トイレのリフォーム費用が安い業者の情報を知りたいですよね?

激安・格安と、とにかく安く費用を抑えたいものです。

結論として「トイレのリフォーム費用が安い業者1位」は、リノコです。

最大60%オフで、見積りは無料&匿名と、今すぐ利用する価値があります。

 


リフォームサイト5部門でNo1

リノコは、5部門で「リフォームサイトNo1」に輝く見積りサービスです。

5部門の中には、「価格の安心感」「価格のわかりやすさ」が含まれ、特に価格を重視される方は、今すぐ利用する価値があります。

 


この記事では、トイレのリフォーム費用が安い業者と、トイレのリフォームを激安・格安にする16の方法をご紹介します。

トイレのリフォーム費用が激安・格安。費用が安い業者は?

トイレのリフォーム費用が安い業者探し!全ては「複数業者の見積もり比較」に集約する。

トイレのリフォーム費用・価格を安くする方法には、トイレ商品を安くしたり、内装工事を安くしたり、適切な業者を選びなど、これからご紹介する複数の観点があります。

それら、工事を安くする全ての方法が「複数業者の見積比較」に集約されます

費用を安くするということは「費用項目の一つ一つ確認し、値段確認・費用調整」の総合的な結果です。確認・調整のためにも「複数業者の見積比較」が基本であり大前提です。

逆を言えば、「複数業者の見積比較」さえしっかり十分行えば、トイレ工事は安くなると言えます。

 

 

トイレ工事が安い業者

結論として、「トイレのリフォーム費用が安い業者1位」は、リノコです。

【完全無料】最大60%オフの一括比較「リノコ」

トイレリフォームは、複数業者の見積もり比較で価格を抑えることにつながります

トイレリフォーム見積り比較ができ、特に「最大60%オフ」にもなる、リノコです。

リフォームしたトイレは毎日のトイレ利用が快適になるので、安く抑えて早くかえないと、もったいないです。

 


トイレのリフォーム工事は見積もり比較で安く!

トイレのリフォームを安く行うならば、トイレリフォーム費用を一括比較できるリノコです。

希望の快適で便利なトイレリフォームを実現させるためにも、費用を抑えることは大切トイレ工費用を安くした具体事例もサイトで見れるので、今すぐチェックして損はありません

 


トイレ工事が同じ内容でも、業者によって見積り費用は大きく異なる。

トイレのリフォーム工事は、同じ工事内容でも業者によりかかる費用が異なります

業者により、提案される材料のグレード仕入れ値工事人件費などが異なり、同じ工事でも費用に差がでます。

 

トイレのリフォーム費用が安い業者探し「複数業者の見積もり比較」は、必須だが大変。

ただし、トイレの施工業者比較は、普通に行おうとすると膨大な手間が発生します。

【1】 業者候補リストアップ
【2】 安心な業者か評判口コミ調査
【3】 トイレ工事を行っているか候補各社への電話確認 などです。

トイレのリフォーム費用が安い業者探しは

トイレのリフォーム費用が安い業者探しは「リフォーム一括見積り」を使うのが、確実な方法。

トイレリフォームで優良なリフォーム会社を探すには「一括比較」が時間もかからず確実な方法です。

一括比較では、厳正な審査を通過したリフォーム業者のみ登録が認められていて、紳士的に対応してくれます。

一括比較の中でも、特に「最大60%オフ」にもなるのが、リノコです。

 

トイレのリフォーム費用が安い。激安格安「見積り比較」3方法

トイレリフォームでは「複数業者の見積もり比較」が一番重要ですが、その中で次の3方法は費用を抑えることにつながります。

① 予算感を予め伝える。
②  追加費用を把握し避ける。
③ 信頼を築いて値段を相談する。

予算感を予め伝える

まずは、当たり前のようなことですが、あらかじめ「予算感を伝える」ことは工事費用を安くする上で必要です。

中には「相場感が分からない」「リフォーム業者側がいくらで提案するかかまず見てみたい」などの理由で、予算を初め伝えない方もいらっしゃいます。

しかし、予算感が分からないとリフォーム業者側は提案プラン検討の足がかりがなく、的外れなプランになってしまいます

トイレ工事を安くするには、まずは希望の前提を共有することからスタート

例えば、本当は費用が30万円から25万円に下がる方法を探るべきなのに、リフォーム業者が50万円のプランばかりを一生懸命に考えていたら、双方の時間と機会の損失です。

トイレリフォームを予算内におさめるには、前提となるあなたのリフォームの予算と希望内容をまず伝えましょう

最大60%オフのトイレリフォーム一括見積もりへ>>>

 

追加変更を把握し避ける

トイレ工事で、リフォームの追加・変更は、費用が高くなりやすい

トイレをはじめ、リフォーム全般では「追加や変更」が発生すると通常よりも費用が高くついてしまう傾向があります。

工事内容に変更があると「使えない部材が出る」ことや「手配がやり直しになる」ことなど無駄が発生するためです。

トイレ工事で追加の可能性はあらかじめ聞く

まず「途中変更は高くなる」ことを念頭に入れると同時に、「追加工事の可能性」をあらかじめ聞いておきましょう

あらかじめ知らずに想像以上に高い金額が請求されると痛手なため、可能性を把握しておくだけで違います

信頼を築いて値段を相談

トイレ工事で安くしようと、強引な値下げ交渉は、工事の質を下げる原因に

「とにかく安く値切ぎろう」という意識は失敗の原因の一つです。

無理な値下げでは、業者側も安くするために取れる方法として、材量のグレードや、職人の質を下げることにつながりかねません

トイレ工事を安く!値段は「交渉」ではなく「相談」するスタンスが吉

「とにかく安くする」のではなく、「何をどのように安くでき可能性があるか、相談し教えをこう」姿勢を持つようにしましょう。

リフォーム業者と良い信頼関係を構築することが、費用を下げる方法が見つかり、納得価格の工事につながります。

 

トイレのリフォーム費用が安い。激安格安「業者選び」3方法

トイレリフォームの「複数業者の見積比較」では「どの業者にするか」選ぶ必要があります。選び方で次の方法は、費用を抑えることにつながります。

① 見積りが細かい業者を選ぶ。
② トイレに強い業者を選ぶ。
③ 自社施工の業者を選ぶ。

見積が細かい業者を選ぶ

トイレ工事「〇〇一式XX円」の大まかな見積もりは注意

リフォームで「XX工事一式〇〇円」という見積りが出てきたら注意が必要です。

まずその見積りでは、リフォーム内容に何が含まれるのかが確認できません

そのため、工事作業内容の範囲の認識共有ができずに、後で追加料金を請求されてトラブルになることもありえます。

トイレ工事見積りの根拠と内訳を聞く

リフォームでは、まず「項目が細かく詳しい見積り」を出してくる業者を選ぶことが費用を下げる近道です。

その上で、見積りで分からないことは内容を質問して根拠も聞きましょう

丁寧な見積もりを作り、説明もしっかりした業者は、費用を下げる場合も、どこがどう下げるのか合理的に考えてくれるでしょう。

最大60%オフのトイレリフォーム一括見積もりへ>>>

 

トイレに強い業者を選ぶ

リフォームでは、その分野の工事が得意で経験が多い業者を見つけることも大切です。

トイレ工事はリフォーム業者によって、仕入れ・調達のコストが異なる

得意で工事数をこなす分、トイレ機器やトイレ部品を大量ロットで仕入れていて、機器・部材代金が安く済むことにもつながります。

トイレ工事複数業者への見積もり依頼によって判断

各リフォーム業者も様々な分野のリフォームを行っているので、トイレリフォームに強いのかホームページでの判断などでは難しいことも多いです。

トイレ工事に強いかの判別に確実なのは、やはり複数のリフォーム業者に見積もり依頼を行い確認することです。

提案される見積りの違いや、現地調査・打合せでの話の内容から専門性が伝わってくるでしょう。

自社施工の業者を選ぶ

また、打合せの時に自社施工かどうか質問したり、見積りでのトイレ工事での職人1人1日あたりの単価を比較してみて下さい。

トイレ工事が自社施工業者であれば、余計なコストが発生しない

リフォーム工事を自社で行っている業者を選ぶことも費用を抑える上では重要です。

下請け業者を利用している場合は、やはりマージン分費用が高くなってきます。

トイレを利用している内に、故障の発生などもあるので、アフターサービス含めて自社で行っている業者だと費用面でも安心です。

トイレ工事を、信頼ある業者に依頼

トイレへのリフォームは、信頼できる業者に依頼したいですよね。

トイレの費用一括比較ができるリノコでは、全国約万の施工店の中から、厳しい加盟審査に通過した厳選800社から紹介されるので、効率的で安心です。

衛生的で使い勝手がいいトイレにできる優良業者は人気のため早めの依頼が必要です。

 

トイレのリフォーム費用が安い。激安格安「トイレ商品・工事」3方法

トイレ工事費用を下げる「複数業者の見積比較」では「トイレ商品・工事」の費用を下げることも大切なポイントで、主に次の方法が挙げられます。

① 費用目安を事前把握する。
② 製品グレードを落とす。
③ 機器を施主支給する。

費用目安を事前把握する

トイレ工事が安いか、リフォームの費用・相場をあらかじめ知っていると検討しやすい

トイレリフォームの見積比較は、事前に相場観の知識が少しでもあるとよりスムーズに行うことができます。

次の記事を参考にしてみて下さい。(本記事末に再度リンクを掲載します)

(参考)和式トイレを洋式にリフォームする費用

(参考)トイレのリフォーム費用

製品グレードを落とす

 

一般的には、工事費よりも、トイレの製品代に金額差が出ることが多いものです。

トイレ製品は、機能によって価格差が大きい

トイレ製品本体は、機能・オプションの差などにより、費用が約5~30万円程度と大きく費用が変わります。

例えば、タンクレストイレは、タンク式トイレより約10万円程度高い傾向にあります。

(参考)タンクレストイレの費用

 

トイレはウォシュレットや自動開閉など必要な機能を選ぶ

また、ウォシュレットや、自動開閉などオプションにこだわるほど高額になっていくので、必ず必要な機能は何かしっかりと選びましょう

なお、仮に安い機種を選んだとしても、今のトイレは見た目も機能も優れているので心配ありません

汲み取り式トイレは、予算に合わせて方法を変える。

汲み取り式トイレのリフォームは、トイレ水洗化(約100万円〜) > 簡易水洗トイレ(約15万円〜) > 簡易洋式トイレ(1万円未満〜) と、方法に応じて費用が変わりるので、適した方法の検討が必要です。

また、和式トイレの様式化もTOTOスワレットを選ぶと安くなります。

機器を施主支給する

トイレ商品を自分で購入し、リフォーム業者に渡す施主支給

トイレ本体を安くする方法の一つに施主支給があります。施主支給とは、リフォームする本人が商品を購入して、リフォーム業者に渡すことです

昨今では、インターネットを使えば、各トイレ商品の最安値を調べて自分で購入することが可能です。そうして買ったものを使ってもらうのです。

トイレリフォーム業者の購入はマージンが乗る

リフォー業者が購入する場合は、商品にマージンが乗せられるので少し高くなります。購入や保管、搬送の手間を考えると業者側としては当然のことになります。

これが、施主支給した方が安くなる理由です。

トイレリフォームの業者によって、可否が異なるのであらかじめ確認が必要

ただし、リフォーム業者によっては、施主支給を受付けてもらえない場合や、施主支給の場合は工事費が割高になる場合があります。リフォーム業者にとっても、利益が減ることのためです。

そのため、施主支給が可能か、工事費が変わらないかをあらかじめ確認しましょう

逆に費用が高くつく場合もあるので注意

なお、施主支給をする場合でも、商品を誤って購入すると費用が逆に高くついてしまいます。

自宅の便器、排水方向、トイレのスペース、水圧などについて十分確認して商品購入しましょう。

もし間違えることが少しでも心配な場合は、リフォーム業者に商品手配を任せた方が良いでしょう。

トイレ工事「リフォーム安心保証制度」があります。

リノコを介しての工事は、すべての工事に1年間の保証制度が適用されます。

さらに、機器は最長10年までの長期延長保証を選ぶことができ、工事への不無く安心してリフォームに臨むことができます

 

トイレのリフォーム費用が安い。激安格安「内装」3方法

トイレ製品に続いては、「内装」も安くしましょう。

① 内装にこだわりすぎない。
② 床はクッションフロアに。
③ 一部自分でDIYを試す。

内装にこだわりすぎない

なるべく理想のトイレに近づようとしつつも、予算的な落としどころが必要です。

トイレリフォームの範囲や優先順位をしっかりとつける。

トイレリフォームの内装の箇所には、床・壁・扉・手洗いなどが挙げられます。今回どこまでリフォームを行うのか、優先順位をあらかじめしっかりつけましょう

今使っているものをそのまま使えないか検討するのも一つの方法です。

(参考)トイレの壁紙・クロス選び! アクセントクロスも人気です)

床はクッションフロアに

トイレリフォームで、材料費や施工費が安いのがクッションフロア。

トイレの床もリフォームしたい時に安いのがクッションフロアです。水回りにもあい、材料費・施工費ともに安く済みます。

(参考)トイレ床リフォーム!床材・色・タイルおすすめ一覧

一部自分でDIYを試す

トイレの壁紙や、床材はDIYするのも一つの方法。

また、トイレ機器本体はなかなか難しいものですが、壁紙や床材であれば自分でリフォーム作業を行うのも一つの方法です。

トイレは空間的にも普通の部屋より狭いために作業も行いやすいです。

もちろん、DIYせずとも、壁紙・床材のリフォームは、リフォーム業者も割安なオプションとして行っていることも多く、任せて問題ありません。

(参考)トイレの壁紙・クロス張替え

トイレ工事費用比較をコンシェルジュに無料サポートしてもらえます。

コンシェルジュに電話で要望を伝えると、トイレリフォームに最適な業者探しなどサポートしてもらえるのがリノコです。

約30秒で登録することができます。

夜の場合は電話は翌日以降です。まず先に登録だけ済ませましょう。

まず見積りを集めることは、トイレを安く設置するためには必須です。

 

トイレのリフォーム費用が安い。激安格安「補助金・助成金」3方法

トイレ工事を安くするために上手に活用したいのが補助金・助成金です。主な方法として次が挙げられます。

① バリアフリー介護保険
② バリアフリー減税制度
③ 自治体の補助金

バリアフリー介護保険

「介護保険」でのバリアフリーリフォームは、最大20万円支給

自宅での障害者・高齢者の介護で、バリアフリーリフォームを介護保険を使って行うと、最大20万円支給してもらえる制度があります。

なお、工事費の1割は自己負担になります。

トイレリフォーム、まずは担当のケアマネージャーに相談を

自宅介護でリフォームを行いたい方は、まずはケアマネージャーさんに相談して下さい。手続きに必要な書類が資格保有者にしか作成できないためです。

バリアフリー減税制度

バリアフリーリフォームは、各種減税制度がある

また、同様にバリアフリーリフォームの時に減税制度もあります。

所得税の税額控除

控除額=工事費の額(最大200万円)かける10%

※ローン期間や自己資金支払いなどで還付期間が異なります。

ローン型減税(5年以上の住宅ローン)

工事に係る借入金の年末残高の2%の所得税を控除(5年間)

住宅ローン型減税(10年以上の住宅ローン)

工事に係る借入金の年末残高の1%の所得税を控除(10年間)

投資型減税

工事費用の10%をその年のみ所得税から控除(1年間)

※住宅ローン借り入れがなく、一定のバリアフリーリフォームを行った場合。

それぞれ詳しくは下記などを確認下さい。

国土交通省バリアフリー改修に関する特例措置

国税庁 バリアフリー改修工事をした場合

自治体の補助金

自治体によっては、リフォーム補助金を出している場合がある。

地域振興の観点で、自治体によっては、リフォーム補助金を出している場合があります。諸条件がある場合などもあるので、まずはお住まいの自治体に確認してみて下さい。

多くの人が利用するリフォーム見積もり

リフォーム一括見積りができるリノコは、2017年5月現在で、累計利用者数80万人突破とサイト上で公表されています。

多くの人が利用しているリフォーム一括見積で、簡易水洗トイレでの利用にも安心できます。

 

トイレのリフォーム費用が激安・格安。費用が安い業者(おわりに)

トイレ工事を安くする方法のまとめ

トイレ工事を安くする方法は次の通りです。

最も重要

複数業者の見積もり比較をする。

「見積もり比較」について

② 予算感をあらかじめ伝える ③ 追加変更を把握し避ける ④ 信頼を築いて値段を相談

「業者選び」について

⑤ 見積りが細かい業者を選ぶ ⑥ トイレに強い業者を選ぶ ⑦ 自社施工の業者を選ぶ

「トイレ商品・工事」について

⑧ 費用目安を事前に把握する ⑨ 製品グレードを落とす ⑩ 機器を施主支給する

「内装」について

⑪ 内装にこだわりすぎない ⑫ 床はクッションフロアに ⑬ 一部自分でDIYを試す

「補助金助成金」について

⑭ バリアフリー介護保険 ⑮ バリアフリー減税制度 ⑯ 自治体の補助金

トイレリフォームの見積もり比較は

【完全無料】最大60%オフの一括比較「リノコ」

トイレリフォームは、一括見積の利用で価格を抑えることにつながります

特に「最大60%オフ」にもなるのが、リノコです。

トイレリフォームで毎日のトイレ利用が快適になるので、安く抑えて早くかえないと、もったいないです。

 


合わせて読みたい

リフォームの費用・価格!値段料金・金額予算

 

リフォーム見積もり比較

 

(参考)汲み取り式トイレのリフォーム方法と費用

(参考)和式トイレを洋式にリフォームする費用

(参考)トイレのリフォーム費用