窓から伝わってくる、冬や夏の嫌な外気・・・

しかし、窓をペアガラスにすれば、断熱・遮熱や冷暖房費節約の効果・メリットが期待できます。

ペアガラスの単価1㎡あたり約3万円前後が一目安で、別途、サッシ代や設置費用がかかりますが、リフォーム補助金もあります。

この記事では、ペアガラスの価格や効果についてご紹介します。ぜひ、じっくりご確認下さい。

↓ リフォームを「安く」するにはこれが一番!

↑ クリックしてみて下さい。

 

ペアガラスの価格(複層・二重・Low-W)【重要点・1分まとめ】

この記事でご紹介する「ペアガラスの価格」の情報を、エッセンスを濃縮して、1分でご紹介します。まずはここだけ読めば大丈夫です!

ペアガラスの効果・メリットには、断熱・電気代節約、遮熱などがある。

ペアガラスは、2枚のガラスの間にある空気層によって、冬場の段防熱を逃しにくくなり、部屋の温かさを保てます

画像出典:YKKAP

それにより、室内温度の調整がしやすく、暖房電気代の節約につながり家計にも優しいです。

さらに、特殊な金属膜をコーティングしたLow-Eペアガラスを選べば、遮熱効果も高まり、夏のクーラー効率を高めることができます。

価格情報のまとめ

ペアガラスの価格「ガラス代」は、1㎡あたり約3万円前後が一目安。

ペアガラスの価格は商品タイプにもよりますが、相場としては1㎡あたり約2〜4万円で、平均すると約3万円/㎡程度です。

これを分かりやすく窓のサイズで表すと、小窓で約2万円、腰高窓で約6万円、掃き出し窓で約9万円が一目安となります。

ペアガラスの「工事費」は、交換だけなら1万円程度、サッシごと交換なら約5〜15万円。

ペアガラスの設置には、別途工事費がかかります。

「既存ガラスとの交換」だけであれば工事費約1万円程度が一目安です。アタッチメントという部品を用いて、今あるサッシ(窓わく)に取り付けます。

おすすめは「サッシごと交換」の工事です。サッシごと変えることで結露の抑制につながります。サッシ代・工事費として窓のサイズに合わせて約5〜15万円程度かかります。

ペアガラスの価格「ガラス代+工事費」の計で、約3~20万円が一目安。

ここまでご紹介した、ガラス代+工事費の合計で、約3〜20万円程度が一目安となります。

複数個所の窓で交換しながらも、ペアガラスは総額50万円未満の工事が大半です。

ペアガラスは、エコ関連の補助金も増えていて、お得にリフォームできる。

断熱性のあるペアガラスは補助金に有利な点もメリットです。

国の補助金を利用した断熱リノベ事業では、一戸最大120万円の補助があります。※費用の3分の1以内。

また、併用可能な各自治体の補助も増えているために、制度や申請に詳しい地元のガラス・施工業者に確認を行いましょう。

\安くするにはコチラを確認!/

 

リフォームするには

ペアガラスのDIYは難しく、ガラス屋や工務店への依頼が必要。

ペアガラスには特殊な空気層があり、もし誤って衝撃や圧力がかかると機能が失われかねません

ペアガラスはDIYせず、ガラス屋や工務店に相談・依頼を行いましょう。

ペアガラスをプロの施工会社に依頼するには

ペアガラス施工の実際の金額を知るには、ガラス屋や工務店に確認する必要があります。

しかし、1社しか見積もりを取らないと困る場合があります。

1社しか見積もりを取らないと困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には、高額請求する悪徳業者も・・)
 ペアガラス施工のアイデアやプランが十分に膨らまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

3社以上リフォーム見積もり比較を行いたいところ。業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしないペアガラス施工をしたいですよね。

相見積り業者探しも大変

でも、相見積りにも、意外に大変な面もあります。

複数社に相見積りを取る時に大変な面
● 相見積もりを取る業者を自分で何社も探すのは大変・・・
● 複数の会社に対して、何度も同じ説明を行うことが大変・・・
● 断る時に、少し気持ち的に断りづらい・・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変ですよね。

でも、大丈夫!

地域の優良業者を30秒で簡単にチェックする方法

ここで、あなたがお住まいの地域で、ペアガラス施工に適したリフォーム業者の最有力候補を(登録なしで)約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。

『タウンライフ』という冠に輝く住宅サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある住宅会社」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

(そのため、腕が悪い業者や、悪徳業者などにひっかかる心配もありません

『タウンライフ』では、どの業者も工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単30秒チェックの流れ
【0】『タウンライフリフォーム』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】リフォームプランの作成」を押す
【3】希望箇所「窓・ドア」を選択
【4】予算~100万円」選択
【5】(重要)他の入力項目を飛ばし画面の下の方まで行く

1~5を行い表示されるのが、あなたが住まいの地域のペアガラス施行に適した業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフリフォームを、今、約30秒ほどでご確認下さい。

\簡単30秒!優良施工業者を確認/

 


ペアガラス設置費用最大40%オフの一括比較

『タウンライフ』では、気になる全ての優良業者に「あなたの希望や予算に沿ったオリジナルのペアガラス施工プラン作成」をすぐ依頼できます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずは自宅・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフリフォームでは複数社のプランを一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて後々とても楽です。

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

 


ペアガラス施工無料プラン作成 FAQ

画像出典:YKKAP

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・リフォーム会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフは、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じでペアガラスを検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!時間を大幅節約/

 

 


以上で「ここだけ読めば大丈夫!」1分まとめは終了です。

もしこの記事を気に入っていただけたら、LINEで家族やお友達などにもご紹介下さいね。

大工の梁大工の梁

ぜひ、満足のいくペアガラス施工を実現させて下さいね!

ペアガラスの価格の詳細

それでは、ここで、ペアガラスの価格についてあらためてご紹介します。

ペアガラスの価格「ガラス代」は、3万円/1㎡が一目安。

ガラスの主要なメーカーには、YKKAPや旭硝子、日本板硝子などがあります。

いずれのメーカーの商品も、ペアガラスの価格は1㎡あたりで換算すると約2〜4万円程度。平均すると3万円/1㎡が一目安です。

ペアガラスの価格「ガラス代」は、小窓2万円や掃き出し窓9万円が一目安。

窓の種類やサイズは各ご家庭ごとに千差万別ですが、分かりやすくペアガラスの価格目安価格をまとめたのが上の図です。

このようなガラス代に、別途、取付けの工事代がかかります。

工事内容別での価格

ペアガラスの価格『ガラス交換』のみなら、ガラス代+工賃 約1万円程度。

「既存ガラスとの交換」だけであれば、「ガラス代(約3万円/1㎡)+ 工事費約1万円程度(約8,000から12,000円程度)」が一目安です。

一般的なガラスのサッシ(窓わく)の厚みは約9mmであるのに対し、ペアガラスは約12mmとサイズが合いません。

そこで、アタッチメントという部品を用いて今あるサッシに取り付けます。作業時間も短く済みます。

 

ペアガラスの価格『サッシも含めて交換』は、工事費が増えるが、おすすめの方法。

ペアガラスでのおすすめは「サッシごと交換」の工事です。

サッシごと変えることで、工事期間は長くなり、費用も高くなります。ガラス代に、サッシ代・工事代合わせると1窓で約7〜20万円程度かかります。

しかし、冬の窓で悩まされる結露の抑制につながり、結露を原因としたカビの抑制につながります。

 

ペアガラスの価格『フレーム部分の‘障子′の交換』のみなら安く済む。

なお、窓ガラスのまわりにあるフレームの部分を「障子」と言います。

ペアガラスと合わせてこの障子部分だけ交換にする方法もあり、サッシ全体での交換と比べて、工事費が約半額程度で済みます。

 

その他関連価格

ペアガラスの設置・交換にあたり、依頼業者によってはその他費用が発生する場合があるのでご紹介します。

ペアガラス価格に、別途「送料・梱包費」がかかる場合あり。

ガラスのサイズや厚み・枚数によって、梱包方法や送料は変わります。例えば1枚あたり約1,000円などです。

ペアガラス価格に、別途「既存ガラス処分代」ががかかる場合あり。

これまで使ってきた窓ガラスの処分がある場合に処分代がかかる事があります。例えば1枚あたり約2000円などです。

ペアガラス価格に、別途「コーキング代」がかかる場合があり。

ペアガラスとサッシの間の隙間に、隙間を無くすコーキング材をいれる作業費用がかかる場合があります。例えば1枚あたり約2000円などです。

ただ、ペアガラスは、エコ関連の補助金も増えていて、お得にリフォームできる。

ペアガラスには、ガラス代・工事費・諸費用がかかるものの、申請を行えば補助金でお得に工事を行えます。

(2018年11月現在)

国の補助金を利用した「環境共造イニシアチブ」の断熱リノベ事業なら、全国対象で最大120万円の補助があります。

併用できる各地方自治体ごとの補助金も増えており、東京都なら一戸最大50万円、神奈川県なら一戸最大20万円などです。

それぞれ、総費用からの割合や、上限額などの条件がありますが、上手く使えば総費用の50%〜100%の補助を受けられるケースもあります。

期間が限られている補助金もあるために、制度や申請に詳しい地元のガラス・施工業者に早めに相談を行いましょう。

\完全無料!利用満足度1位/

 

価格の見積もり例

ここまでご紹介してきたペアガラスの各種単価にもとづく、見積もり例を2つご紹介します。

ペアガラス価格見積もり(一例)サッシごと交換 /掃き出し窓×1箇所

合計19.4万円

・ガラス代 9万円
・サッシ代1万円
・工事代9万円
・既存ガラス処分代 4000円

ペアガラス価格見積もり(一例)障子だけ交換 /腰高窓×1箇所

合計10.3万円

・ガラス代 6万円
・障子代3000円
・工事代4万円

ペアガラスの価格は、設置数が増えるほど、1つ1つの価格は割安に取り付けられる傾向にあります。

一度、あなたが希望するペアガラス設置個所全てでの交換する場合について、見積りを取って確認してみて下さい。

\完全無料!利用満足度1位/

 


ペアガラス施工プラン無料作成は、利用実績も多くて安心

ペアガラスのプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけてリフォームサービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「ペアガラスに少しでも興味がある方」ならば、タウンライフリフォーム今すぐ利用しないと損なサービスです。

\満足度1位!100万人以上が利用/

 

 

ペアガラスとは。効果・メリット

ここで、ペアガラスとは何か。また、効果・メリットについてあらためてご紹介します。

ペアガラスは、2枚のガラスの間に空気層を作っている。

ペアガラスとは、2枚のガラスの間に中間層を設けて、空気やガスを閉じ込めているガラスです。

断熱、電気代節約の効果があり、Low-Eペアガラスとよばれるタイプには遮熱効果もあります。

近年の、住宅の省エネ意識高まりに合わせて、ペアガラスの利用も増えてきました。

断熱・遮熱・冷暖房節約

ペアガラスは、空気層により断熱効果があり、冬でも温かい。

ペアガラスの最大のメリットは「断熱」です。

2枚のガラスの間に空気層があることで、冬、部屋の空気熱が逃げにくくなります。

(断熱効果はメーカー・製品にもより、「熱貫流率」という数値で比較でき、一般的なガラスと約1.7〜2倍程度などの違いがあります)

ペアガラス「Low-Eガラス」なら、遮熱効果もあり、夏でも涼しい。

特殊な金属膜でコーティングしたLow-Eペアガラスなら「遮熱」効果も加わります

夏場の暑い日差しをカットしてくれることで、室内の温度上昇を抑制することができるのです。

アウターシェードスタイルシェードと組み合わせることで、より効果を発揮します)

西日対策や、紫外線によるソファやカーペットなどの色あせ対策にもなります。

\完全無料!利用満足度1位/

 

ペアガラスは、断熱/遮熱効果により、冷暖房費の節約にもなる。

画像出典:YKKAP

ペアガラスの断熱効果・遮熱効果により、冷暖房代節約・省エネにもつながります。

一度設置してしまえば、月々の電気代で家計にやさしいのがペアガラスです。

ペアガラスは、エコなため、補助金の申請にも有利になる。

ペアガラスは、新築・リフォームの補助金申請にも有利です。ZEH住宅、省エネ住宅、長期優良住宅、リフォーム関連補助金などです。

新築の場合、120万円の補助金となるZEH住宅にはペアガラスが必要です。

リフォームの場合、国の補助金と自治体の補助金を併用することで約半額程度の費用を補助してもらえる場合もあります。

\完全無料!利用満足度1位/

 


ペアガラスのプラン比較ができる「タウンライフリフォーム」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいくリフォームができました

リフォームを考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいたリフォーム会社さんが希望通りのリフォーム提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフリフォームを利用して良かったと感じております。

楽しみなペアガラス設置プラン作成は、今すぐ始めないともったいないです。

 

他のガラスとの比較

ここで、ペアガラスと他のガラスとの違いについてご紹介していきます。

ペアガラスは、「複層ガラス」とは同じもの。

画像出典:YKKAP

「複層ガラス」とよばれるガラスがありますが、これは「ペアガラス」と同じものを指します。

複層ガラスの商品名として旭硝子が商標登録しているものがペアガラスですが、他メーカー商品を含めた複層ガラスがペアガラスと呼ばれ使われています。

ペアガラスと、「合わせガラス」は、中間層が違う。

「複層ガラス」とよばれるガラスは、ペアガラスと同じ2枚のガラスでできていますが、中間層が樹脂でできている点が異なります。

中間層が空気層の「ペアガラス」は断熱・遮熱に向き、中間層が樹脂の「合わせガラス」は防犯・防音などに向きます。

「防犯ガラス」は「合わせガラス」

「防犯ガラス」とよばれるガラスは、中間層が樹脂の「合わせガラス」のことです。

そのため、ペアガラスには、防犯効果がないために注意して下さい。なお、防犯目的の時、細長いタイプの縦滑り出し窓なども侵入しずらいです。

\完全無料!利用満足度1位/

 

ペアガラスはガラスが2枚だが、「二重窓」は窓枠自体が2つ。

「ペアガラス」と「二重窓」も違うものです。

ガラスが2枚あるのがペアガラス、窓自体が2つあるのが内窓・二重窓です。断熱・遮熱・防犯・防音の各効果は二重窓の方が高くなります。

ペアガラスが、1枚ガラスより強度があるかは、ガラスの種類次第。

「ペアガラス」と「1枚ガラス」は、枚数が違いますが、強度の違いはそのガラスの厚みや種類次第です。

そのため「1枚ガラスより強度が落ちないか?」という疑問については、選ぶ商品次第となります。

ペアガラスよりも、断熱効果が高いのがトリプルガラスだが、価格は高い。

3枚のガラスを使う「トリプルガラス」という商品もあり、ペアガラス以上の断熱効果があります。

ただし、ガラス代も高く、また、厚みもでてくるのでサッシからの交換が必要になります。

 


断熱・遮熱・防犯・防音など、あなたの目的に合った窓ガラス選びをしていきましょう。

\完全無料!利用満足度1位/

 

ペアガラスの種類・厚み

ペアガラスは、構造ごとに効果が異なります。そこでペアガラスの種類についてご紹介します。

ペアガラスの中間層は、空気・アルゴンガス・真空で、効果の高さが分かれる。

実は、ペアガラスの中間層は、空気層の場合だけでなく、アルゴンガスが入っている場合と真空になっている場合もあります。

「真空 > アルゴンガス > 空気」の順で、真空が最も断熱効果が高くなります。真空のために、熱移動を大きく止めるのです。

アルゴンガス入りペアガラスでも、ペアガラスより断熱効果が約1.5倍高まる。

アルゴンガスは、二酸化炭素よりも多く空気中に存在している気体です。

一般的なガラスと比べて空気層のペアガラスが約1.7倍の断熱効果があるのに対し、アルゴンガスのペアガラスは約4倍の断熱効果があります。

Low-Eペアガラスは、遮熱効果も高まる。

画像出典:YKKAP

また、遮熱効果が高くなるLow-E(ローイー)ペアガラスというタイプもあります。

Low Emissivity(低放射)の略で、中間層に特殊な金属膜があります。

この金属膜が、夏の暑い日差し・太陽熱を防いでくれます。さらに、西日や紫外線の対策にもなります。

\完全無料!利用満足度1位/

 

防音・結露・強度は?

ここで、ペアガラスへの質問としても多い、防音や結露などへの影響についてご紹介します。

ペアガラスの構造に、防音効果があるわけではない。

ペアガラスの構造自体には、遮音・防音の効果はありません。逆に、共鳴現象といって音が響く場合もあります。

防音目的の場合は、中間層が樹脂でできた「合わせガラス」を選んだり、二重窓にしたり、真空ガラスにしたり、壁を厚くするなどの方法があります。

 

ペアガラスは、結露ができにくい構造だが、完全に防げるわけではない。

ペアガラスでは、結露は完全には防げません。室内外の温度差があれば結露が発生してしまいます。

特に、アタッチメントを使うなどしてサッシごと交換しなかった場合や、アルミ製のサッシの場合に、サッシが結露しやすくなります

樹脂素材のペアガラス付サッシに取り換えることで、より一層の結露の抑制につながります。

 

ペアガラスは、空気層があることで、熱割れはしやすくなる。

ペアガラスは、ガラスが2枚あるからといって、強度が強く(割れにくく)なるわけではありません。

逆に、空気層があることで、熱が逃げずに熱割れしやすくなります。

地震などによるガラスの割れが心配な方は、「飛散防止フィルム」を利用して、割れガラスの飛び散りを防ぎましょう。

ペアガラスは、経年劣化で、間に水が入ったりする。

また、強度に関連し、ペアガラスの寿命は10年とされ経年劣化します。

次第に、2枚のガラスの間に、結露が生じたり、大雨時に水が入ってきたりします。

メーカー保証期間外での劣化の場合は、新しいペアガラスに交換する必要があります。

 

ペアガラスは、防火区画で利用する場合は、Low-eガラスと、網入りガラスに。

ペアガラスを防火区画で使う場合は、Low-Eガラスか網入りガラスを利用します。

ガラスだけではなく、サッシなども基準をクリアする必要があるので注意しましょう。

 


ペアガラスのリフォームプラン相談・成約でプレゼントがもらえます。

タウンライフリフォームで「無料相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

また、タウンライフリフォームを介してリフォーム成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

 

ペアガラスの修理・交換費用

ペアガラス「修理」の場合

もし既存のペアガラスが割れたなどの理由で修理をしたい場合、片面だけでなくペアガラス両面の入れ替えが必要です。

ペアガラス『ガラス交換』のみなら、ガラス代+工賃 約1万円程度。

ペアガラスの価格は商品タイプにもよりますが、相場としては1㎡あたり約2〜4万円で、平均すると約3万円/㎡程度です。

交換するガラスのサイズを測って、費用感を把握してみて下さい。

また、別途 工事費は約1万円程度(約8,000から12,000円程度)が一目安、既存ガラスの処分代が1枚2000円が一目安です。

ペアガラス価格見積もり(例)ガラスだけ交換/掃き出し窓×1枚

合計6.2万円

・ガラス代 5万円
・工事代1万円
・既存ガラス処分代 2000円

\完全無料!利用満足度1位/

 


ペアガラスのリフォーム/設置/修理で「タウンライフ」が選ばれる理由

ペアガラスの工事検討に、タウンライフリフォームが選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の施行会社に個別に依頼する手間がかからず便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切なペアガラスのプランが届きやすいです!

③ リフォームが前進する
希望のプランや費用を簡単に集められることで、施行/修理の良いスタートがきれます!

ペアガラスの設置・交換は、居住空間を快適にしてくれます。思い立ったが吉日ですよ。

 

ペアガラスの加工

最後に、加工されたペアガラスや、商品バリエーションについてご紹介します。用途や好みにあわせて、

ペアガラスの内部に、ブラインドや、格子が入ったタイプも。

ペアガラスの窓には、便利な商品バリエーションも存在します。

画像出典:YKKAP

「ブランド入りのペアガラス」

光や外からの視線をコントロールしながら、断熱効果をさらにアップできます。

画像出典:YKKAP

「和風の格子入りのペアガラス」

和風の格子が中間層に入っているために、和室にも合うペアガラスとして利用できます。

画像出典:YKKAP

「格子入りのペアガラス」

中間層に格子が入ることで、デザイン性が高まります。特に洋風建築を中心に、外観・内観に優れます。

 


このようにペアガラスにも様々な種類があるために、一度、あなたのご家庭・希望に合うペアガラスを検討されてみてはいかがでしょうか?

\完全無料!利用満足度1位/

 

ペアガラスの価格(複層・二重・Low-W)おわりに

ペアガラスは、2枚のガラスの間にある空気層によって、冬場の段防熱を逃しにくくなり、部屋の温かさを保てます

それにより、室内温度の調整がしやすく、暖房電気代の節約につながり家計にも優しいです。

ペアガラスの価格は商品タイプにもよりますが、相場としては1㎡あたり約2〜4万円で、平均すると約3万円/㎡程度です。

別途工事費もかかりますが、エコ関連の補助金も増えていて、お得に設置できます。

\完全無料!利用満足度1位/

 


ペアガラスリフォームの業者探しを、簡単3分の手間で行うことができます!

タウンライフリフォーム

タウンライフリフォーム

「あなたのお住まいの地域」で、「ペアガラス」リフォームを、「あなたのご予算感」でできる国家基準を満たした業者が自動で絞り込まれて、それらに無料で一括でプラン・見積依頼できます。

相場が分からずに不当に高い工事となることを避けられ料金が最大40%オフになる場合もあります。

・押し売り営業も一切ありません。