「盛土」(土盛り/盛り土)費用値段、1㎡や1㎥などでの単価はいくらなのでしょうか?

できることなら、費用を抑えて工事したいものですよね。

盛土の費用には「目安」が存在します。また、価格を抑えるために必要なこともあります。

ただし、土地の状況などによっても費用・値段が変わってくるために注意が必要です。

この記事では、盛土の費用・単価・値段についてご紹介します。ぜひしっかりポイントを押さえて下さい。

盛土の費用・単価・値段【重要点・1分まとめ】

盛土の費用について、この記事で紹介しているエッセンスを濃縮した内容1分でご紹介します。

費用・単価・値段は?

「盛土」単体で考えると、1㎥あたり約6500円前後が一目安です。

盛土工事の費用目安は、約6,200〜7,000円/㎥です。※令和元年現在

都道府県別での「土盛費」目安を国税庁がこのように発表しているのです。

ここでの「土盛費」は、『他から土砂を搬入して土盛りを必要とする場合の、土盛り体積1㎥あたりの費用』と定義づけられています。

ただし、「盛土」に関連する工事をどこまで行うかで、費用は全く変わってきます。

ここで実際には、盛土工事を行うにあたり、他の関連する工事が必要になってくる事が多いです。

森林伐採、整地、地盤改良、擁壁工事、残土処分などがある他、地域や傾斜角度、広さ、測量費の有無などによっても費用は変わってきます。

そのため、結論として、あなたが実際に地域の業者に相見積もりをとって具体的に確認する必要があります。

見積もりの比較と交渉が、価格を抑える上で最も重要な点です。

盛土費用の見積もり

盛土費用の見積もりを、プロの外構業者に依頼するには

盛土を検討するには、専門業者に外構工事の見積もりをする必要があります。

しかし、1社しか見積もりを取らないと困る場合があります。

1社しか見積もりを取らないと困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には、高額請求する悪徳業者も・・)
● 盛土のプランが十分に確認できない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

外構工事を安くする方法・コツは、3社以上の見積もり比較をすることです。外構業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしたくありませんよね。

盛土費用の相見積り業者探しも大変

でも、相見積りにも、意外に大変な面もあります。

複数社に相見積りを取る時に大変な面
● 相見積もりを取る外構業者を自分で何社も探すのは大変・・・
● 複数の会社に対して、何度も同じ説明を行うことが大変・・・
● 断る時に、少し気持ち的に断りづらい・・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変ですよね。

でも、大丈夫!

盛土工事の地域の専門業者を2分で簡単にチェックする方法

ここで、あなたがお住まいの地域で、盛土工事に適した専門業者の最有力候補を(登録なしで)約2分で簡単チェックする便利な方法があります。

タウンライフリフォーム外構特集』という冠に輝く住宅サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある専門業者」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

タウンライフリフォーム外構特集では、どの業者も工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単2分チェックの流れ
【0】『タウンライフリフォーム外構特集』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】外構プランの作成」を押す

【3】希望箇所外構」選択
【3】必要事項」を簡易に入力
【4】会社選択ページに進む」を押す

~5を順に行い表示されるのが、あなたが住まいの地域の盛土工事に適した専門業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフリフォーム外構特集を、今、約2分ほどでご確認下さい。

\簡単2分!優良施工業者を確認/

 

 


盛土の費用が最大40%オフ

『タウンライフリフォーム外構特集』では、「盛土の無料プラン作成依頼」をすぐできます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的なレベルで分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「工事プラン」

地域や広さ・傾斜などの土地の状況、あなたの条件に合う施工プランを提案してもらえます。

②「費用・お見積り」

あなたが希望する内容に合う具体的な費用プランが分かります。

③「アイデア・アドバイス」

地盤改良や、擁壁工事の必要性などの各種アイデア・アドバイスをもらえます。

まずはあなたの希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフリフォーム外構特集は、複数の専門業者のプランを無料で一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて後々とても楽です。

まず無料見積もりだけでも、今すぐとれば、比較・検討のための便利な情報収集になりますよ!

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

 


盛土工事無料プラン作成 FAQ

よくある質問をご紹介します。

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフ外構は、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じで盛土を無料で検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!安心度1位/

 

盛土の費用・単価・値段【以下、詳細】

盛土の費用・単価・値段について、詳しくご紹介していきます。

盛土のみ都道府県別費用

’盛土’単体での費用目安は、国税局HPに記載がある。

盛土の費用目安は、国税局のサイト内に記載があります。

都道府県ごとに価格差がありますが、おおよそ6,200〜7,000円/㎥前後です。※令和元年分

財産評価基準内、「宅地造成費の金額表」に『土盛費』という項目で記載され、全国12の国税局所在地(の都道府県)ごと確認すると次の通りです。

札幌 6,200円/㎥
(管轄: 北海道)

仙台 7,000円/㎥
(管轄: 青森・秋田・岩手・山形・宮城・福島)

関東信越 6,600円/㎥
(管轄: 茨城・栃木・群馬・長野・埼玉・新潟)

東京 6,500円/㎥
(管轄: 東京・千葉・神奈川・山梨)

金沢 6,400円/㎥
(管轄: 富山・石川・福井)

名古屋 6,600円/㎥
(管轄: 愛知・岐阜・静岡・三重)

大阪 6,200円/㎥
(管轄: 大阪・奈良・和歌山・滋賀・京都)

広島 6,200円/㎥
(管轄: 鳥取・島根・岡山・広島・山口)

高松 6,200円/㎥
(管轄: 徳島・香川・愛媛・高知)

福岡 6,200円/㎥
(管轄: 福岡・佐賀・長崎)

熊本 6,200円/㎥
(管轄:熊本・大分・宮城・鹿児島)

沖縄 6,700円/㎥
(管轄: 沖縄)

ただし、盛土の費用は「どこまで工事するか」で大きく変わる。

ただし「盛土」工事以外も含むことで、費用はより高くなります。

「宅地造成」という観点で見ると、土地の状況に合わせて「整地や、伐採、地盤改良など」他に必要な作業も考える必要があるのです。

以下、「東京都」の場合を例に、価格目安をご紹介します。

◆整地 700円/㎡
◆伐採、伐根 1,000円/㎡
◆地盤改良 1,800円/㎡
◆土盛 6,500円/㎥
◆土止 68,600円/㎡

上記をご覧頂いての通り、例えば、土止(≒擁壁)が必要な場合などは、工事単価が大きく上振れします。

費用が変動する要素例

盛土の費用が変わる要素の例についてみていきたいと思います。

盛土費用は「森林伐採」の有無で変わる。

盛土を行うに際に、樹木が育成している土地の場合は費用が上がります。

樹木を伐採し、根などを除去するための工事費がかかります。整地工事内で行える場合もあります。

【目安例】・伐採、伐根 1,000円/㎡(東京都)

盛土費用は「整地」の有無で変わる。

土地に凹凸がある場合に費用が上がります。

凹凸がある土地を地ならししたり、盛土工事をした後に地ならしをすることを「整地」と言います。

【目安例】・整地 700円/㎡(東京都)

盛土費用は「地盤改良」の有無で変わる。

もし軟弱な表土の場合には、費用が上がります。

湿田などの軟弱な表土でおおわれた土地の場合には、地盤を安定させるための工事「地盤改良」を行います。

【目安例】・地盤改良 1,800円/㎡(東京都)

盛土費用は「擁壁」の有無で変わる。

土砂の流出や崩壊を防止する擁壁が必要な場合に、費用が上がります。

道路などに盛土の土砂が流れ出ないように、擁壁工事を行う場合には、費用が大幅に上がります。

【目安例】・土止 68,600円/㎡(東京都)

(関連記事)擁壁工事の費用・価格・単価

盛土費用は「残土処分」の有無で変わる。

また、盛土工事で残土が出た場合には、その処分代が発生します。

狭いなど残土処理が行いづらい土地の場合は、作業費が高くなることがあります。

 

このように様々な要素で費用変動するために、あなた自身で実際に専門業者に見積もりを依頼する必要が出てきます。

盛土費用プラン無料作成は、利用実績も多くて安心

盛土工事のプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々な説明資料や、工事写真なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していきます。

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「盛土に少しでも興味がある方」ならば、タウンライフリフォーム外構今すぐ利用しないと損なサービスです。

\満足度1位!100万人以上が利用/

 

 

盛土の費用・単価・値段を抑えるには

盛土の費用を抑えることにつながるいくつかの方法をご紹介します。

盛土費用は、整備や処分を一部自分で行えば、抑えられる事も。

「自分で行えることは、自分で行う」事で、盛土工事の費用を抑えることにつながります。

例えば雑草処理や、低い樹木の伐採・処分など、もし用具がありできる内容があれば、自分で行った方が安くすみます。

盛土費用は、工事時期を上手く選ぶことで、抑えられることも。

また「工事が安くすむ時期」を上手く選ぶという方法もあります。

地域や業者にもよりますが、工事が進みにくい梅雨や冬の時期よりも、気候や良い季節の方が安い場合があるため、地域の業者に聞いてみると良いでしょう。

業者選定と見積もり交渉

盛土費用を抑えることに一番大事なのが、業者選びと見積もり交渉。

そして費用を抑える上で最重視したいのが「業者選び」です。

同じ盛土工事内容でも、業者によって見積もりが変わってくるために、2-3社の見積もり比較は必ず行って下さい。

見積もりを通じて、その業者の盛土工事への詳しさなども見えてくるでしょう。

盛土の検討で「タウンライフ」が選ばれる理由

盛土の検討開始には、タウンライフリフォーム外構特集が選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の専門会社に個別に依頼する手間がかからず便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切な盛土工事プランが届きやすいです!

③ 工事が前進する
希望のプランや費用を簡単に集められることで、工事検討の良いスタートがきれます!

盛土の検討は、思い立ったが吉日ですよ。

\工事が一歩前進!/

 

盛土とは

盛土とは、新しい土を埋め込む、傾斜地の造成方法。

盛土(もりど・もりつち)とは、傾斜地の造成方法の一つです。

傾斜地に、新しい土を埋め込むことで高く平らにし、宅地などとして利用できるようにします。

一方で、傾斜地の岩盤などを削りとって平らにして利用する方法を「切土(きりど)」といいます。

盛土のメリット

盛土にすることで、傾斜地でも宅地などとして利用できるようになる他、次のようなメリットがあります。

盛土にすれば、地盤が高くなり、浸水被害に合いずらくなる。

盛土にすることで、河川氾濫時などの浸水被害に合いづらくなります。

盛土は、地盤が低い場所で利用されることが多くあります。もし、集中豪雨などで近隣の河川が氾濫した時に、例えば、50cmや1mでも高くなっていることで、浸水被害を軽減させることができます。

盛土にすれば、道路からの視線を遮ることができる。

また、盛土にし高さを出すことで、外部から家の中への視線をさえぎるメリットもあります。

盛土になっていれば道路からは少し高さが生まれ、道路の歩行者の視線は家の中まで届きません。

それにより、リビングの窓を大きくとるなど間取りや外構プランにおける自由度も増えます。

盛土で注意したい点

盛土工事を行う時は、許可が必要。

まず、盛土工事には行政の許可が必要になります。

もし万が一手抜き工事があれば、地震などの災害時に大きな被害につながってしまうために、あらかじめ申請・許可が必要になります。

盛土は、切土と比べると強度が弱い。

また、特に注意したいのが「切土」と比較すると、「盛土」は軟弱だという点です。

震災時に、崩壊や沈下などの現象が多く見られるのは「盛土」の方です。

もとが山地や丘陵地の固い地盤の「切土」に対して、同じような見た目でも、土を入れ込んだ「盛土」の方が被害を受けやすいのです。

そのため、盛土は地震の揺れに耐えるよう、擁壁での補強などが大切。

盛土を行う際は、必要に応じて、強度を増す対策が必要になります。

それが、土留め・擁壁といった工事です。そして、この擁壁工事はコンクリートブロックなどが必要になるために、工事単価が盛土以上に高いのです。

そのため、擁壁が必要だと考えている方は、費用について十分に確認しておいてください。

(関連)擁壁工事の費用・価格・単価

盛土は、古い(1980年頃より前)ものには要注意。

昔、盛土工事がされた場所についても注意が必要です。

現在と比べても、盛土工事の基準やルールが法律で十分に整理されていなかったために、中には危険性のある盛土も残っているのです。

高度経済成長期に造成された宅地にある中古住宅を購入する時などは、切土か盛土かや、その安全性について十分確認してみてください。

盛土のプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた施工会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフリフォームを利用して良かったと感じております。

盛土のプラン検討は、今すぐ始めないともったいないです。

\口コミでも評判!/

 

盛土の費用・単価・値段(おわりに)

土盛費は、6,200〜7,000円/㎡ が一目安です。※令和元年現在

ただし、土地の状況に合わせて、土盛の他に、森林伐採・地盤改良・擁壁工事なども必要になってきます。

そのため、結論としては、あなた自身が地域の専門業者に実際に相見積もりをとって具体的に確認する必要があります。

盛土の業者探しを、無料・簡単3分の手間で行うことができます!

タウンライフリフォーム外構特集

「あなたのお住まいの地域」で、ご希望の工事を、「あなたのご予算感」でできる国家基準を満たした業者が自動で絞り込まれて、それらに無料で一括でプラン・見積依頼できます。

相場が分からずに不当に高い工事となることを避けられ料金が最大40%オフになる場合もあります。

・押し売り営業も一切ありません。

 

 

測量費用以外の記事も、合わせて読んでみよう!

● 外構工事について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

新築の外構作りが不安な方は、新築・外構で失敗・後悔しない

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!