桧家住宅の注文住宅って興味がありますよね!

評判はどうなのでしょうか坪単価・価格・値引き率はいくらなのでしょうか? 

桧家住宅は、全館空調システムの「Z空調」や、高気密・高断熱の「Wバリア工法」など高性能な住宅が特徴です。

それでいて、価格帯も中間程度とそこまで高くないために、コスパが良いハウスメーカーです。

この記事では、桧家住宅の評判や価格についてご紹介します。ぜひじっくりご確認ください。

比較他メーカーとの比較は!

桧家住宅の評判について「他メーカーと比較した状況」を知りたい場合は ハウスメーカーランキング の記事をご確認下さい。

桧家住宅とは

桧家住宅は、東証一部上場ヒノキヤグループの主力会社。

桧家住宅は、ヒノキヤグループの主力会社です。

2018年に東証一部に上場し、グループ内にパパまるハウスやレスコハウスなどもある、成長著しいハウスメーカーです。

グループ全体で年間売上高は1,000億円以上・年間販売棟数は3,000棟以上あり、その内、約2,000棟強が桧家住宅の販売数となっています。

テレビでは、斎藤工さんが出演する「Z空調」のCMなどでも知られている会社です。

桧家住宅の特徴

それでは、桧家住宅の「注文住宅・家づくりの特徴」をご紹介します。

Z空調で1年中快適に

桧家住宅の住まいは、ダイキンと共同開発した全館空調システム「Z空調」で1年中快適。

桧家住宅の大きなウリは「Z空調」という全館空調システムです。

空調システムに強い「ダイキン」と、換気機能に強い「共立エアテック」と共同開発したもので、脱衣所や浴室なども含めフロア中の全室を空調できるシステムです。

電気代が安く、夏・冬ふくめて24時間365日つけっぱなしにしておき、常に家の中の温度を快適に一定に保っておくことができるのです。

花粉対策や、夏バテ対策、ヒートショック対策など、健康にも優しい。

「Z空調」は快適さに加えて、健康面でのメリットがあります。

例えば、花粉・カビ・結露などを防げるために、花粉症やアレルギーの対策になりあす。また、夏でも涼しいことで寝苦しさが解消されたり夏バテ対策になります。

また、ご高齢の方がいるご家庭などは特に、交通事故よりも死者数が多いヒートショックへの対策にもなります。

高気密なZEH住宅

桧家住宅の住まいは、断熱材と遮熱材を組み合わせた「Wバリア工法」で、高気密・高断熱を実現。

「Z空調」を可能にしているのが、桧家住宅の高気密・高断熱です。

「Wバリア工法」といい、簡単に言うと家全体を「泡」と「アルミ」ですっぽりとおおって、一年中温度差が少ない家を実現しているのです。

隙間なく吹き付けられる発砲断熱材「アクアフォーム」と、赤外線をカットする「アルミ遮熱材」を併用しています。

桧家住宅は、高気密・高断熱だから、電気代の節約にもなる「ZEH住宅」が実現。

桧家住宅ではその高い気密性・断熱性によって、ZEH仕様の住まいになります。

ZEH(ゼッチ / ネット・ゼロ・エネルギー・ハウス)は、電気について、使う量より、創る量や節約できる量が多い住まいのことで、月々の電気代として経済的にお得です。

太陽光発電で創った電気を、「HEMS(ヘムス)」という電気管理システムで、ムダなく使ったり売電したりできるようになります。

全棟耐震等級3を実現

桧家住宅は、最高ランクの「耐震等級3」を全棟で実現。

桧家住宅では、地震対策にも力を入れています。

震度7の1.5倍の揺れにも耐えるレベルである、最高ランクの「耐震等級3」が全ての住まいで実現します。

工法や資材の工夫により、強い地震にも耐える住まいに。

地震への強さを出すために、各種の工夫がほどこされています。

まず、基礎は安定性に優れた「① ベタ基礎を」採用。そして、日本の伝統的な在来工法と、2×4工法のいいところどりをした、「② ハイブリッド工法」になっています。

柱は強度のバラつきが少ない「③ 構造用集成材」を使用し、壁面には優れた強度の「④ 壁面材」が使用されています。

また、横揺れやねじれに強い「⑤ 強床工法」や、柱を結合部で支える「⑥ 耐震金物」も利用しています。

このように6点もの細かな対策がなされていることで、地震に強い住まいが実現しているのです。

【まとめ】桧家住宅は、こんな人に向いています。

・高気密・高断熱で、快適で健康的な住まいにしたい方。

・地震への安心感がある住まいにしたい方。

・価格が安くもなく、高くもないバランスを求める方。

あなたのご希望に合いそうですか?

※もし「自分の希望とは少し違いそう・・」と感じた方は、より希望に合う他メーカーを、ハウスメーカーランキングの記事から探してみましょう。

桧家住宅の注文住宅商品

続いて桧家住宅の「注文住宅の主要な商品」をご紹介します。

スマートワンなど

桧家住宅で、価格を抑えられ本体価格1,295万円〜の、規格型注文住宅が「スマートワン」

価格の安さから検討しやすく、桧家住宅も強く打ちだしている商品が「スマートワン」です。

「29坪1,295万円〜」というローコスト住宅並の価格で、Z空調・Wバリア工法・長期優良住宅という、充実したスペックの住まいが実現します。

4シリーズ350種類という豊富なプランの中から選ぶ、規格型住宅であることで低価格が実現しています。

\スマートワンをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

桧家住宅で、自由にプランニングできるのが「スマートワン カスタム」

桧家住宅の自由設計プランが「スマートワンカスタム」です。

好みのスタイルに合わせたデザイン性が高い住いが実現します。例えば、フレンチ風・アジアン風・カリフォルニア風・ニューヨーク風など、インテリアは7つのスタイルから選ぶことができます。

また、四角形・長方形のみの間取りではなく、敷地や希望に合わせたT字型・L字型といった変形させた間取りも作れます。

\スマートワンカスタムをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

桧家住宅なら、ライフスタイルに合う住まいの形が実現。

桧家住宅なら、様々なライフスタイルの住まいが実現します。

特に「二世帯住宅、平屋、3階建て、屋上のある家、ガレージハウス」の5分野においては、それぞれ生活しやすいプランやパターン・工夫が用意されています。

家族の希望やイメージ、課題などを伝えることで、理想のプランが見つかります。

\桧家住宅をもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

桧家住宅の価格・値段

気になる、桧家住宅の「価格・坪単価・値引き」についてご紹介します。

価格約2200万円が目安

桧家住宅で家を建てる価格は、2200万円前後が一目安。

桧家住宅で家を建てる費用は、約2,200万円が平均値です。

IR資料 出典によると、桧家住宅の平均棟単価は、2,216万円と公表されています。(2018年12月期)

上記はオプション価格や諸費用などを加えた総額のために、建物価格だけでみると2,000万円を下回るケースも多くなります。

仮に2200万円の住宅ローンの場合、月々支払い例は、6万円台など。

もし総費用を2200万円とし、頭金1割で住宅ローンを組んだ場合、月々の返済額例は約6万円になります。※35年ローン・固定金利1.5%時

同じ広さ(約132㎡)の賃貸住まいと比較した時、月々の支出としては安くなる地域も多いことでしょう。

坪単価は約50万円前後

桧家住宅の建物価格は、坪単価にすると約50万円前後(約40〜60万円)が一目安

桧家住宅の建物価格を坪単価で見ると、約50万円前後が一目安になります。

幅でみると坪40〜60万円のレンジといったところです。

【参考:坪単価とは】

「床面積1坪3.3㎡あたりの建築費」のことです。住宅メーカー費用把握のための参考指標になります。

桧家住宅の坪単価を他メーカーと比べると

桧家住宅の坪単価は、比較的安い価格帯と言えます。

もし大手ハウスメーカーであれば坪単価80万円以上かかる事も多い中で、気密性や全館空調などの住宅性能にこだわりをみせながら坪50万円前後であれば、コスパが良い会社と言えます。

他メーカーの坪単価は・・

「他ハウスメーカーの坪単価目安」は、 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

桧家住宅の価格・坪単価は、実際には自身で確認する必要あり。

なお、坪単価は毎年少しづつ上昇傾向にあります。また、地域によっても差が出ます。

そのため、上記の坪単価・価格は、あくまで一参考程度であり、実際にはあなた自身で桧家住宅に坪単価を確認する必要があります。

あなたの要望に合う住宅プランを検討した上での、実際の見積もり確認が必要です。

\桧家住宅をもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

値引き率10%以上の事も

桧家住宅の値引きは、高い値引き率の条件を引き出せる場合もある。

桧家住宅は、値引き率が大きい傾向があるハウスメーカーで、10%を超える場合もあります。

例えば、2,500万円の見積もりが、10%(250万円)値引きされて2,250万円になる、などということもります。

【参考:住宅メーカーの値引き】

多くのハウスメーカーは約3~7%程度の値引きの交渉余地があります。価格帯が高いメーカーほど値引き余地が大きくなります。

桧家住宅で値引き・サービスを引き出す一番の言動力は「他社との競争」

住宅営業マンのサービスを引き出す一番の原動力は「他社との競争」です。

「他社と見積もり比較をしている事を伝えることでサービスが増える」という事が最も多くあります。

桧家住宅を含め「他社と見積もり比較されている事実」が、営業マンの調整を最大限に引き出します。

特に「①同じ工法・似た価格帯のメーカーとの比較」と、「②契約直前の値引き交渉」が、鉄則です。

桧家住宅と比較するメーカー候補と、その特徴は!

桧家住宅と相見積もりする時のメーカー候補は、例えば次の通りです。

一条工務店、イシンホーム、アエラホーム など

坪単価が近く、断熱や設備に力を入れているハウスメーカーの比較が向いています。

比較比較候補メーカーの特徴は!

「桧家住宅との比較候補各社の特徴」 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

桧家住宅の評判・評価

桧家住宅の「評判」はどうなのでしょうか?ご紹介します。

高性能でコスパよし

桧家住宅は、気密性・耐震性など高スペックな性能に定評。

桧家住宅は、まず住宅性能の高さが評判です。

Z空調や、Wバリア工法、数々の地震対策など、快適に・安心して暮らせる住まいにするための設備・仕様が充実していることが支持されています。

それでいて、価格もそこまで高くないから、コスパがいいことが評判。

そして価格帯も、大手ハウスメーカーと比較すると、手ごろ感があります。

桧家住宅は、価格が安く、設備も充実していることで、コストパフォーマンスの良いハウスメーカーだという評判が多いようです。

年間販売棟数が約2,000棟以上という、全ハウスメーカーの中でも高い実績であることも、その評判の良さを表しています。

一方、桧家住宅は、フランチャイズ展開メーカーのため、当たりハズレも。

一方で、気を付けたい評判としては、「フランチャイズ制」であることです。

商品開発や宣伝などは本部が行っていますが、実際に契約・施工を行うのは、加盟店となる地域の工務店などです。

そのため、地域に根付いたきめ細かな対応が期待できる一方で、店舗次第で、営業方針や教育方針などに差が出てくることがあります。

良い店舗や担当者と出会うためにも、色々なハウスメーカー比較を!

地域の店舗や営業マンの良し悪しを知るためにも、多くのハウスメーカーを比較することが大事です。

家づくりでは、住宅のデザインや機能性なども大切ですが、信頼して依頼できる担当者と出会えるかも重要になってきます。

他の、顧客満足度が高いメーカーと比較してみることも大事です。

比較他メーカーと比較を!

顧客満足度が高い住宅メーカーとその各社特徴を、ハウスメーカーランキングの記事でご紹介しています。

桧家住宅をもっと詳しく

桧家住宅についてさらに詳しくご紹介します。

工法・保証・サポート等

【桧家住宅の工法】は、在来工法と壁式構法のいいところどりをしたハイブリット工法。

桧家住宅の工法は「ハイブリッド工法」です。

間取りの自由度がある日本の伝統的な在来工法(木造軸組工法)と、耐震性などに優れた2×4工法(壁式工法)の良いところを両取りした工法です。

【桧家住宅の保証】は、初期10年・最長20年と、一般的な水準。

桧家住宅の保証は、価格帯が近い他メーカーと比べて同程度の水準です。

初期保証10年に加えて、有償メンテナンスを受けることで最長20年保証が付いてきます。

もし大手ハウスメーカーの場合は、初期30年・最長60年の保証がある会社もあるため、そこと比較するとやや劣るとは言えます。

点検は、3ケ月、1年、2年、5年、10年目に無料点検が行われます。

【桧家住宅の設備保証】10年の機器保証がある。

建物本体と別で、住宅設備機器の10年保証があります。

システムキッチンや、給湯器、ユニットバスなどの水まわりを中心に、対象となる住宅設備が自然故障した場合に、無償修理が受けられます。

【桧家住宅のサポート】365日対応のコンシェルジュデスクがある。

また、日常の困りごとを相談できる、1年中無休で対応のサポートサービスがあります。

例えば、トイレのつまり、電気系統の故障、鍵の紛失など、日常生活内でおこりうるトラブルについて迅速に相談することができます。

\桧家住宅をもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

桧家住宅の口コミ

最後に、桧家住宅の「口コミ」をご紹介します。

(はじめに)ネット上の住宅会社の悪い口コミに神経質になりすぎないこと。

まずはじめに、注文住宅に関するネット上の口コミに、シビアになりすぎないことをオススメします。

家づくりは高い買い物で、買い手側のこだわりが強く期待も高いことから、どうしても苦情が多くなりがちです。

住宅業界は「クレーム産業」と呼ばれ、どのメーカーに対しても基本的に辛口の口コミが多いのです。

桧家住宅の辛口口コミは「Z空調の音や乾燥が気になる」など。

桧家住宅で、気になる口コミに、強みである「Z空調」に関する内容が見られます。

「音がうるさく感じる」であったり、「乾燥しているような気がする」といったものです。

乾燥については、別途、空気清浄機を利用するなど対策が考えられますが、音について気になる方は、実際に住宅展示場などであらかじめ確認しておくと良いでしょう。

桧家住宅の良い口コミは「営業の人が良かった」など。

桧家住宅の良い口コミとして見られる内容としては、「担当者の対応」などがあります。

ただし、どのハウスメーカーも同様ですが、優秀な営業マンもいれば、経験・知識の乏しい営業マンもいるものです。

そのため、色々なハウスメーカーを見比べながら、人柄や対応の良し悪しなどを見比べていくことが大切です。

桧家住宅について(おわりに)

桧家住宅は、「Z空調」や、「Wバリア工法」、高い耐震性などが特徴です。

高気密・高断熱なつくりに、さらに全館空調システムが加わることで、1年中快適に過ごしやすい住まいが実現します。

比較的安い価格帯から商品プランがあり、価格に対する性能が高いコスパが良いハウスメーカーです。

桧家住宅は、コスパ良く、高気密・高断熱・省エネな家づくりをしたい方は、今すぐ検討する価値があります。

\桧家住宅をもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

理想の家づくりを実現するために
満足度が高い家づくりを!

多くのハウスメーカーや住宅プランを比較検討することで、家づくりのアイデアが膨らみます。

人気≻≻ハウスメーカーランキング!