ベランダ(バルコニー)屋根の、後付け・取り付けや、修理に興味がありますよね?

屋根が無いと、毎日の洗濯物干しが大変です。

ベランダ屋根は、意外に費用安く、後付け・取り付け、修理が可能です。

ただし、商品を選ぶポイントが複数あるので、十分な検討が必要です。

この記事では、ベランダ屋根の後付け・取り付け修理についてご紹介します。ぜひ、じっくり読んでみて下さい。

ベランダ・バルコニー屋根の後付け・取り付け・修理【重要点・1分まとめ】

1分間で【この記事のまとめ】として次の3つをご紹介します

・ベランダ屋根の良さ

・選び方や注意点

・費用・価格・値段

ここを読めばベランダ屋根の後付け、取付け、修理について分かります!

ベランダ屋根の良さ

ベランダに屋根があると、洗濯物を干す時の、急な雨への安心感が違う!

出典:YKKAP

雨の可能性を心配しながら、洗濯物をベランダに干すのはストレスですよね。

夏場に夕立ちが降ったり、天気予報が外れて急な雨が降ったりすると洗濯物が濡れてが台無しに。だから「曇りの日」は日々迷うもの。「雨の可能性があるから」と部屋干しも嫌なものです。

しかし、ベランダ屋根があれば、雨への不安感を大幅に減らすことができます。毎日の事だから利便性が高い方が良いです。

ベランダ屋根の選び方

ベランダに屋根を選ぶ時は、断熱・遮熱性などの素材や機能性も意識しよう!

出典:YKKAP

ベランダ屋根は、まず、サイズやデザインがあった物を選びます。

また他にも、日差しをよける「断熱・遮熱」や、北国向けの「耐雪」、沿岸部など向けの「耐風」など各種機能タイプがあります。

より快適に、安全に利用できるベランダ屋根を選ぶようにしましょう。

費用・価格・料金

ベランダに屋根の取付け費用は、一般的なサイズの基本タイプなら約10万円前後。

ベランダ屋根を後付けする費用は、一般的なベランダサイズなら約6万円〜で、約10万円前後が相場です。

サイズ(横幅や出幅)が大きかったり、デザイン性が高い商品だと、その分価格は上がり、20~40万円台などにもなります。

別途、断熱・遮熱オプションが約1万円程度、耐風・耐雪オプションが約5万円前後である場合が多いです。

もし「修理」の場合は、火災保険が適用され「実質無料」になる場合があります。

ただし、ベランダ屋根の後付け・修理で実際の価格を知るには「あなたの希望と家の状況に合わせたプラン作り」が必須です。

どんな設置を行いたいかや、あなたのご自宅のベランダの広さや状況によって、価格は変わるためです。

質の低い工事を避けるため『安かろう悪かろう』も避けるべきです。「高くなるかもしれない」と思い見積りを取ると良いでしょう。

ベランダ屋根の見積もりは「初夏」の今が年に1度の大チャンス!!

ベランダなど外構工事で、初夏(5-6月頃)は「見積もりが安くなりやすい、工事プラン検討のチャンス時期」です。

理由は、3月までの決算期が一段落して外構・リフォーム会社は受注が減り、価格面の相談・交渉が行いやすくなるためです。

また、4月新年度の各メーカーカタログ更新旧モデルの在庫処分・値引きもあり、新年度で補助金も利用しやすくなります。

もし希望の工事をまだ迷っていてもまず見積もりだけ、今すぐとっておくと得」ですよ!

ベランダ屋根の施工で、見積もりはどう取るの?

ベランダ屋根施工の実際の金額を知るには、外構工事の見積もりをする必要があります。

しかし「社しか見積もりを取らない」と困る場合があります。

1社のみの見積もりで困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には高額請求する業者も・・)
● ベランダ屋根のアイデアやプランが十分に膨らまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

できれば、3社以上のプラン比較を行いたいところです。

外構業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしない設置をしたいですよね。3社以上の見積もり比較は、外構工事を安くする方法・コツでもあります。

ただし、ベランダ屋根施工の外構業者探しも大変

相見積り・プラン比較にも、意外に色々と大変な面もあります・・

相見積りを取る時に大変な点
● 外構業者を何社も探すのは大変・・
● 複数社に、何度も同じ説明を行うことが大変・・
● 断る時、気持ち的に断りづらい・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変・・

でも、大丈夫です!

設置や修理の業者は

ベランダ屋根の商品や費用のプランを、一括比較できます!

ベランダ屋根の後付けや修理プランを気軽に無料で簡単に一括比較できるのが「タウンライフ」です。

あなたの家の状況や、希望に合わせた、ベランダ屋根の商品や施行、費用のプランを作ってもらうことができます。

ベランダ屋根で失敗しない、アイデア・アドバイスが充実。

たしかに、リフォーム「費用見積り比較」サービスは他にもあります。

しかし、タウンライフなら具体的な商品・施工プランまで作ってもらえ、また、アイデアやアドバイスが充実している点で違い、おすすめなのです。

私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりと資料や提案が届きました。

営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持って比較をすることができます。

ベランダ屋根検討時の「 ’自分にあった’ 情報収集や比較検討の材料集め」に適しています。

3冠を獲得・112万人が利用。

タウンライフは、テレビCMを行っていないため広くは知られていません。

しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。

3冠の中には、「利用満足度」や「サイト利用者安心度」などがあり、安心できるサービスを利用したい方に向いています。

ベランダ屋根の後付けや修理のプランを作ってくれるのは、厳選されたプロの専門家。

ベランダ屋根のは、安心できる業者に任せたいもの。

タウンライフでは「厳格な国家基準をクリア」した信頼ある住宅会社のプロの専門家にプランを無料作成してもらえます。

全国約万の施工店の中から、リフォームは約300社、注文住宅は約600社が厳選登録しています。

たしかに、事前の登録に約3分が必要になってしまいます。

しかし、気軽に無料で利用でき、あなたの希望に合うベランダ屋根のプランを作ってもらえるため、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


ベランダ屋根の後付けや修理プラン作成よくある質問

「Q. 利用したら契約しないといけないのでは?」
契約の義務は全くありません。タウンライフはあくまで「一括資料請求サイト」で、契約を斡旋されたり迫られることもありません。

「Q. 本当は何かお金がかかるのでは?」
完全無料で利用できるサービスです。住宅会社の広告宣伝費で運営がなりたっているため、無料サービスが実現しています。仲介手数料なども一切かかりません。

「Q. 申込み後の流れはどうなるの?」
はじめに、入力内容の確認連絡があります。その後、希望条件に合わせた資料が届きます。じっくり比較して下さい。

「Q. 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。」
一切ありません。希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載すれば、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。

「Q. 現場写真データの添付は必要ですか? 」
無くて大丈夫です。登録時に任意で画像データ添付欄がありますが、もし後により話が具体的になった時で大丈夫です。

タウンライフは私も利用しています。

他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているため、私も安心しておすすめできます。

詳細はこちら>>>

 

 


ベランダ屋根の「修理」費用は「保険適用」で実質0円になる場合もある。

もし「修理」をする方の場合、「火災保険」に加入していると、修理が保険でカバーされて、修理にかかる費用が実質0円になることが多々あります。

現在、火災保険への加入率は約8・9割程度と言われ、マイホームをお持ちの方の大半が火災保険に入っているため、あなたのご自宅も加入している可能性は高いです。

一見、被害が無いように見える家でも、築5年以上の一戸建ての約70%以上で、平均80万円の保険金が下りるそうです。(出典:住まいの被害サポート窓口

今すぐ、修理プランの作成依頼をする価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


以上で【重要点のまとめは終わり】です

以下は補足です。ここまでの内容と一部重複し、全体の読了目安は約10分間です。

ベランダ・バルコニー屋根の人気3商品 【以下、補足】

ベランダの屋根商品には、実際にどんな商品があるのか、人気3商品をご紹介していきます。 

LIXILベランダ屋根

LIXIL「スピーネ」約8万円~ どんなところにも取付:
特徴
どんなところでも、スピーディで安全に施工できることが特徴の屋根です。

・形状が複雑な場所でも、屋根の切りつめや、柱の位置変更が可能です。

・例えば「出幅が異なる外壁」「出隅部分にあるバルコニー」などでも、オーダーメイドでぴったり納まる屋根サイズを設計できます。

費用・価格・料金の目安

出幅885ミリ 約8万円~、出幅 2695ミリ 約10万円~耐風圧仕様を標準装備。

● オプション

アール型 約1万円、熱吸収タイプ 約1万円、耐積雪仕様 約1万円

● 別途: 基礎調整費

LIXILのスピーネは、形状や場所が複雑なベランダで屋根を付けたい方や、早く付けたい方は今すぐ検討する価値があります。

この商品のプラン作成詳細へ>>>

 

 


LIXIL 「パワーアルファ」 約10万円~ 風雪地域にお薦め:

LIXILのパワーアルファは、雪や風が強い地域におすすめの屋根です。

特徴
「パワーアルファ」の名の通り、1ランク上の強度を持ち、風や雪に強い屋根です。

・ 強風や突風などへの耐風圧機能や耐積雪機能に優れています

雪だけを地面に落として、雨水は雨樋で排水する「開閉式積雪カバー」など、オプションも充実しています。

費用・価格・料金の目安

出幅885ミリ 約10万円~、出幅 2695ミリ 約30万円~。耐風圧仕様を標準装備。

● オプション

アール型 約1万円、熱吸収タイプ 約1万円、耐積雪仕様 約5万円。等

● 別途: 基礎調整費

LIXILのパワーアルファは、雪や風に悩まされる地域にお住まいの方は、今すぐ検討する価値があります。

この商品のプラン作成詳細へ>>>

 

 


YKKベランダ屋根

オシャレな木調:YKK AP「サザンテラス」約13万円~

YKKAPのサザンテラスは、オシャレなウッド感を楽しめる屋根です。

ポイント

天然木に限りなく近づけた、オール木調の見た目がオシャレな屋根

・前枠と垂木を交差させて木組みの味わいを強調した「パーゴラタイプ」は、木組み感が植栽とマッチして、お庭に止め込みます。

費用・価格・料金の目安

出幅870ミリ 約13万円~、出幅 2070ミリ 約16万円~耐風圧仕様を標準装備。

● 別途: 基礎調整費

YKKのサザンテラスは、デザインにこだわりたい方は、今すぐ検討する価値があります。

この商品のプラン作成詳細へ>>>

 

 

無料で、ベランダ屋根施行のプラン一括比較ができます。

タウンライフでは「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルのベランダ屋根の施工プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなく簡単にプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的な内訳を含め分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずは自宅・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフは、ベランダ屋根施工をまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

詳細はこちら>>>

 

 

ベランダ・バルコニー屋根の商品選び方

(画像提供:YKKAP)

ベランダ・バルコニー屋根取付け時は、 ①型、②デザイン・素材、③断熱・遮熱性、④サイズが選ぶ基本ポイントとなってきます!

メーカーとしてはLIXILとYKK APの大手2社のシェアが高く品質に大きな差は無い状況です。

ベランダ・バルコニー屋根 ①「型」

ベランダの屋根の型には主に「アール型」と「フラット型」があり、どちらかを選びます。

アール型
(画像提供:YKK AP)

アール型のベランダ屋根は、先端が丸くカーブしています。

フラット型と比較すると、やや開放感に劣り、費用も約1万円程度高くなります。

一方、「斜めからなどの雨よけの効果」「目隠し効果」「雪が降った時に下に滑り落ちやすい」などのメリットがあります。

フラット型
(画像提供:YKK AP)

フラット型のベランダ屋根は、ストレートな形をしています。

アール型と比較すると、雨よけ効果に劣ります。

一方、スタイリッシュな見た目でデザイン重視の方に人気です。また、アール型と比較して開放感があるのも特徴です。

ベランダ・バルコニー屋根②「デザイン・素材」

ベランダ屋根の素材には、オーソドックスな見た目の「透明ポリカーボネート製」や、デザイン性が高い「クリアマット調」などがあります。

(画像提供:YKK AP)

それを例えば、金属部分に塗装や加工を施して「木目調」にすることで、家やウッドデッキにより馴染むようにするオプションなどもあります。

木目調加工には約5万円程度かかります

ベランダ・バルコニー屋根③「断熱・遮熱」

ベランダ屋根は、オプションとして選べることが多い「断熱・遮熱」タイプの屋根もあります。

約1万円程度の費用が高くなります

日差しが強い、南側や東側のベランダでより高い効果を発揮するでしょう。

ベランダ・バルコニー屋根④「サイズ」

(画像提供:YKK AP)

ベランダ屋根は、奥行、幅、柱の高さなどのサイズに応じて費用がかわってきます。

例えば、同じ屋根商品で、出幅が「 約90センチの時 」と「 約2メートル70センチの時 」では約20万円程度費用が異なってきます。

なお、使いやすさの観点から、ベランダの屋根の出幅は80~100センチ程度はあるようにしましょう。

2階ベランダなどベランダ屋根プラン無料作成は、利用実績も多くて安心

ベランダ屋根のプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

専門家に、まずプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「ベランダ屋根に少しでも興味がある方」なら、今すぐ利用しないと損なサービスです。

詳細はこちら>>>

 

 

ベランダ・バルコニー屋根「耐雪・風雪オプション」について

「耐雪」北海道や東北の豪雪地帯に。
(画像提供:LIXIL)

耐雪強度があったり排雪機能があるタイプの屋根は、約3~10万円程度費用が高くなります。

北海道や東北地方などの豪雪地帯では、ベランダの屋根にも大量の雪が積もって、大きな負担がかかります。

雪の重みでベランダの屋根が壊れてしまうことも!

そうならない対策として、メーカーによりますが、50センチや100センチなど、その地域の平均積雪量に応じた耐積雪の強度を選べます。

雪が留まりにくいオプション機能をつけるなども含めて、リフォーム業者に相談しましょう。

このタイプのプラン作成詳細へ>>>

「耐風」沿岸部や台風被害が多い地域に。
(画像提供:LIXIL)

耐風圧機能に優れたタイプの屋根は、約3~10万円程度費用が高くなります。

2階に設置するベランダは、1階よりも約1.2倍の風圧を受けます。

さらに、風が強い沿岸部などの地域や、台風被害が多い地域などでは、一般地用のベランダ屋根では吹き飛ばされる恐れも!

屋根や外壁がこわれるだけでなく、危険な事故につながってしまう心配もあります。

そうならない対策として、地域によっては、耐風圧性が高いタイプを、リフォーム業者に相談しましょう。

このタイプのプラン作成詳細へ>>>

 

ベランダ・バルコニー屋根後付け設置・取り付けの費用・料金相場【まとめ】

(画像提供:YKKAP)

ベランダ・バルコニーの屋根後付けの費用目安は、約6万円~で、最大で約70万円が目安です。

比較的安価な商品タイプを選び、一般的なサイズのベランダで10万円台前後で取り付ける方が多いです。

費用・料金の内訳

① 屋根商品の費用:約3~60万円
ベランダ屋根の費用は仕様・形状、サイズなどにより様々です次以降の章で詳しくご紹介します。

② 取り付け費用:約3~7万円
サイズが大きいと費用があがる傾向にあります。工事は1日で終わることが多いです。

③ 基礎調整費:約2~3万円
屋根を取り付ける基礎を調整する費用がかかる場合もあります。サイズが大きいと費用が上がることもあります。

 

ベランダ屋根プラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフを利用して良かったと感じております。

タウンライフは、ベランダ屋根のアイデアが欲しい方にとって、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 

ベランダ・バルコニー屋根の設置

自分でつけるDIYは?

ベランダ・バルコニー屋根を自分でつける「DIY」は風圧など危険も。

バルコニーへの屋根取り付けのDIYは危険を伴います。

大工の梁大工の梁

ベランダの屋根は構造上、風の力を受けやすい設備。2階以上の高さだとより高い風圧を受けることになるんです。

例えば、基礎の調整が不十分な場合や、金具が正しく取り付けられていなかったりすると、台風の時などに、風で煽られたベランダ屋根が剥がれて、周囲に落下していしまう恐れなどがあります。

ベランダ・バルコニー屋根は、リフォーム業者への依頼が無難です。

取り付け工事が不十分だと、大きな事故につながる恐れがあるために、リフォーム会社に施工してもらいましょう。

ベランダ屋根の取付けプラン作成詳細はこちら>>>

 

ベランダ屋根の取付け・後付けで「タウンライフ」が選ばれる理由

ベランダ屋根の検討開始に、タウンライフが選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切な屋根プランが届きやすいです!

③ 施工が前進する
希望の屋根プランや費用を簡単に集められることで、施工の良いスタートがきれます!

ベランダ屋根があると洗濯物干しの場として便利です。思い立ったが吉日ですよ。

作成詳細はこちら>>>

 

 


なお、屋根だけでなく、ベランダ自体を、新たにする方法もあります。

(参考)ベランダ増築・後付け・拡張などの費用

 

ベランダ屋根のかわりに、オーニング取り付けも。相場は?

ベランダ・バルコニー屋根に「オーニング」は約25~35万円

大工の梁大工の梁

おしゃれなカフェやレストランのテラス席などにある、キャンバス素材で作られた布製の日よけ「オーニング」を設置するという方法もあります。

オーニングをつけると、屋根をつけるよりも、外構全体をオシャレで開放的な雰囲気に演出ができます。デザイン性にも優れて、カラーバリエーションも豊富にあります。

開閉式で布を広げる面積が自由に調整できるため、日差しが強い日には布を広げてバルコニーを多い、日光を入れたい日には布を収納しておきます。小雨くらいでしたら、短時間であればバルコニーを保護できます。

プラン作成作成詳細はこちら>>>

 

 


ベランダ・バルコニー屋根の代わりに「サンルーム」という選択肢も

他には、屋根をつけるだけではなく、ベランダをサンルームにする」という選択肢もあります。

 

ベランダ・バルコニー屋根のメリットと注意点

メリット・目的

ベランダ・バルコニーに屋根をつける目的には「雨よけ」「日差しを和らげる」「ベランダの汚れ改善」「周囲の目隠し」「オシャレ」「修理・交換」などが挙げられます!

(参考)ベランダとバルコニーの違い

ちなみに、同じ2階のデッキスペースでも、屋根が無いときは「バルコニー」、屋根があるときは「ベランダ」と言います。

大工の梁大工の梁

そのため正しい表現は「バルコニーへの屋根設置」ですが、分かりやすくするためにベランダとバルコニーを区別せずに書いていきますね。

ベランダ・バルコニー屋根を「雨よけ」に

屋根がないことでの一番大きいのは「洗濯物」の問題です。洗濯物は、日があたる外にほしたいもの。

しかし、屋根が無いと、洗濯物に一つにしても、日々様々なストレスが生まれます、、

・もしかすると雨が降るのではと干していいのか迷う・・・

・干したけど出かける時に雨が降らないか不安・・・

・急な雨で急いで取り込まなくてはいけない・・・

・雨に濡れて洗い直しや、干し直しをしないといけない・・・

天候が悪く部屋干しが続くことでアレルギー症状が悪化・・・

大工の梁大工の梁

洗濯物だけではありません、屋根があることで、ベランダの小物や床、外壁や窓などエクステリア部材の雨よけにもなり、雨漏りや外構全体の腐敗防止にも繋がるんです。

(参考)ベランダの雨漏り修理費用

特に、長く耐久性を維持したいウッドデッキ滑りが気になるタイルデッキなどでも、屋根は活躍します。

(参考)ウッドデッキの費用・価格。リフォーム施行

(参考)タイルデッキの費用・価格。手入れが楽!

ベランダ・バルコニー屋根で「日差しを和らげる」

屋根が無いと、夏は日差しでバルコニーの床面が高温になってしまいますが、屋根をつけると夏でも床の温度上昇を抑えることができます。

また、屋根が無いとバルコニーに面する部屋の室内への日差しが強すぎて、家具が次々に日焼けしてしまうことがありますが、屋根があることで、室内に届く光を和らげることができます。

なお、屋根をつけることで「寒さ・暗さ」心配な方もいると思います。

大工の梁大工の梁

バルコニーが南向きであり日差しがある日であれば、冬場は太陽の通り道が低いために日は入り、極端に部屋の温度が下がることはありません

ベランダ・バルコニー屋根で「ベランダの汚れ改善」

屋根が無く雨が直接バルコニーの床に落ちると、ゴミやホコリもたまりやすいですが、屋根があると各段に改善されます。

ジャスティンジャスティン

お掃除の手間も減りマスネ♪ビューティフルなベランダはハッピーです!

ベランダ・バルコニー屋根で「周囲の目隠し」

屋根が無いと、道路や周囲の家から洗濯物が目立ちやすくなってしまいます。

なお、ベランダの目かくしには、フェンスや柵も役立ちます。

(参考)ベランダの手すり・柵・フェンスの費用

 

ベランダ・バルコニー屋根で「オシャレ」に

(画像提供:YKKAP)

ベランダの屋根も様々なカラー、デザイン、材質のものがあるために、エクステリアとしてのオシャレさも求めてつける方もいます。

オシャレといえば、カーポートバルコニーも、オシャレなベランダの一種です。

(参考)カーポートバルコニーの費用

 

ベランダ・バルコニー屋根の「修理・交換」

大雪か強い風で、もともとあった屋根が壊れてしまって、新しい屋根に取り換えることもあります。

ベランダ・バルコニー屋根でもっと満足度アップ!

ベランダ雨よけ屋根には色々なメリットと商品タイプがあります。

そこに、リフォーム業者のプロ目線のアイデアを加えれば、もっといいリフォームになり、満足度がアップします

施工時は、しっかりと希望を相談するようにしてください。

 

ベランダ・バルコニー屋根の後付け設置・取り付けプラン相談・成約でプレゼントがもらえます。

タウンライフで「無料リフォーム相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

また、タウンライフを介してベランダ屋根のリフォーム成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

詳細はこちら>>>

 

 

デメリット・注意点

ベランダ・バルコニーの床面積次第で「固定資産税」が増えることも!?

バルコニーへの屋根設置で「固定資産税」が増えることもあるので、リフォーム前に相談してみましょう。

固定資産税の評価額は「床面積」の大きさで変わります。「床面積」は壁や柱で囲まれた部分の面積のことで、屋根がないバルコニーは床面積には算入されていませんでした。

大工の梁大工の梁

しかし、屋根をつけたり、周囲に囲いを設けたりすると、「床面積」に含まれて、固定資産税が高くなることがあります。

なお、固定資産税の計算は、お住まい所在地の自治体が行っています。

ベランダ・バルコニーの建蔽率しだいで「建築確認申請」が必要なことも!?

もし、外壁から1メートル以上突き出した屋根をつける時などに、「建築確認申請」が必要なこともあるので、リフォーム前に相談してみましょう。

敷地面積に対する建物の面積の割合を「建蔽率(けんぺいりつ)」といいます。建築基準法によって土地ごとに建蔽率が制限されていて、その土地に建物を建てる時に、指定された建蔽率の範囲内で設計する必要があります。

建物を真上から見下ろした時に、バルコニーの突き出した部分が外壁から1メートル以内の時は、建物面積には含まれません。

大工の梁大工の梁

でも、出幅1メートル以上のバルコニーや、1階の地面に柱を組むタイプのバルコニーは建物面積に含まれることがあります。

建物面積が変わると、建蔽率も変わってしまうために、リフォーム前に建築確認申請を行わなくてはなりません。

ベランダ「方角」北、北西向きの時はいらないかも?

北

バルコニーへの屋根設置を検討している時、バルコニーの方角が「北」や「北西」の時は、屋根を設置しなくてもいいかもれません。

北・北西は、1年を通しても日差しがほとんど当たりません。そのため、洗濯物の乾きは悪いです。洗濯物を干す意味がないため、ベランダの屋根をつける必要性もうすいでしょう。

大工の梁大工の梁

南や東向きのバルコニーにつけよう!

「音」寝室のバルコニーにはつけない方がいいかも?

屋根 雨

大雨時には音がどうしても出るために、寝室のバルコニーには屋根をつけない方が無難です。

雨が強い日は、屋根にポツポツと落ちる音が聞こえ、寝ている時は気になってしまうこともあるでしょう。

大工の梁大工の梁

風でガタガタ揺れる音がするときは、屋根を押さえている金具が緩んでいる場合があるので、建て付けを確認しましょう。

ベランダ・バルコニー屋根は「傾斜」は急でも緩くもないバランスが必要。

屋根の角度は、急でもなく平らでもないバランスが必要です。

角度が急だと風の影響を受けやすくなってしまい、逆に、傾斜が緩いと屋根にゴミが溜まって定期的に掃除をする必要が出てきます。地域や環境次第で、傾斜も考慮しましょう。

「マンション」ベランダの屋根は共有部。規約を要確認。

マンションのベランダ屋根設置は、禁止されている場合が多いです。マンションの利用規約などで確認しましょう。

マンションのバルコニーは住人が自由に使える専有部ではなく、他の住人も共有する「共有部」です。火災などの緊急時に避難経路として使用することもありますが、屋根などを後付けすると非難時の障害になってしまいます。

大工の梁大工の梁

見た目に大きな変更が生じるバルコニーへの屋根の取り付けは規約違反となっている場合が多いです。

あらかじめ、マンションの利用規約やマンションの管理組合に確認しましょう。賃貸マンションにお住まいの方は、部屋のオーナーに確認しましょう。

ベランダバルコニー屋根後付け設置・取り付けの注意点も大丈夫!

ベランダ雨よけ屋根の注意点も、リフォーム業者のプロ目線のアドバイスもらえば、しっかり解決します。

施工時は、しっかりと悩みや不明点を相談するようにしてくださいね!

詳細はこちら>>>

 

まとめの前のブレイクタイム

ベランダ・バルコニーに屋根があると、何より、洗濯物を干す時の利便性がますでしょう。

ジャスティンジャスティン

ソー、わたしたちが住むハナレジマは南の島で、急に雨がふったりしがちデス。

大工の梁大工の梁

そう、結局「雨がいつ降るかも分からない」っていう前提にいる必要があるよね。

棟梁の父棟梁の父

備えあれば患いなし」という言葉は、住まいにも言えることだワイ! 

棟梁の父棟梁の父

ワシは、お酒を飲む時は、必ずウコンを飲んで備えておるンジャ。皆もワシのように備えしておく姿勢を見習ってな。 

大工の梁大工の梁

そうそう、父さんを見習って。・・・ってオーイ!父さん、飲み過ぎだけには気をつけて下さいよ!

ベランダ・バルコニー屋根の後付け・取り付け・修理(おわりに)

・ベランダ・バルコニーに屋根をつける目的には「雨よけ」「日差しを和らげる」「ベランダの汚れ改善」「周囲の目隠し」「オシャレ」「修理・交換」などが挙げられます!

・型や、断熱・遮熱性、耐雪・耐風性などが選ぶポイントとなってきます!

ベランダ・バルコニー屋根の後付け設置・取り付け業者探しを、簡単3分の手間で行うことができます!

タウンライフリフォーム

・「タウンライフリフォーム」なら、「あなたのお住まいの地域」で、「ベランダ」リフォームを、「あなたのご予算感」でできる国家基準を満たした業者が自動で絞り込まれて、それらに無料で一括でプラン・見積依頼できます。

相場が分からずに不当に高い工事となることを避けられ料金が最大40%オフになる場合もあります。

・押し売り営業も一切ありません。

詳細はこちら>>>

 

ベランダ・バルコニー屋根の後付け設置・取り付けプラン「十分な検討」を

ベランダ屋根後付けプラン検討には「十分な検討」が必要です。地域特性に合わせて、断熱・遮熱・風雪・耐雪などを考慮する必要があります。

さらには、デザインの型の違いなどもあります。

あなたの考えに、プロのアイデアを盛り込みベランダ屋根設置の成功に近づくのがタウンライフリフォームです。

ベランダ屋根後付けをまだ検討中でも、今なら、まずは情報収集・比較検討の材料集め」として、完全無料で利用できます。

詳細はこちら>>>

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

ベランダ屋根以外の記事も、合わせて読んでみよう!

● 外構工事について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

● ベランダ・バルコニーについて知ろう!

ベランダ・バルコニー屋根取付け

ベランダ・バルコニーの増築・拡張・後付け

ベランダ・バルコニーの手すり

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!