ブルースホームの注文住宅って興味がありますよね!

評判はどうなのでしょうか坪単価・価格・値引き率はいくらなのでしょうか? 

ブルースホームは、デザイナーとともに作るフルオーダー型式の輸入住宅ハウスメーカーです。

親会社が、建材卸売で国内トップ企業のため、そのグループ力を活かして家づくりをしています。

この記事では、ブルースホームの評判や価格についてご紹介します。ぜひじっくりご確認ください。

比較他メーカーとの比較は!

ブルースホームの評判について「他メーカーと比較した状況」を知りたい場合は ハウスメーカーランキング の記事をご確認下さい。

ブルースホームとは

ブルースホームは、建材卸売国内トップの会社を親会社に持つ、輸入住宅ハウスメーカー。

ブルースホームは、フランチャイズ形式で全国展開する輸入住宅ハウスメーカーです。

親会社の「JKホールディングス」は、建材の卸売で国内トップシェアを誇る東証一部上場企業で、ブルースホームは子会社のJKホームが手掛けています。

グループの力を活かして世界中から様々な建材を仕入れることができることが同社の強みです。

ブルースホームの特徴

それでは、ブルースホームの「注文住宅・家づくりの特徴」をご紹介します。

美しいデザイン性

ブルースホームは、デザイナーとともに海外デザインの住宅を作り上げる。

出典ブルースホーム

ブルースホームでは、美しいデザインの輸入住宅を建てることができます。

日本の住宅にはない、北米や南欧など世界各国の個性的で魅力的なデザインの住まいを作り上げることができるのです。

輸入住宅に精通したデザイナーとともに、要望をヒアリングしてもらいながらフルオーダー式で進めていきます。

欧米スタイルのゆったりリビングや、仕上げやアクセントまでこだわった輸入住宅に。

欧米では、家族と過ごす時間を大切に考えます。

そのため、リビングは、キッチンやダイニングなどと接し開放感がある間取りで、ゆったりと過ごすことができる作りになります。

また、壁材や床材に加え、窓飾りなどのアクセントまで含め厳選された輸入建材でおしゃれに仕上がります。

天然素材にこだわり

ブルースホームでは、健康にやさしい天然素材にこだわっている。

出典:ブルースホーム

建材について、輸入品であることだけでなく、健康への優しさも大切に考えています。

壁には調湿性に優れた「珪藻土」を使用し、空間をキレイに保ってくれます。また、塗料には、子どものおもちゃにも使われる「植物由来の自然塗料」を使用しています。

また、インテリアの塗料には、有機溶剤を含まない「水性塗料」を使うことで、塗料特有の嫌な匂いもありません。

フローリングには、天然無垢材を使用。

また、ブルースホームの床・フローリングは、天然無垢材を使用しています。

レッドパイン(赤松)、ダグラスファー(米末)、イエローバーチ(真樺)があり、内装のイメージに合わせて選ぶことができます。

柔らかなぬくもりのある質感で、室内ドアや窓サッシなども無垢材で合わせることができます。

高気密・高断熱

ブルースホームは、2×4構法と2×6構法で、気密性・断熱性が高い住まいが実現。

ブルースホームの住まいは、住宅性能が高いことも特徴です。

北米で生まれた2×4(ツーバイフォー)構法で、壁・床・天井の6面で家を支えることで、家に隙間が少なく、気密性が高く冷暖房効率が高まり、冬温かく・夏涼しく過ごしやすいのです。

なお、柱をより太くすることで2×6構法にも対応し、耐震性・耐久性も一層高めています。

断熱材や、窓のサッシにもこだわり、より断熱性を高めている。

さらに、外気の影響を受けずらくする工夫が随所に盛り込まれています。

天井と壁の断熱材には、袋から出した状態の裸の「高性能グラスウール」が使用されています。裸であることで、密度が高く自立性と弾力性が高くなります。

床の断熱材には「ポリスチレンフォーム」を使い、床の湿気を避けながら空気を閉じ込めて高い断熱性を実現しています。

また、窓サッシは、熱伝導率が低い樹脂サッシを使うことで断熱性を高め、窓ガラスもトリプルガラスを利用しています。

【まとめ】ブルースホームは、こんな人に向いています。

・輸入住宅に興味のある方

・天然無垢材のむくもりのある住まいに興味のある方

・耐震性や気密・断熱性などを重視される方

あなたのご希望に合いそうですか?

※もし「自分の希望とは少し違いそう・・」と感じた方は、より希望に合う他メーカーを、ハウスメーカーランキングの記事から探してみましょう。

ブルースホームについて知るには「カタログ・資料請求」から。

ブルースホームに興味を持った方は、まずは必ずカタログなど資料請求を行いましょう。

(関連)家を建てる手順・流れ

間取りやプラン・費用について事前に十分な予備知識を付けておくことで、その後の打合せが有意義なものになると同時に、価格やサービスなどの条件交渉もしやすくなります。

カタログと資料の請求は、タウンライフ家づくりというサイトを使えば今すぐ簡単に約3分で行えます。

ブルースホームが少しでも気になった方は、今すぐのカタログ請求をオススメします。

詳細はこちら>>>

 

 

ブルースホーム注文住宅の主力商品

続いてブルースホームの「注文住宅の主要な商品」をご紹介します。

オレゴンなど

ブルースホームの北米風住宅が「オレゴン」と「ノースカントリー」

シンプルさや機能性の高さがあるのが、北米住宅です。

「オレゴン」はイギリスをルーツとする北米住宅で、大草原の中の一軒家のようにシンプルながらも威風堂々とした風格・存在感があります。

また「ノースカントリー」は極寒のカナダに学んだ、厳しい寒さに耐える気密性・断熱性が高い住いです。

ブルースホームの南欧風住宅が「オールドプロヴァンス」など

あたたかさや、ぬくもり感があるのが南欧住宅です。

南仏の古民家をモチーフにしたアンティーク調の「オールドプロヴァンス」や、南仏の5つ星ホテルのようなくつろぎを与える「シャコンヌ」といった商品があります。

また、ロマンチックな街並みの中で凛と立つイタリアの別荘をモチーフにした「イタリアネイトフィネッツア」という商品もあります。

ブルースホームのアンティーク住宅が「アート&クラフトDECO」

また、アンティーク調の住宅もあります。

重厚感のあるアンティーク仕上げの床や、職人の手仕事のようなぬくもり感があるのが「アートクラフトDECO」です。

1880年代にはじまった、美術工芸運動の「アート&クラフト」のものづくりの良心に共感してできた商品です。

ブルースホームの間取りプランも資料請求できる。

ブルースホームの住宅商品について、カタログと合わせて間取りプランの資料請求ができます。

営業マンと顔を合わせずとも、あなたの希望や予算に合わせた、オリジナルの商品・間取りのプランを作って送付してもらうことができるのです。

間取りプランを無料で作ってもらえるのが、注文住宅で利用満足度No.1サイトのタウンライフ家づくりです。

ブルースホームの注文住宅に興味のある方は、今すぐプラン依頼をする価値があります。

詳細はこちら>>>

 

3冠を獲得・112万人が利用。

たしかに、タウンライフはテレビCMを行っていないため広くは知られていません。

しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。

3冠の中には、「利用満足度」や「知人に薦めたいサイト」などがあり、安心できるサービスを利用したい方に向いています。

たしかに、事前の登録に約3分と連絡先の入力が必要になってしまいます。

しかし、気軽に無料で利用でき、あなたの希望の住宅プランを作ってもらえるため、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

ブルースホームの価格・値段

気になる、ブルースホームの「価格・坪単価・値引き」についてご紹介します。

坪単価は約50〜100万円

ブルースホームの建物価格は、坪単価にすると約50〜100万円が一目安

ブルースホームの建物価格を坪単価で見ると、約50〜100万円前後が一目安になります。

ヨーロッパスタイルの場合が坪50〜70万円程度で、北米スタイルの場合が60〜100万円程度と、建築様式で価格差がでてきます。

北米スタイルでは、総レンガ造りにしたり、柱が太い2×6構法になることで価格が高くなります。

【参考:坪単価とは】

「床面積1坪3.3㎡あたりの建築費」のことです。住宅メーカー費用把握のための参考指標になります。

ブルースホームの坪単価を他メーカーと比べると

ブルースホームの坪単価は「中間〜高い」価格帯です。

輸入住宅は輸入コストなどもあり、価格帯がやや高めの住宅スタイルです。ただ、メーカーによって価格幅は大きいため、色々比較してみましょう。

「他ハウスメーカーの坪単価(目安)」は、ハウスメーカーの坪単価比較一覧の記事でご紹介しています。

価格約2000万円台が一目安

ブルースホームの建物価格は、2,000万円台が一目安。

ブルースホームの建物価格は、約2,000万円が一目安です。

戸建ての平均的な坪数40坪に、ヨーロッパスタイルの坪単価目安を掛けると、建物価格は2,000〜2,800万円が一目安になります。

同様に、北米スタイルで計算すると、2,400〜4,000万円程度が一目安になってきます。

標準仕様内に仕様を納めることで価格を抑えられますが、逆にオプションを増やすと総額が高くなるために注意して下さい。

(関連)家を建てるお金・平均

仮に、3,000万円の住宅ローンの場合、月々支払い例は、8万円台など。

もし総費用を3,000万円とし、頭金1割で住宅ローンを組んだ場合、月々の返済額例は約8.2万円になります。※35年ローン・固定金利1.5%時

同様の条件の時、2,500万円なら約6.8万円、3,500万円なら約9.6万円です。一参考にして下さい。

ブルースホームの価格・坪単価は、実際には自身で確認する必要あり。

なお、坪単価は毎年少しづつ上昇傾向にあります。また、地域によっても差が出ます。

そのため、上記の坪単価・価格は、あくまで一参考程度であり、実際にはあなた自身でブルースホームに坪単価を確認する必要があります。

あなたの要望に合う住宅プランを検討した上での、実際の見積もり確認が必要です。

ブルースホームの実際の、坪単価・価格を確認するには。

ブルースホームへの実際の価格確認も難しいことではありません。

あなたの希望に合わせた住宅プランと、その具体的な費用プランは、ウェブからの依頼で気軽に作ってもらうことが可能です。

費用プランを作ってもらえるのが、タウンライフ家づくりです。

ブルースホームの坪単価・価格を正しく確認するためにも、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 

値引きは店舗次第?

ブルースホームでは、値引きがわりのサービスなどの条件を引き出せる場合も。

ブルースホームから出た見積もりは、サービスの条件を引き出せる場合があります。

通常はお金がかかるオプションを、一部無料で付けてもらえる場合があるのです。

キャンペーンを行っていることもあり、例えば「100万円分プレゼント」などの企画が行われていることもあります。

なお、ブルースホームはフランチャイズ展開のために、店舗で営業方針も異なるために、値引き・サービスがありそうか、希望の店舗に確認する必要があります。

【参考:住宅メーカーの値引き】

多くのハウスメーカーは約3~7%程度の値引きの交渉余地があります。価格帯が高いメーカーほど値引き余地が大きくなります。

ブルースホームで値引き・サービスを引き出す一番の言動力は「他社との競争」

住宅営業マンのサービスを引き出す一番の原動力は「他社との競争」です。

「他社と見積もり比較をしている事を伝えることでサービスが増える」という事が最も多くあります。

ブルースホームを含め「他社と見積もり比較されている事実」が、営業マンの調整を最大限に引き出します。

特に「①同じ工法・似た価格帯のメーカーとの比較」と、「②契約直前の値引き交渉」が、鉄則です。

(関連)注文住宅・ハウスメーカーの値引き交渉

ブルースホームと比較するメーカー候補と、その特徴は!

ブルースホームと相見積もりする時のメーカー候補は、例えば次の通りです。

GLホームインデュアホームロビンスジャパン など

輸入住宅メーカーで、商品ラインナップが幅広く、価格帯的にも近いハウスメーカーが良い比較候補となるでしょう。

比較比較候補メーカーの特徴は!

「ブルースホームとの比較候補各社の特徴」 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

ブルースホームの値引き・オプションを引き出す相見積もり

ブルースホームの相見積もりを行いやすいのが、タウンライフ家づくりです。

(関連)注文住宅の一括見積もり

ブルースホームに加え、GLホーム、メープルホームズなどの輸入住宅メーカーにも同時に見積もりプラン依頼ができます。

比較対象として適したハウスメーカーの見積もりが気軽に手に入るため、値引きのための価格交渉の材料にもってこいです。

ブルースホームの値引き・サービスにつなげたい方は、今すぐ利用しないと損です。

詳細はこちら>>>

 

ブルースホームの評判・評価

ブルースホームの「評判」はどうなのでしょうか?ご紹介します。

まず悪い評判をご紹介します。

ブルースホームは、フランチャイズ制のために、店舗次第で対応に差がある事も。

気になる評判としては、中には対応が良くない店舗もありうることです。

フランチャイズ制のために、あくまで契約は各契約店と行うになりますが、店舗によって営業方針や人材の育成方針なども変わってきます。

そのために、店舗次第で対応の良し悪しの差が出てくる事もあるために、注意が必要です。

満足のいく家づくりのためには、十分なハウスメーカー比較が必須。

十分に納得しての家づくりを行うためにも、色々なハウスメーカーを比較して下さい。

輸入住宅メーカーでも、得意とするデザインやスタイルが各社によって異なってきます。

他の、顧客満足度が高いメーカーと比較してみることも大事です。

外観のデザインが良い

続いて良い評判をご紹介します。

ブルースホームは、外観やインテリアのデザインの良さに定評。

ブルースホームは輸入住宅の美しいデザインに定評があります。

海外の住宅デザインに憧れや興味を持っていた方々にとって、多くのバリエーションの中から好みに合うデザインを見つけやすい事は好評です。

北米デザインから、ヨーロッパ各国の様式が幅広く用意されていることで、高級感や、可愛らしさなど希望のテイストが見つかります。

また、2×4構法で、耐震性や気密性など住宅の基本性能が高い点も好評。

また、住宅の性能の高さも評価されるポイントです。

2×4構法(や2×6構法)であることで、地震に強く、耐久性もあり、家族が長く安心して暮せるのが良い点です。

気密性・断熱性が高い住まいになり、暑い夏や寒い冬でも1年中快適に過ごしやすくなるのも嬉しい所です。

評判のブルースホームが気になる方は、早速、資料請求を。

ブルースホームは家づくりにおいて評判のハウスメーカーの一つです。

少しでも気になるようであれば「カタログ・間取りプラン・見積もりプラン」の資料請求を早速行ってみて下さい。

実際に、あなたの希望する内容・予算で、ブルースホームならばどのような家が建つのかが分かります。

全ての資料は、タウンライフ家づくりを利用することで一度に請求できます。

ブルースホームに興味のある方は、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

ブルースホームの評判を実感するためには他社比較が必要。

なお、ブルースホームの良さを実際に体感するために、他社との比較は必須です。

そのため、通常であれば、具体的に多くのハウスメーカー 一社一社話を聞きに行く必要があり大変です。

住宅展示場やモデルハウスに行ったり、一社一社営業マンの接客を受けたり、契約を迫られそうなイメージがあり、何だか大変そうですよね・・。

タウンライフなら、一度に比較できるからブルースホームの評判点も確認しやすい。

ここで、タウンライフ家づくりなら、全てオンライン手続きでハウスメーカー比較できる点が優れています。

たしかに、「新築注文住宅」カタログの資料請求サービスなどならば他にもあります。

しかし、タウンライフなら、各ハウスメーカーにう住宅プランまで作ってもらえ、また、アイデアやアドバイスも充実している点で違い、おすすめなのです。

比較が具体的なため、ブルースホームなどハウスメーカーを決める上での、納得度が違います。

私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりと資料や提案が届きました。

営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持ってハウスメーカー比較をすることができます。

ハウスメーカー検討時の「 ’自分にあった’ 情報収集や比較検討の材料集め」に適しています。

気軽に無料で利用できるため、家づくりを検討中の方は、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

ブルースホームをもっと詳しく

ブルースホームについてさらに詳しくご紹介します。

構法・耐震・耐久など

【ブルースホームの構法】は、2×4構法、2×6構法

ブルースホームでは、北米生まれの2×4構法、2×6構法を採用しています。

一般的な日本の住宅は「木造軸組構法」といい柱と梁からなりますが、2×4構法は壁・床・天井の面で家を支える事で強固になります。

特に、柱が太くする(89mm⇒140mm)ことで2×6構法といより強い構造にも対応しています。

【ブルースホームの耐震】は、構法の他、ベタ基礎などで対策。

ブルースホームは地震にも強い住まいです。

まず前述の通り、2×4構法(2×6構法)により、面で地震の揺れが吸収されます。さらに、家の重さを面で受け止める「ベタ基礎」を採用しより強固にしています。

さらに、万が一の火事に備え、火が燃え広がりづらいファイヤーストップ構造になっています。

【ブルースホームの耐久性】は、湿気対策がしっかりされている。

住まいの耐久性を高めるためには、湿気対策が大切です。

その点、ブルースホームでは「湿式モルタル通気工法」とよばれる、壁の中に通気層を設けることで、湿気対策を行っています。

また、ベタ基礎のコンクリートは厚みを150mmにすることで、湿気対策としています。

ブルースホームの口コミ

最後に、ブルースホームの「口コミ」をご紹介します。

(はじめに)ネット上の住宅会社の悪い口コミに神経質になりすぎないこと。

まずはじめに、注文住宅に関するネット上の口コミに、シビアになりすぎないことをオススメします。

家づくりは高い買い物で、買い手側のこだわりが強く期待も高いことから、どうしても苦情が多くなりがちです。

住宅業界は「クレーム産業」と呼ばれ、どのメーカーに対しても基本的に辛口の口コミが多いのです。

ブルースホーム辛口の口コミは「建具の品質」など。

ブルースホームの気になる口コミには、一部建具の品質への不満の声が見られます。

例えば、玄関ドアや部屋の扉などが、日本の一般的な製品と比べて品質が劣っていると感じる方もいるようです。

機能性にかかわる建具に関しては、あらかじめサンプルを確認し、不満があれば国産製品を選ぶなど事前チェックを怠らないようにしましょう。

ブルースホームの良い口コミは「スタッフの対応」など。

ブルースホームの良い口コミで多く見られるのが、従業員の対応についてです。

「予算や希望に合わせて親身にプランを提案してもらえた」など、スタッフの対応を評価する口コミが多くあります。

ただし、営業担当者には当たり外れもありうるため、まずは信頼たりうる担当者なのかをしっかりと見定めましょう。

「提案力が高い」という声も。

また「プランの提案が良い」といった口コミも見られます。

輸入住宅メーカーの中でも、スタイルのバリエーションが豊富ですし、価格帯の幅も広く、希望に沿った提案が受けやすいようです。

輸入住宅にするかどうか迷っている方についても、とりあえずプランだけ作ってみてもらって損はないでしょう。

ブルースホームについて(おわりに)

ブルースホームは、北米やヨーロッパなどの輸入住宅を扱うハウスメーカーです。

親会社が建材卸売りの国内トップ企業であることを活かし、世界中から厳選された建築材を仕入れ家づくりを行っています。

デザイナーとともに、世界の天然無垢材を仕様した、各種デザインスタイルの住宅を建てる事が可能です。

ブルースホームは、輸入住宅に少しでも興味のある方であれば、今すぐ検討する価値があります。

住宅プラン作成

ブルースホームに、住宅プランを気軽に作成してもらえます!

ブルースホームに「住宅プラン作成」を気軽に依頼できます!

「タウンライフ家づくり」を利用すると今から約3分のWEB申込で、ブルースホームに、あなたの予算や要望に合わせた家づくりプランを気軽に作成してもらえます。

さらに、希望すれば、他の人気メーカーにも同時にプラン依頼できます。

詳細はこちら>>>

 


ブルースホームの無料住宅プラン作成よくある質問

「Q. 本当は何かお金がかかるのでは?」
完全無料で利用できるサービスです。住宅会社の広告宣伝費で運営がなりたっているため、無料サービスが実現しています。仲介手数料なども一切かかりません。

「Q. 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。」
心配ありません。希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載することで、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。

「Q. 申込み後の流れはどうなるの?」
はじめに入力内容の確認連絡があります。その後、希望条件に合わせたプランや資料が届くので、じっくり比較して下さい。

タウンライフは私も2度利用しています。

他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているために、安心しておすすめできます。

詳細はこちら>>>

 

理想の家づくりを実現するために
満足度が高い家づくりを!

多くのハウスメーカーや住宅プランを比較検討することで、家づくりのアイデアが膨らみます。

人気≻≻ハウスメーカーランキング!

合わせて読みたい

風水家相の完璧な間取り

間取り図作成ブラウザ・無料フリーシミュレーション