新築の外構工事では絶対に失敗したくありませんよね・・

しかし、建物の検討が大変で、外構には十分頭がまわらない事も多いもの。

そこで、新築外構で失敗しないためのポイントを全てまとめました!

多くの方が失敗してしまう原因とその対策を知ることで、満足のいく外構工事につながります。

ぜひしっかりとポイントを抑えて、外構工事を成功させて下さいね!

新築外構で失敗する原因と対策【重要点・1分まとめ】

1分間で【この記事のまとめ】として次の3つをご紹介します。

・外構工事で失敗する原因

・外構工事で失敗しない対策

・外構工事で失敗しない業者選び

ここを読めばポイントを抑えられます!

失敗の6大要因とは

新築外構を失敗させないためには、『実用性への配慮』が必要です。

新築の外構工事で失敗しないためには、実際に利用するシーンを細かく想像していくことが大切です。

新築外構では、まず「利便性」「安全性」「管理面」に配慮しないと、失敗します。

新築の外構工事では、まず日々、安全に簡単に使いやすいことが大切です。

歩いたり・利用したりする上で便利で安全か、広さや位置は適切か、そのような基本の十分な確認が必要です。

また、もしメンテナンスの手間や時間がかかってしまっても失敗につながってしまいます。

また、新築外構では「将来面」「プライバシー」「基本設備」にも配慮しないと失敗します。

また、新築の外構工事では、将来の使いやすさや周辺への配慮も必要です。

「子どもが大きくなったら、親や自分が年老いたら」という視点や、「近所からはどう見えるだろうか」など時間軸・空間軸を広く配慮しましょう。

また、ちょっとした「設備忘れ」も無いようにする必要があります。

失敗しない9箇所の対策

新築外構で失敗しないための対策を「場所別」でまとめると次の通りです。

画像提供:三協アルミ

【駐車場】広く・駐車しやすく・コンクリートで(ひび割れ対策の目地を入れる)

【玄関アプローチ】滑りづらい素材で・夜には明るい照明を・バリアフリーも意識

【雑草対策】砂利+防草シートなどで対策を

【植栽】世話好きでなければ芝生は人工芝で

【庭】洗濯物干しスペースを確保(屋根があると理想)

【目隠し】近所からの視線を遮るフェンスや塀を

【ウッドデッキ】中途半端なものなら作らない

【駐輪場】子どもが大きくなった時のためスペースを確保

【設備】立水栓・コンセントを、使いやすい位置に。物置を。

新築外構で失敗しないためには

プラン検討開始を早めに

新築時に外構の検討は後回しになりがちですが、本来、家と同時にプランニングすることが望ましいです。

新築外構を早めに検討開始すれば、資金計画で失敗をしない。

新築時にハウスメーカーや工務店は、外構工事の予算を当初少なめに想定している場合があるため注意が必要です。

総費用を少なく見せて受注角度を高めるためや、建物本体の受注額を高めようとの狙いから、外構の予算取りを少なくしている場合があるのです。

もし住宅ローンに費用を組込む場合、ローン審査の後で予算が追加される事は好ましくありません。

新築外構を早めに検討開始すれば、ゾーニングやデザインでも失敗しない。
画像提供:三協アルミ

新築では、建物と同時に外構をプランニングすることで「配置や間取り」を工夫しやすくなります。

建物の間取り・設備だけを先に確定させてしまうと、どうしても使いづらい場面や失敗がでてくる事があります。

例えば「外に物置が置けないから広めのシューズクロークを作れば良かった」や「外の水道を洗車やガーデニングに使いやすい位置に付けていればよかった」などの失敗を避けられます。

2社以上のプラン比較を

新築外構では、ハウスメーカーと外構専門業者の2社以上での比較で失敗しない。

外構工事では必ず「2社以上の相見積もり」を行い、費用とプランを比較しましょう。

もし1社だけの場合、適正な料金なのか判断できません。また、外構デザインのアイデアも広がりません。

外構工事は各社で費用も違い、得意な領域も変わってくるために複数社の比較が必要になります。

新築外構をハウスメーカーに依頼すると、価格の高さがデメリットに。

 

外構工事をハウスメーカー(以下、HM)、に依頼する場合、マージン分で約2-3割高くなることがデメリットとなります。

HMは外構工事を下請けに外注します。管理費として手数料が乗るために、割高となる場合が多いのです。

たしかに、新築時のHMへの外構依頼は、住宅ローンへの組み込みや、一元進行で楽ですが、その分高くなります。

新築外構を外構専門会社に依頼すれば、価格を抑え細かな要望も聞いてもらいやすい。

外構工事を「外構専門会社」に直接依頼することのメリットは、約2-3割安くなることです。

HMのマージンが乗らない分安く済むのです。例えば、HMで150万円の工事が、100万円になるなど、数十万円単位で安くなります。

価格が大幅に安くなる分、追加工事やオプション工事なども行いやすくなります。

新築外構工事の費用見積もりは「初夏」の今が年に1度の大チャンス!!

外構工事で、初夏(5-6月頃)は「見積もりが安くなりやすい、工事プラン検討のチャンス時期」です。

理由は、3月までの決算期が一段落して外構会社は受注が減り、価格面の相談・交渉が行いやすくなるためです。

また、4月新年度の各メーカーカタログ更新旧モデルの在庫処分・値引きもあり、新年度で補助金も利用しやすくなります。

もし希望の工事をまだ迷っていてもまず見積もりだけ、今すぐとっておくと得」ですよ!

新築外構工事の見積もりを、費用が安くて腕がいい業者に依頼するには

外構工事を依頼する場合は、外構工事の見積もりをする必要があります。

しかし、1社しか見積もりを取らないと困る場合があります。

1社しか見積もりを取らないと困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には、高額請求する悪徳業者も・・)
● 外構工事のアイデアやプランが十分に膨らまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

外構業者選びは慎重におこなって、後悔や失敗をしない設置をしたいですよね。3社以上の見積もり比較は、外構工事を安くする方法・コツでもあります。

新築外構工事の相見積り業者探しも大変

でも、相見積りにも、意外に大変な面もあります。

複数社に相見積りを取る時に大変な面
● 相見積もりを取る外構業者を自分で何社も探すのは大変・・・
● 複数の会社に対して、何度も同じ説明を行うことが大変・・・
● 断る時に、少し気持ち的に断りづらい・・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変ですよね。

でも、大丈夫!

新築外構工事で地域の優良業者を30秒で簡単にチェックする方法

ここで、あなたがお住まいの地域で、外構工事に適した業者の最有力候補を(登録なしで)約30秒で簡単チェックする便利な方法があります。

『タウンライフ』という冠に輝く住宅サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある住宅会社」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

(そのため、腕が悪い業者や、悪徳業者などにひっかかる心配もありません

『タウンライフ』では、どの業者も工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単30秒チェックの流れ
【0】『タウンライフ外構』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】外構プランの作成」を押す
【3】希望箇所外構」を選択
【4】予算を選択
【5】(重要)他の入力項目を飛ばし画面の下の方まで行く

~5を順に行い表示されるのが、あなたが住まいの地域の外構工事に適した業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフ外構を、今、約30秒ほどでご確認下さい。

\簡単30秒!優良施工業者を確認/

 

 


新築外構工事の費用が安い!最大40%オフ

『タウンライフ外構』では、気になる全ての優良会社に、「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルのベランダ施工プラン作成」をすぐ依頼きます。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

あなたが希望する外構工事の費用・相場が具体的な内訳を含め分かります。

無料で作ってもらえる内容

①「商品・施工プラン」

②「費用・お見積り」

③「アイデア・アドバイス」

まずは自宅の状況・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフ外構では複数社のプランを一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて後々とても楽です。

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

 


新築外構工事の見積もり無料作成 FAQ

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフ外構は、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じで外構工事を検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!安心度1位/

 


以上で【重要点のまとめは終わり】です

以降は、ここまでご紹介した内容の詳細です。

新築外構「利便性」で失敗【以下、具体補足】

駐車場が使いづらい

新築外構で駐車場は「狭くて失敗」しないように、十分な広さを確保しよう。

画像提供:YKKAP

失敗を避けたい場合、駐車場は1台あたり「奥行き6m×幅3.5m以上」の広さを確保しましょう。

駐車場整備推進機構によると十分な駐車場の広さは、普通車・大型車の場合で「6×2.9m以上」ですが、将来的に車椅子を使う可能性を想定すると上記の通りとなります。

もし今、小型自動車だけを使っていても将来大型車に変える場合もあるでしょう。

新築外構で駐車場は「駐車のしやすさ」で失敗しないように、形や道路の状況を確認しよう。

駐車場は、車の出し入れをしやすいように配慮が必要です。

家の前が交通量が多い・交差点に近い・電柱があるなどの場合、視界が開けていたり、出入りできる幅が広いと望ましいです。

また、縦列駐車(タテに2台並ぶ状態)の駐車場なども使いづらくなってしまいます。

新築外構で駐車場は「耐久性」で失敗しないように、コンクリート駐車場にしよう。

駐車場は、耐久性を考慮すると、土間コンクリートが望ましいです。

たしかに、コンクリート工事は他の方法と比べると価格が高いです。しかし、砂利だと少し使いづらいですし、アスファルト舗装や、固まる土では耐久性に欠けます。

何年・何十年と使い続けることを考えると、コンクリート一択と言えます。

(関連)外構・駐車場コンクリートの費用

新築外構で駐車場は「移動のしずらさ」で失敗しないように、玄関や勝手口への導線を確認しよう。

駐車場は、車から家までの導線にも配慮が必要です。

例えば、買い物の荷物は運びやすい方がいいですよね。距離の近さや、玄関アプローチの歩きやすさ、カーポート屋根の設置など工夫は色々あります。

他にも、台所に直接つながる勝手口への通路が駐車場からあっても便利ですよね。

\無料!/

 

洗濯物を干しづらい

新築外構で「洗濯物干しできず失敗」しないように、スペースを確保しよう。

庭・外構では、洗濯物干しスペースも設けたおいた方が、生活が便利になります。

たしかに、2階ベランダに洗濯物を干せばいいかもしれません。しかし、1階洗濯機から近い場所に洗濯物を干せた方が家事導線として楽ですし、庭も使える方が干せる量も増えます。

例えば、下着類を2階に干し、他は庭に干すなども使い分けできて便利です。

新築外構で「洗濯物を干しやすく」するために、テラス屋根を検討してみよう。
画像提供:YKKAP

庭・外構で洗濯物を干しやすくするためには、テラス屋根が便利です。

たしかに雨が強い時には部屋干しが必要になりますが、急な雨への対応にはなりますし、天気への心配が軽減されます。

もし雨への不安をより解消したい場合には、サンルーム・ガーデンルーム設置も一つの方法です。

\無料!/

 

ウッドデッキが不便

新築外構でウッドデッキは「位置・広さ・目隠し」で失敗しないように注意しよう。

ウッドデッキを検討したい場合は「中途半端なものにしない」ことが大切です。

例えば、サイズが小さくて使わなくなった、素材を安いものにしてすぐ悪くなった、などです。

リビングから床続きで広く使え、近所からの視線を遮る目隠しも周囲に施された使いやすいウッドデッキなど工夫が必要です。

新築外構でウッドデッキは「メンテナンス」でも失敗しないように商品を選ぼう。

なお、ウッドデッキの木材には「人工木」と「天然木」があります。

天然木の方が「木のぬくもり」がありますが年1回塗装の手間がかかります。一方、メンテナンスの手間がかからないのは「人工木」です。

もし、手間や腐食などの失敗を避けたれば「人工木」がおすすめです。次の記事で詳しく紹介しています。

(関連)ウッドデッキのリフォーム見積もり

 

新築の外構業者探し・プラン無料作成は、利用実績も多くて安心

外構工事のプラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、商品実物なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

専門家に、まずプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い施工が実現していくのがタウンライフです。

 

タウンライフはサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「外構工事に少しでも興味がある方」なら、今すぐ利用しないと損なサービスです。

詳細はこちら>>>

 

 

新築外構「安全性」で失敗

玄関アプローチが滑る

新築外構で玄関アプローチは「滑りやすく」て失敗しないよう、歩きやすく。

玄関アプローチは、雨天時に滑って歩きづらくないように注意が必要です。

例えば、石材・タイル・コンクリートなどは、物によっては水が溜まれば滑りやすくなります。

アプローチには、滑らない加工がされているもの、表面が粗く加工がされている素材を選びましょう。また、雨が流れやすいような傾斜も必要です。

夜暗くて歩きづらい

新築外構でアプローチなど「暗くて」失敗しないように、明かりの確保を。

画像提供:YKKAP

庭・外構全体で、夜に暗すぎるのも、安全面・防犯面で問題です。

玄関まわりは明るくても、アプローチや駐車場が暗いと、段差につまづいたり、車上荒らしに狙われやすくなるなどの危険もあります。

なお後付けのソーラー照明などでも役立ちしますが、新築であれば位置やデザインなど工夫して設置することをおすすめします。

\無料!/

 

防犯対策が不十分

新築外構では「防犯面」で失敗しないように、目隠しや防犯砂利などを。

外構工事では費用を抑えられる、開放的なオープン外構・セミオープン外構も人気です。

しかし、外から出入りしやすいと、どうしても防犯性は下がります。

例えば、少しでも高さがある塀やフェンス、防犯砂利敷き、夜間照明など、侵入者が心理的に入りづらいような外構工事も考えてみましょう。

新築の外構工事で「タウンライフ」が選ばれる理由

外構工事の検討開始でタウンライフ外構特集が選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の施工会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切な外構工事プランが届きやすいです!

③ リフォームが前進する
希望の外構プランや費用を簡単に集められることで検討の良いスタートがきれます

\無料!簡単3分/

 

新築外構「管理面」で失敗

新築外構では、メンテナンスの手間や費用まで考えると、失敗を減らせます。

外構工事では、価格やデザインに気をとられ、管理の手間を考えることを忘れがちです。

特に「価格が安い≒管理の手間がかかる」となるものもあるので注意をして下さい。

植栽の手入れができない

新築外構で植栽・芝生は、「手入れができず」失敗しないように、管理できるものを。

あなた(や、あなたのご家族)は、植物の世話は好きですか?

もし自信を持ってYESと思える場合でなければ、もし植栽・芝を外構に増やしても、そのうち管理できなくなってくるかもしれません。

庭に植物があると、水やりや肥料やり、雑草とり、芝刈りなど毎月・毎週のように何か世話をする必要が出てきます。

もし今はよくても、5年後・10年後まで継続的に世話の手間ひまを考えられるか考えましょう。

新築外構で芝生を敷くなら、初期費用が高くても「人工芝」にすれば、管理の手間と費用を抑えられる。

もし庭に芝生を敷きたい場合、天然芝だと1年間にわたり、世話が必要になってきます。

特に、夏の暑い中での小まめな芝刈りなどは、広さを問わず重労働なものです。

また、目土や肥料・水道代など、手入れのための費用も細々とかかってくるものです。

(参考)庭に芝生

 

ここで、人工芝にすれば、手入れの手間暇をかける必要が無くなります。

たしかに、人工芝の方が設置費用は高めですが、世話の手間が無くなることで大幅に楽ができます。

最近では、見た目の風合いも天然芝にそっくりなリアル天然芝と呼ばれるような商品も増えています。

(関連)人工芝・リアル人工芝

雑草対策ができていない

新築外構は「雑草」で失敗しないように、事前に雑草対策をしよう。

庭の1番の悩みと言えば「雑草」です。抜いても抜いても生えてきます。

雑草対策をするには、まず庭をコンクリート敷きにする方法があります。

少し殺風景にはなりますが、ほぼ雑草になやまされることはありません。

 

多い方法としては、庭・外構に砂利敷き+防草シートを施す方法です。

雑草を極力抑えるためには、高価で質の高い防草シートを使い、太陽光が入らないように砂利も厚めに敷くと良いでしょう。

\気軽!簡単!/

 

ひび割れ・色あせになる

新築外構でコンクリートは「ひび割れ」で失敗しないように、目地を入れよう。

駐車場などコンクリートがある場合は「ひび割れ」に注意が必要です。

コンクリートは熱(気温)で膨張・収縮するために、大きいとひび割れの原因になり、見た目があまりよくありません。

ひび割れさせないためには、コンクリートに目地(隙間)を入れることです。工事の前に業者さんに確認や相談をしましょう。

(関連)庭をコンクリートにする費用

新築外構ではタイル・タイルデッキも「ひび割れや汚れ」で失敗しないように選ぼう。

コンクリートだけでなく、タイルなども衝撃などによるひび割れに注意しましょう。

また、目地の部分を中心に汚れが目立つ場合もあります。汚れづらい素材のものを選んだり、汚れが目立ちづらい色を使うなどしましょう。

(関連)タイルデッキの費用

新築外構で木材を使う場合は「色あせ」で失敗しないように商品を選ぼう。

また、ウッドデッキやウッドフェンス・枕木など木材の施工をする場合には「色あせ」や「ささくれ」、「虫食い」に注意が必要です。

特に天然木のソフトウッド(やわらかめの木材)の場合は、経年劣化しやすくなります。

そのため、定期的に塗装などメンテナンスを行うか、はじめから人工木を選ぶなどの対策が望ましいです。

(関連)ウッドデッキのリフォーム見積もり

新築外構では「水はけ」も失敗しないように、傾斜や土壌改良に配慮しよう。

外構工事では「水はけ」対策も大切です。

土間コンクリートもそうですし、土壌などもです。水はけが悪いと、雨水がたまって滑りやすくなったり、ぬかるんだりします。

コンクリートであれば傾斜をつけたり、土壌であれば地中に排水路を設けたり、水はけが良い土壌に改良しておくなどが必要です。

\無料!/

 

新築外構工事のプラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アイデアがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた施工会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフ外構特集を利用して良かったと感じております。

\無料!簡単3分/

 

 

新築外構「将来面」で失敗

新築外構で失敗しないためには、将来を見据えてプランニングして下さい。

外構工事で失敗しないためには、家族の将来の生活も想像しながらの、外構プランニングを行うことが必要です。

駐輪場スペースが無い

新築外構で「子どもが大きくなってから」失敗しないように、駐輪場スペースを確保しよう。

今は小さなお子さまでも、小学生になると自転車を乗り始めるようになります。

自転車をとめる場所はあらかじめ計画しておかないと、駐車場や玄関アプローチ上などの妨げにもなりかねません。

自転車をとめられるスペース、通れるスペース・路面(コンクリート等)を確保しておくと便利です。

階段・段差が使いづらい

新築外構で「足腰が弱くなってから」失敗しないように、バリアフリーも意識しよう。

もし、家の門から居室空間内まで段差なく進めるスロープがあると、将来的に役立つでしょう。

使うのはあなたが年老いて足腰が弱くなってからとまだ何十年も先の話かもしれません。

しかし、例えば家族が事故やぎっくり腰などで一時的に車椅子を利用するかもしれません。また、あなたのご両親の介護同居が今後必要になる可能性などもあります。

また、スロープは作らなかったとしても、階段の段差を低くするなども、安全に利用するための工夫となります。

新築外構工事の見積もり比較は、専門サイトで!

外構工事では、プランも費用も十分比較を行うことで、高い満足につながります。

外構工事の見積もり比較にに便利なのが「タウンライフ」です。

完全無料で、あなたオリジナルの外構プランと見積もりを作成を作ってもらうことができるため、今すぐ利用する価値があります。

\無料!簡単3分/

 

新築外構「プライバシー」で失敗

新築外構で失敗しないためには、周囲からの視線への配慮も必要です。

外構工事で失敗しないためには、敷地内だけでの検討ではなく、外からの視線も考慮する必要があります。

塀・フェンスが無い

新築外構で「外からの視線」で失敗しないように、目隠しを検討しよう。

最近では、開放的なオープン外構・セミオープン外構も人気です。

また、外構工事にかかる費用の節約のためにも、優先度が低い、塀・フェンスの設置が省略されることは多いです。

しかし、リビング窓の正面や、隣家と窓が向き合ってしまう場所など、ポイントによっては目隠し(塀やフェンス等)を検討すべきです。

近隣や通行人から家の中が見られてしまうと落ち着いた生活ができず、ストレスになってしまいます。

(関連)ブロック積みの単価・価格

新築外構で、塀やフェンスをつければ、防犯面でも効果がある。

外構で、塀やフェンスがあると、防犯面での抑止力が生まれる利点もあります。

例えば、少しでも高さがある塀やフェンス、防犯砂利敷き、夜間照明など、侵入者が心理的に入りづらくなります。

ただし、死角が生まれると不審者が隠れやすくなってしまうために、例えばメッシュフェンスを利用するなど工夫してみましょう。

 

\安心度1位!/

 

新築外構「設備忘れ・位置」で失敗

水道が使いづらい

新築外構では「水道」で失敗しないように、立水栓は使いやすい場所に作ろう。

住宅を建てる時に設けることが多い立水栓は、洗車や植物への水やりなどに利用しやすい場所に設置しましょう。

もし、外構についてノープランな状況で立水栓をつけ、実際に使う位置とは遠い場所になってしまうと不便です。

住宅と外構を同時にプランニングすることで、設備面での失敗も防げます。

屋外コンセントがない

新築外構では「コンセント」で失敗しないよう、建物と同時に外構工事を検討しよう。

「コンセント」も、位置・数をしっかり確認したい設備です。

例えば、日常的には照明・門柱のインターホンなどで使う可能性がある他、バーベキュー・高圧洗浄機などでも使うことがあるでしょう。

また、将来的に電気自動車用に買い換えることもあるかもしれません。

新築外構では「荷物整理・置き場」に失敗しないよう、物置も設けよう。

生活の荷物管理の失敗を避けるためには、庭・外構には「物置」も設置しましょう。

自動車用品やアウトドア用品・スポーツ用品、植物の肥料・ガーデニング用品、子供の三輪車など、何かとしまう時に必要です。

広いシューズクロークをとる方法もありますが、クロークには物を溢れさせないためにも、別で物置がある方が良いです。

 

\今すぐ!/

 

新築外構で失敗する原因と対策(おわりに)

新築の外構工事では、まず日々、安全に簡単に使いやすいことが大切です。

歩いたり・利用したりする上で便利で安全か、広さや位置は適切か、そのような基本の十分な確認が必要です。

また、新築の外構工事では、将来の使いやすさや周辺への配慮も必要です。

「子どもが大きくなったら、親や自分が年老いたら」という視点や、「近所からはどう見えるだろうか」など時間軸・空間軸を広く配慮しましょう。

外構工事では必ず「2社以上の相見積もり」を行い、費用とプランを比較しましょう。

新築・外構工事の見積もり比較ならタウンライフ

外構工事では、十分な比較を行うことで、高い満足につながります。

外構工事の見積もり比較にに便利なのが「タウンライフ」です。

完全無料・3分の依頼で、あなたオリジナルの外構プランと見積もりを作成を作ってもらうことができるため、今すぐ利用する価値があります。

\無料!簡単3分/

 

 


詳しく知りたい方は、タウンライフ外構の評判・口コミもご参考下さい。

 

外構工事について知ろう!

もっと色々な工事について知りたい方は、外構工事の費用・相場

 

早速見積もりをとってみたいという方は、外構工事の見積もり

 

工事費用をなるべく安く抑えたい方は、外構工事を安くする方法・コツ

 

新築の外構作りが不安な方は、新築・外構で失敗・後悔しない

 

● リフォームについて知ろう!

リフォームの費用・相場

リフォーム見積もり比較サイトランキング

 

大工の梁大工の梁

ぜひこの記事をシェアして頂けると嬉しいです!