住友不動産の注文住宅って興味がありますよね!

評判はどうなのでしょうか坪単価・価格・値引き率はいくらなのでしょうか? 

住友不動産は、マンション販売No.1の知見や技術力を活かした、注文住宅の家づくりが特徴です。

高層ビルも手掛ける高い耐震性、高級マンション仕様の充実した設備、都市型の高いデザイン性などです。

この記事では、住友不動産の注文住宅の評判や価格についてご紹介します。ぜひじっくりご確認ください。

比較他メーカーとの比較は!

住友不動産の評判について「他メーカーと比較した状況」を知りたい場合は ハウスメーカーランキング の記事をご確認下さい。

住友不動産とは

住友不動産は、マンション供給数No.1、東京オフィスビル数No.1の会社

住友不動産は、不動産・住宅に関する大手総合デベロッパーです。

特に、マンション供給戸数は5年連続No.1(2014〜2018年)、東京のオフィスビル展開数No.1(約220)の実績を誇ります。

そのマンションやビル事業で培った、技術や知見を活かし注文住宅作りを手掛けられることが強みです。

大手ハウスメーカーの中でも、住友不動産は「価格帯が安めで検討しやすい」ことが嬉しいメーカーです。

住友不動産の注文住宅の特徴

それでは、住友不動産の「注文住宅・家づくりの特徴」をご紹介します。

都市型の高いデザイン性

住友不動産の注文住宅は、都市型の美しい外観デザインが特徴。

住友不動産 プレミアムJ

住友不動産の住まいは、都市型住宅としての高いデザイン性が特徴です。

オフィスビルや高層分譲マンションなどで培ったデザイン美を注文住宅にも取り入れ、スタイリッシュでモダンな住宅作りをすることができます。

外から家の内部を見えづらくする「ガラスマリオン」や、家の中に開放感がうまれる「プライベートパティオ(中庭)」など、先進的なデザインが特徴です。

主力商品の「J・アーバン」を中心に、グッドデザイン賞を連続受賞。

住友不動産は、デザイン力の高さは、グッドデザイン賞の常連メーカーであることからも分かります。

主力商品「J・アーバン」の4商品連続で受賞、2016年のトリプル受賞、2016〜2018年の3年連続受賞など、数々の実績があります。

同賞は見た目のデザイン性に加え、機能性や、テーマ性など総合的に評価されるもので、住友不動産の住まいの実力の高さが分かります。

高級マンション仕様設備

住友不動産の注文住宅は、住宅設備が高級マンション仕様で充実している。

住友不動産 プレミアムJ

住友不動産の注文住宅は、グレードの高い住宅設備を取り入れやすいことも特徴です。

供給数No.1の分譲マンションとの共同仕入れにより、通常より安価に、レベルの高い住宅設備を取り入れやすくなるのです。

キッチンやバスルームなどの水回りの他、床・ドアの建具などの仕様が充実。

具体的には、水まわりを中心に、建具などの標準仕様レベルが高くなります。

例えば、人造大理石カウンターのキッチンや食器洗い乾燥機、高級感を演出する全面アクセントパネルの浴室・暖房浴室乾燥機などです。

まさに、高級マンションやホテルかのような室内装のハイランクな住宅が気軽に実現します。

高い耐震性と技術力

住友不動産は「地震に強い頑丈な住友不動産」としての評判も高い。

住友不動産 Jレジデンス

住友不動産の住まいは「地震への強さ」へも高い定評があります。

これまで、いくつもの高層ビル・マンションで、耐震・制震・免震を手掛けてきた技術力、また、これまで40年以上も木造住宅を手掛けてきた知見で、強い住宅作りが可能になっています。

標準仕様で耐震等級3(最高ランク)を獲得していて、実際、住友不動産の注文住宅は、阪神・淡路大震災でも倒壊0だったそうです。

住友不動産の注文住宅では、ツーバイフォーなど工法を選んだ住まいづくりが可能に。

住友不動産の家づくりでは、希望や予算に合わせ4つの工法から選べます。

特に、面で支えて地震に強い「2×4(ツーバイフォー)工法」は1972年から取り組んでいるほど知見に溢れています。

より耐震性に優れた「2×6工法」や、間取りや外観を重視させる「ウッドパネル工法」などから工法を選べます。

【まとめ】住友不動産は、こんな人に向いています。

・都市の景観に合う外観デザインの住宅にしたい方

・マンションやホテルのような住まいにしたい方

あなたのご希望に合いそうですか?

※もし「自分の希望とは少し違いそう・・」と感じた方は、より希望に合う他メーカーを、ハウスメーカーランキングの記事から探してみましょう。

住友不動産の家づくりを検討するには

まずはじめに「無料プラン提案」を依頼することが鉄則です。

あなたの予算や希望では、住友不動産では実際にどんな家が建ち、それは他社と比べるとどう違うのかをリアルに比較・把握しないと意味がありません。

家づくりに関するあなたの夢や憧れを伝え、それを実際にどう打ち返してくれるのか、住友不動産の実力をあなたが見定めて下さい。

住友不動産の無料プラン提案の詳細へ>>

住友不動産の注文住宅の主力商品

続いて住友不動産の「注文住宅の主要な商品」をご紹介します。

J・アーバンなど

住友不動産の主力商品は、都市型住宅の「J・アーバン」シリーズ。

住友不動産 Jアーバンライト

住友不動産の主力シリーズが「J・アーバン」です。

グッドデザイン賞を4商品で受賞した実績もある、都市に馴染むスタイリッシュなデザインの商品で、外からの視線を遮るプライバシー確保も特徴です。

伝統美のあるデザイン・開放感のあるデザインなど商品パターンを選ぶことができます。

\Jアーバンをもっと詳しく!/

人気住宅・間取りプラン⇒

住友不動産の、高級商品が「プレミアム・J」シリーズ。

住友不動産 プレミアムJ

住友不動産の上級ランクシリーズが「プレミアム・J」です。

同社のデザイン力・技術力を結集し、究極のリラックス空間を生み出すために作られました。

外部からのプライバシーを確保しながらも、中庭や二面採光・屋上バルコニーなど多様な外部空間を取り入れ自然を感じる住宅になっています。

\プレミアムJをもっと詳しく!/

人気住宅・間取りプラン⇒

住友不動産には、海外住宅スタイルの「邸宅型住宅シリーズ」もある。

住友不動産には、海外邸宅スタイルの商品もあります。

古き良きアメリカンスタイルや、海辺が似合う仏コートダジュール建築など、オリジナリティー溢れる多様な外国スタイルが用意されています。

住友不動産の商品の中でも、特に価格帯が安めなのも嬉しいポイントです。

\邸宅型住宅をもっと詳しく!/

人気住宅・間取りプラン⇒

住友不動産の価格・値段

気になる、住友不動産の「価格・坪単価・値引き」についてご紹介します。

価格約2000万円台が目安

住友不動産の建物価格は、2000万円台が一目安。

住友不動産で家づくりをする時、建物価格は2,000万円台が一目安です。

インターネット上の口コミでは、主力商品「Jアーバン」の価格帯は、広さや仕様により約2,000〜3,000万円が中心になっています。

なお、同社のIR資料等で、平均価格や平均坪数などは公表されておらず、正確な平均値は確認できません。

\費用についてもっと詳しく!/

人気見積もりプラン⇒

例えば、2500万円の住宅ローンの場合、月々支払い例は、6万円台など。

もし総費用を2,500万円とし、頭金1割で住宅ローンを組んだ場合、月々の返済額例は約6.8万円になります。※35年ローン・固定金利1.5%時

同じ広さの賃貸住まいと比較した時、月々の支出としては安くなる地域も多いことでしょう。

坪単価約50〜70万円

住友不動産の建物価格は、坪単価にすると約50〜70万円が一目安

住友不動産の建物価格を坪単価で見ると、約60万円前後が一目安になります。

価格が高い「Jプレミアム」だと坪80万円以上になりますが、主力の「Jアーバン」であれば坪60万円台が一目安になります。

さらに、価格が安い邸宅型住宅シリーズであれば、坪単価50万円台が一目安になります。

他メーカーと比較すると・・

住友不動産の坪単価は、他の大手メーカーと比較すると安いと言えます。

「他ハウスメーカーの坪単価目安」は、 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

住友不動産の価格・坪単価は、実際には自身で確認する必要あり。

なお、坪単価は毎年少しづつ上昇傾向にあります。また、地域によっても差が出ます。

そのため、上記の坪単価・価格は、あくまで一参考程度であり、実際にはあなた自身で住友不動産に坪単価を確認する必要があります。

特に、仕様を高めたり、オプションを増やすと坪単価は高くなっていき、目安値から大幅に変わることもあります。

あなたの要望に合う住宅プランを検討した上での、実際の見積もり確認が必要です。

\費用についてもっと詳しく!/

人気見積もりプラン⇒

値引き10%以上のことも。

住友不動産の値引き額は、10%以上になることもある。

住友不動産から出た見積もりは、約10%以上の値引きが行われる場合があります。

例えば、3,000万円の見積もりが、300万円(10%)下がり、2,700万円になるなどがありうるわけです。

家づくりは大きな買い物なだけに、100万円以上安くなるのであれば、値引き交渉をしないと損です。

【参考:住宅メーカーの値引き】

多くのハウスメーカーは約3~7%程度の値引きの交渉余地があります。価格帯が高いメーカーほど値引き余地が大きくなります。

住友不動産で値引き・サービスを引き出す一番の言動力は「他社との競争」

住宅営業マンのサービスを引き出す一番の原動力は「他社との競争」です。

「他社と見積もり比較をしている事を伝えることでサービスが増える」という事が最も多くあります。

住友不動産を含め「他社と見積もり比較されている事実」が、営業マンの調整を最大限に引き出します。

特に「①同じ工法・似た価格帯のメーカーとの比較」と、「②契約直前の値引き交渉」が、鉄則です。

住友不動産と比較するメーカー候補と、その特徴は!

住友不動産と相見積もりする時のメーカー候補は、例えば次の通りです。

ミサワホーム、ウィザースホーム、一条工務店 など

大手ハウスメーカーや工務店の中でも、中価格帯の木造住宅での相見積もりだと、条件が近くて比較を行いやすくなります。

ただし、「Jプレミアム」であれば高級住宅として「積水ハウス」と比較したり、邸宅型住宅であれば輸入住宅メーカーと比較したりなど、選ぶ商品次第でも

比較比較候補メーカーの特徴は!

「住友不動産との比較候補各社の特徴」 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

住友不動産の評判・評価

住友不動産の「評判」はどうなのでしょうか?ご紹介します。

価格が比較的安い

住友不動産の坪単価は、他の大手ハウスメーカーと比較すると約1〜2割程度安く検討しやすく評判

住友不動産 Jレジデンス

住友不動産は、他の大手ハウスメーカーと比較すると「価格が安め」なことは好評です。

他大手ハウスメーカーは坪単価80万円以上が中心ですが、住友不動産は60万円台が検討の中心価格帯となるために約1〜2割程度安いのです。

高いデザイン性や大手の安心感がありながら、価格帯がそこまででもないのは嬉しいところです。

価格が安いのは、オフィスビル事業や、マンション事業の存在があるから。

住友不動産の注文住宅が安いのは理由があります。

供給数No.1のマンション事業と設備を安く共同仕入れできることや、ビル・マンション事業が会社の収益の柱のため注文住宅事業にそこまで採算性を求める必要が無いことが理由です。

また、他ハウスメーカーと比較すると、テレビCMなどの広告宣伝を少なく抑えていることも理由です。

住友不動産の注文住宅は「保証」が物足りない。

住友不動産の、評判が悪い点としては「保証」の少なさです。

最長30年保証がありますが、無料の初期保証は10年までです。他の大手ハウスメーカーなら、初期保証30年・最長保証60年という会社もあり、比較すると保証期間が短い会社と言えます。

家づくりでは建てた後のアフターフォローもとても大事で、特に修理やリフォームが増えるのは築10年以上経ってから。住友不動産の保証は少し不安が残ります。

アフターフォロー充実など、顧客満足度が高い他のハウスメーカーとも比較してみよう!

満足度が高い住まいづくりをするためには「保証・アフターサービス・メンテナンス」など長期的視野も含めた検討も必要です。

家づくりで失敗・後悔を避けるためにも、他の、顧客満足度が高いメーカーと比較してみることも大事です。

比較他メーカーと比較を!

顧客満足度が高い住宅メーカーとその各社特徴を、ハウスメーカーランキングの記事でご紹介しています。

住友不動産の注文住宅をもっと詳しく

住友不動産についてさらに詳しくご紹介します。

4つの工法について

【住友不動産の注文住宅の工法】は、4つのパターンから選べる。

住友不動産の家は「地震に強い丈夫な家」として知られています。

高層ビル建築で培われた、地震対策テクノロジーが注文住宅分野にも活用されていることなどが理由です。

工法は、希望や予算に合わせて4つから選べるために、それぞれご紹介します。

【住友不動産のウッドパネル工法】は、「間取り・外観重視の方」向け。
出典

「ウッドパネル工法」は、強い軸組工法と、面構造のいいところどりをした工法です。

柱などの接合部分に「構造用接合金物」を使用し通常の軸組み工法の1.5倍の強度を実現しています。

また、地震の揺れを50%抑える制震システムをつけ、高倍率耐力壁の「パワーパネル」も標準採用しています。

【住友不動産のウッドパネルセンチュリー】は、ウッドパネル工法をより進化させたもの。

ウッドパネル工法を、より進化させたのが「ウッドパネルセンチュリー」です。

基礎の立ち上がり幅を広くしたり、建築資材を杉から檜にしたり、窓ガラスをペアガラスからトリプルガラスにするなど、細かなグレードを挙げています。

100年先を考える工法として、耐久性に磨きがかけられています。

【住友不動産の2×4工法】は、より「耐震性」を重視される方向け。
出典

「2×4工法」は、床・壁・天井の6面で建物を支え、地震の揺れを分散させる工法です。

もともとアメリカの工法でしたが、地震が多い日本に合わせて進化し、建物倒壊が多かった阪神淡路大震災でも住友不動産で建てられた家は、倒壊0でした。

こちらも制震システムをつけることで地震の揺れを50%軽減し、ゆれによる家具の転倒などを防ぎます。

なお、ウッドパネル工法より耐震性は高まりますが、間取りの自由度は下がります。

【住友不動産の2×6工法】は、2×4工法をさらに進化させたもの。

2×4工法を、断熱性や気密性についてさらに進化させたのが「2×6工法」です。

厚さ1.57倍の断熱材の使用により、冷暖房費が約28%削減できたり、台風などへの耐性が高まります。

地震に強いことに加え、より、冬温かく夏に涼しく、電気代も経済的な住まいにしやすい構造です。

住友不動産の口コミ

最後に、住友不動産の「口コミ」をご紹介します。

(はじめに)ネット上の住宅会社の悪い口コミに神経質になりすぎないこと。

まずはじめに、注文住宅に関するネット上の口コミに、シビアになりすぎないことをオススメします。

家づくりは高い買い物で、買い手側のこだわりが強く期待も高いことから、どうしても苦情が多くなりがちです。

住宅業界は「クレーム産業」と呼ばれ、どのメーカーに対しても基本的に辛口の口コミが多いのです。

住友不動産の辛口の口コミは「営業マンの能力次第」など。

住友不動産の心配な口コミで見られるのは「能力が低い営業マンに当たると不満が大きい」というもの。

住友不動産は他のハウスメーカー以上に営業マンの裁量・権限が大きく、プラン設計や建築現場チェックなどまでを行います。

そのため、もし能力が低い担当者にあたってしまった場合に、提案や対応が悪かったり、満足いかない結果になりがちなようです。

住友不動産の良い口コミは「優秀な営業マンに当たると、とても良い」など。

住友不動産の良い口コミで見られるのは、逆に「優秀な営業マンだと、とても進めやすい」というものです。

他ハウスメーカーや設計事務所に勤めていた経験者を多く採用しており、優秀な営業マンに当たった場合に、彼(彼女)の裁量が大きいことで、家づくりが進めやすいという声が見られます。

建築士の資格を持つなど専門的知識が豊富な営業マンが、ヒアリング内容をもとに自身でプランニングまで行うなどで、より希望に近い家づくりができます。

住友不動産の注文住宅について(おわりに)

住友不動産は、マンション供給数No1の会社です。

マンションづくりで培った高い技術力やデザイン性を、住宅づくりに取り込んでいることが大きな特徴です。

住友不動産なら、高級マンション仕様の、充実した住宅設備、都市型の美しいデザイン、高い耐震性の家づくりが実現します。

住友不動産の注文住宅は、高級マンションやホテルのような家づくりに興味のある方は、今すぐ検討する価値があります。

\住友不動産をもっと詳しく!/

人気住宅・間取りプラン⇒

住宅プラン作成

住友不動産に、注文住宅プランを気軽に作成してもらえます!

住友不動産に「住宅プラン作成」を気軽に依頼できます!

今から約3分のWEB申込で、住友不動産に、あなたの予算や要望に合わせた家づくりプランを気軽に作成してもらえます。

さらに、希望すれば、他の人気メーカーにも同時にプラン依頼できます。

住宅カタログがもらえ、間取り・見積もりのプランを作ってもらえる!

住友不動産に作ってもらえるのは「あなたの希望・要望に合わせたプラン」です。

住宅カタログを送付してもらえ、さらに、商品・間取りプラン・費用プランの他、必要に応じて土地プランを作成してもらえます。

あなたの予算や要望に合わせたアイデアやアドバイスまで充実した情報をもらえます。

住友不動産は、住宅カタログだけでも、とても役立つ情報源になる!
住友不動産の住宅カタログ例

住友不動産は、情報が充実している「注文住宅カタログ」を見るだけでも、だいぶ役立ちます。

実際に建てられた様子が多くの写真付きで紹介されている「建築実例集」、坪数と方角別にまとめられた「間取りプラン集」があり、家づくりのアイデアを広げやすいのです。

そして「商品カタログ」として、住宅展示場だけでは知ることのできない数多くの商品群を一度に分かりやすく知ることができます。

住友不動産の営業マンと対峙するプレッシャーなく、家でゆっくり情報収集できる。

今ここで依頼するメリットの一つは「気軽に検討できる」ことです。

たしかに、住宅展示場に行っての依頼もできますが、打合せに何時間も時間がかかったり、営業マンを前にすると契約を迫れそうなプレッシャーを感じるものです。

しかし、営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持って間取り比較をすることができます。

住友不動産以外のメーカーにも同時依頼できるから、アイデアが膨らむ。

二つ目のメリットとして、希望すれば他メーカーへのプラン作成も同時に依頼することができます。

通常は時間がかかるために諦めがちな、何社もの住宅プラン比較を気軽に行えます。さらに、見積もり比較を通じ、後々の値引き交渉に有利に働いてきます。

なんと、ハウスメーカーランキング上位のメーカーの最大約8割に同時に依頼することが可能です。

私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりと資料や提案が届きました。

間取りプラン検討時の「 ’自分にあった’ 情報収集や比較検討の材料集め」に適しています。

できれば5~7社程度のプランを比較できると、家づくりのイメージがだいぶ広がります。

3冠を獲得・112万人が利用。

住宅プラン作成の依頼は、タウンライフという無料サービスで行えます。

たしかに、タウンライフはテレビCMを行っていないため広くは知られていません。

しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。

3冠の中には、「利用満足度」や「知人に薦めたいサイト」などがあり、安心できるサービスを利用したい方に向いています。

たしかに、事前の登録に約3分と連絡先の入力が必要になってしまいます。

しかし、気軽に無料で利用でき、あなたの希望の住宅プランを作ってもらえるため、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


住友不動産の無料注文住宅プラン作成よくある質問

「Q. 本当は何かお金がかかるのでは?」
完全無料で利用できるサービスです。住宅会社の広告宣伝費で運営がなりたっているため、無料サービスが実現しています。仲介手数料なども一切かかりません。

「Q. 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。」
心配ありません。希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載することで、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。

「Q. 申込み後の流れはどうなるの?」
はじめに入力内容の確認連絡があります。その後、希望条件に合わせたプランや資料が届くので、じっくり比較して下さい。

タウンライフは私も2度利用しています。

他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているために、安心しておすすめできます。

詳細はこちら>>>

 

理想の家づくりを実現するために
満足度が高い家づくりを!

多くのハウスメーカーや住宅プランを比較検討することで、家づくりのアイデアが膨らみます。

人気≻≻ハウスメーカーランキング!