ローコスト住宅は価格が安くて手が出しやすい分、後々、後悔や失敗しないか心配になりますよね

でも、正しい知識を持って住宅会社を選べば、ローコスト住宅でも高品質な家づくりにつなげられます

この記事では、ローコスト住宅の後悔・失敗パターンと対策をご紹介します。

ローコスト住宅の後悔・失敗とは【重要・1分まとめ】

ローコスト住宅の後悔は、主に、価格・品質・長く住むことの3つに集約される。

結論としては、ローコスト住宅の後悔を大別すると、次の3パターンに集約されます。

① 品質 住宅の性能や設備に満足できなかった。

② 長期居住 保証やアフターサービスに不満が残った。

③ 価格 価格が高くなってしまった。

つまり「安くすることで、満足度が低くなるパターン」と「満足度を高めるために、価格も高くなってしまうパターン」があります。

そこで、後悔しないために、あなたは『安くて満足度も高い家づくり』を考える必要があります。

対策で失敗を避けよう

ローコスト住宅で、まだメーカーや工務店を検討中の方は、顧客満足度が高いメーカーの選択が役に立つ。

ローコスト住宅の後悔でよくあるパターンを避ける分かりやすい方法が『顧客満足度が高いローコスト住宅を選ぶ』ことです。

特に「オリコン顧客満足度ランキング ハウスメーカー部門」は、毎年調査があり、調査母数、調査項目も多く、最も参考になる客観的なデータです。

調査項目には「金額の納得感」や「住宅の性能」「設備・内装の質」なども含まれ、安くても満足度が高いローコスト住宅」が分かります。

ただし、同ランキングでは、ローコスト住宅以外の、中価格帯から高価格帯までメーカーも一律にも並べられていて、分かりづらいことが欠点です。

そのため、分かりやすいようにローコスト住宅に特化した満足度情報をまとめたので、ハウスメーカーランキングの記事でご確認下さい。

 


ローコスト住宅で、既にメーカーや工務店との契約後の方は、一つ一つ対策を確認しよう。

既にローコスト住宅の「ハウスメーカー・工務店を決定したの方」もいらっしゃると思います。

既に契約済みであれば、ローコスト住宅の「後悔・失敗の具体的なケースと対策を確認」していきましょう。

これから少し長くなりますが一つ一つご紹介していきます。しっかり確認して下さい。

ローコスト住宅の後悔①「想定より価格が高かった」

ローコスト住宅なのに、思っていたより高くなったとの後悔に注意。

ローコスト住宅は、価格や安いことが大きなメリットです。建物価格で1,000万円台からを目安に家を建てることができます。

たしかに、別途かかる土地代、及び、住宅価格の1割程度かけるといいと言われる外構工事の費用や、7〜8%かかると言われる諸費用、また消費税まで考慮すると、全体総額では2000万円ほどはかかってきますが、それでも平均より大きく安いです。

 

しかしここで、「建物価格が思っていたよりも高くなってしまった」と後悔する方が一定数出てくるのです。

標準仕様範囲を確認する

ローコスト住宅でも、オプション次第で高くなる。標準仕様の範囲を確認しよう。

ローコスト住宅で価格が高くなってしまう事の原因の大きな点は、「オプション料金」です。

ローコスト住宅では、価格を安くみせるために、必要最低限の範囲しか標準仕様に入っていません。場合によっては、標準仕様に入りそうな内容までオプションになっていることがあります。

例えば、「カーテンレール」までオプションになっていることがあるのです。

自分が選ぼうとしているローコスト住宅メーカーの「標準仕様」の範囲がどこまでなのか。

家を建てる手順・流れとして、あらかじめ他のローコスト住宅メーカーと比較しておくことが、想定外の予算増を避けることにつながります。

ローコスト住宅のオプションはこだわる所だけにし、他はなるべく標準設備に。

せっかくのローコスト住宅でも、グレードアップ・オプション追加を増やすと、中価格帯のハウスメーカーと変わらない総額になってしまいます。

そのため、あなたがこだわりたいところに絞って、オプション利用するようにしましょう。

具体的には、ローコスト住宅の場合は、快適な暮らしにつながる「気密性・換気・断熱材」などにしっかりこだわることがおすすめです。

ローコスト住宅で、価格交渉は契約の前に行おう。ただし、値切りすぎないように。

標準仕様以外のオプション項目・設備を加える場合に、必ず契約前に全ての項目を金額確定させるようにしましょう。

メーカーの営業マンとしても契約を取るために、契約前の方が価格割引する動機が強くなります

契約後の場合は、営業マンはあとは売上額を増やしたい動機が働くため、価格交渉が行いづらくなってしまいます。

なお、契約前に値切り交渉をする場合、他のメーカーと見積り比較を行うことで価格交渉を行いやすくなります

ハウスメーカーで坪単価が同程度の会社と、必ず見積り比較を行いましょう。

予算計画には余裕を持つ

ローコスト住宅本体価格の他に、土地代と、外構工事費用、予備費を考慮しよう。

先ほどご紹介した通り、家を建てるのに必要なお金・費用には、建物価格の他に、土地代・外構工事の費用・消費税がかかります。

そこに、さらには、予備費として予算総額の1割程度の余裕を残しておくことをおすすめします。

(例)総予算額2,000万円以下にしたい場合

「建物価格1,000万円 +土地価格500万円+外構費用100万円+諸費用80万円+消費税約134万円(8%の時)+予備費184万円

記載の内訳金額は、全くの一例ではありますが、このように建物本体以外の価格と予備費を考慮しておくと余裕がうまれ、思いがけない出費に対応できます。

なお、こう考えると意外に建物本体にかけられる費用が少なる場合もありそうですよね。そのような時は、超ローコストで平屋・安い家を建てるの記事も参考下さい。

ローコスト住宅の後悔②「設計自由度が低かった」

ローコスト住宅で、希望通りの間取りにならかったとの後悔に注意。

ローコスト住宅では、思っていた通りに家が建たなかったという後悔もあります。

ローコスト住宅で、価格は安いが間取りが決められているのが「規格型」。

間取りに不満が残る場合に多いのが「規格型」のローコスト住宅です。

いくつかのプランがあらかじめ決められていて、その中から選び、一部をカスタマイズするようなタイプです。

例えば、「風水家相の間取りにこだわれなかった」などの場合が考えられます。

 

規格型住宅であることで、部材を大量製造できるなど、建築コストを下げることができるのです。

規格型より注文型を選ぶ

ローコスト住宅の「注文型」なら、希望に合わせた自由設計の家が建てられる。

希望通りの家を作り上げたい場合は「規格型」ではなく、完全自由設計の「注文型」ハウスメーカーを選ぶことで、より理想の住宅に近づけることができます。

なお気をつけたいことが、注文型とうたっていながら、実際には規格型に近い住宅メーカーも中には存在します。

自由度の違いを感じるためにも、必ず複数のメーカーで住宅プランを比較するようにしましょう。

ローコスト住宅のプラン比較を楽に行う方法とは。

家づくりのためのハウスメーカー比較を自分で行うと、とても大変です

打ち合わせに1回3~4時間などかかり、間取りや見積もりができるまで1ヶ月かかることもしばしばです。

たった2社比較するだけでも、着工まで6ヶ月かかったりもし、労力がかかりしんどいものです。

ローコスト住宅で満足度上位のメーカーの比較が、簡単2ステップ・たった3分!

ハウスメーカー比較がググッと楽になるのが、タウンライフ家づくり注文住宅一括比較です。

3分のウェブ申込みで、家・注文住宅の一括見積もり比較・プラン比較ができます。

ローコスト住宅での顧客満足度ランキング上位10社中、なんと8社が参加!各社の提案・坪単価・対応力などを比べられます。

タウンライフなら時短で一挙に比較でき、今すぐ使わない手はありません

\簡単3分!大手28社厳選/

 


ローコスト住宅で満足度ランキング上位の比較は、安心して気軽に行えます。

Q しつこい営業はないの?
ありません。優良な住宅会社のみが参加しているので、悪質な勧誘電話などは一切ありません。

Q お金がかかったりしないの?
かかりません。住宅会社の販促予算などから運営されているため、費用は一切かかりません。

Q まだ家を建てるか分からないけれど使える?
ご利用頂けます。今後の家づくりの可能性に備えて、情報収集として気軽にご利用頂けます。

タウンライフなら、人気ハウスメーカーの比較が安心・気軽に行えます。

\簡単3分!大手28社厳選/

 

ローコスト住宅の後悔③「間取りでケチり失敗した」

ローコスト住宅で、価格を抑えることを意識しすぎての間取りの失敗に注意。

ローコスト住宅では、価格を抑えようと意識しすぎた結果、使いづらい間取りや作りになってしまう場合があります。

4LDKや、5LDKの間取りなど様々な場合があると思いますが、具体的な失敗例を把握することで、同様の失敗を避けるようにしましょう。

よくある失敗例を知る

(失敗 後悔の例)リビングの隣に和室・洋室をつくらなかった。

ローコスト住宅で価格を抑えるために、目的が明確でない部屋は、つい削りがちです。

しかし、子供がいる家庭、今後子供が生まれる可能性のある家庭の場合は、リビング横に多目的室があると何かと便利です。

赤ちゃんの世話をする場、子どもが遊ぶ場、子供が勉強をする場と、長い間に渡って役立つ部屋となります。

(失敗 後悔の例)廊下の幅が狭かった。

ローコスト住宅で価格を抑えるために、部屋以外のスペースを極力無くそうと意識が働きます

しかし、廊下がある場合はその幅は広い方が、後々の不都合を減らすことができます。

まずは、引越し時などに大きな荷物(ベッド、冷蔵庫、洗濯機など)でも運べる必要があります。

さらには、ゆくゆく老後に車椅子生活になった時に、廊下を通れるかどうかという問題が出てきます。

(失敗 後悔の例)壁・仕切りを減らしすぎた。

仕切りを減らすことは、価格を抑えることにつながり、さらに、デザインが開放的になるなどの理由で、最近の住宅関連雑誌などで紹介されていることは多いです。

しかし、それは高価格帯の住宅メーカーならいいのですが、ローコスト住宅では失敗につながりかねません

基本性能としての住宅の気密性・断熱性が異なるために、冬に寒くなりやすかったり、電気代がかさんでしまうことにつながります。

(失敗 後悔の例)玄関ポーチの幅が狭かった。

ローコスト住宅では、全体的に小さめに設計してしまうことがあります。

つい検討がおろそかになってしまう場所として「玄関」が挙げられます。

玄関は、玄関アプローチから数段のステップをあがって、少し広めで屋根もある玄関ポーチがあることが多いと思います。

ここで、玄関ポーチを小さく作ってしまい使いづらい場合もあるので注意をしましょう。

ローコスト住宅で後悔しないために、色々な間取りアイデアを検討しながら家づくりをしよう。

ローコスト住宅の満足度上位社に、まるっと一挙に、住宅プラン作成を依頼できるのがタウンライフです。

普通であれば1社作成するのに1~2カ月かかるような、間取り・見積もりプランを、たった3分の申し込みで、ゴッソリと入手できます。

上位メーカーを、あなたの希望に合わせた情報で一律で比較でき、参考にできるアイデアが数多く集まるため、今すぐ利用する価値があります。

\簡単3分!大手28社厳選/

 

ローコスト住宅の後悔④「断熱性能が悪かった」

ローコスト住宅で、冬の寒さへの後悔に注意。

ローコスト住宅は、高価格帯の住宅と比較すると、気密性・断熱性に劣る傾向があります。

安い断熱材として、繊維系断熱材の「グラスウール」が使われていることが多いのですが、もし湿気対策・気密対策が十分に行われていないと、結露などがおきてしまうのです。

冬の寒さ対策が十分でないとやはり暮らす上での快適さは下がりますし、電気代も高くなってしまいます。

Q値U値C値を比べる

住宅で「温かい家」を簡単に知れるのがQ値・U値・C値。

住宅の断熱性を客観的に示す数値に「Q値・U値・C値」があります。

各ハウスメーカーのカタログに記載されていることが多いので、比較をすることで、温かく電気代の少ない家づくりができます。

どの値も、低いほど良い(≒ 温かい家になる)数値です。

Q値:熱損失係数(W/㎡・K)

値が低いほど、魔法瓶のように保温性・保冷性が高いです。

U値:外皮平均熱貫流率(W/㎡・K)

値が低いほど、外からの熱や寒さを取り入れにくくなります。

C値:延床面積あたりの隙間量(cm² /m²)

値が低いほど、家の隙間が少ないです。

業者の得意分野を知る

各ローコスト住宅ごとに特徴を打ち出している。断熱・気密へのこだわりを確認する。

どの住宅会社も、自社の新築住宅商品の特徴を打ち出していて、それはローコスト住宅でも同じです。

中には、気密性や断熱性の向上に関わる強みがあるメーカーもあるため、比較をすると良いでしょう。

例えば、ユニバーサルホームはローコスト住宅に位置付けられますが、「地熱床システム」で冬でも温かい家づくりができます。

他にも、ローコスト住宅で価格への満足度が高いメーカーは、品質への満足が伴っていることも多いです。

顧客満足度を紹介している、ローコスト住宅ランキングの記事も参考してみて下さい。

 

ローコスト住宅の後悔⑤「素材・設備が悪かった」

ローコスト住宅でも、十分な木材や設備を使っているが、中には質が低い場合も。

ローコスト住宅が安いのは、不要な費用を削減する企業努力があるためであって、決して質が低いわけではありません。

各メーカーが広告宣伝活動を控え、部材を大量仕入れするなどして建築コストを抑えています。

しかし、家の安全性に大切な木材以外の部分の素材や設備において、機能が低いものを使っているメーカーや工務店も中にはあるかもしれません。

各部材の知識をつける

木材・部材・設備に関する知識をつけよう。

住宅の建築材・素材・設備や、構造にいたるまで、自身でも調べて、あらかじめ知識をつけておくことも大切です。

最も簡単な方法は、なるべく多くの住宅メーカーからカタログを取り寄せることです。

各メーカーにおける建築構造、耐震構造、気密性・断熱性など様々な側面における取組み・違いを知ることができます。

タウンライフ家づくりで「家づくり計画書」の作成依頼をすると、カタログが一挙に送られてくるので便利です。

なお、どうしてもグレードに満足がいかない場合は、ローコスト住宅以外の、中価格帯以上のハウスメーカーも視野に入れましょう。

ハウスメーカーランキングの記事では、顧客満足度が高い住宅会社を一挙に紹介しています。

ローコスト住宅の後悔⑥「施工の質が悪かった」

ローコスト住宅で、中には、手抜き工事などが後々分かり後悔する場合も。

新築住宅において、中には欠陥住宅の被害を受けてしまう方もいます。

例えば、断熱材が一部適切に入れられていなかったり、防水処理が不十分であったり、基礎に欠陥があるなどです。

すぐには気づかずとも、後々の工事・修理や、点検やリフォーム時に気付き知ることもあります。

建設中の現場に行く

同じハウスメーカーで建築中の工事現場を見に行こう。

ハウスメーカーや工務店を決める前であれば、その検討中のメーカーで現在建築中の家を2-3件営業担当に聞き、施工現場を見に行ってみましょう。

そこで、職人の年齢構成を確認してみて下さい。熟練者・中堅・若手と、年齢バランスがとれていて大人数で作業しているような現場のメーカーは安心できます。

もし、若い人しかいなかったり、人数が少ない状況で作業している住宅会社には、注意が必要です。

また、タバコの吸い殻や空き缶などが工事現場にもしポイ捨てされているような場合、その住宅会社は避けた方が良いかもしれません。

自宅の建設中も、現場をよく見に行き、職人の緊張感や、やる気を上げる。

自宅の建設に入ってからは、なるべく頻繁に建築現場に足を運ぶようにしましょう。

そして、お茶やコーヒーといった飲み物の差し入れを行ったり、建築状況について軽く話を聞くなどしてみて下さい。

職人も人です。家主の顔や人柄を知っている方が、同じ仕事でもやる気・やりがいが上がるものです。

現場の職人さんとも、少しでもコミュニケーションを重ねた方が、家づくりがより丁寧なものになっていくでしょう。

ローコスト住宅の後悔⑦「長く住めるか心配」

ローコスト住宅だから、長い間住めるのだろうかと心配な方も。

ローコスト住宅で心配になることに「何十年もの長い間住めるのだろうか」ということが挙げられます。

家を建てるのが30歳で、もし100歳まで生きたとしたら、約70年間住むことになるなんてことも、十分に考えられます。

10年後・20年後など定期的にメンテナンスをしていくことも大切ですし、また、建てる今の時点でできることを確認しましょう。

アフター保証を確認する

ローコスト住宅でも、住宅アフター保証をしっかり確認。大手ほど充実する傾向

まず、ハウスメーカーを選ぶ時にアフター保証・メンテナンス保証などを必ず確認し、比較しましょう。

例えば、ローコスト住宅の最大手「タマホーム」のメイン商品「大安心の家」の場合は、『30年保証・点検システム』がついています。

築10年目まで合計6回の無償点検があり、その後も5年おきに無償点検がつくのです。

また、ローコスト住宅の中でも顧客満足度が高い「アキュラホーム」では、同様に35年保証がつきますし、他にも年中無休のトラブル対応サービスがあるなどします。

長期優良住宅を選ぶ

ローコスト住宅でも「長期優良住宅」を選べば、より安心。

保証が充実しているメーカーで、さらに「長期優良住宅」を選ぶとより安心できます。

長期優良住宅とは法律に基づいて定められた耐震・省エネなどの基準をクリアしている安心して暮らせる家のことです。

前述のタマホーム「大安心の家」の場合は、長期優良住宅認定された場合には、『60年保証・点検システム』がついてきます。

このように、保証やメンテナンスなどは、大手のローコスト住宅メーカーほど充実している傾向にあります。

ハウスメーカーランキングで紹介されている、顧客満足度が高いメーカーの情報が参考になります。

ローコスト住宅が安い理由とは

ローコスト住宅の「安さ = 質の低さ」ではない。

ここまで、ローコスト住宅の後悔・失敗で多いケースと対策を紹介してきました。

たしかに、中にはローコスト住宅で間違った家づくりをしてしまい後悔してしまう方もいることは事実です。

しかし、ローコスト住宅だからといって、本来、住宅の質が低いわけではありません

無駄な経費削減の賜物

ローコスト住宅が安いのは、仕入れ値や広告宣伝費を下げる努力を行っている結果。

ローコスト住宅が安いのは、不要な費用を削減する企業努力があることの賜物です。

【広告宣伝費】

テレビCMなどの宣伝活動を減らすことで、広告宣伝費を減らしています。

【材料費】

他のハウスメーカーと共同で大量仕入れすることで、資材費用を減らしています。

【人件費】

他のハウスメーカーと共同仕入れすることで、仕入れや交渉の人件費削減にもつながっています。

このようなローコスト住宅メーカーの努力があるからこそ、例えば年収が低かったりまだ20代であったりしても、新築の注文住宅を持つことが可能になっているのです。

満足度が高いメーカーは

ローコスト住宅にも、満足度が高いメーカーが数多くある。

ローコスト住宅だからと言って、「安かろう悪かろう」ではありません。

ローコスト住宅の中にも、顧客満足度が高いハウスメーカーは数々あります。

住居の性能や設備・内装の質などへの金額からの納得感が高く、アフターサービス・長期保証まで含めて、評価を受けている住宅会社もあるのです。

ローコスト住宅の後悔・失敗(おわりに)

ローコスト住宅では、「安くすることで満足度が低くなること」や「満足度を高めるために、価格も高くなってしまう」ことでの後悔や失敗があります。

そこで、「安くても満足度も高い家作り」を考える必要があるのです。

ローコスト住宅の中にも顧客満足度が高いハウスメーカーは数々あります。その上位を紹介している、ハウスメーカーランキングの記事も参考に、素敵な家づくりを行って下さい。

ローコスト住宅で顧客満足度が高いハウスメーカーの比較には

ハウスメーカー比較がググッと楽になるのが、タウンライフ家づくり注文住宅一括比較です。

3分のウェブ申込みで、複数社の見積りや間取りプランを簡単に手に入れられます。

ローコスト住宅での顧客満足度ランキング上位10社中、なんと8社が参加!各社の提案・坪単価・対応力などを比べられます。

タウンライフなら時短で一挙に比較でき、今すぐ使わない手はありません

\簡単3分!大手28社厳選/

 

 

もしすでに、住宅メーカーを決めた方は、間取り検討など楽しみながら頑張ってくださいね!

間取り図作成アプリ・フリーソフトなども面白いですよ!

 

新築の注文住宅家づくりで、失敗・後悔を避けるたった1つの注意点