トイレのリフォーム費用が安い業者はどう探せばよいのでしょうか?

激安・格安などと、とにかく安く費用を抑えたいものです。

この記事では、トイレのリフォーム費用が安い業者を探す方法と、激安・格安にする方法をご紹介します。

トイレのリフォーム費用が安い業者を探す方法【重要点まとめ】

はじめに、この記事の最重要点1分でご紹介します。

トイレの工事が同じ内容でも、業者によって見積り費用は大きく異なる。

トイレのリフォーム工事は、同じ工事内容でも業者によりかかる費用が異なります

業者により、提案される材料のグレード仕入れ値工事人件費などが異なり、同じ工事でも費用に差がでます。

トイレのリフォーム費用が安い業者探しは、全て「複数業者の見積もり比較」に集約する。

トイレのリフォーム費用・価格を安くする方法には、トイレ商品を安くしたり、内装工事を安くしたり、適切な業者を選びなど複数の観点があります。

それら、工事を安くする全ての方法が「複数業者の見積比較」に集約されます

費用を安くするということは「費用項目の一つ一つ確認し、値段確認・費用調整」の総合的な結果です。確認・調整のためにも「複数業者の見積比較」が基本であり大前提です。

逆を言えば、「複数業者の見積比較」さえしっかり十分行えば、トイレ工事は安くなると言えます。

トイレのリフォーム費用が安い業者探し「見積もり比較」は、必須だが大変。

ただし、トイレの施工業者比較は、普通に行おうとすると膨大な手間が発生します。

【1】 業者候補リストアップ
【2】 安心な業者か評判口コミ調査
【3】 トイレ工事を行っているか候補各社への電話確認 などです。

でも、大丈夫!

トイレリフォーム業者は

トイレリフォームで、地域の専門業者を30秒ですぐに知る方法!

ここで、あなたがお住まいの地域で、トイレリフォーム専門業者の最有力候補を(登録なし・無料で)約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。

タウンライフリフォーム』という冠に輝く住宅サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある専門業者」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

タウンライフリフォームでは、どの業者も工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単30秒チェックの流れ

【0】『タウンライフリフォーム』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】プラン・見積もり作成スタート」を押す


【3】希望箇所「トイレ」を選択
【4】予算~100万円」選択
【5】(重要)他の入力項目を飛ばし画面の下の方まで行く

1~5を行い表示されるのが、あなたが住まいの地域のトイレリフォームに適した専門業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフリフォームを、今、約30秒ほどでご確認下さい。

\簡単30秒!優良施工業者を確認/

 

トイレリフォーム見積り

トイレリフォーム費用が最大40%オフの無料見積もり

『タウンライフリフォーム』では「トイレのリフォーム無料見積もり依頼」をすぐできます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、専門業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

①「リフォーム・商品プラン」

あなたが希望するトイレリフォームのプランを具体的に提案してもらえます。

②「費用・お見積り」

商品や工事の具体的な費用を比較することができます。

③「アイデア・アドバイス」

例えば、トイレの機能や内装など、あなたが気になる内容のアドバイスが充実しています。

まずは、あなたの希望に合う具体的なリフォームプランを知ることが大事です。

タウンライフリフォームでは複数の専門業者のプランを無料で一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて後々とても楽です。

まず無料見積もりだけでも、今すぐとれば、比較・検討のための便利な情報収集になりますよ!

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

トイレのリフォーム無料見積もりFAQ

よくある質問をご紹介します。

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・リフォーム会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフリフォームは、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じでトイレリフォームの無料見積もりをとってみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!時間を大幅節約/

 

トイレリフォームを激安格安に「業者選び」3方法

トイレリフォームの「複数業者の見積比較」では「どの業者にするか」選ぶ必要があります。選び方で次の方法は、費用を抑えることにつながります。

① トイレに強い業者を選ぶ。
② 自社施工の業者を選ぶ。
③ 見積りが細かい業者を選ぶ。

トイレに強い業者を選ぶ

リフォームでは、その分野の工事が得意で経験が多い業者を見つけることも大切です。

トイレ工事はリフォーム業者によって、仕入れ・調達のコストが異なる

得意で工事数をこなす分、トイレ機器やトイレ部品を大量ロットで仕入れていて、機器・部材代金が安く済むことにもつながります。

トイレ工事複数業者への見積もり依頼によって判断

各リフォーム業者も様々な分野のリフォームを行っているので、トイレリフォームに強いのかホームページでの判断などでは難しいことも多いです。

トイレ工事に強いかの判別に確実なのは、やはり複数のリフォーム業者に見積もり依頼を行い確認することです。

提案される見積りの違いや、現地調査・打合せでの話の内容から専門性が伝わってくるでしょう。

自社施工の業者を選ぶ

また、打合せの時に自社施工かどうか質問したり、見積りでのトイレ工事での職人1人1日あたりの単価を比較してみて下さい。

トイレ工事が自社施工業者であれば、余計なコストが発生しない

リフォーム工事を自社で行っている業者を選ぶことも費用を抑える上では重要です。

下請け業者を利用している場合は、やはりマージン分費用が高くなってきます。

トイレを利用している内に、故障の発生などもあるので、アフターサービス含めて自社で行っている業者だと費用面でも安心です。

見積が細かい業者を選ぶ

トイレ工事「〇〇一式XX円」の大まかな見積もりは注意

リフォームで「XX工事一式〇〇円」という見積りが出てきたら注意が必要です。

まずその見積りでは、リフォーム内容に何が含まれるのかが確認できません

そのため、工事作業内容の範囲の認識共有ができずに、後で追加料金を請求されてトラブルになることもありえます。

トイレ工事見積りの根拠と内訳を聞く

リフォームでは、まず「項目が細かく詳しい見積り」を出してくる業者を選ぶことが費用を下げる近道です。

その上で、見積りで分からないことは内容を質問して根拠も聞きましょう

丁寧な見積もりを作り、説明もしっかりした業者は、費用を下げる場合も、どこがどう下げるのか合理的に考えてくれるでしょう。

トイレのリフォーム無料見積もりは、利用実績も多くて安心

トイレ工事の無料見積もりができる『タウンライフリフォームシリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけてリフォームサービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門で、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く「トイレリフォームに少しでも興味がある方」ならば、タウンライフリフォーム今すぐ利用しないと損なサービスです。

\満足度1位!リフォーム3冠!/

 

トイレリフォームを激安格安に「比較」3方法

トイレリフォームでは「複数業者の見積もり比較」が一番重要ですが、その中で次の3方法は費用を抑えることにつながります。

① 予算感を予め伝える。
②  追加費用を把握し避ける。
③ 信頼を築いて値段を相談する。

予算感を予め伝える

まずは、当たり前のようなことですが、あらかじめ「予算感を伝える」ことは工事費用を安くする上で必要です。

中には「相場感が分からない」「リフォーム業者側がいくらで提案するかかまず見てみたい」などの理由で、予算を初め伝えない方もいらっしゃいます。

しかし、予算感が分からないとリフォーム業者側は提案プラン検討の足がかりがなく、的外れなプランになってしまいます

トイレ工事を安くするには、まずは希望の前提を共有することからスタート

例えば、本当は費用が30万円から25万円に下がる方法を探るべきなのに、リフォーム業者が50万円のプランばかりを一生懸命に考えていたら、双方の時間と機会の損失です。

トイレリフォームを予算内におさめるには、前提となるあなたのリフォームの予算と希望内容をまず伝えましょう

追加変更を把握し避ける

トイレ工事で、リフォームの追加・変更は、費用が高くなりやすい

トイレをはじめ、リフォーム全般では「追加や変更」が発生すると通常よりも費用が高くついてしまう傾向があります。

工事内容に変更があると「使えない部材が出る」ことや「手配がやり直しになる」ことなど無駄が発生するためです。

トイレ工事で追加の可能性はあらかじめ聞く

まず「途中変更は高くなる」ことを念頭に入れると同時に、「追加工事の可能性」をあらかじめ聞いておきましょう

あらかじめ知らずに想像以上に高い金額が請求されると痛手なため、可能性を把握しておくだけで違います

信頼を築いて値段を相談

トイレ工事で安くしようと、強引な値下げ交渉は、工事の質を下げる原因に

「とにかく安く値切ぎろう」という意識は失敗の原因の一つです。

無理な値下げでは、業者側も安くするために取れる方法として、材量のグレードや、職人の質を下げることにつながりかねません

トイレ工事を安く!値段は「交渉」ではなく「相談」するスタンスが吉

「とにかく安くする」のではなく、「何をどのように安くでき可能性があるか、相談し教えをこう」姿勢を持つようにしましょう。

リフォーム業者と良い信頼関係を構築することが、費用を下げる方法が見つかり、納得価格の工事につながります。

トイレリフォームの無料比較ができる「タウンライフリフォーム」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいくリフォームができました

リフォームを考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいたリフォーム会社さんが希望通りのリフォーム提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフリフォームを利用して良かったと感じております。

トイレのリフォーム無料見積もりは、今すぐ始めないともったいないです。

\口コミでも評判!/

 

トイレリフォームを激安格安に「トイレ商品・工事」3方法

トイレ工事費用を下げる「複数業者の見積比較」では「トイレ商品・工事」の費用を下げることも大切なポイントで、主に次の方法が挙げられます。

① 費用目安を事前把握する。
② 製品グレードを落とす。
③ 機器を施主支給する。

費用目安を事前把握する

トイレ工事が安いか、リフォームの費用・相場をあらかじめ知っていると検討しやすい

トイレリフォームの見積比較は、事前に相場観の知識が少しでもあるとよりスムーズに行うことができます。

次の記事を参考にしてみて下さい。(本記事末に再度リンクを掲載します)

(参考)和式トイレを洋式にリフォームする費用

(参考)トイレのリフォーム費用

製品グレードを落とす

 

一般的には、工事費よりも、トイレの製品代に金額差が出ることが多いものです。

トイレ製品は、機能によって価格差が大きい

トイレ製品本体は、機能・オプションの差などにより、費用が約5~30万円程度と大きく費用が変わります。

例えば、タンクレストイレは、タンク式トイレより約10万円程度高い傾向にあります。

(参考)タンクレストイレの費用

 

トイレはウォシュレットや自動開閉など必要な機能を選ぶ

また、ウォシュレットや、自動開閉などオプションにこだわるほど高額になっていくので、必ず必要な機能は何かしっかりと選びましょう

なお、仮に安い機種を選んだとしても、今のトイレは見た目も機能も優れているので心配ありません

汲み取り式トイレは、予算に合わせて方法を変える。

汲み取り式トイレのリフォームは、トイレ水洗化(約100万円〜) > 簡易水洗トイレ(約15万円〜) > 簡易洋式トイレ(1万円未満〜) と、方法に応じて費用が変わりるので、適した方法の検討が必要です。

また、和式トイレの様式化もTOTOスワレットを選ぶと安くなります。

機器を施主支給する

トイレ商品を自分で購入し、リフォーム業者に渡す施主支給

トイレ本体を安くする方法の一つに施主支給があります。施主支給とは、リフォームする本人が商品を購入して、リフォーム業者に渡すことです

昨今では、インターネットを使えば、各トイレ商品の最安値を調べて自分で購入することが可能です。そうして買ったものを使ってもらうのです。

トイレリフォーム業者の購入はマージンが乗る

リフォー業者が購入する場合は、商品にマージンが乗せられるので少し高くなります。購入や保管、搬送の手間を考えると業者側としては当然のことになります。

これが、施主支給した方が安くなる理由です。

トイレリフォームの業者によって、可否が異なるのであらかじめ確認が必要

ただし、リフォーム業者によっては、施主支給を受付けてもらえない場合や、施主支給の場合は工事費が割高になる場合があります。リフォーム業者にとっても、利益が減ることのためです。

そのため、施主支給が可能か、工事費が変わらないかをあらかじめ確認しましょう

逆に費用が高くつく場合もあるので注意

なお、施主支給をする場合でも、商品を誤って購入すると費用が逆に高くついてしまいます。

自宅の便器、排水方向、トイレのスペース、水圧などについて十分確認して商品購入しましょう。

もし間違えることが少しでも心配な場合は、リフォーム業者に商品手配を任せた方が良いでしょう。

トイレリフォームの無料見積もりで「タウンライフ」が選ばれる理由

トイレリフォームの無料見積もり比較で、タウンライフリフォームが選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の施行会社に個別に依頼する手間がかからず便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切なトイレ工事のプランが届きやすいです!

③ リフォームが前進する
希望のプランや費用を簡単に集められることで、工事検討の良いスタートがきれます!

トイレのリフォーム無料見積もりは、思い立ったが吉日ですよ。

\リフォームが一歩前進!/

 

トイレリフォームを激安格安に「内装」3方法

トイレ製品に続いては、「内装」も安くしましょう。

① 内装にこだわりすぎない。
② 床はクッションフロアに。
③ 一部自分でDIYを試す。

内装にこだわりすぎない

なるべく理想のトイレに近づようとしつつも、予算的な落としどころが必要です。

トイレリフォームの範囲や優先順位をしっかりとつける。

トイレリフォームの内装の箇所には、床・壁・扉・手洗いなどが挙げられます。今回どこまでリフォームを行うのか、優先順位をあらかじめしっかりつけましょう

今使っているものをそのまま使えないか検討するのも一つの方法です。

(参考)トイレの壁紙・クロス選び! アクセントクロスも人気です)

床はクッションフロアに

トイレリフォームで、材料費や施工費が安いのがクッションフロア。

トイレの床もリフォームしたい時に安いのがクッションフロアです。水回りにもあい、材料費・施工費ともに安く済みます。

(参考)トイレ床リフォーム!床材・色・タイルおすすめ一覧

一部自分でDIYを試す

トイレの壁紙や、床材はDIYするのも一つの方法。

また、トイレ機器本体はなかなか難しいものですが、壁紙や床材であれば自分でリフォーム作業を行うのも一つの方法です。

トイレは空間的にも普通の部屋より狭いために作業も行いやすいです。

もちろん、DIYせずとも、壁紙・床材のリフォームは、リフォーム業者も割安なオプションとして行っていることも多く、任せて問題ありません。

(参考)トイレの壁紙・クロス張替え

トイレリフォームの無料見積もりでプレゼントがもらえます。

タウンライフリフォームで、トイレ工事の「無料見積もり依頼」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、お早めに今すぐの見積もりをおすすめします。

\役立つプレゼント付!/

 

トイレリフォームを激安格安に「補助金・助成金」3方法

トイレ工事を安くするために上手に活用したいのが補助金・助成金です。主な方法として次が挙げられます。

① バリアフリー介護保険
② バリアフリー減税制度
③ 自治体の補助金

バリアフリー介護保険

「介護保険」でのバリアフリーリフォームは、最大20万円支給

自宅での障害者・高齢者の介護で、バリアフリーリフォームを介護保険を使って行うと、最大20万円支給してもらえる制度があります。

なお、工事費の1割は自己負担になります。

トイレリフォーム、まずは担当のケアマネージャーに相談を

自宅介護でリフォームを行いたい方は、まずはケアマネージャーさんに相談して下さい。手続きに必要な書類が資格保有者にしか作成できないためです。

バリアフリー減税制度

バリアフリーリフォームは、各種減税制度がある

また、同様にバリアフリーリフォームの時に減税制度もあります。

所得税の税額控除

控除額=工事費の額(最大200万円)かける10%

※ローン期間や自己資金支払いなどで還付期間が異なります。

ローン型減税(5年以上の住宅ローン)

工事に係る借入金の年末残高の2%の所得税を控除(5年間)

住宅ローン型減税(10年以上の住宅ローン)

工事に係る借入金の年末残高の1%の所得税を控除(10年間)

投資型減税

工事費用の10%をその年のみ所得税から控除(1年間)

※住宅ローン借り入れがなく、一定のバリアフリーリフォームを行った場合。

それぞれ詳しくは下記などを確認下さい。

国土交通省バリアフリー改修に関する特例措置

国税庁 バリアフリー改修工事をした場合

自治体の補助金

自治体によっては、リフォーム補助金を出している場合がある。

地域振興の観点で、自治体によっては、リフォーム補助金を出している場合があります。諸条件がある場合などもあるので、まずはお住まいの自治体に確認してみて下さい。

トイレのリフォーム費用が安い業者を探す方法(おわりに)

トイレ工事を安くする方法のまとめ

トイレ工事を安くする方法は次の通りです。

最も重要

複数業者の見積もり比較をする。

「見積もり比較」について

② 予算感をあらかじめ伝える ③ 追加変更を把握し避ける ④ 信頼を築いて値段を相談

「業者選び」について

⑤ 見積りが細かい業者を選ぶ ⑥ トイレに強い業者を選ぶ ⑦ 自社施工の業者を選ぶ

「トイレ商品・工事」について

⑧ 費用目安を事前に把握する ⑨ 製品グレードを落とす ⑩ 機器を施主支給する

「内装」について

⑪ 内装にこだわりすぎない ⑫ 床はクッションフロアに ⑬ 一部自分でDIYを試す

「補助金助成金」について

⑭ バリアフリー介護保険 ⑮ バリアフリー減税制度 ⑯ 自治体の補助金

トイレリフォームの業者探しを、無料・簡単3分の手間で行うことができます!

タウンライフリフォーム

「あなたのお住まいの地域」で、「玄関網戸」リフォームを、「あなたのご予算感」でできる国家基準を満たした業者が自動で絞り込まれて、それらに無料で一括でプラン・見積依頼できます。

相場が分からずに不当に高い工事となることを避けられ料金が最大40%オフになる場合もあります。

・押し売り営業も一切ありません。

 

 


合わせて読みたい

リフォーム見積もり比較

 

(参考)汲み取り式トイレのリフォーム方法と費用

(参考)和式トイレを洋式にリフォームする費用

(参考)トイレのリフォーム費用