フィアスホームの注文住宅って興味がありますよね!

評判はどうなのでしょうか坪単価・価格・値引き率はいくらなのでしょうか? 

フィアスホームは、LIXILグループのハウスメーカーで省エネ住宅に力を入れています。

独自の高性能な断熱パネル「eパネル」が、外気をシャットアウトし、家の中を快適にしてくれます。

この記事では、フィアスホームの評判や価格についてご紹介します。ぜひじっくりご確認ください。

比較他メーカーとの比較は!

フィアスホームの評判について「他メーカーと比較した状況」を知りたい場合は ハウスメーカーランキング の記事をご確認下さい。

フィアスホームとは

フィアスホームは、LIXILのグループ会社で、フランチャイズ展開するハウスメーカー。

フィアスホームは、LIXILグループの住宅会社です。

グループの力を、建材の仕入れや保険など家づくりの各分野に総合的に活かしながら、全国でフランチャイズ展開しています。

社名としてはLIXIL住宅研究所となり、同社は他にアイフルホームやGLホームも手掛けています。

フィアスホーム自体は、2008年に、3つの会社(ワンダーホーム、ブライトホーム、ゴーイングホーム)が統合しできています。

フィアスホームの特徴

それでは、フィアスホームの「注文住宅・家づくりの特徴」をご紹介します。

省エネ住宅に注力

フィアスホームは、省エネにバランスよく取組み、何度も受賞されている。

フィアスホームは、住まいの省エネに力を入れています。

気密性・断熱性が高く、夏涼しく冬は温かいことに加え、冷暖房費などの電気代も抑える、地球にも家計にも優しい住まいになるのです。

省エネ住宅を表彰する「ハウス・オブ・ザ・イヤー・インエナジー」を、9年連続で受賞するほど高い評価を得ているのです。

高性能な断熱パネル「eパネル」や、冷暖房コストを抑える「熱交換換気システム」などの工夫がある。

特に、北海道基準をクリアするほどの、高気密・高断熱の住まいが実現します。

ポイントは「eパネル」という独自パネルです。断熱材と構造用パネルを一体化させた高性能パネルで、外気をシャットダウンするのです。

また、冷暖房効率を高めるために「熱交換換気システム」を使い、換気時に室内の暖気や冷気が逃げて行かないような工夫がされています。

自由度高い家づくり

フィアスホームは、商品の種類が豊富で、間取りプランの自由度も高い。

フィアスホームは、理想の家づくりを実現しやすいハウスメーカーです。

グッドデザイン賞を受賞するほどデザイン性が高く、間取りの設計自由度も高いです。住宅商品も豊富なバリエーションが用意されています。

例えば玄関では、汚れを落とす手洗い場「クリーンエントランス」を設けられるなどの独自性もあります。

得意の省エネについて、事前に性能を数値で表す「診断書」がある。

プラン作りをすすめる際に、省エネにも分かりやすく取り組めます。

あらかじめ光熱費など住宅の性能を診断し、数値としてあらわしてくれるのです。

また、BMP(フィアスホーム ベストメンテナンスプラン)システムを通じ、施工プロセスや、検査・調査などの状況をWEB上で把握できる安心感もあります。

フランチャイズ展開

フィアスホームは、ハウスメーカーと工務店のいい所を両取りしたフランチャイズ制。

フィアスホームは、フランチャイズ展開販売のハウスメーカーです。

ハウスメーカーとしての商品力や資材の調達力、そして、工務店としての施工力や地域性などのメリットが兼ね備わっているのです。

商品開発や広告宣伝・資材の仕入れなどは本部が行い、実際の施行やサービスは加盟店となる地域の工務店が行うのです。

地域のフィアスホーム代理店の工務店が、信頼できそうかをしっかり見極めよう。

 

フィアスホームを検討時は、地域の店舗の良し悪しをしっかり見極めて下さい。

実際に家を建てるのは、フィアスホーム加盟店となる地元の工務店です。その会社の安定性や、営業担当者の対応など信頼できそうか見定める必要があります。

なお、万が一の工務店倒産時に備え、完成保証は付くため、その点は安心できます。

【まとめ】フィアスホームは、こんな人に向いています。

・省エネ住宅に興味がある方

(1年を通じて快適に過ごせ、電気代も抑えたい方)

あなたのご希望に合いそうですか?

※もし「自分の希望とは少し違いそう・・」と感じた方は、より希望に合う他メーカーを、ハウスメーカーランキングの記事から探してみましょう。

フィアスホームの家づくりを検討するには

まずはじめに「カタログ請求」を行うことが鉄則です。

知識不足のままでいきなり住宅展示場にいき、営業マンとの条件交渉や住宅プラン作りに失敗し後悔する方が数多くいます。

事前に複数のハウスメーカーのカタログを請求・比較して十分な予備知識をつけておくことが、家づくりの失敗を避ける第一ステップです。

フィアスホーム カタログ請求の詳細へ>>

 

フィアスホーム注文住宅の主力商品

続いてフィアスホームの「注文住宅の商品」をご紹介します。

アリエッタなど

フィアスホームの注文住宅商品が「アリエッタ」

フィアスホームでは「アリエッタ」シリーズを販売しています。

高気密・高断熱で省エネを意識した作りになっていて、デザインも万人受けしやすい現代的なものが多くなっています。

また、地震などの災害時にも強い作りで、耐震性が高い他、自立したLPガスと発電ユニットで、ライフラインがストップしても、電気・ガス・お湯が供給されます。

アリエッタは、特徴を進化させた、商品バリエーションがある。

アリエッタには、複数の商品バリエーションがあります。

より高断熱な「DS」、二世帯住宅に対応した「NS」、3階建の「イクス」、1・2階と屋内外のつながりが強い「VERDEA」です。

各ご家族の希望やニーズに合わせた商品が用意されているために、まずはカタログ請求してみると良いでしょう。

\アリエッタをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

フィアスホームの価格・値段

気になる、フィアスホームの「価格・坪単価・値引き」についてご紹介します。

坪単価は約45〜75万円

フィアスホームの建物価格は、坪単価にすると約45〜75万円が一目安

フィアスホームの建物価格を坪単価で見ると、約45〜75万円前後が一目安になります。

商品別に目安を見ると次の通りです。

アリエッタ 約50万円〜
アリエッタ・イクス(3階建て)約50万円〜
アリエッタDS(高断熱)約60〜70万円
アリエッタNS(二世帯住宅)約60〜70万円

ただし、いずれも坪数や、住宅の仕様などにより坪単価は変わるために、あくまで一目安です。

【参考:坪単価とは】

「床面積1坪3.3㎡あたりの建築費」のことです。住宅メーカー費用把握のための参考指標になります。

フィアスホームの坪単価を他メーカーと比べると

フィアスホームの坪単価は、中価格帯に位置します。

ローコスト住宅メーカーほど安くないですが、高価格帯の大手と比べると安い価格帯で家が建ちます。

他メーカーの坪単価は・・

「他ハウスメーカーの坪単価目安」は、 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

価格約2400万円が目安

フィアスホームの建物価格は、約2,400万円が一目安。

フィアスホームの建物価格は、約2,400万円前後が一目安です。

坪単価目安の中央値60万円に、2階建て戸建ての平均的な広さ40万円を掛けると、約2,400万円となります。

広さ別で、坪単価幅から単純試算した価格目安の幅は次の通りです。

・30坪:1,350〜2,250万円
・40坪:1,800〜3,000万円
・50坪:2,250〜3,750万円
仮に、3,000万円の住宅ローンの場合、月々支払い例は、8万円台など。

もし総費用を3,000万円とし、頭金1割で住宅ローンを組んだ場合、月々の返済額例は約8.2万円になります。※35年ローン・固定金利1.5%時

同じくらいの広さの賃貸住まいと比較した時、月々の支出として同等程度の地域も多いことでしょう。

フィアスホームの価格・坪単価は、実際には自身で確認する必要あり。

なお、坪単価は毎年少しづつ上昇傾向にあります。また、地域によっても差が出ます。

そのため、上記の坪単価・価格は、あくまで一参考程度であり、実際にはあなた自身でフィアスホームに坪単価を確認する必要があります。

あなたの要望に合う住宅プランを検討した上での、実際の見積もり確認が必要です。

\フィアスホームをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

 

値引きは交渉次第

フィアスホームでは、交渉次第で値引き条件を引き出せることも。

フィアスホームから出た見積もりは、値引きの交渉余地があります。

店舗により営業方針の差が出てくるフランチャイズ制のハウスメーカーでも、100万円単位で値引きされることもあるのです。

【参考:住宅メーカーの値引き】

多くのハウスメーカーは約3~7%程度の値引きの交渉余地があります。価格帯が高いメーカーほど値引き余地が大きくなります。

フィアスホームで値引き・サービスを引き出す一番の言動力は「他社との競争」

住宅営業マンのサービスを引き出す一番の原動力は「他社との競争」です。

「他社と見積もり比較をしている事を伝えることでサービスが増える」という事が最も多くあります。

フィアスホームを含め「他社と見積もり比較されている事実」が、営業マンの調整を最大限に引き出します。

特に「①同じ工法・似た価格帯のメーカーとの比較」と、「②契約直前の値引き交渉」が、鉄則です。

フィアスホームと比較するメーカー候補と、その特徴は!

フィアスホームと相見積もりする時のメーカー候補は、例えば次の通りです。

アイフルホーム、一条工務店、クレバリーホームなど

高気密・高断熱を売りにしているハウスメーカーや、フランチャイズ制のハウスメーカーなどとの比較が条件が近くなります。

特に、アイフルホームは運営会社が同じため、比較する方も多いです。

比較比較候補メーカーの特徴は!

「フィアスホームとの比較候補各社の特徴」 ハウスメーカーランキング の記事でご紹介しています。

フィアスホームの評判・評価

フィアスホームの「評判」はどうなのでしょうか?ご紹介します。

住宅の性能に定評

フィアスホームは、住宅の機能性、設備などへの評判が高い。

フィアスホームは、その住まいの性能に定評があります。

高気密・高断熱などの省エネ性や、LIXILグループとしての住宅設備、地震への対策などです。

また、保証も、完成保証、耐震保証、瑕疵保証、地盤保証と種類が充実し、住まいの点検も20年目まで無料です。

また、LIXILグループという大手としての安心感がある。

また建材業界で最大手のLIXILグループだからこその安心感もあります。

特に「完成保証」については、もし依頼した加盟店の工務店が倒産しても、同じフィアスホーム加盟の別工務店が工事を完成させてくれます。

小さな地元工務店にただ依頼するのとは違う安心感があります。

\フィアスホームをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

 

一方で、フィアスホームは、フランチャイズ展開のため、店舗で対応に差も。

一方、気にすべき点が、あなたの地元の加盟店の対応などです。

フランチャイズ制のため、加盟店によって、営業方針や、人材採用・育成方針などが異なってきて、接客や提案力などにどうしても差が出てきます。

地元でも知られて実績のある工務店なのかを調べたり、希望をくみ取る力があるかなど見定めることが大切です。

信頼できるハウスメーカーを見つけるために、色々な会社を比較してみよう。

満足のいく住まいづくりのためには、ハウスメーカーの比較が大切です。

比較をすることで価格が下がったり、より満足できる間取りやデザインのプランが見つかったりします。

他の、顧客満足度が高いメーカーと比較してみることも大事です。

比較他メーカーと比較を!

顧客満足度が高い住宅メーカーとその各社特徴を、ハウスメーカーランキングの記事でご紹介しています。

フィアスホームをもっと詳しく

フィアスホームについてさらに詳しくご紹介します。

構法・耐震・保証など

【フィアスホームの構法】は、地震にも強い「モノコック構法」

フィアスホームの構法は「モノコック構法」です。

1・2階の床に、構造用のパネルを張り付けて一体化させることで、地震の揺れ・ねじれを起きにくくすることが特徴です。

梁は柱を使う軸組工法と、壁材を使うパネル工法の2つをミックスさせて強力にした構法です。

【フィアスホームの耐震】は、壁材、制震ダンパー、地盤対策などで強化。

フィアスホームでは、地震対策として他にも数々の対策を取っています。

まずは、独自の高性能な「eパネル」を活用することで、建物の変形を抑えています。また、「ミューダム」という制震ダンパーを採用することでも、揺れを大幅に減らしています。

また、そもそもで家を設計する段階で、地盤調査に基づいて、土地に合う安全な住まいを提案してもらえます。

【フィアスホームの検査】は、200項目にわたり実施。

フィアスホームは、検査も充実しています。

BMP(フィアスホームベストメンテナンスプラン)といい、約200もの項目を自主検査しています。

例えば地震対策に大切な地盤については、スクリュードライバーサウンディング試験を行うなどです。

【フィアスホームの保証】は、バリエーションが豊富。

フィアスホームでは、万が一に備えた保証も数々あります。

地震で全壊した場合に最高2,000万円保証される「耐震保証」があります。地盤沈下した場合に最大5,000万円補償される「地盤保証」もあります。

さらに、工事を依頼した加盟店である工務店が倒産した場合に備え「完成保証」があります。瑕疵があった場合の「瑕疵保証」も10年付きます。

このように、引き渡し前から、引き渡し後に渡って様々な安心が備わっています。

\フィアスホームをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

 

フィアスホームの口コミ

最後に、フィアスホームの「口コミ」をご紹介します。

(はじめに)ネット上の住宅会社の悪い口コミに神経質になりすぎないこと。

まずはじめに、注文住宅に関するネット上の口コミに、シビアになりすぎないことをオススメします。

家づくりは高い買い物で、買い手側のこだわりが強く期待も高いことから、どうしても苦情が多くなりがちです。

住宅業界は「クレーム産業」と呼ばれ、どのメーカーに対しても基本的に辛口の口コミが多いのです。

フィアスホーム辛口の口コミは「設備のお得感が弱い」など。

厳しい口コミとしては「設備がもっと良ければ」という声が見られます。

グループのLIXILは住宅設備の最大手メーカーです。しかし、だからといって、設備価格にお得感があるわけではないという口コミが見られます。

オプション選択することで設備グレードもアップしますが、価格が高くなりすぎないように注意が必要です。

フィアスホームの良い口コミは「営業マンの対応がいい」など。

フィアスホームの良い口コミでは、スタッフの対応についてなどが見られます。

フィアスホームを選んだ方の中では、営業マンの対応が良かったという口コミが多く見られます。

しかし、どのハウスメーカーもそうですが、営業マンには知識や経験の差があるものです。担当となる営業マンとの相性を確かめるようにしましょう。

フィアスホームについて(おわりに)

フィアスホームは、高気密・高断熱など省エネに力を入れています。

建材最大手メーカーであるLIXILグループのハウスメーカーとしての安心感もあります。

フランチャイズメーカーのために、地域の加盟店がよそうかどうかはしっかり確認するようにしましょう。

フィアスホームは、省エネ住宅に興味がある方は今すぐ検討する価値があります。

\フィアスホームをもっと詳しく!/

人気住宅カタログ⇒

理想の家づくりを実現するために
満足度が高い家づくりを!

多くのハウスメーカーや住宅プランを比較検討することで、家づくりのアイデアが膨らみます。

人気≻≻ハウスメーカーランキング!