エースホームの注文住宅って興味がありますよね!

評判はどうなのでしょうか坪単価・価格・値引き率はいくらなのでしょうか? 

エースホームは、「Mi’Like(ミライク)」をコンセプトに掲げ、未来に向かって長く住める家に特徴があります。

ローコスト住宅メーカーながらも、全商品が、安心の長期優良住宅の仕様になっています。

この記事では、エースホームの評判や価格についてご紹介します。ぜひじっくりご確認ください。

比較他メーカーとの比較は!

エースホームの評判について「他メーカーと比較した状況」を知りたい場合は ハウスメーカーランキング の記事をご確認下さい。

エースホームとは

エースホームは、LIXILグループとヤマダホームズが共同出資するFCハウスメーカー。

エースホームは、大手企業2社が共同出資するハウスメーカーです。

住宅設備機器で最大手のLIXILグループ(旧トステム)と、ヤマダホームズ(旧エスバイエル)が共同出資して誕生しています。

2000年誕生の最後発のローコスト住宅メーカーですが、旧エスバイエルは70年以上歴史を持つ小堀住研が元になっていたこともあり、確かな技術力や設計力が引き継がれています。

エースホームは、地域密着型のフランチャイズ展開。

エースホームは、フランチャイズ展開型のハウスメーカーです。

あなたが家を建てる地域にあるエースホーム加盟店の工務店が、家づくりを請け負うことになります。

フランチャイズメーカーは、大手ハウスメーカーが持つ商品開発力や仕入れのスケールメリットと、工務店が持つ確かな施工力・地域密着型の対応力といったメリットを持ち合わせています。

エースホームの特徴

それでは、エースホームの「注文住宅・家づくりの特徴」をご紹介します。

Mi’Like(ミライク)

エースホームは、「Mi’Like(ミライク)」をコンセプトに掲げている。

エースホームは、家づくりのコンセプトとして『Mi’Like(ミライク)』を掲げています。

これあ「未来」「Like」「育」「行く」を重ね合わせたもので、『家族みんなが健康で未来に向かって長く暮らせる住まい』を表してます。

具体的には「高気密・高断熱」・「耐震性」・「自分らしさ」を表しています。

【エースホームの高気密・高断熱】は、エコ住宅ZEHと同じ基準レベル。

エースホームの断熱性は「ZEH」と同基準で、夏は涼しく・冬は温かい住まいが実現します。

住まいの熱の出入りが特に多い「窓」では、通常より約4倍の断熱性をもつ高性能複層ガラスと、高断熱仕様のサッシを採用しています。

また、壁や天井にも高性能な断熱材を使用しています。

【エースホームの耐震】は、全て「耐震等級3」を実現。

エースホームの住まいは、最高ランクの「耐震等級3」を実現します。

これは震度7の約1.5倍の揺れでも倒壊しないほどの強さで、消防署や警察署に求められるほどの耐震性です。

なお、揺れを最大83%軽減する制震システムも標準装備されているために、揺れへの安心感もあります。

【エースホームのラインナップ】自分らしさが実現する多様なスタイル。

また、エースホームでは、好みのスタイルに合わせた家づくりをしやすいことが特徴です。

飾らない自然なスタイルや、ぬくもりのある空間づくり、都内的なスタイルなど、数々あるスタイルから希望の形を選んでいくことができます。

子育てがしやすい住まい

エースホームは「ミキハウス 子育て総研」認定の家づくりができる。

エースホームは「子育てにやさしい住まい」も特徴です。

「アンディニード」という商品は、約60以上の基準を満たさないと認定されない「ミキハウス子育て総研」の注文住宅認定を受けています。

子育てママが暮らしやすい仕組みや、子どもの教育のための工夫が施されているのです。

家族が集いやすい、子育てしやすい間取りが実現。

具体的には、「家族が自然と集まりやすいリビング階段」、「子どもの成長に合わせてレイアウトを変えられる間仕切り収納」などがあります。

また、荷物をしまいやすい玄関とダイニングの間の土間スぺースなど、子育てにやさしい工夫が盛り込まれています。

全商品で長期優良住宅

エースホームは、全ての商品で「長期優良住宅」の仕様となっている。

エースホームの住まいは「長期優良住宅」の仕様も満たしています。

国が定める耐久性・耐震性・省エネ・居住環境などの基準を満たしていて、長い期間に渡って安心に住み続けることができる住まいだということです。

将来的な建て替えコストを削減でき、また、火災保険料も安くなる。

長期優良住宅は、数々の経済的なメリットがあります。

建て替えを繰り返す必要がありませんし、税金の控除があったり、住宅ローンの金利が低くなるなどといった優遇もあります。

また、エースホームは「省令準耐火構造」も対応していることで、火災保険の割引も適用されます。

【まとめ】エースホームは、こんな人に向いています。

・長く安心して暮らせる家づくりをしたい方

・子育て世代で家づくりをする方

あなたのご希望に合いそうですか?

※もし「自分の希望とは少し違いそう・・」と感じた方は、より希望に合う他メーカーを、ハウスメーカーランキングの記事から探してみましょう。

エースホームについて知るには「カタログ・資料請求」から。

エースホームに興味を持った方は、まずは必ずカタログなど資料請求を行いましょう。

間取りやプラン・費用について事前に十分な予備知識を付けておくことで、その後の打合せが有意義なものになると同時に、価格やサービスなどの条件交渉もしやすくなります。

カタログと資料の請求は、タウンライフ家づくりというサイトを使えば今すぐ簡単に約3分で行えます。

エースホームが少しでも気になった方は、今すぐのカタログ請求をオススメします。

詳細はこちら>>>

 

 

エースホーム注文住宅の主力商品

続いてエースホームの「注文住宅の主要な商品」をご紹介します。

アンディなど

エースホームの主力商品が、地震に強く・気密性の高い「アンディ」

エースホームの人気商品が「アンディ」です。

エースホームが掲げる「Mi’Like」(=高気密・高断熱、耐震、自分らしさ)を実現する基本タイプとなる商品です。

外観や内装を選びながら、平屋住宅や、二世帯住宅も実現することができます。

エースホームの、ZEH(ゼロ・エネルギー・ハウス)が、「MOA」

エースホームのZEH商品が「MOA」です。

ZEHとは、太陽光発電と、省エネ・断熱を通じて「使用するエネルギー ≦ 創るエネルギー」となる住宅のことです。

建築の坪単価は高くなりますが、月々の実質電気代を削減できるために、長い目で見ると経済的でエコな住まいが実現します。

エースホーム商品は、構造や耐震性に大きな差はないため、あなたの希望に合う商品選びを。

エースホームには他にも、海外風デザイン住宅や、ソーラー発電住宅などの商品があります。

いずれも、長期優良住宅の基準を満たし、構造・耐震性に大差はないため、「子育て世代」など家族形態や、「電気代を選らしたい」など、希望に沿った家選びをしてきましょう。

エースホームの間取りプランも資料請求できる。

エースホームの住宅商品について、カタログと合わせて間取りプランの資料請求ができます。

営業マンと顔を合わせずとも、あなたの希望や予算に合わせた、オリジナルの商品・間取りのプランを作って送付してもらうことができるのです。

間取りプランを無料で作ってもらえるのが、注文住宅で利用満足度No.1サイトのタウンライフ家づくりです。

エースホームの注文住宅に興味のある方は、今すぐプラン依頼をする価値があります。

詳細はこちら>>>

 

3冠を獲得・112万人が利用。

たしかに、タウンライフはテレビCMを行っていないため広くは知られていません。

しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。

3冠の中には、「利用満足度」や「知人に薦めたいサイト」などがあり、安心できるサービスを利用したい方に向いています。

たしかに、事前の登録に約3分と連絡先の入力が必要になってしまいます。

しかし、気軽に無料で利用でき、あなたの希望の住宅プランを作ってもらえるため、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

エースホームの価格・値段

気になる、エースホームの「価格・坪単価・値引き」についてご紹介します。

価格約2000万円が目安

エースホームの建物価格は、2000万円前後が一目安。

エースホームの建物価格は、約2,000万円前後が一目安となります。

エースホームの平均的な坪単価に、平均的な住宅の広さ40坪(≒約132㎡)を掛け合わせると、約2,000万円となります。

30坪であれば約1,500万円前後、50坪であれば約2,500万円前後といった具合です。

仮に2000万円の住宅ローンの場合、月々支払い例は、5万円台など。

もし仮に、総費用を2,000万円とし、頭金1割で住宅ローンを組んだ場合、月々の返済額例は約5.5万円になります。※35年ローン・固定金利1.5%時

同程度の広さの賃貸住まいと比較した時、月々の支出としては安くなる地域も多いことでしょう。

坪単価約50万円が目安

エースホームの建物価格は、坪単価にすると約50万円前後が一目安

エースホームの建物価格を坪単価で見ると、約50万円前後(40〜60万円)が一目安になります。

主力商品の「アンディ」であれば坪約45万円〜、ZEHの「MOA」であれば坪約50万円〜などが一目安となります。

価格帯が安い商品の場合は坪約40万円〜が一目安になります。

【参考:坪単価とは】

「床面積1坪3.3㎡あたりの建築費」のことです。住宅メーカー費用把握のための参考指標になります。

エースホームの坪単価を他メーカーと比べると

エースホームの坪単価は、他メーカーと比べると安く、いわゆる「ローコスト住宅」と呼ばれる価格帯です。

ただし、ローコスト住宅メーカーの中には、より価格帯が安いメーカーもあります。

他メーカーの坪単価は・・

「他ハウスメーカーの坪単価目安」は、 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

エースホームの価格・坪単価は、実際には自身で確認する必要あり。

なお、坪単価は毎年少しづつ上昇傾向にあります。また、地域によっても差が出ます。

そのため、上記の坪単価・価格は、あくまで一参考程度であり、実際にはあなた自身でエースホームに坪単価を確認する必要があります。

あなたの要望に合う住宅プランを検討した上での、実際の見積もり確認が必要です。

エースホームの実際の、坪単価・価格を確認するには。

エースホームへの実際の価格確認も難しいことではありません。

あなたの希望に合わせた住宅プランと、その具体的な費用プランは、ウェブからの依頼で気軽に作ってもらうことが可能です。

費用プランを作ってもらえるのが、タウンライフ家づくりです。

エースホームの坪単価・価格を正しく確認するためにも、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

値引きは期待できない?

エースホームの値引きは基本的には期待できない。ただし、FC加盟店次第のため要トライ。

エースホームから出た見積もりは、あまり値引きを期待することができません。

ただし、フランチャイズ制のため、加盟店によっては営業方針によって値引きがある可能性もあるため、とりえず値引き交渉してみて損は無いでしょう。

【参考:住宅メーカーの値引き】

多くのハウスメーカーは約3~7%程度の値引きの交渉余地があります。価格帯が高いメーカーほど値引き余地が大きくなります。

また、エースホームでは無料オプションの条件を引き出せる可能性がある。

値引きができなかった場合でも「オプションの無料サービス」の条件を引き出せる場合があります。

例えば、壁材のアップグレードや、エアコン設置など通常であれば有料オプションが、交渉次第で無料サービスとして含まれる場合があります。

エースホームで値引き・サービスを引き出す一番の言動力は「他社との競争」

住宅営業マンのサービスを引き出す一番の原動力は「他社との競争」です。

「他社と見積もり比較をしている事を伝えることでサービスが増える」という事が最も多くあります。

エースホームを含め「他社と見積もり比較されている事実」が、営業マンの調整を最大限に引き出します。

特に「①同じ工法・似た価格帯のメーカーとの比較」と、「②契約直前の値引き交渉」が、鉄則です。

エースホームと比較するメーカー候補と、その特徴は!

エースホームと相見積もりする時のメーカー候補は、例えば次の通りです。

タマホーム、アイフルホーム、クレバリーホーム など

ローコスト住宅メーカーの中でも、全国展開をしていて、価格帯も近いハウスメーカーだと比較しやすいです。

比較比較候補メーカーの特徴は!

「エースホームとの比較候補各社の特徴」 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

エースホームの値引き・オプションを引き出す相見積もり

エースホームの相見積もりを行いやすいのが、タウンライフ家づくりです。

エースホームに加え、タマホーム、クレバリーホームなどのローコスト住宅メーカーにも同時に見積もりプラン依頼ができます。

比較対象として適したハウスメーカーの見積もりが気軽に手に入るため、値引きのための価格交渉の材料にもってこいです。

エースホームの値引き・サービスにつなげたい方は、今すぐ利用しないと損です。

詳細はこちら>>>

 

 

エースホームの評判・評価

エースホームの「評判」はどうなのでしょうか?ご紹介します。

エースホームは、基本的には安いが、オプション次第では価格が高くなることも。

エースホームで注意をしたい評判として、オプションの選び方です。

基本費用は安くても、設備のグレードなどにこだわっていくことで、オプション追加費用で価格が割高になっていってしまう場合があります。

はじめから明確な予算を決めておくことや、設備や仕様にこだわりすぎないことが大切です。

特に、色々と住まいづくりにこだわりたい方は、他ハウスメーカーとも比較をしよう。

もし、住宅設備にこだわりたい方などは特に、他ハウスメーカーとも比較をしてみましょう。

ローコスト住宅メーカーの中でも、標準仕様の設備が住宅している会社や、高グレード設備が充実している会社もあります。

他の、顧客満足度が高いメーカーと比較してみることも大事です。

良し悪しは加盟店次第

エースホームは、フランチャイズ制のため加盟店により対応に良し悪しの差

エースホームの評判は、その加盟店によってマチマチです。

フランチャイズ制のために、地域の加盟工務店の質が高い場合には、営業対応の良さや、施工・アフターサポートの充実が期待できます。

しかし、加盟店によって、営業方針や教育方針に違いがあるために、中には対応が悪い地域もみられるようです。

エースホームは、本部向けアンケートがあるため、トラブル時など意見を伝えよう。

もし、地域のエースホーム加盟店で問題があった場合には、本部にそれを伝える手段があります。

他のフランチャイズメーカーではあまり見られない、独自の「本部統括・お客様アンケート」が存在します。

もしクレームがあれば本部から加盟店に指導が入る仕組みになっているため、何かトラブルがあったら本部に相談してみるのも手です。

評判のエースホームが気になる方は、早速、資料請求を。

エースホームは家づくりにおいて評判のハウスメーカーの一つです。

少しでも気になるようであれば「カタログ・間取りプラン・見積もりプラン」の資料請求を早速行ってみて下さい。

実際に、あなたの希望する内容・予算で、エースホームならばどのような家が建つのかが分かります。

全ての資料は、タウンライフ家づくりを利用することで一度に請求できます。

エースホームに興味のある方は、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

エースホームの評判を実感するためには他社比較が必要。

なお、エースホームの良さを実際に体感するために、他社との比較は必須です。

そのため、通常であれば、具体的に多くのハウスメーカー 一社一社話を聞きに行く必要があり大変です。

住宅展示場やモデルハウスに行ったり、一社一社営業マンの接客を受けたり、契約を迫られそうなイメージがあり、何だか大変そうですよね・・。

タウンライフなら、一度に比較できるからエースホームの評判点も確認しやすい。

ここで、タウンライフ家づくりなら、全てオンライン手続きでハウスメーカー比較できる点が優れています。

たしかに、「新築注文住宅」カタログの資料請求サービスなどならば他にもあります。

しかし、タウンライフなら、各ハウスメーカーにう住宅プランまで作ってもらえ、また、アイデアやアドバイスも充実している点で違い、おすすめなのです。

比較が具体的なため、エースホームなどハウスメーカーを決める上での、納得度が違います。

私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりと資料や提案が届きました。

営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持ってハウスメーカー比較をすることができます。

ハウスメーカー検討時の「 ’自分にあった’ 情報収集や比較検討の材料集め」に適しています。

気軽に無料で利用できるため、家づくりを検討中の方は、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 

エースホームをもっと詳しく

エースホームについてさらに詳しくご紹介します。

デザイン・工法・保証など

エースホームはの住まいはデザイン性に定評あり。顧客に合わせた住まいを提案。

エースホームの住宅は、設計・デザインにも力を入れています。

たとえば、都会的なデザインから、海外住宅風デザインまで商品デザインのバリエーションは多岐にわたります。

それぞれの予算の中で、最高のデザインとなるように商品開発を行っているそうです。

美しいまま住み続けることができる「美的耐久性」を掲げる。

エースホームのデザインは、特に「美的耐久性」を掲げていることに特徴があります。

デザインの観点でも耐久性を持たせることを重視し、地域特性の考慮や、経年劣化しても美しい住まいなど力を入れています。

【エースホームの工法】は、木造軸組構法を進化させた「超抑震工法」を採用。

エースホームの住宅は、日本の伝統的な木造軸組構法です。

そして、さらに制震デバイス・独自の耐震床材などを用いることで、耐震・制震に強い、次世代構造体「超抑震工法」を実現しています。

耐震等級は、最高ランクの3の仕様となっています。

【エースホームの保証】は、初期保証10年・最長保証20年。建物完成保証あり。

エースホームの保証は、初期保証が10年付き、有償メンテナンスとなることで、最長保証が20年となります。

ハウスメーカー全体の中で見ると、やや簡素な保証ですが、ローコスト住宅メーカーとしてみると一般的な水準です。

なお、建築途中に万が一、契約工務店が倒産した時でも、本部がバックアップを行う「建物完成保証」が付いてきます。

エースホームの口コミ

最後に、エースホームの「口コミ」をご紹介します。

(はじめに)ネット上の住宅会社の悪い口コミに神経質になりすぎないこと。

まずはじめに、注文住宅に関するネット上の口コミに、シビアになりすぎないことをオススメします。

家づくりは高い買い物で、買い手側のこだわりが強く期待も高いことから、どうしても苦情が多くなりがちです。

住宅業界は「クレーム産業」と呼ばれ、どのメーカーに対しても基本的に辛口の口コミが多いのです。

エースホーム辛口の口コミは「価格相応で、コスパがいいわけではない」など。

エースホームの厳しめの口コミで見られるのは「良くも悪くも価格相応」という内容です。

他のローコスト住宅メーカーでは「この価格で、この設備まで付くのはお得!」という強い売りがあることもあります。

しかし、エースホームは「まあ、こんなものだろう」と、価格に対する期待値の範囲に終始する口コミが見られます。

「長期優良住宅」や「耐震等級3」など、目立ちにくい『基本』性能の強化が中心のメーカーのため、

エースホームの良い口コミは「良い加盟店だと、とても良い」など。

エースホームの良い口コミが見られるかは、その「加盟店次第」の傾向があります。

その地域でも、もともと施工力や対応・価格などの評判が良い工務店がエースホームの加盟店だった場合には、口コミも良いものが多くなります。

まずは、住まいの地域のエースホーム加盟店がどのような会社なのかを知ることが大切です。

エースホームについて(おわりに)

エースホームは「Mi’Like(ミライク)」を掲げた、未来まで長く暮らせる住まいが特徴です。

具体的には、「未来:耐震性」、「育:高気密・高断熱」、「Like:自分らしさ」のある住まいづくりを行うことができます。

エースホームは、長く安心して暮らせる家づくりをしたい方は、今すぐ検討する価値があります。

住宅プラン作成

エースホームに、住宅プランを気軽に作成してもらえます!

エースホームに「住宅プラン作成」を気軽に依頼できます!

「タウンライフ家づくり」を利用すると今から約3分のWEB申込で、エースホームに、あなたの予算や要望に合わせた家づくりプランを気軽に作成してもらえます。

さらに、希望すれば、他の人気メーカーにも同時にプラン依頼できます。

詳細はこちら>>>

 


エースホームの無料住宅プラン作成よくある質問

「Q. 本当は何かお金がかかるのでは?」
完全無料で利用できるサービスです。住宅会社の広告宣伝費で運営がなりたっているため、無料サービスが実現しています。仲介手数料なども一切かかりません。

「Q. 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。」
心配ありません。希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載することで、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。

「Q. 申込み後の流れはどうなるの?」
はじめに入力内容の確認連絡があります。その後、希望条件に合わせたプランや資料が届くので、じっくり比較して下さい。

タウンライフは私も2度利用しています。

他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているために、安心しておすすめできます。

詳細はこちら>>>

 

 

理想の家づくりを実現するために
満足度が高い家づくりを!

多くのハウスメーカーや住宅プランを比較検討することで、家づくりのアイデアが膨らみます。

人気≻≻ハウスメーカーランキング!