汲み取り式トイレから水洗トイレにリフォームしたいですよね?

「古いトイレをずっと使い続けないといけない・・」なんて思わないで下さい。

水洗トイレにリフォームすれば、毎日のトイレ利用が快適になります。

浄化槽を利用した水洗トイレ化リフォームの場合は、自治体からの補助金も受けられます

もし、簡易水洗トイレまで視野に入れれば、約15万円~と安くすみます。

 

汲み取り式トイレをリフォームする方法として、適した方法を選ぶ必要があります。

この記事では、汲み取り式トイレの水洗トイレへのリフォームについてご紹介します。ぜひ、じっくり読んでみて下さい。

↓ トイレリフォームを「安く」するにはこれが一番!

↑ クリックしてみて下さい。

 

汲み取り式トイレから水洗トイレにする費用。改修改装リフォーム工事費用(浄化槽利用)

トイレ浄化槽の費用

浄化槽部 計:約90~175万円
・浄化槽 本体費用:約15~50万円
・浄化槽 設置費用:約40~70万円
・浄化槽 申請補助費:約5~6万円
・既存の便槽取壊し・撤去:約5~10万円
・配管工事費: 約10~20万円
・排水枡工事: 約5~6万円
・廃棄物処理費:約3万円
・諸経費:約7~10万円

トイレ浄化槽の補助金

浄化槽設置は、自治体から費用補助を活用する。

汲み取り式トイレから水洗トイレにする時、浄化槽設置に費用補助がある自治体が多いです。

特に水洗化が進んでいない自治体はおおよそ補助金制度があります。

生活用水と合わせて処理する「合併処理浄化槽」を利用し設置申請した場合が対象です。

大きさなどに合わせて約30~60万円程度の補助金が支給されます。

依頼先のリフォーム業者にあらかじめ相談を行い、工事前に申請をする必要があります。

介護リフォームの場合は、助成金、補助金の申請を活用。

介護の設置なら、減税となったり助成金・補助金が出ることもあります。

リフォーム業者に見積もりを依頼している間に、合わせて、バリアフリーや省エネリフォームなどの行政支援を相談・確認しましょう。

トイレ部の費用

トイレ・部 計:約30~75万円
・既存トイレ解体処分費: 約2~4万円
・トイレ設置費用:約8~9万円
・トイレ商品: 約5~20万円
・段差解消工事費:約5~6万円
・電気工事費:約5万円
トイレ壁紙・クロス張替えトイレ床:約4~6万円
・別途オプション費 ※:約5万円

(参考)タンクレストイレのメリット・デメリット

 

汲み取り式トイレから水洗トイレにする費用。改修改装リフォーム工事まとめ(浄化槽利用)

上でご紹介した内容をまとめると、汲み取り式トイレを浄化槽を利用した「水洗トイレ」にリフォームする費用の一目安は約90万円~(250万円程度)です。

最低額の目安

浄化槽(90万円 ー 補助金30万円)+トイレ費用30万円 ≒ 90万円

トイレのリフォーム費用が安い業者は、必ず見つかります。

また、もし費用的に難しい場合、簡易水洗トイレなら約15万円から設置できます。

 

\安くするにはコチラを確認!/

汲み取り式から水洗トイレにする費用が変わるポイント

浄化槽を利用した水洗トイレ化の費用は、「浄化槽」や「土地の状況」など次第で千差万別です。

浄化槽の種類や大きさ

浄化槽は、5人槽より7人槽などと、大きくなるほど高くなってきます。

ただし「合併処理浄化槽」で、自治体に申請すれば補助金対象になります。

土地の状況

浄化槽埋め立てや配管に手間がかかる場合などに、費用が高くなってきます。

住宅や私有地の状況によってきます。

汲み取り式トイレから水洗トイレにする費用・工事価格を抑える3ポイント

いつか水洗トイレにすることが必要になるならば、費用を抑えて1日でも早く便利なトイレにした方が得です。

トイレのリフォーム費用を安くする数々の方法の中から、必ず抑えたい重要度が高い3つの方法をご紹介します。

【第3位】トイレ便座の価格を抑える

トイレの商品は、ウォシュレットの有無など機能やグレードに応じて約5~20万円と費用に幅があります。

リフォーム業者から商品提案を受けた後に、必要以上に機能がある高い商品ではないかしっかり確認しましょう。

【第2位】汲み取り式トイレから水洗トイレにする工事・内装など「必要な範囲」の改修改装リフォームにする。

できる限り理想のトイレ環境を目指しながらも、予算に見合った落としどころを見つけていく必要があります。

トイレのオプション機能や備品、内装など必要な範囲や内容は何かをしっかりと考えていきましょう。

第1位】汲み取り式トイレから水洗トイレにする費用見積りとプランの「複数業者比較」は最重要

トイレリフォーム激安・格安を目指して価格を下げるには、トイレ施工業者のリフォーム見積もり比較は一番重要、かつ基本となる大前提です。

業者により、提案される材料のグレード仕入れ値などが異なり、同じ工事でも費用に差がでます。

業者には、まず始めは次の2つを伝えて一度検討を任せれば大丈夫です。

① トイレ水洗化したいこと

② あなたの予算目安

いろいろなプランを集めることで、よい検討材料になり見る目も養われます。

汲み取り式トイレから水洗トイレに改修改装リフォームする業者の比較は必須。でも、大変です。

トイレ水洗化の施工業者比較は、普通に行おうとすると膨大な手間が発生します。

【1】 業者候補リストアップ
【2】 安心な業者か評判口コミ調査
【3】 トイレ水洗化工事を行っているか候補各社への電話確認 などです。

汲み取り式トイレから水洗トイレにする費用「一括比較」なら手間がかからない。

トイレ水洗化で優良なリフォーム会社を探すには「一括比較」が時間もかからず確実な方法です。

一括比較では、厳正な審査を通過したリフォーム業者のみ登録が認められていて、紳士的に対応してくれます。

【完全無料】最大60%オフの一括比較「リノコ」

トイレ水洗化は、一括見積の利用で価格を抑えることにつながります。

特にトイレリフォームが「最大60%オフ」にもなるのが、リノコです。

低金利のリフォームローンも用意されていて、家計に優しい「分割払い」も可能です。

トイレを水洗化すると毎日のトイレ利用が快適になるので、安く抑えて早くかえないと、もったいないです。

\簡単10秒!最大5社比較/

 


リフォームサイト5部門でNo1

リノコは、5部門で「リフォームサイトNo1」に輝く見積りサービスです。

5部門の中には、「価格の安心感」「価格のわかりやすさ」が含まれ、特に価格を重視される方は、今すぐ利用する価値があります。

\簡単10秒!最大5社比較/

 

汲み取り式トイレから水洗トイレへの改修改装リフォーム工事(浄化槽利用)

汲み取り式トイレの水洗トイレ改修改装リフォーム工事の作業プロセス

水洗トイレ化へのリフォーム工事は、以下のような作業プロセスとなります。

(1) 汲み取り式トイレの便器の撤去
(2) トイレスペース内の床の解体
(3) 新しい配管(電気・給水)の設置
(4) 水洗式トイレの便器の設置

こちらの動画で、汲取り式トイレを水洗化する工事プロセスを見ることができます。

汲み取り式トイレの水洗トイレ改修改装リフォーム工事期間

約1週間程度です。

ただし、3~4日程度の場合もあれば、2週間かかることもあります。

手続きなども含めると全体では約2カ月間程度かかります。

水洗トイレ化へのリフォーム工事は、日数もかかるので、早めに業者に相談を始めましょう。

まだ迷っている場合でも、とりあえず話を聞き、見積りをとるだけでも前進します。

汲み取り式トイレの水洗トイレ改修改装リフォーム工事を、信頼ある業者に依頼

トイレ水洗化リフォームは、信頼できる業者に依頼したいですよね。

トイレの費用一括比較ができるリノコでは、全国約万の施工店の中から、厳しい加盟審査に通過した厳選800社から紹介されるので、効率的で安心です。

衛生的で使い勝手がいいトイレにできる優良業者は人気のため早めの依頼が必要です。

\簡単10秒!最大5社比較/

 

汲み取り式トイレからの水洗トイレに(浄化槽利用)とは

もし下水道が整備されていなくても、浄化槽を利用すれば、汲み取り式トイレを水洗トイレにすることができます。

簡易水洗と異なり、浄化槽を利用しての水洗化は「完全な水洗化」などと言われたりもします。

浄化槽を利用した水洗トイレの構造

「浄化槽」という「生活の中で発生した汚れた水を、キレイにして川に流すための装置」であるタンクのようなものを地下に埋めます。

そこにトイレ排水を流し込んで、さらに下水に流します。

大工の梁大工の梁

浄化槽の中には微生物が入っているため、汚水はある程度きれいになって、固形物は微生物が分解して泥になって浄化槽の底に沈みます。

上澄みが下水道に流れ、汚水処理場できれいに処理されて川に流されます。

なお、浄化槽の設置については浄化槽法(昭和58年第43号)で定められていて、関係書類の届出や保守点検、清掃などに細かい決まりがあります。リフォーム業者にも相談の上で、住まいの自治体に確認しましょう。

(参考)浄化槽とは。その費用と価格

汲み取り式トイレを「水洗トイレ」に改修改装リフォームすれば、いろいろないいところがあります!

・(浄化槽の種類によっては)自治体から約30~60万円程度の費用補助がある。

・汲み取り式より衛生的

・汲み取り式より、臭いも少ない

・見た目が水洗の洋式トイレと同じ

・ウォシュレットや自動開閉など高機能タイプもある

・洋式にすれば用を足す時にしゃがまなくていい

・落ちる心配や、携帯などを落とす心配もない

水洗トイレのメリットは多岐に渡ります思い立ったが吉日ですよ。

\簡単10秒!最大5社比較/

 

汲み取り式トイレから水洗トイレに改修改装リフォームするメリット

汲み取り式トイレと比較した時、浄化槽を利用した水洗トイレには「衛生的で臭いも減る」「見た目の良さや利用のしやすさ」といったメリットがあります。

見た目良く利用しやすい

汲み取り式トイレでボットン便所タイプの場合、昔からある古い感じであることが多いでしょう。しかし水洗トイレにすることで新しいトイレに生まれ変わります。

親戚など来客が来た時にも気かねせず気軽に使ってもらえます。ウォシュレットや温かい便座をつけるなどトイレ商品の機能にもこだわれます

また、和式タイプから様式タイプに変えることで、用をたす時の体勢の違いから、足腰などへの負担も減るでしょう。

衛生的で臭いも減る

 

浄化槽の中には微生物が入っていて、ある程度汚水の汚れは浄化されます。固形ぶちは微生物が分割して泥になって浄化槽の底にしずみます。

汲み取り式と異なり衛生的で、嫌な臭いも減ります。また、洋式にすればしゃがむ必要がないために、膝や腰の負担も減ります。

汲み取り式トイレの水洗トイレ改修改装「リフォーム安心保証制度」があります。

リノコを介しての工事は、すべての工事に1年間の保証制度が適用されます。

さらに、機器は最長10年までの長期延長保証を選ぶことができ、工事への不無く安心してリフォームに臨むことができます

\簡単10秒!最大5社比較/

 


私の父の実家のボットン便所も、(簡易)水洗トイレにリフォームしました。

もう昔の話ですが、ボットン便所だった私の父の実家は、祖母が高齢になったために簡易水洗トイレにリフォームしました。

(費用面の都合で、水洗化は行わずに簡易水洗トイレにしました)

昔ながらの古いトイレで狭くはありましたが、キレイに見違えるように変身しました

それまで父の実家のトイレが嫌いだった私も、何も気にせずに普通に使えるようになりました。

そして今考えてみると、祖母は高齢になるまで毎日、膝や足に負担をかけながら和式トイレを利用していたわけです。

もっと早く洋式トイレにしていれば、どれだけ負担が減ったことだろうと思います。

農家で祖父母ともに体力があったとは言え、つらい思いをさせてしまっていたなと悔いもあります。

あなたと、あなたのご家族には大変な思いをして欲しくありません

汲み取り式トイレの水洗トイレ改修改装リフォーム費用比較をコンシェルジュに無料サポートしてもらえます。

コンシェルジュに電話で要望を伝えると、トイレ水洗化に最適な業者探しなどサポートしてもらえるのがリノコです。

約30秒で登録することができます。

夜の場合は電話は翌日以降です。まず先に登録だけ済ませましょう。

まず見積りを集めることは、トイレ水洗化を安く行うためには必須です。

\簡単10秒!最大5社比較/

 

汲み取り式トイレから水洗トイレに改修改装リフォームするデメリットは?

浄化槽を利用してのトイレ水洗化にデメリットはないのか、確認をしていきましょう。

費用の高さと設置条件

先ほどご紹介の通り、トイレの水洗化(浄化槽利用)の費用目安は約90万円~です。

中には、200万円前後かかる場合もあるので、決して安いものではないことが、1つのデメリットです。

下水道使用料がかかる

トイレを水洗化すると、下水を使用することになるので、それまでかからなかった下水道料金がかかってきます

また、2~3ヶ月に1度程度、下水道使用料と同じくらいのメンテナンス費用も必要になってきます。

設置できない場合も

住宅の構造や私有地の広さ、電気や水道などの設備の場所によっては浄化槽を埋設出来ない場合もあることもがもう1つのデメリットです。

設置できない原因の例としてよくあることは「配管の変更が難しい」「浄化槽の埋設場所がない」「家の耐久度が低くてトイレの解体に耐えられない」などです。

配管については、もともと地中に埋設されている電気や上水道の管、電話ケーブルにぶつかってしまうため工事ができないことがあります。

まずは、リフォーム業者に現地調査をしてもらい、水洗化を行えるか確認をする必要があります。

リフォーム業者によって設置可否の判断が異なることもあるために、複数社に現地調査を依頼した方がいいでしょう。

 

代替策の簡易水洗トイレ

費用面、あるは、環境面で、浄化槽の設置を断念するケースもあるでしょう。

設置できない場合は、比較的設置がしやすく費用的にも安い「簡易水洗トイレ」を設置しましょう。

簡易水洗トイレ(簡易水洗式便所)とは、トイレの「仕組み」的には汲み取り式トイレと同じながら、トイレの「機能や見た目」的には水洗トイレと同じトイレのことです。

水洗トイレと同様に衛生面で優れ、汲取り式の臭いの問題が軽減されます。

水洗トイレとの違い

簡易水洗トイレは、ぼっとん便所と同様に定期的な汲み取りが必要ですが、水洗トイレよりも、水道代/下水道代が安く、設置も費用が安いトイレです。

汲取り式 簡易水洗 水洗
汲取り 必要 必要 なし
下水代 なし なし 必要
水道代 安い 安い 高い
設置費 ーー 安い 高い

簡易水洗トイレの場合は、浄化槽設置と異なり、家の構造で設置できないということも少ないです。

簡易水洗トイレについて、詳しくはこちらの記事で紹介しています。

汲み取り式トイレを水洗トイレに改修改装リフォームする費用を安く!改修改装リフォーム

トイレ水洗化のリフォームを安く行うならば、トイレリフォーム費用を一括比較できるリノコです。

専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので、安心してリフォーム検討できます。

 

汲み取り式トイレから水洗トイレに改修改装リフォーム工事しよう!

汲み取り式は悩みが多い

汲み取り式トイレとは

汲み取り式トイレは、用をたした時に便槽に落下するタイプのトイレのことです。

汲み取り式トイレは、下水につながっていないために、「し尿」を定期的に便槽から汲み出す必要があります。ボットン便所などとよばれています

平成29年3月現在、日本の下水道普及率は78.3%です(出典:日本下水道協会

まだ下水道が十分に整備されていない、山間地域や市街化調整区域、過疎地域などを中心に、古い家やアパートでは、トイレが汲み取り式であることが今でも多くあります。

汲み取り式トイレ・ボットン便所には「衛生面や臭いの問題」といった課題があります。

汲み取り式トイレの課題「衛生面や臭いの問題」

嫌な臭い

汲み取り式トイレは、ハエやウジの繁殖場所になってしまったり、菌の繁殖や臭いなど、水洗トイレと比べると衛生面も問題があります。

汲み取り式トイレの課題2「汲み取りが必要」

汲み取り式は定期的な汲み取りが必要で、1回あたり、便槽の大きさにもあわせて、約2,000~4,000円程度の費用がかかってきてしまいます。

ボットン便所は「来客者や親戚にとっても嫌」

私は子供の頃、父の実家がボットン便所でとても嫌でした。

私の自宅は洋式トイレだったために、たまに父の実家でボットン便所を使うとそのたびにショックに近い衝撃を受け、帰省時に用を足すのは嫌なものでした。

恐かったのでなるべく利用を避けていました

祖父母は好きでしたが、ボットン便所が嫌で泊まりたくはありませんでした。

(参考)和式トイレを洋式トイレにリフォームする費用

汲み取り式トイレのリフォームなど多くの人が利用するリフォーム見積もり

リフォーム一括見積りができるリノコは、2017年5月現在で、累計利用者数80万人突破とサイト上で公表されています。

多くの人が利用しているリフォーム一括見積で、トイレ水洗化での利用にも安心できます。

 


汲み取り式トイレの水洗トイレリフォーム、介護での設置は、助成金・補助金を活用。

トイレ水洗化し、洋式トイレにすればしゃがまなくてよく、膝や腰も楽です。

介護でのトイレ水洗化の設置なら、減税となったり助成金・補助金が出ることもあります。

バリアフリーや省エネリフォームなど行政支援を、施工業者やケアワーカーにに相談・確認しましょう。

40代以降は、膝(ひざ)に注意!

ひざが痛む「変形性ひざ関節症」は40代から増え始め、日本には潜在患者が約3,000万人いるそうです。(出典:毎日新聞

和式トイレでひざに負担をかけ続けて悪化すると、歩行困難・寝たきりになることも介護者の負担も増えます

25歳からももの筋肉は衰えます。

トイレでしゃがむ時に使うももの筋肉(大腿四頭筋)は、身体の中で最も衰えの早い筋肉です。(出典:日経Goody)

65歳で25歳の約60%まで落ちます。その後も筋肉は更に落ち続けます。ひざ痛の発症や悪化にもつながります。

ひざの痛みや負担が気になる場合は、早く和式トイレの対策として、トイレ水洗化などを検討しましょう。

 

一人で悩みを抱えず、早く誰かに相談する。

トイレ水洗化を検討している方には「悩みを一人で抱えこんでいる方」も多いです。

ご自身の足腰、臭いの我慢の苦労
高齢のご家族のご心配
小さなお子様の安全面の心配
・ 古くなってきた住まいへの心配
・ トイレ改修の費用の心配
・ (アパート大家の方)入居率の心配

あなたも悩みをかかえていませんか?

早くその不安を、周囲の人や専門家など相談できる相手と共有することで、悩みにあった適切な対策や、費用面の工夫が生まれます。

あなたの苦労や心配を取り除きましょう。

 


水洗トイレ 便器の例

トイレといえばTOTOが人気です。

水洗トイレの便器・便座の例として、TOTOの商品タイプの例をご紹介します。

「ネオレスト」TOTOタンクレストイレ

TOTOのタンクレストイレ「ネオレスト」なら見た目もスッキリしています。

タンクが無い分、トイレのスペースを広く使うことができます。

TOTO ネオレスト DH1 標準リモコン ホワイト CES9564#NW1 (床排水心 200mm・隠ぺい給水)

TOTO以外も含めて、タンクレストイレの便器には様々なメリットがあります。

「ピュアレスト」TOTOタンク式トイレ

TOTOのタンク式トイレなら「ピュアレスト」です。

一般的にタンクレストイレよりも、タンク式トイレの方が安い場合が多いです。

TOTO 便器 ピュアレストQR CS230B + SH231BA ホワイト #NW1 手洗いあり 床排水 排水芯200mm 組み合わせ便器 便器+タンクのみ

 

ほしみ

トイレといえばTOTOよね!素敵な商品タイプを選びたいわ!

もっと満足度アップ!

水洗トイレ設置には色々なメリットと商品タイプがあります。

そこに、リフォーム業者のプロ目線のアイデア・アドバイスを加えれば、もっといいリフォームになり、満足度がアップします

施工時は、しっかりと希望を相談するようにしてください。

 

トイレ水洗化の改修改装Q&A

汲み取り式トイレから水洗トイレの改修改装リフォーム工事期間中は、トイレを使える?

⇒ 工事期間中、給排水の切り替え時などに、約2~3日間程度、使用できないこともあります。

その場合は、リフォーム業者が、ポータブルトイレや、仮設トイレを準備することが多いので、あらかじめ確認しましょう。

汲み取り式トイレから水洗トイレの改修改装リフォーム工事は、土日祝で可能?立ち会いは必要?

⇒ 工事業者によるので、リフォーム業者への見積もり時に確認することが確実でしょう。

汲み取り式トイレから水洗トイレの改修改装リフォームで見積もりをとったら、商品価格がネットより高かったです。

⇒ トイレ商品の仕入れ値は業者によって異なることもあり、全く同じ商品がネットでより安く販売されている場合もありえます。その場合、商品をネット購入して、現物支給にしてもいかなど、業者に率直に相談してみましょう。

汲み取り式トイレから水洗トイレの改修改装リフォームの浄化槽「単独処理浄化槽」利用でもいいの?

⇒ 浄化槽には、トイレのし尿のみを処理する「単独処理浄化槽」と、家庭の汚水をすべて処理「合弁処理浄化槽」があります。

以前は単独処理浄化槽も利用されていましたが、法改正によって現在では単独処理浄化槽の新たな設置はできなくなりました。

汲み取り式トイレから水洗トイレの改修改装リフォームの替わりになる商品はある?

置くだけの簡易洋式トイレ

トンボ 洋式便座 据置型

 

和式トイレにただ置いてかぶせるだけの「簡易洋式トイレ」「簡易洋式便座」という商品もあります。

簡易水洗トイレに比べると臭いもして、見た目もとても簡易的なものです。

ただし、費用が安く5000円前後で購入できる商品が多いです。

ネットショッピングでも簡単に購入できるために、一時的に使うなどの場合によいでしょう。

 

TOTOスワレット

TOTO トイレ スワレット【CS501】+ウォシュレット【TCF6321E】 パステルアイボリー#SC1

トイレの最大手メーカーであるTOTOは、置くだけの簡易洋式トイレもの一種である、スワレットという商品を発売しています。

スワレットは商品価格が2万円程度~で、工事費を含めても、簡易水洗トイレより安くすみます。

簡易洋式トイレの中では高価格ですが、陶器製で見た目がしっかりしていて、ウォシュレットの設置も可能です。

 

水洗トイレはどんな構造?

水洗トイレの中でも「タンク式トイレ」が利用されることは多いです。

タンク式トイレでは、ボールタップと呼ばれる部分が、フロートバブル(浮球)の浮き沈みに合わせ、水を出したり止める構造となります。

汲み取り式トイレから水洗トイレにする費用。改修改装リフォーム工事(おわりに)

ボットン便所とも言われる汲み取り式トイレは、臭いや見た目が嫌なものです。

 

下水道が整備されていなくても浄化槽を利用すれば、汲み取り式トイレを「水洗トイレ」にできます。

水洗トイレなら、見た目もよく、臭いも軽減します

 

たしかに、浄化槽を利用した水洗トイレは費用もそれなりにかかり、土地条件的に設置できない場合もあります。

その時は「簡易水洗トイレ」なら安く設置できます。

 

また、水洗トイレには色々なメリットがあります。

・汲み取り式より衛生的

・汲み取り式より、臭いも少ない

・見た目が水洗の洋式トイレと同じ

・ウォシュレットや自動開閉など高機能タイプもある

・洋式にすれば用を足す時にしゃがまなくていい

落ちる心配、携帯などを落とす心配もない

お客さんが来た時に、トイレに案内しやすい。

・(浄化槽の種類によっては)自治体から約30~60万円程度の費用補助がある。

 


(関連参考記事)

 

リフォームの費用・価格!値段料金・金額予算

 

リフォーム見積もり比較

 

大工の梁大工の梁

記事が気に入った時はぜひシェアして下さいね。LINEで家族に送るのも便利です。