シューズクロークで失敗したくない!」

新築やリフォーム時には、収納しやすく使いやすい玄関にしたいものです。

玄関にシューズクロークがあると、靴や子どもの遊び道具などの収納力が高まり便利です。

我が家も、シューズクロークがあるおかげで、玄関がスッキリしています。

しかし、失敗しないためにも、間取りや、広さ・大きさ、目隠しなどの知識が必要です。

この記事では、シューズクロークについてご紹介します。ぜひ、じっくりご確認下さい。

シューズクロークで失敗しない【重要点・1分まとめ】

1分間で【この記事のまとめ】として次の4つをご紹介します。

① シューズクロークの魅力

② 間取り、広さ・大きさ

③ 扉・目隠しについて

④ 窓などの臭い対策

ここを読めば、失敗しないシューズクローク作りについて分かります!

シューズクロークの魅力

シューズクロークがあると、色々収納ができて、外出準備が楽に!玄関もスッキリ。

シューズクロークがあると、靴もそれ以外も、収納力が格段にアップします。

靴の他に、コート類や雨具、ベビーカーや子どもの遊び道具などもしまえます。外出時にササっと準備でき、帰宅時にパッと準備できるのは便利です。

物がかくれることで、玄関も気持ちもスッキリ。

急な来客があっても慌てませし、家の顔となる玄関が綺麗なことで、来客にとっても良い印象の家になります。

間取り、広さ・大きさ

シューズクロークでは「狭さ」に注意。棚30cm・通路60㎝が一目安。

シューズクロークの失敗で多いのが「幅が狭くなってしまうこと」です。

幅は、棚が30㎝・通路が60㎝が目安で、両側を棚にするには幅150㎝が目安です。「毎日、通りやすい・使いやすい」幅になっているかを確認しましょう。

シューズクロークの間取りは、2箇所扉や、他導線への遠回りに注意。

また、シューズクロークの間取りが使い勝手が悪くてはいけません。

例えば、通り抜けできるウォークスルータイプのシューズクロークで、もし入口・出口の2箇所とも扉があると開け閉めの手間が大きくなります。

また、シューズクロークを通るために、特定の部屋や、トイレなどに行きづらくなることが無いようにしましょう。

扉、目隠し・のれん

シューズクロークに扉があると目隠しになりスッキリ!引き戸やのれんで!

シューズクロークには「扉」があると見た目がスッキリします。

ただし、注意があり、もし折れ戸にしてしまうと収納物が邪魔になる場合があります。そのため、引き戸やのれんなどを利用しましょう。

窓など臭い対策

シューズクロークは上部に小窓で、明かるく換気に良し。換気扇もあるといい!

シューズクロークは、靴などについた土や雨などで臭いがこもりがちです。

換気のため換気扇や、また採光のためにも「窓」があるとベターです。ただし、収納力が落ちないように、上部に小窓や横長窓のような形で設けましょう。

失敗しない収納プラン

シューズクロークで失敗しない【まとめ】

・幅は広く、毎日通りやすいように(通路幅60㎝〜)

・生活導線の邪魔をしない。(扉2箇所は多い・各部屋に行きやすく)

・扉があると見た目がスッキリ。ただし、収納の邪魔をしない扉に。

・換気・採光の、小窓や換気扇を。ただし、上部に小さく。

シューズクロークで失敗しないためには、あなたの家に合わせたプラン作りが必須!

新築やリフォーム時に、シューズクロークで失敗しないためには、「あなたの希望と家に合わせたプラン作り」が必須です。

家の広さや間取り、家族の人数・生活状況などによっても、理想のシューズクローク像は変わってきます。

特に、複数のプランを比較しながら知識をつけることが、失敗しないためには大切です。

リフォーム時だけでなく、新築の場合でも、メインで検討する住宅会社以外に、複数社の間取りプランを比較することは必須です。

1社のみだとアイデアも十分膨らまず、間違いや欠点にも気づけず、適正費用なのかも判断もつきません。

シューズクロークの、プラン作り・比較は必須。でも、大変です。

シューズクロークのプラン比較は、普通に行おうとすると膨大な手間が発生します。

【1】 業者候補リストアップ
【2】 安心な業者か評判口コミ調査
【3】 候補各社への電話確認や依頼 などです。

シューズクロークのプランや、間取りのプラン(新築の場合)を、一括比較できます!

シューズクロークや間取りプランを気軽に無料で簡単に一括比較できるのが「タウンライフ」です。

あなたの家の状況や、希望に合わせた、シューズクロークの間取りや費用のプランを作ってもらうことができます。

新築の方の場合は「家の間取りプラン全体」を、改築の方は「リフォームプラン」を作ってもらえます。

シューズクロークで失敗しない、アイデア・アドバイスが充実。

たしかに、リフォーム「費用見積り比較サービス」は他にもあります。

しかし、タウンライフなら具体的な施行プランまで作ってもらえ、また、アイデアやアドバイスが充実している点で違い、おすすめなのです。

私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりと資料や提案が届きました。

営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持って比較をすることができます。

シューズクローク検討時の「 ’自分にあった’ 情報収集や比較検討の材料集め」に適しています。

3冠を獲得・112万人が利用。

タウンライフは、テレビCMを行っていないため広くは知られていません。

しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。

3冠の中には、「利用満足度」や「サイト利用者安心度」などがあり、安心できるサービスを利用したい方に向いています。

シューズクロークのプランを作ってくれるのは、厳選されたプロの専門家。

シューズクロークのプラン検討や、家づくりプラン検討は、安心できる業者に任せたいもの。

タウンライフでは「厳格な国家基準をクリア」した信頼ある住宅会社のプロの専門家にプランを無料作成してもらえます。

全国約1万の施工店の中から、注文住宅は600社、リフォームは300社が厳選登録しています。

たしかに、事前の登録に約3分が必要になってしまいます。

しかし、気軽に無料で利用でき、あなたの希望に合うシューズクロークプラン・間取りプランを作ってもらえるため、今すぐ利用する価値があります。

「リフォームの方」
詳細はこちら>>>

「新築予定の方」 ※家全体の間取りプランを作ってもらえます。
詳細はこちら>>>

 

 


シューズクローク・間取りのプラン作成よくある質問

「Q. 利用したら契約しないといけないのでは?」
契約の義務は全くありません。タウンライフはあくまで「一括資料請求サイト」で、契約を斡旋されたり迫られることもありません。

「Q. 本当は何かお金がかかるのでは?」
完全無料で利用できるサービスです。住宅会社の広告宣伝費で運営がなりたっているため、無料サービスが実現しています。仲介手数料なども一切かかりません。

「Q. 申込み後の流れはどうなるの?」
はじめに、入力内容の確認連絡があります。その後、希望条件に合わせた資料が届きます。じっくり比較して下さい。

「Q. 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。」
一切ありません。希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載すれば、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。

「Q. 現場写真データの添付は必要ですか? 」
無くて大丈夫です。登録時に任意で画像データ添付欄がありますが、もし後により話が具体的になった時で大丈夫です。

タウンライフは私も2度利用しています。

他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているため、私も安心しておすすめできます。

「リフォームの方」
詳細はこちら>>>

「新築予定の方」 ※家全体の間取りプランを作ってもらえます。
詳細はこちら>>>

 

 


以上で【重要点のまとめは終わり】です

以下は補足です。全体の読了時間目安は約7分です。

シューズクロークとは【以下、補足】

・「シューズクロークは、何をしまうのに使われている?」

・「シューズクロークのいいところは?」

そんな、シューズクロークの基本をご紹介します。

シューズクロークは、玄関からつながった収納スペース。

シューズクロークは、玄関から続く収納スペースです。

靴をしまえることはもちろん、靴のまま入れて他の物もしまえる収納スぺースです。

シューズクロークには靴の他、アウトドア用品や、子どもの遊び道具などをしまえる。

シューズクロークは、靴の他、外出時や外で使う物をしまうことに利用されています。

例えば、雨具・コート、子どもの遊び道具・ベビーカー、アウトドア用品・スポーツ用品(サーフ用具等)、バイク用品などです。

特に子どもがいると、ベビーカーから部活用具まで、長い期間、用具置き場として利用されることになります。

メリット

シューズクロークがあれば、玄関がスッキリ。

シューズクロークがあることで、玄関に傘や不要な靴を置かずに済み、見た目がサッパリすることが一番のメリットです。

もしシューズクロークが大容量の場合、玄関に一般的な靴箱を置く必要すら無くなり、デザイン性の高い玄関の演出も可能になります。

家の中の衛生面でもよく、家の中も綺麗になる。

シューズクロークは床が土間になっているため、家の中に持ち込みたくない「泥や雨水が付いた子どもの遊び道具やコート類など」も気兼ねなく置けます。

そのため、家の中を清潔に、また、物を減らして綺麗に保つことができます。

シューズクロークは、外出準備も楽になる。

シューズクロークに、コートや帽子、部活道具などを置くご家庭も多いもの。

出かける時に必要なものがまとまっていることで、外出準備が楽になります。

シューズクロークの広さ・大きさ

・「シューズクロークには、どのくらいの広さが必要?」

そんな疑問について確認していきます。

シューズクローク1畳〜

シューズクロークの広さは、両サイドに棚を設けるなら、幅は約150cm。

シューズクローク内に立った時の「両側に棚」が欲しい場合、幅は約1m50㎝必要です。

両側に棚があることで、使いやすい大容量のシューズクロークが実現します。

シューズクロークの広さは、片面のみの棚なら、通路に60cm・棚に30㎝が一目安。

シューズクローク内で「片側のみに棚」を設ける場合は、幅は約90㎝必要です。通路に60㎝・棚に30cmです。

通路・棚ともに、幅が狭くならないことを確認する必要があります。

なお、1畳(182cm×91cm)でシューズクロークを作る場合、入口に注意。

「1畳」のみの広さでシューズクロークを作る場合は、広さに特に注意して下さい。

「91㎝」という幅だと、壁や柱などを考慮した時に実際に使えるのが「75㎝くらい」にもなります。

そうすると、上でご紹介した計「90㎝」に足りませんから、通路か棚の幅が狭くなります

幅が狭くても物の出し入れをできるように、シューズクロークの入口を中央に設けて奥に行かなくて済むようになど工夫が必要です。

シューズクロークの間取り

・「シューズクロークの間取りの注意点は?」

・「ウォークスルータイプってどうなの?」

そんな疑問について確認していきます。

シューズクロークは、玄関を入って目の前は避ける。

玄関は家の顔です。入って一番最初の印象が決まります。

そのため「玄関に入ってすぐ目の前」に、収納であるシューズクロークは作らないようにしましょう。

シューズクロークの2つのタイプ。

シューズクロークの間取りは大きく2つに分かれます。

「部屋のようなタイプ」と「ウォークスルータイプ」です。特に人気がありつつも注意をしたいのがウォークスルータイプです。

ウォークスルー利用

シューズクロークをウォークスルーにすれば、来客用と日常用で玄関を分けられる。

ウォークスルータイプは、シューズクローク側を家族用の玄関として使うことで、通常の玄関を来客用の玄関としていつも綺麗に保つことができます。

ウォークスルーなら、コートや雨具もしまいやすい。

ウォークスルータイプのシューズクロークなら、来客の目につかない家族用の玄関として、コートや雨具をしまっておきやすくなります。

物が玄関にまとまっていることで、外出準備や、帰宅時の片づけが楽になります

「シューズクローク ➡ パントリー」の導線も便利。

ウォークスルータイプのシューズクロークの出先に、パントリーやキッチンがある間取りにすれば、食材などの毎日の買い物後の収納・整理が楽になります。

シューズクロークをウォークスルーにする時は、幅が狭くならないように注意。

便利なウォークスルータイプですが、間取りの注意も必要です。

「特に通路幅」です。家族用と来客用と2つの導線を設けることで、1つ1つの導線の幅は狭くなってしまいます。

その際に、もし「人が通りずらいほど狭い」と毎日の利用にストレスを伴うために注意が必要です。

扉の多さや、遠回りな導線にも注意。

また、ウォークスルータイプの入口・出口の2箇所とも『扉』をつけた場合、面倒に感じてしまいます。

また、ウォークスルーのシューズクロークを「通り抜けしない方が行きやすい部屋」をもし作ってしまうと、A「遠回りになる」 or B「シューズクロークを使わなくなる」と、なってしまいます。注意しましょう。

シューズクロークの扉

・「シューズクロークに扉はいる?いらない?」

・「扉の代わりに、のれんやカーテンでもいい?」

そんな疑問について確認していきます。

シューズクロークに「扉」があると、目隠しになりスッキリする。

シューズクロークには「扉」がある方が、見た目はスッキリします。

扉があれば、靴など収納しているものが見えないために、急な来客にも慌てません。

ただし、シューズクロークの扉が、「引き戸以外」だと、収納の邪魔になる。

シューズクロークの扉は、開閉の邪魔にならないようにする必要があります。

しかし、もし「折れ戸」の場合、扉と荷物がぶつかってしまい、十分に収納できなかったり、扉があけられなかったりします。

シューズクロークに「扉」をつける場合は、引き戸だと邪魔にならない。

シューズクロークにつける「扉」を「引き戸」にすれば、開け閉めで荷物が邪魔になることはありません。

シューズクロークのスペースを十分活用することができますし、開けっ放しにして湿気を逃がすこともできます。

シューズクロークに「扉」が無くても、換気や使いやすさ的にはOK

ただし、家の広さ的や玄関間取り的に「引き戸」をつけられない場合もあると思います。

そんな時は、必ずしも扉はなくても構いません。扉がなくても、むしろ、湿気がこもりずらかったり、扉を開閉する手間が省けたりなどのメリットもあります。

シューズクロークの扉は、ウエスタン扉も使える。

スペース的に「引き戸」がつけられないけれど、「目隠し」はしたい。

そんな時は、西部劇に出てくるような「ウエスタン扉」なら、後付けでも比較的簡単に取り付けることができます。

のれんカーテン・目隠し

シューズクローク「扉」の代わりに、のれん・カーテンも使える。

シューズクロークの扉かわりの目隠しには、のれんやカーテンを使う方法もあります。

普段は開けておいて、来客が来る時のみに目隠しするなどの方法もあります。

シューズクロークの収納・棚

・「シューズクロークの棚の注意点は?」

そんな疑問について確認していきます。

シューズクロークの収納・棚は、使いやすいように。

玄関・シューズクロークは毎日使う場所。特に、外出時はバタバタしがちなため、使いやすさが大切です。

何をおく?どのくらい置く?・・など、あらかじめ使いやすさについて十分検討しておきましょう。

シューズクロークの収納・棚は、つめすぎない。

特にシューズクロークで大切なことは、荷物を入れ過ぎないことです。

使っていくうちに、徐々に荷物が増えて、それぞれの出し入れがしずらくなることがありがちです。

シューズクロークの窓

・「シューズクロークに窓はいる?」

・「シューズクロークは、臭いは大丈夫?」

そんな疑問について確認していきます。

シューズクロークに窓があると、換気や明かりとして便利。

シューズクロークには「窓」があった方がいいです。

まず玄関自体が、家の顔としてなるべく明るい事が望ましい場所です。さらに、シューズクロークは収納として暗くなりがちなため「窓」があると、明かりとりに役立ちます。

さらに、窓があることで、換気もしやすくなります。

シューズクロークに窓は、場所をとらない「上部に小さめ」がいい。

ただし、窓が大きすぎると、せっかくのシューズクロークで棚を置けるスペースが削られてしまいます。

また、陽があたりすぎた時の日よけや、冬の結露などの原因にもなりかねません。さらに、外から収納がゴチャゴチャ見えるのも良くありません。

そこで、シューズクローク内の窓は「小さく」「上に」、横長などの窓を設けると良いでしょう。

シューズクロークの臭い

シューズクロークの臭いは、靴についた土や雨水が原因。

シューズクロークは「臭い」がこもりやすい場所です。靴についた泥汚れや、雨水などが臭いの原因になります。

シューズクロークの臭い対策には、窓以外に「換気扇」利用も。

シューズクロークの臭い対策には、上で紹介した「窓」以外に、「換気扇」もあると室内外の空気交換をしやすくなります

壁や天井などへの取付けを検討してみましょう。

シューズクロークの注意点

・「シューズクロークで、何か注意すべきことは?」

そんな疑問について、確認していきます。繰り返しの内容になるものもありますが、それだけ大事な内容です。

シューズクロークは、物にあふれ狭くならないように。

シューズクロークは物を気軽にしまいやすい場所。「とりあえずここに入れておこう」なんてなりがちです。

しかし、次第に物が増えて来て足の踏み場が無いなんていうことも。

物が取り出しずらくなるだけでなく、湿気が溜まりやすくなったり、臭いがこもりやすくなる原因にもなってしまいます。

シューズクロークには物を入れずぎない、使わない物は外物置などに。

シューズクロークには「物を入れ過ぎない」ことを心がけましょう。

1年に1度しか使わないようなものも置きっぱなしにしているようなこともあります。使う頻度が少ない物は、外物置に入れたり、コート類であったら室内クローゼットにしまうなどしましょう。

毎月や、2~3ケ月に1度など、シューズクロークの中にある物を見直す事が望ましいです。

シューズクロークで失敗しない(おわりに)

シューズクロークがあると、色々なものが収納できて玄関がスッキリします。

シューズクロークは、狭くならないように、荷物を入れすぎないようにすることが大切です。

また、「目隠し」となる扉やのれんをつけると見た目にもスッキリし、小さな窓があると採光や換気に便利です。

あなたのご自宅に合うシューズクローク作りを、楽しみながら行って下さいね。

シューズクロークのプラン無料作成は、利用実績も多くて安心

シューズクロークのプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけてサービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

専門家に、まずプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「シューズクロークに少しでも興味がある方」なら、今すぐ利用しないと損なサービスです。

「リフォームの方」
詳細はこちら>>>

「新築予定の方」 ※家全体の間取りプランを作ってもらえます。
詳細はこちら>>>

 

 


無料で、シューズクローク施行のプラン一括比較ができます。

「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルのシューズクローク施工プラン作成」をすぐ依頼きるのが「タウンライフ」です。

気軽に無料依頼でき、簡単にプランを比較することができます。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずはあなたのご自宅・ご自身の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフは、シューズクロークの施工をまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

シューズクロークのプラン相談でプレゼントがもらえます。

タウンライフで「無料相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

(新築で間取りプラン相談の方は「成功する家づくり7つの法則」)

タウンライフリフォーム 7つの法則

また、タウンライフを介してサンルームのリフォーム成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあります。依頼を検討している方は、今すぐの登録をおすすめします。

「リフォームの方」
詳細はこちら>>>

「新築予定の方」 ※家全体の間取りプランを作ってもらえます。
詳細はこちら>>>