キッチンの壁紙・クロスの人気・おすすめを知りたいですよね?

どうすればお洒落になるか、色や選び方を迷うものです。

キッチンの壁紙は、ベースに清潔感ある落ち着いた色を選び、1面の壁のみアクセントとなる色柄を入れるとお洒落になります。レンガやタイルの柄も人気です。

さらに、キッチンの壁紙は、汚れ防止や消臭など機能まで含めて検討する必要があります。

この記事では、キッチン壁紙についてご紹介します。ぜひじっくり読んでみて下さい。

↓ 壁紙リフォームを「安く」するにはこれが一番!

↑ クリックしてみて下さい。

 

キッチン壁紙の人気おすすめ張替え【重要・1分まとめ】

この記事で紹介する、キッチンの壁紙・クロスの情報を、エッセンスを濃縮して1分でご紹介します。ここだけ読めば大丈夫です!

キッチン壁紙は、汚れ防止、耐熱・耐火・消臭など「機能」をまず重視しよう。

画像提供:サンゲツ

キッチンの壁紙には「敵」がたくさんいます。

壁紙に飛び散ってくる油汚れ、壁紙を弱めるコンロの熱、壁紙にしみつく料理のニオイ、壁紙のカビの原因にもなる水アカなどです。

そのため、キッチンの壁紙で重視したいことは「機能性」です。

「汚れ防止や、不燃、消臭、防カビ」などに対応した壁紙があります。キッチン壁紙はまずは「清潔」を第一に考えましょう。

キッチン壁紙は、ベースは清潔感ある色を選び、1面のみアクセント色を入れるとお洒落に。

画像提供:サンゲツ

キッチン壁紙をオシャレにするにはアクセントクロスが一番です。

壁紙で基本となる色は、白系など落ち着いた色にします。しかし、1面だけ、パッと目を引く色の壁紙を使うのです。

特に、ダイニングやリビングから目に入りやすい目立つ壁にアクセントを入れると効果的です。

キッチン壁紙は、周囲とのバランスを要考慮。レンガ柄・タイル柄なども人気。

画像提供:サンゲツ

キッチンでの、アクセントクロスでより効果を出すのが「統一感」です。

キッチン台や家具など、またダイニング・リビングなどで使われている色と、同一系色でコーディネートするとセンスよくなります。

なお、キッチン壁紙のアクセントでは、カフェのような雰囲気のレンガ柄、清潔感のあるタイル柄も人気です。

キッチン壁紙の費用見積りとプランの「複数業者比較」は最重要

価格を下げるには、壁紙リフォーム業者の見積もり比較は一番重要、かつ基本となる大前提です。

業者により、材量仕入れ値職人費用などが異なり、同じような工事でも費用に差がでます。

業者には、まず始めは次の2つを伝えて一度検討を任せれば大丈夫です。

① 壁紙リフォームしたいこと

② あなたの予算目安

いろいろなプランを集めることで、よい検討材料になり見る目も養われます。

壁紙リフォーム業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしない設置をしたいですよね。3社以上の見積もり比較は、工事を安くする方法・コツでもあります。

キッチン壁紙リフォーム業者の比較は必須。でも、大変です。

壁紙リフォームの業者比較は、普通に行おうとすると膨大な手間が発生します。

【1】 業者候補リストアップ
【2】 安心な業者か評判口コミ調査
【3】 壁紙リフォームを行っているか候補各社への電話確認 などです。

キッチン壁紙リフォームの費用「一括比較」なら手間がかからない。

壁紙リフォームで優良な外構会社を探すには「一括比較」が時間もかからず確実な方法です。

一括比較では、厳正な審査を通過した施工業者のみ登録が認められていて、紳士的に対応してくれます。

【完全無料】最大50%オフの一括比較「リショップナビ」

壁紙リフォームは、一括見積の利用で価格を抑えることにつながります。

特に「最大50%オフ」も打ち出しているのが、リショップナビです。

住まいが快適になるので、安く抑えて早くかえないと、もったいないです。

 


以上で「ここだけ読めば大丈夫!」1分まとめは終了しました。

もしこの記事を気に入っていただけたら、LINEで家族やお友達などにもご紹介下さいね。

大工の梁大工の梁

ぜひ、素敵なキッチンを実現して下さい!

キッチン壁紙はまず機能を重視

キッチンの壁紙は、汚れ・濡れ・においなどが多い場所。

キッチンの壁紙は「清潔にする機能」付きを選ぶことが大きいポイントです。

毎日こまめに掃除をすることが大切ですが、そのケアを楽にするためにも、油汚れ、水アカ、料理の臭いなどそれぞれのトラブルに備えておく必要があります。

油汚れなど掃除しやすく

画像提供:シンコール

キッチンの壁紙は、「油汚れ」が一番の汚れの原因

油は、気付いた時には、こびりついています。

炒め物や揚げ物の調理時に飛び散る油は、キッチンカウンターや、キッチンの床だけでなく、壁紙にも飛び散り付着します

気にしないでそのままにしていると、油は次第に茶色く黒ずみ、ベタつき、汚れは落としづらくなってしまいます。

キッチンの壁紙「油汚れ」など対策に、「汚れ防止機能」付きの壁紙を選ぼう。掃除しやすくなる!

知らない内についてしまう、油汚れも大丈夫です。

「汚れ防止機能」がある壁紙を選べば、特殊なコーティング加工がされていることで、汚れがついても落としやすくなり、また、菌の繁殖を防いでくれるなどします。

もし頑固な汚れがある場合も、中性洗剤を使い汚れを落とすこともできます。

耐熱や防火も重要な機能

画像提供:シンコール

キッチン壁紙は、コンロ近くなど熱に弱く劣化が早まってしまう。

調理時の熱も、壁紙にとって大敵です。

通常の壁紙・クロスは熱に弱く、変色や変形の原因になってしまいます。ガスコンロで、特に「強火」に設定した時に、炎は意外に遠くまで伸びることがあるものです。

キッチン壁紙で、防火性が高い「不燃素材」の壁紙を選ぼう。

キッチン壁紙の熱対策では「不燃素材」の壁紙を選ぶようにしましょう。

不燃素材の壁紙は防火性が高いです。順不燃・難燃というようにランクがあるので、火との近さで選ぶようにしましょう。

「汚れ防止」機能と合わさった壁紙材を選べばより万全です。

消臭や防カビも考慮を

画像提供:シンコール

キッチン壁紙の敵は、油や火だけではありません

キッチン壁紙は、油や生ごみの臭いを取り除いてくれる「消臭機能」もある。

鼻が慣れてしまっているだけで、実はリビング・ダイニングで生活臭が漂っているかもしれません。

焼肉やお好み焼きなど、キッチンで飛び散る油は、壁紙にこびりつくと「嫌な臭い」の原因になる場合もあります。

都度、掃除することも必要ですが、「消臭機能」が備わっていれば、臭いを吸収・分解してくれます。

キッチン壁紙は、水回りのためにカビが気になる場合もある「吸放湿」壁紙でカビ対策を。

キッチンの壁紙を、さらには「カビ」も襲います。壁に黒い斑点はありませんか?

日本は、夏の高温多湿な気候でカビが出やすいのです。湿気と汚れが好きなカビにとって、通気が悪いなどのキッチン壁紙は格好の繁殖場所です。

カビは、繁殖力があるので広がっていき、人の健康を害します。

その対策として、キッチン壁紙は「防カビ」機能がなされている場合が多い、国内メーカーの壁紙を選ぶことが無難です。

さらに、「吸放湿」機能があるものを選ぶと、湿度調整がなされて、よりカビ発生を抑えることができます。

キッチン壁紙は、「トリプル機能」や「スーパー耐久性壁紙」など、高機能タイプを選ぼう。

このように、キッチン壁紙の敵は、油・熱・臭い・カビと多様です。

まとめて対策してくれる「トリプル機能」タイプや、また汚れ対策がより強力な「スーパー耐久性」など、より高機能な壁紙を選ぶと安心です。

キッチンの壁紙リフォームを、信頼ある業者に依頼

壁紙のリフォームは、信頼できる業者に依頼したいですよね。

壁紙リフォームの費用一括比較ができるリショップナビでは、厳しい加盟審査に通過した会社のみが紹介されるので安心です。

よいプランを提案できる優良業者は人気のため早めの依頼が必要です。

 

キッチン壁紙の人気・おすすめ・おしゃれ

キッチンは、意外と長い時間を過ごす場所。気持ちよく過ごそう。

「3時間」。1日の間でキッチンに立っている合計時間の目安です。

それほど長い時間いる場所ですから、キッチン空間の見た目もお洒落にして気分を上げて調理をしたいですよね。

周囲とのバランスを配慮

画像提供:シンコール

キッチン空間をセンス良く魅せるには、バランスが大切です。

キッチン壁紙は、ベースは無地でスッキリと。

キッチンは調理器具を中心に物が色々と溢れているもの。

キッチン壁紙はまずは、ベースは模様が無い無地タイプを選び、スッキリさせましょう。汚れがついた場合に、見つけやすいという効果もあります。

柄物の壁紙をベースに選ぶと、少しごちゃついた感じになってしまう場合があります。また、形が大きい柄物を選ぶと、空間が狭く感じてしまう場合があります。

キッチン壁紙の色は、白やインテリアと同系色の明るい色を選び、清潔感やバランスを

キッチン壁紙のベースは、明るい色を選びましょう。基本的には、白色・白系統が良いでしょう。

もし色をつける場合は、キッチンの台や、キッチンへの入り口扉、冷蔵庫など、周囲に使われている色と同系色を選ぶことで、コーディネート感が出ます。

システムキッチンの場合は、キッチンの色と壁紙の色を合わせるのがいい。

システムキッチンは、キッチンとダイニングの間に置かれていることが多いもの。

システムキッチンを採用している場合は、そのキッチンの色と、壁紙の色を合わせると統一感が出ます。

キッチン壁紙は、ダイニングやリビングとのつながりも考慮を。

画像提供:サンゲツ

キッチン壁紙は、周囲の「物」だけでなく、「空間」ともつながりを出すと、見た目に優れます。

ダイニングやリビングが隣接する場合は、そこで使用させている壁紙とのバランスも考慮しましょう。

部屋によって全く異なる壁紙が使われているのも面白いのですが、ちぐはぐした印象になってしまう場合があります。

対面型キッチンの場合は、リビングの色と壁紙の色を合わせるのがいい。

対面型キッチンの場合は、リビングの壁紙と色を合わせると、2つの空間が1つにまとまって見えて、空間を広く感じさせるできます。

なお、イエローやピンクなど暖色系は、食欲を増進する色と言われているため、ダイニングと続く場合は一つの色の候補になります。

アクセントで印象付ける

画像提供:シンコール

キッチン壁紙を、お洒落にするポイントは「アクセント」です。

キッチン壁紙は、1面だけ色を変えるとメリハリのあるアクセントとなりお洒落に。

部屋の壁紙で、部屋の周囲4面中、1面だけ色を変える方法を「アクセントクロス」といいます。

アクセントクロスは、空間の印象を変えてくれます。

アクセントクロスは、くどすぎてはいけません。周囲の他の壁紙は白系統など薄い色の無地とし、アクセントを貼るのは1面までとしましょう。

キッチン壁紙のアクセントは、ダイニングから目にパッと入る場所を選ぶ。

アクセントクロスは、パッと目を引いてこそ意味があります

食卓のあるダイニングから見て、見える場所にある壁をアクセントの場所に選ぶとよいでしょう。キッチンに立つ人の背面の壁や、カウンターの下、また、ダイニングの壁などです。

調理する人のみが見える「キッチンの奥」だけでとどめておくのは勿体ないものです。

キッチン壁紙のアクセントは、色や柄を使って、ガラっと印象を変える

画像提供:サンゲツ

キッチンのアクセントクロスは、思い切った色柄を使いましょう。

「少し派手かな」と思うくらいが丁度いいです。

色でアクセントを付ける方法はもちろん、タイルやレンガ調、木目調などもキッチンのアクセントには合います。

キッチン壁紙で、柄物でアクセントをつける場合、物が少ない場所で。

キッチンの壁には道具などがかかっていたり、皿や鍋が置かれていることも多いもの。

もし、アクセント用の壁紙に柄物を選ぶ場合、キッチン道具と喧嘩しない場所を選ぶことが大切です。

例えば、カウンターの下など、壁紙の模様がしっかりと活かせる場所を選びましょう。

レンガ柄の壁紙

画像提供:サンゲツ

キッチン壁紙で、レンガ柄アクセントは、カフェのような雰囲気で人気。

キッチン壁紙のアクセントとしては、レンガ柄も人気です。

一般家庭ではなく、まるでカフェや洋風住宅のような落ち着く温かい雰囲気になります。

シチューやコーヒーなど、温かい食べ物や飲み物で、美味しいものが出てきそうな雰囲気ですね。

キッチン壁紙で、レンガ柄アクセントは、汚れも目立ちにくい

キッチン壁紙でレンガを採用すると、汚れが目立ちにくいという利点もあります。

それゆえに、コンロ周辺の壁を中心に、レンガ柄を採用する方法もあります。

タイル柄の壁紙

キッチン壁紙には、タイル柄や、タイルシールも合う。

キッチン壁紙のアクセントには、レンガ柄同様に、タイル柄も人気があります。

キッチンをはじめ、洗面所など水回りの壁にあるタイル壁紙は、清潔感も感じられて人気なものです。

さらには、気軽に利用できる「タイルシール」も数多く販売されています。カラーバリエーションも多く、好みの柄を見つけやすいものです。

キッチン壁紙、タイルが本物だと汚れやカビが大変だが、壁紙なら掃除や手入れが楽。

キッチンの壁は、壁紙やシールではなく、本来、本物のタイルにしてみたいところです。

しかし、本物のタイルだと、目地の部分に汚れやカビがつきやすいものです。

また、本物のタイルは設置費用も、合計10万円以上などと、費用がかさんでしまいます。

しかし、壁紙やシールタイプであれば、気軽に利用できますし、手入れがしやすいものです。熱に強くコンロまわりでも使えるなど、機能性が高いタイプもあります。

キッチンの壁紙リフォームする費用比較をコンシェルジュに無料サポートしてもらえます。

コンシェルジュに電話で要望を伝えると、壁紙リフォームに最適な業者探しなどサポートしてもらえるのがリショップナビです。

約2分で登録することができます。

夜の場合は電話は翌日以降です。まず先に登録だけ済ませましょう。

まず見積りを集めることは、壁紙を安くリフォームするためには必要です。

 

キッチン壁紙は風水的にはどう?

画像提供:シンコール

キッチンは、風水的には、金運や健康運に影響する。

キッチンは風水的に重要な場所です。

食は生活の根幹であり、食事を通じた家族とのコミュニケーションは精神を満たしてくれます。キッチンは、玄関などと同様に風水上重要な場所などです。

風水的には、キッチンは金運や健康運に影響します。

キッチン壁紙は、風水的には、まずは「清潔」に

キッチンは特に汚れやすい場所のために、風水的にもまずは「清潔」が第一です。

キッチン壁紙も、清潔にしやすいように「清潔」を重視しましょう。

そのためには、本記事の前半で紹介した「機能性」の高い壁紙を選ぶことがポイントです。

「汚れ防止や、不燃、消臭、防カビ」などに対応した壁紙があります。キッチン壁紙はまずは「清潔」を第一に考えましょう。

キッチン壁紙は、風水で方位別ラッキーカラーがあるが、まずは壁紙以外の清潔さを。

キッチンにも、風水的に方角別に「いい色≒ラッキーカラー」があります。

壁紙の色を風水で選ぶのもいいですが、そこまでこだわず、周囲とのコーディネートを優先させて良いでしょう。

どちらかというと、壁紙以外も含めての「清潔さ」を維持できるようにする必要があります。

ガスコンロまわりや、キッチンシンクの清潔さなどです。また、換気も良く行うようにしましょう。

キッチンの壁紙リフォームなど多くの人が利用するリフォーム見積もり

リフォーム一括見積りができるリショップナビは、累計利用者数400万人突破とサイト上で公表されています。

多くの人が利用しているリフォーム一括見積で、壁紙のリフォームでの利用にも安心できます。

 

キッチン壁紙はDIYできる?

キッチン壁紙はDIYも可能。リメイクシートは安い。

キッチン壁紙のDIYは可能です。

多いのは、100円ショップでも販売されている「リメイクシート」といシールタイプの商品を使う方法です。

今ある壁に気軽に、また、安価に貼ることができます

キッチン壁紙DIYで気をつけたいこと。

キッチン壁紙をDIYする場合に、気をつけたいこともあります。

●  壁がボコボコしないようにする。

つなぎ目を合わせるようにする。

● リメイクシートの場合、後々、貼った裏面にカビが生えてこないように注意する。

「機能性」のある壁紙材を選ぶ。

特には、4点目の「機能性」です。

ここまでご紹介した通り、キッチンは汚れやすい場所のために、壁紙は「機能性」が最重要です。

施工店に張替え依頼する場合は、専門のカタログなどを見ながら、機能性が高い壁紙材を選びやすいでしょう。

DIYする場合に「上手に貼れるか・安いか」という点にばかり目がいき、「いい壁紙か」という視点が欠如していると、勿体ないものです。

キッチン壁紙はDIYせず、業者依頼しても、約3~6万円程度

キッチン壁紙の張替えは、DIYせずに、もし業者依頼しても、約3~6万円程度で行うことができます。

さらには、施工店だからこそ、壁紙のバリエーションも、色柄・機能性含めて、数多くある中から選ぶことができるでしょう。

キッチン壁紙の人気おすすめ張り替え(おわりに)

キッチン壁紙は、汚れ防止、耐熱・耐火・消臭など「機能」をまず重視しましょう。

キッチン壁紙は、ベースは清潔感ある色を選び、1面のみアクセント色を入れるとお洒落になります。

また、キッチン壁紙は、周囲とのバランスを要考慮しましょう。レンガ柄・タイル柄なども人気です。

キッチン壁紙リフォーム最大50%オフの一括比較「リショップナビ」

壁紙リフォームは、一括見積の利用で価格を抑えることにつながります。

特に「最大50%オフ」も打ち出しているのが、リショップナビです。

住まいが快適になるので、安く抑えて早くかえないと、もったいないです。

 


なお、壁紙の張替えを行う時は、壁と床との間にある「巾木」についても考えてみて下さいね!

巾木・ソフト巾木の価格や種類

 

●合わせて読みたい

リフォーム費用・価格

 

リフォーム見積もり比較サイト