土間コンクリート打ち(打設・舗装)単価・費用って気になりますよね?

できることなら、安くコンクリート打設をしたいものです。

土間コンクリートの単価・費用は、地域や施行内容によっても異なってきます。

業者をしっかり比較し、手抜き工事や、割高な工事を避ける必要があります。

この記事では、土間コンクリートの単価・費用と施工についてご紹介します。ぜひ、じっくり読んで適切な工事につなげてください。

土間コンクリート打ちの単価・費用。打設の価格値段相場【重要点・1分まとめ】

この記事でご紹介する、土間コンクリートの単価・費用の情報を、エッセンスを濃縮して1分でご紹介します。

まずここだけ読めばポイントを抑えられます

平米単価・費用価格相場

土間コンクリート打ち(打設・舗装)の単価・値段はいくら?

土間コンクリートの単価、値段は、あなたが施工する地域・場所の状況や、どのような施行を行いたいかによって変わってきます。

結論としては、あなたが実際に地域の業者に相見積もりをとって具体的に確認する必要があります。

土間コンクリートで、9月は見積もりのチャンス!

コンクリートなど外構工事で、9月は「見積もりが安くなりやすい、工事プラン検討のチャンス時期」です。

9月が決算期でディスカウントする業者も多いため、また秋に向けたキャンペーンなども始まるためです。今見積もりをとれば、穏やかな秋の季節のうちや年内に工事をする事もできます。

もし希望の工事をまだ迷っていてもまず見積もりだけ、今すぐとっておくと得」ですよ!

土間コンクリートを安く

また、安さを目指して価格を下げるには、外構業者の見積もり比較は一番重要、かつ基本となる大前提です。

業者により、職人費用材量仕入れ値などが異なり、同じような工事でも費用に差がでます。

いろいろなプランを集めることで、よい検討材料になり見る目も養われます

3社以上の見積もり比較は、外構工事を安くする方法・コツでもあります。

土間コンクリート打ち(打設・舗装)で、費用の業者見積もりは必須。でも、大変です。

土間コンクリートの具体費用を把握し、また安くするためにも、外構工事の見積もりが必要です。

しかし、見積もり比較の業者選びは、普通に行おうとすると膨大な手間が発生します。

【1】 業者候補リストアップ
【2】 安心な業者か評判口コミ調査
【3】 コンクリート工事を行っているか候補各社への電話確認 などです。

土間コンクリート打ちの単価・値段「一括比較」なら手間がかからない。

土間コンクリート打ちで優良な外構会社を探すには「一括比較」が時間もかからず確実な方法です。

一括比較では、厳正な審査を通過した外構業者のみ登録が認められていて、紳士的に対応してくれます。

【完全無料】利用満足度No1の「タウンライフ(外構特集)

土間コンクリート打ち(打設・舗装)は、一括比較見積りの利用で価格を抑えることにつながります

特に「外構工事」に特化し「利用満足度1位」に選ばれているのが、タウンライフ(外構特集)です。

リフォームサイト3部門でNo1

タウンライフは、3部門で「リフォームサイトNo1」に輝く見積り比較サービスです。

3冠の中には「利用満足度」や「サイト利用者安心度」が含まれ、コンクリート工事に少しでも興味がある方は、今すぐ利用しないと損です。

全国約万を超える施工店の中から、厳格な審査を通過した優良約300社が参加しています。

見積もり・プラン比較に便利

タウンライフでは、土間コンクリート工事で「見積もり」の他、「工事プラン」や「アイデア・アドバイス」が手に入ります。

具体的な単価・費用が分かる上に、あなたが希望する工事のプラン案も無料で比較できます。

各プランは「オンライン一括見積もり」から依頼できます。

たしかに、事前の登録に約3分が必要になってしまいます。

しかし、無料で気軽に利用でき、「利用満足度No.1」の見積もり比較のため、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


土間コンクリートのプラン作成よくある質問

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフ外構は、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じでコンクリート工事を検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\無料!約3分/

 

 


土間コンクリートを、我が家も採用しました

我が家の庭作りでも、費用の安さから一部をコンクリートにしました。

玄関アプローチとカーポート2台用兼ねたスペースです。玄関アプローチにあたる場所は、職人さんがレンガ・タイルを埋め込んでの模様を作って下さりました。

コンクリートでも、デザインに一工夫を加えた加工も相談できるものです。

駐車場スペースは2台分ですが、植物の目地スペースを車と車の間に入れて、区切りを分かりやすくしています。

砂利の駐車場と比べても、コンクリートだと車からの乗り降り時に足元が安定します。

土間コンクリート打ち(打設)プラン無料作成は、利用実績も多くて安心

コンクリート施行のプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、施工例なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

専門家に、まずプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「庭のコンクリート施行に少しでも興味がある方」なら、今すぐ利用しないと損なサービスです。

詳細はこちら>>>

 

 


以上で【重要点のまとめは終わり】です

もしこの記事を気に入っていただけたら、LINEで家族やお友達などにもご紹介下さいね。

大工の梁大工の梁

ぜひ、コンクリートで便利・素敵なお庭を実現して下さい!

以下は補足です。ここまでの内容と一部重複し、全体の読了目安は約10分間です。

土間コンクリート打ち単価費用の内訳【以下、補足】

土間コンクリート工事の見積もりを既にもらっている!」

そんな方は「見積もりの内訳」を確認していきましょう。

コンクリート工事の作業項目別の内訳目安をご紹介します。

単価内訳と9の作業工程

土間コンクリートの単価内訳を、9の作業工程と合わせて紹介。

土間コンクリートの施工には約9の作業工程があります。その必要工程と、各作業単価を、単純化したイラストと合わせてご紹介します。

①「水盛り・遣り方(みずもり・やりかた)」単価が、1式 約3,000~5,000円が目安。

まず、土間コンクリートの正確な位置を出す作業「水盛り・遣り方」を行います。

高さ・水平さなどに関わる、とても大切な作業工程です。

最近ではレーザーを使って垂直・水平を出すことも多いですが、昔ながらの方法としては、水を入れた透明なチューブを使い水平を確認していきます。この方法を「水盛り」と言います。

水平を確認したら、水糸をはっていき印とします。

②「掘削・すきとり」単価が、1㎡あたり約400~1,200円が目安。

続いて、コンクリート厚みの分、土や砂・石を薄く平らに取り除く「掘削・すきとり」を行います。

もし狭い範囲であればスコップでもできますが、ある程度の広さがある場合が多くなってくるため、ユンボやショベルカーなどを使います。

③「残土処分費」単価が、1㎥あたり約1,000〜8,000円が目安。

掘った土は、ダンプなどにつみ運び、法令に則り残土処分場で処分します。

「残土処分費」には、ダンプの費用、運搬する人件費、処分場での費用の3つがかかってくるのです。

コンクリート施工する場所から処分場までの距離交通状況その地域での処分場の価格などにより価格は変動します。

「1㎥あたり」ではなく「トラック1台あたり」の金額で価格が算出される場合もあります。

\無料!約3分/

 

④「砕石敷き・転圧」単価が、1㎡あたり約500~1,500円が目安。

掘削が終了した後は、砕石(さいせき:岩を小さく砕いたもの)を、約5㎝~10cm程度敷きます。

砕石を敷には、コンクリートが土に直接接しないように、コンクリートの底を保護する目的があります。

使用する量は、駐車場1台分のスペースあたり、2トントラック1.5台分にもなります。

そして、転圧(てんあつ:機械で叩いて固めること)を行い、砕石を固め、地盤が沈まないようにします。

⑤「土間枠・型枠処理」単価が、1mあたり約500~1,000円が目安。

転圧の後は生コンクリートを流す時にせき止めるための枠を、周囲に設置します。

抜き板やコンパネと呼ばれる板を使い、施工するコンクリートの形状に枠を設置していきます。

コンクリート枠を曲線にする場合は、曲線を描きながら枠を設置します。

⑥「鉄筋敷設」単価が、1㎡あたり約1,000~5,000円が目安。

コンクリートのひび割れ防止・強度補強のために鉄筋を張り巡らせます。

この鉄筋は「ワイヤーメッシュ」や「溶接金網」などと呼ばれる細いタイプもあり、縦・横の網目状に組まれています。

コンクリート上に重いトラックなどを乗せる場合は「太い鉄筋」を入れ、乗用車の駐車場程度であれば「細いワイヤーメッシュ」を入れます。

なお、鉄筋を適切な高さに設置するために、ブロック用具が使われます。

太さや、施工業者の仕入れ量の状況などにより、単価に差が出てきます。

\満足度1位/

 

⑦「生コン打設」単価が、1㎡あたり約3,500~6,000円が目安。

いよいよ、生コンクリートを流し込んでいきます。

コンクリートミキサー車やトラックで運搬したものを、約10cmの厚みが出るように流し込みます。

もし安すぎる場合、この厚みが足りていない場合があります。駐車場用途の場合は最低で7㎝以上の厚みmがあるよう注意をして下さい。

なお、雨水が溜まらないように傾斜を約2~3%つけます。例えば5メートル位のコンクリート打設の時に、15㎝前後の高低差が必要になります。

⑧「͡コテ仕上げ」単価が、1㎡あたり約500~1,000円が目安。

コンクリートを流し込んだら、コテで平らにしていきます。

大変な作業になりますが4回・5回などと何度も丁寧にならすことで、コンクリート表面が滑らかに仕上りがよくなります。凹凸がないことで、雨水が溜まることを防ぐことにもつながります。

逆に、滑り止めとして「刷毛引き」というホウキで掃いたようなザラザラとした仕上りにする方法もあります。

⑨「重機搬入・搬出」単価が、1式20,000~30,000円が目安。

1~3日程度たち、コンクリートが固まったら、型枠を外して周囲の土をならして完成です。

1週間ほどたつと、駐車場としての利用も開始できます。

なお、今回、掘削などで利用したユンボやショベルカーなどの搬出にも費用が掛かっています。

\安心度1位/

 

土間コンクリートの単価内訳【まとめ】

土間コンクリートの内訳をあらためて記載すると次の通りです。

※@=1mや1㎡や1㎥あたり。

水盛り遣り方 3,000~5,000円
掘削すきとり @400~1,200円
残土処分 @1,000~5,000円
砕石・転圧 @500~1,500円
土間枠 @500~1,000円
鉄筋敷設 @1,000~5,000円
生コン打設 @3,500~6,000円
コテ仕上げ @500~1,000円
重機搬入出 20,000~30,000円

合計:1㎡あたり約8,000~12,000円程度がまず一目安です。

高い場合(地域・時期・業者):1㎡あたり約10,000~18,000円です。

外構で駐車場コンクリートなら、車1台約15㎡で約15万円〜が一目安です。

 

広さが狭かったり、強度を増すための「鉄筋」を入れることで費用は高くなります。逆に、駐車場なら「タイヤが乗る部分のみコンクリートにする」と安く施工できます。

ただし、土間コンクリート打ちの実際の価格を知るには、「あなたの希望と、施工場所の状況に合わせたプラン作り」が必須です。

どのような施行を行いたいかや、あなたが施工する地域・場所の状況によって、価格は変わります。

質の低い工事を避けるため『安かろう悪かろう』も避けるべきです。「高くなるかもしれない」と思い見積りを取ると良いでしょう。

\無料!気軽!/

 

無料で、土間コンクリート打ち(打設)のプラン一括比較ができます。

タウンライフでは「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルの土間コンクリート施工プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなく簡単にプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的な内訳を含め分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずは自宅・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフは、コンクリート施工をまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

詳細はこちら>>>

 

 

土間コンクリート打ちの単価費用の調整点

土間コンクリートの単価は、もっと下げることはできないのでしょうか?

工夫できることを4つご紹介します。

土間コンクリート単価を下げるには、① 本当に必要な場所のみコンクリート量を増やす。

画像提供:LIXIL

土間コンクリートの施工単価を最も左右するのはコンクリートの使用量です。

そして、コンクリートを丈夫にしようとするほど厚みが必要になり、使用量が増えます。

そこで、用途が駐車場であれば確かに厚みが必要ですが、人が歩くだけの場所を薄くすることで、費用を抑えることに繋がります。

なお、駐車場用途でも一般の乗用車であれば厚みは10cm程度でよく、もし、15㎝〜20㎝など厚みがある場合は、不必要に頑丈にしすぎている場合があります。

見積もりの段階、及び施工時にで、コンクリートの厚みについて確認してみましょう。

土間コンクリート単価を下げるには、② シンプルなデザインを。

土間コンクリートは形状がシンプルなほど施工の手間も減り、単価を下げることにつながります。

飛び石などのようにしない方が安くすみます。また逆に、飛び石のようにコンクリート平板を使う方法もあります。

\無料!約3分/

 

土間コンクリート単価を下げるには、③ 残土を知人に譲るなどする。

土間コンクリート施工時に出る「残土」は通常、ダンプなどで運び処分場などでの廃棄が必要です。

ここで、もし例えば、近所で土が欲しい人を探し、軽トラックで自分で運ぶなどすると費用をうかせることができます。

また、適した場所があれば、自宅敷地内で処分できるとなお楽でしょう。

土間コンクリート単価を下げるためにも、プランの比較の相見積もりをしよう。

土間コンクリートご検討時に「あなたに合わせた情報を比較して選ぶこと」は最重要です。

その手段として必要なことが「相見積もり」です。

土間コンクリートのプランや金額など全ての情報があなたに合わせた形で具体的になりますし、各社の特徴が分かります。

相見積もりは、プランを洗練することもできる効果的な手段であり、確信を持った業者選びにつながります。

特に、価格を下げるためにも、外構施工業者のリフォーム見積もり比較は最重要、かつ基本となる大前提です。

業者により、提案される材料のグレード仕入れ値などが異なり同じ工事でも費用に差がでるためです。

\無料!約3分/

 

 

土間コンクリート打ち(打設)で「タウンライフ」が選ばれる理由

コンクリート施行の検討開始に、タウンライフが選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切なコンクリート施行プランが届きやすいです!

③ 施工が前進する
希望のコンクリートのプランや費用を簡単に集められることで、施工の良いスタートがきれます!

コンクリート施行は、雑草対策が楽・駐車場として最適です。思い立ったが吉日ですよ。

土間コンクリート打ちプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフを利用して良かったと感じております。

タウンライフは、コンクリート施行のアイデアが欲しい方にとって、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 

土間コンクリート打ちの単価費用以外の基本補足

ここで、本来とは順番が逆になってしまいますが、あらためて土間コンクリートとは何か、そのメリットをご紹介します。

土間コンとは・メリット

画像提供:LIXIL

土間コンクリートとは、地面に流し込んだ平らなコンクリート

土間コンクリートとは、地面に平らに施工するコンクリートのことです。

なお、土間とは本来「屋内」で床板がなく、地面がそのままにしてある部分を指します。庭にコンクリートを施工すると色々なメリットがあります。

土間コンクリートなら、車が通行できるほど、耐久性がある。

土間コンクリートは、重さに耐えることができる耐久性があります。車の重量に耐えることができます。

(例えば、固まる土の駐車場は、一般的に耐久性が弱いです)

カーポートやカーポートバルコニーカーポートデッキ)はアスファルト舗装より、コンクリート打設が良いです。

土間コンクリートなら、雑草が生えなくなる。

庭の一番の悩みといえば「雑草対策」です。例えば、芝生の庭でも(人工芝の庭でも)、ウッドデッキにしてもデッキ下には草が生えてきます。

しかし、土間コンクリートやタイルデッキで地面を覆えば、雑草に悩まずに済みます。

\無料!約3分/

 

土間コンクリートなら、アスファルトと比べて温度上昇が軽減される。

土間コンクリートとよく比較されるのが、アスファルトですが、土間コンクリートの方が、夏場の温度上昇を抑えることができます。

土間コンクリートなら、足元が汚れない。

また、土間コンクリートであれば、庭に砂利敷きや土の地面と異なり、足元も汚れません。来客などにとっても嬉しいでしょう。

土間コンクリートなら、車椅子でも走行しやすい。

また、車いすを使う方がいらっしゃるご家庭の場合、その通行も行いやすくなります。

\無料!約3分/

 

土間コン施工時の注意点

土間コンクリートは、膨張するので目地などを入れる。

土間コンクリートは温度変化で膨張・収縮しますし、固いためひび割れにもつながります。

そのために「目地」と呼ばれる溝・隙間部を設けるようにします。目地に植物を植えることで、デザイン性も向上します。

土間コンクリートは、殺風景にならないように仕上げ材を変えるなどする。

土間コンクリートは、シンプルに仕上げると安い費用で工事ができ、シンプルであることで例えば門柱・機能門柱やフェンス(メッシュフェンスなど)・ブロック塀ともデザイン的に合いやすいです。

ただし、シンプルすぎでも殺風景になりかねません。

一部だけでも、仕上げ材を変えるなどすると、見た目にも良くなります。

土間コンクリートは単価が、高すぎ・低すぎのどちらも注意しよう。

土間コンクリートの施工単価は1㎡あたり約1万円前後が目安です。1㎡あたり、安い場合で約8,000円程度、高い場合で1万8,000円程度です。

もし、それより安い場合は、コンクリートの厚さが足りなかったり、鉄筋が入っていないなど手抜き工事の可能性があります。

また、逆に見積もりが高すぎる場合は、どこか安くできる箇所があるかもしれないので、確認するようにしましょう。

\無料!約3分/

 

 

土間コンクリート打ちの単価・費用。打設の価格値段相場(おわりに)

土間コンクリートの単価、値段は、あなたが施工する地域・場所の状況や、どのような施行を行いたいかによって、価格は変わってきます。

土間コンクリート単価を下げるためにも、プランの比較の相見積もりをしましょう。

\無料!簡単・気軽!/

 

 

土間コンクリート打ちプラン相談・成約でプレゼントがもらえます。

タウンライフで「無料相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

また、タウンライフを介してサンルームのリフォーム成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

詳細はこちら>>>

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

土間コンクリート以外の記事も、合わせて読んでみよう!

● 外構工事について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

新築の外構作りが不安な方は、新築・外構で失敗・後悔しない

 

● コンクリートなどについて知ろう!

庭をコンクリートにする費用

土間コンクリートの単価

外構 駐車場コンクリートの費用

コンクリート平板の価格

アスファルト舗装の単価

庭・外構に砂利敷きの価格

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!