憧れの新築住宅!「建売住宅」なら、安いし実物を確認できるし、新しい生活がイメージしやすいですよね。

しかし、建売住宅にも注意点があります。

外観や間取りに妥協が必要なわりに、費用が予想外に高くなる場合や、手抜き工事の場合がある」ことです。

この記事では、建売住宅の注意点についてご紹介します。ぜひ、じっくりご確認下さい。

建売住宅の注意点【1分まとめ・便利】

建売住宅の注意点とは

建売住宅は既に完成されているために、暮らすイメージがつきやすいです。さらに「安く新築に住める」ことが魅力です。

しかし、建売住宅で注意したいこともあります

結論としてまとめると、「外観や間取りに妥協が必要なわりに、費用が予想外に高くなる場合や、手抜き工事の場合がある」ということです。

建売住宅の注意点で代表的なこと

・元々あなたの希望に合わせて作られたわけでは無いため、100%希望通りの建売住宅はありえません

・理想を追求できない上に、住まいに暮らしを合わせていくストレスが生まれます

・それでも「安いから」と我慢するつもりでも、オプションも含めた総額が意外に高くなったりします

・また困る事が、既に建築済みのため、内部構造や手抜き工事の場合が分かりづらいという危険もあります。

建売住宅を本当に選びますか?

実は、あなたの希望通りに家を作れる注文住宅でも、ローコスト住宅を選べば、費用はあまり変わりません

ローコスト住宅とは、建築費が安い注文住宅のことで、坪単価約30~50万円程度の場合を指します。

総額1,000万円台からあなたの理想を追求した新築住宅を、一から作り上げることができます。

間取りやデザイン、住宅設備、構造など、あなたが好きなように家作りをすることができるのです。

「建売住宅に心配がある」という方には、ローコストでの注文住宅を一度検討してみることをおすすめします。

高満足度メーカーも多いため、ローコスト住宅ランキングを参考にしてみてください。

 

もし検討しているのが平屋の場合は、超ローコスト住宅で平屋・安い家を建てるの記事も参考になります。

建売住宅の注意点 ①「外観・間取りは妥協も必要」1選

建売住宅は、あなたのために作られていないため、「100%納得」はありえません。

新築の建売住宅に入ると、希望に満ちた新しい生活がイメージ想起されるものです。

しかし、注文住宅と異なり、建売住宅はあなたの家族に合わせて作られたものではありません

間取りや、家事導線・生活導線、通気など、住み始めてから色々と気になる点が出てくるものです。

そして、その住まいに対して家族の暮らしを合わせる必要があるために、ストレスがかかってきます。

どんなに色々な建売住宅を見ても、あなたの家族が100%満足できる住宅はありえません

建売住宅は、妥協も必要。自分の許容範囲を理解しておくように注意。

もし注文住宅であれば、あなたの家族の希望に合わせて、家の全てをプランしていくことができます。

しかし、建売住宅では、必ず何かしらの妥協が必要になってきます。

外観・内装・間取り・導線・風の通り・陽当たり・周辺環境など、あなたが特に優先したいことは何か、妥協できることは何かをあらかじめ考え、見比べていきましょう

その際、風水家相の間取りの考え方も知っておいて損はありません。

家を買いローンを組んだら、普通は30年以上住み続けることになります。その長い期間、後悔せず住み続けられるかよく考えて下さい。

建売住宅の注意点 ②「金額が意外に高い場合も」5選

建売住宅でも、価格が高くなってしまう理由が様々あるので注意。

建売住宅の大きな魅力の一つは「価格の安さ」です。

家を建てるお金・費用が安いローコスト住宅と同等程度の安さで、新築の家を購入することができます。

 

しかし、せっかく価格が安いと思っていた建売住宅でも、価格が高くなってしまう要因がいくつもあるので注意が必要です。

オプション代で高くなる

建売住宅は、安くみせるために、オプション工事の対象範囲が広い場合が多いので注意。

建売住宅では「標準仕様」の範囲が狭く、想定外に費用がかさんでいってしまう場合があります。

例えば、外構工事の費用が別であることは注文住宅でも多いですが、加えて、カーテンレールや網戸などまでがオプションとなっている場合があります。

さらに、それらオプションが意外に割高な価格設定となっていることもあるのです。

本体価格の安さばかりに気をとられ、追加設備・追加工事も含めた総額が高額にならないように注意しましょう。

建売住宅の値引き交渉は、契約より前に行おう!

住宅営業マンの立場を考えると「契約を取るため」の方が値引きをする動機が強く働きます

逆に、契約が済んだ後は「いかに売上を最大化するか」に主眼がいくため、値引きを極力避けてくるでしょう。

あなたが住宅を購入する時は、契約前に十分に細かく値段確認を行い、値引き交渉を行うべきです。

ただし、交渉決裂しないためにも、強引に値引き要求しすぎないことも大切です。値引きは多くても100万円程度と認識しておきましょう。

仲介購入は手数料が必要

建売住宅を、仲介で買うと「物件価格の3%+6万円」の仲介手数料がかかるので注意。

建売住宅は、仲介で購入した場合、仲介会社に手数料が「物件価格の3%+6万円」入る仕組みとなっています。

例えば、2700万円の物件の場合、次の通りです。

2,700万円×3%+6万円=87万円

・・・仲介料が50〜100万円程度かかるとなると、少しもったいないような気がしますよね。

建売住宅では、ハウスメーカーから直接買える物件もある!

ここで特に、大手の建売住宅は、直販を行っている場合が多く仲介会社を通さなくても建売住宅を購入できる物件があります。

また、もし直販がなくとも、仲介手数料を値引いてくれる場合もあります。仲介手数料が少ないことで、値引き交渉の余地が増えてくる場合もあるでしょう。

建売住宅の購入検討時は、このような仲介手数料の存在も認識しておきましょう。

メンテナンス代も考慮を

建売住宅で価格が安くても、メンテナンス代が高くなることもあるので注意。

住宅を購入する際は、10年・20年・30年と住み続ける上でのメンテナンスまで考慮しておく必要があります。

一般的に、外壁塗装は約10年に1度、水まわりのリフォームは約20-30年に1度行うことが目安などと言われます。

ここで例えば、もし外壁が「タイル」の場合約30年間メンテナンスが不要になります。

品質がいい住宅を選ぶほど、長持ちし、メンテナンス代は軽減できるのです。

建売住宅で、もし価格が安くても、逆にメンテナンス代が高くつく事にならないか注意しましょう。

火災保険料が高いことも

建売住宅で、家の性能が低いと、火災保険代が高くなってしまうので注意。

住宅を購入したら、火災保険や地震保険に加入することが一般的ですが、住宅の性能で保険料は変わります

耐火性能が高ければ火災保険料は下がり、耐震等級が高ければ地震保険料は下がります。

そのため、建売住宅を選ぶ時に、安さを重視し質がおろそかな物件を選ぶと、保険料は上がってしまうので注意が必要です。

極端に安い物件も注意

建売住宅で「価格が安すぎる」場合も、手抜き工事など問題の無い物件か注意。

建売住宅では、相場より極端に安い物件や、契約を急かされる物件などには注意をしましょう。

建売住宅だからと言って、相場よりお得な「お宝物件」があるわけではありません。

本来、相場に合わせたそれなりの価格になるはずです。もし格安な物件の場合、手抜き工事などの可能性もあり得ます。

もし、住宅の価格目安が分からないという方はハウスメーカー坪単価比較一覧の記事も参考にして下さい。

建売住宅の注意点 ③「手抜き工事で損しない」5選

建売住宅は、特に「質」に注意。

建売住宅の「質」に注意しないといけなく、それには理由があります。

建売住宅を建築する大工の給料の多くは「手間受け」とよばれる方法で支払われます。

「1日いくら」ではなく、「1棟いくら」という考えで支払われるのです。

そのため、大工にすると「何より早く建てた方が得」で、工期短縮の動機付けが強いのです。

もちろん「早くて腕がいい」大工もいますが、『必要最低限の品質』のこともあるので注意が必要なのです。

建売住宅は建築済みのために、手抜き工事・欠陥住宅などが分かりづらいので注意。

さらに困ることが、建売住宅は既に建築済みのために、建築中の様子が分かりません

そのためもし手抜き工事があっても気づかれませんし、目に見えない部分(床下や屋根裏など)がどうなっているか分かりづらいものです。

また、素人には違いが分かりづらい、基礎や構造にあまり力を入れていない可能性などもあります。

検討を進めている建売住宅は、その質をあらかじめ十分確認することが必要です。

仕様書などを確認する

建売住宅の販売地では、建物について資料に基づいての説明が不十分なケースもあります。

住宅に関する資料の種類をあらかじめ知り、その住宅の質に関する情報を十分に確認するように注意しましょう。

建売住宅は「建物仕様書」で、建築材料などの情報を確認するように注意。

まずは、建築材料などの記載がある「建物仕様書」を確認しましょう。

例えば、壁材や床材、断熱材、構造などの記載があります。

地震の時にも安全で、夏や冬でも快適に過ごせる住宅なのか、十分確認するように注意しましょう。

建売住宅は「建築確認済証・検査済証」で、適法建築を確認するように注意。

また、適法な建築であることを示す「建築確認済証」や「検査済証」も確認しましょう。

通常は、住宅ローン手続きのために使用するために、契約中に確認することになるとは思いますが、早めに確認しておくにこしたことはありません。

建売住宅は「住宅性能評価書」で家の性能を知るように注意。

また、家の性能が客観的に評価されている「住宅性能評価書」も確認しましょう。

住宅性能評価書では、耐震性能・耐火性能など10項目が、第三者機関によって評価されています。

よく注文住宅の宣伝で「耐震用等級が最高等級3をクリア」などと告知されていることがあるのですが、それはこの住宅性能評価書でのことです。

保証内容を確認する

建売住宅は、契約書の「瑕疵担保責任期間とその適用内容」を確認するように注意

建売住宅では、購入後に万が一欠陥があった場合の保証内容にも注意しましょう。

例えば、雨漏りや、床の傾き、壁紙の剥がれなど、暮らしている内に色々な不具合が見つかるかもしれません。

そうした時に、「瑕疵担保責任(かしたんぽせきにん)」といい、10年間の保証が義務付けられている制度があります。

住宅会社によっては、別途、2年保証や20年保証などもあります。また購入後の無料点検や無料メンテナンスなどがあることもあります。

建売住宅を購入する時に、保証の内容や期間について、十分確認するように注意をしましょう。

軒下や屋根裏を確認する

建売住宅は、軒下や屋根裏に出入りできる「点検口」の有無に注意。

建売住宅が欠陥住宅ではないか、実際に目で見て確認してみることも大切です。

普段は目に入らない住宅の内部を確認するために、建物に「点検口」が必要になります。

点検の事を考えて家作りされていれば、床下点検口と、屋根裏点検口が必ずあるはずです。

建売住宅では、点検口の有無を現場で確認するように注意が必要です。

建売住宅で、点検口から入り、内部を確認してみよう。

購入検討をしている建売住宅は、一度、いくつか内部を見てみましょう。

コンクリート基礎の厚さや、構造材の厚さ、耐震への対応など、色々と違いが見えてくるはずです。

住宅診断を利用する

建売住宅では、第三者のホームインスペクション(住宅診断)利用も多い。

建売住宅で作りが心配な場合は、外部のホームインスペクション(住宅診断)を利用する方法もあります。

住宅の基礎や、構造、配管、断熱対策など、素人では分かりづらい点も含めて、その住宅に不具合が無いかをプロにチェックしてもらうことができます。

ホームインスペクションは、契約前に利用するように注意。

ホームインスペクションは、なるべく契約前に利用するようにしましょう

契約前に重大な瑕疵が見つかれば、問題のある家の購入を取りやめることができます。

もし契約に間に合わなかった場合でも、引き渡し前に行えば、入居前の修繕につなげることができます。

下請工事業者を確認する

建売住宅は、下請け業者名を聞いて、信頼できるかも注意。

建売住宅検討時は、住宅会社に施工の下請け業者名を聞き、その業者について調べてみましょう

下請け業者が、その業者自体でも工務店として受託を行っている場合は、技術力が高いことが多いです。

また、自社で受託を行っている場合、いい物件をつくることで評判が高まることへの期待から、なおしっかりとした家づくりへの意識が高くなる傾向にあります。

建売住宅の注意点 ④「周辺環境をよく知ろう」3選

建売住宅は、宅地開発と合わせて販売されることも多いものです。

購入を検討している物件の周辺環境についても、あらかじめ十分確認しておくように注意が必要です。

自治会・近隣を把握する

建売住宅では、近隣コミュニティについても認識しておくように注意。

マンションであれば管理組合があるように、戸建て住宅を選ぶ場合に町内会や自治会との付き合いが出てくるものです。

ゴミ捨て場の付き合いがあったり、地域の草刈り・ゴミ拾いなどといった活動がその地域ごとに出てきます。

その地域にどういった特色があるのか事前に知れる情報は限られるかもしれませんが、地域との協力・助け合いが必要なことは認識しておきましょう。

学校や公園などの環境

建売住宅で小規模の宅地開発の場合、公園や集会所が遠い場合もあるので注意。

建売住宅でも、注文住宅でも同様ですが、生活を行っていく上でその物件が暮らしやすい環境にあるかの確認は必要です。

学校や病院、公園、商業施設などの利便性は、基本として確認する必要があります。

もし大規模な宅地開発の場合は、公園や集会場が設置されるものですが、中小規模の宅地開発の場合はそういった場が無いこともあります。

物件周辺を散策して周囲の環境を確認しましょう。

土地の資産価値も考える

建売住宅では、価値ある土地を購入するように注意しよう。

周辺環境をはじめ、地盤や方角、接道なども含め、価値ある土地の建売住宅を購入することも考慮しましょう。

建売住宅は建物価格が安い分、物件総額からみた土地価格の割合が高いもので、それだけ資産価値を残しやすいということです。

いつの日が物件売却の必要が出てくる時もあるかもしれません。資産価値の高い家を選んで損はありません。

建売住宅の注意点(おわりに)

建売住宅は価格も安く、また、既にできているため暮らしのイメージが沸きやすいものです。

しかし、数々の注意点があることが分かりました。

・あなたの希望に合わせて作られたわけでは無く、100%希望通りの建売住宅はありえない

・理想を追求できない上に、住まいに暮らしを合わせていくストレスが生まれる

・「安いから」と我慢するつもりでも、オプションも含めた総額が意外に高くなる事も

・既に建築済みのため、内部構造や手抜き工事の場合が分かりづらいという危険も。

建売住宅を本当に選びますか?

あなたの希望通りに家を作れる注文住宅でも、ローコスト住宅を選べば、費用はあまり変わりません

ローコスト住宅とは、建築費が安い注文住宅のことで、坪単価約30~50万円程度の場合を指します。

総額1,000万円台からあなたの理想を追求した新築住宅を、一から作り上げることができます。

間取りやデザイン、住宅設備、構造など、あなたが好きなように家作りをすることができるのです。

「建売住宅に心配がある」という方には、ローコストでの注文住宅も一度合わせて検討してみることをおすすめします。

高満足度メーカーも多いため、ローコスト住宅ランキングを参考にしてみてください。

 

もし建物価格の予算で、2000万円台以上も検討している方は、ハウスメーカーランキングの記事も参考になります。