ウッドデッをリフォーム施行する費用・値段の相場って気になりますよね。

なるべく安い価格で施工したいものです。

ウッドデッキのリフォーム見積もりに、簡単・便利で安いのが「外構工事の専門サイト」で、今すぐ利用する価値があります。

具体的な費用は、あなたの希望に合わせた情報で比較することが大切で「相見積もり」が大切です。

ウッドデッキの費用・値段は専門業者に依頼しても約6万円〜で、20~30万円台だと商品の種類も増えます。

 


この記事では、ウッドデッキについてご紹介します。

ウッドデッキリフォーム見積もり。相場の費用値段価格は?【重要点・1分まとめ】

この記事でご紹介するウッドデッキの情報を、エッセンスを濃縮して1分でご紹介します。ここだけ読めば大丈夫です!

ウッドデッキの費用価格

ウッドデッキリフォーム費用は、業者に依頼しても、約6万円台~で設置でき、20~30万円台が標準的

ウッドデッキは、業者に施工依頼しても、2㎡程度の小さいものであれば約6万円程度~施行できます。

約7㎡弱(2m×3m強など)でも、約15~20万円程度で、LIXILやYKKAPなど主要なメーカーの人口木商品を施工することができます。

広さが10㎡(2m×5mなど)などになってくると30万円前後の費用がかかり、設置の中心価格帯は20・30万円あたりです。

ただし、「地域」や「土地の状況」などによっても、工事費は変わってきます。

そのため、結論として、あなたが実際に地域の業者に見積りをとって具体的に確認する必要があります。

質の低い工事を避けるため『安かろう悪かろう』は避けるべきです。「高くなるかもしれない」と思い見積りを取ると良いでしょう。

ウッドデッキの見積もりは「初夏」の今が年に1度の大チャンス!!

ウッドデッキなど外構工事で、初夏(5-6月頃)は「見積もりが安くなりやすい、工事プラン検討のチャンス時期」です。

理由は、3月までの決算期が一段落して外構会社は受注が減り、価格面の相談・交渉が行いやすくなるためです。

また、4月新年度の各メーカーカタログ更新旧モデルの在庫処分・値引きもあり、新年度で補助金も利用しやすくなります。

もし希望の工事をまだ迷っていてもまず見積もりだけ、今すぐとっておくと得」ですよ!

ウッドデッキ見積もりへ

ウッドデッキ施工の実際の金額を知るには、外構工事の見積もりをする必要があります。

しかし、1社しか見積もりを取らないと困る場合があります。

1社しか見積もりを取らないと困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には、高額請求する悪徳業者も・・)
●ウッドデッキ施工のアイデアやプランが十分に膨らまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

外構業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしない設置をしたいですよね。3社以上の見積もり比較は、外構工事を安くする方法・コツでもあります。

相見積りのリフォーム業者探しも大変

でも、相見積りにも、意外に大変な面もあります。

複数社に相見積りを取る時に大変な面
● 相見積もりを取る外構業者を自分で何社も探すのは大変・・・
複数の会社に対して、何度も同じ説明を行うことが大変・・・
● 断る時に、少し気持ち的に断りづらい・・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変ですよね。

でも、大丈夫!

ウッドデッキのリフォーム見積もりで地域の優良業者を30秒で簡単にチェックする方法

ここで、あなたがお住まいの地域で、ウッドデッキ設置に適した業者の最有力候補を(登録なしで)約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。

『タウンライフ』という冠に輝く住宅サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある住宅会社」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

(そのため、腕が悪い業者や、悪徳業者などにひっかかる心配もありません

『タウンライフ』では、どの業者も工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単30秒チェックの流れ
【0】『タウンライフ外構』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】外構プランの作成」を押す
【3】希望箇所外構」を選択
【4】予算~100万円」など選択
【5】(重要)他の入力項目を飛ばし画面の下の方まで行く

~5を順に行い表示されるのが、あなたが住まいの地域のウッドデッキ施工に適した業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフ外構を、今、約30秒ほどでご確認下さい。

\簡単30秒!優良施工業者を確認/

 

 


ウッドデッキリフォーム見積もりで最大40%オフ

『タウンライフ外構』では、気になる全ての優良会社に、「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルのウッドデッキ施工プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的な内訳を含め分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずは自宅の状況・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフ外構は、ウッドデッキ設置をまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

複数社のプランを一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて便利です。

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

 


ウッドデッキリフォーム見積もり無料作成 FAQ

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフ外構は、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じでウッドデッキを検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!安心度1位/

 

ウッドデッキ施工にて

ウッドデッキは、耐久性がある人工木・樹脂木と、ぬくもりある天然木がある

庭作りでウッドデッキを作る時に選ぶ大きな点が、「天然木」を使うか、「人工木/樹脂木」を使うかです。

「天然木」は、木のぬくもり感が出ることが特徴です。しかし、耐久性には劣り年に1回は塗装する必要があります。また、重く硬いため加工しずらいです。

ウッドデッキらしさにこだわり業者に施工依頼するならば「天然木」がいいでしょう。

「人工木/樹脂木」は、人工的に作られ、耐久性は高いことが特徴です。しかし、木のぬくもりは劣り夏に熱くなりやすいというデメリットがあります。

メンテナンスを軽減したい場合や、素人がDIYをする場合などは「人工木/樹脂木」が良いでしょう。

ウッドデッキのリフォーム時に、雨よけ屋根や、目隠しフェンスステップなどがあるとより便利に

画像提供:三協アルミ

ウッドデッキでは屋根(約5~6万円~)があると、雨よけ、デッキ保護、日差し除け、紫外線対策という様々な観点で便利です。

また、庭への上り下りができるステップ(約1・2万円)があると、上り下りがしやすく、特に小さいお子様がいるご家庭には便利です。

またメッシュフェンスなどではなく、目隠し用のフェンス(約5万円〜)があると、外の視線を避けられ、よりくつろぎやすくなります。ブロック塀よりウッドフェンスが合うでしょう。

ウッドデッキリフォーム見積もり無料作成は、利用実績も多くて安心

ウッドデッキのプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「ウッドデッキに少しでも興味がある方」ならば、タウンライフ外構今すぐ利用しないと損なサービスです。

\満足度1位!100万人以上が利用/

 


以上で「ここだけ読めば大丈夫!」1分まとめは終了しました。

もしこの記事を気に入っていただけたら、LINEで家族やお友達などにもご紹介下さいね。

大工の梁大工の梁

ぜひ、ウッドデッキで素敵なお庭を実現して下さい!

 


他にも 人気外構工事は見積もり比較を」の記事では、「外構・庭・ベランダ」の各種施工費用の目安を紹介しているので参考にして下さい。

 


以降は、ウッドデッキに関してここまでご紹介した内容のより詳しい詳細です。

ウッドデッキリフォーム見積もり。人気商品を紹介

それでは、ウッドデッキを施工する方に参考なるように、ウッドデッキの人気商品を、主要3社ご紹介します。

YKKAPのウッドデッキ

YKKAPのウッドデッキ商品として『リウッドデッキ』があります。

ウッドデッキ価格帯が最も安く、耐久性にも優れて嬉しい商品

広さやオプションの利用状況にもよりますが、紹介する3社の商品の中でも最も費用を安く設置できるケースが多いです。

安いながらも耐久性に優れ、長く利用することができるバランス良い商品です。

ウッドデッキ商品とサンルーム商品との組み合わせもできる

「リウッド200」というウッドデッキ商品は、同じYKKAPのサンルーム商品を同時に利用しやすいように設計されています。

YKKAPのウッドデッキ無料プラン作成へ>>

リクシルのウッドデッキ

リクシルのウッドデッキ商品として「レストステージ」と「樹ら楽ステージ」があります。

ウッドデッキで熱くならない床材が、LIXIL独自。

人工木ながら熱くならない床材がLIXILの独自設計です。本物に近い木質感でデザインに優れながらも、機能性が高いことが嬉しい商品です。

ウッドデッキ木目調が美しいことが特徴で、高級感もああり。

どちらの商品も木目が美しく特に、「樹ら楽ステージ」は天然木の木目をリアルに再現した、見た目に美しい高級ウッドデッキです。

本物の木に見えるように表面にランダムな凹凸が彫られていていますが、リクシルの特許技術によって実現しています。

リクシルのウッドデッキ無料プラン作成へ>>

三協アルミのウッドデッキ

三協アルミのウッドデッキ商品には「ひとと木2」があります。

ウッドデッキで豊富なバリエーションと様々なオプション

メンテナンス性にも優れ、豊富なバリエーションとオプションがあります。

三協アルミのウッドデッキ無料プラン作成へ>>

 

ウッドデッキリフォーム見積もり。天然木と人工木・樹脂木

ウッドデッキの素材には「天然木」と、「人工木、樹脂木」があります。違いは一体何で、どちらを選べばよいのでしょうか?

人工木・樹脂木は耐久性

画像提供:LIXIL

人工木・樹脂木は、近年人気になってきています。天然木と見た目にも劣らないものが多数あります。

結論としては、メンテナンスを軽減したい場合や、素人がもしDIYをする場合などは「人工木/樹脂木」が良いでしょう。

ウッドデッキ人工木・樹脂木は、腐らず、色褪せず、白アリ対策にもなり、耐久性・メンテナンスにいい。

「人工木/樹脂木」は、人工的に作られ、耐久性が高いことが特徴です。

樹脂を利用した人工木は見た目は木材ですが、実際には木粉(木材を微粒子にしたもの)と樹脂を混ぜ合わせたものから作った人工木材です。

プラスチック種類や木粉の配合割合で質や弾力などが変わります。

天然木と比較してゆがみや、サクレも無く、色あせもほとんどなく、耐久性にも強いです。樹脂は白アリ対策にもなります。

ウッドデッキの人工木・樹脂木は、軽さもあり、DIYでの施工もしやすい

「人工木/樹脂木」は、軽かったり、キット販売されていたり、基礎がステンレス製であったり、施工がしやすいです。

人工的に作られた製品のために、価格も安定しています。

ただし、ウッドデッキ人工木・樹脂木は、夏場は熱くなりやすく、衝撃にもよわく、ぬくもり感も減る。

しかし、木のぬくもりは劣り、樹脂は夏の炎天下に熱くなりやすいというデメリットがあります。

また、20-30年経った後となると、強度の弱まり・ゆがみなども想定されます。

人工木・樹脂木のウッドデッキ無料プラン作成へ>>

天然木にはぬくもり感

ウッドデッキらしさにこだわり業者に施工依頼するならば「天然木」がいいでしょう。

ウッドデッキ天然木は、本物の木のぬくもりを味わえる。

「天然木」は、木のぬくもり感が出ることが何よりの特徴です。

イタウバ、セランガンバツ、クマル、ウリン、レッドウッド、アマゾンジャラなどがあります。

ウッドデッキ天然木は、耐久性にすぐれたハードウッドと、加工しやすいソフトウッドがある。

【ハードウッド】

とても固く、耐久性、強度に優れて、ウッドデッキに人気です。水分を吸収しずらいために腐食しにくいのです。ただし加工が難しく職人向きです。

施行して半年で色味がグレーの古い木のようになります。

【ソフトウッド】

やわらかいために加工しやすいです。しかし、耐久性には劣ります。また、砂や水がたまりやすくなるので、ガーデニングのプランターなどは置かず、定期的に水で流し汚れが無いようにすることも必要です。

ウッドデッキ天然木は、木材によっては、重たい、固いなど素人がDIYするには難しめ

天然木は重たく固いため、運搬やビス止めなどの加工が大変です。そのため素人のDIYにはハードルが高めです。

天然木のウッドデッキ無料プラン作成へ>>

塗装で天然木も長持ちに

ウッドデッキの天然木は、年に1回塗装する必要あり。

天然木は、メンテナンスをしないと腐ってしまいます耐久性には劣り、白アリ予防や腐食予防のため年に1回は塗装する必要があります。

また、トゲやささくれが出た場合は、紙やすりなどでならす必要もあります。

ウリン材は耐水耐久性有

木製(ウリン材)ミニ枕木100cm(ガーデニング用高耐久性木材) 3本セット[お取り寄せ品] ノーブランド品

天然木の中でも人気の木材の一つに「ウリン材」があります。

世界一の耐久性・木の鉄ともいわれるウリン材。

ウリン材はインドネシア・ボルネオ島が原産の木です。耐水・耐久性に優れて「世界一」や「アイアンウッド(木の鉄)」などともいわれます。

ゆがみや割れがおこりずらい木材です。また、腐食にも強く塗装の塗り直しがなくても腐ることがありません。(ただし、色落ちするので保護塗料を定期的に塗ります)

ウッドデッキが、30年以上にわたって劣化しないことも。

ウッドデッキ施工で、天然木は人工木と比較して耐久性が無い印象・イメージを持たれがちですが、ウリン材は30年以上劣化しないとも言われます。その耐久性ゆえに人気があります。

ただし、ボルネオ島のみで算出される木材のために、供給が不安定な事があります。

なお、タンニンを多く含むため、雨天時ににじむ樹液が赤くなることがあります。

ウリン材のウッドデッキ無料プラン作成へ>>

ウッドデッキの見積もりプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいくリフォームができました

リフォームを考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいたリフォーム会社さんが希望通りのリフォーム提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフリフォーム外構特集を利用して良かったと感じております。

 

ウッドデッキリフォーム見積もり。タイルデッキとの比較

ウッドデッキを設置する時によく検討ポイントとして挙がることが「タイルデッキ」と比べてどちらがいいかということです。

ウッドデッキのメリット

ウッドデッキのメリットは何よりも、木のぬくもりと質感

木のぬくもりや温かみが好きでウッドデッキを選ぶ方は多いものです。

住宅が和風でも洋風でもあいますし、天然木の場合は、質感や風合いの変化も楽しめます。

庭の芝生庭の人工芝)などと合わせると素敵な庭になります。

ウッドデッキは、日差しの照り返しがなく、熱くなりにくい、より滑りにくい

タイルデッキの場合は、特に白い明るい色のタイルの場合に、晴天時の日差しの照返しが強くてまぶしいものです。また、熱くもなりやすいです。その点、ウッドデッキならば照返しも少なく、温度変化も少なめです。

また、タイルデッキも滑りずらくザラザラとしたタイルで作られているものですが雨の日に滑ることもあります。その点、ウッドデッキの方がより滑りずらい良さがあります。

ウッドデッキデメリット

画像提供:LIXIL

タイルデッキと比較してのウッドデッキのデメリットは「耐久性」「掃除のしにくさ」です。

ウッドデッキは、腐食や、雨や紫外線での劣化があり、管理に手間もかかります。

タイルデッキの方が耐久性がよく長持ちして管理は楽です。

ウッドデッキの場合は木材のために、雨風や紫外線によって劣化や腐食につながってしまい、5年、10年、20年と経つうちに、メンテナンスや取替えが必要になってしまいます。

しかし、タイルデッキは、タイルという素材の性質上、大きな腐食や劣化がなくメンテナンス・管理も楽です。

ウッドデッキは、デッキ下に落ち葉やゴミが溜まることもあります。

ウッドデッキの場合は、床の下が空洞になっています。しかし、タイルデッキは床下がありません。(基礎となる土台には砕石などがつめられ、コンクリートが流され、表面はタイルで覆われています。)

そのためタイルデッキは、ウッドデッキのように、デッキ下に落ち葉や飛んできたゴミが溜まったり、蜂の巣ができたりなどといった心配がありません

ウッドデッキのデメリットも、人工木なら一部解消

ウッドデッキのデメリット中心となる「耐久性」についても、人工木を選ぶことで、20年・30年などは持つようになるため、デメリットが一部解消されます。

(参考)タイルデッキの費用価格

(関連)庭をコンクリートにする費用

ウッドデッキのリフォーム見積もりで「タウンライフ」が選ばれる理由

ウッドデッキのリフォーム検討開始で、タウンライフリフォーム外構特集が選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数のリフォーム会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切なウッドデッキプランが届きやすいです!

③ リフォームが前進する
希望のウッドデッキのプランや費用を簡単に集められることで、リフォームの良いスタートがきれます!

 

ウッドデッキリフォーム見積もり。合わせて検討したい

ウッドデッキを施工する時に合わせて検討したいのが「屋根」「目隠し」「ステップ」などです。

ウッドデッキ屋根

画像提供:YKK AP

ウッドデッキに屋根は、雨よけ、日差しよけ、紫外線対策にもなり、より便利に使える

ウッドデッキに屋根をつけると何かと便利です。

まずは雨よけです。天然木の場合は傷みやすく手入れも大変ですし、人工木の場合でも水をはじく分水がたまりやすいので、どちらも場合でも雨よけ屋根は耐久性を保つためにも便利です。

他にも、雪よけになったり、強い日差しを避けられたり、紫外線対策にもなります。

(参考)ベランダ・バルコニー屋根の費用

ウッドデッキ目隠し

画像提供:YKK AP

ウッドデッキが目隠しされていると、よりくつろげる空間

ウッドデッキには目隠しとなる柵やフェンスがあると、外部からの視線を避けられ、より快適に過ごしやすくなります。

ペットや小さいお子様が枠外に出ないようにすることにも使えます。

(参考)ベランダ・バルコニーの手すり・柵・フェンスの費用

ウッドデッキステップ

画像提供:YKK AP

ウッドデッキにステップがあると、庭への出入りがしやすい

ウッドデッキのオプションでよく利用されるのが「ステップ」です。

ウッドデッキ上と庭の地面とで高さに段差があるために、ステップがあることで上り下りをしやすくします。

おおよそ50cmくらい高さの差があることが一般的なため、特に小さいお子様がいるご家庭を中心に設置するケースが多いです。

ウッドデッキのリフォーム見積もりプラン相談・成約でプレゼントがもらえます。

タウンライフリフォーム外構特集で「無料リフォーム相談」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

また、タウンライフリフォーム外構特集介してウッドデッキのリフォーム成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

 

ウッドデッキリフォーム見積もり。合う場所

ウッドデッキをテラスやサンルーム、カーポートバルコニーに利用することも人気です。

サンルームは天候知らず

画像提供:YKKAP

ウッドデッキ上にサンルームがあることで、天気に関わらず楽しめる

屋外にあるウッドデッキは通常雨天時には楽しむことができませんが、サンルームを設けることで、天気を問わずに楽しめるようになります。

施工時は、柱などウッドデッキの加工が必要。

ウッドデッキ上のサンルームは施工できない場合もあるので、できれば同時に施工できると良いでしょう。

サンルームを後付けする場合は、重さを支える柱などを新しく設置する必要があり、ウッドデッキの加工や一部交換の必要が出てきます。

なお、YKKAPの「リウッド200」というウッドデッキ商品は、同じYKKAPのサンルーム商品を同時に利用しやすいように設計されています。

(参考記事)サンルームの費用

カーポートデッキも人気

画像提供:三協アルミ

駐車場の上をベランダにできるカーポートバルコニー

駐車場の上をベランダ・バルコニーとして利用できる「カーポートバルコニー」という商品があります。

土地の広さが限られる場合でも空間を有効活用でき、金属製の柱やフェンスのみ使う場合もありますが、ウッドデッキを敷き木調の壁を設けることもできます。

土間コンクリート:単価 1㎡約1万円などと合わせて検討しましょう。

木調のデッキを利用することで、よりくつろげる空間に。

カーポートバルコニーにデッキを利用すれば、庭にスペースがなくてもウッドデッキとして利用することができます。

2階の高さの広々としたウッドデッキ空間はより開放感がありくつろぐことができるでしょう。

耐久性の強いウリン材や人工木を利用すれば、金属製のカーポートと変わらず長く利用することができます。

また、門柱や機能門柱を木調にすると、庭全体のコーディネートとして合うでしょう。

(参考)カーポートバルコニーの費用

(参考)カーポートデッキの費用

 

ベランダ・バルコニー

PROTEK ジョイント パネル タイプ フロア ウッドデッキ アカシヤ材 10ピース入り APJWD-3012 1枚当たり設置寸法30cmx30cm(隙間部含む)厚み21mm

ウッドデッキ用のデッキパネルを敷き詰めることで気軽にDIY

10枚3,000円前後で販売されれいるようなウッドデッキパネル をつなげて、並べて利用することで、誰でも簡単に気軽にDIYで、ベランダ・バルコニーをウッドデッキにすることができます。

ウッドデッキ用のデッキパネル設置時は、ベランダの傾斜に気をつける

画像提供:YKKAP

ベランダ・バルコニーにウッドデッキをDIYする場合は、ベランダの傾斜に気をつけましょう。雨水が流れやすいようにベランダには傾斜があるものです。

傾斜があることで、ウッドデッキ施工が不安定になっては、ベランダの利用に危険が伴います。

ウッドデッキ下に落ち葉やゴミが溜まりやすいので、掃除を定期的に行う

また、ベランダをウッドデッキにすると、デッキ下に集まるホコリやゴミ、落ち葉などの掃除がしずらくなり溜まってしまうことです。

落ち葉やゴミが溜まることで雨水が流れずらくなります。雨水がたまると、ベランダ・バルコニーの耐久性が落ち、ひどい場合は雨漏りにもつながりかねません。

雨漏りは、家の躯体まで影響してくると、修理に100万円以上かかることもあります。ベランダ・バルコニーにウッドデッキを敷いた場合は、定期的にパネルを取り外して掃除を行うようにしましょう。

(参考)ベランダ・バルコニーの雨漏り防水費用

ウッドデッキリフォーム見積もりが最大40%オフ

タウンライフリフォーム外構特集は、気になった全ての会社に、「あなたの希望やこだわり、また予算に沿ったオリジナルのウッドデッキ施工プランの作成」を完全無料で依頼できます。

ウッドデッキがあると毎日の生活が便利に快適になるので、まず無料プラン作成をしないと、もったいないです。

【今すぐチェック!⇒】タウンライフリフォーム無料サポート特徴・評判・使い方。いいリフォーム会社が見つかる!

 

 

ウッドデッキリフォーム見積もり。DIY

ウッドデッキ施行を検討している方の中でも、費用面でDIYに興味にある方も多いです。

結論的には、DIYがもともと趣味の人でサイズ小さめで形がシンプルな場合にDIYは良いでしょうが、そうでない場合は業者に依頼することをお薦めします。

材量も多く、施工も大変で、手間もかかります。休日の多くの日数を費やすことになるでしょう。

材量は?

ウッドデッキ材量は、木材、工具、塗装剤、束石などを用意。

ウッドデッキを施工する材料時は、まず木材選びが最重要です。耐久性のよい人工木か、木のぬくもりのある天然木を選びます。

加えて、ノコギリ、電動丸ノコなどの工具の他、防腐のための塗装剤、基礎のための束石(つかいし)などが必要です。

ウッドデッキ施工の工具を一から揃えると、数万円はかかる。

工具をもっと詳しく列挙すると次などが挙げられます。

ノコギリ、電動丸ノコ、ドリルドライバー、インパクトドライバー、ヤスリ、水平器、角度定規、サシガネ、スケール、ビス、キリ、電源、延長コード etc.

普段からDIYを行い用具を持っている方ならば良いでしょうが、もし、イチから揃える場合数万円はかかり、業者依頼より高くつく場合もあります。

ウッドデッキで木材など量が多いものはネット購入した方が搬送は楽

なお、最も重要な木材は、ホームセンターでもインターネットでも購入できます

インターネットで購入する方が、より様々な種類や業者から選べ情報比較でき、量が多かったり重かったりする中での搬送などが楽といったメリットがあります。

基礎など作り方

ウッドデッキで、設計準備は肝心。設計に合わせて木材を購入

ウッドデッキ作りは、まず設計からです。幅や奥行、高さなどを決めながら、スケッチを図面に落とし込んでいきます。(参考)デッキ参考図面 ※外部サイト

フェンスなども考慮しながら設計した図面に基づいて、実際に木材を調達します。

ウッドデッキ天然木カットは電動丸ノコも。木材は塗装で耐久性を。

木材の中でも、天然木は固いため、電動丸ノコの利用が必要になります。木材にえんぴつで補助線を引きカットしていきます。

カット後は、耐久性を高めるべく塗料を塗ります。撥水・防カビ・紫外線カットなどの効果があります。

ウッドデッキは雨風にさらされるために、全体に対してしっかり塗る必要があります。

ウッドデッキの基礎を作りと、床貼りは水平になるように

木材含めて材量の準備ができたら、基礎を作ります。 基準となる場所に基礎石と柱を固定し外枠を作ります。内側の柱もとりつけ、基礎を強固にします。 (参考)ウッドデッキ基礎作り  ※外部サイト

基礎ができたら、床板をはっていきます。床板は通気性確保のために数mmの隙間を空けながら敷いていき、綺麗にビス打ちすることがポイントです。

ウッドデッキ造りができるDIYキットも色々

Liebe【リーベ】 ウッドデッキ 7点セット ×2 1.5坪(0.75坪×2) ライトブラウン (簡単型)

素人にはやや難度も高いウッドデッキのDIYですが、ウッドデッキキットを利用すれば、使う工具も少なめでもう少し容易に施工ができます。

比較的安価で、2万円程度~10万円未満で様々なタイプがあります。

ウッドデッキの重さや、水平さには注意。自由度も少ない。

ただし、より気軽なウッドデッキキットでも、木材は重いので運ぶ時は注意して下さい。

また、安定性が出るように水平に保てるかはポイントです。土の上に設置する最は、コンクリート基礎か、束石がないと沈下するなど不安定にもなります。

また、商品によりサイズが規定されているために、自由度にも欠けます。

 

ウッドデッキリフォーム見積もり。相場の費用価格値段は?(おわりに)

ウッドデッキには、耐久性がある人工木・樹脂木と、ぬくもりある天然木があります。

ウッドデッキには、雨よけ屋根や、目隠しフェンスステップなどがあるとより便利で、ベランダサンルームカーポートデッキなどでの利用も人気です。

ウッドデッキは、デッキパネル、ウッドデッキキットDIY、業者依頼など方法で費用は変わります。

DIY時は工具を本格的に備え十分な日数が必要な想定で行いましょう。

業者に依頼しても、約6万円台~で設置でき、20~30万円台が標準的です。

便利で人気!タウンライフリフォーム外構特集

完全無料オンライン一括見積依頼が可能。

厳格な国家基準をクリアしたリフォーム会社300以上が登録され、お住まいの地域・予算・ご希望のリフォーム内容にあった会社から見積・提案をもらえます。

しつこい営業は一切ありません。シリーズ累計112万人の利用実績。

↓ ↓ ↓ ↓ ↓

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

ウッドデッキ以外について知ろう!

● テラス作りについて知ろう

ウッドデッキのリフォーム見積もり

タイルデッキの費用・価格

ベランダなどサンルーム

 

● 外構工事について知ろう

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

新築の外構作りが不安な方は、新築・外構で失敗・後悔しない

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング