土屋ホームの注文住宅って興味がありますよね!

評判はどうなのでしょうか坪単価・価格・値引き率はいくらなのでしょうか? 

土屋ホームは、高い気密性・断熱性があり、北海道で強く支持されているハウスメーカーです。

他の多くのハウスメーカーが北海道の寒さに苦戦する中、冬に温かい住まいとして高い評価を得ています。

この記事では、土屋ホームの評判や価格についてご紹介します。ぜひじっくりご確認ください。

比較他メーカーとの比較は!

土屋ホームの評判について「他メーカーと比較した状況」を知りたい場合は ハウスメーカーランキング の記事をご確認下さい。

土屋ホームとは

土屋ホームは、北海道を代表するハウスメーカー

土屋ホームは、北海道で生まれた寒さに強いハウスメーカーです。

その寒さで他のハウスメーカーが苦戦する北海道での根強い人気がある他、東北・関東・関西などでも販売展開を行っています。

創業50年以上の実績があり、注文住宅の他、リフォーム・建売・マンション販売なども行っている会社です。

北海道を中心に、スキージャンプの葛西紀明さんや、りゅうちぇるさんが出演するテレビCMでも知られています。

土屋ホームの特徴

それでは、土屋ホームの「注文住宅・家づくりの特徴」をご紹介します。

外断熱工法で温かい

土屋ホームは、「BES-T構法」で外がマイナス10度でも温かい家が実現。

土屋ホームの最大の特徴は、寒い冬でも温かな住まいです。

例えば札幌市なら1月の最低気温は-10℃を下回りますが、そんな北海道の寒い冬に耐える高い水準の断熱・気密の技術が採用されています。

例えば、外断熱工法・基礎断熱・高性能樹脂サッシなどで、それら技術の総称を「BES-T構法」と名付けています。

BES‐Tとは、「Barrier free(バリアフリー)/Endurance(耐久性)/Save energy(省エネ)/Technology(技術)」の略で、その名に相応しい数々の断熱・気密技術が採用されているのです。

特に土屋ホームでは「外断熱工法」で、家をスッポリと囲い、室内を温かくしている。

出典

「BES-T構法」の中でも、温かな住まいの肝となるのが「外断熱工法」です。

一般的に、冬の屋外の寒さは、空気の流れを通じてはもちろんのこと、柱や梁を通じても室内に入ってきてしまうものです。

しかし、「外断熱工法」によって、家の構造である柱や梁の外側を断熱材ですっぽり覆いかぶせることで、高い断熱性を実現しました。

従来、外断熱工法は、断熱材コストが高くなってしまうことがデメリットだったのですが、土屋ホームでは独自の断熱材「BEベストボード」を開発することで、価格面も解消したのです。

なお、この「BEベストボード」は、高性能グラスウールと比較しても1.4倍もの断熱性を持ち合わせています。

「外断熱工法」のメリットは、室内の温かさだけではない。

外断熱工法にすることのメリットは、室内の温かさ以外にも数々あります。

断熱性が高まることで冬の結露対策にもなります。また、冷暖房効率が高まり電気代の節約にもつながります。

さらに、断熱材の「SEベストボード」が自己消火能力を持ち合わせているために、万が一の火災時にも燃え広がりにくい安心感があります。

そして以外なところでは、柱と柱の間に空間が生まれるために収納スペースを増やすことができるなどいった利点もあるのです。

さらに断熱を強化

さらに、土屋ホームでは、寒さが入りやすい「基礎」も断熱対策を強化してるから足元も暖かい。

出典

土屋ホームの断熱は「外断熱工法」だけではありません。「基礎」も断熱対策をしてます。

もし一般的な住宅の場合、床下は断熱対策されていないため、冬の寒さが溜まったり、夏は湿気が溜まってしまったりします。

しかし、土屋ホームでは、基礎に「防湿・蓄熱土間コンクリート」や断熱材を敷き込むことで断熱対策しているのです。

足元が温かいと、身体の体感温度が上がりますし、冷え性の方にとっても辛さが軽減されるものです。

さらに「窓」も、複層ガラス×樹脂サッシで、外からの寒さを防ぐ。

また、もちろん「窓」まわりも寒さに強い作りです。

住まいの中でも、外の寒さ(暑さ)が最も侵入してきやすいのが「窓」です。

しかし、土屋ホームでは窓ガラスに、空気層がある「複層ガラス」を利用することで、外の寒さ(暑さ)が直接伝わることを防ぐようにしています。

また、サッシは熱伝導率が低い「樹脂サッシ」を利用することで、結露や腐敗を防ぎ、また、冷暖房効率が高まるようにしています。

快適・健康な住まい

土屋ホームの家なら、寒さ・暑さ以外の点でも、快適に過ごせます。

土屋ホームでは「24時間換気システム」で、気密性が高い住いの課題「湿気」も解消。

出典

土屋ホームなら、湿気の対策も取られています。

一般的に、高気密・高断熱の家は、自然な空気の出入りが減ってしまうために、湿気がこもりがちになり、カビやダニの原因にもなってしまいます。

しかし、土屋ホームでは、「24時間換気システム」を設けることで、室内に空気を循環させ、湿度を快適に保った過ごしやすい住まい空間にすることができます。

なお「熱交換換気システム」のために、冬ならば温かい空気のまま、夏ならば涼しい空気のままで換気を行うことができるのです。

建材には、安全な資材が使われているから、家族の健康によりやさしい。

また、建築資材の面でも安全や健康への配慮がなされています。

一般的に、高気密・高断熱の住まいは、身体に対する建材に使用されている化学物質の影響が強くなってしまうものです。

しかし、土屋ホームでは人の身体・健康にとって安全な、建築基準法で定められたホルムアルデヒドの発生が最も少ない「F☆☆☆☆」の建材を使用しています。

気密性が高い住いだから、音も静か。外の騒音に悩まないし、外への迷惑にもならない。

そして、高気密・高断熱だから、防音にも優れた住まいになります。

もし、隣近所や道路からの音がうるさいと、イライラしてしまったり、作業や勉強などの集中力低下につながってしまうものです。

また逆に、小さなお子さまがいるご家庭や、音楽をよく聞くご家庭の場合、その生活音が近所迷惑にならないかなどの心配を減らすことができます。

【まとめ】土屋ホームは、こんな人に向いています。

・北海道にお住まいの方

・東北や北陸地方など、寒さが強い地域にお住まいの方

・他の地域でも、気密性・断熱性の高い住まいにしたい方

あなたのご希望に合いそうですか?

※もし「自分の希望とは少し違いそう・・」と感じた方は、より希望に合う他メーカーを、ハウスメーカーランキングの記事から探してみましょう。

土屋ホームの家づくりを検討するには

まずはじめに「カタログ請求」を行うことが鉄則です。

知識不足のままでいきなり住宅展示場にいき、営業マンとの条件交渉や住宅プラン作りに失敗し後悔する方が数多くいます。

事前に複数のハウスメーカーのカタログを請求・比較して十分な予備知識をつけておくことが、家づくりの失敗を避ける第一ステップです。

土屋ホームカタログ請求の詳細へ>>

土屋ホーム注文住宅の主力商品

続いて土屋ホームの「注文住宅の主要な商品」をご紹介します。

土屋ホームは創業50周年を期に、2019年6月に住宅ブランドを完全刷新しました。

注文住宅の「カーディナルハウス」と、企画住宅の「リズナス」の2つの商品がラインナップされています。

カーディナルハウスなど

土屋ホームの注文住宅商品が「カーディナルハウス」

出典

土屋ホームの注文住宅商品が「カーディナルハウス」です。

土屋ホームだからこその業界最高水準の気密性・断熱性の住まい作りを、あなたのご家族の要望・希望に合わせ一から行っていくことができます。

特に、社内の中でも試験をパスした接客力の高いスタッフのみが販売を行うことができるようになっています。

担当スタッフとは、専用のスマホアプリで気軽にコミュニケーションを取りながら家づくりを進めることができます。

\カーディナルハウスをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

リズナスは企画住宅

土屋ホームの企画住宅が「リズナス」

土屋ホームの企画商品が「リズナス」です。

豊富なバリエーションがありながらも規格化された商品プランのために、注文住宅よりも価格を抑えて家を建てることができます。

近年では、マンション購入のように、ある程度仕様が決まっている住宅を求める方も多くなっています。

家族のライフスタイルに合わせた住宅を選んでいくことができるのが「リズナス」です。

\リズナスをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

土屋ホームの価格・値段

気になる、土屋ホームの「価格・坪単価・値引き」についてご紹介します。

価格約2000万円台目安

土屋ホームの建物価格は、2,000万円台後半が一目安。

土屋ホームの建物価格の一目安は、約2700万円です。

土屋ホームの坪単価幅の中間値と、戸建住宅の平均的な広さ(約40坪)をかけ合わせると上記の金額になります。

同じくらいの広さの時に、仕様に合わせての坪単価の上下を考えると、2,400〜3,000万円くらいまで幅は広がるでしょう。

さらに、狭い場合や広い場合(±10坪)を考慮して考えると、約1800〜3,800万円くらいまで価格帯の幅があることが考えられます。

仮に、3,000万円の住宅ローンの場合、月々支払い例は、8万円台など。

もし総費用を3,000万円とし、頭金1割で住宅ローンを組んだ場合、月々の返済額例は約8.2万円になります。※35年ローン・固定金利1.5%時

同じ広さ(約132㎡)の賃貸住まいと比較した時、月々の支出としては安くなる地域も多いことでしょう。

坪単価約65万円前後

土屋ホームの建物価格は、坪単価にすると約60〜75万円が一目安

土屋ホームの建物価格を坪単価で見ると、約60〜75万円前後が一目安になります。

価格が安いリズナスであれば坪60万円台、高いカーディナルハウスであれば坪70万円台が目安になってくるでしょう。

【参考:坪単価とは】

「床面積1坪3.3㎡あたりの建築費」のことです。住宅メーカー費用把握のための参考指標になります。

土屋ホームの坪単価を他メーカーと比べると

土屋ホームの坪単価は「中間的」な価格帯にあたります。

坪80万円以上が多くなる大手ハウスメーカーと比べると、ワンランク安い価格帯です。

外張断熱で高気密・高断熱と性能が高いことを考えると、お得さが感じられるハウスメーカーです。

他メーカーの坪単価は・・

「他ハウスメーカーの坪単価目安」は、 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

土屋ホームの価格・坪単価は、実際には自身で確認する必要あり。

なお、坪単価は毎年少しづつ上昇傾向にあります。また、地域によっても差が出ます。

そのため、上記の坪単価・価格は、あくまで一参考程度であり、実際にはあなた自身で土屋ホームに坪単価を確認する必要があります。

あなたの要望に合う住宅プランを検討した上での、実際の見積もり確認が必要です。

\カーディナルハウスをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

値引きは期待できない?

土屋ホームの値引きは基本的には無い。ただし、オプションサービスの条件を引き出せることも。

土屋ホームから出た見積もりは、基本的には値引きが期待できません。

性能が高い住宅を、もともと比較的安価に提供しているためです。

ただし、有料オプションを、一部無料でサービスしてもらえる条件を引き出せる場合があります。

交渉を上手く行った時に、例えば、暖房器具・エアコンなどを無償でサービスで付けてもらえたという人もいるのです。

【参考:住宅メーカーの値引き】

多くのハウスメーカーは約3~7%程度の値引きの交渉余地があります。価格帯が高いメーカーほど値引き余地が大きくなります。

土屋ホームでサービスを引き出す一番の言動力は「他社との競争」

住宅営業マンのサービスを引き出す一番の原動力は「他社との競争」です。

「他社と見積もり比較をしている事を伝えることでサービスが増える」という事が最も多くあります。

土屋ホームを含め「他社と見積もり比較されている事実」が、営業マンの調整を最大限に引き出します。

特に「①同じ工法・似た価格帯のメーカーとの比較」と、「②契約直前の値引き交渉」が、鉄則です。

土屋ホームと比較するメーカー候補と、その特徴は!

土屋ホームと相見積もりする時のメーカー候補は、例えば次の通りです。

スウェーデンハウス、セキスイハイム、一条工務店 など

これらハウスメーカーは「暖かい住まい」として知られる会社で、北海道などで販売上位を競いあっているハウスメーカーです。

比較比較候補メーカーの特徴は!

「土屋ホームとの比較候補各社の特徴」 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

土屋ホームの評判・評価

土屋ホームの「評判」はどうなのでしょうか?ご紹介します。

気密性・断熱性に高評価

土屋ホームは、高い気密性・断熱性が評価されている。

土屋ホームで評判な点は、ここまで紹介の通り、気密性・断熱性の高さです。

断熱性・気密性を示す数値で、値が小さいほどいい、Q値が1.23、C値で0.5を記録していて、これは全ハウスメーカーの中でもトップクラスです。

値が公表されていて、この数値に並ぶレベルのメーカーは、よく比較されやすい一条工務店やスウェーデンハウスくらいです。

特に、北海道においては高い支持を得ているハウスメーカー。

土屋ホームは、その気密性・断熱性が評価され、特に北海道において高い存在感があります。

リフォームの取扱いにおいては、北海道で2位の企業に対して売上規模で3倍近い差をつけて1位を誇っています。出典

土屋ホームは、新築で建てる時だけでなく、長く暮らした後のリフォームでも人気のある会社です。

\カーディナルハウスをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

 

一方、土屋ホームは「住まいの温かさ」以外がやや弱いとの評判も。

逆に、土屋ホームの評判で良くない点を挙げるならば、デザインやブランド力などです。

「住まいの暖かさ」以外の観点においては、一般的な水準だと捉えられることも多いです。

住まいづくりにおいて、外観、内装、設備など、気密性・断熱性以外を重視したい方によっては、物足りなく感じることもあるようです。

他のハウスメーカーとも比較をすることで、合う会社を見つけよう。

ぜひ、土屋ホームと、他のハウスメーカーを比較してみて下さい。

家づくりでは、ハウスメーカーや住宅プランを数多く比較することが、より納得を高めることにつながります。

他の、顧客満足度が高いメーカーと比較してみることも大事です。

比較他メーカーと比較を!

顧客満足度が高い住宅メーカーとその各社特徴を、ハウスメーカーランキングの記事でご紹介しています。

土屋ホームをもっと詳しく

土屋ホームについてさらに詳しくご紹介します。

建材・保証など

【土屋ホームの建材】は、強い素材を使っている。

土屋ホームの住まいは、地震にも強い建材を使っています。

まず、構造部材は、エンジニアリングウッドという集成材を使うことで無垢材よりも、1.2〜1.5倍程度の強さを出しています。

また、ベストEボードという耐力壁で、家の面も支えることで、地震の時に受けるエネルギーを文さんさせています。

【土屋ホームの金物】接合部を金物で強固にするから、地震に強い。

大地震で倒壊した家の多くは、柱と柱の接合部の強度が弱かったと言われています。

そこで、土屋ホームでは、柱と柱をオリジナルの金物を使って強固にすることで、耐震性能を高めています。

なお、金物部分は特殊な処理を行なうことで、サビにくくしていて、また環境にも優しくなっています。

【土屋ホームのバリアフリー】他社に無い優しい住宅設計になっている。

土屋ホームは、バリアフリーにも力を入れている会社です。

高齢のご家族と住む方のすぐの安心につながる他、あなた自身が将来的に足腰が弱くなってしまった時の安心感につながります。

例えば、階段の角度をゆるくしたり、部屋の入口の段差を小さくしてます。お風呂やトイレなども使いやすくなっています。

【土屋ホームの保証】は、初期保証で10年、延長保証で20年。

土屋ホームの保証は、一般的な水準になっています。

まずは初期保証が10年間あります。有償メンテナンスを行うと保証が最長20年間まで保証されます。

ハウスメーカーの中には初期30年保証といったところもあるために、そういった会社と比べると保証期間は短くなります。

\カーディナルハウスをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

 

土屋ホームの口コミ

最後に、土屋ホームの「口コミ」をご紹介します。

(はじめに)ネット上の住宅会社の悪い口コミに神経質になりすぎないこと。

まずはじめに、注文住宅に関するネット上の口コミに、シビアになりすぎないことをオススメします。

家づくりは高い買い物で、買い手側のこだわりが強く期待も高いことから、どうしても苦情が多くなりがちです。

住宅業界は「クレーム産業」と呼ばれ、どのメーカーに対しても基本的に辛口の口コミが多いのです。

土屋ホーム辛口の口コミは「扉下のスキマ」など。

土屋ホームの気になる口コミには、細かな住まいの設備・つくりに関する内容が見られます。

例えば、室内の暖房を循環させるために各部屋の扉に「隙間」が空いているために、「他の部屋に音が漏れやすい」ことを指摘する口コミが一定数見られます。

また、室内の暖かさを保つための冷暖房機の「室外機」のサイズが大きいために、「置き場所によっては目立つ」といった声も見られます。

このように、設備や仕様など、細かいところまであらかじめチェックした方が良いでしょう。

土屋ホームの良い口コミは「室内の温かさ」など。

土屋ホームの良い口コミで多いのは、やはり部屋・室内の温かさです。

口コミにおいても、気密性・断熱性の高さについての良い内容が多く見られます。

「他の家ならば室内が寒くなりやすい朝でもそこまで温度が下がっていない」「冷暖房の電気代もそこまで高くない」などの口コミが見られます。

「結露が少ないのがいい」という声も。

また「結露が少ないのがいい」といった声も見られます。

結露を拭くのは手間がかかりますし、結露が少ないことでカビの発生なども防ぐことができます。

土屋ホームについて(おわりに)

土屋ホームは、北海道を中心に評価が高い、高気密・高断熱の住まいを提供しているメーカーです。

「外断熱工法」で、家のまわりをすっぽりと断熱材で覆うなどして、冬温かく・夏涼しい住まいが実現します。

換気システムや建築材などの工夫で、通気性もあり健康な暮らしを行うことができます。

土屋ホームは、冬温かく夏涼しい住まいづくりを行いたい方は、今すぐ検討する価値があります。

\土屋ホームをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

理想の家づくりを実現するために
満足度が高い家づくりを!

多くのハウスメーカーや住宅プランを比較検討することで、家づくりのアイデアが膨らみます。

人気≻≻ハウスメーカーランキング!