擁壁解体する費用は、一体いくらかかるのでしょうか?

擁壁が古く、たわみ・欠落などが見られ危険性がある時には、解体・撤去・新設などを検討する必要があります。

この記事では、擁壁解体する費用についてご紹介します。

擁壁を解体する費用について【重要点1分まとめ】

はじめに、この記事でご紹介する内容について、重要なエッセンスを濃縮して、1分でご紹介します。

1. 擁壁解体のタイミング
2. 擁壁解体時に確認すること
3. 擁壁の種類と解体方法
4. 擁壁解体の費用

擁壁の解体を行うのは、崩落の危険性がある時や、建物を広げたい時。

擁壁の解体が検討されるタイミングは大きく2つあります。

一つは危険性がある時。擁壁が古くなり、たわみ・欠落などが見られ、地震や台風で崩壊の危険性がある場合などに、解体・撤去・新設が検討される事があります。

もう一つは、敷地内の建物スペースを広げたい時です。部分的に解体し土地の一部を削るなどし、もともとよりも広いスペースを確保する事があります。

擁壁を解体する前には、必ず安全性の確認を。

擁壁を解体する時には、安全性・危険性の十分な確認が必要です。

もし安全性が高ければそもそも解体の必要が無いかもしれません。また、解体・撤去する事で逆に危険性が生じないかといった確認も必要です。

まずは自身の目で確認しつつ、詳しくは、調査・点検を行ってくれる専門業者に相談すると良いでしょう。

擁壁を解体する方法は、擁壁の種類によって異なる。

擁壁の解体は、擁壁の種類によって異なります。それが費用にも影響します。

例えば、ブロックや石を積み上げた「連積み式擁壁」は、ショベルカーで上から少しづつ削るなどして解体してきます。

また、「コンクリート擁壁」の場合は、ワイヤーソー工法やバースター工法と呼ばれるような、専門的な解体方法を行います。

擁壁を解体費用は様々な要素によって変動する。

擁壁の解体費用は、解体方法の他、様々な要素で変動します。

擁壁の、種類・構造・素材の他、大きさ(高さや幅など)、立地(接道、隣家との状況)などの他、残土処分代、地域相場など様々な要素でかわってくるのです。

例えば「約20㎡台で約30万円台」や「約60㎡(高さは4m)で約140万円」など工事の価格例はありますが、目安額は参考になりません。

擁壁の解体費用は、あなた自身が実際に専門業者に見積もりを取り知る必要がある。

結論として、擁壁工事の解体費用を知るには、あなた自身が地元の専門業者に見積もりを取る必要があります。

「あなたが解体工事を行う条件」に合わせて具体的に費用条件を算出する必要があるのです。

擁壁の解体費用を、プロの専門業者に依頼するには

擁壁の解体を依頼する場合は、外構業者に見積もりをする必要があります。

しかし、1社しか見積もりを取らないと困る場合があります。

1社しか見積もりを取らないと困る点
● 適正な費用なのかが分からない(中には、高額請求する悪徳業者も・・)
● 工事のプランが十分にまとまらまない・・・
 営業担当者との相性が合わない場合も・・・

 

そこで、大事なことは「比較検討をする」ということ。

専門業者選びは慎重に行って、後悔や失敗をしたくありませんよね。社以上の見積もり比較は、外構工事を安くする方法・コツでもあります。

擁壁の解体業者探しも大変

でも、相見積りにも、意外に大変な面もあります。

複数社に相見積りを取る時に大変な面
● 相見積もりを取る外構業者を自分で何社も探すのは大変・・・
● 複数の会社に対して、何度も同じ説明を行うことが大変・・・
● 断る時に、少し気持ち的に断りづらい・・・

 

時間的にも、気持ち的にも大変ですよね。

でも、大丈夫!

擁壁の解体で、地域の優良業者を、2分で簡単にチェックする方法

あなたがお住まいの地域で、擁壁解体に適した業者の最有力候補群を(登録なしで)約2分で簡単チェックする方法があります。

『タウンライフ』という冠に輝く住宅サービスを利用します。

全国約1万の施工店の中から厳格な国家基準をクリア」した「信頼ある住宅会社」のみ「約300社が厳選登録しているのです。

『タウンライフ』では、どの業者も工事の質や技術が高く、担当者の対応や人柄にも安心できます

簡単2分チェックの流れ
【0】『タウンライフ外構』へ
【1】地域・住まいのタイプ」選択
【2】外構プランの作成」を押す
【3】必要事項」を簡易に入力
【4】会社選択ページに進む」を押す

~5を順に行い表示されるのが、あなたが住まいの地域の擁壁解体に適した業者の最有力候補です。

「地元で評判の業者が2-3社パッと思いつかない方」は『タウンライフ外構を、今、約2分ほどでご確認下さい。

\簡単2分!優良施工業者を確認/

 

 


擁壁 解体の費用が、最大40%オフ

『タウンライフ外構』では、気になる全ての優良会社に、「あなたの希望やこだわり、予算に沿ったオリジナルの擁壁 解体プラン作成」をすぐ依頼きます。

例えば、擁壁の種類や大きさに応じた、解体工事、外構工事の費用・相場が、具体的な内訳を含め分かります。

簡単・気軽に無料依頼できるので、業者探しに疲れることなくスピーディーにプランを比較することができます。

無料で作ってもらえる内容

①「施工・工事プラン」

目的・予算に応じた適切な擁壁 解体の各種プランを提案してもらえます。

②「費用・お見積り」

あなたの地域や、工事を行う現場の状況に即した現実的な費用が、細かく分かります。

③「アイデア・アドバイス」

安全面や、隣地トラブルなど、あなたが擁壁工事を行う上で不安な事に対するアドバイスがもらえます。

まずは自宅の状況・自分の希望に合う具体的なプランを知ることが大事です。

タウンライフ外構は、擁壁解体をまだ決めていなくても、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。

複数プランを一度に比較できるので、今すぐ依頼すれば無駄な手間が省けて便利です。

\簡単3分!時間を大幅節約/

 

 


擁壁 解体の無料プラン作成 FAQ

「Q:でも、何かお金がかかるんじゃないの?」
→A:完全無料で依頼できます。
住宅・外構会社の宣伝費でサービス提供されているため、ユーザーは完全無料で利用できるお得なサービスです。

「Q:依頼が面倒なんじゃない?」
→A:約3分で依頼できます。
あなたが希望する情報の入力に、依頼には約3分ほどかかります。しかし、希望に合わせたプランを作ってもらえるので楽しいですよ。

「Q:提案をもらったら、契約しないといけないんじゃないの?」
→A:いいえ、契約の必要は全くありません。
まず、情報収集・比較検討の材料集めとして利用できます。もし、理想としている見積りやプランだった場合に具体的に話を進めることもできます。

「Q:しつこく営業してくるんじゃないの?」
→A:しつこい営業は一切ありません。
業者が厳選されていて、紳士的で人柄がいい担当者が多い点が担保になっています。また施工会社側も比較されることをあらかじめ分かっているのです。

タウンライフ外構は、サイト利用者安心度位を獲得しています。

「まずは気軽な感じで擁壁の解体を検討してみたい!」という方にとって、今すぐ利用する価値があります。

\完全無料!安心度1位/

 


以上で「ここだけ読めば大丈夫!」1分まとめは終了しました。

もしこの記事を気に入っていただけたら、LINEで家族やお友達などにもご紹介下さいね。

大工の梁大工の梁

ぜひ、素敵な擁壁を実現して下さい!


以降は、擁壁工事に関してここまでご紹介した内容のより詳しい詳細です。

擁壁を解体するタイミング【以下、詳細】

擁壁はどんな時に解体を行うのか?という点についてご紹介します。

擁壁に危険性がある時

擁壁の解体は「倒壊・崩落」などの危険性があり、造り変える必要がある時に行う。

擁壁は、古くなるなどして危険性が生じた場合に解体・撤去を行います。

例えば、たわみ・欠落・漏水などが見られ、部分的な補強・補修だけでは不十分な場合などです。

安全性に欠けた擁壁は、震災時や、台風時などの大災害時に倒壊するリスクがありるため、解体の上で新設するなど対策が必要になります。

もし、軽度のひび割れや剝がれ程度であれば、擁壁の補強・補修だけで済む場合もあります。

建物の範囲を広げたい時

擁壁の解体は、建物の増築など敷地のスペースを広げたい時に行うこともある。

擁壁は、敷地をより広く有効活用したい場合にも、解体・撤去を行うことがあります。

家の建物や物置などのスペースを広げたい場合に、擁壁を部分的に解体・撤去し、土地の高い部分を削るなどし、広い面として使える土地を広げる方法を取ることがあります。

ただし、擁壁は地盤を支えるために設けられているもののため、解体して問題ないか、あらたな対策はどうするのか十分な対策が必要です。

擁壁を解体する前の確認事項

擁壁を解体する前に確認すべきこと をご紹介します。

擁壁の隣家への確認

擁壁を解体する時は、隣接するご家庭に相談・確認を行い、トラブルを避ける。

擁壁が、隣の家との間にある場合は、隣家への事前確認を必ず行って下さい。

擁壁は、所有権や、崩壊時の責任の所在、作り替え時の費用負担など、隣人トラブルが多い傾向にある建造物です。

特に、解体・撤去時に事前に十分な話し合いがないと、その後の安全性の考え方などについて、もめ事に発展しかねません。

擁壁の安全性を確認

擁壁の解体がそもそも必要なのか「安全性」を確認しよう。

また、今ある擁壁がどのくらい危険なのか(逆に安全なのか)も確認するようにしましょう。

もし一定の安全性が確認できれば、そもそも解体は必要無く、簡単な補強・補修をすれば良いだけかもしれません。

自分でチェックできる「我が家の擁壁チェックシート」を国交省が用意している。

気軽な確認には、国土交通省の 我が家の擁壁チェックシートが活用できます。

16ページの記載がありプリンターでの印刷が必要になりますが、擁壁の種類と状況をチェックする事で、擁壁の危険度を点数評価できます。

ただし、あくまでおおまかな危険度チェックであり、仮に良い点数でも日常的な点検が必要です。

擁壁をより詳しく確認するためには専門業者に依頼を。

擁壁の安全性や危険度を十分確認するためには、専門業者に依頼することです。

専門業者は、擁壁を叩いた音の反響音を確認したり(打音検査)、電磁波・超音波レーダーを利用したり(背面空洞調査)などの検査を行います。

業者によって、調査費がかかる事もありますが、無料調査・点検を行っている業者もあるため、地元業者を調べる事が大切です。

擁壁解体プラン無料作成は、利用実績も多くて安心

擁壁の解体プラン一括比較を無料でできる『タウンライフ』シリーズ累計112万人が利用し評判や口コミも良いです。

 

たしかに、じっくり時間をかけた場合より、得られる情報の総量は少ないかもしれません。

もし、週末の土日をかけて外構サービスの実店舗を3~4店をまわれば、様々なカタログや、実例なども見れるでしょう。

しかし、「あなたの希望・要望に合う的確な情報」での比較こそが大切です。

まずプロ視点でプラン二ングしてもらうからこそ効率的な検討につながり、結果、その後の満足度高い工事が実現していきます。

 

『タウンライフ』はサービス評価として、リフォーム部門でも、注文住宅部門でも、「使いやすさ第1位」「利用満足度 第1位」を獲得しています。

「知人に薦めたいサイト」としての評価も高く、「擁壁解体に少しでも興味がある方」ならば、タウンライフ外構今すぐ利用しないと損なサービスです。

\満足度1位!100万人以上が利用/

 

 

擁壁を解体する方法

擁壁の種類によって、解体方法が異なり、解体費用にも影響する。

擁壁は、種類がいくつか分かれています。

その擁壁の種類によっても、解体方法・費用感が変わってくるために、簡単にご紹介します。

(関連)擁壁工事の種類

連積み式擁壁

「連積み式擁壁」とは、ブロックや石などを積み上げた擁壁のこと。

ブロックや石などを積み上げて作った擁壁を「連積み式擁壁」といます。

通常は、積み上げたものの隙間にセメントやモルタルを流し込みます。ただし、流し込んでいない「空積み式擁壁」と呼ばれるタイプもあります。

「連積み式擁壁」の解体は、ショベルカーなど使い、少しづつ壊す。

「連積み式擁壁」は、上の方から少しづつ壊していきます。

接合部分の強度が弱いために、もし下の方に強い圧力が加わると一気に壁全体が崩壊してしまう危険性があるために、上の方からショベルカーなどで少しずつ削るのです。

重力式擁壁・L型擁壁

「重力式擁壁」と「L型擁壁」は、コンクリートを利用した擁壁。

コンクリートを利用した擁壁が「重量式擁壁」と「L型擁壁」などです。

鉄筋コンクリートが利用されていないと「重力式」で、利用されていると「L型擁壁」と大別されます。

コンクリートを利用した擁壁には「逆T字、L型、逆T字、重力式、もたれ式」など様々あり、土地の条件に合わせて施工されています。

「重力式擁壁」と「L型擁壁」の解体は、専門用具を使い壊す。

コンクリートを利用した擁壁は、ワイヤーソー工法や、バースター工法で解体します。

ワイヤーソーイング工法:

ワイヤーソーを擁壁に巻き付けて切断する工法です。

バースター工法:

油圧シリンダーなどを使い、擁壁を静的に打破させるのがバースター工法です。

擁壁を地面から離しやすく作業が行いやすい工法で、ワイヤーソーイング工法と比較すると、工事の振動や騒音を抑えやすい方法でもあります。

擁壁解体プラン無料作成依頼ができる「タウンライフ」の口コミ

口コミ(例)

アドバイスがいただけ、想像以上に満足のいく施工ができました

外構工事を考えた時に、まずどこを選んだいいのか分かりませんでした

半ば情報収集的な感じで利用したのですが、ご紹介いただいた会社さんが希望通りの提案をしてくれたのでそこに決めました。

最初は不安もありましたが、今ではタウンライフ外構を利用して良かったと感じております。

完全無料のため、今すぐ始めないともったいないです。

 

擁壁を解体する費用

それでは実際に、擁壁解体の費用についてご紹介します。

擁壁解体費用の一例

まず擁壁解体費用の一例をご紹介します。

擁壁の解体費用一例 (約30万円台)

<合計>382,000円(税別)

・L型擁壁撤去工事 8,000円×25㎡=200,000円
・布基礎撤去工事 3,000円×23㎡=69,000円
・RC階段撤去工事 一式 40,000円
・擁壁解体足場 一式 38,000円
・諸経費  一式 35,000円

ただしこれはあくまで一例で、例えば、「高さ4m×幅15m=約60㎡で、約140万円」など、解体費用はその擁壁ごとにかわってきます。

解体費用への影響点

擁壁の解体費用は、「構造・素材・大きさ・立地・足場の有無」など様々な要素によって変動する。

擁壁の解体工事費用は様々な要素によって変動するため、「目安額」は実際には全く参考になりません。

構造・素材(擁壁の種類)

擁壁の種類により解体方法、工事の複雑さ、そして解体費用が変わってきます。

先ほどご紹介した通り、ショベルカーでの解体、ワイヤーソーイング工法、バースター工法など様々な解体方法があり、それぞれ使用機材や、作業員の工数が異なってきます。

大きさ(高さや幅、厚み、足場の有無など)

また、擁壁のサイズも、解体費用に大きくかかわってきます。

「高さ」がある場合に、足場が必要になったり、工事をより慎重に行う必要もでてくるために、その分費用も高くなってきます。また、「厚み」があることで解体の手間も増えます。

立地(接道、隣家との状況など)

解体する擁壁がどのような場所にあるのかも重要な点です。

例えば、道路から遠ければ解体した資材を運ぶ人員が多く必要になる事があったり、道路を占有する必要があれば警備員まで必要になる場合もあります。

その他

残土の処分代、重機代、運搬トラック代、地域相場など、価格が変わる要素は他にもあります。

解体費用は相見積もりを

擁壁の解体費用を具体的に知るためには、地元の専門業者に実際に相見積もりを行う。

結論として、実際の擁壁の解体費用を知るには、あなた自身が地元の専門業者に見積もりを取る必要があります。

特に、同じ工事内容でも、業者次第で価格差が1.5〜2倍近くになることもあるため、必ず2〜3社以上の「相見積もり」が必要です。

複数の専門業者から話を聞くことで、解体を考えている擁壁にとって必要な工事方法や、その解体費用相場が分かってきます。

擁壁の解体で「タウンライフ」が選ばれる理由

擁壁の解体検討開始に、タウンライフ外構が選ばれる理由は3つあります。

① 無料一括依頼できる
複数の会社に個別に依頼する手間がかからないのは便利です!

② 比較・検討しやすい
複数同時依頼することで、希望や要望に合わせた適切な擁壁工事プランが届きやすいです!

③ 施工が前進する
希望の擁壁工事のプランや費用を簡単に集められることで、施工の良いスタートがきれます!

擁壁工事を進めるのも、思い立ったが吉日ですよ。

 

 

なお、もし擁壁を解体の上で新たに設けるのであれば、新設のため擁壁工事の費用が別途かかってきます。

 

 

擁壁工事の見積もりサンプルも紹介しています。

擁壁を解体する費用について(おわりに)

擁壁を解体する費用は、例えば約30万円台などの工事例があります。

ただし、解体費用の「相場」や「目安」は参考になりません。

擁壁解体工事は、種類・大きさ・立地・地域など様々な要素で費用が決まるために、結論としては、あなた自身が、地域の業者に実際に見積もりをとり確認する必要があります。

擁壁解体の業者探しを、無料・簡単3分の手間で行うことができます!

タウンライフリフォーム外構特集

「あなたのお住まいの地域」で、ご希望の工事を、「あなたのご予算感」でできる国家基準を満たした業者が自動で絞り込まれて、それらに無料で一括でプラン・見積依頼できます。

相場が分からずに不当に高い工事となることを避けられ料金が最大40%オフになる場合もあります。

・押し売り営業も一切ありません。

 

 

擁壁工事について合わせて読みたい

擁壁工事の費用・価格・単価

 

擁壁工事の見積もり

 

擁壁工事の種類

 

擁壁の補強・補修の費用

 

擁壁を解体する費用

 

擁壁工事で駐車場をつくる費用