メッシュフェンスの取り付けに興味があるけれど、価格や依頼先などよく分かりませんよね?

メッシュフェンスは、フェンスの中でも安価ながら耐久性もあり、開放感採光性もある優れたフェンスです。

この記事では、メッシュフェンス取り付けについてご紹介させて頂きます!ぜひじっくり読んでみて下さい。

メッシュフェンスの取り付け【便利・1分まとめ】

この記事でご紹介するメッシュフェンスの情報を、エッセンスを濃縮して1分でご紹介します。ここだけ読めば大丈夫です!

メッシュフェンスは、フェンスの中でも安価で耐久性があり、加工もしやすい防犯性や開放感も。

画像提供:三協アルミ

メッシュフェンスには数々のメリットがあります。

一番選ばれる理由は『費用の安さ』です。フェンスが必要な距離は、意外と長いことも多く、安さは何よりのメリットです。

しかも、安いにもかかわらず『耐久性』が高く、また『加工』をしやすいため、公共施設などにも多く利用されています。

さらには、網目状であることで、開放感・採光性がある上に、防犯にもつながります。

メッシュフェンス住宅利用の場合「スチール製 × ブロック基礎上 」が多い。

画像提供:YKK AP

メッシュフェンスの家庭での設置は、安くて強度もある『スチール製』が選ばれることが多いです。

また、2~4段ほどブロックを積み重ねた上に、柱を立て、柱の片方の側面にフェンスを取り付ける(フリー支柱タイプ)で施工されることが多いです。

メッシュフェンスで、グランドや公園などの場合「アルミ製× 地面上」が多い。
画像提供:三協アルミ

一方、メッシュフェンスをグランドや公園、駐車場など広い設置は、サビに強い『アルミ製』が選ばれることが多いです。

地面から一定間隔で柱を立て、柱と柱の間にフェンスを設置する(間仕切り支柱タイプ)が多いです。

メッシュフェンス設置価格は、1ⅿ毎に、地面上は約1万円前後ブロック基礎上は約2万円弱

フェンスは安全な強度ある施工が必要です。そのためにもDIYより、業者依頼の方が望ましいでしょう。

メッシュフェンスの施工額は、長さ・施工方法・材質・高さなどにより様々ですが、一目安は次の通りです。

【A】地上から設置する場合:1mあたり約8,000~12,000円

【B】ブロックを積み、その取り付ける場合:1mあたり約15,000〜20,000円

一般的なご家庭の場合は【B】を中心に、合計約20〜40万円程度で施工する場合が多くなります。

ただし、「地域」や「土地の状況」などによっても、工事費は変わってきます。

そのため、結論として、あなたが実際に地域の業者に見積りをとって具体的に確認する必要があります。

メッシュフェンスを、プロの外構業者に依頼

メッシュフェンスの施工を業者に依頼する場合は、外構工事の見積もりをする必要があります。

しかし、1社しか見積もりを取らないと困る場合があります。

1社しか見積もりを取らないと困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には、高額請求する悪徳業者も・・)
● メッシュフェンスのアイデアやプランが十分に膨らまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

外構業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしない設置をしたいですよね。3社以上の見積もり比較は、外構工事を安くする方法・コツでもあります。

メッシュフェンスの相見積り業者探しも大変

でも、相見積りにも、意外に大変な面もあります。

複数社に相見積りを取る時に大変な面
● 相見積もりを取る外構業者を自分で何社も探すのは大変・・・
● 複数の会社に対して、何度も同じ説明を行うことが大変・・・
● 断る時に、少し気持ち的に断りづらい・・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変ですよね。

でも、大丈夫!

メッシュフェンス施工で地域の優良業者を30秒で簡単にチェックする方法

ここで、あなたがお住まいの地域で、メッシュフェンス設置に適した業者の最有力候補を(登録なしで)約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。

『タウンライフ』という冠に輝く住宅サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある住宅会社」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

(そのため、腕が悪い業者や、悪徳業者などにひっかかる心配もありません

『タウンライフ』では、どの業者も工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単30秒チェックの流れ
【0】『タウンライフ外構』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】外構プランの作成」を押す
【3】希望箇所外構」を選択
【4】予算~100万円」など選択
【5】(重要)他の入力項目を飛ばし画面の下の方まで行く

~5を順に行い表示されるのが、あなたが住まいの地域のメッシュフェンス施工に適した業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフ外構を、今、約30秒ほどでご確認下さい。

\簡単30秒!優良施工業者を確認/

 

 


メッシュフェンスは、扉/門扉をつけたり、目隠しもつけられる。積水樹脂のg10などが人気。

画像提供:三協アルミ

メッシュフェンスは必要に応じ、扉や、目隠しとなる部材をつけることができます。

扉は、家庭用では、例えば愛犬を飼っている場合玄関側と裏口側で空間を仕切りたい場合などに役立ちます。

メッシュフェンスのメーカーには、YKK AP、リクシルなどがあり、積水樹脂の「g10」といった商品などが人気です。

メッシュフェンス施工が最大40%オフ

『タウンライフ外構』では、気になる全ての優良会社に、「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルのメッシュフェンス施工プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的な内訳を含め分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずは自宅の状況・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフ外構は、メッシュフェンス施工をまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

複数プランを一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて便利です。

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

 


メッシュフェンス施工無料プラン作成 FAQ

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフ外構は、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じでメッシュフェンスを検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!安心度1位/

 


メッシュフェンス施工プラン無料作成は、利用実績も多くて安心

メッシュフェンスのプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「メッシュフェンスに少しでも興味がある方」ならば、タウンライフ外構今すぐ利用しないと損なサービスです。

\満足度1位!100万人以上が利用/

 

 

以上で「ここだけ読めば大丈夫!」1分まとめは終了しました。

もしこの記事を気に入っていただけたら、LINEで家族やお友達などにもご紹介下さいね。

大工の梁大工の梁

ぜひ、素敵なフェンスを実現して下さい!


以降は、メッシュフェンスに関してここまでご紹介した内容の補足です。

 

メッシュフェンスの価格とメリット

それでは、メッシュフェンスの価格とメリットについて、より詳しく見ていきます。

メッシュフェンスの価格

メッシュフェンスの価格は、「長さ」の他、「高さ・材質・施工方法」などで変わる。

メッシュフェンス取り付け価格を左右する要素は主に次の4つです。

①【長さ】: 横幅はスパンメートルで販売されている場合が大半です。長いほど工事費も増えます。

② 【高さ】: 高さは60㎝〜200など色々なサイズがあります。

③ 【材質】:スチール製とアルミとがあり、スチール製の方が安いです。

④ 【施工方法】:地面から設置」と「ブロック上に設置」があり、地面から設置の方が安いです。

それでは、具体的な金額を見ていきましょう。

メッシュフェンスの価格は、ブロック基礎を作った上への設置「1mあたり約2万円弱」が一目安。

画像提供:三協アルミ

メッシュフェンスを「ブロックを積み、その上に取り付ける場合」について、費用の内訳項目として次の4つをまず把握して下さい。

① ブロック基礎工事: mあたり約40005000

② ブロック組積工事(2段の場合):mあたり約7,0008,000

③ フェンス商品費用:mあたり約4,000~7,000

④ フェンス取り付け工事の人件費:20m毎に約3~5万円。

上記内訳の合計一目安

上記のような内訳で、メッシュフェンスを、ブロックを積みその上に取り付ける場合:1mあたり約15,000〜20,000円が一目安です。

おおよそ「1mあたり2万円弱」と覚えておくと良いでしょう。

一般家庭の場合、総距離約10~25m程度を、合計20~40万円程度で施工する場合が多いです。

 


メッシュフェンスの価格は、地面からの設置「1mあたり約1万円前後」が一目安。

画像提供:三協アルミ

メッシュフェンスを「地上から設置する場合」について、費用の内訳項目として次の4つをまず把握して下さい。

① フェンス支柱の基礎に使う独立基礎ブロック: 個あたり約4000

・・・約2mおきに基礎を設置する必要があります。

② フェンス基礎工事の人件費:20~25m毎に約5万円

③ フェンス商品費用:mあたり約4,000~7,000

④ フェンス取り付け工事の人件費:20~25m毎に約5万円。

上記内訳の合計一目安

上記のような内訳で、メッシュフェンスを地上から設置する場合:1mあたり約8,000~12,000円が一目安です。

おおよそ「1mあたり約1万円前後」と覚えておくと良いでしょう。

20mで約25万円、50mで約50万円、100mで約100万円などといった具合です。

 


メッシュフェンスご検討時に「あなたに合わせた情報を比較して選ぶこと」は最重要です。

 

その手段として必要なことが「相見積もり」です。

メッシュフェンスのプランや金額など全ての情報があなたに合わせた形で具体的になりますし、各社の特徴が分かります。

相見積もりは、プランを洗練することもできる効果的な手段であり、確信を持った業者選びにつながります。

特に、価格を下げるためにも、外構施工業者の見積もり比較は最重要、かつ基本となる大前提です。

業者により、提案される材料のグレード仕入れ値などが異なり同じ工事でも費用に差がでるためです。

 


メッシュフェンスを、我が家でも利用しています。

他の方法と比較した時の施工費用の安さから、我が家でもメッシュフェンスを採用しました。

網目状のために、敷地内の植物のグリーンが外からも映えて見えています

また、もしコンクリート壁にしていたら通気性が悪くなってしまい、自宅壁の苔汚れなどがより目立っていたのではないかと思います。

メッシュフェンスの高さは、大人の腰より少し上くらいの高さで、結構頑丈にできています

フェンスと建物の間は、雑草対策として防草シートの上に砂利を敷いています。歩くとガチャガチャと音が鳴るので防犯対策効果もありそうです。

こちらは家の中から見たメッシュフェンスの例です。網目状のために、フェンスの向こう側の植物や景色の様子を楽しむことができます。

 

メッシュフェンスの利点

メッシュフェンスには色々なメリットがあります。

・網目状であることで開放感、採光性、通気性がある。
・見通しがよく、防犯性がある。
・何より第一に、価格が安い
・安価にも関わらず、耐久性がある
・商品バリエーションも多く、加工もしやすい

確かに、フェンスや目隠しには、ウッドフェンスや、生垣・竹垣、ブロック塀など様々な選択肢があります。

しかし、その中でも、特にコストパフォーマンス良く設置できるのが、メッシュフェンスです。

 

メッシュフェンスは ① 網目状のために「開放感・採光性・通気性」がある。

画像提供:三協アルミ

メッシュフェンスが網目状であることでのメリットがあります。

まずは開放感です。閉塞的な目隠しと比べると、敷地がより広く感じられます

また、採光性と通気性です。光と風が通りやすいことで、庭の植物ガーデニングにもよく、また、自宅建物のメンテナンス的にも優れます

また、シンプルなデザインのため、庭のコンクリート土間コンクリート)や、タイルデッキウッドデッキなどとも自然と似合います。

メッシュフェンスは ② 網目状のために「防犯性」がある。

フェンスがあることで、敷地の内と外で境界物ができるために、不審者が侵入しにくくなります。

特にメッシュフェンスの場合は、その多くが網目も細かく、足のつま先を入れてよじ登ることもなかなか難しい構造となっています。

また、もし敷地内に侵入した・侵入しそうな不審者がいた場合に、板状のフェンスや目隠しの場合は、存在に気付きずらいもの。

一方で、メッシュフェンスであれば網目状のために、不審者の存在に気付きやすく、それは不審者にとっても近づきずらい性質となります。

メッシュフェンスは ③ フェンス・目隠しの中でも価格が安い。

フェンス・目隠しには様々な種類があります。コンクリート塀、ウッドフェンス、生垣・竹垣、など他様々です。

その中でも、メッシュフェンスは、部材が少ないために、相対的に安い金額での取り付けが可能です。

庭作りにも色々費用がかかるものなので、費用が安いと嬉しいですよね。

メッシュフェンスは学校のグラウンドや太陽光発電所など施工距離が長くなる場所でも多く選ばれているのも、費用が安い事は大きな理由です。

 

メッシュフェンスは ④ 安価にも関わらず(特にスチール製ならば)耐久性が高い。

画像提供:三協アルミ

メッシュフェンスは価格の安さにも関わらず、衝撃に強く耐久性もあります。

特に、スチール製のメッシュフェンスです。

例えば、愛犬がよじ登ってきたり、小さい子ども蹴ったサッカーボールが当たっても、ある程度の力であれば衝撃は吸収されます。

また、もし山にある畑や太陽光発電所などのフェンスの場合は、イノシシや野良犬が入ってこないなど頑丈さが必要です。

駐車場やカーポート(2台・3台など)のまわりの設置にも良いでしょう。

メッシュフェンスは ⑤ 施工箇所に合わせて加工を行いやすい。

画像提供:三協アルミ

メッシュフェンスは安くて丈夫でよく利用されているため、各メーカーから高さなど商品バリエーションが多数展開されています。そのため、住宅用や工業地用・農場用など用途にあった商品が選びやすいことがです。

また、施工する敷地の幅に合わせて、工具で切るだけで長さを手軽に調整できる加工のしやすさもあります。

メッシュフェンス施工で「タウンライフ外構特集」が選ばれる理由

メッシュフェンス施工の第一歩に、タウンライフ外構特集が選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の外構会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切なフェンスプランが届きやすいです!

③ 施工が前進する
希望のメッシュフェンスのプランや費用を簡単に集められることで、工事の良いスタートがきれます!

メッシュフェンスは安価なのに効果的です。思い立ったが吉日ですよ。

 

メッシュフェンスは「スチール製」と「アルミ製」がある

メッシュフェンスの材質には「スチール」と「アルミ」があり、住宅利用はスチールが多い。

あらためて、メッシュフェンスの素材の「スチール(鉄鋼)」と「アルミ」の違いを見ていきます。

住宅の場合はスチールが、工業用地・農地・学校などの場合はアルミの利用が多い傾向にあります。

スチールメッシュフェンス

画像提供:三協アルミ

スチールメッシュフェンスは、「安い」うえに、「強度・耐久性」が高い。

スチールとは鉄鋼・鉄のことです。スチールは強度があり、衝撃に強く、耐久性があります。

その上、価格もとても安いために、住宅の外構リフォームでは、スチールメッシュフェンスが選ばれることが多くなっています。

例えば、犬がよじのぼったり、子どもがボールをぶつけたりしても、衝撃が吸収されます。

スチールメッシュフェンスは、「サビに弱い」が、塗料コーティングで対策されている。

スチールの弱みは、アルミと比べるとサビに弱いことです。

それでも、塗料コーティングによって耐久加工がされているのであまり心配しなくて良いのですが、海の潮風があたる地域や、工業地帯などでは、サビに強いアルミを選ぶことが一般的です。

 

アルミメッシュフェンス

画像提供:三協アルミ

アルミメッシュフェンスは、「サビに強い」

アルミメッシュフェンスは、何より「サビに強く」、それにより「耐用年数が長い」ことが特徴です。

潮風があたる海の近くや、排気などもある工場地域などにとっては錆への強さは重要な要素です。

アルミメッシュフェンスは、農業用地・工業用地・グランド周辺などで多く選ばれています。

アルミメッシュフェンスは、「強度が弱い」が、枠を付けて対策するため、お洒落にも見える

一方でアルミメッシュフェンスは、スチール製と比べると、頑丈さには欠けます

もし、強い衝撃や衝突があると凹みができてしまうなどします。

その強度を補強するためにも、アルミメッシュフェンスは、1つ1つのフェンスの周囲が枠に囲われているような作りになっていて、お洒落にも見えます。

メッシュフェンスのプラン相談・成約でプレゼントがもらえます。

タウンライフ外構特集で「外構工事の無料相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

また、タウンライフ外構特集を介してフェンス工事が成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

 

メッシュフェンスの施工は「地面上」か「ブロック上」から

メッシュフェンスの施工について、あらためて詳しく見ていきます。

メッシュフェンスを「ブロックを積んだ上に取り付ける」ことが住宅では多い。

画像提供:YKKAP
メッシュフェンス「ブロック上」は、基礎を作り、2段程度ブロックを重ねて、施工する。

一般住宅の場合は、メッシュフェンスはブロックを積んだ上に施工する場合が大半です。

「①基礎作り ⇒ ②ブロック組積 ⇒ ③フェンス設置」と進みます。

①の基礎作りは、砂利を引きモルタルで固めて、鉄筋コンクリートで基礎を作ります。

② ①の基礎の上に、ブロックを2~4段程度積みます。その上に、フェンスの支柱を約2m置きに立てます

③ そして、フェンスを設置していきます。

メッシュフェンスを「既存のブロック上」に建てる場合は、ブロックに穴をあける。

もし既にあるブロックの上に施工する場合は、ブロックに穴をあけ支柱を設置します。

この穴あけ作業は「コア抜き」といい、1か所あたり3000~4000円程度かかります。

 


メッシュフェンスを「地面から設置する」ことが、グラウンドや公園など距離が長い場合は多い

画像提供:三協アルミ

工業用地や農地、グラウンド周辺など広い場所にメッシュフェンスを設置する場合は、地面から設置する場合が多いです。

メッシュフェンス「地面上」では、支柱を固定する基礎工事が必要。

地面上から取り付ける場合は、まず支柱を固める基礎作りをします。

約2メートル置きに独立基礎ブロックを埋めて、そこに支柱を立ててコンクリートで固めます

立てた支柱と支柱の間にフェンスを取り付ける「間仕切り支柱タイプ」が使われる場合が多いです。

 


メッシュフェンスのプラン無料作成依頼ができるタウンライフの口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく外構工事ができました

外構リフォームを考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた外構会社さんが希望通りの工事を提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフ外構特集を利用して良かったと感じております。

 

メッシュフェンスに「扉・門扉」をつける場合

メッシュフェンスには、扉・門扉をつけることができる

画像提供:三協アルミ

メッシュフェンスで、扉・門扉をつけることで役立つケースは多くあります。

自宅用の場合の例

・住宅の通常の出入り用門扉として利用する。

・人は出入りできるけれど、飼い犬は出入りできないようにする。

・家の玄関側のスペースと、裏口側のスペースで空間を分ける。etc.

工業地・農業地・グラウンド等の場合の例

・用地の通常の出入口として利用する。

・人は出入りできるけれど、動物が出入りできないようにする。

ゴミ捨て用地などの、出し入れの扉とする。 etc.

メッシュフェンスの扉・門扉は、片開き・両開き・引き戸などのタイプから選ぶ
画像提供:三協アルミ

扉・門扉にも様々なタイプがあります。

まず、開き方として、「片開き」「両開き」「引き戸」タイプなどがあります。また、鍵の種類も、打ち掛け鍵や、シリンダー錠などのパターンがあります。

なお、家の門柱・機能門柱についてはこちらの記事も参考下さい。

メッシュフェンスの扉・門扉の価格は、約5万円前後が中心

メッシュフェンスの扉・門扉の価格は、サイズや形状にもよりますが、1つあたり約3~10万円程度で、5万円前後が平均価格です。

取り付けの工事価格も含めて、外構会社に「相見積もり」をして「あなたの条件に合う情報を比較」して選ぶようにしましょう。

 


メッシュフェンスの見積もり比較は、外構&お庭工事の専門サイトで

メッシュフェンスは、見積もり比較をすることで、安い設置につながります。

外構・庭作りのプランニング・見積もりに便利なのが「タウンライフリフォーム外構特集」です。

外構工事で、例えばこんなプランもできます。⇒ ベランダにサンルームベランダ増築ベランダ屋根後付け

完全無料で、複数社の見積もり比較を気軽に行えるので、今すぐ利用しないと損です。

 

メッシュフェンスは「g10」が人気

メッシュフェンスの中でも、積水樹脂の「g10」が人気

出典:積水樹脂

メッシュフェンスは安価なこともあり、様々なメーカーから豊富な商品バリエーションが販売されています。

その中でも特に一般家庭用に人気な商品の一つが、積水化学工業グループの積水樹脂の「G10(ジーテン)」です。

人気の秘密は、「加工のしやすさ」と「サビ対策」です。

メッシュフェンス「g10」は、どの位置でも柱を取り付けられる「自由柱」で施工しやすい

g10の大きな特徴は「自由柱」であることです。

フェンスの本体が柱の横から固定されるために、どの位置にでも柱を取り付けることができます

また、フェンス本体を、固定フックで引っ掛けるように抑えて、ナットで止めるだけとカンタンに施工することができるのです。

メッシュフェンス「g10」はサビ対策も充実。

また、g10は素材がスチール製で本来サビやすいものですが、サビ対策がしっかり施されています

JIS規格に基づいた強度な設計、柱本体の塗装、フェンス本体が耐久性が高い樹脂がほどこされていることです。

積雪地仕様のタイプや、高耐久タイプも販売されています。

 


メッシュフェンス「g10」以外の他メーカー商品には、YKKAPや三協アルミなど

画像提供:三協アルミ

メッシュフェンスの他メーカーには、三協アルミや、YKK APなどがあります。

三協アルミの商品には「ユメッシュシリーズ」などがあります。土地に斜面があっても一定角度まで対応可能です。

YKK APの商品には「イーネットシリーズ」などがあります。低価格であることが特徴で、柱は、アルミ製とスチール製から選べます。

 

メッシュフェンスDIYは基礎作りから

メッシュフェンスは、各種フェンスの中でもDIYを行いやすい

画像提供:三協アルミ

メッシュフェンスは切断をしやすいので、各種フェンスの中ではDIYしやすい部類に入ります。

ただし、フェンスは地震などで倒壊しては危険なので、安全には十分に配慮をして施工を行いましょう。

もし、自信が無い場合は、専門業者に依頼して施工するようにしましょう。

 


メッシュフェンスのDIYは、基礎作りから

メッシュフェンスDIYの様子は、こちらの動画で詳しく紹介されています。

各種フェンスの中でもDIYしやすいとはいえ、基礎作りから必要になります。

基礎を作り、ブロックをつみたて、フェンスの柱を立てて、フェンス本体を取り付け・切り詰めるといった一連の流れが必要になります。

メッシュフェンスのDIYができそうか、十分に確認を行いましょう

もし難しそうであれば、外構業者に依頼しても、他フェンスより安価に設置することができます

 


目隠しをつける場合

ottostyle.jp グリーンフェンス 緑のカーテン 約3m×1m 【ダークグリーン】 ソフトネットタイプ 目隠し リーフフェンス フェイクグリーン 日よけ サンシェード

メッシュフェンスの目隠しは、ルーバー・フェイクグリーン・すだれなど様々ある。

メッシュフェンスは、網目状で通気性・可視性がいいことがメリットですが、逆に、家の敷地内のプライバシーが気になる場合もあります。

そのような時は、メッシュフェンスに目隠しを取り付けてみてはいかがでしょうか。

アイリスオーヤマ ラティス ルーバー ML-915 ブラウン 幅90cm×高さ150cm 4枚組セット

 

ルーバーや、フェイクグリーン、すだれなどDIYでの設置でも様々な選択肢があります。

メッシュフェンスの目隠しで、特にDIYしやすい商品が販売されている。

特に、メッシュフェンス用の目隠し専門パーツがこちらです。

さくさくエクステリア(メッシュフェンス用 目隠しパーツ)ブラウン色 100個入

ご覧頂いて想像つくように、メッシュ部にパーツをとりつけ、そのパーツに木材を入れることで、誰でも手軽に目隠しを作ることができます。

メッシュフェンスの目隠しは、業者に本体と合わせて設置依頼も可能。

メッシュフェンスを施工する時に、その一部などに目隠しを設置することも合わせて施工業者にプラン依頼することも可能です。

メーカーの専門品も各種タイプがあるので、目隠しプランを相談してみて下さい。

 

メッシュフェンスの取り付け(おわりに)

メッシュフェンスは、フェンスの中でも安価で耐久性があり、加工もしやすく、防犯性や開放感もあります。。

メッシュフェンス住宅利用の場合「スチール製 × ブロック基礎上 」が多く、グランドや公園などの場合「アルミ製× 地面上」が多いです。

メッシュフェンス設置価格は、1ⅿ毎に、地面上は約1万円前後。ブロック基礎上は約2万円弱が目安です。

また、外構工事にあたりもし測量が必要な場合、測量の費用は、現況測量で約10~20万円が目安です。

メッシュフェンスの取り付けに便利で人気!【タウンライフリフォーム】

完全無料オンライン一括見積依頼が可能。

厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社300以上が登録され、お住まいの地域・予算・ご希望のリフォーム内容にあった会社から見積・提案をもらえます。

しつこい営業は一切ありません。シリーズ累計112万人の利用実績。

[/su_note]

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

メッシュフェンス以外について知ろう!

● 外構工事について知ろう

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

新築の外構作りが不安な方は、新築・外構で失敗・後悔しない

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!