レスコハウスの注文住宅って興味がありますよね!

評判はどうなのでしょうか坪単価・価格・値引き率はいくらなのでしょうか? 

レスコハウスは、高強度のコンクリート住宅を手掛けるハウスメーカーです。

耐久性が高く地震に強いことにも加え、「Z空調」で知られる桧家住宅の子会社のため、空調設備で1年中快適に過ごすことができます。

この記事では、レスコハウスの評判や価格についてご紹介します。ぜひじっくりご確認ください。

比較他メーカーとの比較は!

レスコハウスの評判について「他メーカーと比較した状況」を知りたい場合は ハウスメーカーランキング の記事をご確認下さい。

レスコハウスとは

レスコハウスは、2016年に桧家住宅の子会社になった創業50年を超えるハウスメーカー。

レスコハウスは、1966年の創業以来、コンクリート住宅を手掛けているハウスメーカーです。

以前は、新日鉄グループの傘下でしたが、2016年に「Z空調」で知られる桧家住宅の100%子会社となりました。

急成長中の桧家住宅でも人気の「Z空調」を採用することもできることが一つの特徴となっています。

会社としては関東を基盤に、全国で、戸建・賃貸・リフォームを手掛けています。

レスコハウスの特徴

それでは、レスコハウスの「注文住宅・家づくりの特徴」をご紹介します。

コンクリート住宅

レスコハウスは、高い強度がある、コンクリートパネルで作られた住宅。

レスコハウスは、コンクリート造の家を造ることが一番の特徴です。

コンクリートのために、強度が高く、地震にも火事にも強い家になります。防音性も高いです。

コンクリート住宅は、通常であれば、費用が高かったり、工期が長かったり、施工技術にバラつきがあるなど、なかなか難しいものです。

工場であらかじめ生産されるコンクリートパネルだから、均一な品質で工期も短い。
レスコハウスでは、工場であらかじめコンクリートパネルを生産します。

プレキャストコンクリートといい、工場内で均質に、強固さにもつながる水分量を減らしたものを作ります。

そして、現場に運び、ボルトで組み立てるのです。天気や、職人の技量に左右されることなく、工期も短く済ませることができます。

地震に強い

レスコハウスは、コンクリート住宅だから、高強度・高密度で、地震に強い。

コンクリート住宅は、特に地震に強いです。

柱や梁でつくる軸組工法の住宅と異なり、壁全体で力を分散させることができるのです。地震時の変形量は、木造軸組構法の1/6以下で済みます。

また、「共鳴現象」という、建物に強い力が加わる現象も、木造住宅と比べるとおきづらくなります。

地震に加えて、台風や洪水などの災害にも強い。

また、コンクリート住宅は、台風などの強風、洪水にも強いです。

軽量鉄骨住宅と比べると、重さが2.5倍もあります。また、基礎梁と呼ばれる部材が1.3倍もあります。

そのように、重く、丈夫に作られていることで、強い風でもビクともしないのです。

寿命は100年以上

レスコハウスは、コンクリート住宅だから寿命は100年以上(法定耐用年数でも47年)

その強度や耐久性から、レスコハウスの住宅は、100年以上の寿命を期待できます。

木造住宅などと比べて初期費用が高かったとしても、建て替え費用などを抑えることができ、ライフサイクルコストを抑えることができます。

法定耐用年数で比べると、木造が22年、鉄骨住宅が34年に対し、コンクリート住宅は47年にもなります。

さらに、35年間に渡って、点検とメンテナンスが無料。さらに、住宅設備も10年間の保証付き。

また、レスコハウスは保証も充実しています。

他のハウスメーカーと比べても長い「35年間の長期無料点検・補修」の制度があります。もし、構造・基礎・壁・床などの修理が必要な場合、35年目まで無料なのです。

さらに、バス・キッチン・トイレなどの住宅設備にも10年間の保証がついてきます。

【まとめ】レスコハウスは、こんな人に向いています。

・コンクリート住宅に興味のある方

・地震に強い家づくりがしたい方

あなたのご希望に合いそうですか?

※もし「自分の希望とは少し違いそう・・」と感じた方は、より希望に合う他メーカーを、ハウスメーカーランキングの記事から探してみましょう。

レスコハウスの家づくりを検討するには

まずはじめに「カタログ請求」を行うことが鉄則です。

知識不足のままでいきなり住宅展示場にいき、営業マンとの条件交渉や住宅プラン作りに失敗し後悔する方が数多くいます。

事前に複数のハウスメーカーのカタログを請求・比較して十分な予備知識をつけておくことが、家づくりの失敗を避ける第一ステップです。

レスコハウス カタログ請求の詳細へ>>

 

レスコハウス注文住宅の主力商品

続いてレスコハウスの「注文住宅の主要な商品」をご紹介します。

キューブフィットなど

レスコハウスでは、注文住宅、企画住宅、賃貸併用住宅に商品が分かれます。

どの商品も、3階建てや、ZEH住宅などに対応しています。

レスコハウスの、注文住宅が「キューブフィット」

レスコハウスの注文住宅が「キューブフィット」です。

レスコハウスの強いコンクリート住宅を、家族の希望に合わせて自由にプランニングしていくことができます。

コンクリートだからこそのスタイリッシュなデザインや、Z空調などによる快適な機能性がある住まいが実現します。

\キューブフィットをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

レスコハウスの、企画住宅が「キューブセレクト」

レスコハウスの企画住宅が「キューブセレクト」です。

あらかじめ用意された約90種類ものプランから、好みやライフスタイルに合わせて、間取りや設備を選んでいくことができます。

セレクト型のために、建築費を抑えることができるのがポイントです。

\キューブセレクトをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

レスコハウスの、賃貸併用住宅が「タウンコード」

レスコハウスの賃貸併用住宅が「タウンコード」です。

コンクリート造で法定耐用年数が47年あることにより、将来的な売却想定なども含め、半投資物件として取組みやすい条件になっています。

賃貸併用住宅は、住宅部が50%以上あれば、金利が低い一般の住宅ローンを利用することができます。

\タウンコードをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

レスコハウスの価格・値段

気になる、レスコハウスの「価格・坪単価・値引き」についてご紹介します。

坪単価は約60〜90万円

レスコハウスの建物価格は、坪単価にすると約60〜90万円が一目安

レスコハウスの建物価格を坪単価で見ると、約60〜90万円が一目安となります。

実は、コンクリート住宅として考えると少し安めの価格帯です。CMなどの広告・宣伝を抑えることで、低価格を実現しています。

他にコンクリート住宅として知られる、大成建設ハウジングと比較しても、若干安いです。

【参考:坪単価とは】

「床面積1坪3.3㎡あたりの建築費」のことです。住宅メーカー費用把握のための参考指標になります。

レスコハウスの坪単価を他メーカーと比べると

レスコハウスの坪単価は、ハウスメーカーの中で、中〜高価格帯と言えます。

大手ハウスメーカーに近い金額感になってきますが、コンクリート住宅であること、保証が長いことを考えると妥当、むしろ少し割安です。

他メーカーの坪単価は・・

「他ハウスメーカーの坪単価目安」は、 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

価格約3,000万円が目安

レスコハウスの建物価格は、3,000万円前後(2,400〜3,600万円)が一目安。

レスコハウスの建物価格は、約3,000万円前後が一目安です。

坪単価目安の中央値75万円に、2階建て住宅の平均的な坪数40坪を掛けると、3,000万円になります。

坪数別に、坪単価目安から単純計算すると価格目安は次の通りです。

・30坪:1,800〜2,700万円
・40坪:2,400〜3,600万円
・50坪:3,000〜4,500万円
仮に、3,500万円の住宅ローンの場合、月々支払い例は、9万円台など。

もし総費用を3,500万円とし、頭金1割で住宅ローンを組んだ場合、月々の返済額例は約9.6万円になります。※35年ローン・固定金利1.5%時

同じ広さ(約132㎡)の賃貸住まいと比較した時、月々の支出としては安くなる地域も多いことでしょう。

レスコハウスの価格・坪単価は、実際には自身で確認する必要あり。

なお、坪単価は毎年少しづつ上昇傾向にあります。また、地域によっても差が出ます。

そのため、上記の坪単価・価格は、あくまで一参考程度であり、実際にはあなた自身でレスコハウスに坪単価を確認する必要があります。

あなたの要望に合う住宅プランを検討した上での、実際の見積もり確認が必要です。

\レスコハウスをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

 

値引き幅が大きい事も

レスコハウスの値引きは、交渉次第で大幅値引きになることも。

レスコハウスでは、場合により、10%以上の値引き条件を引き出せることがあります。

例えば、定期的に行っている「お客様感謝祭」では、抽選で25%オフ、12%オフ、8%オフなどが特典に用意されています。

もし仮に25%オフであれば、4,000万円の見積もりが、3,000万円にもなるということです。

【参考:住宅メーカーの値引き】

多くのハウスメーカーは約3~7%程度の値引きの交渉余地があります。価格帯が高いメーカーほど値引き余地が大きくなります。

レスコハウスで値引き・サービスを引き出す一番の言動力は「他社との競争」

住宅営業マンのサービスを引き出す一番の原動力は「他社との競争」です。

「他社と見積もり比較をしている事を伝えることでサービスが増える」という事が最も多くあります。

レスコハウスを含め「他社と見積もり比較されている事実」が、営業マンの調整を最大限に引き出します。

特に「①同じ工法・似た価格帯のメーカーとの比較」と、「②契約直前の値引き交渉」が、鉄則です。

レスコハウスと比較するメーカー候補と、その特徴は!

レスコハウスと相見積もりする時のメーカー候補は、例えば次の通りです。

大成建設ハウジング、三菱地所ホーム、ヘーベルハウス など

コンクリート住宅を扱っているハウスメーカーか、鉄骨造で多層階住宅にも強いハウスメーカーが良い比較候補となります。

特に、同じRC造として知られるのが、大成建設ハウジングです。

比較比較候補メーカーの特徴は!

「レスコハウスとの比較候補各社の特徴」 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

レスコハウスの評判・評価

レスコハウスの「評判」はどうなのでしょうか?ご紹介します。

強さや安心感に定評

レスコハウスは、コンクリート住宅として、自然災害に強いことが評判。

レスコハウスは、地震などへの強さがあるとに定評があります。

近年増えている、地震や土砂災害などの被害リスクを考えた時に、コンクリート住宅の強固さは、まるでシェルターのようだとも思われるほどです。

地震の時は、構造として強いだけでなく、揺れが抑えられることも大きな安心点となります。感じる揺れは「震度ー1くらい」との口コミも見られます。

Z空調がある点で、快適性の向上も。

コンクリート住宅は高気密・高断熱なために空気がこもりがちです。しかし、ヒノキヤグループであること「Z空調」を搭載できる点での良さもあります。

Z空調は、24時間35日つけっぱなしにして、1年中住まいの温度を快適に一定に保っておくことができます。

\レスコハウスをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

 

一方、レスコハウスは、デザインにこだわりづらいなどの声も。

一方、レスコハウスで弱い点としては、デザイン面などがあります。

コンクリートのスタイリッシュなデザインですが、木造住宅などと比べると外観やデザインの多様性には富んでいません。

また、木のぬくもりがある家などのようにはならないために、好みが分かれてきます。

様々なハウスメーカーを比較して選ぼう。

満足のいく家づくりのためには、ハウスメーカー比較が大切です。

色々な構造やデザイン、仕様の住宅プランを比較していくことで、本当に建てたい家のイメージが深まります。

他の、顧客満足度が高いメーカーと比較してみることも大事です。

比較他メーカーと比較を!

顧客満足度が高い住宅メーカーとその各社特徴を、ハウスメーカーランキングの記事でご紹介しています。

レスコハウスをもっと詳しく

レスコハウスについてさらに詳しくご紹介します。

気密断熱・空調など

【レスコハウスの気密】木造住宅の5倍以上の気密性。

レスコハウスは、気密性が高いです。

その気密度は木造の5倍以上です。コンクリート造であることで家のスキマが少なく、空気や熱が逃げずらいのです。

そのため、冷暖房効率は高く、夏の涼しさ、冬の温かさを長時間キープしやすくなります。

【レスコハウスの断熱】は、四層構造で、断熱性が高い。

また、断熱性を高める方法も工夫されています。

外壁では、コンクリートパネルの内側にまず断熱材(発砲ウレタン)があります。さらに、その内側に空気層をつくり、石こうボードで覆っているのです。

この4層の構造にすることで、断熱性を高めるとともに、結露の発生も抑えています。

【レスコハウスの空調】は、桧家住宅の「Z空調」が利用できる。

レスコハウスでは、1年中快適な室内空間で過ごすことができます。

これは、親会社の桧家住宅が、ダイキンなどと共同開発した「Z空調」で、24時間365日、室内の温度を一定にキープすることができるためです。

花粉や、カビ、結露なども防ぐことができます。

【レスコハウスの屋上】は、BBQやガーデニングなどしやすい。

コンクリート住宅は、鉄骨造住宅以上に、屋上を有効活用しやすくなります。

強固さがあることで、最大積載荷重は600kg/㎡もあります。そのため土を多く載せての家庭菜園やガーデニングなども行いやすいです。

また、耐火性が高いために、BBQも行いやすくなります。

\レスコハウスをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

 

レスコハウスの口コミ

最後に、レスコハウスの「口コミ」をご紹介します。

(はじめに)ネット上の住宅会社の悪い口コミに神経質になりすぎないこと。

まずはじめに、注文住宅に関するネット上の口コミに、シビアになりすぎないことをオススメします。

家づくりは高い買い物で、買い手側のこだわりが強く期待も高いことから、どうしても苦情が多くなりがちです。

住宅業界は「クレーム産業」と呼ばれ、どのメーカーに対しても基本的に辛口の口コミが多いのです。

レスコハウス辛口の口コミは「光熱費がかかる」など。

レスコハウスの気になる口コミには「光熱費」などがあります。

コンクリート住宅は、一度室内温度が調整されれば、その温かさや寒さを長くキープさせやすいのですが、はじめに温めたり、冷やすまでに時間がかかります。

そのため、共働きなどで外出が多く都度冷暖房を入れるご家庭の場合、思ったよりも電気代が高くなることがあります。

ただし、電気代が安い「Z空調」を使えば24時間運転でも、一般的な家庭より1〜2割程度電気代を抑えやすくなります。

レスコハウスの良い口コミは「営業マンが誠実」など。

レスコハウスの良い口コミでは「スタッフの対応」などが見られます。

大手ハウスメーカーと比べると、地味ながらも堅実で親身な営業スタッフが多い傾向にあるようです。

ただし、どのハウスメーカーでも営業マンの当たりハズレがあるもののため、まずは相性を探ってみましょう。

レスコハウスについて(おわりに)

レスコハウスは、コンクリート住宅の専門メーカーです。

コンクリート造のため、耐震性・耐久性・防火性などが高く、地震や火災に対して安心できる住宅です。

さらに、桧家住宅の子会社であることで、全館空調システムの「Z空調」を利用し、1年中室内の温度を快適に過ごすことができます。

レスコハウスは、コンクリート住宅に興味のある方は、今すぐ検討する価値があります。

\レスコハウスをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

 

理想の家づくりを実現するために
満足度が高い家づくりを!

多くのハウスメーカーや住宅プランを比較検討することで、家づくりのアイデアが膨らみます。

人気≻≻ハウスメーカーランキング!