ソーラーカーポートって興味がありますよね?

カーポートの上は広さがそれなりにあり、太陽光発電のパネルを置けばスペースの有効活用になります。

2台用、3台用と大きくなるほどソーラーカーポートの売電収益で家の電気代もまかなえるようになります!

ただし、固定買取価格が下がるかもしれないため、早めの検討が必要です。

この記事では、ソーラーカーポートについてご紹介します。ぜひ、じっくりご確認ください。

ソーラーカーポートの価格など【 重要点・1分まとめ 】

1分間で【この記事のまとめ】として次の3つをご紹介します。

・ソーラーカーポートの利点

・ソーラーカーポートの注意点

・ソーラーカーポートの価格・費用

ここを読めば、ソーラーカーポートについて分かります!

売電収益とメリット

ソーラーカーポートで、家の電気代がまかなえる!

出典:YKK AP

ソーラーカーポートなら、太陽光発電での売電収益を得られることがメリットです。

4人家族の年間電気代は平均で約13.5万円。3台用や4台用のソーラーカーポートの多くはこの金額分と同等以上の売電収益を得られます※ 2018年度時点の売電価格で計算。

1台用でも年間電気代の約3~5割、2台用なら約5~8割程度を賄える一目安となります。(詳細計算は後述しています。)

ソーラーカーポートと、家の屋根の合算10Kw以上で「20年固定価格」も可能に!

ご自宅の屋根でも太陽光発電を行うご家庭の場合、カーポートと合わせ合計10kw以上の発電量にすることで「20年固定」価格も可能になります。

※ 家庭用で多い「10Kw未満」の発電量の場合は、固定買取価格は通常10年です。

また、ソーラーカーポートなら、太陽光発電を家の屋根に設置できないご家庭や、家の美観を気にしたいご家庭でも設置が可能です。

強度や陰に注意

ソーラーカーポートは「強度」が大切。数年に1度レベルの大雪・耐風にも耐えるように。

出典:四国化成

ソーラーカーポートは何より「頑丈」に、長い間安全に使えることが重要です。

太陽光パネルは1枚約15㎏もありとても重くなります。それに加え、数年に1度レベルの大雪や、大型台風にも耐えられる強度が必要です。

一般的なカーポート以上に、耐風や耐雪の能力が高い強度のある作りの製品を選ぶ事が何より大切です。

ソーラーカーポートは「影」にかかると発電量が減るため、周辺をよく確認。

また、ソーラーカーポート設置時は、日当たりがよく、「影」の影響が少ないことを確認しましょう。

時間帯によって、隣の家や電柱などの影でおおわれることで、発電量が減ってしまいます。

駐車スペースが十分にある事を確認し、もし周囲からの影の影響が大きい場合は、設置を見送ることも必要です。

価格・費用・値段

ソーラーカーポートの価格目安は?

ソーラーカーポートの価格は、1台用が約150万円~、2台用が約190万円~、3台用が約250万円~、4台用が約320万円~が一目安です。

カーポートとしての強度や、太陽光パネルの発電効率次第で、価格は上記より最大100万円近く高くなることもあります。

しかし、価格が高くとも、国産大手など質の高い太陽光パネルを使うことで、発電効率は高まり売電収益も増えます。

ソーラーカーポート「太陽光パネル代」分の回収は、約13年間~。

なお、現在(2018年度時点)の買取価格で試算すると、ソーラーカーポートの太陽光パネル代の投資回収目安は約13年間~が一目安となります。

台数が多い(パネル数が多い)ほど設置単価が下がり回収は早まり、3台用で約13~16年、4台用で約13~14年が一目安です。(詳細計算は後述しています。)

ただし、ソーラーカーポートの実際の価格・利回りを知るには「あなたの希望に合わせたプラン作り」が必須です。

ソーラーカーポートは、設置する地域や環境によって選ぶべきカーポートが変わり、また選ぶパネルで発電効率は変わります。

なお、強度のないカーポートや質の低いパネルを避けるため『安かろう悪かろう』も避けるべきです。「高くなるかもしれない」と思い見積りを取ると良いでしょう。

ソーラーカーポートを、プロの外構業者に施工依頼

ソーラーカーポートのプランを検討する場合には、外構工事の見積もりをする必要があります。

しかし、1社しか見積もりを取らないと困る場合があります。

1社しか見積もりを取らないと困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には、高額請求する悪徳業者も・・)
● ソーラーカーポートのアイデアやプランが十分に膨らまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

外構業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしない設置をしたいですよね。3社以上の見積もり比較は、外構工事を安くする方法・コツでもあります。

ソーラーカーポートの相見積り業者探しも大変

でも、相見積りにも、意外に大変な面もあります。

複数社に相見積りを取る時に大変な面
● 相見積もりを取る外構業者を自分で何社も探すのは大変・・・
● 複数の会社に対して、何度も同じ説明を行うことが大変・・・
● 断る時に、少し気持ち的に断りづらい・・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変ですよね。

でも、大丈夫!

ソーラーカーポート設置で地域の優良業者を30秒で簡単にチェックする方法

ここで、あなたがお住まいの地域で、ソーラーカーポート設置に適した業者の最有力候補を(登録なしで)約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。

『タウンライフ』という冠に輝く住宅サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある住宅会社」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

『タウンライフ』では、どの業者も工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単30秒チェックの流れ
【0】『タウンライフ外構』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】外構プランの作成」を押す
【3】希望箇所外構」を選択
【4】予算~300万円など選択
【5】(重要)他の入力項目を飛ばし画面の下の方まで行く

~5を順に行い表示されるのが、あなたが住まいの地域のソーラーカーポート施工に適した業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフ外構を、今、約30秒ほどでご確認下さい。

\簡単30秒!優良施工業者を確認/

 

 


ソーラーカーポート施工が最大40%オフ

『タウンライフ外構』では、気になる全ての優良会社に、「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルのソーラーカーポート施工プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的なレベルで分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずはご自宅・ご希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフ外構は、ソーラーカーポート施工をまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

複数プランを一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて便利です。

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

 


ソーラーカーポート施工無料プラン作成 FAQ

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフ外構は、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じでソーラーカーポートを検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!安心度1位/

 

 

 


以上で「ここだけ読めば大丈夫!」まとめは終了しました。

もしこの記事を気に入っていただけたら、LINEで家族やお友達などにもご紹介下さいね。

大工の梁大工の梁

ぜひ、素敵なソーラーカーポートを実現して下さい!

以降は、ソーラーカーポートに関してここまでご紹介した内容のより詳しい詳細です。

ソーラーカーポートの売電収益一目安【 以下、補足 】

「ソーラーカーポートで、どのくらい売電できるの?」

という点についてご紹介します。

太陽光発電の発電量は「設置1Kwあたり、年1,000KWh」と言われています。

太陽光発電の発電量は、地域や設置環境でも異なってきますが、目安があります。

「パネル設置1Kwあたり、年間に約1,000Kwh発電できる」という目安をまず覚えて下さい。

10年間だと、「1Kwあたり約1万Kwhの発電」が目安になります。

現在(2018年度)時点での買取価格の場合、設置1Kwあたり、10年間で約25万円の売電収益。

また、2018年度現在、一般家庭用(10Kw未満)の売電価格は次のように定められています。

・1Kwhあたり26円(出力制御対応機器あり)

・1Kwhあたり24円(出力制御対応機器無し)

発電量と合わせ計算すると、「パネル設置1Kwあたり10年間で約25万円の売電」が一目安になることが分かります。

ソーラーカーポートが大きい(台数が多い)ほど、多く太陽光発電パネルを搭載できます。

出典:YKK AP

ここで、ソーラーカーポートの場合、台数が多く(大きく)なるほど搭載できるパネル数は増えます。

だいたい、1台分あたり2Kw前後が一目安になります。

ソーラーカーポートの台数別での、10年間での、売電収益一目安は次の通りです。

台数別の搭載可能Kw数と、10年間での売電収益(一目安)は次の通りとなります。

※2018年度の売電価格で試算

1台用(約1.7~3Kw)⇒ 約42~75万円

2台用(約2.5~4.5Kw)⇒ 約62~112万円

3台用(約4.3~7.5Kw)⇒ 約107~187万円

4台用(約6.8~9Kw)⇒ 約170〜225万円

〔注意〕 地域や設置環境により異なるためあくまで参考程度と捉えて下さい。実際の目安を知るには地元の業者にヒアリングと現地確認を受ける必要があります。

ソーラーカーポートが台数3台分、4台分なら、家庭の電気代がだいたい全てまかなえる!

出典:YKK AP

ここで、統計(総務省2017年)によると、4人暮らし家庭の年間電気代は平均で13.4万円です。つまり、10年間で約134万円です。

つまり、3台用や4台用のソーラーカーポートなら、4人家庭の電気代も、まかなえるケースが多いことが分かります。

年間電気代を、1台用でも約3~5割、2台用なら約5~8割程度を賄える一目安となります。

ソーラーカーポートのプラン無料作成は、利用実績も多くて安心

 

ソーラーカーポートのプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「ソーラーカーポートに少しでも興味がある方」ならば、タウンライフ外構今すぐ利用しないと損なサービスです。

\満足度1位!/

 

 

ソーラーカーポートの他メリット

売電収入が得られることは分かった。でも・・

「ソーラーカーポートの他の魅力は?」

という点について、ご紹介します。

ソーラーカーポートなら、家の屋根と合算で、10Kw以上「20年固定価格」も可能に。

一般的な「家庭の屋根」の太陽光発電は「10Kw未満」で買取価格は「10年固定」です。

しかし、ソーラーカーポートと合算することで「10Kw以上」も実現し、買取価格「20年固定」の対象にすることもできます。

買取単価は下がりますが、「20年間」と10年間も固定価格の期間が伸びることで見通しを立てやすくなります。

ソーラーカーポートなら、家の屋根に太陽光発電を設置できない場合でも、設置ができる。

家の屋根が、瓦など何か構造の理由で太陽光パネルを設置できない場合でも、ソーラーカーポートなら太陽光を設置できます。

ソーラーカーポートによって、売電収益を得る機会が広がります。

ソーラーカーポートなら、住宅の美観を損なわない!

太陽光パネルを家の屋根に設置すると、せっかく選んだ屋根材などの美観が損なわれかねません。

しかし、ソーラーカーポートなら、家の美観を失うことなく、太陽光発電を行うことができます。

ソーラーカーポートの検討で「タウンライフ」が選ばれる理由

ソーラーカーポート検討開始に、タウンライフが選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の施工会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切なソーラーカーポートプランが届きやすいです!

③ リフォームが前進する
希望のソーラーカーポートのプランや費用を簡単に集められることで、検討の良いスタートがきれます!

\満足度1位!/

 

ソーラーカーポートの価格・費用

「ソーラーカーポートは、価格の求め方は?」

「ソーラーカーポートの、実際の価格目安は?」

という点についてご紹介します。

ソーラーカーポートの価格は「カーポート代」+「太陽光パネル代」

出典:YKK AP

ソーラーカーポートを設置する費用は「カーポート」価格と、「太陽光パネル」価格の2つの組み合わせで考える必要があります。

カーポート代は、台数で変わる。重さへの耐久性が必要なため一般的なカーポートより高い。

「カーポート代」は、対応台数が増える(=大きくなる)ほど価格が上がります。

なお、「カーポート代」については、一般的なカーポートより高くなる事を覚えておいて下さい。

1枚15Kgなど重量がある太陽光パネルを乗せるために、通常より頑丈な作りのタイプを選ぶ必要があるためです。

太陽光パネル代は、1Kwあたり約40万円前後が一目安。台数が多いほど割安になる。

太陽光パネルは、1台分あたり約2Kw前後を搭載でき、1Kwあたり約40万円前後が一目安です。

例えば2台用なら4Kw前後で約160万円前後といった具体です。ただし、対応台数が増えるほど割安になります。

1Kwあたりの価格が、1台用の場合は50万円前後の事もあり、逆に3・4台用なら約35万円前後まで下がるなどします。

ソーラーカーポートの実際の価格目安は?

上記に基づく、ソーラーカーポート価格の、台数別での目安は次の通りです。

ソーラーカーポート価格「1台用」は、約150万円~ 

・カーポート 約50万円〜

・太陽光パネル 約100万円(1.7kw×@58.8万円)~135万円(3kw×@45万円)

1台用:計 約150(~185)万円〜

ソーラーカーポート価格「2台用」目安は、約190万円~

・カーポート 約60万円〜

・太陽光パネル 約130万円(2.5kw×@52万円)~180万円(4.5kw×@40万円)

2台用:計 約190(~240)万円〜

ソーラーカーポート価格「3台用」目安は、約250万円~

・カーポート 約80万円〜

・太陽光パネル 約170万円(4.3kw×@39.5万円~260万円(7.5kw×@35万円)

3台用:計 約250(~340)万円~

ソーラーカーポート価格「4台用」目安は、約330万円~

・カーポート 約100万円〜

・太陽光パネル 約220万円(6.8kw×@32.3万円)~315万円(9kw×@35万円)

4台用:計 約320(~415)万円~

\満足度1位!/

 

ソーラーカーポート価格「後付け」作業代の一目安は、+約25~30万円

出典:リクシル

なお、既存のカーポートに太陽光パネルだけを後付けする場合は、上記の「太陽光パネル代」プラス約25〜30万円程度が一目安です。

なお、台数や設置するパネル、業者によっても価格は異なります。

ソーラーカーポート価格「特注品」の場合は、+約30万円前後

またソーラーカーポートで、サイズを希望通りにカスタマイズする特注品の場合、プラス約30万円前後がかかります。

基本的には、2台用・3台用などの規格品を利用した方が価格は安くすみます。

ソーラーカーポートのプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

カーポート・駐車場の施行を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた施工会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフを利用して良かったと感じております。

\満足度1位!/

 

 

ソーラーカーポートの選び方

「ソーラーカーポートはどう選べばいい?」

という点についてご紹介します。

耐雪や耐風などの強度

ソーラーカーポートは、太陽光パネルが重い分、「強度」が何より大切。

出典:四国化成

ソーラーカーポートは、まず何より、頑丈であること、強度が大切です。

太陽光パネルは1枚約15㎏などとても重いもので、それを10枚、20枚などと載せる必要があります。

万が一、カーポートが壊れてしまっては、投資を回収できずに、赤字に終わってしまう場合があります。

ソーラーカーポート「耐雪」は、数年に1度だけのドカ雪の時でも耐えられるように。

強度の中でも、まず「耐雪」は大切な観点です。

北海道や日本海側、山間部などの雪国の場合に気を付けることはもちろんですが、それ以外の地域も数年に1度の大雪などで耐えられる必要があります。

カーポートには「耐雪仕様」のタイプがあります。積雪量100㎝、150㎝、200㎝など選べるため、安心できる耐久性のものを選びましょう。

ソーラーカーポート「耐風」は、数年に1度だけの大型台風の時でも耐えられるように。

また、「耐風」も大切な観点です。

昨今、異常気象なのか、大型台風で家屋が大きな被害を受ける場面もあり、そういった時に耐えられる必要があります。

カーポートには「耐風」タイプがあり、一般的には38m/s対応が多いですが、54m/s対応などもあり、安心できる製品を選びましょう。

耐雪・耐風ソーラーカーポートのプラン作成詳細>>

 

ソーラーカーポートには、その作りで2つの商品タイプがある。

出典:YKK AP

ソーラーカーポートは、商品のタイプでも2つ選ぶ観点があります。

カーポートと太陽光発電の「パッケージ商品」は、太陽光発電がピタっとおさまる。

一つは、「太陽光パネルとカーポートがパッケージ化された商品」です。

ソーラーカーポートとして作らるために、パネルが屋根にスッキリおさまり見た目に優れます。

ただし、台数や仕様のバリエーションや、太陽光パネルの選択肢が限られるなどのデメリットがあります。

カーポートと太陽光発電の「組合せ商品」は、環境に合う商品を選びやすい。

もう一つは、「太陽光パネル対応の、既存のカーポート商品」を利用する方法です。

もともとあるカーポート商品の派生形として、台数・仕様・オプションなど選択肢が幅広いことが利点です。

ただし、「太陽光パネル対応型」の商品(各メーカー頑丈なタイプが多いです)を選ぶ必要があります。

ソーラーカーポートのプラン作成詳細>>

 

ソーラーカーポートの商品例

「ソーラーカーポートには、どんな商品がある?」

という点について、強度が高い商品をご紹介します。

ソーラーカーポート対応の「ジーポートneo」は、最大200㎝の積雪と、46mの風圧に耐える

「ジーポートneo」は、ソーラーカーポート利用にふさわしい強靭なカーポートです。

特徴は、その耐雪・耐風の力です。通常利用時は、100〜200㎝の積雪に耐え、46m/秒の風圧にも耐えます。

ソーラーパネル搭載時でも、約60㎝の積雪に耐えることができ「雪が降る地域」におすすめのカーポートです。

プラン作成詳細へ>>

 

ソーラーカーポート対応の「レオンポートneo」は、50㎝の積雪と、46mの風圧に耐える

「レオンポートneo」は、強風地域に向いているカーポートです。

高い強度のアルミ材を利用することで、46m/秒の風圧にも耐えます。

台風の通り道になる地域や、強い風の影響を受けやすい地域の場合は特に、他の地域でも「強いカーポート」としておすすめです。

プラン作成詳細へ>>

 

なお、一般のカーポート(2台・3台)は、こちらの記事でもご紹介しています。

 

ソーラーカーポートのプラン相談・成約でプレゼントがもらえます。

タウンライフで「無料相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

\満足度1位!/

 

ソーラーカーポートの注意点

「ソーラーカーポートで、注意すべき点は?」

という点についてご紹介します。

陰やスペースには注意

ソーラーカーポートは、「影」の影響があると、発電量が少なくなるので注意。

もし隣の家や、電柱の影がかかると、ソーラーカーポートの発電量は減ってしまいます。

ソーラーカーポートは、家の2階屋根より高さが低いために、まわりからの影の影響にはよく注意をしておく必要があります。

影の影響をうけないためにも、充分ゆとりあるスペースであることも大切です。

ソーラーカーポートに必要なスペースとは

ソーラーカーポートに必要なスぺース(屋根サイズ)の目安は次の通りです。

2台用:横5.5M×縦5.2M

3台用:横8.5M×縦5.2M

なお、もしまだ駐車場自体を作っていない場合、庭をコンクリートアスファルト舗装にすることも必要です。

(関連)外構・駐車場コンクリート

現在(2018年度)時点での買取価格の場合、太陽光パネル代の回収は約13年以上が一目安。

ソーラーカーポートの、初期投資回収には一定の年数が必要なことも覚えておく必要があります。

2018年の買取価格で計算した場合、一目安の年数は次の通りです。

1台用 ⇒ 約18〜23年で回収

2台用 ⇒ 約16〜20年で回収

3台用 ⇒約13〜16年で回収

4台用  ⇒約13~14年で回収

台数が多い方がパネルの単価が下がるために、回収年数が少なくなります。

なお、売電価格は年々下落傾向にあるために、回収期間は長くなる場合があります。

太陽光発電の法定耐用年数は17年。実際には20~30年もつと言われ、40年以上持つという見解もある

なお、太陽光発電の法定耐用年数は17年間で、実際には20〜30年もつと言われることが多いです。

実際に、京セラが1984年に設置した太陽光発電が、30年以上発電し続けているという例もあります。

長く安心して利用するためにも、メーカー保証(例:10年、15年など)を充分比較するようにしましょう。

 

もしも仮に「意外に回収期間がかかって、そこまで魅力を感じないな」などと思った方は、いっそ同じ予算感で、カーポートバルコニーや、カーポートデッキを選ぶなどもいいですね。

 

ソーラーカーポートの価格など(おわりに)

ソーラーカーポートなら、売電収益を得ることができます。

3台用、4台用など大きいものなら、家庭の電気代全てをまかなえる場合もあるほどです。

ソーラーカーポートは、雪や風などへの耐久性を重視して、希望に合う商品を選びましょう。

価格は、1台用が約150万円~、2台用が約190万円~、3台用が約250万円~、4台用が約320万円~が一目安です。

ソーラーカーポートのプラン作成が完全無料

「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルのソーラーカーポート設置プランの作成」を完全無料で依頼できます。

カーポートバルコニーを検討し始めたばかりの方も「まずは情報収集」として気軽に利用でき、これまでシリーズ累計112万人が利用しています。

「ソーラーカーポートに少しでも興味がある方」ならば、今すぐ利用する価値があります。

\満足度1位!/

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

ソーラーカーポート以外の記事も、合わせて読んでみよう!

● 外構工事について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

● カーポート・駐車場について知ろう!

カーポートおすすめ2台・3台

カーポートバルコニー

カーポートデッキ

ソーラーカーポート

カーポートと台風

外構・駐車場コンクリート

ビルトインガレージの費用

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!