ビルトインガレージにする費用・価格って興味がありますよね!

新築・リフォームともに、ビルトインガレージは人気があります。

愛車を大切に暮らしやすく、生活上便利な場面も多いです。さらに、土地の有効活用など経済的な利点もあります。

この記事では、ビルトインガレージにする費用・価格や魅力をご紹介します。ぜひじっくり読んでみてください。

ビルトインガレージの費用・価格【重要点・1分まとめ】

1分間で【この記事のまとめ】として次の3つをご紹介します。

・ビルトインガレージの魅力

・ビルトインガレージの注意点

・ビルトインガレージの費用・価格

ここを読めばビルトインガレージについて分かります!

魅力・メリットと注意点

ビルトインガレージなら、愛車を大切にしながら暮らしやすい。

画像提供:YKKAP

ビルトインガレージは、車が趣味という方には特に向いています。

居室空間から車を眺める憧れの作りにもできますし、手入れや車いじりに没頭する事もできます。

また、車を風雨や雪などによる汚れや傷から守りしっかり保護できます。シャッターもつければ、車上荒らし対策として防犯性も高いです。

ビルトインガレージは、土地の有効活用・固定資産税減と、経済的。

画像提供:リクシル

ビルトインガレージは、経済的なメリットもあります。

地価が高いエリアであれば、独立した駐車場を設けなくて済み、ビルトインガレージ設置の方が割安にすむ場合もあります。

また、もしビルトインガレージの面積が延床面積の1/5の場合「容積率の緩和措置」といって固定資産税も安くなります。

ビルトインガレージなら、生活上の利便性も高まる。

画像提供:YKKAP

ビルトインガレージがあると、暮らしの中での便利な場面も多々あります。

車の乗り降りをする際に雨に濡れる心配がありません。また、買い物をした時にそのまま家の中に運ぶことができます。

また、介護する時・介護されることになった時、車を降りてすぐ家の中に入れることは大きな利点です。

ビルトインガレージがある、使いやすく暮らしやすい家づくりをしよう。

一方で、ビルトインガレージがあると、1階スペースが減ったり、夜に音が気になるなどします。

そのため例えば、寝室は全て2階に配置するなど、使いやすい間取り・部屋割りの工夫が必要になってきます。

大きさ・幅・通気・明るさなどビルトインガレージ自体を使いやすくすると共に、居住空間への配慮が必要です。

費用・価格の相場

ビルトインガレージの費用・価格は、坪単価約50~80万円が一目安。

ビルトインガレージは、まず坪単価50~80万円程度が一目安と言われています。

ここで平均地価と比べてみます。例えば東京都なら、23区であれば一番安い葛飾区でも坪約120万円、計56の市区町の内、46が坪50万円以上です。

特にこのように地価が高い地域は、駐車場だけで土地を利用するよりビルトインガレージの住宅にすることに、経済的なメリットが大きいですね。

ビルトインガレージの費用・価格は、総額で約200万円~が一目安。

ビルトインガレージは1台あたり、約4~5坪、費用は約200~400万円が一目安です。

これは、新築・リフォームの場合どちらもです。例えば「1階和室を解体してビルトインガレージにする」などの場合も約200万円程度~が目安です。

ただし、ビルトインガレージの費用・価格は、条件次第。見積もりが必要。

画像提供:リクシル

ビルトインガレージの費用は、土地や住宅の状況などによっても変わってきます。

そのため結論として、あなたが実際に外構工事の見積もりをとって具体的に確認する必要があります。

質の低い工事を避けるため『安かろう悪かろう』は避けるべきです。「高くなるかもしれない」と思い見積りを取ると良いでしょう。

ビルトインガレージ検討で、施工業者の比較は必須。でも、大変です。

ビルトインガレージ施工業者比較は、普通に行おうとすると膨大な手間が発生します。

【1】 業者候補リストアップ
【2】 安心な業者か評判口コミ調査
【3】 候補各社への電話確認や依頼 などです。

ビルトインガレージの設計・費用のプランを、一括比較できます!

ビルトインガレージ設計プランを気軽に無料で簡単に一括比較できるのが「タウンライフ」です。

あなたの家の状況や、希望に合わせた、ビルトインガレージの設計・費用のプランを作ってもらうことができます。

他にも、あなたが希望する外構工事の費用・相場が分かります。

さらに、これから新築ご予定の方の場合は「住宅・間取り全体のプラン」を作ってもらえます。

ビルトインガレージで失敗しない、アイデア・アドバイスが充実。

例えば、リフォーム「費用見積り比較」サービスは他にもあります。

しかし、タウンライフなら、具体的な設計・施工プランまで作ってもらえ、アイデアやアドバイスが充実している点で違い、おすすめなのです。

私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりと資料や提案が届きました。

営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持って比較をすることができます。

ビルトインガレージ検討時の「 ’自分にあった’ 情報収集や比較検討の材料集め」に適しています。

3冠を獲得・112万人が利用。

タウンライフは、テレビCMを行っていないため広くは知られていません。

しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。

3冠の中には、「利用満足度」や「サイト利用者安心度」などがあり、安心できるサービスを利用したい方に向いています。

ビルトインガレージの施行プランを作ってくれるのは、厳選されたプロの専門家。

ビルトインガレージのプラン検討や、家づくりプラン検討は、安心できる業者に任せたいもの。

タウンライフでは「厳格な国家基準をクリア」した信頼ある住宅会社のプロの専門家にプランを無料作成してもらえます。

全国約万の施工店の中から、リフォームは約300社、注文住宅は約600社が厳選登録しています。

3社以上の比較は、外構工事を安くする方法・コツとしても、最も大切なことです。

たしかに、事前の登録に約3分が必要になってしまいます。

しかし、気軽に無料で利用でき、あなたの希望に合う「ビルトインガレージのプラン」を作ってもらえるため、今すぐ利用する価値があります。

「リフォーム・後付けの方」
詳細はこちら>>>

「新築予定の方」※住宅・間取りプランを作ってもらえます。
詳細はこちら>>>

 

 


2階ベランダなどサンルーム施工プラン作成よくある質問

「Q. 利用したら契約しないといけないのでは?」
契約の義務は全くありません。タウンライフはあくまで「一括資料請求サイト」で、契約を斡旋されたり迫られることもありません。

「Q. 本当は何かお金がかかるのでは?」
完全無料で利用できるサービスです。住宅会社の広告宣伝費で運営がなりたっているため、無料サービスが実現しています。仲介手数料なども一切かかりません。

「Q. 申込み後の流れはどうなるの?」
はじめに、入力内容の確認連絡があります。その後、希望条件に合わせた資料が届きます。じっくり比較して下さい。

「Q. 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。」
一切ありません。希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載すれば、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。

「Q. 現場写真データの添付は必要ですか? 」
無くて大丈夫です。登録時に任意で画像データ添付欄がありますが、もし後により話が具体的になった時で大丈夫です。

タウンライフは私も利用しています。

他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているため、私も安心しておすすめできます。

「リフォーム・後付けの方」
詳細はこちら>>>

「新築予定の方」※住宅・間取りプランを作ってもらえます。
詳細はこちら>>>

 

 


以上で【重要点のまとめは終わり】です

以下は補足です。ここまでの内容と一部重複し、全体の読了目安は約10分間です。

ビルトインガレージとは【以下、補足】

ビルトインガレージは、建物の1階部分に設けられたガレージのこと。

ビルトインガレージは、居住する建物の1階に設けられたガレージのことです。

自動車やオートバイの駐車につかい、ガレージ(倉庫)として使われるなどします。インナーガレージともいいます。

居住スペースを確保するために、家を3階建てなどにする場合があ多くあります。

ビルトインガレージが向く家は

ビルトインガレージは、車が趣味の方に向いてる。

画像提供:リクシル

ビルトインガレージは、車が趣味の方にとっては憧れでしょう。

常に車と生活をともにすることができます。居住部から車を眺めたり、ガレージにこもって車をいじったり・手入れをしやすいです。

車が風雨にさらされないために、傷や汚れもつきづらく、より大事に扱うことにつながります。

ビルトインガレージは、お子さまや高齢者の方がいる家にも向いている。

まだ小さなお子さまや、ご高齢の方がいるご家庭にもビルトインガレージは向いています。

車から降りてから、雨に濡れずに・すぐ、家の中に入れることがメリットです。

もちろん、子供・高齢者でなくとも、雨に濡れず・買い物袋をすぐ運べる、となれば便利ですよね。

ビルトインガレージは、木造などより重量鉄骨造・RC造の住宅に向いている。

画像提供:リクシル

ビルトインガレージは、重量鉄骨造・RC造の家に向いています。

車が出入りできるスペースのために柱を減らすためには、重量鉄骨造・RC造の方が作りやすいためです。

木造だと少し難しいかもしれません。また、軽量鉄骨造の場合には間取りの制約がでてくることがあります。

ビルトインガレージは、土地価格が高い地域の住宅に向いている。

ビルトインガレージは、まず土地価格が高い地域、土地が限られている住宅密集地域に向いています。

ビルトインガレージの費用は坪約50~80万円と言われていますが、例えば神奈川県横浜市の平均地価は坪130万円です。

駐車場を独立して設けるよりも、ビルトインガレージにしてしまう方が経済的な合理性が高い場合も多いのです。

無料で、ビルトインガレージ施行のプラン一括比較ができます。

タウンライフでは「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルのビルトインガレージ施工プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなく簡単にプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的な内訳を含め分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずは自宅・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフは、ビルトインガレージ施工をまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

「リフォーム・後付けの方」
詳細はこちら>>>

「新築予定の方」※住宅・間取りプランを作ってもらえます。
詳細はこちら>>>

 

 

ビルトインガレージのメリット

ビルトインガレージには「愛車との暮らし、生活上の利便性、経済性」という3つのメリットがあるためにご紹介します。

ビルトインガレージなら、愛車を大切に扱うことができる。

画像提供:YKKAP

まずビルトインガレージは「車好き」な方にとっては、車と寄り添った暮らしを実現できる家になります。

ビルトインガレージなら、愛車を家から眺めたりや手入れをしやすい。

リビングや書斎などとビルトインガレージを隣接させてみましょう。

間に大きな窓ガラスをはめれば、生活空間から常にあなたの愛車を最高のアートのように眺めることができるようになります。

また、ビルトインガレージなら常に車のメンテナンスや手入れを行いやすくなります。

ビルトインガレージなら、車を、風雨や雪、汚れや傷から守ってくれる。

ビルトインガレージは、車を建物内部にしまうことで、汚れや傷から守ることができます。

もしカーポートの場合、屋根はあっても横からの風・飛んでくる細かな砂・ゴミなどとの接触は避けることができません。

ビルトインガレージで、さらにシャッターなど開閉の扉もつければ、あなたの愛車を守ることができます。

ビルトインガレージなら、車が守られているために防犯性が高い。

ビルトインガレージなら、不審者からもあなたの愛車を守ることができます。

屋外駐車であれば車上荒らしやタイヤ盗難に狙われる可能性はあります。長期休暇の不在中や寝静まった真夜中などにねらってくるのです。

しかし、扉付きのビルトインガレージであれば不審者の被害に合うことがありません。

\満足度1位!/

 

ビルトインガレージなら、生活上の利便性も高い。

画像提供:YKKAP

ビルトインガレージは、日常の車利用も便利になります。

ビルトインガレージなら、雨に濡れずすぐ車に乗ることができる。

ビルトインガレージなら、悪天候の日でも雨に濡れずに車から乗り降りすることができます。

特に、梅雨の時期の大雨や、秋に何度もおとずれる台風など、雨風が強い日などは助かるものです。

ビルトインガレージと台所が近ければ、買い物を運びやすい。

また、日常の買い物でのお出かけした帰りも便利になります。

ビルトインガレージと台所との距離を近くにしておくことで、買い物袋をすぐ運び込むことができます。

週末のまとめ買いで大量の食材を買い込んだ時などに運び入れの手間が減るのは、奥さまも助かりますね。

ビルトインガレージなら、小さなお子さまや高齢者の方がいるご家庭も使いやすい。

雨に濡れずに済むことは、特に、小さな子どもや高齢者の方がいるご家庭にとって助かります。

ベビーカーを押したり、車椅子を押しながら、悪天候の中で玄関と車の間を移動することは通常大変です。

しかし、通路の広さに少しの余裕があるビルトインガレージにすることで、車への乗り降りで一段と楽できます。

\満足度1位!/

 

ビルトインガレージなら、経済的メリットもある。

ビルトインガレージは、経済面でもメリットが出てくる場合があります。

ビルトインガレージなら、土地価格が高い地域でも、駐車場を持ちやすい。

土地価格が高い地域なら、ビルトインガレージは土地の有効活用になります。

ビルトインガレージにする価格は坪約50~80万円と言われていますが、例えば東京23区であれば全ての区で平均坪単価はそれを超えます。

駐車場のためだけに土地を使うよりも、ビルトインガレージにした方が経済性が高い地域もあるのです。

ビルトインガレージなら、容積率の緩和措置で、固定資産税が安くなる。

ビルトインガレージの床面積が、建物の延床面積の1/5以下であれば床面積として計算されません。

この「容積率の緩和措置」があることで、その分固定資産税の評価額が下がり、固定資産税を下げることができます。

例えば、延床面積が150㎡の住宅で、2台分のビルトインガレージ29㎡を設けるなどの場合です。

(関連)ビルトインガレージの固定資産税!床面積・容積率・建ぺい率の関係

ビルトインガレージのプラン無料作成は、利用実績も多くて安心

ビルトインガレージのプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

専門家に、まずプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「ビルトインガレージに少しでも興味がある方」なら、今すぐ利用しないと損なサービスです。

「リフォーム・後付けの方」
詳細はこちら>>>

「新築予定の方」※住宅・間取りプランを作ってもらえます。
詳細はこちら>>>

 

 

ビルトインガレージのデメリット

続いて、ビルトンガレージのデメリットもご紹介します。

ビルトインガレージだと音が気になることも。寝室からは離そう。

ビルトインガレージだと車の音が、家族の迷惑になる場合があります。

もし深夜や早朝に車の出し入れをする場合に、すぐ隣に寝室があると「寝ている人をおこしてしまう場合」があるでしょう。

ビルトインガレージの家にする場合は、建物の間取りに配慮しましょう。

ビルトインガレージだと1階が狭くなる。暮らしやすい間取りを工夫しよう。

ビルトインガレージがある家は1階の広さが限られてきます。

例えば「1階は玄関+水まわりのみ、2階にリビング、3階に寝室」など家族のライフスタイルに合う間取りを工夫する必要があります。

特に、もし足腰が悪い方がいる場合、その方の部屋を1階で音の影響を受けない位置にどう配置できるかはポイントです。

ビルトインガレージだと耐震強度が下がり、補強が必要な場合も。

ビルトインガレージは建物を支える部分が減るために、耐震強度が下がります。

そのため木造住宅ではあまり向かなく、鉄骨造やRC造が向いているなど家の構造に制約がでてきます。

必要に応じて、耐震診断を行った上で、場合によっては耐震補強の必要性が出てくる場合があるため注意が必要です。

ビルトインガレージで「タウンライフ」が選ばれる理由

ビルトインガレージの検討開始に、タウンライフが選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切なビルトインガレージのプランが届きやすいです!

③ 施工が前進する
希望のビルトインガレージのプランや費用を簡単に集められることで、施工の良いスタートがきれます!

ビルトインガレージの検討は、思い立ったが吉日ですよ。

「リフォーム・後付けの方」
詳細はこちら>>>

「新築予定の方」※住宅・間取りプランを作ってもらえます。
詳細はこちら>>>

 

ビルトインガレージの費用相場

ビルトインガレージの費用について詳しくご紹介します。

ビルトインガレージの費用・価格は、坪単価だと約50~80万円が一目安。

ビルトインガレージを作るには、まず「坪単価50~80万円」という一目安を覚えてください。

1坪(≒約3.3㎡)あたり、約50~80万円かかるという意味です。

(参考)ビルトインガレージの「坪単価」は、メーカーで基準が異なるために、実際には要確認。

ここで「坪50~80万円」という幅について「高級な住宅メーカーだから高い」場合もあります。

ただし、それ以外に「坪単価」の算出基準が異なることで、単価が変わってくる場合があるので注意をして下さい。

特にローコスト住宅を中心に、価格を安く見せるために独自基準で施工面積の坪単価を出すものの、実際には高い場合があります。

ビルトインガレージの費用・価格は、1台(4~5坪)で約200~400万円

ビルトインガレージの費用は、1台あたりにすると約200~400万円が一目安です。

1台あたり「約4~5坪」×「坪単価約50~80万円」で、約200~400万円が目安となります。

なお、4~5坪とは、約13.2~16.5㎡にあたります。もし、ベビーカーや車椅子をつかう場合は、広さに余裕を持ちましょう。

ビルトインガレージの費用・価格は、2台(8~10坪)で約400~700万円

ビルトインガレージの費用は、2台なら約400~700万円が一目安です。

1台よりも2台分の方が、スケールメリットで坪数あたりの単価が安くなる場合があります。

なお、8~10坪とは、約26.4~33㎡にあたります。

\満足度1位!/

 

ビルトインガレージの費用・価格は、新築・リフォームともにだいたい同じくらい。

なお、ここまでご紹介した費用は、新築時もリフォーム時もだいたい、同程度の費用感となります。

例えばリフォームとして「和室をつぶしてビルトインリフォームにする」場合も、上記の費用感となります。

ビルトインガレージの増築なら、1台で約150~250万円くらいの場合もある。

なおもし土地に余裕があり、ビルトインガレージを「増築」する場合には、上記より少し安く作れる場合があります。

例えば、1台分で約150~250万円程度などです。

ただし、既存の建物の状況、つなぎこみの方法・仕様などにより費用は異なってくるために見積もりが必要です。

ビルトインガレージの「シャッター」の価格は、電動 or 手動で変わる。

画像提供:リクシル

なお、ビルトインガレージは、シャッターの有無・種類でも費用が変わります。

ざっくりとした目安金額として、手動シャッターは10~20万円、電動シャッターは20~40万円などです。

サイズや種類によっても費用は様々であるために、プラン比較を行いましょう。

ビルトインガレージのプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフを利用して良かったと感じております。

タウンライフは、ビルトインガレージのアイデアが欲しい方にとって、今すぐ利用する価値があります。

「リフォーム・後付けの方」
詳細はこちら>>>

「新築予定の方」※住宅・間取りプランを作ってもらえます。
詳細はこちら>>>

 

 

ビルトインガレージの注意点

ビルトインガレージを設ける際には、使いやすさや税金関連での注意をしましょう。

ビルトインガレージの使いやすさに注意をしよう。

画像提供:リクシル
ビルトインガレージが「小さい・狭い」と、駐車時が少し大変で、車の買い替え時にも制限がでてくるため注意。

ビルトインガレージが「狭くならないように」注意をしましょう。

1台あたり約4~5坪が必要と言われています。狭いと、駐車時や乗り降りなど日常的に不便です。

加えて、自動車を買い換える時に大きさの制約が出てきたり、ベビーカーや車椅子を利用する必要ができた時に通れないなど支障がでてきます。

ビルトインガレージは「排気ガスが出る」ため、換気扇など通気対策に注意。

ビルトインガレージでは「排気ガス」に注意しましょう。

そのためにも、換気扇を設けたり、大きめの窓を設けるなど、通気・換気の対策を行いましょう。

暖機運転の時や、オイル交換をする時、塗装を行う時など、空気の入れ替えを行うことで健康を害することが無いよう心がけましょう。

ビルトインガレージは「暗いと使いづらい」ため、照明・明るさに十分な配慮を。

ビルトインガレージは「明るく」利用できるようにしましょう。

天井照明を十分に設けたり、窓を設ける他に、作業用に手元の明かりもあると良いでしょう。

明るさに気を付けないとビルトインガレージは少し暗くなりがちです。乗り降り時に転ぶ危険などがある他、作業も行いづらくなってしまいます。

ビルトインガレージを「死角」にしないためにも、シャッターを検討しよう。

ビルトインガレージでは「シャッター」取り付けを検討しましょう。

もしシャッターが無いと、不審者が侵入して居住スペースへの侵入経路などに利用されてしまうかもしれません。

ビルトインガレージ内は外からみて死角になるために、不審者も隠れやすくなってしまうのです。

\満足度1位!/

 

ビルトインガレージの「税金」に注意をしよう。

ビルトインガレージ・住宅が「大きい」と、減税を受けられなくなるために注意。

ビルトインガレージの住宅が「延床面積240㎡以下」になるか確認しましょう。

240㎡を超えると「不動産取得税の住宅控除・土地の減額」を受けられなくなってしまいます。

また、ビルトインガレージが、住宅の延床面積の1/5以下になるか確認しましょう。

1/5を超えると「容積率の緩和措置」を受けられなくなり、固定資産税額があがってしまいます。

ビルトインガレージは「電動シャッター」だと、固定資産税が高くなるかもと把握しておこう。

ビルトインガレージのシャッターが電動式の場合、固定資産税が高くなることがあります。

「贅沢な設備」として捉えられ固定資産税の評価額があがってしまうためです。

固定資産税の評価は各自治体が行うために、自治体に確認してみましょう。

ビルトインガレージの見積もり比較は、専門サイトで!

駐車場や外構工事では、プランも費用も十分比較を行うことで、高い満足につながります。

外構工事の見積もり比較にに便利なのが「タウンライフ」です。

完全無料で、あなたオリジナルの外構プランと見積もりを作成を作ってもらうことができるため、今すぐ利用する価値があります。

「リフォーム・後付けの方」
詳細はこちら>>>

「新築予定の方」※住宅・間取りプランを作ってもらえます。
詳細はこちら>>>

 

ビルトインガレージのドアの種類

ビルトインガレージのドアは、大きく2つあるためにご紹介します。

ビルトインガレージのドア「巻取り式シャッター」

巻取り式シャッターは、ドア部をボックス収納します。

ボックスは、外観重視なら内部に設置し、内部重視なら外部に設置します。

デメリットとしては開閉の音が出るために早朝や夜間などに近隣配慮が必要なことや、開閉に時間がかかることです。

ビルトインガレージのドア「オーバースライダー」

オーバースライダーは、ドア部を天井に収納します。

巻き取りがないために、音が静かで開閉も早いことがメリットです。

デメリットとしては、設置のために一定の高さが必要となることです。

ビルトインガレージのドア「スイングアップ」

他にも、スイングアップという、ドアをスイングさせる形式もありますが、実際にはあまり見られません。

\満足度1位!/

 

ビルトインガレージの費用・価格(おわりに)

ビルトインガレージなら、愛車を大切にした暮らしを実現することが可能です。

また、雨に濡れずすぐ家に出入りできるために、乗り降りの利便性も高まります。

ビルトインガレージの実際の費用を知るには、住宅会社や外構会社に確認する必要があります。

業者により費用は大きくことなるために、2社以上のプラン比較を行うことが大切です。

ビルトインガレージの見積もり比較ならタウンライフ

駐車場や外構工事では、十分な比較を行うことで、高い満足につながります。

外構工事の見積もり比較にに便利なのが「タウンライフ」です。

完全無料・3分の依頼で、あなたオリジナルの外構プランと見積もりを作成を作ってもらうことができるため、今すぐ利用する価値があります。

「リフォーム・後付けの方」
詳細はこちら>>>

「新築予定の方」※住宅・間取りプランを作ってもらえます。
詳細はこちら>>>

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

(関連記事)ビルトインガレージの固定資産税!床面積・容積率・建ぺい率の関係も合わせてご参考下さい。

 

ビルトインガレージ以外について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

新築の外構作りが不安な方は、新築・外構で失敗・後悔しない

 

● カーポート・駐車場について知ろう!

カーポートおすすめ2台・3台

カーポートバルコニー

カーポートデッキ

ソーラーカーポート

カーポートと台風

外構・駐車場コンクリート

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!