和式トイレを洋式トイレにリフォームしたいですよね?

洋式トイレは快適です。新しい綺麗なトイレは気持ちよく使うことができます。しゃがむ必要がなく膝や腰の苦労から解放されます。

和式トイレの洋式化リフォーム意外に、費用を抑えて気軽に行うことも可能です。

和式トイレの洋式化について、方法や費用(価格・値段)をご紹介します。ぜひ、じっくり読んでみて下さい。

なお、和式トイレでも、特に汲み取り式トイレのリフォームの場合はこちらをご覧ください。

和式トイレ洋式化の費用「汲み取り式の場合」

和式トイレが、ぼっとん便所とも言われる「汲み取り式の場合」のリフォーム費用をまずご紹介します。

簡易水洗トイレにする費用

和式トイレ洋式化「簡易水洗トイレとは」

汲み取り式の和式トイレを洋式化する場合に、費用を抑えて洋式トイレにできるのが「簡易水洗トイレ」です。

簡易水洗トイレ(簡易水洗式便所)とは、トイレの「仕組み」的には汲み取り式トイレと同じながら、トイレの「機能や見た目」的には水洗トイレと同じトイレのことです。

汲取り式 簡易水洗 水洗
汲取り 必要 必要 なし
下水代 なし なし 必要
水道代 安い 安い 高い
設置費 ーー 安い 高い

和式トイレ洋式化「簡易水洗トイレ」には、汲み取りの手間を上回るいろいろなメリットがあります。

・汲み取り式より衛生的
・汲み取り式より臭いも少ない
・見た目が水洗の洋式トイレと同じ
・ウォシュレットや自動開閉など高機能タイプもある
・洋式にすれば用を足す時にしゃがまなくてい
・膝や足腰への負担が減る

和式トイレ洋式化の費用「簡易水洗トイレ」へのリフォーム

「簡易水洗トイレ」にリフォームする費用は、約15万円~です。

安い金額感にできるのは「段差工事無し、便器は安いタイプ、パッケージ商品」といった格安時の場合になります。

自分で商品を選ぶなどの場合、一般的な費用目安としては約30万円~です。

(内訳一例)

①トイレ商品関連
・トイレ商品代:約5~20万円
・トイレ設置費用:約8~9万円
・既存トイレ解体処分費用:約2~4万円

②工事関連
壁工事費:約5~6万円
電気工事費用:約5万円
床の段差解消費用:約5~6万円

③内装・オプション関連(例)
トイレ壁紙・クロス張替えトイレ床:約4〜6万円
アクセサリーパーツ:約1~5万円
手洗い場新設:約9~18万円

別途オプションもあります。

簡易水洗トイレへのリフォーム費用の見積もりへ>>

 

汲み取り式を簡易水洗トイレにする費用について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

浄化槽で水洗化する費用

和式トイレ洋式化「浄化槽を利用した水洗化」とは

汲み取り式の和式トイレを洋式化する場合で、下水道が通っていない場合などには「浄化槽」を設置して水洗トイレにします。

「浄化槽」という「生活の中で発生した汚れた水を、キレイにして川に流すための装置」であるタンクのようなものを地下に埋めます。

そこにトイレ排水を流し込んで、さらに下水に流します。

大工の梁大工の梁

浄化槽の中には微生物が入っているため、汚水はある程度きれいになって、固形物は微生物が分解して泥になって浄化槽の底に沈みます。

上澄みが下水道に流れ、汚水処理場できれいに処理されて川に流されます。

(参考)浄化槽とは。その費用・価格

和式トイレ洋式化の費用「浄化槽を利用した水洗化」リフォーム

浄化槽を利用した「水洗トイレ」にリフォームする費用の一目安は約90万円〜です。

(内訳一例)

トイレ部 計:約35~75万円
・トイレ商品: 約5~20万円
・既存トイレ解体処分費: 約2~4万円
・段差解消工事費:約5~6万円
・トイレ設置費用:約8~9万円
・電気工事費:約5万円
・天井や床の内装費用: 約5万円
・別途オプション費 ※:約5万円

浄化槽部 計:約90~175万円
・浄化槽 本体費用:約15~50万円
・浄化槽 設置費用:約40~70万円
・浄化槽 申請補助費:約5~6万円
・既存の便槽取壊し・撤去:約5~10万円
・配管工事費: 約10~20万円
・排水枡工事: 約5~6万円
・廃棄物処理費:約3万円
・諸経費:約7~10万円

※、生活用水と合わせて処理する「合併処理浄化槽」を利用し設置申請した場合は、大きさなどに合わせて約30~60万円程度の補助金が自治体から支給されます。

和式トイレ洋式化の費用「浄化槽を利用した水洗化」まとめ

洋式化する必要が、この補助金も考慮した時実質合計約90万円〜になります。

浄化槽を利用した水洗トイレへのリフォーム費用の見積もりへ>>

 

浄化槽を利用してのトイレの水洗化について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

 

和式トイレ洋式化の費用「既に水洗化されている場合」

 

既に水洗化されている和式トイレを洋式化する費用は、汲み取り式の和式トイレと比べると安く済むことが多いです。

タンク式トイレの費用

既に水洗化されている和式トイレから、タンク式の洋式トイレに変える費用の目安は、約27万円~53万円程度です。

(内訳例)

合計 約27~53万円
商品代 4~20万円
工事費 20~29万円
内装費 3~4万円

床の段差があったり、内装も新たにするとリフォーム費用があがっていきます。

タンクレストイレの費用

和式トイレ洋式化「タンクレストイレ」とは

便器の後方に貯水タンクがないトイレが「タンクレストイレ」です。

タンクレストイレには、貯水タンクがありません。トイレを水道管に直接つなげて、電気を使って水を流します。

タンクレストイレは、タンク式のトイレと比較して、次のようなメリットがあります。

① スペースを広く利用できる
② 見た目がすっきりしている
③ お手入れがしやすい
④ 連続して洗浄ができる
⑤ 節水効果が高い

トイレリフォーム時に約4台に1台がタンクレストイレを選んでいるというデータもあります。(2008年TOTO調査)

和式トイレ洋式化の費用「タンクレストイレ」へのリフォーム

既に水洗化されている和式トイレから、タンクレスタイプの洋式トイレに変える費用の目安は、約31万円~86万円程度です。

床の段差を解消する工事費用や、電源の新設のための配管費用・電気工事費用が増えたり、壁工事費用が発生してきます。

トイレ商品費用: 約8~35万円
・既存トイレ解体処分費: 約2万円
段差解消工事費用: 約6万円
壁工事費用: 約6万円
・トイレ設置費用: 約5万円
配管費用: 約3~5万円
電気工事費用: 約1.5~4万円

他、オプション

タンクレストイレへのリフォーム費用の見積もりへ>>

 

既に水洗化されている和式トイレから、タンクレストイレにする費用について、詳しくはこちらの記事をご覧ください。

ウォシュレット設置時

東芝 温水洗浄便座 クリーンウォッシュ パステルアイボリー SCS-T160

タンク式トイレでも、タンクレストイレでもウォシュレットをつけられます。

ウォシュレットにする場合の費用は、上で紹介した費用の幅の中に入ってきます。

ウォシュレットには「貯湯式」と「瞬間式」という2つのタイプに分かれるので違いを把握しておいて下さい。

また、ウォシュレットは、正しい「使い方」をする必要があります。

もし設置する際にはあらかじめ把握するようにしましょう。

和式トイレ洋式化の費用「かぶせるだけ」

簡易洋式トイレの費用

和式トイレの洋式化「簡易洋式トイレ」とは

和式トイレを洋式に 【リホームトイレ】段差のある和式トイレ用 両用式

簡易洋式トイレは、和式トイレにポンとかぶせるだけで洋式トイレに早変わりする商品です。

 

簡易水洗便座や、リホームトイレとよぶこともあります。

工事が必要ありませんし、費用も安いので、気軽に利用することができます。

和式トイレ洋式化の費用「簡易洋式トイレ」の設置

簡易洋式トイレは、3,000円台くらいから商品があり、1万円未満の商品が大半です。

和式にかぶせるだけで洋式になる簡易洋式トイレについてこちらの記事で詳しく紹介しています。

TOTOスワレットの費用

和式トイレ洋式化「TOTOスワレット」とは

TOTO トイレ スワレット【CS501】+ウォームレットS【TCF116】 パステルアイボリー#SC1

スワレットは、TOTOが販売する、既存の和式トイレを活かして、簡単に洋式トイレに変えることのできる商品です。

普通便座だけでなく、ウォシュレットも設置可能です。また、陶器製のため、プラスチック製の簡易洋式トイレより掃除がしやすいです。

 

簡易洋式トイレと異なり置くだけはなく工事は必要ですが、簡単な工事で済みます

和式トイレ洋式化の費用「TOTO スワレット」取り付けリフォーム

TOTO スワレット(和風改造用便器) パステルアイボリー CS501#SC1

スワレットは「商品価格(本体+便座)+ 取り付け工事費」で約4万円台から、取り付け工事ができます。

総額の費用幅は、約4~20万円で、内訳一目安は次の通りです。簡易水洗トイレと比較すると安く済みます。

費用内訳
① スワレット本体  約2~3万円
便座費用 約 約0.5~9万円
取付工事費 約1.5~3万円

オプション
手すり:約2.3~2.5万円
踏み台:約0.3~0.5万円
洗浄管の取替:約1万円
電気コンセント設置:約1万円

TOTOスワレット設置リフォーム費用の見積もりへ>>

 

TOTOスワレットについて、こちらの記事で詳しく紹介しています。

 

和式トイレを洋式にリフォームする費用を抑える3ポイント

いつか洋式トイレにすることが必要になるならば、費用を抑えて1日でも早く便利なトイレにした方が得です。

トイレのリフォーム費用を安くする数々の方法の中から、必ず抑えたい重要度が高い3つの方法をご紹介します。

【第3位】洋式トイレ便座の価格を抑える

洋式トイレの商品は、ウォシュレットの有無など機能に応じて費用に幅があります。

リフォーム業者から商品提案を受けた後に、必要以上に機能がある高い商品ではないかしっかり確認しましょう。

【第2位】和式トイレ洋式化の工事・内装など「必要な範囲」のリフォームにする。

できる限り理想のトイレ環境を目指しながらも、予算に見合った落としどころを見つけていく必要があります。

トイレのオプション機能や備品、内装など必要な範囲や内容は何かをしっかりと考えていきましょう。

第1位】和式トイレ洋式化リフォームの費用見積りとプランの「複数業者比較」は最重要

トイレリフォーム激安・格安を目指して価格を下げるには、トイレ施工業者のリフォーム見積もり比較は一番重要です。

業者により、提案される材料のグレード仕入れ値などが異なり、同じ工事でも費用に差がでます。

業者には、まず始めは次の2つを伝えて一度検討を任せれば大丈夫です。

① 和式トイレを洋式トイレにリフォームしたいこと

② あなたの予算目安

いろいろなプランを集めることで、よい検討材料になり見る目も養われます。

トイレ洋式化の業者探し

和式トイレ洋式化リフォーム施工業者の比較は必須。でも、大変です。

洋式トイレの施工業者比較は、普通に行おうとすると膨大な手間が発生します。

【1】 業者候補リストアップ
【2】 安心な業者か評判口コミ調査
【3】 トイレ工事を行っているか候補各社への電話確認 などです。

和式トイレの洋式化リフォーム費用「一括比較」なら手間がかからない。

洋式トイレ設置で優良なリフォーム会社を探すには「一括比較」が時間もかからず確実な方法です。

一括比較では、厳正な審査を通過したリフォーム業者のみ登録が認められていて、紳士的に対応してくれます。

【完全無料】最大50%オフの一括比較「リショップナビ」

和式トイレの洋式化リフォームは、一括見積の利用で価格を抑えることにつながります。

特に「最大50%オフ」も打ち出しているのが、リショップナビです。

洋式トイレは毎日のトイレ利用が快適になるので、安く抑えて早くかえないと、もったいないです。

 

和式トイレの洋式化リフォーム工事を、信頼ある業者に依頼

トイレ洋式化のリフォームは、信頼できる業者に依頼したいですよね。

トイレ洋式化の費用一括比較ができるリショップナビでは、厳しい加盟審査に通過した会社のみが紹介されるので安心です。

衛生的で使い勝手がいい洋式トイレにできる優良業者は人気のため早めの依頼が必要です。

 

(参考)リショップナビの評判・口コミ

 

私の祖母の家の和式トイレも、洋式トイレにリフォーム工事しました。

もう昔の話ですが、和式トイレだった私の祖母の家も、祖母が高齢になったために洋式トイレにリフォームしました。

昔ながらの古いトイレで狭くはありましたが、キレイな新しい洋式トイレに見違えるように変身しました。

それまで祖母の家のトイレが嫌いだった私も、何も気にせずに普通に使えるようになりました。

そして今考えてみると、祖母は高齢になるまで毎日、膝や足に負担をかけながら和式トイレを利用していたわけです。

もっと早く洋式トイレにしていれば、どれだけ負担が減ったことだろうと思います。

農家で体力があったとは言え、つらい思いをさせてしまっていたなと悔いもあります。

あなたと、あなたのご家族には大変な思いをして欲しくありません。

和式トイレの洋式化リフォーム「リフォーム安心保証制度」があります。

リショップナビを介して工事をすると、万が一、工事中や工事完了1年以内に工事瑕疵が発覚した場合の損害補償制度があります。

工事への不無く安心してリフォームに臨むことができます

 

40代以降は、膝(ひざ)に注意!

ひざが痛む「変形性ひざ関節症」は40代から増え始め、日本には潜在患者が約3,000万人いるそうです。(出典:毎日新聞

和式トイレでひざに負担をかけ続けて悪化すると、歩行困難・寝たきりになることも介護者の負担も増えます

25歳からももの筋肉は衰えます。

トイレでしゃがむ時に使うももの筋肉(大腿四頭筋)は、身体の中で最も衰えの早い筋肉です。(出典:日経Goody)

65歳で25歳の約60%まで落ちます。その後も筋肉は更に落ち続けます。ひざ痛の発症や悪化にもつながります。

ひざの痛みや負担が気になる場合は、早く和式トイレの対策としてのトイレを検討しましょう。

 

一人で悩みを抱えず、早く誰かに相談する。

トイレ洋式化を検討している方には「悩みを一人で抱えこんでいる方」も多いです。

ご自身の足腰、臭いの我慢の苦労
高齢のご家族のご心配
小さなお子様の安全面の心配
・ 古くなってきた住まいへの心配
・ トイレ改修の費用の心配
・ (アパート大家の方)入居率の心配

あなたも悩みをかかえていませんか?

早くその不安を、周囲の人や専門家など相談できる相手と共有することで、悩みにあった適切な対策や、費用面の工夫が生まれます。

あなたの苦労や心配を取り除きましょう。

和式トイレを洋式トイレにリフォームする費用比較をコンシェルジュに無料サポートしてもらえます。

コンシェルジュに電話で要望を伝えると、洋式トイレ設置に最適な業者探しなどサポートしてもらえるのがリショップナビです。

約30秒で登録することができます。

夜の場合は電話は翌日以降です。まず先に登録だけ済ませましょう。

まず見積りを集めることは、洋式トイレを安く設置するためには必要です。

 

トイレ収納棚費用(参考)

飾り棚 ニッチ

ニッチ】とは、壁の厚みを利用して、壁を少しくり抜いて作る棚・収納スペースのことです。

トイレは狭い空間ですが、ニッチがあることでオシャレに見せることができます。また、本や雑誌などの置き場にすることもできます。

ニッチの設置費用は、大きさや作りこみによって様々ですが、簡単なものは1箇所あたり約1~3万円程度。

せっかくのトイレリフォームの機会、お洒落なリフォームもしてみてはいかがでしょうか?

ニッチのリフォームについては、こちらの記事をご覧ください。

和式トイレの様式化など多くの人が利用するリフォーム見積もり

リフォーム一括見積りができるリショップナビは、2018年4月現在で、累計利用者数400万人突破とサイト上で公表されています。

多くの人が利用しているリフォーム一括見積で、簡易水洗トイレでの利用にも安心できます。

 

和式トイレを洋式にリフォームする費用と方法 おわりに

和式トイレは、足腰がつらいですし、見た目も古いのが嫌ですよね。

そこで洋式トイレにすれば、見た目も新しく足腰の負担もなく便利に利用できます。

様々な方法があるので、希望や予算にあった方法を検討してみて下さい。

和式トイレの様式化で、優良なリフォーム会社を見つけるには

正確なリフォーム金額を知るためには、「現地調査」を受ける必要があります。

そのとき大事なのが、複数社に依頼して必ず「比較検討」をするということ!

「リフォーム会社を探して問い合わせるのが億劫・・・」

「複数社に何回も同じ説明をするのがめんどう・・・」

そんな方にカンタンに無料で比較見積もりが可能なサービスがあるのでぜひご利用下さい。

和式トイレを洋式トイレにリフォームする費用を安く!

トイレ洋式化リフォームを安く行うならば、トイレリフォーム費用を一括比較できるリショップナビです。

専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので、安心してリフォーム検討できます。

 

(関連参考記事)

リフォームの費用・価格!値段料金・金額予算

 

リフォーム見積もり比較

 

以下、参考リンクです。

 

 

 

大工の梁大工の梁

記事が気に入った時はぜひシェアして下さいね。LINEで家族に送るのも便利です。