浄化槽って何?よく分からない!」

家を建てる時や、購入する時に下水道が整備されていないと必要になるのが「浄化槽」です。

浄化槽って・・、価格・費用はいくら? 汲み取りや点検が必要? 仕組みや種類は? 交換の時は?下水道とどちらがいいの? 疑問はつきません。

新築時や、中古住宅の購入時、住宅会社などに言われるままに任せて大丈夫なのでしょうか?

この記事では、浄化槽とは何か、費用や下水道との比較を含めてご紹介します。ぜひ、じっくりご確認下さい。

↓ 浄化槽を「安く」するにはこれが一番!

↑ クリックしてみて下さい。

 

浄化槽の費用・価格。一戸建て【重要点・1分まとめ】

1分間で【この記事のまとめ】として次の3つをご紹介します。

「浄化槽って何?」

「浄化槽で必要なお金は?」

「下水道とどちらがいい?」

ここを読めば浄化槽について分かります。

浄化槽について

浄化槽は、下水道が整備されていない地域で使う、生活排水を綺麗にする「槽」のこと。

浄化槽は、生活で出た汚れた水を綺麗にして放流するための槽です。

もし、下水道が整備されている地域では不要です。しかし、全国の約20%の家庭ではまだ下水道が普及していなく、浄化槽が必要になります。

浄化槽では、トイレやお風呂などで出た汚れた水を、微生物が食べて分解して綺麗にしてくれるのです。

浄化槽費用と維持費

浄化槽の費用は、設置が約100万円前後。管理費が年間約5万円前後。(一戸建て)

浄化槽を新たに設置する費用はその大きさで変わりますが、一戸建て用なら約90~110万円程度です。

維持費としては年間に約5万円強がかかります。(年に、保守点検が約3回×約1万円、清掃が約1回×約2~4万円、定期点検が約1回×約5千円などです。)

また、もし浄化槽を「撤去」する場合の費用は、清掃も含め約10万円です。埋め戻しもする場合は+約6~7万円がかかります。

\安くするにはコチラを確認!/

 

下水道との比較

浄化槽は、初期費用は高いが、維持費用が安い

浄化槽のデメリットは、上で紹介した通り「設置のための初期費用が高い」ことです。

一方、浄化槽は下水道と比較した時「月々の維持費用が安い」ことがメリットです。

同じ水の使用量でも、浄化槽の方が、月の水道代が例えば約5,000円位安くなる場合もあります。

下水道を利用する場合には、下水道代が、月々の水道代の約1.5~2.5倍などかかってくるのです。(※地域によります)

浄化槽の利用地域で、下水道が整備された場合は、3年以内に接続することになっている事を覚えておく。

下水道法では、浄化槽を利用していても、もし将来的に下水道が整備された場合は、下水道に接続する事が義務付けられているので覚えておきましょう。

ただし、下水道接続は、個人への費用負担が発生するため、指導が出来ていないのが実情のようです。

下水道に接続できる場所での「新築」なのであれば、下水道利用が良い。

その土地によって、新築時に「浄化槽か、下水道接続を選べる」ケースも一部ありますが、新築なら、下水道に接続させておいた方が良いでしょう。

上記の通り、下水道があるなら、本来、下水道に接続しないといけないためです。

浄化槽工事・下水道接続

浄化槽工事や下水道接続の「複数業者比較」は最重要

トイレリフォーム格安・激安を目指して価格を下げるには、施工業者のリフォーム見積もり比較は一番重要、かつ基本となる大前提です。

業者により、提案される材料のグレード仕入れ値、職人費用などが異なり、同じ工事でも費用に差がでます。

業者には、まず始めは次の2つを伝えて一度検討を任せれば大丈夫です。

① 浄化槽工事したいこと(や、下水道接続したいこと)

② あなたの予算目安

いろいろなプランを集めることで、よい検討材料になり見る目も養われます。

浄化槽工事・下水道接続の比較は必須。でも、大変です。

浄化槽工事・下水道接続の業者比較は、普通に行おうとすると膨大な手間が発生します。

【1】 業者候補リストアップ
【2】 安心な業者か評判口コミ調査
【3】 トイレ工事を行っているか候補各社への電話確認 などです。

浄化槽工事・下水道接続「一括比較」なら手間がかからない。

トイレ工事で優良なリフォーム会社を探すには「一括比較」が時間もかからず確実な方法です。

一括比較では、厳正な審査を通過したリフォーム業者のみ登録が認められていて、紳士的に対応してくれます。

【完全無料】最大60%オフの一括比較「リノコ」

浄化槽工事・下水道接続は、一括比較見積りの利用で価格を抑えることにつながります

特にトイレ工事が「最大60%オフ」にもなるのが、リノコです。

費用を安く抑えることにつながり、無料&匿名で気軽に利用できるため、今すぐ利用する価値があります。

\簡単10秒!最大5社比較/

 

 


リフォームサイト5部門でNo1

リノコは、5部門で「リフォームサイトNo1」に輝く見積りサービスです。

5部門の中には、「価格の安心感」「価格のわかりやすさ」が含まれ、特に価格を重視される方は、今すぐ利用しないと損です。

浄化槽工事・下水道接続を、信頼ある業者に依頼

トイレ工事・リフォームは、信頼できる業者に依頼したいですよね。

浄化槽工事・下水道接続の費用一括比較ができるリノコでは、全国約万の施工店の中から、厳しい加盟審査に通過した厳選800社から紹介されるので、効率的で安心です。

工事の腕がいい優良業者は人気のため早めの依頼が必要です。

\簡単10秒!最大5社比較/

 

 


ここまでで、【重要点まとめ】は終了です。

以下は、ここまで紹介した内容と一部重複も含む詳細で、読了想定は約7分間です。

浄化槽とは【以下、補足】

「浄化槽って何?」

「浄化槽の仕組みは?」

「浄化槽の種類は?」

という点について、あらためてご紹介します。

浄化槽とは、生活で出た汚れた水を綺麗にする「槽」のことです。

浄化槽は、生活で出る汚れた水を、綺麗にしてから流すための「槽」のことです。

たとえば、お風呂で身体を洗った後の水や、トイレに流した汚物などは、綺麗にしてから流します。

汲み取り式トイレから水洗トイレにする場合などに浄化槽を利用する場合があります。

浄化槽とは、下水管が通っていない地域で利用します。

浄化槽は、下水道がまだ来ていない地域で利用します。

もし「下水道」が来ている地域であれば、浄化槽は必要なく、下水道への接続が必要になります。

もし、注文住宅を建てる時などでどちらか分からなければ、不動産業者や売主に確認してみると良いでしょう。

下水道の普及率は、全国で78.8%(平成29年度末)。

下水道が来ていない家庭は、全国でまだ約20%以上あります。

都市部にいると下水道があって当たり前のような感じになりますが、山間部や、住宅が密集していない地域では下水道が通っていません。

平成29年度末における「下水道処理人口普及率」は、まだ約78.8%です。出典

浄化槽の仕組み

浄化槽の中で、微生物が汚水を分解して綺麗にしてくれる仕組みになっている。

浄化槽では、中にいる微生物が汚物を食べて、綺麗にしてくれています。

生活汚水の中の汚物にも、固形物と水に溶けたものがあります。固形物は沈殿させ、水にとけたものは微生物に食べさせるのです。

浄化槽の中をいくつかの部屋に分け、複数段階にわたって微生物に食べてもらい、その微生物も沈殿させ、水を綺麗にしてから放流するのです。

浄化槽の種類

「単独処理浄化槽」:トイレからの汚水だけを処理 ※現在では新設禁止。

昔は、トイレの汚水だけを処理する「単独処理浄化槽」が多く利用されていました。

しかし、現在では、次に紹介する「合併処理浄化槽」しか使用できなくなっています。

「合併処理浄化槽」:トイレ以外も含めた生活排水を全て処理。

トイレの他、お風呂・台所など生活で出た排水を全て処理するのが「合併処理浄化槽」です。

法改正によって、現在ではこの「合併処理浄化槽」の設置が必要です。

浄化槽は、耐用年数が約30〜40年と、結構長持ち。

浄化槽は、清掃や点検などメンテナンスをしっかり行えば、長持ちします。

耐用年数は約30~40年として作られています。実際には50年以上利用されているケースも多いことでしょう。

浄化槽工事をコンシェルジュに無料サポートしてもらえます。

コンシェルジュに電話で要望を伝えると、浄化槽工事に最適な業者探しなどサポートしてもらえるのがリノコです。

約30秒で登録することができます。

夜の場合は電話は翌日以降です。まず先に登録だけ済ませましょう。

まず見積りを集めることは、浄化槽で安く工事するためには必須です。

\簡単10秒!最大5社比較/

 

 

浄化槽の設置費用

「浄化槽の費用は?」

「浄化槽を安く設置するには?」

という点について、ご紹介します。

費用がかわる浄化槽の「大きさ」は、住宅の延べ面積で変わる。

浄化槽にはサイズがあり、住宅の延べ面積で必要なサイズが変わります。

・延べ面積130㎡(約40坪)以下の住宅:5人槽

・延べ面積130㎡(約40坪)以上の住宅:7人槽

・2世帯住宅(台所と浴室が2箇所以上):10人槽

※「建築物の用途別による屎尿浄化槽の処理 対象人員算定基準」(JIS A 3302-2000)で定められているのです。

もし、アパートや大きな施設の場合は、もっと大きな浄化槽を設置します。

浄化槽の費用は、5人槽で約90万円、7人槽で約100万円。

浄化槽設置のだいだいの費用は、5人槽で約90万円、7人槽で約100万円です。

もし、トイレ全体の工事の場合、トイレのリフォーム費用は別費用になるため注意しましょう。

浄化槽の費用の内訳は、こんな感じです。

浄化槽は、商品・サイズによってはより高額だったり、業者によっては工事費が高くなったりします。

費用の内訳は、例えばこのような感じです。詳しく知っておきたい方はご参考下さい。

・浄化槽 本体費用:約15~50万円
・浄化槽 設置費用:約40~70万円
・浄化槽 申請補助費:約5~6万円
・既存の便槽取壊し・撤去:約5~10万円
・配管工事費: 約10~20万円
・排水枡工事: 約5~6万円
・廃棄物処理費:約3万円
・諸経費:約7~10万円

浄化槽設置の費用では、補助金が出る自治体が多い。

浄化槽設置に費用補助がある自治体が多いです。特に水洗化が進んでいない自治体はおおよそ補助金制度があります。

大きさなどに合わせて約30~60万円程度の補助金が支給されます。

工事の依頼先の業者などにあらかじめ相談を行い、工事前に申請をする必要があります。

浄化槽の費用は、業者さんによっても変わるため、見積り比較をしよう。

「浄化槽」一つにとっても、メーカー・問屋・建築業者・工事業者と流れが異なれば、本体価格もマージンも異なり、価格も変わってきます。

さらに、施行業者によって工事の職人費用も変わってきます。

少しでも安く、また安心な工事を行うためにも、複数業者の見積り比較は必須です。

トイレリフォーム最大60%OFFのリノコなら、匿名&無料で気軽に見積もり利用できるために、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>

 

 

浄化槽の管理費用

「浄化槽の管理費用は?」

「浄化槽には点検が必要?」

「浄化槽の汲み取りは?」

という点について、ご紹介します。

浄化槽の管理は、法律で義務付けられています。

浄化槽は、しっかり管理すべきことが「浄化槽法」で国に義務付けられています。

充分に管理しないと、浄化槽内が不衛生になってしまい、トラブルにつながってしまうのです。

4カ月に1回以上の保守点検、年に1回の定期点検、電源を切らないこと、などのルールを守る必要があります。

浄化槽の管理費用は、年間に約5万円前後(約4~8万円)が一目安。

浄化槽の管理にかかる費用は、年間で約5万円前後が一目安です。

その内訳である「点検」と「清掃」についてにご紹介します。

浄化槽の点検費用

浄化槽の保守点検費用は、1回1万円強くらいで、年に3回くらい。

浄化槽の保守点検は、4カ月に1回以上を目安に行います。(浄化槽のサイズなどによります)

費用としては、1回約1万円~1.5万円が一目安となります。

保守点検では、浄化槽の中の微生物が生きているかや、ゴミが溜まっていないかなどを確認します。

浄化槽の定期点検費用は、1回〜5千円くらいで、年に1回。

浄化槽の定期点検は、年に1回行います。

費用は、自治体や浄化槽の種類などによって変わりますが、2,000~5,000円程度です。

国が指定した機関からの案内が届くために、そこから申し込みをおこなって下さい。

浄化槽の汲み取り費用

浄化槽の汲み取り費用は、一戸建ての場合1回約2~4万円くらいで、年に1回くらい。

浄化槽の清掃は、目安としては年に1回程度行います。(汚れの状況などによります)

清掃(≒汲み取り・バキューム)では、微生物が分解しきれないゴミ(ティッシュなど)の回収を行います。

費用は、1戸建ての場合は約2~4万円程度が一目安です。もし清掃しないと浄化槽が壊れ、多額の修理費用がかかりかねないため、清掃は定期的に行うことが必要です。

浄化槽の管理・清掃業者は、定められているために、安くなりにくい

なお、浄化槽の点検や清掃を行える業者は、国で定められています。

そのため、競争環境が生まれにくく、値下げ交渉もなかなか難しいもの。

それでももし価格が割高になってしまうともったいないですし、2-3の業者に費用確認をしてみると良いでしょう。

浄化槽工事「リフォーム安心保証制度」があります。

リノコを介しての工事は、すべての工事に1年間の保証制度が適用されます。

さらに、機器は最長10年までの長期延長保証を選ぶことができ、工事への不無く安心してリフォームに臨むことができます

\簡単10秒!最大5社比較/

 

 

浄化槽と下水道はどちらがいい?

「浄化槽と下水道はどっちがいいの?」

という点について、ご紹介します。

例えば、新築を検討していて、候補地が「浄化槽」と「下水道」で分かれている場合、どう違う?

新築を検討している時などに「浄化槽の土地と下水道の土地で迷う場合」や「浄化槽と下水道からの選択を求められる」があります。

また、「それぞれのメリット・デメリットを知りたい!」という方もいるでしょう。

下水道の長所と短所

下水道のメリットは「衛生面」と、「初期費用の安さ」。

下水道の場合は、まず初期費用が安いです。

もし浄化槽を設置する場合はここまで紹介した通り約100万円近くかかってしまいます。しかし、下水道への接続であればそこまで費用はかかりません。

また、浄化槽も衛生に使えるものの、浄化槽は汚物が溜まるとハエやゴキブリなど害虫が発生してしまう場合があります。

下水道のデメリットは「維持費が高いこと」。

一方、下水道のデメリットは、月々の料金が高い傾向にあることです。

下水道代(下水道受益者負担金)がかかってきて、同じ使用量でも月の水道代が浄化槽の場合より5,000円近く高くなることもあります。

下水道代は自治体によりますが、水道料金の約1.5〜2.5倍などかかるのです。

各地方自治体では、財政難のために下水道料金が上昇傾向にある。

なお、地域の財政不足により、全国的に下水道代は上昇傾向にあります。

例えば、埼玉県内では2016年からの約2年間で、平均約2~4割値上がりしたそうです。(日経新聞)

日本中の各自治体が、財務基盤の強化や、設備の老朽化への対応で値上げしています。

また、これから子どもが成長する家庭は、下水道使用料が増えていくため注意。

もし子どもがまだ小さいご家庭では、子どもが大きくなるほど・また、子どもの人数が増えるほど、水道代は増えていきます。

特に、下水道を使う家庭の場合は、その水道代の増額は大きく感じることでしょう。

その点もあらかじめ認識しておく必要があります。

浄化槽の長所と短所

浄化槽のメリットは「維持費用が安いこと」。

浄化槽のメリットは、月々の維持費用が安いことです。

具体的には、水道代です。上述の通り、下水道接続の場合は下水道代分で、月の水道代が例えば5,000円位高くなる場合もあるため、浄化槽の方が安くすみます。

たしかに、浄化槽でも、点検や清掃が必要ですが、トータルでも浄化槽の方が安い場合が多いです。

浄化槽のデメリットは、初期費用が高いこと。

浄化槽のデメリットは、ここまでご紹介の通り、初期費用として約100万円近くかかることです。

それでも、もし下水道が来ていないのであれば、浄化槽を使うしかありませんから見積もり比較を通じて安く浄化槽設置をしましょう。

また、もし公共下水が来た場合に、3年以内に改修の義務がある。

また浄化槽は、もし公共下水がきた場合に、3年以内の改修(下水への接続)義務があります。

個人への費用負担があることのため、行政側の指導ができていないのも実態のようですが、ルールとしては改修が必要です。

下水道工事・浄化槽工事を安くするためには、見積り比較は必須。

下水道への接続工事でも、浄化槽の設置工事でも、できるだけ安く工事したいですよね!

トイレ工事を安くするためには「見積もり比較」が一番大切な方法です。

各施工業者ごとに、職人費用や、商品の仕入れ代、管理費用などが異なってくるためです。

トイレ工事最大60%OFFのリノコなら、匿名&無料で気軽に見積もり利用できるために、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>

 

 

浄化槽の撤去費用

「浄化槽の撤去費用は?」

「浄化槽の入れ替え費用は?」

という点について、ご紹介します。

浄化槽を撤去するのは、家の解体工事や下水道への切り替えの時など。

土地を更地にする時、浄化槽から下水道に切り替える時などには、浄化槽を撤去する必要が出てきます。

将来的な浄化槽の撤去時について知りたい方もいる事でしょう。

浄化槽を「①撤去する費用」は、約3~7万円程度。

まず、浄化槽を撤去する費用は、一般家庭用であれば約3~7万円程度が一目安です。

ただし、埋没させている土地の状況や、業者によっても変わってきます。

また、浄化槽を「②清掃する費用」が、約2~4万円程度。

また、浄化槽を撤去する時に必要な、清掃の費用は約2~4万円が一目安です。

普段利用している浄化槽の清掃業者などに中を洗浄してもらった上で撤去する必要があります。

この、①の撤去と②の清掃で、計5~10万円程度が一目安となります。

また、浄化槽があった場所を「③埋め戻す場合」は、+約6~7万円程度。

また、もう浄化槽が不要で、浄化槽があった場所を土などで埋め戻す場合には、別途、費用6~7万円が一目安です。

下水道に切り替える場合などは、必要に応じて浄化槽が元あった場所を埋め戻します。

浄化槽の撤去時は「届け出」が必要なために注意。

なお、浄化槽は、国(自治体)が設置状況を把握しているため、撤去時は届け出が必要です。

都道府県や自治体のHPにある「浄化槽使用廃止届出書」を、浄化槽廃止後30日以内に提出が必要になります。

更地工事で、浄化槽を放置すると、不法投棄で罰せられる場合もあるために注意。

例えば、相続した土地の更地工事を行う場合など、浄化槽を地中に放置すると不法投棄になってしまいます。

そのため、必ず浄化槽は撤去するようにしましょう。

浄化槽の撤去費用を安くするためには、見積り比較が必須。

浄化槽の撤去費用を少しでも安くするためには「見積り比較」は必須です。

業者によって、作業の職人費用や、管理費用などがことなってきます。

トイレ工事最大60%OFFのリノコなら、匿名&無料で気軽に見積もり利用できるために、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>

 

 

浄化槽の入れ替え費用

浄化槽を入れ替えるのは、古い単独処理浄化槽から、合併処理浄化槽に変える時など。

浄化槽を、古いものから新しいものに替えたい時などは「入れ替え」を行う時もあるでしょう。

特に、現在では新設する場合、トイレ以外にお風呂や台所などから出る生活排水も処理する「合併処理浄化槽」の利用が義務付けられていて、汚水の処理能力も大幅に向上します。

浄化槽の入れ替え費用は、ざっくり約110万円。(撤去約10万円+新設約100万円)

浄化槽の入れ替え費用目安は、約110万円です。

既存浄化槽の撤去に約10万円、あらたしい浄化槽の設置に約100万円です。浄化槽の大きさによっても若干変わります。

「単独処理浄化槽」から「合併処理浄化槽」への切り替えは、補助金もある。

ここで嬉しい事に「合併処理浄化槽」への切り替えは、自治体からの補助金が出る場合が多いです。

大きさや種類によっても異なりますが、例えば約30~60万円などです。

補助金も出るため、まずは、実際に費用プランなどを知っておいて損はありません。

浄化槽の入れ替え費用を安くするためには、見積り比較が必須。

浄化槽の入れ替え費用を安くするためには「見積もり比較」が必須です。

施行業者によって、浄化槽の仕入れ値や卸値は異なり、また、職人費用や浄化槽工事の経験値も異なります。

トイレ工事最大60%OFFのリノコなら、匿名&無料で気軽に見積もり利用できるために、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>

 

 

浄化槽その他補足

「浄化槽を使う時の注意点は?」

という点について、一部ご紹介します。

浄化槽を使う時は、紙おむつや生理用品を流さないようにしよう。

浄化槽がつまったり、故障につながるような物は流さないようにしましょう。

例えば、赤ちゃんのおむつ、生理用品や、食べ残し・生ごみなどです。

浄化槽は負担が大きいと、故障してしまったり、悪臭の原因となったり、流れる水が汚れてしまうため注意して下さい。

浄化槽を使っている間は、電源を切ってはいけない。

浄化槽は電源を入れ空気を送ることで、中の微生物が生き続けることができます。

電源を切ると微生物が死んでしまい、浄化槽としての役割ができなくなってしまうために注意しましょう。

浄化槽の費用・価格(おわりに)

浄化槽は、下水道が整備されていない地域で使う、生活排水を綺麗にする「槽」のことです。

浄化槽の費用は、設置が約100万円前後。管理費が年間約5万円前後(一戸建て)です。

浄化槽は、初期費用は高いものの、維持費用が安いことが特徴です。

浄化槽の設置・交換・撤去や、下水道工事は、見積もり比較で安く工事を行いましょう。

トイレ工事最大60%OFFのリノコなら、匿名&無料で気軽に見積もり利用できるために、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>

 

 

浄化槽工事や下水道接続の費用を安く!

トイレの工事を安く行うならば、トイレリフォーム費用を一括比較できるリノコです。

専門のコンシェルジュがサポートしてくれるので、安心してリフォーム検討できます。

無料&匿名のために、今すぐ利用する価値があります。

\簡単10秒!最大5社比較/

 

 


参考外部リンク
環境省「浄化槽サイト」
「浄化槽ってなに?」全国浄化槽団体連合会
「浄化槽の仕組み」浄化槽システム協会