ベランダ(バルコニー)の、手すり・柵の、後付け・交換修理・塗装などに興味がありますよね?

ベランダを便利に安全に使うためにも、手すり・柵は必要です。

各施工の、費用・価格・値段は、選ぶ商品や、業者によっても異なってきます。

できることなら、なるべく安く済ませたいものです。

この記事では、ベランダ(バルコニー)の、手すり・柵後付け・交換修理・塗装についてご紹介します。ぜひ、じっくり読んでみてください。

ベランダ「手すり・柵」後付け・交換修理・塗装【重要点・1分まとめ】

1分間で【この記事のまとめ】として次の3つをご紹介します

・ベランダ手すり・柵の必要性

・後付け、交換修理、塗装時の注意点

・各、価格・値段・費用

ここを読めばベランダの手すり・柵の工事について分かります!

ベランダの手すり・柵

ベランダの「手すり・柵」は、実用的!

出典:リクシル

ベランダの「手すり・柵」はあった方がいいです!

よく、外観を重視して「笠木(かさぎ)」だけのベランダもありますが、手すりがある方が、布団などを干しやすいです。

新築時に費用や手間の節約のため、手すりがオプションになってしまいつけなかった場合、ぜひ付けて下さい。

後付けや、修理交換、塗装時は、幅や高さ、耐久性・サビ対策など各種安全性に気を付けよう!
出典:リクシル

また、ベランダ手すりは、安全面でも大切です!

古くなったベランダで、手すりや柵がサビついたり、隙間が広い場合などは危険です。落下し死亡につながる事故も実際に起きています。

落ちない高さや幅、長く安全に使えるような耐久性・サビ対策が必要です。

各、費用・価格・値段

ベランダ「手すり・柵」の後付け、修理交換、塗装の費用・価格は?

ベランダに「手すり」を新たに取り付ける費用(工事費込)は、グレード次第で約5~18万円程度が目安です。(幅3m程度の時)

「交換や修理」の場合は、工賃や撤去代が増えて約12~27万円程度が目安になります。ただし、修理の場合は火災保険が適用できる場合もあります。

「塗装」は、古くなった手すりやサビ止めで行いますが、約8~15万円が目安です。

ただし、ベランダ「手すり・柵」工事の実際の価格を知るには「あなたの希望と家の状況に合わせたプラン作り」が必須です。

どんな設置を行いたいかや、あなたのご自宅のベランダの広さや状況によって、価格は変わるためです。

質の低い工事を避けるため『安かろう悪かろう』も避けるべきです。「高くなるかもしれない」と思い見積りを取ると良いでしょう。

ベランダ手すり柵後付けなど見積もりは「初夏」の今が年に1度の大チャンス!!

ベランダなど外構工事で、初夏(5-6月頃)は「見積もりが安くなりやすい、工事プラン検討のチャンス時期」です。

理由は、3月までの決算期が一段落して外構・リフォーム会社は受注が減り、価格面の相談・交渉が行いやすくなるためです。

また、4月新年度の各メーカーカタログ更新旧モデルの在庫処分・値引きもあり、新年度で補助金も利用しやすくなります。

もし希望の工事をまだ迷っていてもまず見積もりだけ、今すぐとっておくと得」ですよ!

ベランダ手すり・柵の施工で、見積もりはどう取るの?

ベランダ手すり・柵施工の実際の金額を知るには、外構工事の見積もりをする必要があります。

しかし「社しか見積もりを取らない」と困る場合があります。

1社のみの見積もりで困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には高額請求する業者も・・)
● 手すり・柵のアイデアやプランが十分に膨らまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

できれば、3社以上のプラン比較を行いたいところです。

外構業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしない設置をしたいですよね。3社以上の見積もり比較は、外構工事を安くする方法・コツでもあります。

ただし、ベランダ手すり・柵の相見積りの外構業者探しも大変

相見積り・プラン比較にも、意外に色々と大変な面もあります・・

相見積りを取る時に大変な点
● 外構業者を何社も探すのは大変・・
● 複数社に、何度も同じ説明を行うことが大変・・
● 断る時、気持ち的に断りづらい・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変・・

でも、大丈夫です!

「ベランダ手すり・柵」の、工事や商品、費用のプランを、一括比較できて、安い!

ベランダ「手すり・柵」の後付け、交換・修理、塗装のプランを気軽に無料で簡単に一括比較できるのが「タウンライフ」です。

あなたの家の状況や、希望に合わせた、ベランダ工事の施行や商品、費用のプランを作ってもらうことができます。

ベランダ「手すり・柵」工事で失敗しない、アイデア・アドバイスが充実。

たしかに、リフォーム「費用見積り比較」サービスは他にもあります。

しかし、タウンライフなら具体的な商品・施工プランまで作ってもらえ、また、アイデアやアドバイスが充実している点で違います。

その結果、納得できる施工や価格につながりやすいのです。

私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりと資料や提案が届きました。

営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持って比較をすることができます。

ベランダ「手すり・柵」工事検討時の「 ’自分にあった’ 情報収集や比較検討の材料集め」に適しています。

3冠を獲得・112万人が利用。

タウンライフは、テレビCMを行っていないため広くは知られていません。

しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。

3冠の中には、「利用満足度」や「サイト利用者安心度」などがあり、安心できるサービスを利用したい方に向いています。

ベランダ「手すり・柵」の工事プランを作ってくれるのは、厳選されたプロの専門家。

ベランダの手すり・柵の工事プラン検討は、安心できる業者に任せたいもの。

タウンライフでは「厳格な国家基準をクリア」した信頼ある住宅会社のプロの専門家にプランを無料作成してもらえます。

全国約万の施工店の中から、リフォームは約300社、注文住宅は約600社が厳選登録しています。

たしかに、事前の登録に約3分が必要になってしまいます。

しかし、気軽に無料で利用でき、あなたの希望に合うベランダ「手すり・柵」の工事プランを作ってもらえるため、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


ベランダ「手すり・柵」後付け、修理・交換、塗装プラン作成よくある質問

「Q. 利用したら契約しないといけないのでは?」
契約の義務は全くありません。タウンライフはあくまで「一括資料請求サイト」で、契約を斡旋されたり迫られることもありません。

「Q. 本当は何かお金がかかるのでは?」
完全無料で利用できるサービスです。住宅会社の広告宣伝費で運営がなりたっているため、無料サービスが実現しています。仲介手数料なども一切かかりません。

「Q. 申込み後の流れはどうなるの?」
はじめに、入力内容の確認連絡があります。その後、希望条件に合わせた資料が届きます。じっくり比較して下さい。

「Q. 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。」
一切ありません。希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載すれば、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。

「Q. 現場写真データの添付は必要ですか? 」
無くて大丈夫です。登録時に任意で画像データ添付欄がありますが、もし後により話が具体的になった時で大丈夫です。

タウンライフは私も利用しています。

他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているため、私も安心しておすすめできます。

詳細はこちら>>>

 

 


以上で【重要点のまとめは終わり】です

以下は補足です。ここまでの内容と一部重複し、全体の読了目安は約10分間です。

ベランダ「手すり・柵」の費用・価格【以下、補足】

ベランダ「手すり・柵」各工事の費用・価格について、もう少し詳しくご紹介していきます。

後付け・取り付け

(画像提供:LIXIL)

交換ではなく、新規での取付けの場合は、計約5~18万円程度の費用がかかります。(幅3メートル程度の場合)

ベランダ手すり柵「後づけ・取付け」費用の内訳目安

① 柵・手すりの代金:約2~10万円

② 工賃: 約3~5万円

③ その他:約~3万円

:廃材処分費、運搬費、交通費などが含まれることがあります。

※ もし足場が必要になる時:+10~15万円

選ぶ商品で、費用は大きく変わります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

交換・修理

画像提供:LIXIL

今ある手すり・柵を取り外して、新しいものと交換する場合は、約12~27万円が目安です。

新設の場合と比べて、「工賃や廃材処分費」が増えてきます。

ベランダ手すり柵「交換」費用の内訳目安

内訳

① 柵・手すりの代金:約2~10万円

② 工賃: 約7~12万円

③ その他:約3~5万円

 

③の「その他」

:廃材処分費として、約2~3万円、運搬費として約5,000円~1万円、その他交通費などをみておく必要があります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

ベランダ手すり・柵の「修理」は火災保険適応で実質0円の場合も。

修理時に「火災保険」に加入している方の場合、修理が保険でカバーされて修理にかかる費用が実質0円になることが多々あります。

現在、火災保険への加入率は約8・9割程度と言われています。マイホームをお持ちの方の大半が火災保険に入っているため、あなたのご自宅も加入している可能性は高いです。

一見、被害が無いように見える家でも、築5年以上の一戸建ての約70%以上で、平均80万円の保険金が下りるそうです。(出典:住まいの被害サポート窓口

火災保険が適用されるかを知りたい方は、今すぐ相談する価値があります。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

塗装リフォーム

(画像提供:LIXIL)

ベランダ手すり・柵の「塗装」を行う場合、約8~15万円が目安です。

「スチール製の柵・手すり」が古くなったりサビたために対策したいという場合などに、錆止め系の塗料をベランダに塗布します。施工自体は比較的安価にできますし、見た目的にもよくなります

経年とともに再びサビや剥がれが起きることもあり、約5年ごとを目途にメンテナンスとして塗装しなければなりません。

プラン作成詳細はこちら>>>

 

ベランダ「手すり・柵」後付け、修理・交換、塗装のプラン無料作成は、利用実績も多くて安心

ベランダ「手すり・柵」工事のプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

専門家に、まずプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「ベランダ工事に少しでも興味がある方」なら、今すぐ利用しないと損なサービスです。

詳細はこちら>>>

 

 

ベランダ「手すり・柵」素材と価格・費用

「ベランダの手すり・柵にはどんなタイプがあるの?」

という点について、価格目安と合わせてご紹介します。

ベランダ「柵・手すり」素材種類による費用の違い

ベランダの手すり・柵は、素材や製品などにより異なってきます。

ベランダ手すり・柵「樹脂の場合」

(例)約2~5万円

(画像提供:LIXIL)

シンプルな格子状の手すりは、経済性に優れています。

ベランダ手すり・柵「天然木の場合」

(例)約4~8万円

ベランダ柵
(画像提供:LIXIL)

なおこのように目隠しになっているとプライバシーを守る効果もあり、また通気性とも両立することができます。

ベランダ手すり・柵「ステンレスの場合」

(例)約5~10万円

ベランダ柵
(画像提供:LIXIL)
ベランダ手すり・柵「ガラス張りの場合」

(例)約18~40万円

ベランダ柵
(画像提供:LIXIL)

パネルやガラス製のフェンスは、採光性に優れ、明るく保つことができます。

(画像提供:LIXIL)

また、このようにデザインが施されたベランダ柵などもあります。

ヨーロピアンスタイルのデザインは、ガーデニングの緑や花があるとより見栄えが良くなります

無料で、ベランダ「手すり・柵」工事のプラン一括比較ができます。

タウンライフでは「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルのベランダ手すり・柵施工プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなく簡単にプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的な内訳を含め分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずは自宅・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフは、ベランダ工事をまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

詳細はこちら>>>

 

 

ベランダ手すり柵の形状

ベランダ「柵・手すり」形状の違い

ベランダ・バルコニーの手すり・柵には、いくつかの形状があるので、形状ごとの注意点を把握しておきましょう。

ベランダ「笠木のみ」
(画像提供:三協アルミ)

笠木のみの場合は注意したいことが2つあります。

布団を干す時に少し大変です。汚れている事も多いですし、布団ばさみではさむのも大変です。

採光や通気に注意。完全に壁だけになると、環境によっては採光や通気に難が出る場合もあります。

笠木のみは逆に、見た目がスッキリするのがいい点です。次に紹介するトップレール付きよりも、外見が良いと思う人も多いでしょう。

このタイプのプラン作成へ>>>

 

ベランダ「手すり+トップレールつき」
(画像提供:三協アルミ)

トップレールがついていると、手すりのみの時と比べて、ふとんが干しやすくなります。

汚れ具合も軽減されることで、リラックスのために肘や身体をかけたりなどもしやすくなるでしょう。

一方で、トップレールが無い方が、見た目がスッキリして好きという人もいます。

このタイプのプラン作成へ>>>

 

ベランダ「格子状の手すり・柵」
(画像提供:三協アルミ)

手すり・柵のメリットは、風通しが向上する点がメリットです。カビの発生可能性が減るなどします。

ただし、壁が無いので、間から落ちたり、よじ登ったりなど小さい子供がいる場合は安全面を注意しましょう。

また、錆止め塗装をするなどして、サビに注意し、定期的にメンテナンスしましょう。

このタイプのプラン作成へ>>>

 

ベランダ「パネル・板材など」
(画像提供:LIXIL)

クリアパネルや、木調の素材は、外観が優れる点が大きなメリットです。家の外壁や屋根のデザインと合わせると素敵になります。

注意したい点としては、木材の場合に、何年もたちササクレなどができると、布団は干しづらくなります。

価格は高くなりますが、木目の樹脂製にすることで干しやすくなります。

このタイプのプラン作成へ>>>

 

ベランダ「手すり・柵」施行で「タウンライフ」が選ばれる理由

ベランダ工事の検討開始に、タウンライフが選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切なプランが届きやすいです!

③ 施工が前進する
希望のベランダ手すり・柵プランや費用を簡単に集められることで、施工の良いスタートがきれます!

ベランダ手すり・柵の工事はです。思い立ったが吉日ですよ。

ベランダ手すり・柵の工事プラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

ベランダ工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフを利用して良かったと感じております。

タウンライフは、ベランダ工事のアイデアが欲しい方にとって、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 

ベランダ「手すり・柵」施行時の注意点

「ベランダの手すり・柵の注意点は?」

という点についてご紹介します。

結論としては、安全対策や、耐久性の確認が必要です。

ベランダ手すり・柵「安全対策」は万全に。

ベランダ・バルコニーの柵や手すりの設置・交換では、安全対策を万全に行いましょう。

◆柵の幅
ベランダ柵
(画像提供:LIXIL)

・・・誤って落ちたり、物を落としたりする危険が減るように、 間隔が広すぎないデザインの柵を選びましょう。

 

◆高さ  ベランダの子ども

・・・ 大人も子どもも安全な高さの目安として床から110cm以上あるようにしましょう。

なお、子供はよじ登って身を乗り出すことがあるために、空き箱やエアコンの室外機などの足がかりとなるものを置かないようにしましょう。

ベランダ手すり
(画像提供:LIXIL)
大工の梁大工の梁

子どもが外を見られるように、見通しの良いデザインにするのも、落下防止策の一つです。

「安全対策」を重視したプラン作成へ>>>

 

ベランダ手すり・柵は「防水・耐久」を考慮。

ベランダ・バルコニーの柵や手すりは、風雨や紫外線にさらされるために、防水性・耐久性に優れたものを選びましょう。

例えば、好みの問題で、木材を選ぶ場合、木材種によっては耐久性が無かったり、防水処理が難しい場合もあります。

笠木
(画像提L供:LIXIL)

また、「笠木(かさぎ)」という手すりにあたる部分は、腐食してしまうと、雨漏りの大きな原因になってしまいます。

もし、家の躯体まで腐食すると、修理に100万円近くかかる場合もあるので、注意が必要です。

笠木の構造がしっかりした手すり・柵を選ぶと良いでしょう。

(参考記事)ベランダ雨漏り/防水修理費用は約3~100万円【まとめ】

 

◆ サビ対策

・・・素材によっては、老朽化やサビで崩落する危険性もあるために、定期的なメンテナンスを怠らないようにしましょう。

「防水・耐久性」を重視したプラン作成へ>>>

 

ベランダ手すり・柵「採光・通気」を考慮

(画像提供:LIXIL)

ベランダ・バルコニーの壁/フェンスに、透明な部分や風の通気が可能な部分がないと、暗くなったり、カビが生える原因となります。

半透明な壁や、通気口がある手すりや柵も検討していきましょう。

なお、より採光しやすく、ベランダにサンルーム増設という方法もあります。

 

「採光・通気」を重視したプラン作成へ>>>

 

ベランダ手すり・柵「外壁・屋根とのバランスある見た目」に

手すりのあるベランダ
(画像提供:LIXIL)

住まいの外観部分となるために、色の選択はしっかりとしましょう。サッシの色などと合わせて選ぶとよいでしょう。

なお、バルコニーは、ウッドデッキやタイルデッキと合わせても素敵になります。

(関連記事)ウッドデッキの費用・価格。リフォーム施行

(関連記事)タイルデッキの費用・価格。手入れが楽!

なお、ベランダには屋根があると、風雨や紫外線を防げて便利です。

(参考)ベランダ屋根の費用

 

「見た目」を重視したプラン作成へ>>>

 

ベランダ手すり・柵「快適性」の考慮を

ベランダの奥行きは120㎝以上あると何かと便利。

奥行き120センチ以上とると、一段と利用しやすく使い勝手が向上します。

多くのベランダは奥行が90cmほどで、洗濯物や布団が干しずらい、モノが置きずらいといったこともあると思います。

サイズが大きいとその分価格としては高くなってしまいますが、バランスを見て検討しましょう。

ベランダの夫婦

ジャスティンジャスティン

そうそう!夫婦での熱いキッスもしやすくなる。って、違うヨ!!

「快適性」を重視したプラン作成へ>>>

 

ベランダ手すり・柵「設置時の注意」

マンション・アパートは管理規約を十分に確認
アパートの手すり
(画像提供:LIXIL)

マンション・アパートのベランダは共有部となるために、タイルの敷き詰めなどを除いて、通常は自由にリフォームできません。

ただ条件によっては可能な場合もあるために、マンションの管理規約を十分に確認の上で、リフォームを検討しましょう。

ベランダ「手すり・柵」後付け交換・塗装の注意的も心配しないで!

注意点やデメリットが難しかったり、分からない場合などでも、プロのリフォーム業者に相談しましょう。

具体的なアドバイスを求めれば、解決の糸口が見えてくるものです。

ベランダ「手すり・柵」工事について

リフォーム業者イメージ

ベランダ「手すり・柵」後付け交換の工期は約2~3日程度

ベランダ・バルコニーへの柵や手すりの取り付けにかかる期間は約2~3日程度が一般的です。

日数が長ければその分、人件費としての工賃が高くなってきます。

大工の梁大工の梁

製品の種類やサイズによって工期もかわってくるので、あらかじめ業者に確認しておきましょう。

ベランダ「手すり・柵」後付け交換で装飾性が高い製品も

「ベランダ用小窓」や、ワンポイントのアクセントがある「装飾用面材」などもあります。 デザイン性にこだわりたい方は、どのような柵や手すりがあるか、リフォーム業者さんに聞いてみるとよいでしょう。

ベランダ「手すり・柵」のプラン作成へ>>>

 

 

ベランダ「手すり・柵」のメリット・目的

ベランダ

最後に・・

「ベランダの手すり・柵のメリット」

について、あらためてご紹介します。

ベランダ手すり・柵で「目隠し、機能性や住みやすさの向上」

ベランダ
(画像提供:LIXIL)
大工の梁大工の梁

目隠しなど、より暮らしやすくするために取り付け・交換をすることがあります。

また、増改築によってベランダをより広くしてより洗濯物を干しやすくしたり、利用しやすいように手すりを取り付けます。

また、外側を曇りガラスするなどのために、手すり・柵の取り付け・交換を行うこともあります。

ベランダ手すり・柵で「デザイン性の向上」

家はオシャレに見えた方がいいですよね。建物の正面のことをファザードと言います。

大工の梁大工の梁

ベランダ・バルコニーは、ファザードの中心的なアイテムとして家のデザインをシンボリックに飾ってくれます。

デザイン性が高いガラス張りにしたり、ウッドフェンスにしたり、ワンポイントのアクセントがある装飾用品を使ったり、いろいろ夢が膨らみますね!

 


なお、ベランダ自体を増築する方法もあります。

(参考)ベランダの後付け・拡張・増築の費用

 

(参考)カーポートバルコニー

 

ベランダ手すり・柵「落下防止」やメンテナンス

ベランダからの落下 スチール(鉄)製の柵・手すり は、雨などの影響によりサビが発生してしまい、崩落の危険が出てくることもあります。

大工の梁大工の梁

ベランダの古さを放置していてある日、もし万が一「寄りかかったら崩れて、2階から一緒に落ちてしまい、大怪我をしてしまった」なんてなってしまったら大変ですよね。

あなたがそうならなくても、お子さまやお孫さまなどのご家族の方がそうなってしまう場合もあります。

そのために約5年おきに塗り替えが必要になってきます。

大工の梁大工の梁

塗装費用が5年おきにかかると将来のメンテナンスコスト額が高くなってきますよね。だから、サビ止め塗装が必要なく7~10年おきに点検すればよいアルミ製など、他の素材の柵・手すりに交換する人も多いんです。

ベランダ「手すり・柵」後付け・交換修理・塗装(おわりに)

ベランダ・バルコニーは、風雨にさらされたり紫外線の影響をうけやすい場所。

老朽化やサビをそのままにしておくと、崩落の危険などもあるので、定期的にメンテナンスが必要です。

ベランダ・バルコニーの「手すり・柵・フェンス」は、高さやサビ防止にも配慮しながら、オシャレに取り付け・交換したいもの。

ベランダ手すり・柵の後付け交換・塗装の業者探しを、簡単に行うことができます!

ベランダの「手すり・柵」工事最大40%オフ

あなたの希望やこだわり、また予算に沿ったオリジナルのベランダ工事プランの作成」をプロに完全無料で依頼できます。

見積もりだけでなく、プラン・アイデア・アドバイスまで手間をかけずに無料一括比較できるのが、ウンライフです。

ベランダ工事をまだ決めていなくても、まずは情報収集・比較検討の材料集め」として利用でき、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

ベランダ手すりの以外の記事も、合わせて読んでみよう!

● 外構工事について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

● ベランダ・バルコニーについて知ろう!

ベランダ・バルコニー屋根取付け

ベランダ・バルコニーの増築・拡張・後付け

ベランダ・バルコニーの手すり

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!