この記事では、2階ベランダ・バルコニーなどへの【サンルーム/テラス囲い】の後付けについて、メリットや注意点、価格、人気商品などをご紹介します。

2階ベランダなどサンルームの後付けリフォーム【重要点・1分まとめ】

1分間で【この記事のまとめ】として次の3つをご紹介します

・サンルームの魅力

・商品例と2つの注意点

・価格例と選び方

ここを読めばサンルーム設置について分かります!

サンルームの魅力って?

2階ベランダなどサンルームは、洗濯もの干しに便利!

(画像提供:YKK AP)

サンルームは何より「洗濯もの干しに便利!!」です。

天気や花粉の心配をしないで洗濯物を干せます。外出中の急な雨にも慌てません。部屋干しのように日常スペースの邪魔にもなりません。・・まさに神スペース!

布団もそのまま干せます。夜、帰宅後に洗濯機をまわした後でも除湿器をかければそのまま干しておけます。

2階ベランダなどサンルームは、リラックス空間として最高!


サンルームに入ると、気持ちいい太陽の光で、寒い日でも身体がジワりと温かくなります

サンルームはとても心地よい場所。ゴロ寝したり、子供や猫と遊んだり、紅茶を飲みながら読書をしたり、無限の時間を過ごせます。

商品例と2つの注意点

サンルームにも、各ご家庭の希望に合う、色々な商品があります。

2階なら「テラス囲い」という簡易に設置できるタイプ、1階なら「ガーデンルーム」という庭とのつながりを作りやすいタイプが多いです。

例えばリクシルの「サニージュ」は、商品バリエーションが多く排気や除湿のオプションも多いです。

また、三協アルミの「晴れもよう」は、本体や床のカラーバリエーションも多いです。

2階ベランダなどサンルーム後付けで、特に気を付けたい2つの点

サンルームの設置にあたり、特に気を付けたい点2つをご紹介します。

出典:YKKAP

1つめは、通気・換気・開閉などの機能をつけること

洗濯物の乾きをよくするには「風」が重要なためです。例えば、採風ドアがついていたり、風が入りやすい縦滑り出し窓などがついていると換気効率がアップします。

出典:リクシル

2つめは、日よけシェードや断熱シートなどをつけること。

夏場は暑くなることもあるためです。他にも、熱を吸収する機能の屋根材を選ぶ、窓に網戸をつけるなどの方法があります。

価格・値段と選び方

2階ベランダなどサンルーム後付けの価格・値段はいくら?

サンルーム(含テラス囲い)を設置する価格の「目安」は、安いものは20~30万円台、中心価格帯30~60万円台です。

広ければより高くなりますし、より高級タイプもあります。

一例として、こちらのセットは、基本工事費込み約33万8千円です。※ 2019年1月1日現在

ただし、サンルーム施行の実際の価格を知るには「あなたの希望と家の状況に合わせたプラン作り」が必須です。

どんな設置を行いたいかや、あなたのご自宅の設置場所の広さや状況によって、価格は変わります。

また、複数のプラン比較をしながら知識をつけることが、失敗しないためには必須です。

そのため、結論として、あなたが実際に地域の業者に見積りをとって具体的に確認する必要があります。

2階ベランダなどサンルーム後付けで、施工業者の比較は必須。でも、大変です。

サンルームの施工業者比較は、普通に行おうとすると膨大な手間が発生します。

【1】 業者候補リストアップ
【2】 安心な業者か評判口コミ調査
【3】 候補各社への電話確認や依頼 などです。

2階ベランダなどサンルーム後付けの商品や費用のプランを、一括比較できます!

サンルームの施行プランを気軽に無料で簡単に一括比較できるのが「タウンライフ」です。

あなたの家の状況や、希望に合わせた、サンルームの商品や施行、費用のプランを作ってもらうことができます。

(もし、新築予定の方の場合は「家の間取りプラン全体」も作ってもらえます)

2階ベランダなどサンルーム後付けで失敗しない、アイデア・アドバイスが充実。

たしかに、リフォーム「費用見積り比較」サービスは他にもあります。

しかし、タウンライフなら具体的な商品・施工プランまで作ってもらえ、また、アイデアやアドバイスが充実している点で違い、おすすめなのです。

私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりと資料や提案が届きました。

営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持って比較をすることができます。

サンルーム検討時の「 ’自分にあった’ 情報収集や比較検討の材料集め」に適しています。

3冠を獲得・112万人が利用。

タウンライフは、テレビCMを行っていないため広くは知られていません。

しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。

3冠の中には、「利用満足度」や「サイト利用者安心度」などがあり、安心できるサービスを利用したい方に向いています。

2階ベランダなどサンルームの後付けプランを作ってくれるのは、厳選されたプロの専門家。

サンルームのプラン検討や、家づくりプラン検討は、安心できる業者に任せたいもの。

タウンライフでは「厳格な国家基準をクリア」した信頼ある住宅会社のプロの専門家にプランを無料作成してもらえます。

全国約万の施工店の中から、リフォームは約300社、注文住宅は約600社が厳選登録しています。

たしかに、事前の登録に約3分が必要になってしまいます。

しかし、気軽に無料で利用でき、あなたの希望に合うサンルームのプランを作ってもらえるため、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


2階ベランダなどサンルーム後付けプラン作成よくある質問

「Q. 利用したら契約しないといけないのでは?」
契約の義務は全くありません。タウンライフはあくまで「一括資料請求サイト」で、契約を斡旋されたり迫られることもありません。

「Q. 本当は何かお金がかかるのでは?」
完全無料で利用できるサービスです。住宅会社の広告宣伝費で運営がなりたっているため、無料サービスが実現しています。仲介手数料なども一切かかりません。

「Q. 申込み後の流れはどうなるの?」
はじめに、入力内容の確認連絡があります。その後、希望条件に合わせた資料が届きます。じっくり比較して下さい。

「Q. 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。」
一切ありません。希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載すれば、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。

「Q. 現場写真データの添付は必要ですか? 」
無くて大丈夫です。登録時に任意で画像データ添付欄がありますが、もし後により話が具体的になった時で大丈夫です。

タウンライフは私も利用しています。

他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているため、私も安心しておすすめできます。

詳細はこちら>>>

 


以上で【重要点のまとめは終わり】です

以下は補足です。ここまでの内容と一部重複し、全体の読了目安は約10分間です。

2階ベランダなどサンルーム後付け施工例・おしゃれ商品【以下、補足】

2階ベランダサンルーム化

2階ベランダなどサンルーム後付け商品例「安い」価格帯

サンルームで「安い」と言われる価格帯は、工事費込みで約20~30万円台程度をさします。

サンルームの簡易版「テラス囲い」で安く設置できるタイプがある商品には以下などがあります。

・YKK AP「サンフィールⅢ」

・リクシル「サニージュ」

・三共アルミ「晴れもようⅢ」

※ただし、オプションや仕様でより高いタイプもあります。※ 以下に記載する価格も、仕様一例になり、価格は上下動します。

YKK APのテラス囲い(2階ベランダ後付け可)

「サンフィールⅢ」

最も安く設置することが可能なテラス囲い

YKK APのテラス囲いは最も安く設置することができるテラス囲いです。オプションを付けない基本価格では最も安いです。

商品タイプによって工事費込みで約20万円~で設置を行う業者もあります。

2階の場合、壁付け式や、屋根置き式など各ベランダにも設置することができます。

こちらの動画で、分かりやすく詳しく紹介されていています。

風通しも考慮されており、先ほどご紹介した、風の出入り口となり空気循環する「エアルーバー」を、正面側の柱2か所の柱部分に設置することもできます。

サンフィールは、「安くサンルームを設置したい方」は、今すぐ検討する価値があります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

リクシルのテラス囲い(2階ベランダ後付け可)

「サニージュ」

オプションにもすぐれ、好みのタイプを見つけやすい。

リクシルのサニージュも人気のテラス囲いの一つです。商品バリエーションが豊かで希望に合ったタイプを選びやすいです。

2階の場合でも、様々なタイプのベランダに設置することが可能です。

換気・除湿のオプションも多いです。例えばこちらの「縦滑り出し窓」を2か所に設置すると換気効率がアップします。換気扇や、採風ドアなどもあります。

また、「エコカラットプラス」をつければ、カビや結露の抑制や、空気中の有害物質の吸収なども効果があります。

サニージュは、「自宅に合うプランを色々考えたい方」は、今すぐ検討する価値があります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

三共アルミのテラス囲い(2階ベランダ後付け可)

「晴れもようⅢ」

洗濯物干しに特にこだわりたい方に。

洗濯物干しのしやすさに力を入れているのが「晴れもよう」です。上の二社と比較すると若干費用が高くなります。

特に「風の流れ」などに独自の工夫がほどこされていて、次の動画で確認できます。

デッキ材や、本体のカラーバリエーションが多いことも特徴です。

先ほどのリクシルのサニージュ同様に、様々なタイプの2階ベランダに設置することが可能です。

設置方法の違いはもちろん、狭いタイプ(ベランダの半分利用など)〜広いタイプまで幅広くあります。

晴れもようは、「洗濯物干し」が一番の目的の方は、今すぐ検討する価値があります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

2階ベランダなどサンルーム後付けで選べる機能等

サンルーム(テラス囲い)を設置する時に、選択するポイントがいくつかあります。YKK AP「サンフィール」を例に4ポイントご紹介します。

後付けする場所

あなたが設置したいベランダはどのようなタイプですか?

2階の場合、既存のバルコニーを活用したり、屋根の上に置いたりすることができます。

窓の開口

窓や、採風、出入り口などは、あなたはどのようなタイプにしたいでしょうか?

折りたたみする窓や、引き戸の窓、固定された窓、高い位置のみ窓にするなど様々なパターンから選べます。

床材

床や、柱などの材料は、あなたはどのようなテイストを選びたいでしょうか?

(画像提供:YKK AP)

温かい木調を選ぶことも、シンプルなグレイ調を選ぶこともできます。テラス囲いにつながる室内と雰囲気を合わせてもよいでしょう。

オプション機能など

物干しのタイプ、高さや、目隠しのパネル、天井カーテンなどを選ぶことができます。


このように、サンルーム一つにもいろいろ検討するポイントがあります。

「予算や希望に合うプランを知りたい方」は、今すぐプラン作成をしてみてはいかがでしょうか?

プラン作成詳細はこちら>>>

 

 

無料で、2階ベランダなどのサンルーム後付けプラン一括比較ができます。

タウンライフでは「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルのサンルーム施工プラン作成」をすぐ無料依頼きます。

洗濯物干しのためや、家族のスペースのためなど、どのような目的でも簡単・気軽に無料依頼できるのです。

業者探しに疲れることなく簡単にプランを比較することができます。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

YKK、リクシル、三共アルミなど各社の商品の中から、施工場所に合わせた商品プランを提案してもらうことができます。

②「費用・お見積り」

施工場所・、方法、サイズ、各種オプションなどによる具体的な費用がわかります。

③「アイデア・アドバイス」

換気や除湿、日よけといった悩みへのより具体的なアドバイスももらえます。

まずはご自宅と、あなたの希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフは、サンルーム施工をまだ決めていなくても、今すぐ利用すれば、情報収集・比較検討の材料集めとして便利です。

詳細はこちら>>>

 

 


2階ベランダサンルーム後付けの価格・値段・相場

二階のベランダ・バルコニーへの設置は、最安価格帯で30万円前後からです。

サンルームの安価版「テラス囲い」を設置する時の費用です。

30万円前後にもなるのは、今あるベランダを活用す「バルコニー納まり」タイプです。

2階へのサンルーム設置には、他に、柱立て式、屋根置き式、部分囲いタイプ、などのタイプがあります。

2階サンルームで多いのは、工事費込みで、40~60万円台程度と、1階よりも10~20万円程度多い予算での施工です。

2階ベランダなどサンルーム後付けの価格・値段・相場が変わるポイント

(画像提供:三協アルミ)

サンルーム後付け費用は、次の3ポイントで変わります。

サンルームの広さ

広くなるほど費用があがっていきます。

② 商品/オプションのグレードアップに伴う費用増

:各約2万円程度
物干しや竿フック、雨どい、ガラスの遮熱加工、床材のグレードアップ など

:各約3万円程度
手すり、ステップ、網戸取り付け など

③ もし、足場や解体が必要になる場合

:足場:+ 10~15万円程度 
・・・窓などを外側から取り付けるために、足場の用意が必要な場合もあります。

:ベランダの一部撤去:+ 10~30万円前後程度 

・・・例えば「笠木(かさぎ)」という手すりの部分の金具を撤去/交換する必要がある場合があります。

ベランダなどサンルーム施工にいくらかかるか気になる方は、今すぐ見積もり依頼をしてみてはいかがでしょうか?

見積もり作成詳細はこちら>>>

 


2階ベランダなどサンルーム後付けプラン無料作成は、利用実績も多くて安心

サンルームのプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

専門家に、まずプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「サンルームに少しでも興味がある方」なら、今すぐ利用しないと損なサービスです。

詳細はこちら>>>

 

 

「1階」サンルーム後付け

●サンルーム後付け「一階」 最安値の費用感

1階サンルームは、工事費込みで約20万円台から設置できるタイプからあります。

サンルームの安価版ともいえる「テラス囲い」タイプを設置する場合です

画像提供:リクシル

● サンルーム後付け「一階」 標準的な価格・費用感

1階サンルームで多いのは、工事費込みで、30~40万円台程度での施工です。

内訳は、工事費が約10万円 + 本体価格が約30万円 などです。

工事費約10万円の内訳例は、基礎工事 4万円、組立て3万円、防水工事3万円などです。

オプションを多く選び、性能が高い商品を選ぶ場合には、約50~70万円程度やそれ以上にもなってきます。

高い場合も100万円未満が多いですが、100万円をこえるタイプもあります。

サンルーム後付けの値段(価格)が「標準価格帯」3商品一挙紹介

ここからは、「ガーデンルーム」とも呼ばれる、庭との空間のつながりもより持ちやすく、庭作りの大きな一要素にもなる商品のタイプをご紹介します。

リクシルのサンルーム(2階は不可)

「エクシオール フィリア」

ガーデンルームとしては低価格帯から設置が可能。

テラス囲いと比べるとやや高くなりますが、それでもサンルームとしては安く、30万円前後で設置工事を行う業者もあります。

出幅が約1.4mから設置することができる狭小用地サイズであることが特徴のガーデンルームです。庭の広さも確保したい場合に向いています。

フィリアは、庭にサンルームを安く設置したい方は、今すぐ検討する価値があります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

リクシルのサンルーム(2階は不可)

「エクシオール ココマ」

リビングから広がる、カフェ風くつろぎ空間に。

ココマはあたたかい木調のデザインが特徴です。リビングから続く、ひと休みしたくなる温かいサンルーム空間にすることができます。

部屋から見た空間がシースルー素材でフィックスされているため、開放感と居住性が組み合わさっています

また、腰壁を設けることもできます。リビング空間がそのまま広がったような印象を出すことができます。

ココマは、カフェ空間のようなサンルームを設置したい方は、今すぐ検討する価値があります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

三共アルミのサンルーム(2階は不可)

「ハピ―ナ」


三協アルミのハピ―ナは、多彩な開口部バリエーションが可能で、室内と庭とのつながりを楽しむことができます。

ウッドデッキと合わせても素敵になります。

(参考)ウッドデッキの費用・価格!リフォーム施行

 

外遊びが好きなお子様がいるご家庭や、庭でのガーデニングが好きな奥様のいるご家庭などに良いでしょう。

こちらの動画で詳しく紹介されています。

ハピーナは、庭とのつながりがあるサンルームを設置したい方は、今すぐ検討する価値があります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

サンルーム後付けの選べる機能等

ガーデンルームタイプのサンルームにも選べる機能があり、商品にもよりますが、リクシル「フィリア」の例でご紹介します。

天井の日よけや、カーテンをつけることもできます。

虫よけ網や、網戸、物干しをつけることもできます。

「予算や希望に合うプランを知りたい方」は、今すぐプラン作成をしてみてはいかがでしょうか?

プラン作成詳細はこちら>>>

 

 

2階ベランダなどサンルーム後付けで「タウンライフ」が選ばれる理由

サンルームの検討開始に、タウンライフが選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切なサンルームプランが届きやすいです!

③ 施工が前進する
希望のサンルームのプランや費用を簡単に集められることで、施工の良いスタートがきれます!

サンルームがあると洗濯物干しや休憩の場など便利です。思い立ったが吉日ですよ。

2階ベランダなどサンルーム後付けプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフを利用して良かったと感じております。

タウンライフは、サンルームのアイデアが欲しい方にとって、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


サンルーム後付け「高価格帯」商品3選

高価格帯の商品は、庭作りの中でも目を引く存在となります。家の外観や門柱などとも雰囲気を合わせ、上手に仕上げましょう。

リクシルのサンルーム(2階は不可)

「エクシオール 暖蘭物語」

細部までこだわった作りの高級品です。

オープンエアを満喫でき、心地よく、贅沢な時間を過ごすことができます。価格帯は100万円を超えてきますが、国内メーカーのサンルームとしては最高級品の一つです。

パネルを全面・左右ごとに自由に開閉できます。腰壁タイプも可能です。

暖蘭物語は、高級なサンルームを庭に設置したい方は、今すぐ検討する価値があります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

三共アルミのサンルーム(2階は不可)

「M.フレージ」

折り戸で全開放でき、庭へのつながりがスムーズです。

家の中・外を気軽に行き来できて、また気持ちのいい風が入ります。小さいお子様やペットのいるご家庭などにも使いやすいでしょう。

テラスタイプや、フルオープンタイプなど、多彩な空間づくりができます。

こちらの動画で詳しく紹介されています。

外国の住宅かのようなガーデンルーム空間にもなります。

Mフレージは、庭とのつながりがある高級なサンルームを設置したい方は、今すぐ検討する価値があります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

リクシルのサンルーム(2階は不可)

「エクシオール ジーマ」

四季を感じる、現代版の軒空間

「四季を軒先で感じる」ことをコンセプトにつくられている、上位商品の一つです。

扉を2枚1組で動かすことができます。

透明な屋根のタイプでは、明るい陽射しを浴びながら、食事をすることもできます。

天井付きタイプもあり、昼は日差しを避け居心地よく、夜はライトに照らされた上質なリラクゼーション空間となります。

こちらの動画で詳しく紹介されています。

ジーマは、庭の季節の草花や、BBQなど庭で季節のアクティビティを楽しみたい方は、今すぐ検討する価値があります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

サンルーム後付け増築「高価格帯」費用と施工

上位品サンルーム・ガーデンルーム商品の場合は、約100万円以上での施工が増えるでしょう。

商品カタログのメーカー希望小売価格はもっと高いですが、施工業者の仕入れ値は約3~4割程度のため、工事費込みでも安くなります。

広さや、商品、選ぶオプションで費用が変わるために、業者への費用見積りが必要です。

見積もり作成詳細はこちら>>>

 

 

2階ベランダなどサンルーム後付けプラン相談・成約でプレゼントがもらえます。

タウンライフで「無料相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

また、タウンライフを介してサンルームのリフォーム成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

詳細はこちら>>>

 

2階ベランダなどサンルーム後付けのメリットと注意点

サンルームとは?

サンルー厶
画像出典:modernize.com

サンルームは、太陽からの自然光をたくさん取り入れるために、開口部分や、屋根をガラス張りにした部屋のことです。

居室と同じように利用できますし、サンルームがうまく設置された住まいは、とても素敵な家になります!

テラス囲いとは?(サンルームとの違い)

(画像提供:三協アルミ)

サンルームの簡易版のような存在の「テラス囲い」というものもあります。

「テラス」として販売している商品の側面をガラスで囲ったものが、「テラス囲い」です。

サンルームとくらべると気密性が低く外気温の影響は受けやすいですが、洗濯物干しには便利ですし、価格的にも安くすみます

そのコストパフォーマンスから、広く選ばれています。

2階ベランダなどサンルームの後付けのデメリットと対策の概要

たしかに、サンルーム後付けにはデメリットもありますが、対策方法もあります。

① 夏の暑さ対策

日よけシェードや断熱シートを使うか、暑さ対策のオプションをつけましょう。

② 汚れ対策

定期的に掃除するか、汚れ対策のオプションをつけましょう。

③ マンションはNG(が大半)

マンション管理規約を確認しましょう。

④ 建築確認申請(建蔽率)

建蔽率内で建てるように業者に相談しましょう。

⑤ 固定資産税

年間1~2万円の支出を想定しておきましょう。

2階ベランダなどサンルーム後付け(1・2階)のメリットの概要

(画像提供:三協アルミ)

サンルーム設置には、デメリット以上にメリット・魅力がたくさんあります。

リラックス空間になる。

開放感が生まれる。

ガーデニングに利用できる。

ペットや子どもの遊び場になる。

光熱費の節約になる。

洗濯物を干す時に便利

– 雨・風などの対策になる。

サンルームにはデメリット以上に、魅力的なメリットが多いので今すぐ検討する価値があります。

サンルームプラン作成詳細はこちら>>>

 

サンルームのメリット10それぞれについてご紹介していきます。

サンルーム設置のリフォームのアイデアを膨らましましょう。

リラックス空間

(画像提供:LIXIL)

サンルームはオシャレで自然光も入ってきて、心地よいスペースです。

太陽の光をあびながら、ちょっと読書をしたり、イスに腰かけてコーヒーを飲んだり、夜には夜空を眺めたりと、いい時間をすごすのに適した空間です。

周りの庭に芝生を植えても素敵ですよね。(人工芝はデメリットとした価格の高さなどがありますが、耐久性が高くおすすめです)

サンルーム・ガーデンルームがあると、毎日のくつろぎの場として使うことができます。

(画像提供:三協アルミ)

上位商品のサンルーム・ガーデンルームを選べば、その上質なつくりの空間の中で、よりここち良い時間を過ごすことができます。

なお、リラックス空間としてベランダを増築する方法もあります。

(参考)ベランダバルコニーの増築・後付け・拡張

ガラス面が広い「開放感」

サンルーム
画像出典:suncoastenclosures

ガラスを使用している空間が通常の部屋よりも広いために、室内まで光が入り明るい空間になります

外もみえて、開放感を得られるでしょう。

(画像提供:LIXIL)

サンルーム・ガーデンルームは、室内空間とのつながりをより楽しめることも特徴です。居室と一続きになった空間なら気軽に行き来でき、サンルームをより楽しむことができます。

(画像提供:三協アルミ)

屋内だけでなく、庭との行き来もしやすさも、使いやすさにつながります。子どもやペットの遊び場に、庭でバーベキューを楽しむ時の休憩スペースになど、色々な使い方があります。

サンルームプラン作成詳細はこちら>>>

 

なお、スペースが限られる場合に、駐車場上にバルコニーを設置する方法もあります。

(参考)カーポートバルコニー

 

ガーデニング利用

サンルーム
画像出典:materialicious.com

サンルームは、強い雨や風を避けられ、また、寒暖差を和らげることができるために、植物の管理が手軽になります。

趣味のガーデニング用として、観葉植物や冬越しのために鉢上げした花などを置いたりして利用することもできるでしょう。オシャレなインテリア空間としての演出にもつなげられると思います。

 

ペットや子どもの遊び場

サンルーム
画像出典:fourseasonskc.com

ペットとして飼っているワンちゃんやネコちゃんの遊ぶ空間、また一緒に過ごす空間として利用できます。

寒い季節でもポカポカとした陽だまりの下で、くつろぐことができます。夏場に、子どもがビニールプールで遊ぶ空間などとしてもよいかもしれません。

サンルームプラン作成詳細はこちら>>>

 

洗濯物の風雨対策

(画像提供:三協アルミ)

天気に関わらず洗濯物を効率的に干したいものですよね。サンルームがあれば、雨も気にしないで洗濯ものを干すことができます。

サンルームがあると洗濯物干しに便利です。雨の日でも干せます。また共働きや外出中など、急な雨で洗濯物が取り込めなくても大丈夫です。部屋干しのように日常スペースの邪魔にならず、急な来客にも慌てません。

洗濯物
寝室が2階にあるご家庭も多いと思いますが、布団もそのまま干すことができます

さらに、もしサンルームにしたベランダに洗濯機を設置したら、洗濯物をあらってそのままその場に干すこともできます

帰宅後に洗濯機をまわし、除湿器をかけて夜にそのまま干しておくこともできます

風通しで乾きやすく
(画像提供:YKK AP)

洗濯物の乾きには「風」が重要です。サンルーム商品には風通しを良くする、通気・換気・開閉などの機能がついているので、しっかり選びましょう。

上の図はYKK AP商品の機能です。正面側の柱2か所の柱部分に空気を通す「エアールーバー」があり、風の出入り口となり空気が循環します。

ちなみに、窓だけよりも、サンルームがあることで、居室内の風通しも良くなります

風上側の窓を開けて、風下側の窓を閉めると、室内に窓の約8倍の風を取り込めるそうです。

北海道のような、濃霧発生地域(低音・多湿地域)においても有効性が高いです。引用元

(画像提供:YKK AP)

扉を開閉できるタイプを選び、晴の日は普通の屋外と同じように乾かせるようにするのも一つの手です。

ロンロンロンロン

わたしの住み家も夫婦共働きなので、サンルームの存在には助かっています。

もし、予算的に難しい場合は、屋根のみ設置という方法もあります。

(参考記事)ベランダ・バルコニー屋根取付け費用は約13~70万円【雨よけ】

また、もしすでに、雨漏りが心配な場合はこちらをご覧くださいね。

(参考記事)ベランダ雨漏り、防水 修理費用は約3~100万円

洗濯物の花粉対策

サンルームにすることで、花粉が付きにくくなります。

毎年季節になると花粉に悩まされる方も多いのではないでしょうか。

大工の梁大工の梁

花粉は大量に空中を飛んでいて洗濯物にも付着します。

黄砂・PM2.5・降灰対策

サンルームがあれば、黄砂、PM2.5、降灰などへの対策にもなります。

春になると中国大陸から飛んでくる黄砂。健康への影響も懸念されるPM2.5が付着してくることもあります。

自然が多い地域の虫・蜂対策

サンルームがあれば、虫やハチを避けることができます。

洗濯物の紫外線対策

紫外線が強いとお肌のシミ・ソバカスなどの原因になってしまいますが、実は洗濯物にも影響があります。

衣類も素材によっては紫外線を浴びることで、衣類の染料が化学変化をおこして色褪せを起こすことにつながります。

光熱費節約・室内の温度調整

外気が部屋の中に伝わるまでにサンルームが間に入ってくれるために、住まいの断熱性が高まります。

壁から離れた位置で日差しを遮ることで、夏でも熱による温度上が抑えられます

逆に、寒い冬場は、太陽が出ていればサンルームが温かくなり、その効果で冬も部屋も温まります

このような理由で光熱費の節約になるのです。

2階ベランダなどサンルーム後付けでもっと満足度アップ

サンルーム増築には様々なメリットがあります。

そこに、施工業者のプロ目線のアイデアを加えれば、より満足度もアップします。

サンルームプラン作成詳細はこちら>>>

 

2階ベランダなどサンルーム後付けのデメリット「夏の暑さ対策」

【後悔しない?】夏は暑さ対策が必要。

サンルームは日当たりがいいので、夏はどうしても暑くなります

このデメリットどうしたらいい?

暑い時は、日よけのシェードやカーテン」をつけたり、「断熱シート」を貼ったり、「窓部を網戸にする」といった対策をすることで、快適度はあがります。

また、商品によって、換気や日差しカットのオプショがあることもあるので、施工前に確認をしましょう。

換気オプション例

採風ドア:サンルームの側面から風を取り込み、換気をドアが閉じている状態でも行えます。

横滑り出し窓:正面につけられる窓。室内に風の流れが生まれやすい形状になっています。

ガラスルーバー窓:ハンドルを回すと、窓ガラスが傾いて換気できる窓です。

日差しカットオプション例

熱線吸収ポリカーボネート:熱線吸収機能がついた屋根材です。

クリアブルー、クリアマットS、クリアSと3種ある中で、一番屋根下が暗くなり熱線カット率が高いのが「クリアブルー」です。

2階ベランダなどサンルーム後付けのデメリット「汚れの対策」

【後悔しない?】透明で目立つ汚れ。

サンルームは、透明であることで「屋根部分」の汚れが目立ってしまいます

例えば、鳥の糞、車の排気ガス、工場からの排煙などで汚れていきます。

このデメリットどうしたらいい?

◆サンルームが「1階」の場合は、脚立と長めのブラシを利用して定期的に掃除できると望ましいです。

 

◆サンルームが「2階」の場合は、屋根の上の掃除は難しいことが多いと思うので、あらかじめ「汚れずらい素材」での設置なども検討しましょう。

例えば、リクシルのサニージュという商品の場合でいうと、熱線吸収アクアポリカという汚れを付着しにくくする機能を備えた屋根があります。

 

サンルーム後付けのデメリット「マンションは設置禁止」

【後悔しない?】マンション・賃貸は設置が難しい。

マンションのベランダへのサンルーム設置は、おそらく禁止されています。

マンションのバルコニーは住人が自由に使える専有部ではなく、他の住人も共有する「共有部」です。

火災などの緊急時に避難経路として使用することもありますが、屋根などを後付けすると非難時の障害になってしまいます。

見た目に大きな変更が生じるバルコニーへの屋根の取り付けは規約違反となっている場合が多いですね。

このデメリットどうしたらいい?

マンションの利用規約などで確認しましょう。

賃貸物件の場合は、オーナーに確認しましょう。

2階ベランダなどサンルーム後付けのデメリット「鉄骨造だと難しい?」

【後悔しない?】鉄骨造住宅(例:セキスイハイム等)の場合は設置が難しいことも。

サンルームを後付けする場合、木造住宅に比べ、鉄骨造住宅の場合は難しいことがあります。

木造の場合は釘打ちなどもしやすいですが、鉄骨造やタイル外壁の場合などで釘打ちしずらく設置できないケースもあります。

壁に傷をつけることで、住宅保証などが無くなってしまう場合などもあります。

例えば、セキスイハイムや大和ハウス、ヘーベルハウスなどの鉄骨造住宅の場合などでサンルームを取り付けたい場合は、その建てたハウスメーカーに相談した方が良いでしょう。

2階ベランダなどサンルーム後付けのデメリットも大丈夫!

サンルーム増築には、このようにいくつかのデメリットがあります。

しかし、デメリットも、施工業者のアドバイスをもらえば解決します。

施工時は、悩みや不明点を相談するようにしましょう。

サンルームプラン作成詳細はこちら>>>

 

2階ベランダなどサンルーム後付け最大40%オフ

もしあなたがサンルームをつける場合、予算はいくら程度でしょうか?

仮に、そのあなたの予算感でサンルームをつける時、どのような商品・オプションのプランが可能になるか知りたくはありませんか?

サンルームについて「まだ検討を始めたばかりの方」でも「情報収集として」設置プランを完全無料で作成依頼することができる方法があります。

WEB依頼入力項目

●リフォーム希望箇所で「外構・エクステリア」を選択。

●リフォームしたい内容に次の内容をそれぞれ簡単に記載して下さい。
・サンルーム設置の検討をしたいこと
・設置したい場所(と状況)
・予算目安 ※10万円単位
・希望点(あれば)

この記事より実際的で詳しく、実際の値段や、商品の機能オプション・バリエーションなどについて知ることができます。

プラン作成は約3分で簡単に依頼できます、あなたにあったプランを知らないままでいいですか?

詳細はこちら>>>

 

2階ベランダなどサンルーム後付けは建蔽率を要確認

2階ベランダなどサンルーム後付けは「建築確認申請」の手間や費用が発生する場合が。

もしバルコニーで、外壁から1メートル以上突き出した屋根をつける時などに、「建築確認申請」が必要なこともあります。

敷地面積に対する建物の面積の割合を「建蔽率(けんぺいりつ)」といいます。

建築基準法によって土地ごとに建蔽率が制限されていて、その土地に建物を建てる時に、指定された建蔽率の範囲内で設計する必要があります。

出幅1メートル以上の時や、1階の地面に柱を組むタイプのサンルームは建物面積に含まれることがあります。

建物面積が変わると、建蔽率も変わってしまうために、サンルーム設置前に建築確認申請を行わなくてはなりません。

このリフォーム注意点どうしたらいい?

・サンルーム設置を進める前に、リフォーム業者に確認・相談をしましょう。

「建蔽率」内で設計することを検討する方法もあります。

また、建築確認申請する場合にも、複雑で難しいためにリフォーム業者に相談する必要があります。

サンルームプラン作成詳細はこちら>>>

 

2階ベランダなどサンルーム後付けは「家の保証」も要確認。

サンルームをベランダに取り付ける時には、家の壁に施工がかかることになりますが、外壁の種類によっては、壁に穴をあけることで、家の保証が無くなってしまう場合があります。

家の耐熱性能が落ちるなどの理由です。そのため、あなたのご自宅の場合は問題が無いか建築時の住宅会社にあらかじめ確認を行いましょう。


固定資産税も要確認

サンルーム固定資産税とは【概要】

固定資産税の評価額は「床面積」の大きさで変わります。

「床面積」は壁や柱で囲まれた部分の面積のことで、屋根がないバルコニーの場合は床面積には算入されていませんでした。

サンルームにして屋根をつけたり周囲に囲いを設けたりすると「床面積」に含まれます。

「床面積」が増えることで固定資産税が高くなることがあります。

サンルームにかかる税額は評価額によって変わりますが、年間1~2万円程度増えます。

固定資産税があるから損?

固定資産税は、1カ月換算で、1000~1500円増です。

例えば、こんな風に考えてみるのはどうでしょうか。

「街のオシャレなカフェの代わりに自宅サンルームでお茶を楽しめるようになる」

1~2回でもとが取れますよね。

サンルームの固定資産税額は「床面積」で変わる。


固定資産税の評価額は「床面積」の大きさで変わります。

「床面積」は壁や柱で囲まれた部分の面積のことです。

サンルームの固定資産税額は、年間約1~2万円くらい。

サンルームにかかる税額は評価額によって変わりますが、年間1~2万円程度の場合が多いです。

ただし「床面積」が増えることで固定資産税が高くなることがあります。

サンルームの固定資産税額の計算方法は、計算機を使えばすぐ。

固定資産税の計算方法は「85,000円 × 床面積(㎡)×1.7%」です。

なお1.7%の内訳は、固定資産税が1.4%、都市計画税が0.3%です。都市計画税はかからない地域もあります。

例えば、床面積が10㎡(2m×5mなど)だとしましょう。

85,000×10×1.7%=14,450。この時、固定資産税額は、14,450円になります。

サンルームの固定資産税額は、カフェに行く代わりなどと考えよう。

サンルームの固定資産税額は、1カ月あたりに計算しなおすと約800~1,600円くらいの場合が多くなります。

例えば、「街のオシャレなカフェの代わりに自宅サンルームでお茶とお菓子を楽しめるようになる」などと考えましょう。

1~2回くらいでもとが取れますよね。

サンルームの固定資産税にも関連。増築時には登記申請が必要

サンルームを増築した時には、建物に関する登記の変更が必要です。

土地家屋調査士さんに依頼して代行してもらうことが一般的です。リフォーム業者に紹介を相談してみましょう。

建物に関する登記の変更「家屋種類・構造・床面積・変更登記」が必要になります。

サンルーム増築時に未登記だとどうなる?

もし未登記の場合、市は3年分さかのぼって固定資産税を課税することができます。

しかし、実際には市は増築時期の証明をできないこともあり、サンルーム増築を市が確認したタイミングの翌年度から課税される場合があります。

とは言え、登記の必要があるものなので、リフォーム業者に相談しましょう。

サンルームプラン作成詳細はこちら>>>

 

2階ベランダなどサンルーム後付けDIYはできる?

2階ベランダなどサンルーム工事プロセス一例

ベランダ・バルコニーをサンルームにする時は「床 → 枠 → 窓 → 屋根」と順に進行していきます。

1「囲い」ベランダの囲いが格子状になっているなど、それを引き違いのガラス窓に交換。
2「床 整え」:コンクリートの床にウッドデッキを敷き詰め体裁を整える。
3「枠 組立て」囲いの上部にサンルームの枠を組み立てていく。
4「窓 はめ込み」:組みあがった枠にガラス窓をはめ込み。
5「屋根 取付け」:断熱仕様の屋根をとりつけて完成。

2階ベランダなどのサンルーム設置は「工事日数」が10日以上かかることも。

サンルームの設置において、構造部分に補強が必要な場合などに、10日間から1カ月程度かかる場合もあります。

場合によっては工事期間中、仮住まいに移るなども検討が必要な場合もありますが、まずは業者に確認しましょう。

2階ベランダなどサンルームはDIY・手作りできる?

DIY イメージ

サンルームを設置する場所が1階の場合は、DIY(≒手作り)してしまう人も中にはいます。

ただし・・・

・あらかじめ設計図を作れる能力が必要。

・床のコンクリート基礎作りも必要。

木材やガラス材を自身で手配する必要。

様々な工具も必要になります。(電動ドリルやノコギリ、キリ、ハンマーなど)

・他にもいろいろと大変な面もあります。気密性なども必要になります。

特に、アパート・マンションの場合は、そもそもサンルームが禁止されていることもあります。

2階ベランダなどサンルーム後付けリフォームはDIY・手作りよりプロに依頼

素人が自分で設置することは、時間もかかり、とても難しいもの

失敗リスクもあるので、プロのリフォーム業者に依頼しましょう。

サンルームプラン作成詳細はこちら>>>

 

2階ベランダなどサンルーム後付けリフォーム(おわりに)

 

サンルームは、固定資産税や、建蔽率、厚さ・掃除対策なども必要で、施工業者との十分な相談・確認が必要です。

また、お金もかかります。

しかし、サンルームには、洗濯物干しに、リラックス空間、子どもやペットの遊び場などの他、様々な魅力があります。

2階ベランダなどサンルーム最大40%オフ

あなたの希望やこだわり、また予算に沿ったオリジナルのサンルーム設置プランの作成」をプロに完全無料で依頼できます。

サンルームの見積もりだけでなく、プラン・アイデア・アドバイスまで手間をかけずに無料一括比較できるのが、ウンライフリフォームです。

サンルーム後付けをまだ決めていなくても、まずは情報収集・比較検討の材料集め」として利用でき、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


タウンライフ外構の評判・口コミの記事もご参考下さい。

 

サンルームの記事以外にも、合わせて読んでみよう!

● 外構工事について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

● ベランダ・バルコニーについて知ろう!

ベランダ・バルコニー屋根取付け

ベランダ・バルコニーの増築・拡張・後付け

ベランダ・バルコニーの手すり

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!