「外構工事の見積もりって、どうすればいいの?」

新築時もリフォーム時も、限られた予算の中で安くていい工事をしてもらいたいものです。

外構工事の見積もりが必要になる中で、注意点や依頼先、タイミングなどにも迷うもの。

外構工事費は、地域や業者によっても変わってきます。

この記事では、外構工事の見積もりについてご紹介します。ぜひじっくりご確認下さい。

外構工事の見積もり注意点【重要点・1分まとめ】

外構工事の見積もりは、早めに、外構専門業者を含めた2社以上から取ろう。

外構工事は、新築時なら家と同時にプランニングすることで、ゾーニングやトーンとの統一感を図りやすくなり、また資金計画も立てやすくなります。

また、工事を外注するハウスメーカーではなく外構工事専門業者に依頼することで、費用は約2割安くなります。

業者によって工事費や人件費が異なるために、2社以上の相見積を取ることが大切です。

外構工事の見積もりを通じ、各社の得意分野を知り、信頼できる業者を見つけよう。
画像提供:三協アルミ

外構工事は、業者によっても得意なデザイン・分野が異なります。

例えば「自然を活かした庭作り」や「コンクリートを多彩に活用したモダンな外構」など、各社が得意な工事に特徴があります。

そのため複数社にプランを依頼し、デザインや特徴を知り「外構作りを任せたい!」と思う外構業者を選ぶことが大切です。

外構工事の見積もりを、費用が安くて腕がいい業者に依頼するには

外構工事を依頼する場合は、外構工事の見積もりをする必要があります。

しかし、1社しか見積もりを取らないと困る場合があります。

1社しか見積もりを取らないと困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には、高額請求する悪徳業者も・・)
● 外構工事のアイデアやプランが十分に膨らまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

外構業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしない設置をしたいですよね。3社以上の見積もり比較は、外構工事を安くする方法・コツでもあります。

外構工事の費用相見積り業者探しも大変

でも、相見積りにも、意外に大変な面もあります。

複数社に相見積りを取る時に大変な面
● 相見積もりを取る外構業者を自分で何社も探すのは大変・・・
● 複数の会社に対して、何度も同じ説明を行うことが大変・・・
● 断る時に、少し気持ち的に断りづらい・・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変ですよね。

でも、大丈夫!

外構工事で地域の優良業者を30秒で簡単にチェックする方法

ここで、あなたがお住まいの地域で、外構工事に適した業者の最有力候補を(登録なしで)約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。

『タウンライフ』という冠に輝く住宅サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある住宅会社」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

(そのため、腕が悪い業者や、悪徳業者などにひっかかる心配もありません

『タウンライフ』では、どの業者も工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単30秒チェックの流れ
【0】『タウンライフ外構』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】外構プランの作成」を押す
【3】希望箇所外構」を選択
【4】予算を選択
【5】(重要)他の入力項目を飛ばし画面の下の方まで行く

~5を順に行い表示されるのが、あなたが住まいの地域の外構工事に適した業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフ外構を、今、約30秒ほどでご確認下さい。

\簡単30秒!優良施工業者を確認/

 

 


外構工事の見積もり費用が安い!最大40%オフ

『タウンライフ外構』では、気になる全ての優良会社に、「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルのベランダ施工プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的な内訳を含め分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずは自宅の状況・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフ外構では複数社のプランを一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて後々とても楽です。

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

 


外構工事の見積もり無料作成 FAQ

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフ外構は、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じで外構工事を検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!安心度1位/

 


以上で【重要点のまとめは終わり】です

以下は補足・詳細です。ここまでの内容と一部重複し、全体の読了目安は約10分間です。

外構工事の見積もりは早めにとろう【以下、補足】

外構工事の見積もりは早く取ることが大切です。一体なぜでしょうか?

新築時は建物と同時に

外構工事の見積もりは、新築なら建物と同時にプランニング資金計画をしっかり建てよう。

画像提供:YKKAP

新築時に外構の検討は後回しになりがちですが、本来、家と同時にプランニングすることが望ましいです。

同時に検討することで、家のデザインやトーンの統一感を作りやすくなります。また、トータルでの資金計画を立てやすくなります。

もし住宅ローンに費用を組込む場合、ローン審査の後で予算が追加される事は好ましくありません。

外構工事の見積もり費用は、ハウスメーカーの「少ない予算配分」に注意しよう。

新築時にハウスメーカーや工務店は、外構工事の予算を当初少なめに想定している場合があるため注意が必要です。

総費用を少なく見せて受注角度を高めるためや、建物本体の受注額を高めようとの狙いから、外構の予算取りを少なくしている場合があるのです。

外構予算が50〜100万円程度しかとられていない場合は注意して下さい。絶対にそれ以上かかります。

外構工事と建物を同時に検討することで、使いやすいゾーニングも検討しやすい。
画像提供:YKKAP

新築では、建物と同時に外構をプランニングすることで「配置や間取り」を工夫しやすくなります。

建物の間取り・設備だけを先に確定させてしまうと、どうしても使いづらい場面や失敗がでてくる事があります。

例えば「外に物置が置けないから広めのシューズクロークを作れば良かった」や「外の水道を洗車やガーデニングに使いやすい位置に付けていればよかった」などの失敗を避けられます。

外構業者探し・外構プラン無料作成は、利用実績も多くて安心

外構工事のプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

専門家に、まずプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していくのがタウンライフです。

 

タウンライフはサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「外構工事に少しでも興味がある方」なら、今すぐ利用しないと損なサービスです。

詳細はこちら>>>

 

 

外構工事の見積もりは2社以上からとろう

外構工事の見積もりでは「相見積もり」をして信頼できる業者を見つけよう。

外構工事では必ず「2社以上の相見積もり」を行い、費用とプランを比較しましょう。

もし1社だけの場合、適正な料金なのか判断できません。また、外構デザインのアイデアも広がりません。

外構工事は各社で費用も違い、得意な領域も変わってくるために複数社の比較が必要になります。

外構工事の見積もりでは、悪質な業者に注意をしよう。

中には、悪質な外構工事もあるので注意をして下さい。

特に、訪問営業・飛び込みでの電話営業をおこなってくる業者などで、「手抜き工事」や「割高な工事」が行われる場合もあります。

まずは、国家資格を有する業者に依頼することや、必ず複数社を比較し、適切な金額感を把握することが大切です。

外構工事では「現地調査」をすることで、より正確な見積もりとなる。

外構工事の見積もりは、特に「現地調査」を行うことでより正確なものとなります。

「高低差」や「敷地の広さ・形状」「土壌・配管状況」などによっても工事費は変わっていきます。

例えば、高低差があれば、擁壁工事に大きな費用がかかるなど、全ては土地の状況次第。現地調査も行ってもらいましょう。

(関連)外構工事を安くする方法・コツ

外構工事で「タウンライフ」が選ばれる理由

外構工事の検討開始でタウンライフ外構特集が選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の施工会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切な外構工事プランが届きやすいです!

③ リフォームが前進する
希望の外構プランや費用を簡単に集められることで検討の良いスタートがきれます

\無料!簡単3分/

 

 

外構工事の見積もりの依頼先は

HMと外構業者を比較

外構工事の見積もりは、ハウスメーカーだけでなく、外構専門業者にも依頼しよう。

新築時は、家を建てるハウスメーカーや、その紹介会社に外構を依頼する前に、必ず「外構専門業者」とも比較を行ってください。

ハウスメーカーと外構専門業者のそれぞれに、メリット・デメリットがあるためにご紹介します。

外構工事の見積もりを、ハウスメーカーに依頼すると、約2-3割高くなる

外構工事をハウスメーカー(以下、HM)、に依頼する場合、マージン分で約2-3割高くなることがデメリットとなります。

HMは外構工事を下請けに外注します。管理費として手数料が乗るために、割高となる場合が多いのです。

たしかに、新築時のHMへの外構依頼は、住宅ローンへの組み込みや、一元進行で楽ですが、その分高くなります。

ハウスメーカーにも「スムーズな進行」などメリットがあるために、比較候補には入れよう。

一方、ハウスメーカーに依頼する場合のメリットは、建物本体と合わせたスムーズなやりとりでの進行です。

新築の、担当営業マンにそのまま外構について相談できるために面倒がありません。比較検討のためにも、外構もプランニング・見積もりは依頼しましょう。

外構工事の見積もりは、外構専門会社なら、約2-3割安くなる

外構工事を「外構専門会社」に直接依頼することのメリットは、約2-3割安くなることです。

HMのマージンが乗らない分安く済むのです。例えば、HMで150万円の工事が、100万円になるなど、数十万円単位で安くなります。

価格が大幅に安くなる分、追加工事やオプション工事なども行いやすくなります。

\満足度1位/

 

外構専門会社なら、細かな要望も聞いてもらいやすい

また、実際に工事を行う「外構専門会社」と直接話せることで、細かい希望や要望も相談しやすくなります。

自社でプランから施行までおこなっているため、いろいろとスムーズに話を聞いてもらいやすいのです。

ただし、外構専門業者に見積もりするは、自分に合う業者を探すのが大変。

ただし、外構専門会社にも、それぞれ得意なデザインや工事内容の違いがあります。

過去の施行実績を見せてもらったり、プランニング依頼を通じて具体的に工事の相談をしながら、希望に合う業者を探すことが大切です。

なお、外構専門会社でも、価格は業者ごと異なるため、複数社の比較は大切です。

外構工事のプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた施工会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフ外構特集を利用して良かったと感じております。

\無料!簡単3分/

 

 

他の候補の長所短所

外構工事見積もり「造園業者」は、庭作りは得意だが、設備系が苦手。

植木や庭作りを得意とする「造園業者」は、植栽関係のみの依頼なら向いていますが、外構工事全体の依頼となると向いていません。

例えば、カーポート設置やブロック積み・コンクリート工事などを行えません。

ただ「シンボルツリーを植えたい!」「植栽を充実させたい!」「日本庭園にしたい!」などの要望であれば依頼先として適しています。

外構工事見積もり「土木業者」は、基礎や造成は得意だが、外構工事の依頼先にはあまりならない。

擁壁工事やコンクリート工事などを得意とする土木業者は、外構工事を依頼する先には通常なりません。

個人からの受託というよりは、企業からの規模が大きい工事の受託を中心にする土木業者が多いためです。

また、植栽なども領域外となるために、外構工事の依頼先としてはあまり適していません。

外構工事見積もり「ホームセンター」は、資材費は安いが、工事は外注のため割高。

ホームセンターは、資材は大量仕入れにより安くなりますが、工事は外注のため割高になる傾向にあります。

それでも安価に外構サービスを提供するために、職人の質が下がる場合もあるために注意が必要です。

結局、自社施工ではない業者の場合には、マージン分が損になってしまうために外構業者の方がおすすめです。

外構工事を「外構業者」に依頼するには

タウンライフ「外構特集」なら、あなたの地域の優良外構業者が分かります。

無料・3分で気軽に外構プランを依頼ができるために、外構工事に少しでも興味がある方であれば、今すぐ利用する価値があります。

\無料!簡単3分/

 

外構工事で見積もりでの判断点

外構工事で2社以上から見積もりをとった後は、どのように業者選定を行えばよいのでしょうか

外構工事の見積もり・プラン比較を通じて、各社の「得意分野」を見つけよう。

外構業者によって、得意な工事内容やデザインが異なります。

例えば「コンクリートを多彩に活用したモダンな外構」や「自然を活かした庭作り」など、各社の庭作りには特徴があります。

各社からもらったプラン提案の中から、好みの外構デザインを選んでみて下さい。

外構工事の見積もりを通じて「信頼して任せられる」業者を選ぼう。

また、外構業者選びでは「この業者に任せたい!」と思えるような業者を選びましょう。

例えば、要望をよく聞いてくれる、質問にしっかり答えてくれる、見積もり項目が細かく記載されている、など安心感がある業者です。

見積もりを実際に依頼することで、やりとりの中ではじめてその業者の良し悪しが見えてきます。

\無料!簡単3分/

 

外構工事が「自社施工」なのかも確認しよう。

また、見積もり依頼のやりとりの中で、その業者が外構工事を「自社施工」するのかも確認しておきましょう。

もし「外注」を含む場合は、どうしてもマージンが乗る分価格が割高になる傾向があります。

外構工事の見積もりでは、品質・材料なども確認しよう。

外構工事の見積もりをとったら、その「見積書」から信頼できそうな業者かを確認してみましょう。

外構工事の見積もりは、細かく作られている会社の方がいい。

見積書の項目には、資材名や数量、作業工程など内訳が細かく記載されているかなどを確認してみて下さい。

もし「一式」など漠然とした表記の見積書の場合に、質の低い材料が使われたり、手抜き工事などになってしまうかもしれません。

外構工事の見積もり比較は、専門サイトで!

外構工事では、プランも費用も十分比較を行うことで、高い満足につながります。

外構工事の見積もり比較にに便利なのが「タウンライフ」です。

完全無料で、あなたオリジナルの外構プランと見積もりを作成を作ってもらうことができるため、今すぐ利用する価値があります。

\無料!簡単3分/

 

 

外構工事の見積もり費用・相場

外構工事の見積もりで、費用の目安は。

まず日常生活をする上で最低限行っておくと良い外構工事内容6つの費用目安をご紹介します。

門柱 15~30万円
玄関アプローチ 10~20万円
コンクリート 15~30万円
砂利+防草シート 10~20万円
一部、や植栽 10~20万円
物置 10~20万円

合計目安で、約70~140万円です

※ただし工事内容によって価格は上下します。

もし新築の場合は体裁を整えるためにも、どんなに「最低でも合計100万円以上」はかけて下さい。

外構工事の費用+αで加えていきたい項目目安
出典:三協アルミ

また、希望に合わせて追加検討したい主な外構工事内容6つです。

フェンス・塀 20~100万円
カーポート 20~50万円
植樹 5~15万円
ウッドデッキ 20~30万円
サンルーム 20~50万円
テラス関連 15~30万円

追加内容に合わせて、基本費用にプラスされます。

いずれも広さや大きさ、材質や商品グレード、地域などで費用は大きく変わります。

新築の場合は、総合計「200万円」をかけると外構が充実してきて、「300万円」をかけるとかなりこだわりを出せます。

外構工事の費用・相場については、こちらの記事で詳しく紹介しています。

外構工事の見積もり費用は、土地の「高さ・広さ・形状」でも変わるために注意。

外構工事の費用は、特に土地に「高低差」がある場合に費用が高くなります。

擁壁工事や、階段やスロープの工事などが必要になってくるためです。

土の流れを防ぐ擁壁は「高さが1m増えるごとに200万円増える」という目安報告もあり、500万円前後かかる場合などもあります。

 

外構工事の費用は、土地が「広いほど高くなる」点も注意しましょう。

コンクリート打ち、玄関アプローチ、人工芝などなど、何でも施行範囲が広い方が工事価格は高くなります。

通常より予算を多めにみて、早めに見積もりをとっておくと良いでしょう。

\無料!簡単3分!/

 

外構見積もりの内訳一例

外構工事の見積もり「200万円」の内訳(一例)※概算

(内訳一例・単位:万円)

門柱 20
玄関アプローチ 20
駐車場コンクリート 30
カーポート 30
芝・植栽 20
目隠しフェンス 20
砂利・防草シート 25
物置 15
小計 180
税込合計 198

外構工事で「200万円」をかけると、基本となる工事を一通り行った上で、より利便性を高める工事も行えます。

\満足度1位!/

 

外構工事の見積もり書の見方

外構工事の「見積書」で、よく質問がある項目についてご紹介します。

外構工事の見積もり書「項目・数量・単価」で基本を把握する。

まず見積書は各工事内容について「項目」が記載されています。

その項目について、まず、距離や広さ、設置数などを示す「数量」が記載されています。

また、1単位あたりの金額である「単価」をかけて金額が示されています。単価は業者次第で異なるためによく比較してみて下さい。

外構工事の見積もり書「設計料」や「管理料」が約5~10%程度かかる場合がある。

見積書の項目内に「設計料」や「管理料」が含まれる場合があります。

設計料は外構のデザインプランニングの料金、管理料は現場工事の進行管理の料金で、工事総額の〜10%程度かかることがあります。

設計料・管理料が、見積り項目に入る会社・入らない会社があるため、見積りを取った後に確認してみましょう。

外構工事の見積書では「諸経費」も10%程度かかる場合がある。

見積書の項目内に「諸経費」がかかる場合があります。

諸経費の内訳は業者次第ですが、設計料・管理料の代わりに記載している場合もありますし、行政書類提出費、高速・駐車場代などの場合もあります。

もし項目があった場合、内訳について質問し確認してみましょう。

\満足度1位!/

 

外構工事の見積もりでの注意点

安かろう悪かろうにしない

外構工事の見積もりは「安ければいい」というものでもない。

外構工事の見積もりでは、価格の安さだけを追求すればいいものではありません。

「費用の安さ」だけで選ぶ前に、その業者が「工事の質」の面で信頼できるか、安心できるかを見定めて下さい。

外構工事では、手抜き工事を避ける必要がある。

外構工事で費用が安い場合には「手抜き工事」につながるかもしれません。

例えば、耐久性が必要な、外構の駐車場コンクリート工事など、もし手抜き工事でも気づきにくい工事もあります。

もし悪質業者の場合、受注するため格安料金を提示し、低質な工事で済ます、などもありえます。

外構工事では「悪質業者」に注意をしよう。

残念な事に、リフォーム業者の中には「悪徳業者」と呼ばれる業者も存在します。

訪問営業してきて、巧みな話術で強引に契約を迫ったり、安い料金で受注し手抜き工事を行うような業者です。

モニター商法・点検商法・かたり商法など、いろいろな悪質業者がいる。

「悪徳業者」があなたに近づいてくる方法は様々あります。

特に、いきなり家に営業に来た、電話営業がかかってきたなどの場合は注意をして下さい。

「有名な他社のふりをし訪問」してくる『かたり商法』、「通常より安く工事ができます!」などと寄ってくる『モニター商法』、「屋根の修理が必要ですよ!」などと訪問してくる『点検商法』などです。

外構工事では見積もりをもらっても、その場で契約までしない。必ず比較を行う。

悪徳業者の被害に合わないために必要な事は「すぐ契約しない」という事です。

営業マンが契約を迫ってきても、必ず一度判断を持ち帰って下さい。その上で、必ず他社とも比較をすることです。

複数社比較することで、適切な工事内容なのか、料金なのかなどが見えてきます。

 

外構工事の種類(参考)

外構工事の見積もり費用は、外構スタイルによってもかわってくる。

外構工事の見積もりが安くなりやすいのは、開放的な「オープン外構」

塀やフェンス、門を設置しない外構スタイルです。通気性・採光性がよくなりますが、防犯性は下がります。構造物が減る分、費用が安くなる傾向にあります。

外構工事の見積もり費用が高くなりやすいのは、プライバシーを保つ「クローズ外構」

塀やフェンスなどの目かくしを設置する外構スタイルです。プライバシーが保たれ敷地内でくつろぎやすくなりますが、構造物が増える分、費用は高くなる傾向にあります。

外構工事で見積もり費用のバランスをとるなら「セミオオープン外構・セミクローズ外構」

オープン外構とクローズ外構の中間くらい、部分的に開放と閉鎖を取り入れたスタイルです。費用的に中間にあたります。

外構工事の見積もり注意点(おわりに)

外構工事の見積もりは、早めに、外構専門業者を含めた2社以上からとりましょう。

見積もりを通じて、各社の得意分野を知り、信頼できる業者を見つけることが大切です。

外構工事の見積もり比較ならタウンライフ

外構工事では、十分な比較を行うことで、高い満足につながります。

外構工事の見積もり比較にに便利なのが「タウンライフ」です。

完全無料・3分の依頼で、あなたオリジナルの外構プランと見積もりを作成を作ってもらうことができるため、今すぐ利用する価値があります。

\無料!簡単3分/

 

 

外構工事の見積もりでプレゼントがもらえます。

タウンライフで、外構工事の「見積もり」をすると、先着で「成功するリフォーム「7つの法則」冊子無料プレゼントされます。

タウンライフリフォーム 7つの法則

また、タウンライフを介して外構工事が成約すると「全員に必ず1000円分のクオカード」がプレゼントされます。※対象:キャンペーン期間中

タウンライフリフォーム キャッシュバック

特典キャンペーンが終了してしまう場合もあるので、依頼を検討している方は、お早めに今すぐの登録をおすすめします。

\無料!簡単3分/

 

外構工事について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

新築の外構作りが不安な方は、新築・外構で失敗・後悔しない

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング