この記事では、電動シャッターの価格・値段・費用についてご紹介します。

窓やガレージ、倉庫などへの電動シャッター後付けのほか、手動シャッターの電動化もご紹介します。

電動シャッターの価格・値段・費用【重要点・1分まとめ】

1分間で【 この記事のまとめ 】として次の2つをご紹介します

・電動シャッターの魅力

・費用・価格と選び方

ここを読めば電動シャッターについて分かります!

電動シャッターの魅力

電動シャッターは、開け閉めが楽!静か!生活が楽になる!

画像出典:LIXIL

電動シャッターがあると、生活がとても楽になります。

まず開閉で楽です。力がいらないため子供や非力な方でも使いやすいですし、手も汚れません。車庫・ガレージの場合は車から下りずに利用できます。

また、音が静かです。手動シャッターのような嫌な大きな音がしないため、夜でも気軽に開け閉めできます。モーターを使わないと動かせないため、防犯の効果まであります。

価格・値段・費用

電動シャッターの価格(ガレージ/車庫・窓)目安

電動シャッターの「商品代+取付工事費」の目安は、下記図表が一目安になります。

小型 約10~15万円
スタンダード 約20~30万円
ワイド 約40~50万円
ワイド(アルミ) 約70~80万円

※「アルミ」とあるのは、アルミ製のことで、錆びにくいため価格が高くなります。

多く選ばれるコスパがいいタイプが、上記の価格が一目安です。

なお、1箇所だけより、2箇所・3箇所と、設置数が増えるほど1箇所あたりの単価は安くなります。

また、どのサイズ感においても、高機能な上位モデルでより価格が高い商品もあります。

ただし、電動シャッターの実際の価格を知るには「あなたの希望や、家に合わせたプラン作り」が必須です。

電動シャッターの価格は、選ぶ商品・メーカー(三和・東洋など)や、設置場所の状況(電源・電気など)施工業者地域などにより費用は異なります。

結論としては、あなたが実際に地域の業者に相見積もりをとって具体的に確認する必要があります。

電動シャッター施工で、施工業者の比較は必須。でも、大変です。

電動シャッターの施工業者比較は、普通に行おうとすると膨大な手間が発生します。

【1】 業者候補リストアップ
【2】 安心な業者か評判口コミ調査
【3】 候補各社への電話確認や依頼 などです。

電動シャッター見積もり

電動シャッターの価格や商品のプランを、一括比較できて、安い!

電動シャッターの施行プランを気軽に「無料」で簡単に一括比較できるのが「タウンライフ」です。

希望に合わせ「電動シャッター設置」「手動シャッターの電動化」などのプランを作ってもらうことができます。

必要に応じて、電源・電気配線工事なども合わせてプラン手配できますし、ビル・工場・倉庫などの大型の「重量シャッター」にも対応しています。

電動シャッター施工で失敗しない、アイデア・アドバイスが充実。

たしかに、リフォーム「費用見積り比較」サービスは他にもあります。

しかし、タウンライフなら具体的な施工プランまで作ってもらえ、また、商品・形式などアイデアやアドバイスが充実している点が違います。

窓・ガレージ・工場などの電動シャッターで、納得のいく、施工内容や価格につながりやすいのです。

私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりとカタログや提案が届きました。

業者営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持って比較をすることができます。

電動シャッター検討時の「 ’自分にあった’ 情報収集や比較・検討の材料集め」に適しています。

3冠を獲得・112万人が利用。

タウンライフは、テレビCMを行っていないため広くは知られていません。

しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。

3冠の中には、「利用満足度」や「サイト利用者安心度」などがあり、安心できるサービスを利用したい方に向いています。

電動シャッターの施行プランを作ってくれるのは、厳選されたプロの専門業者。

電動シャッターのプラン検討は、安心できる業者に任せたいもの。

タウンライフでは「厳格な国家基準をクリア」した信頼ある住宅会社のプロの専門家にプランを無料作成してもらえます。

全国約万の施工店の中から、約300社が厳選登録しています。

いずれも、三和や文化、東洋など主要メーカーの電動シャッター商品を取り扱いしています。

たしかに、事前の登録に約3分が必要になってしまいます。

しかし、気軽に無料で利用でき、「比較・検討のための情報収集」として便利なため、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


電動シャッター施工プラン作成よくある質問

「Q. 利用したら契約しないといけないのでは?」
契約の義務は全くありません。タウンライフはあくまで「一括資料請求サイト」で、契約を斡旋されたり迫られることもありません。

「Q. 本当は何かお金がかかるのでは?」
完全無料で利用できるサービスです。住宅会社の広告宣伝費で運営がなりたっているため、無料サービスが実現しています。仲介手数料なども一切かかりません。

「Q. 申込み後の流れはどうなるの?」
はじめに、入力内容の確認連絡があります。その後、希望条件に合わせた資料が届きます。じっくり比較して下さい。

「Q. 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。」
一切ありません。希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載すれば、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。

「Q. 現場写真データの添付は必要ですか? 」
無くて大丈夫です。登録時に任意で画像データ添付欄がありますが、もし後により話が具体的になった時で大丈夫です。

タウンライフは私も利用しています。

他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているため、私も安心しておすすめできます。

詳細はこちら>>>

 

 


以上で【重要点のまとめは終わり】です

以下は補足です。ここまでの内容と一部重複し、全体の読了目安は約7分間です。

もしこの記事を気に入っていただけたら、LINEで家族やお友達などにもご紹介下さいね。

 

電動シャッターの価格・値段・価格を抑えるコツ

ここで、電動シャッターの費用を抑える3つの手段をご紹介します。

電動シャッターは、複数個所まとめて付けた方が、1箇所あたりが割安になりやすい。

画像出典:LIXIL

施工する商品や業者にもよりますが、電動シャッターにもボリュームディスカウントは多くあります。

1箇所だけつけるよりも、2箇所・3箇所とつけていく方が、1点あたりの価格は下がっていくのです。

例えば、1台15万円、2台28万円(@14万円)、3台39万円(@13万円)などです。

電動シャッターの価格を抑えるには、窓の場合、そのまま取り付けるタイプを選ぶ。

窓に電動シャッターを設置する場合に「窓から新たにする方法」と「今ある窓につける方法」とがあります。

価格を抑えるには「今ある窓につける方法」を選んで下さい。

サッシや外壁工事などの必要がなく、施工費用を抑えることができます。

手動シャッターを電動に

電動シャッターの価格を抑えるには「手動シャッターを電動化する」。

今ある手動シャッターを「電動化」する製品もあり、費用を抑えられる手段です。

電動シャッター利用よりも、費用が約3分の1程度ですみます。

ただし、全ての手動シャッターに対応できるわけでなく、また、電動シャッターよりも可動音は少し大きくなるため、ご注意下さい。

無料で、電動シャッターの価格や設置のプラン一括比較ができます。

タウンライフでは「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルの電動シャッター施工プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなく簡単にプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的な内訳を含め分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

電動シャッター後付けや、手動シャッターの電動化のほか、電源・電気工事までプランを作ってもらえます。

ご家庭の窓・ガレージの他、工場・ビルなどの重量シャッターにも対応しています。

②「費用・お見積り」

設置場所の状況に合わせた、各メーカー商品利用時の具体的な価格がわかります。

③「アイデア・アドバイス」

シャッターの選び方や、おすすめ商品、比較のために役立つアドバイスなどをもらえます。

まずは設置箇所や、あなたの希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフは、電動シャッター施工をまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして今すぐ利用できます。

詳細はこちら>>>

 

電動シャッターのメリット

「電動シャッターのメリットって何?」

という点についてご紹介します。

電動シャッターは、少しくらい価格が高くても、その分生活が楽になる数々のメリットがある製品です。

電動シャッターは、スイッチ1つの開閉が楽。ガレージなら車の乗降りも不要。

画像出典:LIXIL

手動シャッターの場合は、腕を伸ばし力を入れ、勢いをつけ、ガラガラッと引き下ろす必要があります。

さらに、シャッターが汚れていると、つかんだ指先が汚れてしまったりもします。

しかし、電動シャッターならボタン1つで、スーーっとシャッターが下りていくのです。

また、車庫シャッターの場合は、いちいち自動車から降りる必要もありません。

電動シャッターは、窓を開けなくても開閉でき、便利。

手動シャッターの場合、一度、窓と網戸を空ける必要があるので、その間に虫が入ってこないか気になるものです。

また、少しの間でも、夏の暑さや冬の寒さが部屋の中に入りこんできてしまいます。

しかし、電動シャッターの場合は、窓を開けなくても開け閉めできるために、便利です。

電動シャッターは、モーターを動かさないと動かないので、防犯面で安心。

画像出典:LIXIL

もし、空き巣被害が見られる地域の場合にも、電動シャッターは役立ちます。

たしかに、手動シャッターでも泥棒をよせつけずらくはなりますが、軽量なために外部からあけられてしまいます。

しかし、電動シャッターであればモーターを動かさないと開けられないため、防犯度が高まるのです。

電動シャッターは、音も静かで、うるさい嫌な音を出さない。

手動シャッターの場合、「大きな音」が気になるものです。

夜など近所迷惑にならないように、静かに下そうとすると、今度は逆に最後まで閉まらないなど面倒なものでした。

ところが、電動シャッターなら驚くほどの静かさ。スマートに開け閉めできます。

電動シャッターのメリットまとめ

・シャッターの開閉が楽

・車からや、窓が閉まっていても開閉できる

・防犯面での安心感がプラスされる

・シャッターの開閉を静かにできる

電動シャッタープラン無料作成は、利用実績も多くて安心

電動シャッターのプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

専門家に、まずプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「電動シャッターに少しでも興味がある方」なら、今すぐ利用しないと損なサービスです。

詳細はこちら>>>

 

 

電動シャッターの種類

電動シャッターにも、窓用やガレージ用など基本種類があるので、ご紹介します。

「シャッター電動化キット」なら、手動シャッターを自動化することができる。

今ある手動シャッターを電動化できるのが「シャッター電動化キット」です。

たしかに、全ての手動シャッターに対応しているわけではなかったり、音が少し大きくなったりはしてしまいます。

しかし、新しいシャッターに変える必要がないために、価格を抑えた自動化につながります。

電動化キットは、価格を抑えたい方は今すぐ検討する価値があります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

「電動シャッター窓用」なら、冷暖房の影響が減り、虫も入ってこない。

画像出典:LIXIL

電動シャッターを窓につければ、スイッチ1つで操作できるために、肩や肘の調子が悪い時などでも関係なく、力要らずで動かせます。

手動タイプと異なり、事前に窓を開け閉めする必要もないために、虫や外気などが入ってくる心配もありません

窓用の電動シャッターは、窓に電動シャッターを取り付けたい全ての方は今すぐ検討する価値があります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

「電動シャッター車庫・ガレージ用」なら、車から乗降りせず、利用が楽。

画像出典:三協アルミ

シャッターがあるのであれば、ガレージこそ、手動タイプより電動タイプが便利です。

自動車に乗ったままでシャッターの開閉ができ、一度下りる必要がないために、手間と時間が短縮された効率的な移動が可能です。

車庫用の電動シャッターは、家にガレージがある方は今すぐ検討する価値があります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

電動シャッター設置で「タウンライフ」が選ばれる理由

電動シャッターの設置・検討に、タウンライフが選ばれる理由が3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切な電動シャッタープランが届きやすいです!

③ 施工が前進する
希望の電動シャッターのプランや費用を簡単に集められることで、施工の良いスタートがきれます!

電動シャッターあると生活が楽になります。思い立ったが吉日ですよ。

電動シャッターのプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフ外構特集を利用して良かったと感じております。

生活が楽になる電動シャッターの検討は、今すぐ始めないともったいないです。

詳細はこちら>>>

 

 

電動シャッターの商品例

リクシルの「エアリス」なら、1日の工事期間でスピード施工。

画像出典:LIXIL

リクシルの「1日で工事可能」な住宅用の電動シャッターが「エアリス」です。

大きな特徴の一つが「フラップスラット」という、光や風を取り入れてくれるスリットがあることです。

画像出典:LIXIL

リモコンの「採風ボタン」を押すと開けることができ、外部の視線からプライバシーを守りながらも、心地よい風と明かりを届けてくれます。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

 

最大手の三和シャッター・文化シャッターなら、商品種類も多く、選びやすい。

国内のシャッターメーカーで最大手になるのがこの2社です。

日本でシャッター事業を始めたのが文化シャッター、最近の売上が大きいのが三和シャッターです。

両社ともに、シャッターの商品バリエーションが多いので、ご自宅に合うタイプを選びやすいです。

三和シャッターであれば「マドモアシリーズ」、文化シャッターであれば「マドマスターシリーズ」などが代表的な商品です。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

 

パナソニックなら、スマートHEMSで、一括自動操作や自動開閉も。

パナソニックの電動窓シャッターシステムは、高機能で特徴的です。

住宅のHEMS(ヘムス:ホームエネルギーマネジメントシステム)と連携し、設定した時間での自動開閉や、スマホと連携させて一括開閉などができます。

開閉毎にボタンを押す手間からすらも開放されます。また、長期不在時でも「家にいる」かのような演出となり、防犯性が高まります。

(シャッター商品自体は、文化シャッターと三和シャッター製のものに連携させます)

プラン作成詳細はこちら>>>

 

 


電動シャッターのプラン相談・成約でプレゼントがもらえます。

タウンライフで「無料工事相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

さらに、タウンライフを介して電動シャッター取付け成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

詳細はこちら>>>

 

 

電動シャッターの注意点

最後に、電動シャッターを取付けする上での注意点も合わせてご紹介します。

電動シャッターは、手動シャッターと比較すると高いので注意。

当たり前ではありますが、電動シャッターは手動シャッターと比較すると価格が高く、おおよそ倍額程度します。

ただ、その分、日ごろ使う上での利便性は大きく向上する価値あるアイテムです。

電動シャッターは、停電時に動かなくなるものがあるので注意。

電動シャッターは、製品によっては停電時に全く動かなかくなってしまうタイプもあるので注意をして下さい。

少し値段は高くなりますが、(内側から)手動でも開けられるタイプを選ぶと、停電時の開閉も安心です。

電動シャッターは、屋外と接する設備のため、汚れに注意。

電動・手動問わずですが、シャッターは、外の風雨にさらされる場所です。

使い続け行くうちに、風雨などによる土や砂ぼこりの汚れが、シャッター表面だけではなく機械部分まで及んでしまう場合もあります。

定期的に汚れを拭きとるなど手入れをすることで、故障が起きないようにしましょう。

電動シャッターに挟まれないように注意。

過去に電動シャッターに挟まれての死亡事故が起きたこともあります。

(例:2004年・埼玉県、学校の防火シャッターに挟まれての死亡事故  引用元

電動シャッターは安全に利用するようにしましょう。

電動シャッターは、10年位で買い替えが望ましいので注意。

電動シャッターは、約10年くらいで取り換えることが理想的とも言われています。

実際には、15年、20年と使い続けていくご家庭も多いことと思いますが、機能劣化によって万が一シャッターに不具合があると事故にもつながりかねません。

適度なスパンで買い替えが必要と認識しておくようにしましょう。

 

電動シャッターの価格・値段・費用(おわりに)

電動シャッターがあると、生活がとても楽になります。

まず開閉で楽です。力がいらないため子供や非力な方でも使いやすいですし、手も汚れません。車庫・ガレージの場合は車から下りずに利用できます。

また、音が静かです。手動シャッターのような嫌な大きな音がしないため、夜でも気軽に開け閉めできます。

さらに、モーターを使わないと動かせないため、防犯の効果まであるのです。

電動シャッターの価格目安

小型 約10~15万円
スタンダード 約20~30万円
ワイド 約40~50万円
ワイド(アルミ) 約70~80万円

電動シャッターを具体的に検討してみよう!

タウンライフでは、「あなたの予算や希望に沿った電動シャッター施工プランの作成」を完全無料で依頼できます。

タウンライフは、電動シャッター施工をまだ決めていなくてもまずは情報収集・比較検討の材料集めとして利用できるので、今すぐ利用しないと損です。

詳細はこちら>>>

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

電動シャッター以外について知ろう!

● 外構工事について知ろう

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

新築の外構作りが不安な方は、新築・外構で失敗・後悔しない

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング