ヤマト住建の注文住宅って興味がありますよね!

評判はどうなのでしょうか坪単価・価格・値引き率はいくらなのでしょうか? 

ヤマト住建は、高気密・高断熱な住まいで、ローコスト住宅ながらも光熱費0円のZEH住宅を得意とするメーカーです。

省エネに関する賞を9年連続で受賞して、日本一の大賞にも2度輝いた実績も持ち合わせます。

この記事では、ヤマト住建の評判や価格についてご紹介します。ぜひじっくりご確認ください。

比較他メーカーとの比較は!

ヤマト住建の評判について「他メーカーと比較した状況」を知りたい場合は ハウスメーカーランキング の記事をご確認下さい。

ヤマト住建とは

ヤマト住建は、神戸に本社があり、関西・関東を中心に展開するローコスト住宅メーカー。

ヤマト住建は、関西・関東を中心に展開するハウスメーカーです。

1987年に神戸で設立され、1995年には阪神・淡路大震災も経験したため「地震に強い家づくり」にも力を入れています。

知らない人も多い会社ですが「宣伝をあまり行わず、その分家づくりにお金をかける」ポリシーの、コスパの高い家づくりができるメーカーです。

営業拠点は、 関西・関東、岡山・愛知にあります。

ヤマト住建の特徴

それでは、ヤマト住建の「注文住宅・家づくりの特徴」をご紹介します。

高気密・高断熱

ヤマト住建の家は「高気密・高断熱」だから、夏涼しく・冬温かい。

ヤマト住建の家は「高気密・高断熱」です。

住まいの断熱性は、夏や冬も含めて1年中快適に過ごすことにつながる他、家族の健康にとっても大切です。

風邪や冷え性などの予防につながる他、アトピーやアレルギーの改善にもつながります。

ヤマト住建は、「外張り断熱」や「気密性の確保」にこだわり。
出典

ヤマト住建は、外気の影響を受けにくい、壁や屋根の外側を断熱材ですっぽりと覆う「外張り断熱」を採用しています。

また、建物に隙間が無いように、断熱材などに気密テープ・気密パッキンを利用して「気密性の確保」を大切にしています。

ヤマト住建は「窓ガラス」にもこだわり。
出典

さらに、外気の影響を受けやすい「窓」には、厚さ31mmもある「Low-Eトリプルガラス」を使用。

高い断熱効果の他、防音や、結露防止(カビ抑制・家の耐久性向上)といった効果がうまれます。

ZEH住宅に強い

ヤマト住建の家は、光熱費0円のZEH住宅が得意。

ヤマト住建は、高い断熱性・気密性を活かしたZEH住宅を得意とします。

実際に使う電気エネルギーが、ソーラー発電で創ったエネルギーや省エネしたエネルギーよりも小さい住まいが実現するのです。

ZEHは、ゼッチと読み「ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス」の略称です。

ZEH住宅なら、売電収入や、資産価値の向上、健康促進など、色々なメリットがある。

ZEH住宅には色々なメリットがあります。

まず補助金を利用でき、ソーラー発電での売電収入が得られる他、住まいの将来的な資産価値向上にもつながります。

また、住まいの断熱性が健康改善につながることが科学的にも証明されていることに加え、ヒートショックなどの事故抑制にもつながります。

高い耐震性能

神戸が本社のヤマト住建は、阪神・淡路大震災も経験し、地震対策にも強いこだわり。

ヤマト住建は、地震対策にも力を入れています。

特に、阪神・淡路大震災の被害を受けた、神戸に本社があるために地震対策の大切さをより理解している会社です。

ヤマト住建の家は最高ランクの耐震等級3相当の強固な作りのため、同震災で倒壊被害はありませんでしたが、より強靭な住まい作りに努めています。

ヤマト住建の家は「ベタ基礎」×「金物工法」×「パネル工法」×で頑丈な住まいに。
出典

まず、基礎は、地震に強い「鉄筋コンクリートベタ基礎」を採用しています。

また、ヤマト住建では、柱の接合部分を金物同士で補強することで、高い強度を実現しています。

さらに、日本の伝統的な木造軸組構法に、耐力壁となるパネルを組み合わせて、地震・台風などへの強さを見せています。

さらに「制震ダンパー evoltz」が揺れから守ってくれる。
出典

そして特徴的なのが、制震ダンパー「evoltz」の採用です。

オプションではなく標準装備として制震装置があり、地震からの揺れを抑えてくれます。

【まとめ】ヤマト住建は、こんな人に向いています。

・高気密・高断熱の家にしたい方

・省エネな電気代が節約できる家にしたい方

・耐震性の高い家にしたい方

あなたのご希望に合いそうですか?

※もし「自分の希望とは少し違いそう・・」と感じた方は、より希望に合う他メーカーを、ハウスメーカーランキングの記事から探してみましょう。

ヤマト住建の注文住宅商品

続いて、ヤマト住建の「注文住宅の商品」をご紹介します。

エネージュなど

ヤマト住建では「お客様第一主義」を掲げ、家族に最適なプランを提案してくれる。

ヤマト住建では「お客様第一主義」を掲げています。

それぞれの家族に最適な住まいを考えて提案してもらえます。オリジナルな住まいづくりができる自由設計も可能です。

省エネに強い「エネージュシリーズ」を軸に、子育てしやすい住まい・二世帯住宅など、理想に合う住まいづくりができます。

ヤマト住建で、1番の省エネ性能を持つのが「エネージュUW」。

ヤマト住建の省エネ性能が特に発揮されているのが「エネージュUW」です。

内外ダブル断熱 & 高性能樹脂サッシ & Low-Eトリプルガラスで、他商品以上の高気密・高断熱を実現しています。

省エネ住宅を表彰する賞で、大賞(日本一)にも輝いた実績のある住宅商品です。

\エネージュUWをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

ヤマト住建で、1600万円の、2階建てローコスト住宅が「エネージュIP」。

ヤマト住建の中でも、特にローコストなのが「エネージュIP」です。

2階建て注文住宅がコミコミで1,600万円。建物本体価格に加え、外張り断熱・自由設計・制震ダンパー・付帯工事・諸費用まで含めた価格です。

最高ランクの耐震等級3相当の耐震性もあり、安いながらも、安全で快適に暮らせる住まいとなっています。

\エネージュIPをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

ヤマト住建の「エネージュシリーズ」には、他にも多彩なラインナップ。

「エネージュシリーズ」には他にも色々な商品がそろっています。

例えば、断熱性能をアップさせた「W」、売電収益を大きくする「PLUS」、自然素材を使った「E」、屋上庭園をつくることができる「SGR」などです。

「お客様第一主義」のもと、あなたのご家族の希望に合わせた商品プランを提案してもらうことができます。

\エネージュシリーズをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

ヤマト住建の価格・値段

気になる、ヤマト住建の「価格・坪単価・値引き」についてご紹介します。

価格約2000万円が目安

ヤマト住建の建物価格は、2000万円前後が一目安。

ヤマト住建の建物価格は、約2,000万円前後が一目安です。

ヤマト住建の平均的な坪単価を、一般的な家の広さ40坪(≒約132㎡)に掛けると、約2,000万円となります。

同様に、例えば、30坪なら約1,500万円前後、50坪なら約2,500万円前後がそれぞれ一目安になるといった具合です。

なお、最も安い「エネージュIP」なら、本体価格以外も含めたコミコミ価格で1,600万円〜と格安になっています。

ヤマト住建は「価格への信頼・安心」に強いこだわりを持つ会社。

ヤマト住建は、高性能な住宅を適正価格で提供することにこだわっている会社です。

家を建てた人のモニター制度や紹介を中心に営業し、テレビCMやカタログなどへの費用は最小限に抑えるため、コスパがいい家づくりができます。

仮に、2000万円の住宅ローンの場合、月々支払い例は、5万円台など。

もし総費用を2,000万円とし、頭金1割で住宅ローンを組んだ場合、月々の返済額例は約5.5万円になります。※35年ローン・固定金利1.5%時

同じ程度の広さの賃貸住まいと比較した時、月々の支出としては安くなる地域も多いことでしょう。

坪単価は約50万円目安

ヤマト住建の建物価格は、坪単価にすると約50万円前後が一目安

ヤマト住建の建物価格を坪単価で見ると、約50万円前後(約40〜60万円)が一目安になります。

内・外のダブル断熱の時に上記の水準で、外張り断熱だけの仕様であれば 〜坪45万円程度まで価格を抑えられます。

基本的には、費用が高くなるほど、断熱・気密・省エネなどの性能が高まる住まいになります。

【参考:坪単価とは】

「床面積1坪3.3㎡あたりの建築費」のことです。住宅メーカー費用把握のための参考指標になります。

ヤマト住建の坪単価を他メーカーと比べると

ヤマト住建の坪単価は、他メーカーと比較すると安く「ローコスト住宅」と呼ばれる価格帯です。

特に、ローコスト住宅メーカーの中でも、住まいの性能は高く、費用帯効果の高い家づくりができるメーカーと言えます。

他メーカーの坪単価は・・

「他ハウスメーカーの坪単価目安」は、 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

ヤマト住建の価格・坪単価は、実際には自身で確認する必要あり。

なお、坪単価は毎年少しづつ上昇傾向にあります。また、地域によっても差が出ます。

そのため、上記の坪単価・価格は、あくまで一参考程度であり、実際にはあなた自身でヤマト住建に坪単価を確認する必要があります。

あなたの要望に合う住宅プランを検討した上での、実際の見積もり確認が必要です。

\ヤマト住建をもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

値引きは期待できない?

ヤマト住建の値引きは、基本的には期待できない。

ヤマト住建から出た見積もりは、基本的には値引きはありません。

「価格への信頼・安心」を掲げていることで、もともとの価格設定を安くし、値引きを行わずにすむようにしているのです。

【参考:住宅メーカーの値引き】

多くのハウスメーカーは約3~7%程度の値引きの交渉余地があります。価格帯が高いメーカーほど値引き余地が大きくなります。

ただし、オプションの無料サービス条件を引き出せる場合はある。

ヤマト住建では、値引きが無いかわりに、オプションを無料で付ける条件を引き出せる場合があります。

例えば、グレードが高い設備を設置したり、ソーラー発電をお得に設置するなどです。

ヤマト住建でサービスを引き出す一番の言動力は「他社との競争」

住宅営業マンのサービスを引き出す一番の原動力は「他社との競争」です。

「他社と見積もり比較をしている事を伝えることでサービスが増える」という事が最も多くあります。

ヤマト住建を含め「他社と見積もり比較されている事実」が、営業マンの調整を最大限に引き出します。

特に「①同じ工法・似た価格帯のメーカーとの比較」と、「②契約直前の値引き交渉」が、鉄則です。

ヤマト住建と比較するメーカー候補と、その特徴は!

ヤマト住建と相見積もりする時のメーカー候補は、例えば次の通りです。

まず・・・ユニバーサルホーム、アエラホーム。

この2社は、ローコスト住宅で、ヤマト住建と同様に「高気密・高断熱」に力を入れている会社です。

また・・・アイフルホーム、富士住建。

この2社は、ローコスト住宅で、ヤマト住建と同様に高いコスパながら「住宅設備」に力を入れている会社です。

比較比較候補メーカーの特徴は!

「ヤマト住建との比較候補各社の特徴」 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

ヤマト住建の評判・評価

ヤマト住建の「評判」はどうなのでしょうか?ご紹介します。

省エネで高い評価

ヤマト住建は、省エネに関する賞を、9年連続で受賞している。

ヤマト住建は、その省エネ性能で高い評価を受けています。

省エネ住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」を、9年連続で受賞しています。

ヤマト住建を選ぶ方は、断熱性・気密性など、その高い住宅性能を理由に選ぶ方が多くいます。

2014年・2017年には、No.1の大賞も受賞している。

特に、2014年・2017年は同賞で大賞を受賞し、日本一になっています。

大賞を受賞したのは「エネージュUW」と「エネージュUW-Y」という商品です。

ダブル断熱仕様や、全館空調システムである「YUCACO」を導入することで、家の隅々まで温度を一定に快適に保つことができるようになります。

\ヤマト住建をもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

一方、ヤマト住建は、オプション追加で価格が高くなってしまうので注意を。

ヤマト住建の注意したい評判としては、オプションの取り入れについてです。

断熱などの他に、例えば水まわり製品や、外壁材・屋根材などの設備・仕様にこだわっていくと、オプションで総費用が高額になります。

断熱性・気密性以外にもこだわりを出していくと、ローコスト住宅としての価格の安さという利点が欠けてしまうのです。

住宅グレードや設備によりこだわりたい方は、他ハウスメーカーとも比較してみよう。

住宅プランの比較のためにも、他メーカーとも比較を行うことをおすすめします。

特に、気密性・断熱性・省エネなどのヤマト住建の強みとなる部分以外にもこだわりたい方は、設備を重視したメーカーなどをチェックすると良いでしょう。

比較他メーカーと比較を!

顧客満足度が高い住宅メーカーとその各社特徴を、ハウスメーカーランキングの記事でご紹介しています。

ヤマト住建をもっと詳しく

ヤマト住建についてさらに詳しくご紹介します。

健康・保証・検査など

【ヤマト住建と健康】健康で快適に暮らせる住まい作りにこだわり。

ヤマト住建は「健康に暮らせる家づくり」にも力を入れています。

まず、住宅素材では、シックハウス症候群やアレルギーを防ぎ、保温・調湿などの効果もある天然無垢材をを利用しています。

住宅を設置する上では、家族のコミュニケーションとプライバシー確保の両立を図る、家族が暮らしやすい間取りづくりを行います。

ヤマト住建の家は、水や空気まで健康にこだわっている。

さらに、健康のために水や空気にまでこだわっています。

飲み水用やお風呂など、全ての水が入る場所に浄水器し、キレイな水が出るようにしています。

また、素材の天然無垢材は浄化作用・リラックス効果がある他、24時間換気システムにも力を入れています。

【ヤマト住建の保証】は、初期10年・最長30年。ローコスト住宅としては充実。

ヤマト住建の保証は、ローコスト住宅メーカーの中では充実している方です。

初期保証が10年間あり、有償メンテナンスを繰り返すことで、最長30年間の保証がついてきます。

困ったことがある時にすぐ相談できる窓口・アフターサービスなども充実しています。

ヤマト住建には、さらに「地盤サポート」が付いてくる。

また、特徴的なのが「地盤サポート」もあることです。

万が一、地盤沈下の損害を受けた時に、最高で5000万円の保証をうけることができます。

【ヤマト住建の検査】は、慎重に何度も行う。

ヤマト住建は、住まいの厳格な審査にも力をいれています。

地盤や配筋、構造体、外装下地など、建築基準法や設計施工基準でクリアしているか、各検査を幾度と十分に行っています。

住まいのトラブルを事前に防ぐ、厳格なチェック体制がとられているのです。

\ヤマト住建をもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

ヤマト住建の口コミ

最後に、ヤマト住建の「口コミ」をご紹介します。

(はじめに)ネット上の住宅会社の悪い口コミに神経質になりすぎないこと。

まずはじめに、注文住宅に関するネット上の口コミに、シビアになりすぎないことをオススメします。

家づくりは高い買い物で、買い手側のこだわりが強く期待も高いことから、どうしても苦情が多くなりがちです。

住宅業界は「クレーム産業」と呼ばれ、どのメーカーに対しても基本的に辛口の口コミが多いのです。

ヤマト住建の辛口の口コミは「営業マンによって対応にバラつき」など。

ヤマト住建の気になる口コミとして「営業マンの対応」についての声が見られます。

どのハウスメーカーも同様ですが、中には、営業方法が強引であったり、フォローが不十分など対応が悪い担当者もいるものです。

ヤマト住建も同様に、優秀な営業マンもいる一方で、中には、検討者が不満や不安を抱くような営業マンも見られるようです。

 

色々なハウスメーカーと比較して「親身な対応の会社」を見つけてみよう。

良い営業マンに出会うためには、複数社でプラン比較をしてみることです。

実際のプラン検討や見積もりを通じて、その営業マンの、人柄や誠実さや対応力が見えてきます。

家づくりでは、まず住宅そのものへの納得感が大切ですが、加えて、信頼できる担当者に出会えるかもポイントとなってきます。

ヤマト住建の良い口コミは「住宅の高い性能」など。

ヤマト住建の良い口コミは、住まいの性能の高さです。

ローコスト住宅ながら、高気密・高断熱、耐震性、省エネなど強みとなるポイントが数多くあります。

ヤマト住宅を選んだ方・選ぼうとしている方の口コミでは、エネージュのその商品力の高さに惹かれている声が多く見られます。

ローコスト住宅メーカーでも、値段以上に高性能な家づくりが実現する会社は見つかる。

ヤマト住建のように、ローコスト住宅でも、高い性能の家づくりは可能です。

大きく2パターンあり、「気密性・断熱性」に強みを持つメーカーと、「水まわりや外壁材など住宅設備・仕様」に強みを持つメーカーに分かれます。

コスパが高いローコスト住宅はいくつかあるため、色々比較をしてみましょう。

ヤマト住建について(おわりに)

ヤマト住建は、高気密・高断熱な住まいで、光熱費0円のZEH住宅を得意としています。

省エネ住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・イン・エナジー」は9年連続で受賞し、大賞(日本一)にも2回輝いています。

住宅性能が高いながらも、価格や安いローコスト住宅メーカーです。

ヤマト住建は、価格を抑えながらも、高気密・高断熱の省エネ住宅を実現したい方は、今すぐ検討する価値があります。

\ヤマト住建をもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

理想の家づくりを実現するために
満足度が高い家づくりを!

多くのハウスメーカーや住宅プランを比較検討することで、家づくりのアイデアが膨らみます。

人気≻≻ハウスメーカーランキング!