この記事では、大和ハウス評判・口コミや、価格・坪単価・値引きについてご紹介します。

大和ハウスの特徴や、ジーヴォシグマグランウッドなど人気の商品もご紹介します。

ハウスメーカーランキングでも上位の住宅会社です。ぜひじっくりご確認ください。

大和ハウス注文住宅・一戸建て【重要点・1分まとめ】

大和ハウスの注文住宅についてポイントを1分でご紹介します。

注文住宅の特徴・商品

大和ハウスは「鉄骨造の強さ」により、安心感があり、広い空間のある家が実現。

出典

大和ハウスは鉄骨造の強い家が特徴のハウスメーカーです。

その構造や、ディーネクストという耐力壁などにより大地震や災害にも強い家であることは一つの大きな強みです。

さらにその強さから、家族がゆとりを持って過ごしやすい天井高2m72㎝×開口幅7m10㎝のグランリビングが実現します。

鉄骨造の「ジーヴォシグマ」が代表的な商品。

大和ハウスの代表的な商品が「xevoΣ(ジーヴォシグマ)」です。

強さに加えて、外張り断熱で気密性が高いことで、冬でも温かく夏は涼しい家族が過ごしやすい住まいになることが特徴です。

他に3〜5階建ての「skye」や、木造の「GranWood」、低価格商品の「Lifegenic」などが主なシリーズとしてあります。

価格・坪単価・値引き

大和ハウスは、価格3,730万円、坪単価91万円が平均。

大和ハウスで家を建てる費用の平均は、諸費用込みで3,730万円です。

また、坪単価の平均は91万円です。木造の場合は少し安く、平均で約3,500万円くらいです。

なお、6,000〜8000万円クラスの「xevo Gran Wood」や、1〜2億円の「PREMIUM Gran Wood」といった商品もあります。

大和ハウスは、10%前後の大幅値引きがあることも。

大和ハウスで注意したいことは「交渉次第で値引き率が約10%前後」と大きいことです。

例えばセキスイハイムなど他の鉄骨造系の大手ハウスメーカーと見積もり比較を行い、契約直前に交渉することが、価格を下げるセオリーです。

評判・口コミ

たしかに、不適合建築の不祥事問題や、一部、しつこい営業マンなども。

大和ハウスは比較的最近でも、違法建築の発覚といった問題も起こっています。

それに、保証期間の長さや、住宅の気密性・断熱性が他社と比べて際立って優れているわけでもありません。

また、時には「偉そう」や「しつこい」といった営業マンの対応への不満の声が上がることもあります。

しかし、大和ハウスは、大手の品質・安心感があり、スタッフの対応に定評。

しかし、大和ハウスは品質に定評がある人気ハウスメーカーの一つです。

最大手の住宅会社だけあり、基本的には住宅の高い品質・性能・技術力や、優秀なスタッフによる対応などへの評価が高いのです。

建築業界1位のグループ売上4兆円という実績や、顧客満足度ランキングでTOP10以内といった事実がその評価を裏打ちしています。

大和ハウスは、こんな人におすすめ!

大和ハウスは、次のような方におすすめです。

・大手ハウスメーカーで家を建てたい方

・鉄骨造の住まいを検討している方

・地震や災害に強い住まいにしたい方

・天井高、大開口の住まいに憧れがある方

1つでも当てはまる項目がある方は、検討候補に入れてみましょう。

( もし合わなければハウスメーカーランキングで他の候補を調べてみましょう)

カタログ・資料請求

大和ハウスについて知るには「カタログ・資料請求」から。

大和ハウスに興味を持った方は、まずは必ずカタログなど資料請求を行いましょう。

間取りやプラン・費用について事前に十分な予備知識を付けておくことで、その後の打合せが有意義なものになると同時に、価格やサービスなどの条件交渉もしやすくなります。

カタログと資料の請求は、タウンライフ家づくりというサイトを使えば今すぐ簡単に約3分で行えます。

大和ハウスが少しでも気になった方は、今すぐのカタログ・資料請求をオススメします。

詳細はこちら>>>

 

 


3冠を獲得・112万人が利用。

たしかに、タウンライフ家づくりはテレビCMを行っていないため広くは知られていません。

しかし、評判がネット上で口コミで広がり、累計112万人が利用している3冠に輝く住宅サービスです。

3冠の中には、「利用満足度」や「知人に薦めたいサイト」などがあり、安心できるサービスを利用したい方に向いています。

たしかに、事前の登録に約3分と連絡先の入力が必要になってしまいます。

しかし、気軽に無料で利用でき、あなたの希望に合わせた住宅プランまで作ってもらえるため、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 


大和ハウスの資料請求よくある質問

「Q. 何がもらえるの?」
カタログ・住宅プランがもらえます。あなたの希望の条件に合わせたプラン依頼も気軽に行える事が特徴です。

「Q. 迷惑電話や、しつこい押売り営業が不安です。」
心配ありません。希望欄に「メールのみでやりとりを希望」と記載することで、本人確認の後、電話連絡なしで利用できます。

「Q. 申込み後の流れはどうなるの?」
はじめに入力内容の確認連絡があります。その後、希望条件に合わせたプランや資料が届くので、じっくり比較して下さい。

タウンライフは私も2度利用しています。

他に利用した方からもネガティブな報告は一度もなく、これまで112万人以上が利用しているために、安心しておすすめできます。

詳細はこちら>>>

 

 

大和ハウスの評判・口コミ【以下、詳細】

大和ハウスの評判について、次の3つの順番で紹介します。

・顧客満足度ランキング
・悪い評判、口コミ
・良い評判、口コミ
ただし、ネット上の口コミに神経質になりすぎないこと。

大和ハウスに関するネット上の口コミには、シビアになりすぎないことをオススメします。

住宅産業は、高い買い物のため「クレーム産業」と呼ばれるほど、ネット上ではどのメーカーに対しても基本的に辛口の口コミが多いためです。

特に、大和ハウスは年間約7,000棟もの建築数があるために、辛口のコメントもどうしても多く出てきてしまいます。

顧客満足度ランキング

大和ハウスの「顧客満足度」は3年連続で9位。

オリコンが調査するハウスメーカー「顧客満足度ランキング」で、大和ハウスは過去3年間連続で9位です。出典

多角的な観点で評価されたランキングでトップ10内と高い順位ですが、それでもベスト5以内には入り切れていない状況です。

(関連記事)ハウスメーカーランキング

悪い評判・口コミ

まず、大和ハウスの悪い評判・口コミをご紹介します。

大和ハウスでは、不適合建築の不祥事問題もあった<2019年・約4000件>

2019年には大和ハウスアパートと戸建てで3,763棟の違法建築が発覚しました。出典

その内、戸建住宅が2,153棟で、不備のパターンとしては「独立基礎の仕様不適合」が計1,885棟などの他、防火安全性の不十分や、柱の仕様不適合がありました。

仕様の不適合があった物件については安全検証を行うとともに、数々の再発防止策が発表されました。出典

それでも、こうした出来事を通じて、ハウスメーカーとしての信頼性が傷つく結果となりました。

大和ハウスは、メンテナンス・補償の面は「並」との声も。

もう一つの気になる声としては、長期保証が「一般的」なレベルの範疇という事が挙げられます。

具体的には、構造上主要な部分の点検・診断が30年目からは有料になります。

例えば、同じ鉄骨造が主体のメーカーとして比べる事も多いセキスイハイムなら60年目まで無償点検があります。

大和ハウスも一般的な住宅メーカーと同程度の保証はありますが、より保証が充実している他社があることも事実です。

大和ハウスの悪い口コミ「営業マンの対応の良し悪しに差がある」など。

中には親身さに欠ける営業マンもみられるという口コミも散見されます。

具体的には、要望を十分に取り入れずに契約を急かす、しつこいなどのケースです。どこの住宅メーカーでも営業マンの質には差があるため運次第とも言えます。

まずは担当営業マンの人柄を慎重に探ってみると同時に、契約を急がず、他社とも比較するように注意しましょう。

『俺は、天下のダイワハウスだぞ』って感じがヒシヒシと感じられる電話でした。 こんな社員がいると、会社自体のイメージが悪くなりますね。 引用:e戸建て
要望を取り入れないし、確認してくださいと依頼していることも返事なし。 というかメールのレスもないので社員教育どうなってるのか不安。  引用:e戸建て

良い評判・口コミ

続いて、大和ハウスの良い評判・口コミをご紹介します。

大和ハウスの評判の良さは、売上実績に裏打ちされている。

大和ハウスは、グループ売上高が約4兆円を越えます。出典

これは住宅・建築業界でNo.1の売上高であり、それだけ、実績、信頼性、安心感の高さのある会社と言えます。

たしかに、売上には、注文住宅以外にも賃貸や商業施設など他建設分野を含みますが、その分多角的に建築のノウハウを持ち合わせています。

なお、公式HPによると、戸建住宅では、ここ数年は毎年約7,000戸前後を販売しています。出典

大和ハウスは、本来「住宅品質」が高い評判を受けている。

大和ハウス ジーヴォシグマ

大和ハウスで良い評判の声が多いのは「住宅に対する品質」です。

たしかに違法建築の発覚もありましたが、例えば、オリコンの顧客満足度調査で、大和ハウスで最も評価点数が高いのは「住宅の性能」です。出典

さすがに、大手ハウスメーカーの一つとしての技術力や品質性が高いのです。

具体的には、独自の耐震技術や、zevoシリーズでの外張り断熱標準装備、外壁コーティング剤などこだわりが見られます。

大和ハウスは「営業マンの対応」の良い口コミが多い。

また、大和ハウスの良い口コミには「営業マンやスタッフ」に関する声が多くあります。

たしかに、当たり外れや相性もありますが、建設・住宅業界のリーディングカンパニーだけあり、基本的には、優秀なスタッフが多いのです。

何度も打合せを重ねて納得できる家が完成しました。それも、とことん付き合ってくれたダイワハウスのスタッフの皆さんのおかげです。 引用:ハウスネット
適材適所にある豊富な収納や、大胆な玄関などの提案を受け、敷地を最大限活用した気持ちのいい家を実現することができました! 引用:同上

担当スタッフとの相性が良かった方は、満足のいく家づくりにつなげられているようです。

評判の大和ハウスが気になる方は、早速、資料請求を。

大和ハウスは家づくりにおいて評判のハウスメーカーの一つです。

少しでも気になるようであれば「カタログ・間取りプラン・見積もりプラン」の資料請求を早速行ってみて下さい。

実際に、あなたの希望する内容・予算で、大和ハウスならばどのような家が建つのかが分かります。

全ての資料は、タウンライフ家づくりを利用することで一度に請求できます。

大和ハウスに興味のある方は、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

大和ハウスの評判を実感するためには他社比較が必要。

なお、大和ハウスの良さを実際に体感するために、他社との比較は必須です。

そのため、通常であれば、具体的に多くのハウスメーカー 一社一社話を聞きに行く必要があり大変です。

住宅展示場やモデルハウスに行ったり、一社一社営業マンの接客を受けたり、契約を迫られそうなイメージがあり、何だか大変そうですよね・・。

タウンライフなら、一度に比較できるから大和ハウスの評判点も確認しやすい。

ここで、タウンライフ家づくりなら、全てオンライン手続きでハウスメーカー比較できる点が優れています。

たしかに、「新築注文住宅」カタログの資料請求サービスなどならば他にもあります。

しかし、タウンライフなら、各ハウスメーカーにう住宅プランまで作ってもらえ、また、アイデアやアドバイスも充実している点で違い、おすすめなのです。

比較が具体的なため、大和ハウスなどハウスメーカーを決める上での、納得度が違います。

私も2度ほど利用したことがあるのですが、一度の請求でどっさりと資料や提案が届きました。

営業マンを目の前にせず、自分のペースで自宅でゆっくり余裕を持ってハウスメーカー比較をすることができます。

ハウスメーカー検討時の「 ’自分にあった’ 情報収集や比較検討の材料集め」に適しています。

気軽に無料で利用できるため、家づくりを検討中の方は、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 

大和ハウスの価格・坪単価

大和ハウスの家を建てるには、いくら必要なのでしょうか?

・大和ハウスの価格
・大和ハウスの坪単価
・大和ハウスの値引き

この3つの順番でご紹介します。

価格・見積もり

大和ハウスの住宅価格の目安は次の通りです。

・平均:3,730万円(ただし、年々上昇)

・最高:約1〜2億円

・高め:約6,000〜8,000億円

・最低:約3,000万円〜

このように「高い場合」と「安い場合」に大きく価格差があるため、それぞれについてご紹介していきます。

大和ハウスの価格、1戸あたりの平均売上額は最新データで「3730万円」

大和ハウスで家を建てる費用の「平均」が、約3700万円です。

大和ハウスHPの、投資家向け情報ページ 出典に、次のように記載されているのです。

1戸当たりの平均売上金額・戸建住宅(単位:百万円)

17/3期 34.3、18/3期35.9、19/3期 37.3

見やすいように単位を直すと、ここ3年間で、3,430万円 → 3,590万円 →3,730万円と推移しているということです。

なお、住宅産業新聞という業界紙でも毎年平均価格が掲載されていますが、大和ハウスの実績値はこれとほぼ同じ額が紹介されています。

毎年増加傾向にあり、このペースでいくと、次第に平均4,000万円を超えてきそうです。

(関連)家を建てるお金・平均

大和ハウスの、最高級商品なら、価格は約1億〜2億円。

大和ハウスで家を建てる価格は、最も高い場合だと約1〜2億円になります。(土地代と別で、です。)

木造邸宅の「PREMIUM Gran Wood(プレミアムグランウッド)」という商品で、業界紙の記事 出典 によると、坪単価は100〜200万円で、想定販売額が約1〜2億円になっています。

グッドデザイナー受賞歴がある建築家が一邸ごと時間をかけて住まいを提案してくれる商品で、実際に年間数棟の受注があるそうです。

大和ハウスの、セミハイグレード商品なら、価格は6,000〜8,000万円。

大和ハウスで、次いで価格帯が高い商品なら、家を建てる費用の目安は6,000〜8,000万円程度になります。

標準的な商品よりも仕様がアップグレードされている次の2商品です。

・鉄骨造:xevoΣ PREMIUM

・木造:xevo Gran Wood

『xevoΣ PREMIUM』は、商品プレスリリース 出典で「富裕層向け商品」と明確に記載されています。

同商品のモデルルームの平均的な坪数が約70坪で、坪単価の目安が90〜100万円のため総額で約6,300〜7,000万円が一目安になります。

また、『xevo Gran Wood』も、約6,000〜8,000万円クラスであることが業界紙 出典 で紹介されています。

逆に、大和ハウスの価格安い場合でも、3000万円台以上が基本。

大和ハウスで家を建てる費用で、逆に安い場合の目安で、約3,000万円台〜です。

インターネット上で寄せられている大和ハウスの価格の口コミ 出典 から、実際にあった見積もりの「坪数と総額」の情報例を抽出すると次の通りです。※2018年の見積もり

・34坪:3,400万円
・35坪:3,700万円
・38坪:3,200万円
・38坪:3,900万円
・38坪:4,300万円

※いずれも土地代を除いた総額費用

建物によって、搭載する太陽光発電量や、住宅の仕様、地盤改良の必要な程度などなどの違いがあることで、必ず坪数に応じない価格差があります。

しかし、底となる最低ラインの目安を探るならば約3,000万円以上〜と言えそうです。

ただし、2019年から1,978万円〜の規格型商品「ライフジェニック」が登場しています。

坪単価

大和ハウスの坪単価の特徴は次の通りです。

・平均すると坪90万円前後

・坪単価が高いハウスメーカーの一つ

・総費用で計算すると坪100万円以上の事も多い

・広告表記で坪50万円台〜の場合もあるため注意

それぞれについてご紹介していきます。

大和ハウスの坪単価は平均すると約90万円。

大和ハウスの坪単価の実際の「平均値」は、大和ハウスの公式HP内の情報 出典 から計算することができます。

「1戸当たりの平均売上金額」と、「1戸あたりの平均売上面積」の実績値があるので、割って計算してみると次の通りです。

大和ハウス戸建住宅の平均坪単価

17/3期:85.3万円

18/3期:88.4万円

19/3期:90.7万円

このように、2019年3月期(≒2018年)時点で、平均坪単価は90.7万円になっています。

特に、『鉄骨造・2階建て・平均的な広さ(約41坪)・平均的な仕様』を考えている場合には、これが大きな指標となります。

ただし、御覧頂いての通り坪単価が年々上昇傾向にあることも覚えておく必要があります。

大和ハウスは、最も坪単価が高いハウスメーカーの一つ。

大和ハウスは坪単価が高いハウスメーカーと言えます。

坪単価の目安額は、ローコスト住宅メーカーが 〜坪50万円台、平均的なメーカーが坪60〜70万円台前後ですが、大和ハウスは坪80万円台を超えていて高額なハウスメーカーの一つです。

ただし、一部の高額ハウスメーカーより、若干安くなる傾向があります。

同じくらいの広さの住まいの時、例えば、積水ハウスや、ヘーベルハウスと比べると大和ハウスの方が若干安くなることも多いです。

また、RC造の住宅メーカーなども大和ハウスより高い場合が多いです。

大和ハウスで実際の総費用における坪単価は、坪100万円以上になることも多い。

大和ハウスの坪単価は、総費用から計算すると100万円を超える場合も多くあります。

ここで、総額から計算した「商品別」での坪単価おおよその目安をご紹介していきます。

たしかに一部、「木造商品」や「規格型商品」の場合に坪単価が安めの場合もあります。

しかし、ご覧頂いての通り「鉄骨造の自由設計商品」の場合は坪100万円前後になり、特に3階建て以上の商品の場合には坪100万円以上で見積もっておく必要があります。

大和ハウスの坪単価は、坪50万円〜で広告記載されることもあるため注意。

なお、大和ハウスについて検討していると「価格的に意外に安いのでは?」と勘違いする時があります。

「建物本体価格のみでの坪単価」が紹介されている時は安いのですが、「実際の総額における坪単価」とは高くなるために注意が必要です。

例えば、住宅情報サイトSUUMOの大和ハウスの商品紹介ページ 出典 では、大和ハウスの坪単価帯で次のように紹介されています。

鉄骨系プレハブ

xevo E 50万円台〜、xevoΣ 60万円台〜、xevoΣ(+R、和暮らし)70万円台〜

重量鉄骨

skye:80万円台〜

この情報を見ると坪50万円〜で、最近のローコスト住宅メーカーの価格帯ともあまり変わらない水準です。

しかし、これは建物本体価格で計算した坪単価であり、実際には、オプション・外構・諸費用など別費用がかかってくるために注意が必要です。

大和ハウスの価格・坪単価は、実際には自身で確認する必要あり。

なお、坪単価は毎年少しづつ上昇傾向にあります。また、地域によっても差が出ます。

そのため、上記の坪単価・価格は、あくまで一参考程度であり、実際にはあなた自身で大和ハウスに坪単価を確認する必要があります。

あなたの要望に合う住宅プランを検討した上での、実際の見積もり確認が必要です。

大和ハウスの実際の、坪単価・価格を確認するには。

大和ハウスへの実際の価格確認も難しいことではありません。

あなたの希望に合わせた住宅プランと、その具体的な費用プランは、ウェブからの依頼で気軽に作ってもらうことが可能です。

費用プランを作ってもらえるのが、タウンライフ家づくりです。

大和ハウスの坪単価・価格を正しく確認するためにも、今すぐ利用する価値があります。

詳細はこちら>>>

 

値引き

大和ハウスは、価格の値引き幅が大きいハウスメーカー。10%前後安くなることも。

大和ハウスの価格について知る時に、とても重要なことが「交渉次第で値引き幅が大きくなる」ということです。

多くのハウスメーカーで5%前後の値引きがありますが、大和ハウスは交渉次第で値引き率が10〜15%程度になることもあるのです。

あなたの腕次第で、価格が300〜500万円程度も変わってきます

例えるならば、お子さまの1年間の海外留学費用に加え、2年間の大学院学費分くらいまで違ってくると言えます。

有意義に使えば、人生が少し変わるレベルで金額の違いが出てきます。

・・・正直、400万円前後も損したくありませんよね?

これからご紹介する簡単なコツをあなたが実践しさえすれば、大丈夫です。

大幅値引きのチャンスをものにするために、大切なことをご紹介します。

大和ハウスで価格値引きを引き出す一番の原動力は「他社との競争」

住宅営業マンが値下げする一番の原動力は「他社との競争意識」です。

ハウスメーカーでは「他社と見積もり比較されている事実」が、営業マンの競争心をかきたて、値引き条件の最大化につながります。

特に次の3つのポイントを抑えて下さい。

1. ライバル会社と比較する。

2. 同じ条件(構造・広さ・設備など)で比較する。

3. あらかじめ用意周到に準備し、契約直前に交渉する。

それぞれについて説明します。

大和ハウスで価格を下げる「1. ライバル会社」との比較。

結論としては、積水ハウスや、セキスイハイム、ヘーベルハウスなどの会社と見積もり比較を行って下さい。

大和ハウスは、大手ハウスメーカーで鉄骨造を主体としたこれらの会社と常に比較されやすく、もともとライバル意識があり、競争心が生まれやすいためです。

また、今後、2020年の事業統合で業界シェアが高まる、パナソニックホームズやトヨタホーム、ミサワホームとの比較も効果的と考えられます。

大和ハウスで価格を下げる「2. 同じ条件」での比較。
また、同じ構造(大和ハウスの場合は主に鉄骨造)、広さ(坪数)、設備(太陽光発電の有無など)で見積もり比較をして下さい。

ほぼ同じ条件下での比較ならば、営業マンは受注のために値引き調整することを、大和ハウス社内(上司)に対しても説明をおこないやすくなります。

大和ハウスで価格を下げる「3. 契約直前での交渉」

そして、大事なのがこの3つ目です。

用意周到に早く見積もり比較の準備を進めつつ、大和ハウスに対しては契約直前に値引き交渉を行って下さい。

営業マンがあなたに時間をかければかけるほど、絶対に失注したくないと考え、価格条件を譲歩しやすくなるからです。

大和ハウスから契約前の最終見積もりをもらったタイミングで、他社と比較し本気で悩んでいることを真剣に伝えるのです。

ただし、大和ハウスの価格を下げる「相見積もり」は少し大変。

ただし、ハウスメーカーで見積もりをとることは、通常あまり簡単ではありません。

住宅プランを作ってもらうために、具体的に一社一社、打合せを何度か行わないといけません。

住宅展示場やモデルハウスに行ったり、一社一社営業マンの接客を受けたり、契約を迫られそうなイメージがあったり、大変なものです。

特に、大和ハウスと比較する会社だからこそ、価格の相見積もりが大変。

特に、積水ハウスやヘーベルハウスなどといった最大手ハウスメーカーほど、実は気軽に見積もりをとりずらいものです。

大手メーカーで、住まいの実力に自信があるからこそ、いきなり間取りや費用のプラン作りをせず、まずは自社ブランドに惚れさせることに時間をとるからです。

展示場に行くとプランを作りの前の「住宅構造や仕様の説明」が長かったり、実際の「住まいや工場の見学ツアー」への参加を案内されたり、平気で延べ1〜3ヶ月はかかります。

大和ハウスの価格を下げる「相見積もり」を、たった3分で行う方法。

ただし、相見積もりを、まずはたった3分で済ませることができる唯一の方法があります。

大和ハウスに加え、大和ハウスとの比較に適した大手で鉄骨造がある5社のハウスメーカーに一度に見積もり依頼をすることができます。

・積水ハウス
・セキスイハイム
・パナソニックホームズ
・トヨタホーム
・ミサワホーム

大和ハウスを加えた6社(プラス、希望に合わせ他数社)の相見積もりができるのが、タウンライフ家づくりという、今、注文住宅で人気No1のサービスです。

このサービスを使えば、モデルルーム訪問や、打合せや見学会といった、余計な時間をカットできます。

住宅プランを、あなたの予算目安から作ってもらうこともできますし、希望の坪数(平均としては40坪前後が一目安です)から作ってもらうこともできます。

まず5社前後、そして最終的に2〜3社と比較していき、価格の大幅値引きを

まずはこれら5社(と、希望に合わせ+2〜3社)からラフな住宅プラン・費用プランを作ってもらってみて下さい。

そして、2‐3社に絞り込みながら詳細な見積比較を進めていくことで、大和ハウスの大幅値引きの事前準備に大いに役立ちます。

大和ハウス(や他社)に興味がある方ならば、今のうちにすぐ手配してしまうことが、約10〜15%(約300〜500万円)損の可能性を避けることにつながります。

詳細はこちら>>>

 

大和ハウス注文住宅の主力商品

ジーヴォシグマ

大和ハウス「ジーヴォシグマ」は、軽量鉄骨造で、代表格の商品。

大和ハウス ジーヴォシグマ

大和ハウス注文住宅の代表的な商品が「zevoΣ(ジーヴォシグマ)」です。

鉄骨住宅造で、先ほど紹介したような、天井の高さ(2m72㎝)、高い耐震性、外張り断熱を主な特徴としています。

特に天井の高さは1番の売りです。広いリビングを実現したい方などに向いています。

大和ハウス「ジーヴォ・ゼロサン」なら、狭小地の3階建て住宅にも対応。

ダイワハウス ジーヴォ03

大和ハウスを、狭小地に建てるなら「xevo03(ジーヴォ・ゼロサン)」です。

土地の広さが限られる都市部でも、室内空間に柱を出さないことで、部屋に広さを作り出してくれます。

3階建ての比較候補となりやすいヘーベルハウスと比べて、大和ハウスの方が外観が好みという方も多いです。

ジーヴォシグマなど、大和ハウス「鉄骨系プレハブ」の坪単価は約75万円〜

・xevoΣ(基本商品) 坪 約85〜110万円

・xevo 03(3階建て)坪 約90〜120万円

・xevoE(規格型商品) 坪 約75〜85万円

・xevoΣ PREMIUM (高価格な商品)坪 約90〜100万円

スカイエ

ダイワハウス スカイ

大和ハウス「スカイエ」は、重量鉄骨造で3〜5階建に対応

大和ハウスで強固な3〜5階建てを建てるなら「skye(スカイエ)」です。

こちらは重量鉄骨のより強固な住宅で、都市部の狭い敷地でも効率的に土地を活かせる住宅をつくることができます。

窓を広くとったり、3階以上や屋上にバルコニーを設けたりと、敷地の広さ以上にゆとりある住まいにできます。

スカイエなど、大和ハウスの「重量鉄骨」の坪単価は約100万円〜

・skye /スカイエ  3階 坪 約100〜160万円 ※3〜5階建てで階数が高いほど、坪単価も高くなります。

グランウッド

大和ハウス注文住宅「プレミアムグランウッド」なら、こだわりのある木造も可能。

出典:大和ハウス

大和ハウスで木造住宅なら「GranWood(プレミアムグランウッド)」です。

特に「PREMIUM GranWood」はデザイナーやプランナーなど専門家があなたのためのチームを組み、理想の家を形づくっていくプロジェクトです。

あらかじめ決まった形はなく、あなたの家族・土地に最もふさわしい家作りを進めることができます。

また、GranWoodの「森が家コンセプトモデル」という森で暮らすような快適な家づくりを目指したタイプなどもあります。出典

グランウッドなど、大和ハウス「木造軸組」の坪単価は約60万円〜

・xevo GranWood(基本商品)坪 約70〜90万円約60万円〜

・xevo GranWood Plus(規格型商品) 坪 約60〜75万円

・PREMIUM GranWood(最高級商品) 坪100〜200万円 

ライフジェニック

出典

大和ハウスで特に価格が安い商品が「Lifegenic(ライフジェニック)」です。

広さ97.72㎡で本体価格1,978万円からと、2,000万円を切る、ローコスト住宅にも近い価格から家を建てられる設定となっています。

ライフスタイルやこだわりに合わせて、外観デザインや間取りプラン、仕様・デザインを決めることができる商品です。


大和ハウスの間取りプランも資料請求できる。

大和ハウスの住宅商品について、カタログと合わせて間取りプランの資料請求ができます。

営業マンと顔を合わせずとも、あなたの希望や予算に合わせた、オリジナルの商品・間取りのプランを作って送付してもらうことができるのです。

間取りプランを無料で作ってもらえるのが、注文住宅で利用満足度No.1サイトのタウンライフ家づくりです。

大和ハウスの注文住宅に興味のある方は、今すぐプラン依頼をする価値があります。

詳細はこちら>>>

 

 

大和ハウスの注文住宅の特徴

大和ハウスの注文住宅の特徴について、次の順番でご紹介します。

・構造、耐震<安全性>
・断熱、気密<快適性>
・機能、間取り<利便性>
・設計、デザイン<個性>
・保証、アフター<安心>

構造・耐震<安全性>

住まいの安全性は、家族の「命」に関わります。

大地震や、巨大台風などの大災害時に対し、大和ハウスの住まいにはどのような備えがあるのでしょうか?

大和ハウスの構造は、軽量鉄骨造が主力。

大和ハウスには次の3つの構造の住宅商品があります。

・軽量鉄骨造:xevoΣなど、
・重量鉄骨造:skyeなど
・木造:xevoGranWoodなど

この中でも、大和ハウスは「軽量鉄骨造」が主力で、xevoΣ(ジーヴォシグマ)という商品が代表的な商品です。

なお、鉄骨造でも、柱が梁が太くより強い重量鉄骨造は、3・4・5階建て商品「skye(スカイエ)」のみ使われています。

なお、今後は木造住宅販売を強化し、木造だけで年間3,000棟販売を目指すとしています。出典

「Σ型デバイス」のD-NΣQXT(ディーネクスト)で、繰り返しの地震に強い。

出典

大和ハウスの住宅では数々の地震対策がとられ、中でも、「D-NΣQST(ディーネクスト)」という吸収型耐力壁が特徴的です。

Σ型デバイスがしなやかに動き、建物の揺れを早く収束させ、震度7クラスの地震にも連続的に耐える粘り強さがあります。

他にも、構造の柱を80mm型という強固なものにしたり、一体性のある布基礎が採用されるなどしています。

大和ハウスのxevoΣは、震度7相当を4回連続で加振する実験に耐えた。

大和ハウスでは、zevoΣに震度7相当の衝撃を「4回」繰り返し与える耐震実験を行っています。

その結果、柱や梁の損傷はなく、新築時の耐震性能を維持することが実証されたそうです。出典

「耐震等級」は、商品や設計に合わせて個別で確認を行おう。

大和ハウス検討時は「耐震等級」を、設計段階で確認するようにしましょう。

地震への強さを示す耐震等級は最高ランクが3ですが、大和ハウスxevoシリーズでは標準対応「等級2以上」となっていて、3が確約されているわけではありません。出典

他のハウスメーカーでは「最高ランクの耐震等級3が標準対応」というメーカーもあるため、希望の設計プランの場合はどうなるか予め比較確認すべきです。

大和ハウスなら、さらに「災害に備える家」が実現する。

出典

大和ハウスでは、さらに包括的に災害に備える事ができます。

「災害に備える家」というオプションを選択すると、次のような災害対策を充実させることができるのです。

全天候型3電池連携システム
:雨天でも約10日間の電力と暖房・給湯を確保。

エネルギー吸収型耐力壁Kyurek
:Z形デバイスの配置数を2倍にすることで、地震での建物変形量を1/2に低減。

高耐久軽量屋根材ROOGA
:台風での防風や、地震の揺れなどでの被害を防ぐ屋根。

防災防犯ガラス
:万が一破損しても破片がほとんど飛び散らないガラス。

地震だけではなく、台風・暴風に加え、二次災害としての停電などにも強い住まいが実現し、万が一の時の家族の安全につながります。

断熱・気密<快適性>

住まいの快適性は、家族の「健康」に関わります。

夏の涼しさや、冬の温かさを示す「断熱性・気密性」について、大和ハウスの住まいはどうなのでしょうか?

大和ハウスの主力xevoシリーズは、「断熱性能が高い」シリーズ。

出典

大和ハウスの主力商品のxevoシリーズは、実は「断熱性能が高い注文住宅」としてのシリーズです。

xevoΣにおいては、外張り断熱壁の標準装備や、小屋根裏断熱など、住まい全体の高断熱化が図られています。

断熱材は、寒冷地域や温暖地域など、地域に合わせて3グレードあり、ZEH基準の断熱性能に対応可能となっています。

大和ハウスのQ値・U値・C値は

住まいの断熱性や気密性に関連する指標を示す数値で、公表されているのはzevoの次の数値です。出典

Q値/隙間相当面積: 2.21(Ⅲ地域/北信越 等)、2.23(Ⅳ地域/ 東京・大阪等)

Q値は、省エネ基準を満たしています。

しかし、他によく使われるC値(熱損失係数)とUA値(外皮平均熱貫流率)は、他ハウスメーカーと異なり、公表されていません。

そのため、C値・UA値まで公表している他ハウスメーカーと比較すると、気密性・断熱性に弱みもあるのだろうことが推察されます。

大和ハウスには、空調システム「エアスイート」もある。

出典

さらに快適に過ごすための24時間管理の空調システムもあります。

xevoΣに導入される「Air Suite(エアスイート)」は、各部屋のエアコンを集中的にコントロールし、各部屋を快適な温度に保ってくれます。

また、無駄の無い運転につながり、エコで省エネにも役立ちます。

機能・間取<利便性>

住まいの利便性の高さは、家族の「毎日の暮らしやすさ」につながります。

大和ハウスの住まいは、間取りや機能はどうなのでしょうか?

大和ハウスの住まいは「天井高・大空間」を実現できる。

出典:大和ハウス

大和ハウスは住まいが強いことで「高い天井・広い空間」や「大きな窓」にしやすい事は大きな特徴です。

家族が集うリビングが広くゆとりある空間「グランリビング」になり、また、太陽光が入りやすく景色も見やすいなど、気持ちの良い空間づくりにつながります。

鉄骨造ゆえ家の作りが頑丈で、だからこそ、天井が2m72㎝と高い家、柱が少なく広い窓の大空間の家づくりが実現するのです。

さらに「グランリビングモア」では最高3m16㎝の天井高が可能になります。

大和ハウスは「家事シェアハウス」にも力を入れている。

出典

また、大和ハウスでは「家事シェアハウス」を提案してもらえます。

子どもやパパが自然と家事や片付けを行えるように、例えば、個別収納スペースの「カタヅケロッカー」や「階段ポケット」など数々の工夫がほどこされます。

家事の負担がママ一人に集中せず、家族みんなで効率よく、楽しく暮らせるようになります。

設計・デザイン<個性>

家づくりでは、家族の理想を実現したいものです。

大和ハウスの住宅は、デザイン面や設計にはどのような特徴があるのでしょうか?

大和ハウスの注文住宅は、見た目がシンプルで飽きが来ない洗練されたデザイン。

ダイワハウス ジーヴォシグマ

大和ハウスの住まいは、長く暮らし続けやすいシンプルなデザインが特徴です。

実は人気のある高価格帯のハウスメーカーほど、デザインは特徴が無いことが多いもの。人は、普遍的な美を自然と求めたくなるのかもしれません。

「本質的にいい物」がしっくりと馴染む方にとって、大和ハウスは特に向いています。

大和ハウスでは、レベルが高い設計士「ハウジングマイスター」を育成。

出典

大和ハウスではトップデザイナーを育成する取組みにも力を入れています。

大和ハウスに所属する設計士の中でも、優れた設計力・提案力・コミュニケーション能力を持つ人を「ハウジングマイスター」に認定し切磋琢磨しています。

設計士の他、営業・施工などのスタッフで一邸ごとにチームを組み、家づくりの夢を叶えてくれます。

なお、2019年にはグループで8商品もグッドデザイン賞を受賞するほどの実力も備えています。出典

保証・アフター<安心>

家は、建てた後こそ肝心です。

10年、30年、50年と長く暮らし続けられる安心感が大和ハウスにはあるのでしょうか?

大和ハウスには、24時間365日対応のお客さまセンターもがある。

何か住まいの困りごとがあった時は、すぐ相談ができる環境があります。

「24時間365日対応」の大和ハウスお客様センターフリーダイヤルがあるのです。

例えば、停電がなおらない時や、トイレが水つまりした時など、困りごとがあった時に気軽に相談できる安心感があります。

大和ハウスなら、長期の保証とメンテナンス。

出典

大和ハウスの注文住宅には長期保証がつきます。

・初期保証30年:主要な構造部、雨水侵入防止部

・初期保証10年:防蟻、住宅設備機器

さらに、定期的に有料メンテナンス工事を行うことで、保証期間は延長され、60年保証も実現します。

また、点検・診断も、30年目まで定期的に無料点検があり、30年目以降の有料点検もあります。

このように、保証・メンテナンス・点検が充実していることで、長く安心して暮す安心材料となります。

大和ハウスの注文住宅は、メンテナンス代も軽減。

出典

大和ハウスなら、外壁塗装など、メンテナンス費用も抑えられます。

一般的な住宅は10年に1度約100万円前後をかけて外壁塗装が必要です。しかし、大和ハウスのEX(ジー)コートなら約15年に1度と頻度を減らせます。

これは約30年間で100万円、約20年間で200万円もの費用節約につながる計算になります。

大和ハウスは「スムストック」「かせるストック」参加で、将来的な売却・賃貸にも強い。

出典

もし将来的に住まいを手離す際にも、大和ハウスなら強みがあります。

大手ハウスメーカーのみが参加している「スムストック」に参加しているため、売却時に適正価格で評価されやすくなります。

また、貸し出したい場合に備え、マイホーム借上げ制度がある「かせるストック」も適用されています。

大和ハウス注文住宅・一戸建て(おわりに)

大和ハウスは、建築業界で売上No1の会社です。

鉄骨造で、地震にも強く、また、天井高や開口にゆとりのある間取りの住まいが実現します。

住宅品質は総合的に高いために、大手ハウスメーカーでの家づくりを考えている方であれば、今すぐ検討したいハウスメーカーの一つです。

会社概要・プラン作成

大和ハウスは、売上高が住宅・建設業界1位のトップカンパニー

大和ハウスは、住宅・建設業界で売上高No1を誇る一流企業です。

グループ売上高は 4兆円(2019年度)出典を誇り、戸建住宅・賃貸・マンション・商業施設など幅広い実績を持つ企業です。

注文住宅においては鉄骨造を主とし、役所広司さんや、竹野内豊さんのテレビCMなどで知られています。

大和ハウスに、住宅プランを気軽に作成してもらえます!

大和ハウスに「住宅プラン作成」を気軽に依頼できます!

「タウンライフ家づくり」を利用すると今から約3分のWEB申込で、大和ハウスに、あなたの予算や要望に合わせた家づくりプランを気軽に作成してもらえます。

さらに、希望すれば、他の人気メーカーにも同時にプラン依頼できます。

詳細はこちら>>>

 

理想の家づくりを実現するために
満足度が高い家づくりを!

多くのハウスメーカーや住宅プランを比較検討することで、家づくりのアイデアが膨らみます。

人気≻≻ハウスメーカーランキング!

合わせて読みたい

風水家相の完璧な間取り

間取り図作成ブラウザ・無料フリーシミュレーション