カーポートバルコニー(カーポートベランダ)の、人気商品や費用、設置などって興味がありますよね?

カーポートバルコニーにも色々な商品があります。

壁付け・自立式の両タイプがあり、壁はやわらかい木目調もシャープなパネルタイプもあります。幅も車1台分~3台分など選べます。

よりくつろぎやすくなる、ウッドデッキを敷くタイプのカーポートデッキも人気です。

この記事ではカーポートバルコニー(カーポートベランダ)の設置についてご紹介します。ぜひじっくり読んでみて下さい。

カーポートバルコニーの費用価格とメリット

スペースの有効活用

(画像提供:三協アルミ)

敷地面積が限られている場合でも、カーポートバルコニーで駐車場の上のスペースを活用すれば、通常よりも広々としたバルコニーを設けることができます。

(画像提供:三協アルミ)

くつろぎや趣味の場に

(画像提供:三協アルミ)

広々としたカーポートバルコニーは、お茶やお菓子を楽しんだり、週末にはバーベキューやパーティーなどを楽しむ場などとしても活躍します。

カーポートバルコニーで、リビング空間に広がり

(画像提供:三協アルミ)

壁付け式のカーポートバルコニーにすれば家の居室から一続きの広々とした空間が生まれます。

(画像提供:三協アルミ)

特に、カーポートが2台・3台分と広い場合はなおさら開放感が生まれます。

カーポートバルコニー費用・価格の目安

カーポートバルコニーの自作はかなり難しく外構業者への依頼が一般的です。

カーポートバルコニーの費用は1台分のスペースで約120万円以上、2台分のスペースで200万円以上は見ておきましょう。

ただし、「地域」や「土地の状況」などによっても、工事費は変わってきます。

そのため、結論として、あなたが実際に地域の業者に見積りをとって具体的に確認する必要があります。

質の低い工事を避けるため『安かろう悪かろう』は避けるべきです。「高くなるかもしれない」と思い見積りを取ると良いでしょう。

カーポートバルコニーの見積もりは「初夏」の今が年に1度の大チャンス!!

カーポートバルコニーなど外構工事で、初夏(5-6月頃)は「見積もりが安くなりやすい、工事プラン検討のチャンス時期」です。

理由は、3月までの決算期が一段落して外構会社は受注が減り、価格面の相談・交渉が行いやすくなるためです。

また、4月新年度の各メーカーカタログ更新旧モデルの在庫処分・値引きもあり、新年度で補助金も利用しやすくなります。

もし希望の工事をまだ迷っていてもまず見積もりだけ、今すぐとっておくと得」ですよ!

カーポートバルコニーを、プロの外構業者に施工依頼

カーポートバルコニーの施工を業者に依頼する場合は、外構工事の見積もりをする必要があります。

しかし、1社しか見積もりを取らないと困る場合があります。

1社しか見積もりを取らないと困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には、高額請求する悪徳業者も・・)
● カーポートバルコニーのアイデアやプランが十分に膨らまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

外構工事を安くする方法・コツは、3社以上の見積もり比較をすることです。外構業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしない設置をしたいですよね。

カーポートバルコニーの相見積り業者探しも大変

でも、相見積りにも、意外に大変な面もあります。

複数社に相見積りを取る時に大変な面
● 相見積もりを取る外構業者を自分で何社も探すのは大変・・・
● 複数の会社に対して、何度も同じ説明を行うことが大変・・・
● 断る時に、少し気持ち的に断りづらい・・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変ですよね。

でも、大丈夫!

カーポートバルコニー施工で地域の優良業者を30秒で簡単にチェックする方法

ここで、あなたがお住まいの地域で、カーポートバルコニー施工に適した業者の最有力候補を(登録なしで)約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。

『タウンライフ』という冠に輝く住宅サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある住宅会社」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

(そのため、腕が悪い業者や、悪徳業者などにひっかかる心配もありません

『タウンライフ』では、どの業者も工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単30秒チェックの流れ
【0】『タウンライフ外構』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】外構プランの作成」を押す
【3】希望箇所外構」を選択
【4】予算~300万円など選択
【5】(重要)他の入力項目を飛ばし画面の下の方まで行く

~5を順に行い表示されるのが、あなたが住まいの地域のカーポートバルコニー施工に適した業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフ外構を、今、約30秒ほどでご確認下さい。

\簡単30秒!優良施工業者を確認/

 

 


カーポートバルコニー施工が最大40%オフ

『タウンライフ外構』では、気になる全ての優良会社に、「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルのカーポートバルコニー施工プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的なレベルで分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

 

まずは自宅・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフ外構は、カーポートバルコニー施工をまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

複数プランを一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて便利です。

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

 


カーポートバルコニー施工無料プラン作成 FAQ

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフ外構は、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じでカーポートバルコニーを検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!安心度1位/

 

 

カーポートバルコニー費用価格・人気4商品

ビューステージ価格

カーポートバルコニーLIXIL製

「壁付け式にしたい時に」

LIXILのベランダ・バルコニー商品が「ビューステージ」です。

カーポートバルコニーに限った商品ではありませんが、壁付け式で駐車場の上に設置することができます

補強材(トラス梁)を採用することで、家族でゆったりくつろげるより広いバルコニーを実現しました。

◎デッキ材も可能

やさしい木目調の見た目にすることもできます。壁材でオプション選択でき、間口3.0間以上の時に床材もデッキボードとスリット床から選択できます。

◎柱を横に出す「馬梁納まり」も可能

生活導線から少しずらして柱を立てる「馬梁納まり」での設置も可能です。

◎費用

メーカー希望小売価格:約101万円~  ※柱立て式、3間(5,460mm)×9尺(2,685mm)以上の時。

 

ジーポートバルコニー価格

カーポートバルコニーYKK AP製

「自立式にしたい時に」

YKK APの頑丈なカーポートシリーズ「ジーポートneoシリーズ」の中のカーポートバルコニーが『ジーポートバルコニーneo』です。

カーポートバルコニーの『ジーポートバルコニーneo』は自立式で、1台用と2台用があります。

◎ 揺れや転落防止を標準装備

本体の揺れを最小限に抑えるために横材や、転落防止の格子が標準装備されています。末永く使用できるように開発されています。

ジーポートneo自体が、100~200㎝までの積雪と46m/秒相当の風圧に耐えらえれる、強靭な作りのカーポート屋根です。

◎階段の取付けは左右対応可

階段は、奥行き方向への傾斜で左右どちらにもつけられます。階段の幅は約600mmで十分な横幅、角度も一般的な階段と同程度です。

外見のカラーがホワイトとブラックがあり、デッキカラーはベージュイエローとグレイシルバーがあります。

メーカー希望小売価格:約244万円~ ※実売価格が3~5割引きのこともあるようです。

 

エアキューブ価格

カーポートバルコニー YKK AP製で大空間

「壁付け式でシャープなデザイン

YKK APのベランダ・バルコニー商品で、その広さゆえに、カーポートバルコニーとしても利用できるのが「エアキューブ」です。

パネルや格子のバリエーションも充実していて、好みの外観にしやすいでしょう。

壁材を1階の地面までつなげることで、外観デザインをよりシンボリックなものに仕上げることもできます。

柱にLED照明のオプションを取り付けると、夜間のバルコニー空間が演出されます。

 

メーカー希望小売価格:約111万円~  ※2間(3,460mm)×9尺(2,685mm)以上の時。

 

グランフローア価格

カーポートバルコニー 三協アルミ製

「こだわりのカーポートバルコニーに」

三協アルミのカーポートバルコニーが「グランフローア」です。敷地に合わせたタイプや、壁面タイプなどに、多彩なバリエーションがあります。

独立タイプも、壁付けタイプも可能です。他にも選ぶポイントが多数あるので、次項でご紹介します。

カーポートバルコニー施工プラン無料作成は、利用実績も多くて安心

カーポートバルコニーのプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「カーポートバルコニーに少しでも興味がある方」ならば、タウンライフ外構今すぐ利用しないと損なサービスです。

\満足度1位!100万人以上が利用/

 

 

カーポートバルコニー費用価格以外に、選ぶポイント

グランフローアを例に

ここでは、バリエーションが多彩な、三協アルミ「グランフローア」を例に、選ぶポイントをご紹介します。

形状・壁材・床材

壁付けタイプと、独立タイプの両方から選ぶことができます。

また、出幅が場所により異なる形状や、屋上部より柱の幅を広くとる形状など、複数パターンから選べます。

門柱・機能門柱の位置などとも合わせて検討しましょう。

カーポートバルコニーの「壁材・床材」

壁材もやさしいウッド調タイプや、モダンなパネルタイプなどから選べます。

(例)横格子、たて格子、アクリルパネル、パンチングパネル

また、高さも、視界がよい高さ110㎝タイプと、プライバシーを守る高さ180㎝タイプがあります。

なお、格子タイプとパネルタイプから階段の壁面も選べます

カーポートバルコニーの「床材」

壁材同様に、床材も木調のデッキや、シンプルなアルミデッキ、塩ビデッキなどから選択できます。

このように、グランフローアは選択バリエーションが多彩なカーポートバルコニーです。

 

ウッド調で、アウトドア空間として気持ちのいいスペースにすることもできます。

(関連記事)ウッドデッキの費用・価格。リフォーム施行

 

また、人工芝を敷いても良さそうですよね。人工芝のデメリットに価格の高さなどがありますが、耐久性は高く、緑が広がると気持ちがいいものです。

なお、車の駐車部周辺での、タイルデッキの利用も人気です。

(参考)タイルデッキの費用・価格

カーポートバルコニーのオプションその他(例)

積雪地帯対応も可能

・・・柱の本数を増やすことで、雪に強い設置も可能です。

車3台分の幅も可能

・・・横長に広いカーポートバルコニーの実現が可能です。

照明やコンセントも可能

・・・柱などに、照明やコンセントを取り付けるオプションもあります。

カーポートバルコニー工事施工の様子

こちらの動画で、グランフローア(1台スペース)工事の様子が紹介されています。

駐車場まわりのエクステリアも合わせてリフォームすることでより素敵になります。

 

カーポートバルコニーの施工で「タウンライフ」が選ばれる理由

カーポートバルコニー検討開始には、タウンライフ外構特集が選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の施工会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切なカーポートバルコニープランが届きやすいです!

③ リフォームが前進する
希望のカーポートバルコニーのプランや費用を簡単に集められることで、施工の良いスタートがきれます!

 

 

カーポートバルコニーの使い方例

BBQや天体観測

2台分程度のスペースがあれば、晴れた休日に家族や仲間とバーベキューを楽しむことができます。地上よりも景色が良いことで、より気持ちよく時間を過ごせるでしょう。

また、気軽に天体観測を楽しむことができます。普通のベランダだと屋根の張り出しなどで見えづらいものですが、カーポートバルコニーなら観測しやすいことも多いでしょう。

子どもやペットの遊び場

カーポートバルコニーは、子どもやペットの遊び場にも最適です。夏にビニールプールを広げたり、ハンモックなどを置いたりするのもよいでしょう。

お子様だけでなく、お父様の、ゴルフパターの練習や、タバコ休憩、ビールを1杯飲みながら夕涼みなどにも活躍します。

洗濯物干しや家庭菜園

カーポートバルコニーは、毎日の洗濯物干しの場としても活躍します。スペースが広いことで風通しよく干せ、乾きも早いでしょう。

また、家庭菜園の場やガーデニングの場としての利用にも向いています。陽当たりがよくスペースも広いので、植物の育てがいもあるでしょう。

 

カーポートバルコニーのプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた施工会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフ外構特集を利用して良かったと感じております。

 

評判や使い方などが気になる方は、こちらの記事も合わせて参考ください。

 

カーポートバルコニーのFAQ

固定資産税はかからない

Q カーポートバルコニーに固定資産税はかかりますか?

A  かかりません。

固定資産税の評価額は「床面積」の大きさで変わります。

「床面積」は壁や柱で囲まれた部分の面積のことです。屋根や壁がないカーポートバルコニーの場合は床面積には算入されません

建ぺい率は事前に要確認

Q カーポートバルコニーは、建ぺい率に含まれますか?

A ふくまれます。

敷地面積に対する建物の面積の割合を「建蔽率(けんぺいりつ)」といいます。

建築基準法によって土地ごとに建蔽率が制限されていて、その土地に建物を建てる時に、指定された建蔽率の範囲内で設計する必要があります。

建物面積が変わると、建蔽率も変わってしまうために、カーポートバルコニー設置前に建築確認申請を行わなくてはなりません。

カーポートバルコニー設置を進める前に、リフォーム業者に確認・相談をしましょう。

鉄骨造?アルミ造

Q カーポートバルコニーは、鉄骨造とアルミ造があるようですが、どちらがいいですか?

A 丈夫さで選ぶならば鉄骨造。費用で選ぶならばアルミ造です。

まず、丈夫さでいうと鉄骨造が勝り、アルミ造にする場合では柱の本数が構造上多く必要になるかもしれません。

ただし、費用では、アルミ造より鉄骨造の方が約1.5倍程度かかることもあるでしょう。

どちらの場合も、長期的には、塗装や床板の交換などメンテナンスを行うようにしましょう。

 

設置時に気をつけたい点

カーポートバルコニーは「防水性も考慮」

雨カーポートバルコニーは風雨にさらされる場所でもあるため、防水対策をしっかりおこないましょう。

約10年に1度を目安に、修理やリフォームが必要になると言われています。ただし、防水対策が十分でないと、もっと短いスパンで行う必要がでてきてしまうかもしれません。

(参考)ベランダ屋根の費用

バルコニーの、防水・雨漏り対策については以下の記事でも書いているので参考にして下さい。

(参考記事)ベランダ 雨漏り 防水修理費用

カーポートバルコニーは「柵・高さ」安全対策は万全に。

ベランダ・バルコニーの柵や手すりの設置・交換では、安全対策を万全に行いましょう。

◆柵の幅
ベランダ柵
(画像提供:LIXIL)

・・・誤って落ちたり、物を落としたりする危険が減るように、 間隔が広すぎないデザインの柵を選びましょう。

 

◆高さ  ベランダの子ども

・・・ 大人も子どもも安全な高さの目安として床から110cm以上あるようにしましょう。

なお、子供はよじ登って身を乗り出すことがあるために、空き箱やエアコンの室外機などの足がかりとなるものを置かないようにしましょう。

ベランダ手すり
(画像提供:LIXIL)
大工の梁大工の梁

子どもが外を見られるように、見通しの良いデザインにするのも、落下防止策の一つです。

(参考)ベランダ手すり・柵・フェンスの費用

カーポートバルコニーの「ウッドデッキ材」は、材質を考慮

カーポートバルコニーにデッキ材を利用する時は、腐食しずらい材質を選びましょう。

デッキ材には2種類あります。自然木と人工木です。

自然木の場合に、自然の風合いは出しやすいのですが素材によっては、風雨などによって使用していくうちに劣化しやすいものもあります。

人工木のデッキ材を利用した方が、より長い間利用することが可能です。ただし、見た目や肌触りの自然感には劣ります。

カーポートバルコニーの「防犯面の考慮」

カーポートバルコニーは、防犯面でも注意しましょう。

泥棒は家に侵入する時に、1・2階を問わずベランダ窓から入る場合も多いものです。フェンスで見通しが悪いと、侵入者にとっての隠れ場所として悪用されてしまいます。

設置時に網目が少し大きいタイプのフェンスを選ぶなど、工夫をしましょう。

カーポートバルコニーは「近隣にも配慮」(日差しなど)

カーポートバルコニーを新たに増築する時、お隣の家の日差しを遮ることはないかなど十分確認しましょう。

近隣への影響を踏まえて増築の位置なども配慮の上で、工事を開始する時には、事前に話・ご挨拶をしておきましょう。

カーポートバルコニーの「壁付けタイプの出入り口」

カーポートバルコニー壁付け式にする場合、居住部からバルコニーに行き来するためのドアや窓を増設する工事を行う場合もあるでしょう。

住宅によっては、施工が難しかったり、費用が高額になる場合もあるかもしれません。まずはリフォーム会社に相談しましょう。

 

カーポートバルコニー費用価格を抑える業者探し

自作DIYは難しい。

DIY イメージ

カーポートバルコニーは、DIY(≒手作り)を検討して行う方もいます。

例えばこちだの動画の方は、完全自作しています。

ただし、カーポートバルコニーは、鉄骨造やアルミ造のことが多く、一般の方にはかなり難易度が高いです。プロのリフォーム業者に依頼した方が良いでしょう。

なお、もし地面が土の場合は、コンクリート施工なども別途費用でしょう。

(参考)庭にコンクリートの費用・価格、施工

(参考)土間コンクリートの単価

また、必要に応じ、サイドのフェンス(メッシュフェンス等)やブロック積み施工も必要でしょう。

カーポートバルコニー業者って?

カーポートバルコニーの商品メーカーは、YKK AP、リクシル、三協アルミなどですが、購入・施工は、リフォーム会社や外構業者に頼む必要があります。

業者によって、仕入れ価格や割引率、工事費などが異なるために、複数社見積りをとり、費用を確認した方がよいでしょう。

 

カーポートバルコニーのプラン相談・成約でプレゼントがもらえます。

タウンライフリフォーム外構特集で「無料リフォーム相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

また、タウンライフリフォーム外構特集を介してカーポートバルコニーのリフォーム成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

 


カーポートバルコニーの商品と販売会社の紹介

この記事の前半で紹介したもの以外の、カーポートバルコニー商品と販売会社をご紹介します。

●カーポートバルコニー「ボードウォークガレージ」五十嵐工業

オーダーメードでカーポートバルコニーを作ってくれる全国対応の新潟の会社

新潟県長岡市にある会社で、施工事例も多いのが五十嵐工業の「ボードウォークガレージです。

強い強度がある鉄骨製のカーポートバルコニーを、オーダーメードでプランニング依頼できることが特徴です。

広さや形はもちろん、手すり/柵の形状、階段の作りなど、希望を叶えることができます。

緊急時にも活躍する「サバイバルガレージ」を提唱

「ボードウォークガレージ」は、震災時に家庭菜園や雨水をためる場などとして使えるような「サバイバルガレージ」を提唱しています。

これは、中越地震での被災の経験から開発着手されていて、雨水をためる仕組みは、長岡造形大学の教授と開発されているそうです。

確かに、地震の時は家の中だと倒壊が心配ですし、地上だと地割れが心配ですし、頑丈に作られたカーポートバルコニー上に避難するというのは一理ありますね。

1台用約144万円、2台用約206万円、3台用約270万円

「ボードウォークガレージ」の費用は、本体販売価格と標準工事費を合わせて、1台144万円、2台206万円、3台270万円です。

手すりや、階段は別費用になりますが、カーポートバルコニーとしては標準的な費用感でしょう。

本社から300km圏外は、工事業者を施工者が地元で探す必要あり

「ボードウォークガレージ」は、五十嵐工業の本社(新潟県長岡市)から300km圏内であれば、同社で工事施工してくれるそうです。300kmというと、北海道を除く東日本がおおよそ圏内になります。

圏外の場合は、施工者が地元で施工業者を探す必要があるそうです。

 

●カーポートバルコニー「ウッドガレージ」サンエクス

完全オーダーメード、ウッドデッキ仕様で作ってくれる大阪の会社の商品

大阪で各種エクステリアを扱うサンエクスの、カーポートバルコニー商品が、「ウッドガレージ」です。ウッドデッキ仕様で完全オーダーメードで、カーポートバルコニーを作ってもらえる点が特徴です。

新素材の人口木材を利用。壁材が、ルーバーや、格子、パネルなど多数

「ウッドガレージ」は、人工木でも、天然木でも施工できますが、人工木は新素材が利用されています。木材とプラスチックの配合割合により、木の風合いを出しながらも使いやすくなっています。

また、壁材の選択肢も多いです。ルーバー、格子、パネル、横ウリン、ラチス、フラットバーと、多様なタイプが揃っています。

シャッターや、傾斜地対応などオプションが充実

「ウッドガレージ」はオプションも充実しています。門扉や、パラソル、サイドテラス、パーゴラや、オーニングです。希望のカーポートバルコニーに近づけそうですね。

参考価格は、人工木で、1台用180万円、2台用270万円

「ウッドガレージ」は完全オーダーメードのため費用はそれぞれ異なります。参考価格としては、人工木の時に、1台用180万円、2台用270万円、て天然木の時に1台用160万円、2台用250万円です。

自社取り付けで保証、メンテナンスが安心

サンエクスは「ウッドガレージ」を自社取り付けしています。メンテナンスまで含めて安心ですが、施工範囲があるので確認が必要です。

施工範囲:大阪・兵庫・奈良・京都・滋賀・和歌山・三重・愛知(名古屋)・福井・岐阜・長野・関東圏:静岡/神奈川/東京/

 

●カーポートバルコニー「Flange Port」森田アルミ工業

アルミ建材の製造販売を行っている大阪の森田アルミ工業の商品がFlange Portです。

森田アルミ工業はデザインにこだわりのある会社で、これまでグッドデザイン賞をはじめ、国内外の多くのデザイン賞を受賞している会社です。

建物との調和が生まれるすっきりとしたデザイン

「Flange Port」は、すっきりと美しいデザインをしているカーポートバルコニーである点が特徴です。

ボルトなどが見えないようになっていたり、梁がすっきりしていたりなど、建物と調和・佇まいが生まれます。

カラーエクステリアを利用すると、よりデザイン性高く

同社製品の「morita color works」という、美しく色味が塗装されたカラーエクステリアを壁面に利用すると、よりデザイン性が高く成ります。

●カーポートバルコニー「カーポートデッキ」SPACEWOOD

ウッドデッキ、ウッドフェンス専門の八王子の会社のカーポートデッキ

八王子にある、ウッドデッキの専門会社がSPACEWOODです。庭やベランダ用のウッドデッキやウッドフェンスを販売していますが、カーポートデッキ商品も販売・施工しています。

木のぬくもりある、天然木のバリエーションが豊富。

SPACEWOODのカーポートデッキは、天然木のバリエーションが豊富です。人工木と比べて天然木は木のぬくもりがあることで人気ですが、様々な種類があります。

SPACEWOODのカーポートデッキでは、イペ材、エステック材などが使用され、アルミ製品と組み合わせて施工されることもあります。

オーダーメードのため、形状も自由にアレンジ。

SPACEWOODのカーポートデッキもオーダーメード型です。庭や駐車場の広さ・形や希望に合わせて、プラン・施工してもらうことが可能です。

 

●カーポートバルコニー「カーポートデッキ」中川木材産業

大阪の、木製エクステリアの会社の、カーポートデッキ

大阪にある、木製エクステリアを扱う会社、中川木材産業のカーポートデッキも多くの施工実績があります。

主に関西圏で施工していて、構造や素材に特徴があります。

合理的で、安全性の高いスチールフレーム

まず、小さい断面で強い強度・耐久性を実現できるスチールフレームを利用している点がポイントです。障害物少なく、車の出し入れもしやすくなります。

安全性を実現した手すりと、独自のつり屋根構造

カーポートバルコニーには安全性が求めらますが、スチールフレームと一体化され木材がラッピングされたオリジナル構造の手すりも特徴です。経年劣化や倒壊などに耐える安全な構造です。

また、メンテナンス性に優れ耐久性が高いガルバリウム鋼板を使用したつり屋根構造も特徴です。

 

カーポートバルコニーの施工は、外構&お庭工事の専門サイトで

カーポートバルコニーには、色々な商品とバリエーションがあるので、十分比較を行いましょう。

カーポートバルコニーの施工に便利なのが「タウンライフリフォーム外構特集」です。

完全無料で、あなたオリジナルのプランと見積もりを作成を作ってもらうことができるので、今すぐ利用して損はありません。

 

カーポートバルコニーの費用価格・設置おわりに

カーポートバルコニーとは、駐車場上のバルコニーです。趣味やくつろぎの場として、スペースの有効活用になります。

バーベキューや天体観測の場、子どもやペットの遊び場、家庭菜園やガーデニングの場など、様々な使い道があります。

カーポートバルコニーの主力商品

カーポートバルコニーには、人気のメーカー品としてYKK AP、LIXIL、三協アルミの商品があります。

● LIXIL「ビューステージ」

⇒ 壁付け式のカーポートバルコニーにしたい時に良い商品です。広さも十分にとることができる作りになっています。

メーカー希望小売価格:約101万円~  ※柱立て式、3間(5,460mm)×9尺(2,685mm)以上の時。

● YKK AP「ジーポートバルコニーneo」

自立式のカーポートバルコニーにしたい時に良い商品です。作りが頑丈でしっかりとしています。

メーカー希望小売価格:約244万円~ ※実売価格が3~5割引きのこともあるようです。

● 三協アルミ「グランフローア」

⇒ 壁材や床材など内容にこだわった上質なカーポートバルコニーにしたい時に良いです。バリュエーションが多数用意されています。

メーカー希望小売価格:約204万円~ ※実売価格が3~5割引きのこともあるようです。

 

なお、古くからの土地などで、もし外構工事にあたり新たに測量が必要な場合に限り、測量の費用がかかります。

カーポートバルコニーのプラン作成が完全無料

あなたの希望やこだわり、また予算に沿ったオリジナルのカーポートバルコニー設置プランの作成」を完全無料で依頼できます。

カーポートバルコニーを検討し始めたばかりの方まずは情報収集として気軽に利用でき、これまでシリーズ累計112万人が利用しています。

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

カーポートバルコニー以外の記事も、合わせて読んでみよう!

● 外構工事について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

● カーポート・駐車場について知ろう!

カーポートおすすめ2台・3台

カーポートバルコニー

カーポートデッキ

ソーラーカーポート

カーポートと台風

外構・駐車場コンクリート

ビルトインガレージの費用

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

カーポートバルコニーについて、次のサイトの記事も参考になるよ!

エクスショップ山創ファミリー庭園リフォームナビひまわりライフハピすむ

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!