ヘーベルハウスの注文住宅って興味がありますよね!

評判はどうなのでしょうか坪単価・価格・値引き率はいくらなのでしょうか? 

ヘーベルハウスは、最大手ハウスメーカー群の中で顧客満足度が5年連続1位に輝いています。

地震や火災に強い都市型住宅で、ロングライフ住宅を掲げています。

この記事では、ヘーベルハウスの評判や価格についてご紹介します。ぜひじっくりご確認ください。

比較他メーカーとの比較は!

へーベルハウスの評判について「他メーカーと比較した状況」を知りたい場合は ハウスメーカーランキング の記事をご確認下さい。

ヘーベルハウスとは

ヘーベルハウスは、ドイツ生まれのコンクリート「ヘーベル」を導入した住宅。

ヘーベルハウス ビュービック

ヘーベルハウスは、その名も「ヘーベル」という資材を使う住宅です。

ドイツのヘーベル社が開発したコンクリート材で、強度・耐火性・断熱性・遮音性などに総合的に優れていることが特徴です。

技術提携を行うことで、1962年にヘーベルハウスは日本に誕生しました。同社の住宅では、外壁・屋根・床などすべてこの「ヘーベル」が利用されています。

ヘーベルハウスの特徴

それでは、ヘーベルハウスの「注文住宅・家づくりの特徴」をご紹介します。

地震の揺れ、火災に強い

ヘーベルハウスは、鉄骨造で、独自の構造などから地震や災害に強い。

出典

ヘーベルハウスの住宅は「頑丈」です

2015年の鬼怒川決壊では、周辺住宅が流される中、ヘーベルハウスの住宅が一戸だけ流されず残った事で有名になりました。

ヘーベルハウスの住宅は、鉄骨造・鉄筋コンクリート連続布基礎・外壁や屋根へのヘーベル利用により、耐用年数60年以上の頑丈な造りになっています。

加えて、独自の「ハイパワード制震ALC構造」などを用いることで、地震時は揺れを1/6に抑えるなど、地震に強い家を実現しているのです。

ヘーベルハウスは、地震の火災被害を防ぐほどの、耐火性。
出典

どんなに構造が頑丈でも、地震被害を拡大させる存在に「火災」があります。

しかし、火災被害が大きかった阪神・淡路大震災では、ヘーベルハウスが防火壁となり延焼被害拡大を防いだ例が各所で見られました。

外壁・屋根に使用されている「ヘーベル」は、内部に無数の細孔があることで、熱が伝わりづらく爆裂を防ぐ強さがあります。

都市型で空間利用に精通

ヘーベルハウスは、関東・関西など「都市部」を得意とするメーカー。

ヘーベルハウス フレックス4

ヘーベルハウスは「都市部の住まいづくり」を得意とします。

頑丈で耐火性もある住まいだからこそ、狭小地での三階建てや、火災時の被害が心配な住宅密集地での家づくりへの安心感があるのです。

実際、営業展開を行っているのは関東・関西とその近県が中心となっています。

三階建住宅や、二世帯住宅など、都市部の住宅ニーズを満たす建築実績が豊富。

ヘーベルハウス

具体的には「三階建て住宅」や「二世帯住宅」の実績が多くあります。

強固な構造のため三階建てでも安心でき、またヘーベルは防音性も高いため生活音が気になる二世帯住宅に向いています。

「二世帯住宅」という言葉をつくったのはヘーベルハウスではないかと言われているほどです。

ロングライフ住宅

ヘーベルハウスは丈夫で長持ち。30年メンテナンス無料・60年点検サポートも。

ヘーベルハウスは「ロングライフ住宅」という言葉を掲げています。

ヘーベルハウスはもとが頑丈な造りの上に、さらに30年間の無料メンテナンス・60年間の点検サポートというハウスメーカー髄一の保証制度があり、安心感があります。

他にも、震度5〜6程度の地震が来た時には、約1時間程度の内に、安全確認・被害確認の電話があるなど、購入後のサポートが徹底しています。

ヘーベルハウスは、会社の規模に安心感がある。買取制度「ロングライフ査定」もある。

ヘーベルハウスは、購入後の長い付き合いを考えた時に安心できる優良なメーカーです。

社歴50年以上・従業員数7000名以上・売上高6000億円以上の、ハウスメーカーの中でも大規模でトップクラスの信頼感があります。

また、もし住宅売却をする事になった時も、独自の買取システム「ロングライフ査定」があり、築50年くらいまで査定してもらえます。


ヘーベルハウスの家づくりを検討するには

まずはじめに「カタログ請求」を行うことが鉄則です。

知識不足のままでいきなり住宅展示場にいき、営業マンとの条件交渉や住宅プラン作りに失敗し後悔する方が数多くいます。

事前に複数のハウスメーカーのカタログを請求・比較して十分な予備知識をつけておくことが、家づくりの失敗を避ける第一ステップです。

ヘーベルハウス カタログ請求の詳細へ>>

ヘーベルハウス注文住宅の主力商品

続いてヘーベルハウスの「注文住宅の主要な商品」をご紹介します。

キュービックなど

ヘーベルハウスの代名詞と言えるのが、立方体の組み合わせ『キュービック』

ヘーベルハウスの代表的な商品が『キュービック』です。

外壁「ヘーベル」のタフな印象とよくマッチするフラット屋根で、立方体を組み合わせた形のモダンな印象の住まいになります。

屋根がフラットなことで、太陽光発電の設置や、屋上ベランダの設置など、屋上を有効活用することができます。

\キュービックをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

ヘーベルハウスは『屋上のある家』を中心に、「アウトドアリビング」にも力を入れている。

ヘーベルハウスは「アウトドアリビング」を提唱しています。

リビングとつながるバルコニー空間や屋上で、ホームパーティなど家族や仲間との時間、一人でゆっくり過ごす時間などを楽しむことです。

「屋上のある家」「そらのま」「スカイコテージ」など、家の中のアウトドアを楽しめる商品を多数用意しています。

\アウトドアリビング商品をもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

ヘーベルハウスは、『新大地』のように、傾斜屋根があるデザイン住宅もある。

ヘーベルハウスには、傾斜屋根の商品もあります。

水平なキュービックの外観に大きな傾斜屋根が乗ると、デザインに力強い躍動感がある印象の住まいとなります。

「新大地」や「フレックス」などの商品が、傾斜屋根になっています。

\傾斜屋根の商品をもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

ヘーベルハウスの価格・値段

気になる、ヘーベルハウスの「価格・坪単価・値引き」についてご紹介します。

価格約3000万円が目安

ヘーベルハウス家づくりの価格は、3,000万円が一目安。

ヘーベルハウスの家づくりの価格目安は約3,000万円前後です。

IR資料出典によると、2017年度の住宅部門は、受注高2,978億円に対し売上棟数は10,076棟。割ると1棟あたり約2955万円になります。

なお、1棟あたりの平均坪数は住宅産業新聞によると約35坪(115㎡)です。※2016年度

3000万円の住宅ローンの場合、月々支払い例は、8万円台など。

もし3,000万円を、頭金1割で住宅ローンを組んだ場合、月々の返済額例は8.2万円となります。※35年ローン・固定金利1.5%時

もし、同じ位の広さ(約35坪≒約115㎡)の賃貸住まいと比較した時、月々の支出は安くなることでしょう。

坪単価約70〜85万円

ヘーベルハウスの建物価格は、坪単価にすると約70〜85万円が一目安

ヘーベルハウスの費用を、建物価格の「坪単価」で見ると約70〜85万円が一目安です。

さらに、諸費用込みだと坪単価約85〜100万円ほどになります。

住宅産業新聞によると、2016年の平均坪単価(諸費用込み)は93万円でした。

他メーカーと比べると・・

ヘーベルハウスの坪単価の高さは、全ハウスメーカーの中でもトップクラスです。

「他ハウスメーカーの坪単価目安」は、 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

ヘーベルハウスの価格・坪単価は、実際には自身で確認する必要あり。

なお、坪単価は毎年少しづつ上昇傾向にあります。また、地域によっても差が出ます。

そのため、上記の坪単価・価格は、あくまで一参考程度であり、実際にはあなた自身でヘーベルハウスに坪単価を確認する必要があります。

あなたの要望に合う住宅プランを検討した上での、実際の見積もり確認が必要です。

値引きにはコツが必要

ヘーベルハウスは、一見、値引き出来なさそうなものの、値引きに成功する人もいる

ヘーベルハウスの値引き交渉には、他社以上に注意が必要です。

営業マンは基本的に「値引きは無い」という態度を示してきます。「一切ありません」という説明もあるでしょう。

しかし、実際にはヘーベルハウスにも値引きは存在しています。

【参考:住宅メーカーの値引き】

多くのハウスメーカーは約3~7%程度の値引きの交渉余地があります。価格帯が高いメーカーほど値引き余地が大きくなります。

ヘーベルハウスでも、同程度の値引きを実現する方もいるのです。

ヘーベルハウスで値引き・サービスを引き出す一番の言動力は「他社との競争」

ヘーベルハウスで値引きを引き出す一番の原動力は「他社との競争」です。

「他社と見積もり比較をしている事を伝えることで値引きが出る」という事例が多くあります。

ヘーベルハウスを含め「他社と見積もり比較されている事実」が、営業マンの調整を最大限に引き出すのです。

特に「①同じ工法・似た価格帯のメーカーとの比較」と、「②契約直前の値引き交渉」が、鉄則です。

ヘーベルハウス検討者は、同社の「見学バスツアー参加」などを通じて、ヘーベルハウス1本の盲目的な信者になりがちですが、他社比較をしないと金額的に100万円単位の損にもつながってしまいす。

ヘーベルハウスと比較するメーカー候補と、その特徴は!

ヘーベルハウスと相見積もりする時のメーカー候補は、例えば次の通りです。

積水ハウス、大和ハウス、セキスイハイム など

大手ハウスメーカー内の、鉄骨住宅商品での相見積もりが中心となってきます。

特に大和ハウスなどは大幅値引きが出やすいために、相見積もり対象として向いています。

比較比較候補メーカーの特徴は!

「ヘーベルハウスとの比較候補各社の特徴」 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

ヘーベルハウスの評判・評価

ヘーベルハウスの「評判」はどうなのでしょうか?ご紹介します。

販売数トップクラス

ヘーベルハウスの年間販売約1万棟は、注文住宅ハウスメーカーで3本の指に入る水準。

ヘーベルハウス キュービック

へーベルハウスの評価は、まずその販売数に表れています。

年間の住宅販売棟数は約10,000。これは注文住宅を主とする全ハウスメーカーの中でベスト3に入る水準です。

年間1万棟近く販売するメーカーは、他に積水ハウス・一条工務店・セキスイハイムくらいとごく限られ、ヘーベルハウスはそれらと同水準のトップメーカーの一つです。

満足度は大手で連続1位

ヘーベルハウスは、最大手ハウスメーカーの中で顧客満足度が5年連続1位。

ヘーベルハウス

また、ヘーベルハウスは、大手メーカー10社内で、5年連続で顧客満足度1位に輝いています。

オリコンのハウスメーカー顧客満足度調査 出典 では、最大手ハウスメーカー10社の中で5年連続で1位の評価を得ています。

部門別にみると、住居性能や保証の他、打合せのしやすさや各種スタッフの対応が高い評価を得ています。

一方で、ヘーベルハウスは「気密性」や「設計自由度」には劣るとの評判も。

総合的に評価が高いヘーベルハウスですが、一部弱点も見られます。

例えば、住宅の気密性を示す指標の一つで、すき間面積を示す「C値」を公開しておらず、気密性・快適性は地域によっては不十分との声があります。

また、ヘーベル素材のサイズ制限などにより、細かい間取り変更など設計自由度は劣るといった面もあります。

ヘーベルハウスと、他のハウスメーカーを比べてみよう

へーベルハウスは、最も評価が高い住宅メーカーの一つです。

ただし、住宅作りは他のメーカーと、住宅性能や間取り・費用プランを比べていくことが大切です。

比較他メーカーと比較を!

顧客満足度が高い住宅メーカーとその各社特徴を、ハウスメーカーランキングの記事でご紹介しています。

 

ヘーベルハウスをもっと詳しく

ヘーベルハウスについてさらに詳しくご紹介します。

耐火・耐震・通風など

【ヘーベルハウスの耐火】国土交通省も認定する耐火部材のALCコンクリート

出典

へーベルハウスの高い耐火性は「ヘーベルパワーボード」により実現します。

ALC「=軽量気泡コンクリート」という、一般的なコンクリートの約10倍も耐火性がある、国交省も認定する耐火部材を使用しています。

素材は無機質で火に強く煙や有毒ガスを発生させないことや、軽量なために工事コストも抑えられるなどのメリットもあります。

【ヘーベルハウスの耐震】エネルギーの吸収に優れた「ハイパワードALC制震構造」

へーベルハウスは高い耐震性で知られています。

制震フレ―ム「ハイパワードクロス」の配置を強化し、床とヘーベルを一体化させた「剛床システム」がある「ハイパワードALC制震構造」を採用しています。

この構造により、地震のエネルギーを吸収するとともに、地震による揺れを約1/2まで軽減させます。

【ヘーベルハウスの通風】「アリオス」で採光・風通しなどをシミュレーション

出典

へーベルハウスは、室内住環境シミュレーションがあることもメリットです。

「アリオス」というシステムを使うことで、間取りプラン検討段階で、採光・日当たり・風通しなどをシミュレーション確認することができるのです。

周辺建物条件や気象データなども入力することで、日当たりのいい位置や、日照時間・日当たり具合が分かります。

「風通しが悪かった」「日当たりが悪かった」などの失敗を防ぐことにつながります。

\ヘーベルハウスについてもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

ヘーベルハウスの口コミ

最後に、ヘーベルハウスの「口コミ」をご紹介します。

(はじめに)ネット上の住宅会社の悪い口コミに神経質になりすぎないこと。

まずはじめに、注文住宅に関するネット上の口コミに、シビアになりすぎないことをオススメします。

家づくりは高い買い物で、買い手側のこだわりが強く期待も高いことから、どうしても苦情が多くなりがちです。

住宅業界は「クレーム産業」と呼ばれ、どのメーカーに対しても基本的に辛口の口コミが多いのです。

ヘーベルハウスは、大手ハウスメーカー内で顧客満足度No.1ですが、それでも厳しい声も多く出てきます。

ヘーベルハウス辛口の口コミは「価格の高さ」など。

へーベルハウスの悪い口コミでまず多いのが「価格の高さ」です。

人気や評価と同様に、価格帯もハウスメーカートップクラスのため、よく気になるポイントのようです。

もともとヘーベルハウスに興味があったものの、価格も合わせて考えた時に他社を選んだという声が一定数見られます。

ヘーベルハウスは「デザインがいまいち」との声も。

また、デザインを評価しない声も見られます。

好みの問題にもなるのですが、フラット屋根の外観をモダンと捉える人もいれば、「デザイン性に欠ける」と考える人もいます。

そこで、デザインを重視したければ他メーカーの方が良いのではという声が見られます。

ヘーベルハウスの良い口コミは「営業やスタッフが親身」など。

へーベルハウスの良い口コミで多いのは、社員の対応です。

営業マンなどをはじめとする社員の対応です。比較的年配の落ち着いた営業マンも多く対応に満足できたという声が多く見られます。

実際、顧客満足度ランキングで、大手メーカー内で1位ということからもその安心感が分かります。

ヘーベルハウスについて(おわりに)

へーベルハウスは、大手ハウスメーカー10社の中で5年連続で顧客満足度1位に輝いています。

地震や火災に強く、「ロングライフ住宅」を掲げ、30年メンテナンス無料や、60年点検サポートもあります。

特に、都市部の3階建てや二世帯住宅に強く、関東・関西で家づくりされる方は、検討候補に加えたい一社と言えます。

\ヘーベルハウスについてもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

満足度が高い家づくりを!

多くのハウスメーカーや住宅プランを比較検討することで、家づくりのアイデアが膨らみます。

人気≻≻ハウスメーカーランキング!