真砂土の価格・単価は、地域や、引取り・受渡し方法、種類によって変わるものです。

しかし、真砂土の価格・単価は、西日本では、2トン車1台分もの量で約3,000〜4,000円程度の地域も多く、とても安いです。

安い上に、見栄えもよく、庭や造園などで使いやすい真砂土の価格や特徴・種類」について、ご紹介します。

真砂土の価格と舗装【重要点・1分まとめ】

この記事でご紹介している「真砂土の価格や特徴」の情報からエッセンスを濃縮して1分でご紹介します。まずはここだけ読めば大丈夫です!

真砂土は、安価なのに見栄えが良く、庭や造園などに扱いやすく、西日本中心に利用される。

真砂土とは、花崗岩が風化した土のことで、西日本の山で採取されます。

とても安価ながら薄い茶色で見た目にも綺麗で、西日本では庭の敷き土や園芸用土、グラウンドなどに幅広く利用されます。

真砂土は、1㎡の施工につき約80kg必要。(例:20㎡なら約1,600kg必要)

真砂土は約4〜5㎝の厚みで敷きます。この時に必要となる量は、1㎡あたり約80㎏です。

例えば、10㎡の施行なら約800㎏、20㎡の施行なら約1,600kgの量が必要になります。

真砂土の価格は、2トン車1台(実際には約1,500kg)で、約3,000〜4,000円が一目安。

西日本では、真砂土が取れる採石場まで行けば、2トン車に積める量(約1.5トン)で約3,000〜4,000円程度で購入できる地域も多いです。

もし、配達依頼する場合は、採石場がある場所の隣接市町村の場合に、距離や量に合わせて、別途約1,000〜5,000円程度で行ってもらえる場合が多いです。

真砂土の価格「袋入り」なら、20kgで約200〜400円が一目安。

真砂土(18kg/ポリ袋)10袋セット マツモト産業

真砂土を少量で購入する場合は、20㎏入りの袋で約200〜400円が一目安です。

ただし、採石業者の現場で購入した場合の価格です。もし、インターネットで購入すると送料込みで約2,000円前後/20kg(≒1㎡の施行量で約8,000円前後)になる場合もあります。

真砂土を用いた、庭の施工をプロに依頼なら、8,000〜12,000円/㎡が一目安。

真砂土の施行は、必要な量も多く重労働になります。また、雑草対策(事前の草刈りや叩き固め)や水はけ対策(傾斜付け)にも慣れが必要です。

真砂土施工をプロの業者に依頼する場合の費用は、約8,000〜12,000円/㎡が一目安です。

特に、採石場が遠い市街地や東日本にお住まいの方などは、真砂土をネット購入する価格と同じ位の価格で、プロに施工依頼できてしまう場合があります。

真砂土の価格は地域によって差があるために、地元業者への確認が必要。

真砂土の価格は、地域によって大きく変わります。

採石場が少ない地域や、大都市地域東日本などでは価格も高い場合もあり、安い地域と比べて価格が約4〜5倍程度になる場合もあります。

そのため、あなたが住む地域での「真砂土の価格」を確認しないことには正確な価格は分からないのです。

真砂土の見積もりは「初夏」の今が年に1度の大チャンス!!

真砂土など外構工事で、初夏(5-6月頃)は「見積もりが安くなりやすい、工事プラン検討のチャンス時期」です。

理由は、3月までの決算期が一段落して外構会社は受注が減り、価格面の相談・交渉が行いやすくなるためです。

また、4月新年度の各メーカーカタログ更新旧モデルの在庫処分・値引きもあり、新年度で補助金も利用しやすくなります。

もし希望の工事をまだ迷っていてもまず見積もりだけ、今すぐとっておくと得」ですよ!

真砂土の販売元・施工は

「真砂土」の、地元での価格・プロへの依頼価格を調べるには

地元で「真砂土」購入をしたり、真砂土施工をプロに依頼するには、砕石業者や外構業者への見積もりが必要です。

しかし、1社しか価格を調べないと困る場合があります。

1社しか見積もりを取らないと困る点
● 適正な地元の価格なのかが分からない(中には、高額請求する悪徳業者も・・)
● 施行の案やプランが十分に膨らまない・・・
 販売担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

外構業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしない設置をしたいですよね。3社以上の見積もり比較は、外構工事を安くする方法・コツでもあります。

真砂土の価格比較の業者探しも大変

でも、価格比較にも、意外に大変な面もあります。

複数社に相見積りを取る時に大変な面
● 価格比較する外構業者・採石業者を自分で何社も探すのは大変・・・
● 複数の会社に対して、実際に確認することが大変・・・
● 購入しない場合に、 少し気持ち的に断りづらい・・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変ですよね。

でも、大丈夫!

真砂土の購入や施工依頼で地域の優良業者を30秒で簡単にチェックする方法

ここで、あなたがお住まいの地域で、「真砂土」の購入や施工依頼に適した業者の最有力候補を(登録なしで)約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。

『タウンライフ外構』という冠に輝く住宅・外構サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある住宅・外構会社」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

(そのため、腕が悪い業者や、悪徳業者などにひっかかる心配もありません

『タウンライフ外構』では、どの業者も工事の質や技術も高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単30秒チェックの流れ
【0】『タウンライフ外構』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】外構プランの作成」を押す
【3】希望箇所外構」を選択
【4】予算~100万円など選択
【5】(重要)他の入力項目を飛ばし画面の下の方まで行く

~5を順に行い表示されるのが、あなたが住まいの地域の「真砂土」の購入・施工に適した業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフ外構を、今、約30秒ほどでご確認下さい。

\簡単30秒!優良施工業者を確認/

 

 


「真砂土」の購入やプロの施工が最大40%オフ

『タウンライフ外構』では、気になる全ての優良会社に、「あなたの希望やこだわり、予算に沿った真砂土の商品・施工プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的な内訳を含め分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・工事・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずは自宅・自分の希望に合う具体的なプランを知ることは大事です。

タウンライフ外構では複数社のプランを一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて後々とても楽です。

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

 


真砂土の商品・施工無料プラン作成 FAQ

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフ外構は、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じで真砂土の施行を検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!安心度1位/

 

 


以上で1分まとめは終了しました。

もしこの記事を気に入っていただけたら、LINEで家族やお友達などにもご紹介下さいね。

大工の梁大工の梁

ぜひ、真砂土で快適なお庭を実現して下さい!

庭作りを色々楽しみたい方は、外構工事の費用相場の記事も参考になります。

 


以降は、真砂土に関してここまでご紹介した内容の詳細補足です。

真砂土の価格・単価

それでは、真砂土の価格・単価について、あらためてより詳しくご紹介します。

真砂土は、1㎡の施工につき約80kg必要。(10㎡なら約800kg必要)

真砂土の価格を知る前に、真砂土の必要量を把握しましょう。

真砂土は約4〜5㎝の厚みで敷きます。この時に必要となる量は、1㎡あたり約80㎏です。

「あなたの施行予定面積(㎡)×80㎏」で必要量を算出しましょう。

真砂土の価格は、2トン車1台分(約1.5トン=約1,500㎏)で設定されている事が多い。

真砂土の価格は、トラックのサイズで設定されている場合が多く、特に「2トン車1台分」で設定されていることは多いです。

この時に、実際に入る量は約「1.5トン≒ 約1,500Kg ≒ 約18㎡に施工できる量」です。

真砂土の価格は、約3,000〜4,000円/2トン車が一目安

「採石場に引き取りに行く場合」の「2トン車1台分の価格目安」をご紹介します。

真砂土の価格は「約3,000〜4,000円」が一目安です。

ふるいにかけられて小石・粒などが取り除かれた良質な真砂土である、おろし真砂(ふるい真砂)の場合は約2倍の「約6,000〜9,000円」が目安です。

真砂土の価格は、配送依頼するのであれば、+3,000〜5,000円程度が一目安。

真砂土を、自宅などの施工現場まで「配送してもらう場合」には、2トン車の場合で、別途約3,000〜5,000円程度の配送料が目安です。

採石場と同一市町村の場合に約3,000円前後、隣接した市町村などの場合に約4,000〜5,000円などです。

ただし、真砂土の価格は地域差があり、約20,000円/2トン車になる場合も。

ここまでご紹介した真砂土の価格は、あくまで一目安であり、実際には地域により大きく異なる場合もあります

特に、真砂土は西日本で採れる土/砂のため、東日本では割高になる傾向があります。

また、西日本でも、福岡などの大都市でも価格が高い場合があり、中には「約20,000円/2トン車1台」近くなる業者もあります。

真砂土の価格は、地元業者への確認が必要。

真砂土の価格は、地域によって異なるために、必ず地元の外構業者や砕石業者への確認が必要です。

タウンライフ外構なら、地元の優良業者に無料で見積もりを依頼することができます。

\完全無料!安心度1位/

 

真砂土の価格、【少量】なら、袋入りなら約20kgで、約200〜400円が一目安。

真砂土(18kg/ポリ袋)10袋セット マツモト産業

真砂土を少量を採石場で購入する場合は、20㎏入りの袋で約200〜400円が一目安です。

ただし、インターネットで購入すると送料込みで約2,000円/20kg近くにもなります。

これは、1㎡施工する分量の真砂土の購入に約8,000円近くかかることになります。

楽天で「真砂土」商品の検索結果一覧へ>>

なお、ECサイトで「真砂土」を検索すると、「固まる土」の商品が出てくる場合があります。

固まる土は、真砂土にセメントを混ぜて、簡単な施工で固まりやすくしている商品のことです。

真砂土を用いた「庭の施工」までの依頼は、1㎡あたり約8,000〜12,000円程度が一目安。

真砂土施工をプロの業者に依頼するという方法もあります。

真砂土の施行は、必要な量も多く重労働になります。また、雑草対策(事前の草刈りや叩き固め)や水はけ対策(傾斜付け)にも慣れが必要なため、プロに頼むと安心できます。

業者依頼の場合の費用は約8,000〜12,000円/㎡が一目安です。

特に、採石場が遠い市街地や東日本にお住まいの方などは、真砂土をネット購入する価格と同じ位の価格で、プロに施工依頼できてしまう場合があります。

ただし、施工面積が狭い場合は単価が高くなる場合もあるために見積もり比較の上で業者選定をすると良いでしょう。

「真砂土」施工プラン無料作成は、利用実績も多くて安心

真砂土施工プラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「真砂土施工に少しでも興味がある方」ならば、タウンライフ外構今すぐ利用しないと損なサービスです。

\満足度1位!100万人以上が利用/

 

真砂土とは

ここからは、真砂土についてあらためてご紹介します。

真砂土は、関西以西の山で採れる花崗岩が風化してできた土。

さば土(まさ土) 20kg(13L)【放射線量報告書付き】【プロの造園・エクステリア業者様も使用している商品です!】

真砂土は、西日本の山でとれる花崗岩が風化してできた土です。

風化すると、粘土と硬い部分が残るのですが、固い部分のことです。

真砂土は、安価なのに見栄えが良く、庭や造園などに扱いやすく、西日本中心に利用される。

色々な庭の敷材(芝生砂利アスファルト舗装など)と比べて、真砂土を利用した施工は安い傾向にあります。

加えて、見栄えもいいことから、西日本を中心に庭造りやグラウンドなどに利用されています。

真砂土が使われるのは、質に合わせて、庭のガーデニング・化粧土、グラウンド、など様々。

真砂土は、もとの花崗岩の質によって、品質に違いがあります。

「粘土質が低く、水持ち・水はけが良いもの」は、ガーデニング・園芸用土・化粧土などとして利用されます。

「砂粒が細かいもの」は、敷き土として、運動場グラウンドやテニスコート、道路の路床材などとして利用されます。

メリット・デメリット

真砂土のメリット・デメリットについて、もう少し詳しくご紹介します。

真砂土は、価格が安い。(メリット)

まず第一に、真砂土は価格が安いです。

西日本では、真砂土が取れる採石場まで行けば、2トン車に積める量(約1.5トン≒約18㎡に施工できる量)で、約3,000〜4,000円程度で購入できる地域も多いです。

真砂土は、見た目がいい。(メリット)

真砂土は、安いながら見た目が良い点で選ばれやすいです。

薄い茶色で見た目が綺麗で、また、栄養価が低く、雑草も生えてきずらいです。

真砂土は、水はけ、水持ちのバランスがいい。(メリット)

また、真砂土は、水はけがよく吸水性があるために、水たまりになりにくいです。

庭で利用する時、土だと雨天時に泥になり歩きづらいですが、真砂土であればその心配が軽減されます。

一方で、水もちもよく、園芸用に利用することもできます。

真砂土で、粘土分が多いものは、通気性や水はけが悪いので注意(デメリット)

真砂土は、粘土分が多いものの中には、水はけ・通気性が悪いものもあります。

その場合、園芸用で利用する時には、堆肥や腐葉土を入れて改良するなどして使います。

\満足度1位!100万人以上が利用/

 

真砂土の施工で「タウンライフ」が選ばれる理由

真砂土の施工検討開始で、タウンライフ外構が選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括見積り依頼できる
複数の施工会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時に見積もり・プラン依頼することで、希望や要望に合わせた適切が届きやすいです!

③ リフォームが前進する
希望の真砂土施工のプランや費用を簡単に集められることで、施工の良いスタートがきれます

\完全無料!安心度1位/

 

真砂土と他の方法との比較

庭作りで、真砂土以外に候補として挙がる、芝生アスファルト舗装、砂利などとの違いをご紹介します。

真砂土は、人工芝と比べると耐用年数が長い。

「人工芝」と比べた場合の真砂土の利点は、「長く使える」点です。

庭に人工芝を敷く場合、一般的な商品となると約7〜10年で寿命がきて、取り換える必要が出てきます。

一方で、真砂土は約15〜20年ほどと、約2倍にわたる期間利用し続けることができます。

 

また、真砂土には天然のような手入れ(雑草刈り・水やりなど)の煩わしさもありません。

真砂土は、アスファルトやコンクリート比べると、見た目が馴染む。

アスファルト舗装庭にコンクリートと比べた時の真砂土の利点は、「見た目が庭や自然に馴染むこと」です。

アスファルトやコンクリートは、スタイリッシュながらも人工的で無機質な見た目にもなりかねません。

 

しかし、真砂土では明るい土色のために、自然に溶け込み、庭作りする上で使いやすいのが良いところです。

真砂土の他に、砂利や砕石という選択肢も。

庭への砂利敷きと比較しても、真砂土は、見た目の自然への馴染みやすさに優れます。また、サラサラしていて施工も行いやすいです。

 

しかし、一方で、「雑草対策」という点では、真砂土よりも、事前に固く転圧する砂利敷きの方がすぐれます。

砂利でも、真砂土でも、事前に「防草シート」を敷いておくことで、雑草の抑制につながります。

\満足度1位!100万人以上が利用/

 

真砂土の施工は、外構&お庭工事の専門サイトで

真砂土の施工を専門業者に依頼すれば、雑草対策や水はけ対策などに、より安心がうまれます。

真砂土の施工依頼に便利なのが「タウンライフ外構」です。

完全無料で、あなたオリジナルの施行プランと見積もりを作成を作ってもらうことができるため、今すぐ利用して損はありません。

\完全無料!満足度1位/

 

真砂土の種類

ここで、真砂土の種類についてご紹介します。

真砂土「鬼真砂」は、やや粗目で、園芸用などに使われる。

真砂土の中でも、小石が少し混じるなど、やや粗い目をしたものが「鬼真砂」です。

しっとりとした質感で、家庭菜園や畑、園芸用などに使われます。真砂土の中でも、価格が比較的安価です。

真砂土「おろし真砂(ふるい真砂土)」は、グラウンドなどに使われれる。

一度、フルいにかけて、小石など粒が大きなものを取り除いたものを「おろし真砂(ふるい真砂)」と言います。

細かいために締まりがよく、学校のグラウンドや、野球場・テニスコートなどの他、ガーデニングなどで利用されます。

真砂土「化粧真砂」は、化粧材として見た目も美しい。

化粧真砂は、フルいにかけ粒が大きなものを取り除き、より上質・良質なものを「化粧真砂」と呼ぶ場合もあります。

粒が小さいものは、庭や造成地、路材などとして利用し、粒が少し大き目なものはグラウンドなどに利用します。

\満足度1位!100万人以上が利用/

 

真砂土施工プラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた施工会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフ外構を利用して良かったと感じております。

\完全無料!満足度1位/

 

真砂土舗装の流れ

最後に、真砂土舗装を行う流れをご紹介します。

真砂土にセメント材を混ぜて舗装する「真砂土舗装」

真砂土舗装とは、真砂土と、セメント材・固形材をまぜて、固めて施工する工法のことです。

「固まる土」や「除草土」などの名称で販売されている。

 

真砂土舗装を行う材料は、「固まる土」や「除草剤」などの名称で販売されています。

固まる土を使えば、気軽な雑草対策になります。見た目は自然な土ながら、その厚み・固さから雑草が生えにくくなります。

施行の流れも簡単なため、概要をご紹介します。

真砂土舗装①4㎝くらいの厚さで伸ばす。

アルミ整地板 800

固まる土を袋からあけて敷き詰め均します。

その後、レーキなどや板状のものを利用して均し、タンパーなどを利用して固めます。

真砂土舗装②2回に分けて、水をかける。

タカギ(takagi) 散水ノズル タフギアメタルノズル 普通ホース 金属ノズル 頑丈 QG555 【安心の2年間保証】

固まる土を敷き詰めたら、散水を2回に分けて行います。

〔1回目〕散水器などで霧状にやわらかく散水する。

〔2回目・1~2時間後〕水が浮き上がるくらい、よりたっぷりと散水する。

真砂土舗装③1日以上、そのままにして固める。

固まるまで、1日以上養生します。(商品によっては、より日数が長くなります)。

固まるまで触らないようにします。


以上のような簡単な流れで施工することができます。

固まる土について、詳しくはこちらの記事でご紹介しているのでご参考下さい。

 

真砂土の価格と舗装(おわりに)

真砂土の価格・単価についてまとめると次の通りです。

① 真砂土の価格は、2トン車1台(実際には約1,500kg)で、約3,000〜4,000円が一目安です。

② 真砂土の価格「袋入り」なら、20kgで約200〜400円が一目安です。

③ 真砂土を用いた、庭の施工をプロに依頼なら、8,000〜12,000円/㎡が一目安です。

しかし、真砂土の価格は地域によって差が(最大3〜4倍の場合も)あるために、必ず地元業者への確認が必要です。

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

真砂土の施工プラン相談・成約でプレゼントがもらえます。

タウンライフ外構で、真砂土施工などの「無料相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

また、タウンライフ外構を介して工事成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

\完全無料!満足度1位/

 

真砂土以外の記事も、合わせて読んでみよう!

● 外構工事について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

新築の外構作りが不安な方は、新築・外構で失敗・後悔しない

 

● 庭作りなどについて知ろう!

庭に芝生

人工芝・リアル人工芝

人工芝のデメリット

真砂土の価格

固まる土

庭作り

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!