「新築を建てたい!でも、なるべくお金はかけたくない!」

その希望を実現してくれるのが、1,000万円台から新築住宅を建てられて今人気の『ローコスト住宅』です。

さらには、「超ローコスト住宅」と呼ばれる500万円から建てられる家もあります。

「でも、安いローコスト住宅って、大丈夫なの???」

ローコスト住宅では会社選びが大切です。

注意したい点

・間取りが狭い、使いづらい
・設備がイマイチ、施工に不備
・営業担当の知識・経験が少ない
etc・・

価格が安い分、品質や対応がイマイチな会社も中にはでてきます。

そこで、安いローコスト住宅の平屋で失敗しないためには・・

複数社のプランを徹底的に比較することが大切です。

人気のローコスト住宅メーカーで、「平屋専門」商品がいくつもあります。

後ほど詳しくご紹介

・富士住建「HIRARI」
・セルコホーム「PFS」
・アイフルホーム「AYA」
・エースホーム「ANDY」
・タマホーム「ガレリア―ト」
・アキュラホーム「平屋の家」
・クレバリーホーム「平屋」
・アイダ設計「楽々ご長寿さん」

また高価格帯の大手メーカーでも、規格型の安い商品プランが用意されていることもあります。

例えば、三菱地所ホームでも1,000万円台半ばから商品があります。徹底比較することで、お得な・意外なプランが見つかるのです。

ローコスト住宅の平屋を徹底比較は大変。

「でも、2〜3社の見学に行くだけでも大変で・・」

そうですよね。

あなたは、とりあえず、その価格と商品プランを知りたいだけ。

それにも関わらず、ハウスメーカーのモデルルームに行けば、営業マンが必至の営業攻勢をかけてきます

面倒なこと

・住宅展示場を歩きまわったり
・長い営業トークに付き合ったり
・何度も打合せを繰り返したり
etc・・

契約のプレッシャーを受けながら何社も話を聞いてまわるのは気持ちが滅入ります。

正直、対面営業は、時間のムダです。

ローコスト住宅の平屋を簡単に比較する方法。

実は、営業マンに会わず、ローコスト住宅の平屋プランを比較する方法があります。

比較に便利

・住宅カタログ
・間取りプラン
・見積もりプラン
(・土地プラン)

これらの情報を約3分のウェブ申込みですぐ無料でもらうことができます。

ムダなプロセスを全て省けます。

各プランをタウンライフ家づくりで集め、「これ!」というプランを提案する会社を選べば良いのです。

まず軽く知りたい時に「情報収集、比較検討のための資料集め」として気軽に利用できます。

\早速比較したい方は!/

※安い平屋で失敗しない為に。

 

それでは、ローコスト住宅の平屋の人気商品などを9つご紹介します

設備や仕様などにそれぞれ特徴があります。どの商品が気になるか、まずは一度この9つを見比べてみて下さい。

(なお、本記事に記載された商品や価格は2018年末時点の情報です。)

ローコスト住宅 平屋「設備充実の人気商品」

ローコスト住宅(平屋)なら、家の本体価格が1,000万円台。

ローコスト住宅なら、新築平屋が本体価格1,000万円台から建ちます。

別途かかる、土地代、外構代、諸費用などを加えても、総額約2,000万円前後からの家づくりが実現します。

これは、家づくりにかかる平均的な費用総額の「約半額」。月々のローン負担も少なく済みます。

中でも、まず設備や仕様が充実しているハウスメーカー・商品をご紹介します。

三菱地所ホーム・SOF

三菱地所ホームのローコスト住宅は、全館空調システムが標準搭載。

出典:三菱地所ホーム

仕様レベルが高いローコスト住宅が、三菱地所ホームの「SMART ORDER Fit」です。

外観のデザインや、内装のインテリアテイストで好みのタイプを選べる、平屋タイプもある24〜32坪の1,000万円台の商品です。

大きなポイントは「全館空調システムが標準搭載」「長期50年保証」「間取りが自由」と、他のローコスト住宅に無い仕様です。

特に『全館空調』が、同社最大の特徴で、24時間・365日、室内を快適な温度に保ち心地よく過ごすことが可能になります。

55歳以上の方中心に年間17,000名(交通事故の5倍)もが死亡する、急激な温度差が原因のヒートショックを防ぐことにもつながります。

\ 全館空調システム付! /

 

富士住建・HIRARI

ローコスト住宅ながら、設備が抜群に充実の「富士住建」の平屋が「HIRARI」

出典:富士住建

富士住建の平屋商品が「完全フル装備の家 HIRARI」です。

フル装備として、太陽光発電システムや、対面式システムキッチン、大容量収納、広々としたシステムバス、三面鏡の洗面台などなどが標準仕様となっています。

(ここでご紹介しきれないのですが、膨大な数の優れた設備が標準仕様になっています。)

片流れ屋根で、天井が高く広々としたリビングに空間にできることもポイントです。自由設計で、価格はこちらも1,000万円台で実現します。

\ 設備が充実! /

 

セルコホーム・PFS

断熱性が高いカナダ輸入住宅の、ローコスト平屋が「セルコホーム」なら実現。

出典:セルコホーム

カナダ輸入住宅No1メーカー「セルコホーム」の特別価格平屋商品が「プレミアムフラットスタイル」(1200万円〜)です。

寒いカナダ由来の、高気密・高断熱で1年中快適に過ごせ、2×4構法で地震にも強い、欧米リゾートにある邸宅のような外観の住まいが特徴です。

インテリアドア、フローリング材、キッチン、洗面台などもカナダ輸入品で、使い勝手が良く、デザイン性が高くなっています。

\ 高気密・高断熱! /

 

ローコスト住宅 平屋「特に子育て世代向け」

ローコスト住宅(平屋)は、子どもがいる家族でも暮らせる広さ。

ローコスト住宅でも、3LDK以上の広い間取りが実現できます。

特に子育て世代向けの仕様・工夫を打ち出しているメーカーがいくつかあるためにご紹介します。

なお、どの世代にとっても満足できる平屋プランが期待できるメーカーのため、子育て世代以外の方もチェックしないと損です。

アイフルホーム・AYA

LIXILグループで設備充実のローコスト住宅メーカーが「アイフルホーム」

出典:アイフルホーム

住宅設備最大手のLIXILグループのローコスト住宅メーカー「アイフルホーム」の平屋商品が「AYA」です。

「キッズデザインの家」を提唱していて、キッズデザイン賞を10年連続で受賞しています。

例えば、ゆっくり動く引き戸など、子どもがいる家庭に嬉しい安全面など約30の工夫も取り入れることができます。

また、グループの力を活かし、キッチン・バス・トイレなどの住宅設備や、玄関ドア・フロア材など建材をお得な価格で取り入れられることが特徴です。

出典:アイフルホーム

「人と自然とのつながり」も提唱し、南に面した広いウッドデッキテラスと庭先の自然とのつながりを持たせる事も特徴です。

室内のキッチンやリビングスペース側からも自然の気配を楽しめ、また、子どもたちも庭で遊びやすくなります。

\ 庭先を楽しむ! /

 

エースホーム・ANDY

子育てしやすい間取りにしやすいローコスト住宅が「エースホーム」

出典:エースホーム

「ミキハウス子育て総研」にも認定されているのが、エースホームの「アンディ」です。

例えば、使いやすい畳ルーム、リビングを見渡せるキッチン、リビング先のテラスなど子育て世代にやさしい工夫が盛り込まれています。

出典:エースホーム

エースホームは全ての商品で、最高ランクの「耐震等級3」と「長期優良住宅仕様」にもなっているため、長く安心して暮らせます。

\ 間取りに工夫! /

 

タマホーム・ガレリアート

一番人気ローコスト住宅「タマホーム」の平屋商品は、ガレージ付。

出典:タマホーム

ローコスト住宅メーカーの中で販売数No.1なのが、タマホームです。

タマホームの平屋商品が「GALLERIART(ガレリア―ト)」で、ガレージが併設されていることがポイントです。

車やバイク、自転車などが趣味の方に向いていることはもちろん、陶芸・絵画・園芸など趣味を楽しみたい方のための空間としても役立ちます。

ローコスト住宅の「タマホーム」で、一番人気の商品が「大安心の家」

画像出典:タマホーム

タマホームの中でも一番人気の商品は「大安心の家」です。

自由設計の注文住宅で、ベタ基礎を採用するなど地震にも強く、長期優良住宅や最長60年保証にも対応しています。

タマホームは「20代のTamahome」を強く打ち出していて、まだ収入が低いの若い夫婦にも優しいハウスメーカーです。

写真は「大安心の家」で1550万円で建てられた平屋住宅です。超ローコスト住宅と比較すると外観がグンとお洒落になっています。

\ 実績1番のメーカー!/

 

ローコスト住宅 平屋「他主要な商品」

ローコスト住宅メーカーの平屋商品はまだまだ人気なものがあります。

アキュラホーム・平屋の家

顧客満足度No.1のローコスト住宅が、アキュラホーム。

出典:アキュラホーム

アキュラホームは、ローコスト住宅の中で、2年連続で顧客満足度1位のハウスメーカーです。

日本最大の工務店ネットワークを主催し「資材や部材の一括仕入れ」し、「金額への納得感」が高いことが特徴です。

加えて、職人品質・匠の心への強いこだわりがあり、グッドデザイン賞も7年連続で受賞しているほどの実力です

\ 満足度1位のメーカー /

 

クレバリーホーム・平屋

外壁タイル張りのローコスト住宅「クレバリーホーム」にも平屋プラン。

出典:クレバリーホーム

ローコスト住宅メーカーながら、高級な外壁タイル張りが標準仕様になるのが「クレバリーホーム」です。

「タイル外壁」は、汚れずらく、高級感・重厚感もある高級な外壁材です。

他のメーカーであれば、オプションで200万円近くかかるのですが、クレバリーホームなら標準仕様にすることができます。

出典:クレバリーホーム

また「光と風と暮らす」を掲げ、一邸一邸、土地条件に合わせ、採光・通風を考慮した自由設計のプランニングをしてもらえます。

\ 高級タイル外壁! /

 

アイダ設計・楽々ご長寿

555万円の家や、888万円の家でお馴染み、アイダ設計の平屋建てが「楽々ご長寿さん」

出典:アイダ設計

アイダ設計は、小泉孝太郎さんが出演するテレビCMをよく見かける方も多いでしょう。

以前は「555万円の家」や「888万円の家」といった住宅商品も販売していたほど、価格を抑える企業努力をしているハウスメーカーです。

アイダ設計の平屋住宅商品が「楽々ご長寿さん」です。

画像出典:アイダ設計

上記は約19坪の参考プランの間取りで、LDKを中心に暮らしやすな間取りです。

高齢者の方が住むことを想定して作られているために、手すりや、両面から開くドア、玄関の腰掛けなど、細部へのこだわりが見られます。

\ バリアフリー設計! /

 

ローコスト住宅 平屋の安い家の比較

ここまでご紹介の通り、ローコスト住宅の平屋にも様々な商品があります。

平屋ローコスト住宅比較

希望予算で最高の平屋のローコスト住宅を作るには。

希望予算で、効率よく最高のローコスト住宅を建てる手段におすすめの方法があります。

『 複数のローコスト住宅会社から、同一価格でプランを提案してもらう 』のです。

例えば、予算2,000万円(例: 建物価格1,300万円+土地価格700万円)で考えている場合は、各住宅会社から2,000万円でプラン提案をしてもらいます。

その中から、「最も良いプランを提案してくれたローコスト住宅会社を選ぶ」という方法です。

この方法だと、価格が同じため、各社の特徴や間取りプランが比較しやすくなります

あなたの希望にあわせた提案をしてもらうことができるため、予算オーバーすることなく家づくりできます。

何より、最高の提案をしてくれる注文住宅会社が見つかり、同じ費用でより良い家にできることが魅力です。

しかし、住宅会社から提案をもらうことは、通常とても大変。

各ハウスメーカー・工務店比較の、間取りや見積比較を自分で行うと、とても大変です

打ち合わせに1回3~4時間などかかり、間取りや見積もりができるまで1ヶ月かかることもしばしばです。

たった2社比較するだけでも、着工まで6ヶ月かかったりもし、労力がかかりしんどいものです。

ローコスト住宅・平屋のプラン提案を受ける簡単な方法

複数会社に同一価格で提案をもらう方法は、「タウンライフ」というサービスで簡単に可能です。

地域のローコスト住宅会社の、注文住宅一括見積もり比較・プラン比較ができる無料サービスです。

家にいながら効率よく情報を集め、平屋などプラン比較ができます。

複数の会社からプラン提案を受けることで、アイデアが広がり、各社の違いもよく分かります

見積もりも作成してもらえるので、お金のイメージも付き、迷わず冷静に判断できます

ネットから提案依頼できるために、時間と労力を節約でき、押し売り営業も一切ありません

タウンライフは、シリーズ累計112万人もの方々に利用されている信頼性の高いサービスです。

利用者の声(例)
アイデアがいただけ想像以上に満足のいく間取りにできました。」
細かい部分まで打ち合わせができ、希望通りの家づくりができました。」
複数社のアドバイスで、初めての家づくりも安心でした。」

など、多くの方が、希望の家づくりを実現しています。

一度の無料依頼で、たくさんの住宅カタログ・資料も届くので、じっくり落ち着いて余裕を持って比較できて便利です。

まだ家づくりを決めていなくても、無料で「まずは情報収集・比較検討の材料集め」として利用できるため、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


ローコスト住宅のプランの比較は、安心して気軽に行えます。

Q しつこい営業はないの?
ありません。優良な住宅会社のみが参加しているので、悪質な勧誘電話などは一切ありません。

Q お金がかかったりしないの?
かかりません。住宅会社の販促予算などから運営されているため、費用は一切かかりません。

Q まだ家を建てるか分からないけれど使える?
ご利用頂けます。今後の家づくりの可能性に備えて、情報収集として気軽にご利用頂けます。

タウンライフなら、人気ローコスト住宅の比較が安心・気軽に行えます。

\簡単3分!住宅プランが届く/

 


 

タウンライフ家づくりの評判が気になる方は、こちらもご参考下さい。

 

また、ここまでご紹介してきた、各ローコスト住宅メーカーの各詳細について、ローコスト住宅ランキング 内でもご紹介しています。

 


 

続いて、500万円〜の「超ローコスト住宅」例を紹介します。

しかし、超ローコスト住宅では安かろう悪かろうになる事もあるため、「1,000万円台のローコスト住宅」の方がおすすめです。

安い平屋で失敗しないために、まずは「ローコスト住宅プラン作り」をおすすめします。無料です。

詳細はこちら>>>

 

超ローコスト住宅 平屋500万円〜 メーカー例

続いて、特に安い「超ローコスト住宅」についてご紹介します。

超ローコスト住宅なら、なんと家の本体価格が約500万円~。

超ローコスト住宅なら、新築平屋が本体価格500万円台から建ちます。

別途かかる、土地代、外構代、諸費用などを加えても、総額1,000万円未満での家づくりが実現しえます。

月々のローン負担も少ないです。(例)1,000万円⇒ 月々3.1万円(35年ローン・金利1.5%の場合)

超ローコスト住宅・500万円台の例。大きさ的には、1人や夫婦2人暮らし向き。

超ローコスト住宅は、小さな1LDKや2DKの家が中心です。

広さも10〜20坪程度、1人暮らしや定年退職後に夫婦二人で暮らす家など向けです。

画像出典:楽ちん住宅

こちらは実際に販売されている、本体価格553万円の新築商品、約12坪・約40㎡の間取り例です。

収納スペースなどまで考えると、あまり余裕はない、必要最低限のスペースがある住宅といったところです。

各地方にメーカーが偏在

超ローコスト住宅は、中小規模の地域のハウスメーカーとして存在する。

「超ローコスト住宅」は全国規模の大手ハウスメーカーでは取り扱っていません

多くは、地域密着型のハウスメーカーが商品を販売しています。

いくつかご紹介するので、住まいの地域でなくても「価格帯と間取り」に注目し、どのような商品があるのかを知ってみましょう。

熊本なら500万円〜

ヒラキハウジング「建つんです500」なら、500万円〜(熊本)

画像出典:ヒラキハウジング

熊本のヒラキハウジングは、500万円・600万円・700万円・850万円・1000万円の住宅商品を用意しています。

最も安いのが、老夫婦の希望で開発されたという、500万円の「建つんです500」です。

画像出典:ヒラキハウジング

500万円という安さながら、間取りは2LDKとゆとりがあり、収納も多く使いやすそうな家です。

設備面でも、システムキッチンやシステムバスが標準仕様となり、超ローコスト住宅ながら充実しています。

千葉なら550万円〜

楽ちん住宅「R-01」なら、550万円〜(千葉・茂原)

画像出典:楽ちん住宅

千葉の「楽ちん住宅」は、553万円・600万円・685万円・791万円・814万円などと商品プランを用意しています。

その中で一番安いのが553万円の「R-01」で、約12坪・約40㎡です。

画像出典:楽ちん住宅

間取りはシンプルな1LDKです。超ローコスト住宅でも最安価格帯はこれに似た1LDKの間取りの場合が多いです。

「楽ちん住宅」の場合は、685万円の商品で2LDK(約15坪・50㎡)に、846万円の商品で3LDK(約24坪・81㎡)になります。

静岡なら645万円〜

スズキハウス「モダム」なら、645万円〜(静岡中心で全国展開)

画像出典:スズキハウス

静岡県を中心に全国展開しているスズキハウスの平屋住宅で最もシンプルな商品が「モダム」です。

地震にも強い鉄骨造住宅で、住宅性能表示制度の最高ランク相当の耐震・耐風強度であることが特徴です。

画像出典:スズキハウス

約10坪から26坪まで8の間取りバリエーションがあり、予算や希望に合わせた間取りを選ぶことができます。

一番小さな約10坪のプランは、1DKのシンプルな作りとなっています。

 


このように、超ローコスト住宅なら「500万円台〜でも家が建つ」商品があることが分かったと思います。

地元の超ローコスト住宅のメーカーを知るには。

超ローコスト住宅を扱う多くが、地域密着型の小さなメーカーや工務店です。

そのため、なかなかその存在を知ることが難しいものですし、あなたの地元に存在しない場合もあります。

そこで、見つけやすいように全国38社の「超ローコスト住宅会社」を、ハウスメーカーランキング内に、特集としてまとめています。

 

秀光ビルドなど、販売エリアが広いメーカーも。

全国展開ではないものの、2府19県という広い範囲で、超ローコスト住宅の販売を行っている「秀光ビルド」というハウスメーカーも有力候補になります。

テレビ番組「櫻井・有吉THE夜会SP」で、サンシャイン池崎さんが同社に依頼し、予算500万円で平屋の新築実家を建てたことも話題になりました。

こちらも、ハウスメーカーランキング内で紹介しています。

 

超ローコスト住宅の代わりにもなる、コンテナハウスやタイニーハウス。

出典:アーススマート

超ローコスト住宅と同程度の費用感で、代替策にもなる住まいがあります。

デザイン性の高さなどから最近話題の、コンテナハウスや、タイニーハウスです。それぞれ居住性が考慮された商品も数多くあります。

例えばのコンテナハウスの価格は、約200万円〜(居住用なら約400〜1,000万円前後)です。

 

また、もし「小屋」のような作りで良ければ、タイニーハウスなら約100万円~です。

 

ただし、おすすめは、超ローコスト住宅よりも、ローコスト住宅。

上でいくつか「超ローコスト住宅」についてご紹介しましたが、おすすめは「ローコスト住宅」です。

価格が「1,000万円未満」と「1,000万円以上」では、住まいの仕様や設備がどうしても変わってくるからです。

また、価格が安い住まいだからこそ、ハウスメーカーの規模も大きい方が補償の面なども含め安心感が出てきます。

もし、この記事前半のローコスト住宅メーカーの紹介を読み飛ばしてきた方は、あらためて確認してみて下さい。

ローコスト住宅平屋商品の、料金プランを知るには。

各ハウスメーカーや工務店は、ホームページやカタログなどで「料金プラン」を公開していません。

そのため「ローコスト住宅」対応か良く分からず、具体的に一社一社話を聞きに行かないと分からないのです。

住宅展示場やモデルハウスに行ったり、一社一社営業マンの接客を受けたり、契約を迫られそうなイメージがあり、何だか大変そうですよね・・。

住まいの地域のローコスト住宅(平屋)を、簡単に知る方法

地域の「ローコスト住宅」を簡単に知れるのが「タウンライフ」です。

あなたの予算・希望に合わせた、オリジナルのローコスト住宅プランを気軽に無料で一括で作ってもらうことができ、地域のローコスト住宅メーカーを知ることができるのです。

ローコスト住宅で失敗しない、アイデア・アドバイスが充実。

たしかに、「新築注文住宅」カタログの資料請求サービスなどならば他にもあります。

しかし、タウンライフなら具体的なローコスト住宅プランを費用プランまで作ってもらえ、また、アイデアやアドバイスが充実している点で違い、おすすめなのです。

私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりと資料や提案が届きました。

営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持って間取り比較をすることができます。

ローコスト住宅検討時の「 ’自分にあった’ 情報収集や比較検討の材料集め」に適しています。

3冠を獲得・112万人が利用。

タウンライフは、テレビCMを行っていないため広くは知られていません。

しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。

3冠の中には、「利用満足度」や「知人に薦めたいサイト」などがあり、安心できるサービスを利用したい方に向いています。

ローコスト住宅プランを作ってくれるのは、厳選されたプロの専門家。

ローコスト住宅プラン検討や、家づくりプラン検討は、安心できる業者に任せたいもの。

タウンライフでは「厳格な国家基準をクリア」した信頼ある住宅会社のプロの専門家に間取りプランを無料作成してもらえます。

全国約万を超える施工店の中から、注文住宅では約600社が厳選登録。中でも、人気大手ハウスメーカーが20社以上登録しています。

たしかに、事前の登録に約3分が必要になってしまいます。

しかし、気軽に無料で利用でき、ローコスト住宅対応メーカーが分かるため、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


ローコスト住宅プラン作成よくある質問

「Q. 利用したら契約しないといけないのでは?」
契約の義務全くありません。タウンライフはあくまで「一括資料請求サイト」で、契約を斡旋されたり迫られることもありません。

「Q. 本当は何かお金がかかるのでは?」
完全無料で利用できるサービスです。住宅会社の広告宣伝費で運営がなりたっているため、無料サービスが実現しています。仲介手数料なども一切かかりません。

「Q. 申込み後の流れはどうなるの?」
はじめに入力内容の確認連絡があります。その後、希望条件に合わせたプランや資料が届くので、じっくり比較して下さい。

「Q. 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。」
一切ありません。希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載すれば、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。

タウンライフは私も2度利用しています。

他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているために、安心しておすすめできます。

詳細はこちら>>>

 

ローコスト住宅 平屋の安い家とは

それでは、ローコスト住宅について、もう少し詳しく知りましょう。

価格が安い理由

ローコスト住宅はプランがある程度決まっていたり、材量を大量仕入れにすることで安くなる。

まずよくある疑問が、ローコスト住宅は家を建てるお金・費用が「なぜ安いのか」ということ。

ローコスト住宅が安い理由は、不要・無駄なコスト削減に努める企業努力をしているからです。

メーカーにもよりますが広告宣伝活動を控え、部材は大量仕入れすることでコストを抑えるなどしています。

ローコスト住宅でも、質が悪かったり、設備が古かったりするわけではない。

ローコスト住宅が安いのは、不要な費用を削減する企業努力があるためであって、決して質が低いわけではありません。

悪い材質の部材を使ったり、設備が古いなどの心配もなく安心できます。

ただし、費用を抑えるために、完全自由設計ではなく「プランの中から選択・カスタマイズ」など、制約が出てくるメーカーも中にはあります。

※1,000万円未満の超ローコスト住宅の場合は、プランが決まっている場合が大半です。

どのようなプラン作りが可能か、契約前に、いろいろなローコスト住宅を比較してみましょう

平屋住宅のメリット

平屋にはいろいろないいところがあります。

● ワンフロアの生活 

生活導線が便利で、高齢になってからも安心して暮らせます。

● 老後の暮らしを想定

バリアフリー住宅にの平屋なら老後も暮らしやすいです。

● 強い構造

建物の高さが低く、重量も軽いために、構造的に強いです。

● 高い気密・高断熱

生活空間がコンパクトにまとまるために、冷暖房の効率が良くなります。

● メンテナンスコストが安い。

約10年おきに必要な外壁塗装では、足場が不必要で、面積も少ないために、メンテナンスコストが安く済みます。

平屋は何より暮らしやすく、バリアフリーなら老後生活にも安

平屋住宅で何よりいいことは、暮らしやすさです。

階段の昇り降りが必要なく、1つのフロアで生活の全てを完結させられることは、家事や食事などといった日常生活において便利です。

また、人生100年時代とも言われる現在、足腰が弱くなってからでも暮らしやすいことは大きなポイントです。

\簡単3分!住宅プランが届く/

 

価格の調整点

安いローコスト住宅でも、家づくりの進め方を間違えると費用が高くなってしまう事もあります。

ローコスト住宅でしっかりと価格を抑えるために注意したい点をご紹介します。

シンプルな間取りにして、設備のグレードも抑えよう。

まずローコスト住宅の形はシンプルな直方体や立方体にしなければなりません。

凹凸があったり、コの字型の場合、設計が複雑になるために価格が上がってしまいます。

なお、風水家相での間取りの考え方で家のシンプルな形は良いことです。

 

また、キッチン・バス・トイレといった水回りを中心とした設備も、グレードが高いものを選ぶと100万円単位で費用が変わってきます

何かこだわりたい理由などが無ければ、標準仕様のコスパがいい商品を選ぶようにしましょう。

なお、もし価格が安いことで心配な方は、ローコスト住宅の失敗・後悔と対策の記事も合わせてご参考下さい。

ローコスト住宅の平屋が得意なメーカー同士で、見積り比較をしよう。

また、前提として「ローコスト住宅」であり「平屋が得意」なメーカーを選びましょう。

平屋が得意なメーカーの場合、平屋のプランや規格、合う部材・資材が多く、無駄なコストが発生しません

かつ、家を建てる手順・流れとして、条件に合うメーカーを必ず複数社比較するようにしましょう。

同じような広さ・間取りでも、住宅会社によって数百万円見積もりが変わることは多いものです。

\簡単3分!住宅プランが届く/

 

(参考)ハウスメーカー坪単価比較一覧

ローコスト住宅 平屋の安い家(おわりに)

憧れの新築の家づくりを、とても安く実現してくれるのがローコスト住宅です。

ローコスト住宅のメーカーいくつもありますが、それぞれ営業活動地域が異なります。

まずは、あなたが住む地域のローコスト住宅メーカーを知りましょう。

タウンライフでは、ローコスト住宅の見積りやプランを作ってもらえます。無料のため今すぐ利用する価値があります。

\簡単3分!住宅プランが届く/

 

 

もしすでに、ハウスメーカーを決めた方は、間取り検討など楽しんで頑張ってくださいね!

間取り図作成アプリ・フリーソフトなども面白いですよ!

 

また、「超ローコスト住宅」は制約条件も多いため、失敗しないようにして下さいね。

(参考)新築の注文住宅家作りで、失敗・後悔を避けるたった1つの注意点

 

●合わせて読みたい

(参考)ハウスメーカーランキング