この記事では、門柱灯の設置・後付けのコツをご紹介します。

門柱灯には、アンティーク・アイアンなどおしゃれなデザインもあり、ソーラー・センサー・タイマー自動点灯など各種タイプがあります。

主要なメーカーには、パナソニック・オーデリック・コイズミ照明があります。

表札灯の後付け【重要点1分まとめ】

はじめに、この記事のまとめとして次の内容をご紹介します。

・表札灯ってそもそもいるの?

・選ぶポイントのデザインや機能性

・メーカーや後付け施工について

必要?いる・いらない?

表札灯をつけるかどうかは、好み次第。

「表札灯っているの?」と思う方は少なからずいます。

門柱や外壁などに、実際に表札灯をつける家・つけない家は半々で、結論としては「好みの問題」です。

表札灯には例えば次のようなメリットがあります。

・防犯性が高まる。

・夜の来客が、自宅を分かりやすい。

・夜の来客で、インターホンの画面で顔が確認しやすい。

・もし、お店の店舗や教室なら特に重要。

・見た目がおしゃれ・かっこいい。

もし少しでも「表札灯」が気になっているようであれば、設置してみてはいかがでしょうか?

機能性やおしゃれ

表札灯を選ぶ時は、機能やデザインで選びます。

表札灯の機能で、センサー・タイマー・ソーラーなどを付けるかどうか。

表札灯を選ぶ時に、まず大事な事に「機能」があります。

・センサー:暗くなってくると点灯

・タイマー:時間になると点灯・消灯

・ソーラー:太陽光発電で点灯

なお、近年では多くの表札灯で、長持ちするLED電球が利用されています。

表札灯のデザインは、アンティークやアイアンなどお洒落なものも。

また、表札灯を選ぶ時に「デザイン」で選ぶ方もおおいでしょう。

よく選ばれるのは、丸や四角のシンプルな形状のデザインですが、アンティークな形状をしているおしゃれなタイプもあります。

アイアンなど材質にこだわっても味がでます。住宅デザインに合わせて工夫してっましょう。

メーカーと設置・後付け

表札灯の主要なメーカーは3つ。デザインや機能に微妙な差。

表札灯を扱う主要なメーカーは3社あり、特徴をあげると次の通りです。

・パナソニック:シンプルで種類豊富

・コイズミ照明:アルミの質感がいい

・オーデリック:デザインにこだわり

ただし、3社とも商品ラインナップや価格帯にそこまで大差ありません。また各社、門柱灯も扱っています。

カタログを見るなどして気に入った商品を選べば問題ないでしょう。

表札灯の設置・後付け・交換は専門業者に依頼しよう。

結論として、表札灯の工事は専門業者に依頼しましょう。

なぜなら、資格が必要な配線工事も絡んでくるからです。無資格者の配線工事は違法で、失敗による火災リスクなどもあります。

専門業者に、最新の商品カタログを見せてもらい、商品タイプを選ぶと良いでしょう。

表札灯の、設置・後付け費用は1万円台〜。

表札灯の工事費用は計1万円台〜です。

商品価格が約5千円〜3万円、工事価格が約5千円〜2万円、計約1〜5万円が一目安です。

中心相場は計約2〜4万円です。なお、もし配線工事などがある場合など、より費用が高くなることもあります。

表札灯を、プロの外構業者に依頼するには

表札灯を専門業者に依頼する場合は、外構工事の見積もりをする必要があります。

しかし、1社しか見積もりを取らないと困る場合があります。

1社しか見積もりを取らないと困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には、高額請求する悪徳業者も・・)
● 表札灯のアイデアやプランが十分に膨らまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

外構工事を安くする方法・コツは、3社以上の見積もり比較をすることです。外構業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしたくありませんよね。

表札灯の相見積り業者探しも大変

でも、相見積りにも、意外に大変な面もあります。

複数社に相見積りを取る時に大変な面
● 相見積もりを取る外構業者を自分で何社も探すのは大変・・・
● 複数の会社に対して、何度も同じ説明を行うことが大変・・・
● 断る時に、少し気持ち的に断りづらい・・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変ですよね。

でも、大丈夫!

表札灯で地域の専門業者を30秒で簡単にチェックする方法

ここで、あなたがお住まいの地域で、表札灯施工に適した専門業者の最有力候補を(登録なしで)約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。

タウンライフリフォーム外構特集』という冠に輝く住宅サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある専門業者」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

タウンライフリフォーム外構特集では、どの業者も工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単30秒チェックの流れ
【0】『タウンライフリフォーム外構特集』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】外構プランの作成」を押す

【3】希望箇所外構」選択
【4】予算~100万円」選択
【5】(重要)他の入力項目を飛ばし画面の下の方まで行く

~5を順に行い表示されるのが、あなたが住まいの地域の表札灯施工に適した専門業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフリフォーム外構特集を、今、約30秒ほどでご確認下さい。

\簡単30秒!優良施工業者を確認/

 

 


表札灯施工が最大40%オフ

『タウンライフリフォーム外構特集』では、「表札灯施工の無料プラン作成依頼」をすぐできます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的なレベルで分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

表札灯から、門柱灯や門柱、外構工事全般などあなたの条件に合う施工プランを提案してもらえます。

②「費用・お見積り」

あなたが希望する広さや予算に合う具体的な費用プランが分かります。

③「アイデア・アドバイス」

ライトの演出、電気代についてなどの各種アイデア・アドバイスをもらえます。

まずはあなたの希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフリフォーム外構特集は、複数の専門業者のプランを無料で一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて後々とても楽です。

まず無料見積もりだけでも、今すぐとれば、比較・検討のための便利な情報収集になりますよ!

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

 


表札灯施工無料プラン作成 FAQ

よくある質問をご紹介します。

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフ外構は、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じで表札灯を無料で検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!安心度1位/

 

 


ここまでで1分まとめは終わりです。

もし、表札灯を設置する「門柱」を検討中の方であれば、次の記事も役立ちます。

 

表札灯をおしゃれに【以下、詳細】

表札灯のデザインとして3つのタイプをご紹介します。

1. 基本デザイン
2. アンティーク
3. アイアン

基本デザイン

表札灯は、まずはシンプルデザインが基本。

表札灯で多くの方が選ぶのはシンプルなものです。

まずは、長方形・正方形、そして、円・半円などです。

アンティーク

表札灯には、アンティークなデザインの商品も。

洋風住宅であれば、アンティーク・レトロな表札灯も似合います。

例えるならば、東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントのような西海岸の街並みの外灯を感じさせるデザインがあります。

また、東京ディズニーランドのウエスタンランドのような、古き良き時代を感じさせるランプのようなデザインもあります。

アイアンなど

表札灯は、アイアン素材で表札とあわせてみるのもOK

特に、表札をアイアンでつくっている方は、表札灯もアイアン素材にすると似合います。

もし、表札がアイアンだと、選ぶフォント次第で多様な雰囲気を演出してくれますが、表札灯までアイアン素材に揃える事で統一感がでます。

表札灯の機能は?

表札灯にも様々な機能があります。ここでは3つご紹介します。

1.センサー
2.タイマー
3.ソーラー

(LED)センサー

センサー型の表札灯なら、暗い時に自動点灯する。

出典

「明暗センサー」は、明るさを感知します。

そのため、暗い時に自動点灯するようになっています。

わざわざ自分でスイッチオンする手間もかからず、また、季節による日没の時間にも対応することができ便利です。

さらに、LED電球の表札灯なら、寿命が長く交換の手間がかからない。
出典

なお、電球にLEDが使用されていると、とても長持ちです。

現在ではLEDが使用されている事が多く「40,000時間利用可能」タイプが主流です。仮に1日8時間利用すると仮定すると、計約13〜14年間も利用し続けることができる計算になります。

また、LEDの波長は虫が好むものとは異なり、虫が近づきづらく掃除の手間も減る利点もあります。

タイマー・自動点灯

タイマー型の表札灯なら、時間で自動点灯・消灯する。

「タイマー」型の表札灯なら、時間指定で点灯・消灯が可能です。

たとえば、パナソニックの「あけたらタイマ」という商品と連動させると、家の室内にいながら電気スイッチ内で時刻設定が可能です。

『「深夜の間はつけておかなくていい」と考えた場合に、24時になったら消灯させる』など自由な使い方が可能になります。

ソーラー

ソーラー型の表札灯なら、電気代を節約することができる。

中には、ソーラー型で、表札灯にも利用できるライトも販売されています。

太陽光の力で点灯しているために、電気代を節約できます。

ただし、曇天・雨天時など明るさが弱かったり点灯しないこともあるため、電気配線で点灯させる表札灯の方がおすすめです。

表札灯施工プラン無料作成は、利用実績も多くて安心

表札灯のプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「表札灯に少しでも興味がある方」ならば、タウンライフリフォーム外構今すぐ利用しないと損なサービスです。

\満足度1位!100万人以上が利用/

 

表札灯のメーカーは?

表札灯の主要なメーカーには、人気順で次の3つがあります。

1.パナソニック

2. コイズミ照明

3. オーデリック

パナソニック

パナソニックの表札灯は、シンプルデザインの種類が豊富。

パナソニックの表札灯はシンプルなものが多いです。

直方体・立方体・半円・円など、馴染みやすいデザインの商品が、カラー・サイズの選択肢多く揃っています。

3社の中でも、一番誰もが知る大手メーカーとして安心感もあります。

コイズミ照明

コイズミ照明の表札灯は、アルミの質感がいい。

コイズミ照明は、照明を専門とし、光・灯りの魅せ方に長けたメーカーです。

表札灯においては、アルミのすっきりとした質感が際立つ商品が多くラインナップされています。

特に、arkiaというシリーズの表札灯では薄さが33mと、壁面にフラットに馴染みます。

オーデリック

オーデリックの表札灯は、アンティーク・レトロなタイプも。

オーデリックは特徴的なデザインの表札灯もあるメーカーです。

アイアン製の、アンティーク・レトロな雰囲気の表札灯が、他2社以上に揃っています。

同社は、門柱灯も同じような雰囲気の商品が充実しているために、表札灯と門柱灯で雰囲気を合わせても良いでしょう。

表札灯のプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた施工会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフリフォームを利用して良かったと感じております。

表札灯のプラン検討は、今すぐ始めないともったいないです。

\口コミでも評判!/

 

表札灯の工事

表札灯の工事についてご紹介します。

後付け・交換

表札灯の後付け・交換は専門業者に。

表札灯の取り付けは、専門業者に依頼しましょう。

配線工事が関連してきますが、配線・電源作業は「電気工事士」という有資格者が行うべき作業のためです。

もし取付けに不備があれば、配線ショート、水ぬれ漏電、そして火災などにもつながってしまいます。

資格なしの電気工事は違法。

無資格者の配線工事は、違法行為です。

もし万が一火災が起きるなどして告発されれば、警察沙汰になってしまいます。

表札灯の後付け工事費用は約1万円台〜

専門業者に依頼した時、表札灯の工事費用は計約1万円台〜です。

商品価格:約5千〜3万円
工事価格:約5千〜2万円
計:約1〜5万円

中心相場は約2〜4万円です。

もし配線工事がゼロから必要になる場合など、より費用が高くなることもあります。

表札灯の工事費用は、複数業者を比較しよう。

表札灯の工事を行う時は、必ず複数業者を比較しましょう。

業者によって、まず商品の定価からの値引き率が約20〜50%と幅があります。加えて、作業人件費もかわってきます。

同じ工事でも、最大で約1万円いじょうの価格差が出ることもあるのです。

表札灯の検討で「タウンライフ」が選ばれる理由

表札灯の検討開始には、タウンライフリフォーム外構特集が選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の施工会社に個別に依頼する手間がかからず便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切な表札灯プランが届きやすいです!

③ リフォームが前進する
希望のプランや費用を簡単に集められることで、工事検討の良いスタートがきれます!

表札灯の検討は、思い立ったが吉日ですよ。

\工事が一歩前進!/

 

表札灯の後付け(おわりに)

表札灯は、センサー・タイマー・ソーラーなど機能をどうするかをまず選ぶ必要があります。

加えて、デザインもシンプルな形状にするか、それとも、アンティーク・レトロなどにするかを選びます。

パナソニック・コイズミ照明・オーデリックといくつかメーカーがあるために、専門業者にカタログを見せてもらい、説明を聞き選ぶと良いでしょう。

工事は配線工事もあるために、有資格者がいる専門業者に依頼してください。

表札灯の業者探しを、無料・簡単3分の手間で行うことができます!

タウンライフリフォーム外構特集

「あなたのお住まいの地域」で、ご希望の工事を、「あなたのご予算感」でできる国家基準を満たした業者が自動で絞り込まれて、それらに無料で一括でプラン・見積依頼できます。

相場が分からずに不当に高い工事となることを避けられ料金が最大40%オフになる場合もあります。

・押し売り営業も一切ありません。

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

また、「門柱灯」を検討している方はこちらの記事をご参考ください。

 

「門柱」自体を検討している方はこちらの記事もご参考下さい。

表札・門柱の記事も、合わせて読んでみよう!

● 外構工事について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング