなどのデザイン種類も多様なため、家の外観などと雰囲気を合わせましょう。

 

また、門柱灯は約2〜4万円が中心です。

 

門まわりとしては他に「門扉」があり、費用は約10~20万円が中心です。自動ロックや電磁錠を付けられるタイプもあります。

外構工事「玄関アプローチ」の費用相場・単価

画像提供:三協アルミ

玄関アプローチの費用相場は約10~20万円程度です。

玄関アプローチは他に、砂利やタイル、レンガを敷き詰めたりする方法があります。素材や広さにより様々で1㎡あたり約2~5万円です。

 

他に例えば「土間コンクリートの単価」は、1㎡あたり約1万円です。施工しやすく耐久性があり、足元も汚れません。

 

コンクリート平板を利用すれば、土間コンより安い価格で済みます。

 

予算に合わせた材質を選択するとともに、歩きやすさや安全面、将来的な利便性などまで想定して施工すると良いでしょう。

外構工事「駐車場用コンクリート等」の費用相場・単価

画像提供:リクシル

外構で駐車場コンクリートにする費用目安は、車1台分(約15㎡)あたり約15万円〜です。2台分なら約30万円〜です。

 

費用を抑える場合、庭に砂利敷きの価格は車1台分あたり約10万円〜です。

 

また、アスファルト舗装の単価・費用は車1台分あたり約7-8万円〜です

 

後々の利用しやすさや耐久性を考えると、駐車場ではコンクリート打設をおすすめします。

外構工事「芝生・樹木の費用相場

の芝生張りは、天然芝を敷く費用は1㎡あたり約1万円です。

 

庭の人工芝張りは1㎡あたり約2万円が相場です。

手入れは楽になるのが人工芝ですが、人工芝のデメリットに、価格の高さが挙げられます。

 

また、固まる土真砂土の施工は1㎡あたり1万円前後が目安です

 

樹木は一式5~10万円程度が目安です。

樹木があると四季を感じさせてくれ、シンボルツリーなどは人気です。また、好みに合わせ、花壇や家庭菜園などがあっても素敵な庭につながります。

庭作り」は、家の外観や街並みなどと調和を合わせながら行いましょう。

外構工事「物置・照明」の費用相場

画像提供:YKK AP

物置の費用は幅2m程度で10~20万円が相場です。

バイクが入るような大型タイプは50万円以上かかるものもあります。

照明・ライトの費用も約10〜20万円が相場です。

夜の防犯性が高まる他、雰囲気作りにもなります。門柱に照明がついた門柱灯などもあります。

\無料!簡単3分!/

 

外構工事「カーポート」の費用相場

画像提供:四国化成

カーポートの費用目安は約20~50万円です。

カーポートおすすめ2台用3台用」で紹介していますが、2台用で約20万円〜、3台用で約40万円〜です。

デザイン的にも機能的にも優れたものが様々あるので、お気に入りのカーポートを見つけて下さい。

 

なお、耐雪タイプや耐風タイプなどもあるので、地域特性に合わせた強度選びには注意するようにしましょう。

カーポートは台風の被害を受けやすいために注意が必要です。

 

なお、カーポートの上をバルコニーとして利用できる「カーポートバルコニー」と呼ばれるタイプもあります。

1台用で約120万円〜、2台用で約200万円〜と高価格ですが、憧れて施工する方も多いです。

 

特にウッド調で作られている場合は「カーポートデッキ」と呼ばれて、デザイン的にもより優れてきます。

 

太陽光パネルがついた、ソーラーカーポートは1台用で約150万円〜です。

 

また、家の1階部などを利用するビルトインガレージの費用は、約200万円~です。

 

また、電動シャッターの価格は約10万円〜です。

外構工事「フェンス」の費用相場

画像提供:リクシル

家のまわりを囲むフェンスは費用目安は約20~60万円です。

フェンスや塀があると、目隠し効果や、侵入しずらい防犯効果があり、また、敷地の境界を明確にしてくれます。

中でもメッシュフェンスは安価ながら耐久性があり、地面上からの設置費用の場合は1mあたり約1万円~です。

 

フェンス他にも、木材やアルミ製など多様な選択肢があります。家の外観の雰囲気や目的に合わせて選びましょう。

外構工事「塀・生垣・竹垣」の費用相場

目隠しを重視する場合は塀を作ります。

塀は作り方と距離にもよりますが、フェンスよりも予算高めで総額80~100万円程度の予算をみておくと良いでしょう。

ブロック積みの単価は、普通ブロックであれば安く1mあたり約1万円、化粧ブロックであれば1mあたり約2万円です。

 

また、生垣や竹垣を選ぶとやさしいさえぎりの目隠しとなります。

生垣も1mあたり約1万円ですが、緑化推進の観点で、地域行政で補助金が出る場合もあるので確認してみましょう。

また、もし擁壁工事が必要な場合、数百万円かかり、土地状況によるので業者見積が必要です。

外構工事「テラス」の費用相場

画像提供:リクシル

テラスとは、家から庭に張り出した台のような場所を指します。

ウッドデッキのリフォーム見積もり費用」は約20-30万円が中心価格です。

木のぬくもりがある天然木と、耐久性のある人工木の選択肢があります。

 

また、タイルでできたデッキの「タイルデッキの費用」は10㎡で約20-30万円です。

見た目に高級感が出る上に、コンクリートと同様に雑草にも悩ませられません。

 

庭をコンクリートにする費用は1㎡あたり約1万円前後が一目安です。

外構工事「サンルーム・ガーデンルーム」の費用相場

画像提供:三協アルミ

庭への「サンルームの後付け費用は約20万円台~で、50万円前後が相場です。

リビングと庭の行き来を行いやすいガーデンルーム呼ばれるタイプが増えています。

 

外構工事「ベランダ・バルコニー」の費用相場

画像提供:リクシル

ベランダを増築する費用は約15万円〜です。

 

また、ベランダ屋根の費用は約6〜20万円、です。

ベランダは2階だけでなく庭にも設置でき、洗濯物干しなどが便利になります。特に洗濯機が1階にある場合などは家事導線が便利でしょう。

 

なお、ベランダ・ウッドデッキなどが南向きで陽当たりがいい場合、アウターシェードスタイルシェードを設置すると、日よけになりつつ見た目的にもはえます。

外構工事「小屋」の費用相場

趣味や書斎スペースとしても使える、コンテナハウスの価格は約200万円〜です。

 

小屋のようなタイニーハウスは約100万円〜です。

 

\無料!簡単3分!/

 

外構費用「スタイル別」

外構工事の費用も左右する、外構のスタイルは大きく3つに分けられるので、参考把握して損はありません。

オープン外構

塀やフェンス、門を設置しない外構スタイルです。通気性・採光性がよくなりますが、防犯性は下がります。構造物が減る分、費用が安くなる傾向にあります。

クローズ外構

塀やフェンスなどの目かくしを設置する外構スタイルです。プライバシーが保たれ敷地内でくつろぎやすくなりますが、構造物が増える分、費用は高くなる傾向にあります。

セミオオープン外構・セミクローズ外構

オープン外構とクローズ外構の中間くらい、部分的に開放と閉鎖を取り入れたスタイルです。費用的に中間にあたります。

なお、外構工事にあたりもし測量が必要な場合、測量の費用は、現況測量で約10~20万円が目安です。

\完全無料!安心度1位/

 

外構費用「金額帯別」

外構工事で、200万円・300万円といった費用をかけた場合、どんな工事ができる?という一例をご紹介します。

外構工事の費用「200万円前後」で、より便利な庭・外構に。

外構工事で「200万円」をかけると、基本となる工事を一通り行った上で、より利便性を高める工事も行えます。

(内訳一例・単位:万円)

門柱 20
玄関アプローチ 20
駐車場コンクリート 30
カーポート 30
芝・植栽 20
目隠しフェンス 20
砂利・防草シート 25
物置 15
小計 180
税込合計 198

利便性を高めるカーポート屋根や、プライバシーを守るフェンスなど、より快適な庭作りにつながります。

外構工事の費用「300万円前後」で、より楽しめる庭・外構に。

出典:三協アルミ

300万円の予算がある場合、一つ一つの工事こだわりを加えるこたり、+αの工事も行いやすくなります。

(+100万円の工事例、単位:万円)

ガーデンルーム 60
タイルデッキ 30
小計 90
税込合計 99

実用性だけではない、楽しむ憩い場としての庭作りも行いやすくなります。

外構工事は、一度に全て行う必要が無い。段階的な工事も検討してみよう。

外構工事は、家作りと異なり、少しづつ取組んでいくことができます。

たしかにお金をかけるほど満足度が高い工事ができますが、予算が限られることも多いでしょう。そんな時は、必要な工事から取り組みましょう。

最初に全体像をイメージし下地作りをしておけば、後々追加工事も行いやすくなります。

\無料!簡単3分/

 

土地の状況でも変わる

外構工事の費用は、その土地の状況次第でも大きくかわることにも注意が必要です。

土地の高低差、広さ、形などです。

外構工事の費用は「土地の高低差」で変わってくるために注意!

外構工事の費用は、特に土地に高低差がある場合に費用が高くなります。

擁壁工事や、階段やスロープの工事などが必要になってくるためです。

土の流れを防ぐ擁壁は「高さが1m増えるごとに200万円増える」という目安報告もあり、500万円前後かかる場合などもあります。

外構工事の費用は「残土」の量によっても変わってくる。

外構工事の費用は「残土」の処分量によっても変わってきます。

残土の量も「土地の高低差」に大きく左右されます。残土処分は1㎥あたり約1万円前後かかり、総額で30万円以上かかることなどもあります。

また、処分場までの距離、トラックでの往復回数などにもよるため、早目の確認が必要です。

外構工事の費用は「土地の広さ」によっても変わってくるために注意!

外構工事の費用は、土地が「広いほど高くなる」点も注意しましょう。

コンクリート打ち、玄関アプローチ、人工芝などなど、何でも施行範囲が広い方が工事価格は高くなります。

たしかに、広い方が1㎡あたりの工事費は割安になりますが、総額が高くなることは避けられません。

外構工事の費用は「角地」など土地の形でも変わってくる。

外構工事の費用は、土地の「形」でも変わってきます。

例えば「角地」の場合、道路に接する面が多く人の目につきやすいため、目隠しのフェンスや塀の必要度が高まったり、工事内容へのこだわりが強くなるなどします。

通常より予算を多めにみて、早めに見積もりをとっておくと良いでしょう。

\無料!簡単3分!/

費用が足りない場合は

外構工事が対象のリフォームローン(エクステリアローン)を活用する方法も。

あらゆる対策を行った上で、それでも費用が足りない場合は「ローン」を使いましょう。

外構工事は原則として住宅ローンには組み込めません。その変わり、リフォームローンやエクステリアローンがあります。

例えば、イオン銀行なら最大500万円(最長10年払)、八十二銀行なら最大1,000万円(最長20年払)のローンがそれぞれあります。

業者によって利用できるローンが異なるため、まずは相談を。

ローンを利用した外構工事については、まず、地元の外構業者に相談を行って下さい。

なぜなら、各業者ごとに提携しているローン会社が異なるためです。自分で先にいろいろ調べてもあまり意味が無いのです。

外構業者に、ローンでの支払い計画も含めて見積もりプランを依頼してみましょう。

タウンライフなら、ローン払いでの外構見積もりの相談も無料で行っています。

ローン払いでの外構工事プランの無料相談詳細へ>>

 

 

また、外構工事は、花壇・植栽など簡単なものはDIYで安くしよう。

外構は、簡単な工事ならDIYすることで、価格を抑えることにつながります。

特に、花壇、樹木などガーデニング・植栽まわりです。ホームセンターなどで好みの植栽を購入し、少しずつ自分で植えて行ったり、花壇を整えていくと良いでしょう。

「小さいもの」「ホームセンターでも買えるもの」であれば、DIYも検討してみましょう。

外構工事を「すべてDIY」するのは、とても大変。

なお、外構工事は、内容によってはDIYは、大変だったり危険なため、よく検討しましょう。

例えば、コンクリート打設は素人には難しいですし、カーポート設置などは施行が不十分だと事故にもつながりかねません。

いくら価格を抑えたくても、難しい工事はプロの専門家に任せるべきです。

 

外構を安くするコツ・方法(おわりに)

外構工事は、外構専門会社に任せることで、ハウスメーカー依頼より約2割安くなります。

また、工事費が高いコンクリート工事を減らしたり、開放的なオープン外構にすることで安くできます。

資材は安いものを選び、花壇など簡単な内容はDIYなども行うようにしましょう。

特に、外構の複数社の相見積もりは大切です。同じ工事でも、業者によって価格は異なってきます。

価格が安く、腕もよく、相談しやすい業者を探してみましょう。

外構工事が安い!タウンライフ

外構工事の見積もり・プラン作成を無料で気軽に行えるのが「タウンライフ」です。

プロの専門家に、あなたが希望する工事の、アイデア・アドバイスをもらえ、プランを作ってもらうことができます。

タウンライフは、利用満足度1位・利用安心度1位で、これまで100万人以上が利用してるサービスです。

無料で約3分で依頼できるために、今するチェックしてみて下さい。

\無料!簡単3分/

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

外構工事について知ろう!

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

新築の外構作りが不安な方は、新築・外構で失敗・後悔しない

 

(参考)外構工事を安く!他のサイトの記事

新築の外構工事で失敗しない3つのポイントまとめ

外構工事をどこに頼むのか

外構工事で失敗しないポイントは?

簡単DIY 外構費用を数十万安くするコツ

家だけじゃない。

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!